投稿日:

大阪いずみ市民生協は、大阪府・大塚製薬と連携し、 熱中症対策にとりくみます。

1.さまざまな機会を捉えた熱中症の注意喚起
移動販売車「コープのお買物便」、夕食宅配のご利用者へのチラシ配布のほか、店舗でのポスター掲示、会員向け情報誌での情報提供をすすめ、注意喚起をすすめます。

2.熱中症ミニセミナーの開催
高齢者が集まるサロンなどにて、大塚製薬株式会社による熱中症ミニセミナーを開催します。
7月には、地域の自治会と連携し、移動販売車でミニセミナーを開催します。

 ◆高齢者が集まるサロンでのミニセミナー開催日
  ●6月10日(月) 11:00~  いずみ市民生協 堺東本部1F
                   堺市堺区南花田口町2-2-15

  ●6月24日(月) 11:30~  コープセンター松原
            13:30~  松原市上田1-4-2 富士ビル松原I 102号室

   ※セミナーは20~30分程度の予定です。
   ※気象条件等により、中止とさせていただく場合があります。
   ※移動販売車でのミニセミナーの開催は、7月に実施予定です。
   ※大塚製薬、いずみ市民生協は、大阪府と包括連携協定を締結しています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000195805&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000195805&id=bodyimage2


■昨年のとりくみのようす

 大阪府と大塚製薬株式会社、いずみ市民生協が連携し、移動販売車「コープのお買物便」の停留所にて、熱中症対策にとりくみました。
7月27日~8月7日までの期間の14停留所で187人のお買い物便利用者や地域の方々がミニセミナーに参加し、熱中症対策について学習をしました。
また、コープのお買物便ご利用者には、熱中症の注意喚起に関するチラシを配布し、熱中症対策にとりくみました。

<熱中症対策の3つのポイント>
(1)こまめに水分と塩分を補給しましょう。
(2)外出時は、暑さを避ける工夫をしましょう。
(3)猛暑日は、できるかぎり日中の外出を控えましょう。

<参加者の感想>
・節約をしてクーラーを使用していませんでしたが、台所の温度計を見ると、36を越えていました。この状態が続くと、熱中症になる可能性が高いことが分かりました。今後は、エアコンを使用し、予防に努めたいと思います。
・今回はいい内容の講座を聞かせていただきました。この地域から熱中症を出さないために、ご近所の方にもお知らせをしていきたいと思います。

■昨年のとりくみを紹介したホームページ
  http://www.izumi.coop/news/post_28