投稿日:

フルタイムシステム日本語特別クラス 9月14日に開設 ベトナム ダナン工科大学 電子通信学生 選抜22名が受講 4年間で日本企業に就労できる語学力の習得を支援

宅配ボックス業界シェアNo.1の株式会社フルタイムシステム株式会社(代表取締役社長:原 幸一郎、本社:東京都千代田区 以下「フルタイムシステム」)は、ダナン大学傘下のダナン工科大学にフルタイムシステム日本語特別クラスを開設し、9月14日に開校式が行われました。開校式には、当社の代表取締役社長 原 幸一郎が参列し、祝辞を述べました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000202733&id=bodyimage1

■4年間の講義で日本企業に就職できる語学力の獲得をサポート
フルタイムシステムは、2018年よりダナン大学内に日本語クラス(合計90時間)を開設し、日本語を学びたいという学生のサポートをしてまいりました。より深く日本語を学びたいという学生の声から、4年間一貫教育の日本語特別クラス開設を検討、大学と協議し、開校のはこびとなりました。フルタイムシステム日本語特別クラスは、ダナン工科大学より選抜された学生が4年間にわたり、1回3時間、週2回(合計180時間/年)の講義を受け、日本語能力試験のレベルN2ないし、N3※を目指します。本年度は、新1年生の中から22名の学生が選抜されました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000202733&id=bodyimage2

■当社社員とのテレビ会議を行い、会話の機会を提供
クラスの授業だけでなく、当社社員とのテレビ会議なども予定しています。実際に当社で働く社員と会話する機会を提供します。日本語特別クラスを修了した学生の希望があれば、当社でインターンとして受け入れ、就職する環境も提供します。

当社は、ダナン工科大学での日本語教育支援を通じ、グローバル人材の育成につとめ、日本とベトナム双方の技術発展のために、尽力してまいります。

※N2:日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる
 N3:日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる

【宅配ボックスを発明したフルタイムシステムとは】
世界に先駆け「宅配ボックス」「宅配ロッカー」を発明し、集合住宅への設置件数30000棟を超える宅配ボックスのリーディングカンパニーです。30年以上にわたりお客様の声に耳を傾け、宅配ボックスと24時間有人対応のコントロールセンターを核としたレンタサイクル、カーシェアリング、EV充電など、住生活を豊かにする設備やサービスを提供しています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000202733&id=bodyimage4

【会社概要】
社   名:株式会社フルタイムシステム
所 在 地:東京都千代田区岩本町2丁目10番1号
代表者氏名:原 幸一郎(はら こういちろう)
事 業 内 容:・宅配ボックス・電子制御付きボックスおよびマンション生活関連施設、情報端末の開発および製造、販売、保守運用および管理
      ・コールセンター業務
      ・レンタカー事業およびカーシェアリング事業
資 本 金 :4億9800万円
従 業 員 数:207名(平成30年4月現在)
U R L: https://www.fts.co.jp

<本プレスリリースに関するお問い合わせ先>
株式会社フルタイムシステム 総務部広報担当 草野美佳
TEL:03-3851-5838  FAX:03-3401-7788
メール:m_kusano@fts.co.jp