投稿日:

文字情報からAIが感情の解析を行い、平面構成アートを創り出す「AI ART」を開発

AI(人工知能)/AR(拡張現実)/VR(バーチャルリアリティ)/MR(複合現実)/事業を手がける株式会社アイデアクラウド(愛知県名古屋市、 代表取締役社長 田中 義弘/以下「アイデアクラウド」)は、2019年12月5日(木)文字情報からAIが感情の解析を行い、平面構成アートを創り出す「AI ART」を開発しました。

■文字情報をAIが解析し平面構成アートを生成
AIがテキストから感情を推定し、合致した図形、配色を選び、平面構成アートを完成させます。アートワークが生成されるだけでなく、各感情パーセンテージも表示される仕組みになっております。現在「AI ART」で生成されている描写は以下の4パターンになります。

【描写パターン】
勤勉さ(Conscientiousness)
色相:青系

外交的(Extraversion)
色相:赤系

人当たりの良さ、好奇心の強さ(Agreeableness、Openness to experience)
色相:緑系または黄色系

繊細さ(Neuroticism)
色相:混色

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206473&id=bodyimage1

上記アートワークは「アイデアクラウドちゃん(仮)@VTuber準備中」Twitterのツイートから生成
https://twitter.com/ideacloud_v/status/1201827418333310977

■欲求や価値観も平面構成アート生成対象に
現状では世界的に心理学でスタンダードとなっている「ビックファイブ」と呼ばれる指標から性格推定し描写していますが、今後は「Needs」(欲求)に関する12の評価値、「Values」(価値観)に関する5つの評価値も平面構成アート生成の要素として配色や生成される図形の種類を増やしていく予定です。

■AI技術の新しい可能性に挑戦
「AI ART」はProcessingを使い平面構成アート生成を行なっておりますが、将来的にはより複雑なアートワークのAI による生成を目指して、開発を進めていきます。

■AI事業WEBサイト
https://ai-develop.com/

【本プレスリリースのお問い合わせ先】
株式会社アイデアクラウド
名古屋本社
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19 キリックス丸の内ビル5F
https://ideacloud.co.jp/
TEL:052-253-9866(平日10:00~18:00)
担当:田中

東京事業所
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2丁目3番15号 共同ビル新本町 4階 43号室
http://ideacloud.tokyo
TEL:03-3525-8640(平日10:00~18:00)
担当:中田

※本リリースに記載の商標は各社の商標となります。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先など、その他の情報は、発表時点の情報となり、その後予告なしに変更となる場合があります。予めご了承ください。