投稿日:

Apple Oneは、iCloud、Music、TV+、Arcadeをバンドル、日本では個人、ファミリーの2プランを用意

最近はすべて毎月の料金がかかるようだ。また、アップルのイベントが開催されるたびに、毎月10ドル以上をアップルに支払う新たな方法がもたらされるようだ。今回は「Fitness+」が追加され、Apple TVで数値にフォーカスした動画ワークアウトができるようになった。 物事をシンプルに保つために、そして購読し続けるために、同社は新しいバンドル製品「Apple One」の提供を開始した。

米国でのApple Oneの料金体系

日本のApple Oneプラン

米国では、Apple Oneに3つの料金プランが用意されている。Individualは、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloud 50GBを月額14.95ドルで提供。Familyでは、iCloudの容量が200GBとなって、これら4つのサービスを月額19.95ドルで利用できる。さらにその上には月額30ドルのPremierがあり、iCloudの容量が2TBとなり、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcadeのほか、News+、Fitness+がバンドルされる。なおNews+とFitness+のサービスが提供されていない日本では、Premierを除く2プランが用意され、個人プランは月額1100円、最大5人で共用できるファミリープランは月額1850円だ。

iCloudストレージ容量が各プランで異なるので悩みどころだ。なお、Apple Oneの登場は、同社が各種サービスのバンドルソリューションに取り組んでいるという長年の噂を裏付けるものとなった。ここ数年、アップルの収益の多くがハードウェアからサービスへとシフトしていることを考えると、同社がソフトウェアとサービスのすべてのニーズをワンストップで提供したいと考えていることは明らかだ。

アップルの各種サブスクリプションサービスへの加入を先延ばしにしてきたユーザーにとって、Apple Oneのようなバンドルは魅力的であり、ユーザーがアップルのソフトウェアエコシステムの力から逃れることをさらに難しくするだろう。

アップルハードウェアイベント

画像クレジット:Apple

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)