投稿日:

「偽造防止、認証および照合技術の世界市場:2023年に至る予測」調査レポート刊行

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「偽造防止、認証および照合技術の世界市場:2023年に至る予測」のお取扱いを開始いたします。

偽造防止・認証および照合技術の世界市場規模は2018年の推計1059億ドルから、2023年には1846億ドルへと増加が見込まれます。当レポートでは、偽造防止、認証および照合技術の市場/技術的背景、各種セグメント別市場分析(技術別、業界別、用途別、国地域別)、産業構造、競合状況、市場動向、主要企業プロフィールなどを盛り込み、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
偽造防止、認証および照合技術の世界市場:2023年に至る予測
Anti-counterfeiting, Authentication and Verification Technologies
http://researchstation.jp/report/BCC/1/Anti-Counterfeit_2023_BCC155.html

【レポート構成概要】
◆イントロダクション
・調査目的
・調査対象
・調査手法

◆サマリーと調査ハイライト

◆市場および技術背景

◆偽造防止、認証および照合技術市場、技術別
・認証
・トラック&トレース
※市場予測データ掲載(-2023年)

◆偽造防止、認証および照合技術市場、業界別
・ヘルスケア/製薬
・コンシューマー製品/服飾/アクセサリー
・食品飲料
・テクノロジー
・輸送
※市場予測データ掲載(-2023年)

◆偽造防止、認証および照合技術市場、用途別
・隠し機能
・法医学マーカー
・顕在機能
・改ざん防止
・トラック&トレース技術
※市場予測データ掲載(-2023年)

◆偽造防止、認証および照合技術市場、地域別
・北米
・欧州
・アジア太平洋
・その他地域
※主要国地域別の市場予測データ掲載(-2023年)

◆産業構造
・安全なサプライチェーンの構築と展開の手順

◆競合状況
・新製品ローンチ
・買収とコラボレーション
・賞と特許付与

◆偽造防止、認証および照合技術市場、主要企業プロフィール
・3M
・ALPVISION S.A.
・APPLIED DNA SCIENCES INC.
・ARJO SOLUTIONS
・AUTENTIX INC.
・AVERY DENNISON CORP.
・CCL INDUSTRIES INC.
・CENTRO GRAPHICO DG
・CFC INTERNATIONAL INC.
・DE LA RUE PLC
・DUST IDENTITY INC.
・HOLOGRAM INDUSTRIES
・HONEYWELL INTERNATIONAL INC.
・IMPINJ INC.
・OPSEC SECURITY GROUP PLC
・PRINTRONIX
・SAVI TECHNOLOGY INC.
・SICPA HOLDING S.A.
・TAGSYS RFID GROUP INC.
・ZEBRA TECHNOLOGIES CORP.
(全89頁)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218333&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/BCC/1/Anti-Counterfeit_2023_BCC155.html

発行元:BCC Research(米国)について
http://researchstation.jp/Publishers/About_BCC_Research.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年7月3日

★関連レポート
「ブロックチェーンの世界市場:2025年に至るコンポーネント別、用途別予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/19/Blockchain_2025_MAM1973.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

投稿日:

首都圏の中小企業向け【営業代行サービス1ヶ月トライアル】 ~withコロナ時代の営業活動に新たな視点、戦略を~

関西エリア(大阪府、兵庫県、京都府など)の中小企業を中心に「営業代行サービス」を提供するセールスエース合同会社(関西営業代行事務所:大阪市中央区 代表水嶋一成)は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、事業活動の縮小を余儀なくされている首都圏の中小企業に向けて、関西圏の新規顧客獲得、販路開拓につながる「営業代行サービス1ヶ月トライアル」を開始しました。

当サービスは、関西エリアに営業拠点を持たない企業やコロナ禍によって事業活動を制限され厳しい運営状況に置かれている企業に対して、営業活動を代行するものです。今回は、まず1ヶ月間のお試しのため、低リスクで始めることができます。

このトライアルを受ける企業は、初期費用を抑えて営業リソースを獲得でき、関西エリアの営業活動が可能になります。サービス内容は、新規顧客の開拓営業全般で、ターゲットリスト作成からクロージング営業まで、適宜相談の上決めることができます。正式契約は、トライアル期間終了後に判断可能です。

「営業代行サービスを活用する」という選択肢は、今後、予測不能な事態に備えて、営業エリア、リソースのリスクヘッジになります。関西に営業拠点を持たなくても営業活動が可能になるため、低コスト、低リスクに抑えられるなど柔軟性が高いといったメリットも多く、不透明な時代を生き抜くための中小企業の新たな事業戦略として最適です。

1ヶ月トライアルは、3社限定で2020年7月1日(水)より受付中。
【1ヶ月トライアル案内HP】https://salesace.jp/kansai-salesoffice/
【関西営業代行事務所HP】https://eigyoudaikou-osaka.com/

投稿日:

【矢野経済研究所プレスリリース】テレワーク関連ソリューションの動向調査を実施(2020年)~Web会議システムの利用率は約8割、ビジネスチャットは5割弱との回答、今後の市場拡大が見込まれる~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のテレワーク関連ソリューション市場を調査し、直近のITツール利用状況とテレワーク関連ソリューション市場動向、ポストコロナの働き方の変化を明らかにいたしました。ここでは、緊急事態宣言下のテレワークでのITツール利用状況、ならびにビデオ・Web会議システム市場動向について公表いたします。

1.市場概況

新型コロナウイルス感染症への対応のため緊急事態宣言が2020年4月に発令され、国内の多くの企業・団体がテレワークを実施した。
本調査では、4月7日に緊急事態宣言が発令された7都府県のオフィスに勤務し、テレワークを実施した男女500人に対し、インターネットアンケート調査を実施した。4種類のオンラインツール(Web会議システム、ビジネスチャットツール、オンラインストレージ、タスク・プロジェクト管理ツール)の利用の有無を聞いたところ、Web会議システムの利用率(79.2%)が最も高く8割近くに達しており、次いでビジネスチャット(46.2%)で5割弱程度、一方でタスク・プロジェクト管理ツールは8.4%と最も低くなった。新型コロナウイルス感染拡大によるテレワークで、Web会議システムやビジネスチャットを初めて利用したというユーザも多く、ごく短期間でオンラインツールの利用が大いに進んだことが分かる結果となった。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218399&id=bodyimage1

2.注目トピック~国内ビデオ・Web会議システム市場規模は2020年度に需要が大きく拡大する見通し

国内のITベンダーに対してテレワーク関連ソリューションの動向を調査したところ、2019年度のビデオ・Web会議システム市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比104.7%の405億円となった。
2019年度は、2020年7月より開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックに向けたテレワーク環境への投資や、台風・地震など自然災害の発生対策としての事業継続性(BCP)の観点、働き方改革の浸透などからビデオ・Web会議システムの導入が進んだ。
2020年度では、新型コロナウイルス感染症への対応としてWeb会議システムを中心に需要が大きく拡大しており、前年度比120.4%の487億5,000万円になると予測する。今回のインターネットアンケート調査結果でも、テレワークを行った人の8割近くがWeb会議システムを利用しており、テレワークを円滑に進めるために大きな役割を果たしていると考える。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218399&id=bodyimage2

3.将来展望

テレワーク関連ソリューションのオンラインツールは、新型コロナウイルス感染拡大によるテレワーク実施を契機に、今まで全く利用経験がなかった大勢のワーカー(マネジメント層や一般社員)がその利便性を知ったことから、今後普及が進む見通しである。
特にWeb会議システムは、距離と時間を劇的に効率化できるため、対面での会議の代替に留まらず、セミナーなどのイベントや営業活動、採用における面接など、幅広い分野で利用の拡大が進むであろう。ビジネスチャットツールも、eメールや電話通話に替わり利便性が高いツールとして広く普及していくと予測する。ただし、ビジネスチャットとWeb会議システムはこれまでのように別のツールとして発展していくのではなく、コミュニケーションツールとして複合化が進む可能性もある。

調査要綱

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2467

調査要綱
1.調査期間: 2020年5月~6月
2.調査対象: インターネットアンケート調査:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県の7都府県のオフィスに勤務する20歳~70歳代の男女500人 ITベンダー調査:国内テレワーク関連ソリューション提供事業者
3.調査方法: インターネットアンケート調査、当社専門研究員による直接面談ならびに文献調査併用
4.発刊日:2020年06月26日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

投稿日:

来訪できなくても楽しめる横須賀散策!参加各店が企画・制作したオリジナルグッズをオンラインにて販売 ゲーム“アズールレーン“と“横須賀”のコラボイベント 7月4日~8月31日開催

株式会社シティコミュニケーションズ(本社:神奈川県横浜市 / 代表取締役社長:三田 大明)が運営するインターネットカフェ「DiCE(ダイス) 横須賀中央三笠店」は、7月4日(土)~8月31日(月)に開催される株式会社Yostar主催のオンライン上のイベント『三笠大先輩のおうちで横須賀散策』に参加し、イベント限定コラボヘッドホンの販売を行います。
イベント限定コラボヘッドホンは「DiCE」が企画・制作を行い、『YOKOSUKA × アズールレーン』コラボグッズの中の1つとして、期間限定でイベント公式HP上にて販売いたします。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218366&id=bodyimage1

■イベントは中止せずオンライン上で開催に
当初は、スタンプラリー開催や各種イベント実施を予定していましたが、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、来訪せずに楽しめるオンライン上でのイベントに変更して開催する運びとなりました。『三笠大先輩のおうちで横須賀散策』では、横須賀市にある商店各店が企画・制作したオリジナルのコラボグッズをオンライン上で販売する他、コラボトークのオンライン配信やユーザー参加型のコンテストイベントを開催いたします。
(『三笠大先輩のおうちで横須賀散策』公式HP参考)

■『三笠大先輩のおうちで横須賀散策』

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218366&id=bodyimage2

開催期間:2020年7月4日(土)~8月31日(月)
主催  :株式会社Yostar
協力  :横須賀集客促進・魅力発信実行委員会、公益財団法人三笠保存会、三笠ビル商店街協同組合
公式HP :https://azurlane-yokosuka.jp

・商店街各店が企画・制作したオリジナルのコラボグッズの販売
・『アズールレーン よこすか応援グッズ』の販売
・コラボトークのオンライン配信(終了)※
・ユーザー参加型コンテストイベント

※コラボトークの番組アーカイブは下記URLよりご覧いただけます
https://www.youtube.com/watch?v=xpTf8jwHGZc

■「DiCE 横須賀中央三笠店」オリジナルグッズについて

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218366&id=bodyimage3

【商品名】
「フフフフ…天城さんのBluetoothワイヤレスヘッドホン」¥4400(税込)

アズールレーンのゲーム内キャラクターである“天城(あまぎ)”のスキルイラストをメタルプレートにレーザー彫刻した、DiCEオリジナルデザインのBluetoothワイヤレスヘッドホン。専用ジップケース付きで、Bluetoothネームは「Amagi_Headphone」
Bluetooth4.2
充電コード、有線コード付属

■三笠ビル商店街
横須賀中央駅から歩いて3分、名前は近くの三笠公園にある記念艦「三笠」に由来しています。24時間防犯カメラ完備でみんなが安心、雨降りでも濡れないアーケード街です。FMブルー湘南のスタジオもあるバリアフリーの商店街。「きて、みて、楽しんで」をモットーに70店舗が営業中です。
(三笠ビル商店街公式HP参考 http://mikasa-street.com/

■「DiCE 横須賀中央三笠店」
2008年、横須賀の三笠ビル商店街に開業。地域イベントに積極的に参加しており、また米軍横須賀基地の関係者や横須賀に居住する自衛隊員に向けたサービス※も実施しています。「DiCE」系列店の中で海外ユーザーの割合がおよそ3割と最も高い店舗です。
※USO(United Service Organization)との連携、
メニューの外国語表記等

■インターネットカフェ「DiCE」
「DiCE」は2000年より関東を中心に展開するマンガ喫茶・インターネットカフェです。「暇をつぶす」ネットカフェから「時間を作って通いたい」ネットカフェを目指す DiCE は、豊富な雑誌・コミック、フリードリンクに加え、季節感を取り入れたソフトクリームや本格コーヒーサーバーなども充実しており、 ダーツ・カラオケ・ビリヤード・VR 等のアミューズメントコンテンツもお楽しみ頂けます。また、店舗の高級感や清潔感などから、多くの女性のお客様にもご好評を得ています。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218366&id=bodyimage4

■会社概要
会社名: 株式会社シティコミュニケーションズ
所在地: 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-8 アサヒビル3F
代表者: 代表取締役社長 三田 大明
設立:  1995年12月20日
URL:  https://www.city-s.co.jp/
事業内容:遊び・癒し・寛ぎを提供する総合エンタテインメント企業です。

* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

<報道関係者からのお問い合わせ先>
株式会社シティコミュニケーションズ 広報室
TEL:045-290-1765 FAX:045-290-1744
坂本 真一(090-8347-9731) 
E-mail: s.sakamoto@city-s.co.jp  
羽根田 幸(090-4608-0814)
E-mail: y.haneda@city-s.co.jp



投稿日:

SSI創立30周年記念キャンペーン  「日本酒のある風景」をInstagramに投稿しよう! 指定の#を付けて投稿すると、限定販売の日本酒やオリジナルピンズが当たる

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218398&id=bodyimage1

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(東京都文京区、以下「SSI」)は、2021年2月で設立30年を迎えます。そこで2020年から2021年にかけ、SSIでは「日本の酒を わたしは、つなぐ。」をキャッチコピーとし、多くの30周年記念事業を実施してまいります。

その一環として、Instagramを使ったキャンペーンを実施いたします。SSI公式Instagramに写真や動画を投稿すると、抽選で「SSI創立30周年記念 日本酒醸造プロフェクト」による限定オリジナル日本酒や、酒ピンズオリジナルコレクション5個セットが当たるというものです。

●第1弾キャンペーン開催期間
2020年7月1日(水)15:00~2020年8月31日(月)12:00

●賞品
(1)抽選で3名様に
「SSI創立30周年記念 日本酒醸造プロフェクト」による限定オリジナル日本酒
価格:11,000円(税込み)
(2)抽選で10名様に
酒ピンズオリジナルコレクション5個セット
価格:3,300円(税込み)

●応募方法
(1)SSI公式Instagramアカウント(@ssi_sake_pr)をフォローする
(2)指定ハッシュタグ(#日本酒のある風景SSI、#焼酎のある風景ssi)のいずれか、または両方を付けて、日本酒や焼酎のある風景を投稿

●当選者の発表
応募締め切り後抽選し、当選者には直接Instagramのメッセージでご連絡いたします。

●お問い合わせ
SSI事務局:TEL 03-5615-8205


■SSI  URL:https://www.ssi-w.com/
設立年 :1991年2月(1990年11月設立準備委員会発足)
活動内容:
・日本の酒を主眼とした酒類全般、飲食に関する調査研究
・日本の酒の提供販売に関するプロフェッショナル育成および資格認定
・消費者に対して日本の酒の適正な知識の啓発普及ができる人材の育成と資格認定
・日本の酒の適正な啓発普及をおこなう事業
・日本の酒の普及・発展に関する表彰等の授与
・日本の酒の国際化と国際商品にするための事業




【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218398&id=bodyimage2

投稿日:

ROLAND様の夢の見つけ方、今年の七夕で短冊に書くことは?

日本の伝統行事・七夕を通じて、みんなが夢を描き合う社会を目指す非営利組織・一般社団法人七夕協会(本社:東京 都新宿区 代表理事:小磯卓也)は、7月5日(日)より、七夕「STAY DREAM -夢を描き続けよう-」キャンペーンと題して、Twitter他にて夢を募集し、応援する企画を開始しております。
ROLAND様の動画が公開されました。

ROLAND様の夢の見つけ方/今年の短冊に書くことは?
https://www.youtube.com/watch?v=RWxVMxig2ks

“今年の短冊はみんなの夢になりたいという、夢を書こうかなと思います。”



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218402&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218402&id=bodyimage2

七夕「STAY DREAM -夢を描き続けよう-」キャンペーン詳細
・募集期間:2020年7月5日(日)13:00 ~ 8月7日(金)23:59
・応募方法:Twitter(@Tanabata_dream)をフォロー&「#STAYDREAM」をつけて夢を投稿
※Twitterアカウントをお持ちでない方は、Instagram・ネット短冊からも応募可能。
※中学生以下は、郵送にて「七夕ゆめさくぶん」でも受付可能。

・受賞発表:8月下旬頃 本サイト他にて
・選考委員:ROLAND / 「七夕ドリームアワード」事務局 他
・選考基準:応援したくなるような夢であること

STAYDREAMキャンペーンサイト:https://tanabata.org/staydream/
公式サイト:https://tanabata.org/




投稿日:

イマジカデジタルスケープのデバッグ事業 「QAサポートサービス」の専門サイトを開設


 株式会社イマジカデジタルスケープ(代表取締役社長:篠原 淳、本社:東京都渋谷区 以下:当社 )は、当社のQAサポートサービスの専門サイト(URL https://dc-qas.dsp.co.jp/ )を、本日よりオープンしましたのでお知らせいたします。

■QAサポートサービス 専門サイト
https://dc-qas.dsp.co.jp/

 当社のQAサポートサービスとは、Web・アプリ・家庭用ゲーム・ソーシャルゲームなどのデバッグ・検証・テスト・品質管理を含むサービスです。様々なデジタルデバイスへのサービスが数多く世に提供されていく中、専門知識を持つ人材による高品質なデバッグの需要はますます高まっています。
このたび当事業の専門サイトを新たに立ち上げることで、顧客の皆様に、当社のQAサービスの仕組みをよりわかりやすく、かつ迅速に情報を提供してまいります。


■QAサポートサービス 採用サイト
https://dc-qas.dsp.co.jp/recruit/

 デバッグサービスの顧客ニーズは年々高まり、成長し続ける当事業においては、サービスを支える人材の採用・育成も積極的に行っています。現在、東京、大阪、新潟と3つの拠点にテストスタジオを展開しており、このたび採用サイトもオープンしました。


 当社は、今後もスマートフォン・PC・コンシューマゲーム・アーケード・遊技機などコンテンツの品質管理にかかわる業務の多様なニーズにお応えし、さらなる事業の拡大とサービスの充実に尽力してまいります。


<当件に関するお問い合わせ>
株式会社イマジカデジタルスケープ QAサポート部 担当:髙倉 e-Mail : info-debug@dsp.co.jp




【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218401&id=bodyimage1

投稿日:

日本で唯一のウイスキー専門誌『ウイスキーガロア』 スコティッシュアイランズを読み解く入魂の大特集「アイランズモルトとスコットランドの島々」 7月10日発売!

■□巻頭特集■□
アイランズモルトとスコットランドの島々
 ハイランドパーク、スキャパ、タリスカー、トバモリー、ジュラ、アラン、etc.――。次号のテーマは「アイランズ」。コロナ禍の中、編集長・土屋守が書き上げた、スコティッシュアイランズを読み解く入魂の大特集。
 表紙の環状立石(ストーンサークル)は、オークニー諸島のメインランド島にある「リング・オブ・ブロドガー」。4500年ほど前に造られたものといわれ、世界遺産「オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地」に登録されている。
 本土の北にあるオークニー諸島とシェットランド諸島、西のアウターヘブリディーズ諸島とインナーヘブリディーズ諸島、そしてキンタイア半島の東側に浮かぶアラン島――。それぞれの島の歴史や地理、文化とその物語が語られ、ページをめくるうち、島々を巡る旅をしている気分になれる1冊。特別企画として、フォトグラファーの加藤秀さんによる写真ギャラリーも。傍らにお気に入りのアイランズモルトを置きながら楽しみたい。

■□第2特集■□
東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2020 洋酒部門 審査結果発表
 第2回目となった東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2020の洋酒部門には、約35の国・地域から685アイテムがエントリー。リモートでの審査が5~6月に行われ、洋酒部門の結果が発表された。誌面では最高金賞・金賞・銀賞・銅賞を全て掲載。

■□その他の企画■□
ヴァイキングの魂宿るシングルモルト ハイランドパーク
新しい「ク・ボカン」、日本上陸
蒸留所リポート/桜尾蒸留所・カードローナ蒸留所(ニュージーランド)

【人気連載】
テイスター6人による「The Tasting」

■□商品情報■□
「Whisky Galore」2020年8月号(Vol.21)
発売日 7月10日(金)
A4変型 オールカラー128ページ
定価 1,200円+税   発行 ウイスキー文化研究所

■□ウイスキーガロアとは?■□
「Whisky Galore」は、ウイスキー愛好家に向けた日本で唯一のウイスキー専門誌で、ウイスキー文化研究所の会報誌としてもお送りしている雑誌です。毎号ウイスキーを取り巻く状況を、最新情報とともにお届けしています。ガロア(Galore)とは、「たくさんある」という意味のゲール語の形容詞で、ウイスキーガロアとは、「ウイスキーがいっぱい」といった意味。本誌でもそんな“ウイスキーがいっぱい”を楽しくお届けします。
<全国主要書店・amazon・ウイスキー文化研究所オンラインショップで販売中>

■□ウイスキー文化研究所とは?■□
ウイスキー文化研究所は、ウイスキー評論家の土屋守が代表を務める愛好家団体で、世界中のウイスキーの情報発信を行っています。2001年3月の発足以来、ウイスキー専門誌「Whisky Galore」の発行をはじめ、「ウイスキーフェスティバル」や「コニサー資格認定制度」、「ウイスキー検定」など様々な取り組みを行っています。

■□土屋守プロフィール■□
1954年新潟県佐渡生まれ。学習院大学文学部卒。週刊誌記者を経て1987年に渡英。取材で行ったスコットランドで初めてスコッチのシングルモルトと出会い、スコッチにのめり込む。帰国後はウイスキー評論家として活躍し、98年には「世界のウイスキーライター5人」に選ばれる。『シングルモルトウィスキー大全』『ブレンデッドウィスキー大全』(小学館)、『竹鶴政孝とウイスキー』(東京書籍)、『ウイスキー完全バイブル』(ナツメ社)など著書多数。

お客様・報道関係の方からのお問い合わせ先
ウイスキー文化研究所
東京都渋谷区広尾5-23-6 長谷部第10ビル2F
電話03-6277-4103 FAX 03-3445-6229
http://scotchclub.org/
e-mail:info@scotchclub.org

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218362&id=bodyimage1

投稿日:

AI OCRの効果測定を目的とした運用ログデータの出力機能を搭載する「SPA Ver.10.3.2」を7月6日より販売開始~紙文書のデータ化から可視化による運用管理までOCRの限界を突破する機能を提供




 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:田中 潤、以下ウイングアーク1st)は、AI OCRと文書管理がオールインワンになった文書データ活用ソリューションSPAの最新バージョン「SPA Ver.10.3.2」を、7月6日(月)より発売します。パッケージ版の価格は、3,795,000円(税別/初年度の保守費込)~です。クラウドサービス「SPA Cloud」も提供を開始します。価格は、50,000円/月(10ユーザー、税別)~です。

 今回のリリースではAI OCRの運用ログデータを出力する機能を提供します。SPA可視化オプション(powerd by MotionBoard ※1)と連携させることで、AI OCRの運用状況を可視化できるようになります。時系列に作業粒度や帳票毎の認識率を可視化したり目視・確認作業にかかる時間を把握したりすることで、業務の現状分析ができ、効率化のための改善や繁忙期のリソース設計を容易にできるようになります。

 AI OCRは、手書き文字のデータ化により入力の手間を削減できることから、書類や帳票の内容を業務システムに適用する際に重用されています。AI OCRの進化の過程において読み取り精度は大きく向上していますが100%ではなく、業務で利用するには目視による確認と誤ったデータの修正が必要となります。ウイングアーク1stはその限界に挑み、より実用的な運用を実現すべく、2018年以来「SPA」の製品改良を進めてまいりました。昨年リリースした「SPA Ver.10.2.3」で搭載した、複数の異なるエンジンで同じOCRフィールド読み取りを行い結果が一致した場合読み取ったデータを正として目視チェックをする手間を省略し信頼性が確保されたデータとして取り込む「データコンペア機能」は大きな反響を呼びました。

 また本バージョンで、日本でも約7,000社以上の企業に導入されているクラウド・コンテンツ・マネジメント・プラットフォームBoxと連携しました。本連携によりSPAで取り込んだ文書の原本をBox上に保存できるようになります。
 本リリースにあたり、この度連携した株式会社Box Japan代表取締役社長 古市克典様よりエンドースメントを頂戴しております。

ウイングアーク1st株式会社様の「SPA」が「Box」と連携したことを心より歓迎いたします。Boxを利用しているユーザーにとって、SPAの提供するタイムスタンプやAI OCRなどの機能を提供することは非常に有益であり、またBoxに原本データを格納することでSPAで運用する文書の拡張性を補するものと確信しています。



■新機能説明
1.AI OCRの効果測定運用ログデータの出力(可視化強化)
統計元データの出力機能を追加しました。これによりOCR運用ログデータ即ち検索フィールドのOCR認識率、修正有無、データコンペア及び確認フラグを出力します。SPA可視化オプション(powerd by MotionBoard)によりリアルタイムに可視化し運用効率を検証・改善につなげることができます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218392&id=bodyimage1

2.サーバーサイドでのOCR処理
SPAに保存した文書に対して振り分けを行うDistributorでOCR処理が可能となります。利用可能なOCR機能は以下です。
・文書定義の識別
・SVF検索フィールドの埋め込み
・画像のPDFファイル変換
・OCR読み取りのシミュレーション
※本機能はSPA Cloud7月20日の定期メンテナンスで先行提供を予定する機能です。オンプレミス版への実装に関しては次期Ver.10.4での対応を予定しています。

3.Distributorの振り分け機能の強化
現状は特定のフォルダに入っているファイルを振り分け対象としていましたが、対象を選択する際の追加条件として各文書のプロパティを参照し、条件に合致している場合にのみ振り分けることができます。

4.タイムスタンプへの電子署名追加機能
SPA Timestamp Optionに電子署名機能を標準機能として追加、証跡管理機能を強化しました。

5.Box連携
SPAで取り込んだ文書の原本ファイルを、クラウド・コンテンツ・マネジメント・プラットフォームBoxに保管できます。コンテンツ管理をBoxで行っているユーザーに対し、タイムスタンプ、AI OCRなどの機能利用メリットを提供します。

6.SPA Cloudのユーザー追加単位の変更
従来、管理ユーザーは10、閲覧ユーザーは100単位での契約となっていたSPA Cloudのユーザー追加を権限に応じて1ユーザー単位で追加することができます。これにより1ユーザーあたり月額1000円から追加できるようになり拡張設計がしやすくなります。




なお、7月21日(火)に「SPA」最新バージョンを紹介するオンラインセミナーを開催します。https://info.wingarc.com/public/seminar/view/9371

「SPA」の詳細については、以下をご覧ください。
https://www.wingarc.com/product/spa/index.html

※1: MotionBoardは、データをリアルタイムに可視化、データに基づいた意思決定をサポートするBIダッシュボードです。


<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.com

投稿日:

研修医として情報社会を一歩リードする【研修医online】7/1オープン

株式会社トライブホールディングスは、研修医の皆さまに向けて資産の管理方法やキャリアなど、資産形成のお役立ち情報を発信するWebメディア「研修医online(https://kenshui-online.jp/)」を公開しました。

■医師の情報&コミュニティサイト Becauseの姉妹サイト【研修医online】
研修医online(https://kenshui-online.jp/)は、ドクターがドクターらしく生きていただくことを目指したドクターコミュニティサイト「Because(https://www.i-because.jp/)」を母体としています。

私たちは、ドクターの方々と関わるにつれ、特に研修医時代からキャリアや資産形成についての学びが必要であると感じております。しかし、研修医時代は、忙しくそのようなことを考える余裕はないのではないでしょうか。そのようななかでも、医師として生きていく上で覚えておくべきマネーリテラシーやキャリア意識について発信したいと思い、この「研修医online」のサイト開設に至りました。

研修医onlineでは、研修医の皆様が資産の管理方法やキャリア、資産形成についての情報を発信し、研修医の方々にとって有意義な場となることを目指します。

【研修医online】https://kenshui-online.jp/

■研修医が資産形成の"イロハ"を理解できる記事を公開
研修医onlineでは、「研修医のうちに実践したい資産形成・キャリアマネジメント」と「研修期を終えた医師が実践したい資産形成・キャリアマネジメント」をわかりやすく解説している記事を更新しております。

それらの記事は、ご自身の生活の見直しをするきっかけや、お勤め先や当サイトの母体である医師向け情報&コミュニティサイトBecauseの掲示板でのコミュニケーション促進の助けになると思います。

ぜひ、ご一読ください。

【研修医online】https://kenshui-online.jp/

■掲載記事の内容をさらに理解できる勉強会の告知
研修医onlineでは定期的に、資産形成やワークライフバランスの改善のヒントとなるような勉強会を開催しております。
勉強会後は希望者を対象に、資産形成について専門のコンサルタントがお答えする個別相談会も開催しております。
奮ってご参加くださいませ。

【研修医online】https://kenshui-online.jp/
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
■会社概要
名称:株式会社トライブホールディングス
【東京本社】
〒105-0012 東京都港区芝大門二丁目11番8号 住友不動産芝大門二丁目ビル14階
TEL 03-6453-0788(代表) / FAX 03-6453-0799

設立:2010年9月1日
代表者:代表取締役 大山 一也
URL:https://trivehd.co.jp/




投稿日:

【開店】7月6日(月)にオープン!「あい鍼灸院・接骨院 心斎橋院」(クリスタ長堀ウエストタウン)。7月31日(金)までオープン特別価格で施術を体験できます!

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218395&id=bodyimage1

株式会社あい・メディカル(本社:大阪府大阪市、代表取締役:伊藤 勇二)は、あい整骨院 四ツ橋を「あい鍼灸院・接骨院 心斎橋院」(https://www.ai-medical.co.jp/ad/shinsaibashi/)へ7月6日(月)移転オープンします。
クリスタ長堀で2店舗目となる店舗です。7月31日までオープン特別価格で施術を体験できます!
※ご予約枠を設定し混雑を緩和し、感染防止のための取組みを適切に実施しております。

<店舗概要>
院名:あい鍼灸院・接骨院 心斎橋院
所在地:〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4丁目 長堀地下街7号
電話番号:06-6282-2177
営業時間:11:00~14:00/16:00~20:30
定休日:日曜日/祝日
ホームページ:https://www.ai-medical.co.jp/store/search/store/shinsaibashi/

【オープン特別価格での施術体験キャンペーンについて】
あい鍼灸院・接骨院では、「こころをほぐす、愛がある。」をコンセプトに、手を使った施術にこだわり、地域の皆様の健康をサポートしています。
STAY HOMEが続き、疲れがたまったあなたの身体を、手を使った施術で癒やします。
あい鍼灸院・接骨院 心斎橋院は、クリスタ長堀内にあり、心斎橋駅直結で通いやすい店舗です。
この機会に、手を使った”あい"の施術を体験してみてください。

<あい鍼灸院・接骨院の施術を体験してみて下さい>

(1) お一人お一人に合わせた症状軽減の施術
ヒアリングをしっかりとおこない、患者さまの症状に一番適した施術をご提案させていただきます。
一緒に施術内容を確認しながら進めていきますのでご安心ください。
※鍼灸院・接骨院の施術者は厚生労働省が管轄する国家資格(柔道整復師、はり師、きゅう師)を所有する国家資格保有者です。

(2) 様々な症状に対応した施術
あい鍼灸院・接骨院では様々な症状に対応した施術をご提案させていただきます。
坐骨神経痛、腱鞘炎、産後骨盤矯正等の施術も対応させていただきます。

(3) オープン特別価格
オープン特別価格で手を使った”あい”の施術「CuRe Pain Basic」を体験できます。
肩こり腰痛などのよくある不快な状態、骨格や筋肉への過度な負担によって引き起こされる状態に対し、改善と再発防止に効果があるといわれています。
CuRe Pain 骨盤+CuRe Pain 背骨+CuRe Pain 整体のしっかり施術したい方へおすすめのコースです。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218395&id=bodyimage2

投稿日:

「新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場予測:スマートファーミングシステム別(家畜監視、収量監視、作物調査、フィールドマッピング)、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年7月6日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場予測:スマートファーミングシステム別(家畜監視、収量監視、作物調査、フィールドマッピング、リアルタイム安全性試験、気候スマート)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場予測:スマートファーミングシステム別(家畜監視、収量監視、作物調査、フィールドマッピング、リアルタイム安全性試験、気候スマート)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年7月6日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場予測:スマートファーミングシステム別(家畜監視、収量監視、作物調査、フィールドマッピング、リアルタイム安全性試験、気候スマート)、地域別
・英語タイトル:COVID-19 Impact on Digital Agriculture Market by Smart Farming Systems (Livestock Monitoring, Yield Monitoring, Crop Scouting, Field Mapping, Real-Time Safety Testing, and Climate Smart), and Region - Global Forecast to 2021
・商品コード:AGI 7680
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年6月6日
・ページ数:86
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:農業

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場が2020年56億ドルから2021年62億ドルまで、年平均9.9%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、新型コロナウイルス感染症の影響による農業生産・食品安全、新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業エコシステム、顧客分析、成長可能性、新型コロナウイルス感染症の影響軽減の短期・中期戦略、新型コロナウイルス感染症による市場動向、企業概要などを含め、提供しております。

・イントロダクション
・新型コロナウイルス感染症の影響による農業生産・食品安全
・新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業エコシステム
・顧客分析
・成長可能性
・新型コロナウイルス感染症の影響軽減の短期・中期戦略
・新型コロナウイルス感染症による市場動向
・企業概要
...

※「新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場予測:スマートファーミングシステム別(家畜監視、収量監視、作物調査、フィールドマッピング、リアルタイム安全性試験、気候スマート)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/covid19-impact-digital-agriculture-market-agi-7680

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218300&id=bodyimage1

投稿日:

【B2Bデジタル&採用マーケティングのビズブースト】コロナ禍でも役立つ営業・マーケティング資料『Withコロナ時代の営業力強化「10の極意」』を無償提供

B2Bデジタルマーケティングおよび採用マーケティングサービスを提供しているビズブースト株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 岡崎尚彦)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響に苦慮している営業・マーケティング担当者に役立つ資料『Withコロナ時代の営業力強化「10の極意」』を2020年7月6日より提供開始しました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218388&id=bodyimage1

■Withコロナ時代の営業力強化「10の極意」資料 提供の背景
昨今、国内の新型コロナウイルス感染拡大に一進一退の状況が続き、3密の回避による感染拡大防止のため、未だ訪問営業が難しい状況にあります。また新規顧客獲得のためのフィジカルなセミナー開催や展示会出展も難しい状況にあります。そのため営業担当者は、新規顧客獲得のための営業活動や商談クロージングのための営業活動に苦慮している状況です。

弊社では、コロナ禍の状況でも「売上を上げたい」とお考えの経営者・営業担当者様へ、弊社のノウハウを集約した『Withコロナ時代の営業力強化「10の極意」』を無償で提供することにいたしました。

『Withコロナ時代の営業力強化「10の極意」』では、弊社で培ってきた営業分業体制の必要性やメリット、具体的な分業方法について記載しています。1資料が3分で読める分量となっており、10本の資料を公開しております。みなさまの「営業力強化」の一助となれば幸いです。


■ウェビナーツール比較資料の入手方法
『Withコロナ時代の営業力強化「10の極意」』をご希望の企業担当者様は、以下資料ダウンロードフォームより送信ください。

・資料ダウンロードフォーム
URL:https://www.bizboost.co.jp/download/insidesales/

フォーム送信完了後に、メールが送信されます。メール内に記載のURLかPDF資料をダウンロードいただけます。

※本資料は営業力強化を検討している企業様に対して配布しております。他社様への営業目的での提供はしておりませんので、あしからずご了承ください。

今後もビズブーストは、B2Bマーケティング・採用マーケティングについて、皆様のお役に立つサービスのご提供と情報発信に努めます。


■会社概要
会社名:ビズブースト株式会社
代表者:代表取締役 岡崎尚彦
所在地:東京都千代田区神田須田町2-25-16 日宝秋葉原ビル10F
TEL:03-4405-9203
URL:https://www.bizboost.co.jp
事業内容:B2Bデジタルマーケティング・採用マーケティング支援


■本件に関するお問い合わせ
会社名:ビズブースト株式会社
担当者:綾野 圭一
E-Mail:info@bizboost.co.jp

投稿日:

七夕はゆかたの日 ゆかたの写真を投稿して、おうちで楽しもう!

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218394&id=bodyimage1

日本の伝統行事・七夕を通じて、みんなが夢を描き合う社会を目指す非営利組織・一般社団法人七夕協会(本社:東京 都新宿区 代表理事:小磯卓也)は、7月6日(月)より、「七夕はゆかたの日」キャンペーンをスタートします。
● 募集期間:2020年7月6日(月)13:00 ~ 8月7日(金)23:59 ●
「七夕はゆかたの日」
「#ゆかたの日」をつけて投稿してください。

日本伝統溢れる七夕の季節。今年は、コロナの影響で、全国各地の七夕祭り・盆踊り・花火大会などが中止になっております。織物業界も晴れの日・浴衣・着物を着る機会を失い、衰退・倒産の危機に直面しています。こんなときだからこそ、みなさんも浴衣を借りて、買って家族・恋人・友達と楽しみませんか?あなたが、自宅で浴衣を楽しんだり、外出先で三密に気をつけながら浴衣でお出かけしたり、みんなを笑顔にしませんか?「ゆかたの日」をみんなで盛り上げよう。

受賞特典

一般社団七夕協会賞・・・図書カード3千円(10名様)

SHITO HISAYO賞・・・根付け/帯締め(2名様)

nanakara賞・・・ネイルキットセット(1名様)

せんねんの木賞・・・とろなまバームクーヘン(5名様)

matou賞・・・浴衣→着物へステップアップしていくアドバイス・サポート(5名様)

https://tanabata.org/tanabata-yukata/partner/

運営:一般社団法人七夕協会
お問い合わせ先:info@tanabata.org (一般社団法人七夕協会)

【一般社団法人七夕協会」の取り組みについて】
七夕協会は、日本全国の七夕行事・祭りを中心に奨励・支援する非営利組織です。みんなの夢と縁を笑顔でつなぐため、「みんなが夢を描き合い、みんなが夢を知り合い、みんなが夢を守り合う」。そんな世界を創造するための活動を、個人・企業様と一緒に行なっております。
公式サイト:https://tanabata.org/



投稿日:

【機械・造船業界】他社牽制力ランキング2019 トップ3は三菱重工、ダイキン、豊田自動織機

株式会社パテント・リザルトは7月6日、独自に分類した機械・造船業界の企業を対象に、2019年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「機械・造船業界 他社牽制力ランキング2019」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。

 集計の結果、2019年に最も引用された企業は三菱重工業、次いでダイキン、豊田自動織機となりました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216953&id=bodyimage1


 1位 三菱重工業の最も引用された特許は「スクロール圧縮機」に関する技術で、三菱重工サーマルシステムズの計3件の審査過程で引用されています。このほかには「電池充電率演算装置、電池充電率演算方法、及びプログラム」に関する特許などが引用された件数の多い特許として挙げられます。
 2019年に三菱重工業の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、三菱日立パワーシステムズ(77件)、次いで三菱電機(51件)、東芝(47件)となっています。

 2位 ダイキン工業の最も引用された特許は「物流サイクルにおける配送装置の管理システム」に関する技術で、パナソニックIPマネジメントの計7件の審査過程において引用されています。このほかには「空気清浄機」に関する技術や「被覆用組成物」に関する技術などが、引用された件数の多い特許として挙げられます。
2019年にダイキン工業の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は三菱電機(161件)、次いでパナソニック(79件)、日立ジョンソンコントロールズ空調(60件)となっています。

 3位 豊田自動織機の最も引用された特許は、東京大学と共同出願した「蓄電装置用水系電解液、及び当該水系電解液を含む蓄電装置」に関する技術で、東芝の「二次電池、電池パック及び車両」関連特許など計4件の審査過程において引用されています。
2019年に豊田自動織機の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業はトヨタ自動車(55件)で、GSユアサ(27件)、デンソー(24件)と続いています。

 そのほか、4位のIHIは「ノズル羽根と平行壁との間の隙間流れを防止し、タービン効率の低下を抑制する技術」、5位のクボタは「圃場での農作業の作業性を向上させる作業車」が、最も引用された特許として挙げられます。

【ランキングの集計対象について】
 日本特許庁に特許出願され、2019年12月までに公開されたすべての特許のうち、2019年1月から12月末までの期間に拒絶理由(拒絶理由通知または拒絶査定)として引用された特許を抽出。
 本ランキングでは、権利移転を反映した集計を行っています。2020年5月29日の時点で権利を保有している企業の名義でランキングしているため、出願時と企業名が異なる可能性があります。
 業種は総務省の日本標準産業分類を参考に分類しています。

 また弊社では、本ランキングの詳細データを下記の通り販売しています。

【機械・造船業界 他社牽制力ランキング2019 ご提供データ】
納品物:以下のデータを収納したCD-ROM
1)ランキングトップ50社
 機械・造船業界の被引用件数上位50社のランキング
2)被引用件数上位100件のリスト
 機械・造船業界の被引用件数上位100件及び引用先の特許との対応を掲載
価格:50,000円(税抜)

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580
Fax:03-5802-8271
ホームページURL https://www.patentresult.co.jp/