投稿日:

HOYA株式会社、日本ライトハウスとの共催により、全国12盲学校対象に 暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」贈呈式を開催

HOYA株式会社メディカル事業部(以下「HOYA」)は、2019年8月2日から10月31日の期間において実施された、社会福祉法人日本ライトハウス(以下「日本ライトハウス」)が発起人となっているクラウドファンディング『盲学校の生徒に星空を。暗闇で見える暗所視支援眼鏡を届けたい。』プロジェクトに協賛しました。

日本ライトハウスは、クラウドファンディング・システムを利用することにより、同期間において300万円を目標とした寄附金を集めることを目指しておりましたが、その結果、目標を大きく上回る348万円(達成率116%)の寄付が集まりました。
HOYAは、プロジェクトの成功を受けて、日本ライトハウスと協議し、当初予定であった10校に更に2校加えて、合計12校の盲学校に、暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」を特別価格にて協賛することを決定しました。

HOYAと日本ライトハウスは共同で、昨年12月以降、対象となった盲学校に「HOYA MW10 HiKARI」の贈呈式を開催してきましたが、2020年1月9日の大阪府立大阪南視覚支援学校を最後として全12校への贈呈式を完了いたしました。

日本ライトハウス・サービス部長の岡田弥氏は以下のようにコメントしています。
「私たち日本ライトハウスは、これから社会で活躍される生徒様の可能性を支援するため、この暗所視支援眼鏡を全国の盲学校へ、くまなくお届けしたいと考えています。」
「併せて、視覚障がいについての理解促進や啓発になればと考えています。さらに、彼らの自立支援(就労支援・学業支援)に寄与できますよう、これからも様々なサービスや啓発活動を行い、視覚障がい者の方が様々なことにチャレンジしていただく環境の土台づくりを目指します。今後も、本寄贈プロジェクトは継続していきたいと考えております。」

今回寄贈を受けた12校は以下の通りです。
(1) 岩手県立盛岡視覚支援学校
(2) 千葉県立千葉盲学校
(3) 福井県立盲学校
(4) 京都府立盲学校
(5) 和歌山県立和歌山盲学校
(6) 奈良県立盲学校
(7) 大阪府立大阪南視覚支援学校
(8) 大阪府立大阪北視覚支援学校
(9) 兵庫県立視覚特別支援学校
(10) 神戸市立盲学校
(11)熊本県立盲学校
(12)埼玉県立特別支援学校 塙保己一学園

HOYAは今後も日本ライトハウスによる本寄贈プロジェクトを支援していきます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208416&id=bodyimage1

千葉県立千葉盲学校 贈呈式


「HOYA MW10 HiKARI」はHOYA独自開発の小型低照度高感度カメラで捉えた像を、明るい映像として装用者の目の前の有機ELディスプレイに投影する眼鏡タイプのウェアラブル機器です。夜盲症の方々が本機器を装用することで、暗所においても対象物を自然な色彩で見ることができるようになります。本機器に関するお問い合わせはHOYA MWコールセンター(電話0570-003-487、平日10時半~17時)で受付けております。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208416&id=bodyimage3


HOYAについて
1941年に東京、保谷町(現在の西東京市)で創業したHOYAは、高度な先端技術を軸に、エレクトロニクスならびに医療関連製品を製造・販売する医療技術企業です。HOYAは現在「情報・通信」と「ヘルスケア」の事業領域において、光学レンズ、HDD用ガラスディスク、半導体、液晶パネル用の高精細部品、さらにはメガネレンズ、コンタクトレンズ、医療用内視鏡などの事業を展開しています。世界に150以上の拠点、子会社を有し、37,000人の社員を擁するグローバル企業です。メディカル事業部は、白内障によって白濁した水晶体を取り出した後に挿入する人工水晶体である眼内レンズを開発・製造・販売するHOYAグループの事業部門です。
詳細については、http://www.hoya.co.jpをご覧ください。

投稿日:

HOYA株式会社、「第3回 全国盲学校フロアバレーボール大会」 特別協賛等により、盲学校を支援

HOYA株式会社メディカル事業部(以下「HOYA」)は2019年8月20日(火)~22日(木)に岩手県・花巻市総合体育館で開催される「第3回 全国盲学校フロアバレーボール大会」に特別協賛いたします。

フロアバレーボールとは、6人制バレーボール競技規則をもとに考案された球技で、全盲や弱視の視覚障碍者と健常者が一緒にプレイできるように工夫されています。同大会は、全国の盲学校(視覚支援学校)の体力向上とスポーツを通じての協調性の育成等を目的として開催され、全国の地域予選を勝ち抜いてきた地域代表チームによって、同日程にて優勝をかけた決勝戦が開催されます。

HOYAは、2018年4月より、暗所で物が見えにくくなる夜盲症の方を対象とした、暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」を発売しており、全国各地の盲学校にて展示会等のイベントを行ってきましたが、このたび主催者との話し合いの中で、特別協賛することを決定いたしました。

また、これとは別に、盲学校に関する支援の取り組みとして、HOYAは、社会福祉法人日本ライトハウスが発起人となっているクラウドファンディング『盲学校の生徒に星空を。暗闇で見える暗所視支援眼鏡を届けたい。』に協賛することにいたしました。

このプログラムは、READYFOR株式会社が運営するクラウドファンディング・システムを利用しており、日本ライトハウスは2019年8月2日(木)から10月31日(木)までの90日間で300万円を目標とした寄附金を集めることを目指しております。
目標額に達成した場合には、全国の10校の盲学校に「HOYA MW10 HiKARI」を各1台寄贈します。その際、HOYAは同製品を特別協賛価格にて提供することにいたしました。

日本ライトハウスの岡田弥サービス部長は以下のように述べています。「これから社会で活躍される若い人たちを応援するため、MW10を全国の盲学校へお届けしたいと考えています。」

『盲学校の生徒に星空を。暗闇で見える暗所視支援眼鏡を届けたい』プロジェクト
URL  https://readyfor.jp/projects/MW10

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000199812&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000199812&id=bodyimage2

「MW10 HiKARI」はHOYA独自開発の小型低照度高感度カメラで捉えた像を、明るい映像として装用者の目の前の有機ELディスプレイに投影する眼鏡タイプのウェアラブル機器です。夜盲症の方々が本機器を装用することで、暗所においても対象物を自然な色彩で見ることができるようになります。本機器に関するお問い合わせはHOYA MWコールセンター(電話0570-003-487、平日10時半~17時)で受け付けております。

HOYAについて
1941年に東京、保谷町(現在の西東京市)で創業したHOYAは、高度な先端技術を軸に、エレクトロニクスならびに医療関連製品を製造・販売する医療技術企業です。HOYAは現在「情報・通信」と「ヘルスケア」の事業領域において、光学レンズ、HDD用ガラスディスク、半導体、液晶パネル用の高精細部品、さらにはメガネレンズ、コンタクトレンズ、医療用内視鏡などの事業を展開しています。世界に150以上の拠点、子会社を有し、37,000人の社員を擁するグローバル企業です。メディカル事業部は、白内障によって白濁した水晶体を取り出した後に挿入する人工水晶体である眼内レンズを開発・製造・販売するHOYAグループの事業部門です。
詳細については、http://www.hoya.co.jpをご覧ください。

投稿日:

HOYA暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI 」 熊本県天草市にて全国初の福祉用具「日常生活用具」の給付対象に

HOYA株式会社メディカル事業部(以下「HOYA」)は、2018年春に夜盲症により暗所で物が見えにくい方の支援を目的として世界でも前例のない*(*HOYA社内調査)暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」を発売しました。
発売以来、多くの当事者の方々や医療及び福祉機関にて評価頂いてきましたが、この度、全国で初めて熊本県天草市にて福祉用具「日常生活用具」の給付対象になりました。

福祉用具には、厚生労働省で認定し全国一律で購入者への補助金が支給される「補装具」と、地方自治体で独自に補助金の支給を定める「日常生活用具」の2種類があります。
天草市では、当事者である市民の要望・意見等をもとに検討をした結果、2019年7月1日より、「日常生活用具」の給付対象とすることを決定しました。

夜盲症の症状を抱える当事者の方が多く加入している熊本県網膜色素変性症協会(JRPS熊本)の山本悟会長は以下述べています。
「この度、天草市が全国に先駆けてMW10 HiKARIを日常生活用具に適用する決定を行ったことを嬉しく思います。視覚障がい者が用いる装具に限りがあった状況で、MW10 HiKARIが広く普及すれば就労の可能性をはじめ社会との繋がりを持ち続けて、また災害時の対応など患者の生活の質が向上すると確信します。私たちも希望を持って生きていけます。」

MW10 HiKARIはHOYA独自開発の小型低照度高感度カメラで捉えた像を、明るい映像として装用者の目の前の有機ELディスプレイに投影する眼鏡タイプのウェアラブル機器です。夜盲症の方々が本機器を装用することで、暗所においても対象物を自然な色彩で見ることができるようになります。

さらに2019年5月より標準と広角の2種類のカメラレンズを標準装備しており、広角レンズを使用することで、明所・暗所を問わず視野狭窄でお困りの方に、広範囲な視野を提供できるようになりました。

本機器は2019年7月1日時点で全国33店舗または施設にて販売されており、さらに7施設にて装用体験ができます。商品、販売店等のお問い合わせはHOYA MWコールセンター(電話0570-003-487、平日10時半~17時)で受け付けております。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000197785&id=bodyimage1

HOYAについて
1941年に東京、保谷町(現在の西東京市)で創業したHOYAは、高度な先端技術を軸に、エレクトロニクスならびに医療関連製品を製造・販売する医療技術企業です。HOYAは現在「情報・通信」と「ヘルスケア」の事業領域において、光学レンズ、HDD用ガラスディスク、半導体、液晶パネル用の高精細部品、さらにはメガネレンズ、コンタクトレンズ、医療用内視鏡などの事業を展開しています。世界に150以上の拠点、子会社を有し、37,000人の社員を擁するグローバル企業です。メディカル事業部は、白内障によって白濁した水晶体を取り出した後に挿入する人工水晶体である眼内レンズを開発・製造・販売するHOYAグループの事業部門です。
詳細については、http://www.hoya.co.jpをご覧ください。

投稿日:

暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」 2019年5月21日より広角カメラレンズを追加装備

HOYA株式会社メディカル事業部(以下「HOYA」)は、2018年4月より夜盲症により暗所で物が見えにくい方の支援を目的とした暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」を販売してきましたが、この度、発売1年を記念して、視野支援を目的とした広角カメラレンズを追加でご提供することとなりました。

本機器はHOYA独自開発の小型低照度高感度カメラで捉えた像を、明るい映像として装用者の目の前の有機ELディスプレイに投影する眼鏡タイプのウェアラブル機器です。夜盲症の方々が本機器を装用することで、暗所においても対象物を自然な色彩で見ることができるようになります。

本機器に従来から搭載されている標準カメラレンズでは、肉眼で約27度相当の視野の画像をディスプレイに投影できますが、今回新たに追加された広角カメラレンズでは、約142度相当の画像をディスプレイに投影することが可能になります。それゆえ、広角カメラレンズは、明所・暗所を問わず視野狭窄でお困りの方の視野支援に有効です。視野狭窄の方でも、広角カメラレンズを使用することにより、ご自身の視野の中でより多くの視覚情報を得られるようになります。装用者が、ご自身の使用する用途または環境によって、従来の標準カメラレンズと広角カメラレンズを適宜使い分けることにより、本機器の利便性がより高まると期待できます。

なお、昨年4月の発売以降これまでに本機器を購入された方々に対しても、期間限定で今回追加となった広角カメラレンズを無償で提供すると共に、ソフトウェアのバージョアップを行います。2019年6月1日より同年9月30日までの期間でこのサービスを実施しますので、購入された販売店にお問い合わせ下さい。

広角カメラレンズを追加した後の「HOYA MW10 HiKARI」のメーカー希望小売価格は、
395,000円(消費税別)と据え置きました。また、従来のボディカラーは、ベースカラー2色とオプションカラー(追加料金あり)3色の計5色でしたが、今後は人気カラー3色(黒、ネイビー、グレー)に絞り込み、全カラー統一料金でのご提供となります。

本機器は2019年5月14日時点で全国各地の30施設にて販売されており、さらに7施設にて装用体験ができます。
HOYA MW10 HiKARIをお求めの際は、眼科医療施設で眼科専門医にご相談されることをお勧め致します。本機器にご経験をお持ちの眼科医療施設、および本機器の詳しい説明、仕様、販売店等のお問い合わせは、HOYA MW専用ホームページ(http://hmwpj.com)もしくはHOYA MWコールセンター(電話0570-003-487、平日10時半~17時)で受け付けております。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000194308&id=bodyimage1

HOYAについて
1941年に東京、保谷町(現在の西東京市)で創業したHOYAは、高度な先端技術を軸に、エレクトロニクスならびに医療関連製品を製造・販売する医療技術企業です。HOYAは現在「情報・通信」と「ヘルスケア」の事業領域において、光学レンズ、HDD用ガラスディスク、半導体、液晶パネル用の高精細部品、さらにはメガネレンズ、コンタクトレンズ、医療用内視鏡などの事業を展開しています。世界に150以上の拠点、子会社を有し、37,000人の社員を擁するグローバル企業です。メディカル事業部は、白内障によって白濁した水晶体を取り出した後に挿入する人工水晶体である眼内レンズを開発・製造・販売するHOYAグループの事業部門です。
詳細については、http://www.hoya.co.jpをご覧ください。

HOYA MW10 HiKARI, Scotopic Vision Eyeglass-type Wearable Device, will be additionally equipped with Wide-angle Camera Lens, beginning May 21, 2019

HOYA SURGICAL OPTICS (hereinafter “HSO”) has, since April 2018, been marketing scotopic vision eyeglass-type wearable device HOYA MW10 HiKARI, aimed at assisting individuals who, because of nyctalopia (night blindness), have difficulty seeing things in dark places. To commemorate the first anniversary of release, HSO has decided to additionally offer wide-angle camera lens, aimed to support the users’ field of vision.

The product is an eyewear-type wearable device that displays an image, captured by HSO’s originally-developed compact, low-light high-sensitive camera, on an organic EL monitor screen immediately in front of the wearer’s eyes as a bright picture. By wearing the device, individuals with nyctalopia (night blindness) become able to see objects in their natural color, even in dark places.

Standard camera lens that has traditionally been loaded on the device is able to display, on a monitor screen, images seen with an approximately 27-degree visual field of the naked eye. The newly-added wide-angle camera lens will be able to display, on the monitor screen, images seen with an approximately 142-degree visual field. Because of this, the wide-angle camera lens is effective for assisting the visual fields of people suffering from visual field constriction, whether in bright or dark places. By using this camera lens, even individuals with visual field constriction can obtain even greater amounts of visual information within their own fields of vision. Wearers are expected to find the device even more convenient by using conventional standard camera lens and wide-angle camera lens differently for different purposes or environment.

HSO will also be offering these newly-added wide-angle camera lens free of charge
for a limited period, to customers who have purchased the device after its launch in April of last year. At the same time, HSO will also update the software. These services will be carried out from June 1 to September 30, 2019, so please contact the sales stores where you have purchased the product.

The manufacturer’s suggested retail price of HOYA MW10 HiKARI, after the addition of a wide-angle camera lenses, remains unchanged at 395,000 Japanese Yen (excluding consumption tax). The existing types came with a total of five body colors, namely, two base colors and three optional colors (with additional fees). This time, HSO narrowed them down to three popular colors (black, navy blue and gray), and offer the products at the same price for all three colors.

As of May 14, 2019, the device is being sold at 30 facilities throughout Japan. Seven facilities also offer wearing experiences for people who wish to try using it.
HSO recommends that you consult an ophthalmologist at ophthalmological clinic before purchasing HOYA MW10 HiKARI. You may visit HOYA MW’s exclusive website (http://hmwpj.com) or contact the HOYA MW Call Center (phone number: 0570-003-487; weekdays from 10:30 a.m. to 5:00 p.m.) for information and inquiries on ophthalmological clinics having the experience of using the device, as well as the product’s detailed explanations, specifications, sales stores, etc.

About HOYA
Founded in 1941 in Tokyo, Japan, HOYA is a global med-tech company and the leading supplier of innovative high-tech-end and medical products.
HOYA is active in the fields of healthcare and information technology providing eyeglasses, medical endoscopes, intraocular lenses, optical lenses as well as key components for semiconductor devices, LCD panels and hard drives.
With over 150 offices and subsidiaries worldwide, HOYA currently employs a multinational workforce of 37,000 people. For more information, please visit http://www.hoya.co.jp.

HOYA SURGICAL OPTICS is a division of the HOYA Group that develops, manufactures and markets intraocular lenses - artificial crystalline lenses that are inserted into the eye following removal of crystalline lenses that have become cloudy due to the cataracts.