投稿日:

品質検査AIのテクムズ、30社を束ねるアライアンスを結んだ「FAct」を設立。

2020年7月13日、株式会社テクムズ(本社:名古屋市中村区、代表取締役:鈴木孝昌、以下 テクムズ)は、AI(人工知能)時代の品質保証に向けて、画像認識技術を活用し、目視で行ってきた品質検査への適用を加速させるため30社にも及ぶアライアンスのFAct設立致しました。

コロナウイルスの強制力によって日々の仕事・生活を続けていくために、多くの人たちがテクノロジーを使うことを余儀なくされている中、テクノロジーを使うことは、もはやオプションではなく必須となってきました。
2024年のAOI(自動光学検査)市場規模予測は約1800億円と言われ、年間成長率は24.3%と力強く成長していて、検査の人員費用だけで国内5兆円という市場になっています。

FActは、各社の強みを生かした効果的なパートナー関係の構築、製品を熟知したパートナー間の協業による開発効率化、そして品質検査の運用フロー・運用ガイドライン・AIへの学習方法・人材の育成を標準ガイドラインとして定め、テクムズが開発した高精度品質検査AI 「DEEPS AI Inspector」のグローバルな展開を目指します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218732&id=bodyimage1


FActについて
FActは、Factory Automation のFAとFact(現場の事実)に責任持って対応するという想いで作りました。FActは製造現場にイノベーションを起こすべく、次世代AIやデータ分析ツール・業界標準となるスタンダード制定に力を尽くしていきます。

■高精度・高スピードの独自AIアルゴリズム
品質検査AIソフトウェア"DEEPS AI Inspector"は、学習量に合わせて検査手法・精度をステップアップすることが可能な独自AIアルゴリズムを搭載しています。人の目で検知していた目視検査を無くし、省人化・自動化実現の可能性が高まります。これまで人の目で確認してきた農作物・食品パウチ、シール圧着、加工品の検査にも広く活用いただけるようになりました。
また、テクムズのAIは使いやすさを大切に開発しており、導入後の検査精度アップにAIの専門知識は必要なく、現場のオペレーターでも操作可能なため、導入後の負荷も最小限に抑えられます。

■テクムズ会社概要
商号: 株式会社テクムズ URL: http://www.tkmes.jp
代表者: 代表取締役 鈴木 孝昌
本部所在地: 〒450-0001 名古屋市中村区那古野1-45-2
事業内容: 業界最速の画像認識 AI を目指し、製造業の品質検査のなかでも人の目による目視検査が難しいとされる
黒色ゴム/樹脂系製品の傷、農作物・食品パウチの不良を検出する品質検査 AI 技術の開発を進めています。

■本件に関するお問い合わせ先・FActへのアライアンス参加希望の方はこちらから→ fact@tkmes.jp
■「DEEPS」についてのお問い合わせ・簡易お見積りは→ https://tkmes.com/ai-inspector/




投稿日:

「産業用バッテリーの世界市場2020-2025:リチウムイオン電池、鉛蓄電池、その他の技術(ニッケルカドミウム電池、ニッケル水素、亜鉛炭素)」調査資料を取り扱い開始しました

2020年7月13日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「産業用バッテリーの世界市場2020-2025」調査資料の販売を2020年7月13日に開始いたしました。産業用バッテリーの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:産業用バッテリーの世界市場2020-2025
■英文タイトル:Industrial Battery Market - Growth, Trends, and Forecasts (2020 - 2025)
■出版日:2020年6月30日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、産業用バッテリーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、技術別(リチウムイオン電池、鉛蓄電池、その他の技術(ニッケルカドミウム電池、ニッケル水素、亜鉛炭素)分析、駆動種類別(電気、油圧、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東・アフリカ)分析、競争状況、市場機会・将来動向などの構成でお届けいたします。
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・産業用バッテリーの世界市場:技術別(リチウムイオン電池、鉛蓄電池、その他の技術(ニッケルカドミウム電池、ニッケル水素、亜鉛炭素)
・産業用バッテリーの世界市場:駆動種類別(電気、油圧、その他)
・産業用バッテリーの世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東・アフリカ)
・競争状況
・市場機会・将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MOR-JL007-Industrial-Battery-Market-Growth-Trends/

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218715&id=bodyimage1

投稿日:

【精密機器業界】他社牽制力ランキング2019 トップ3はキヤノン、セイコーエプソン、リコー

株式会社パテント・リザルトは7月13日、独自に分類した精密機器業界の企業を対象に、2019年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「精密機器業界 他社牽制力ランキング2019」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。

 集計の結果、2019年に最も引用された企業はキヤノン、次いでセイコーエプソン、リコーとなりました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216956&id=bodyimage1


 1位 キヤノンの最も引用された特許は「絶縁層を有する酸化物半導体素子およびそれを用いた表示装置」に関する技術で、半導体エネルギー研究所の9件など合計12件の審査過程で引用されています。このほかには「光学系及びそれを有する光学機器」に関する技術などが引用された件数の多い特許として挙げられます。
 2019年にキヤノンの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、リコー(545件)、次いでコニカミノルタ、富士ゼロックス(いずれも334件)となっています。

 2位 セイコーエプソンの最も引用された特許は「デジタル放送受信システム、および、デジタル放送受信機、ならびに、増設チューナ」に関する技術で、東芝映像ソリューションの15件の審査過程において引用されています。このほかには「発光材料、発光材料の精製方法および層形成方法」に関する技術や「集積回路装置及び電子機器」に関する技術などが、引用された件数の多い特許として挙げられます。
 2019年にセイコーエプソンの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、キヤノン(251件)、次いでリコー(249件)、半導体エネルギー研究所(125件)となっています。

 3位 リコーの最も引用された特許は「電子写真用トナー及びその製造方法」に関する技術で、富士ゼロックスの「光輝性トナー、静電荷像現像剤、トナーカートリッジ、プロセスカートリッジ、画像形成装置、及び画像形成方法」関連特許など、計7件の審査過程において引用されています。
 2019年にリコーの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、キヤノン(524件)で、富士ゼロックス(292件)、京セラドキュメントソリューションズ(291件)と続いています。

 そのほか、4位のコニカミノルタは「色収差を良好に補正する撮像装置」、5位の大日本印刷は「容易かつ低コストで製造できる粘着フィルムの製造方法」が、最も引用された特許として挙げられます。

【ランキングの集計対象について】
 日本特許庁に特許出願され、2019年12月までに公開されたすべての特許のうち、2019年1月から12月末までの期間に拒絶理由(拒絶理由通知または拒絶査定)として引用された特許を抽出。
 本ランキングでは、権利移転を反映した集計を行っています。2020年5月29日の時点で権利を保有している企業の名義でランキングしているため、出願時と企業名が異なる可能性があります。
 業種は総務省の日本標準産業分類を参考に分類しています。

 また弊社では、本ランキングの詳細データを下記の通り販売しています。
【精密機器業界 他社牽制力ランキング2019 ご提供データ】
納品物:以下のデータを収納したCD-ROM
1)ランキングトップ50社
 精密機器業界の被引用件数上位50社のランキング
2)被引用件数上位100件のリスト
 精密機器業界の被引用件数上位100件及び引用先の特許との対応を掲載
価格:50,000円(税抜)

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580
Fax:03-5802-8271
ホームページURL https://www.patentresult.co.jp/

投稿日:

ドイツ・ミュンヘンにおいて実車を用いて実施した、Porsche TaycanのインフォテイメントシステムのUX評価結果をまとめたレポートをリリース

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛けるSBD Automotiveでは、2020年5月にドイツ・ミュンヘンにおいて、Porsche TaycanのインフォテイメントシステムのUX評価を実車を用いて実施、この度その評価結果をまとめたレポートを2020年7月8日に発行しました。

同車両は2019年にリリースされたPorsche初の完全EVであり、VolkswagenグループのMIB3プラットフォームをベースにした新世代インフォテイメントシステムを搭載しています。同社のインフォテイメントシステムは、16.8インチのクラスターディスプレイ、10.9インチのセンターディスプレイおよび同サイズの助手席用ディスプレイ、8.4インチのHVAC制御用タッチパッドスクリーン、5.9インチの後席用HVAC制御スクリーン(オプション)の5つのスクリーンを備えています。コックピット内からは物理的な制御ボタンを大幅に削減する一方で、レイアウトでは1964年デビューの911からの伝統である5連メーターを踏襲しています。

情報アーキテクチャは従来の世代から簡素化され、Home(自宅)、Car(車)、Notification(通知)の3つのセクションで構成されています。メインのホームスクリーンはスマートフォンのレイアウトと同様すべてのアプリへのショートカットが表示されるほか、カスタマイズ可能なウィジェットスクリーンの追加が可能です。

特筆すべき特徴としては、HVAC(風向を含む)のスクリーン上での制御機能、他のスクリーンと同時に使用可能な高機能助手席用ディスプレイ(例: センター、クラスター、助手席の3つのディスプレイにそれぞれナビ画面を表示)、両サイドに静電容量スイッチを備えた大型の曲面クラスターディスプレイなどが挙げられます。

VWはGolf 8およびID.3のソフトウェア開発に苦慮してきており、Porscheも同様に苦戦を強いられているように見受けられます。現行システムは完成品というよりはむしろベータ実装という印象で、SBDのテスト時にはシステムがクラッシュし使用できないというケースがありました。またこの他にも、センターディスプレイが低い位置に配置されており、特にタッチパッドが統合されたことでBMWやMercedesのようなパッドではなくタッチスクリーンが多用されることとなり、ドライバーディストラクション(※)を引き起こす可能性が懸念されます。(※SBDではこの点について今後別途調査および評価を実施する予定です。)

Taycanの音声認識システムについては、SBDが最近評価を行ったBMWや中国OEMの競合システムと比較し、低いスコアとなりました。その原因としては、性能面で一貫性や反応の迅速さに欠けることや、認識機能が限定されること、コンテクスチュアルな自然音声認識ではなくキーワードに依存していると見受けられることなどが挙げられます(テストに用いられたのはドイツ仕様車で音声認識はドイツ語で評価)。 Taycanのインフォテイメントシステムには不十分な点が見られるものの、それらはソフトウェアアップデートでの改善が可能であり、実現すれば今回のUX評価スコアも大幅に向上します。

市場概況

自動車業界のバズワードであるCASE(Connected、Autonomous、Shared/Serviced、Electirfied)と並び、今後OEM各社にとってのバトルフィールドとなると目されるのが、インフォテイメントのHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)実装や包括的なUXなどの分野です。SBDのこれまでの調査では、革新的な機能の開発を急いだために信頼性や互換性を欠いたソフトウェアが実装されるケースが増加傾向にあることがわかっています。自動車業界では家電業界から生まれる消費者ニーズに対応すべく、近年インフォテイメントの開発ペースを益々加速させていることが要因の一つであるとSBDでは見ています。

インフォテイメントHMIの今後の展開には引き続き課題が多いと考えられる一方で、次のような大きな変化が魅力的なイノベーションの実現に影響を及ぼすであろうことは間違いありません。

・開発プロセスにおいては、アジャイルおよびフェイルファストへより明確にフォーカスしていく
・OTA(Over-The-Air)アップデートの提供が拡大し、ソリューションの刷新やアップデートが可能となる
・新たなHMI開発ツールの提供により、より革新的なユーザーインタラクションアプローチへの機会が創出される
・入力手法としての音声認識へのニーズはマルチモダリティにとってかわられているものの、「音声ファースト」のアプローチは引き続き有力

SBD AutomotiveのHMI UX評価手法

SBDでは前述のTaycanを含む評価対象12車種(予定)の評価を行い「2020年コネクテッドカーUXベンチマーク評価レポートシリーズ」として年間12冊のレポートを発行することを計画しています。本シリーズでは2017年に開始以降、欧州・米国・中国・日本市場の最新のナビおよびインフォテイメントシステムのHMIに関するUX評価を提供しています。本書では、各システムのベンチマークとスコアの提示、プラス・マイナス面の特定、ベストプラクティスの共有、改善に向けた具体的な提言の提供を主な目的とし、機能性、人間工学、ユーザビリティというUXを構成する3つの主な要素に基づき評価を行っています。実車を用いて車両静止時および走行時のシステムテストを行い、結果を過去のテストや競合ソリューションと比較して最終的なスコアを算出します。

2020年コネクテッドカーUXベンチマーク評価レポートシリーズ>>
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/619-20IB_J.pdf

また、自動車とモビリティの領域で様々な調査とコンサルティングサービスをご提供しており、その中でも車載システムがエンドユーザーのカスタマーエクスペリエンスに与える影響について包括的な評価を行っています。完成した量産システムの評価だけでなく、コンセプト策定から設計の段階まで広範なサポートをご提供、グローバルにお客様の戦略を支援しています。

SBDのHMI評価および調査、コンサルティングサービスの詳細について>>
https://insight.sbdautomotive.com/rs/164-IYW-366/images/SBD_HMI_Evaluation_Support_2020_JPN.pdf



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218724&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218724&id=bodyimage2

本レポートおよび本シリーズの詳細に関するお問い合わせは下記にて承っております。

株式会社 SBDジャパン
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル6F
Tel: 052 253 6201
E-mail: postbox@sbdautomotive.com
https://www.sbdautomotive.com/ja/

【SBDについて】
英国を本拠とする自動車技術の調査・コンサルティング会社です。1997年の創業以来、日本、欧州(英国とドイツ)、米国、中国の拠点から自動車業界に携わるクライアントをグローバルにサポートしています。
クライアントは自動車メーカー、サプライヤー、保険業界、通信業界、政府・公的機関、研究機関など自動車業界のバリューチェーン全体。調査対象エリアは欧州、北米、中国、ブラジル、インド、ロシア、東南アジアなど世界各国の市場を網羅。自動車セキュリティおよびIT、コネクテッドカー、自動運転などの分野において調査を実施、各種レポートやコンサルティングサービスを提供しています。

投稿日:

天然界面活性剤市場ー製品タイプ(陰イオン、陽イオン、非イオン、両性)、アプリケーション(農業、洗剤、工業用・施設用洗浄、パーソナルケア、油田)による区分-グローバルな需要分析と業界展望2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「天然界面活性剤市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年7月 09日に発刊しました。これは、2021~2028年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

天然界面活性剤は、一般にバイオベースの界面活性剤としても知られ、表面張力が低い化合物であり、一般的に洗剤、分散剤、乳化剤、発泡剤、湿潤剤として使用されます。これらの有機化合物は、親水基と疎水基の両方を含んでいます。天然界面活性剤は、多くの場合、バイオベースの成分、特に植物から生産されます。これらの有機化合物は、親水基と疎水基の両方を含んでいます。天然界面活性剤は、従来の化学ベースの界面活性剤よりも有害な影響が少ないことが知られています。世界の天然界面活性剤市場は、いくつかのエンドユーザー産業からの界面活性剤への需要の高まり、環境への脅威が少ないことが知られているいくつかの有機化学化合物の提供に役立つ化学科学の進歩により、成長すると予想されています。
https://www.researchnester.com/sample-request-2610

グローバルな天然界面活性剤市場は、2021~2028年の予測期間中に重要なCAGRを記録すると予想されます。国際貿易センターの統計によると、非イオン性有機界面活性剤の輸出は、2015年のUSD 4510957千から2018年のUSD 5286988千に世界的に増加しました。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218774&id=bodyimage1


市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。

● 天然界面活性剤市場は、製品タイプ(陰イオン、陽イオン、非イオン、両性)およびアプリケーション(農業、洗剤、工業用および施設用洗浄、パーソナルケア、油田)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

● 天然界面活性剤市場における業界のリーダーはKao Corporation、Croda International Plc、Akzo Nobel N.V.、BASF SE、The Dow Chemical Company、Huntsman International LLC、Clariant Ltd.、Stepan Company、India Glycols Limitedなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。

● 天然界面活性剤市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。

天然界面活性剤市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

● レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

増大する環境への懸念
世界銀行の統計によると、年間20億1,000万トンの都市ごみが世界中で発生しています。さらに、統計によると、2050年までに世界の廃棄物は34億4000万トンに増加すると予測されています。世界中で発生する固形廃棄物への関心は日々高まっています。この問題に取り組むために、研究者や科学者を含むいくつかの政府機関は、固形廃棄物の地球規模の問題を抑制するのに役立つソリューションの開発に取り組んでいます。世界中で廃棄物の利用が増加しているため、廃棄物によっても製造される天然界面活性剤などの製品は、廃棄物管理を扱う産業と環境機関の両方に廃棄物管理のダイナミックなソリューションを提供しています。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/


調査レポートの詳細内容について

https://www.researchnester.com/reports/natural-surfactants-market/2610

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「産業用ガスタービンの世界市場2020-2025:1-40MW、41-120MW、121-300MW、300MW以上」調査資料を取り扱い開始しました

2020年7月10日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「産業用ガスタービンの世界市場2020-2025」調査資料の販売を2020年7月10日に開始いたしました。産業用ガスタービンの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:産業用ガスタービンの世界市場2020-2025
■英文タイトル:Industrial Gas Turbine Market - Growth, Trends, and Forecasts (2020-2025)
■出版日:2020年6月30日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、産業用ガスタービンの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、調査手法、市場動向、容量別(1-40MW、41-120MW、121-300MW、300MW以上)分析、用途別(発電、石油&ガス、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東・アフリカ)分析、競争状況、市場機会・将来動向などの構成でお届けいたします。
・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・調査手法
・市場動向
・産業用ガスタービンの世界市場:容量別(1-40MW、41-120MW、121-300MW、300MW以上)
・産業用ガスタービンの世界市場:用途別(発電、石油&ガス、その他)
・産業用ガスタービンの世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東・アフリカ)
・競争状況
・市場機会・将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MOR-JL006-Industrial-Gas-Turbine-Market-Growth/

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218667&id=bodyimage1

投稿日:

「世界のダークファイバーネットワーク市場2020-2027:新型コロナの影響、ファイバタイプ別(シングルモード、マルチモード)、ネットワークタイプ別、エンドユーザー別」市場調査レポートを販売開始

2020年7月10日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「世界のダークファイバーネットワーク市場2020-2027:新型コロナの影響、ファイバタイプ別(シングルモード、マルチモード)、ネットワークタイプ別、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「世界のダークファイバーネットワーク市場2020-2027:新型コロナの影響、ファイバタイプ別(シングルモード、マルチモード)、ネットワークタイプ別、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年7月10日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。ダークファイバーネットワークの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:世界のダークファイバーネットワーク市場2020-2027:新型コロナの影響、ファイバタイプ別(シングルモード、マルチモード)、ネットワークタイプ別、エンドユーザー別、地域別
◆英語タイトル:Global Dark Fiber Networks Market Size study with COVID-19 impact, by Fiber Type (Single Mode, Multi-Mode), by Network Type (Metro Dark Fiber Networks, Long-Haul Dark Fiber Networks), by End-User (Internet Service Providers (ISPs) & Telecom, Banks, Financial Services & Insurance (BFSI), IT & IT Enabled Services (ITeS), Education, Manufacturing & Logistics, Others) and Regional Forecasts 2020-2027
・商品コード:BZW20JL019
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2020年6月25日
・ページ数:約150
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ
・産業分野:IT

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本調査レポートでは、ダークファイバーネットワークの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場定義・範囲、市場動向、市場分析、ファイバータイプ別(シングルモード、マルチモード)分析、ネットワークタイプ別分析、エンドユーザー別分析、地域別(アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ)分析、競争状況、調査プロセスなどを含め、以下の構成でご提供いたします。

・エグゼクティブサマリー
・市場定義・範囲
・市場動向
・市場分析
・ダークファイバーネットワークの世界市場規模:ファイバータイプ別(シングルモード、マルチモード)
・ダークファイバーネットワークの世界市場規模:ネットワークタイプ別
・ダークファイバーネットワークの世界市場規模:エンドユーザー別
・ダークファイバーネットワークの世界市場規模:地域別(アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ)
・競争状況
・調査プロセス
...

※「世界のダークファイバーネットワーク市場2020-2027:新型コロナの影響、ファイバタイプ別(シングルモード、マルチモード)、ネットワークタイプ別、エンドユーザー別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/global-dark-fiber-networks-market-bzw20jl019

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218654&id=bodyimage1

投稿日:

歯科診断および外科機器市場ータイプ別(診断-コーンビーム計算トポグラフィー(CBCT)スキャナー、放射線機器)、手術別、エンドユーザー別(病院、歯科医院)-グローバルな需要分析と機会の見通し2027年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「歯科診断および外科機器市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」」2020年7月 09日 に発刊しました。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

歯科診断および外科用機器は基本的に、口腔状態の検討と治療に使用されるものです。歯科診断および外科治療市場は、口腔疾患の発生率の上昇と痛みの少ない最小侵襲機器の需要により、予測期間にわたって成長すると予想されています。老年人口の増加に伴う現在の人口の食生活の変化に起因する口腔疾患の増加はさらに、世界中の診断および外科用歯科機器の需要を増加させると予想されています。高齢者人口の増加は、歯科機器市場をさらに拡大すると予想される若い人口よりもはるかに多くのインプラントと歯周外科治療を必要とします。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218750&id=bodyimage1

歯科診断および外科用機器市場は、予測期間中に重要なCAGRを記録すると予想されます。多くの多国籍企業が歯科診断および外科用機器の新製品の進歩に集中しています。さらに、若い人口の美容歯科に対する需要の高まりとともに高齢者人口が増加することは、歯科診断および外科用機器市場の成長に役立つと予測されています。

歯科診断および外科機器市場は、タイプ別(診断-コーンビーム計算トポグラフィー(CBCT)スキャナー、放射線機器)、手術別(スケーリングユニット、歯科用レーザー、CAD / CAMシステム、歯科用椅子、ハンドピース、器具デリバリーシステム、歯科用オペレーターライト);エンドユーザー別(病院、歯科医院)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

歯科診断および外科機器市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。北米は、ヨーロッパ地域が牽引する歯科診断および外科用機器市場で最大のシェアを保持しています。アジア太平洋地域は、人口ベースの増加と歯科および口腔衛生に関する意識の高まりにより、近い将来最も急速な成長率を観察すると予想されています。さらに、特にインド、シンガポール、タイなどの国々での歯科観光の増加と歯科観光の急増は、アジア地域の成長の原因となっている要素をです。

歯科診断および外科機器市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「歯科診断および外科機器市場」というタイトルのレポートは、歯科診断および外科機器市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の歯科診断および外科機器市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。歯科診断および外科機器市場における業界のリーダーは3M Healthcare Company、A-dec, Inc.、BioLase Technology Inc、Carestream Health Inc、Danaher Corporation、Sirona Dental Systems Inc.、GC Corporation、Dentsply International、Henry Schein, Inc.、Midmark Corporationなどです。https://www.researchnester.jp/sample-request-884

成長ハイライト
化粧品歯科への傾向が高まり、ジャンクフードの摂取に対する気質が不適切に消費されていることは、歯科診断および外科機器市場を牽引している重要な要素です。高齢者人口の増加も市場の成長に楽観的に影響を与えています。歯科診断および外科用機器セクターで行われた最新の技術的改善により、市場の人気はさらに高まっています。人々の外見に対する意識の高まりによ、そのため、人々はその目的のためにさまざまな治療や手術を受けており、それが今度は市場を動かしています。これらは、予測期間にわたって歯科診断および外科用機器市場の成長をさらに牽引すると予想される要因です。

調査レポートはさらに、Y-o-Y成長率、市場規模と価値、その他の予測数値など、セグメントに関するいくつかの定量的データを示しています。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/


調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/dental-diagnostic-surgical-equipment-market/884

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「大気質監視の世界市場2020-2025:屋内、屋外、その他」調査資料を取り扱い開始しました

2020年7月10日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「大気質監視の世界市場2020-2025」調査資料の販売を2020年7月10日に開始いたしました。大気質監視の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:大気質監視の世界市場2020-2025
■英文タイトル:Air Quality Monitoring Market - Growth, Trends, and Forecasts (2020 - 2025)
■出版日:2020年6月30日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、大気質監視の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、サプライチェーン分析、用途別(屋内、屋外、その他)分析、サンプリング別(継続、手動、間欠)分析、エンドユーザー別(工業用、商用、その他)分析、地域別(北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、南米、中東・アフリカ)分析、競争状況、市場機会・将来動向などの構成でお届けいたします。
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・サプライチェーン分析
・大気質監視の世界市場:用途別(屋内、屋外、その他)
・大気質監視の世界市場:サンプリング別(継続、手動、間欠)
・大気質監視の世界市場:エンドユーザー別(工業用、商用、その他)
・大気質監視の世界市場:地域別(北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、南米、中東・アフリカ)
・競争状況
・市場機会・将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MOR-JL005-Air-Quality-Monitoring-Market-Growth/

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218666&id=bodyimage1

投稿日:

「世界の文化用紙市場2020-2027:新型コロナの影響、種類別(コート紙、オフセット紙、軽量紙)、用途別、地域別」市場調査レポートを販売開始

2020年7月10日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「世界の文化用紙市場2020-2027:新型コロナの影響、種類別(コート紙、オフセット紙、軽量紙)、用途別、地域別」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「世界の文化用紙市場2020-2027:新型コロナの影響、種類別(コート紙、オフセット紙、軽量紙)、用途別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年7月10日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。文化用紙の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:世界の文化用紙市場2020-2027:新型コロナの影響、種類別(コート紙、オフセット紙、軽量紙)、用途別、地域別
◆英語タイトル:Global Cultural Paper Market Size study with COVID-19 impact, by Type (Coated Paper, Offset Paper, Light-weight Paper), by Application (Advertising, Books and Magazines, Album, Others) and Regional Forecasts 2020-2027・商品コード:BZW20JL018
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2020年6月25日
・ページ数:約150
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ
・産業分野:工業製品

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本調査レポートでは、文化用紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場定義・範囲、市場動向、市場分析、種類別(コート紙、オフセット紙、軽量紙)分析、用途別分析、地域別(アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ)分析、競争状況、調査プロセスなどを含め、以下の構成でご提供いたします。

・エグゼクティブサマリー
・市場定義・範囲
・市場動向
・市場分析
・文化用紙の世界市場規模:種類別(コート紙、オフセット紙、軽量紙)
・文化用紙の世界市場規模:用途別
・文化用紙の世界市場規模:地域別(アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ)
・競争状況
・調査プロセス
...

※「世界の文化用紙市場2020-2027:新型コロナの影響、種類別(コート紙、オフセット紙、軽量紙)、用途別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/global-cultural-paper-market-size-bzw20jl018

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218651&id=bodyimage1

投稿日:

「世界のコリオリ流量計市場2020-2027:新型コロナの影響、流体種類別(ガス、液体)、用途別、地域別」市場調査レポートを販売開始

2020年7月10日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「世界のコリオリ流量計市場2020-2027:新型コロナの影響、流体種類別(ガス、液体)、用途別、地域別」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「世界のコリオリ流量計市場2020-2027:新型コロナの影響、流体種類別(ガス、液体)、用途別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年7月10日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。コリオリ流量計の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:世界のコリオリ流量計市場2020-2027:新型コロナの影響、流体種類別(ガス、液体)、用途別、地域別
◆英語タイトル:Global Coriolis Flow Meter Market Size study with COVID-19 impact, by Fluid Type (Gas, Liquid), by Application (Oil & Gas, Chemicals & Petrochemicals, Food & Beverages, Others) and Regional Forecasts 2020-2027
・商品コード:BZW20JL014
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2020年6月25日
・ページ数:約150
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ
・産業分野:工業製品

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本調査レポートでは、コリオリ流量計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場定義・範囲、市場動向、市場分析、流体タイプ別(ガス、液体)分析、用途別分析、地域別(アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ)分析、競争状況、調査プロセスなどを含め、以下の構成でご提供いたします。

・エグゼクティブサマリー
・市場定義・範囲
・市場動向
・市場分析
・コリオリ流量計の世界市場規模:流体タイプ別(ガス、液体)
・コリオリ流量計の世界市場規模:用途別
・コリオリ流量計の世界市場規模:地域別(アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ)
・競争状況
・調査プロセス
...

※「世界のコリオリ流量計市場2020-2027:新型コロナの影響、流体種類別(ガス、液体)、用途別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
⇒hhttps://www.marketreport.jp/global-coriolis-flow-meter-market-bzw20jl014

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218647&id=bodyimage1

投稿日:

最新のスマートフォンキーシステムの登録プロセス、機能、スマートフォンと車両間の通信およびキー共有機能のセキュリティ性を評価した「スマートフォンキーシステムの評価」をリリース

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛ける株式会社SBDジャパン(名古屋市)では、中国仕様車に搭載されたBLEシステムを評価した「スマートフォンキーシステムの評価-Weltmeister EX5」と「スマートフォンキーシステムの評価 -Roewe ERX5」を2020年7月1日に発行しました。

自動車のスマートフォンキーシステム普及に伴い、提供する機能およびその実装方法について慎重に検討することがOEMにとって今後ますます重要となります。SBDジャパンでは2019年にTeslaのBLEシステム、Mercedes BenzのNFCシステムの評価レポートを発行しており、2020年は対象3車種のシステムについてのベンチマーク評価を実施しています。本レポートシリーズでは、様々なシステムのベンチマークを通じ、セキュリティ面でのベストプラクティスの機能設計開発への採用を支援することを目的としています。
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/707-20_IB_J.pdf


<2020年の評価対象車種>
BMW X5:キー共有機能付きNFCシステム
Weltmeister EX5:BLEシステム
Roewe ERX5:BLEシステム
次の項目について評価を行っています。
・登録プロセス
・機能
・スマートフォンと車両間の通信およびキー共有機能のセキュリティ性

<本書の構成>
はじめに:本プロジェクトの目的と範囲、BLEとNFCの比較
要旨:車両評価と分析結果から得られた重要事項および考察
車両およびテスト装置:本調査で使用した車両およびテスト装置の説明
システム評価:対象車種のスマートフォンキーシステムの分析

レポートの詳細
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/707-20_IB_J.pdf

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218665&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218665&id=bodyimage2

本レポートおよびシリーズの詳細に関するお問い合わせは下記にて承っております。

株式会社 SBDジャパン
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル6F
Tel: 052 253 6201
E-mail: postbox@sbdautomotive.com
https://www.sbdautomotive.com/ja/

【SBDについて】
英国を本拠とする自動車技術の調査・コンサルティング会社です。1997年の創業以来、日本、欧州(英国とドイツ)、米国、中国の拠点から自動車業界に携わるクライアントをグローバルにサポートしています。
クライアントは自動車メーカー、サプライヤー、保険業界、通信業界、政府・公的機関、研究機関など自動車業界のバリューチェーン全体。調査対象エリアは欧州、北米、中国、ブラジル、インド、ロシア、東南アジアなど世界各国の市場を網羅。自動車セキュリティおよびIT、コネクテッドカー、自動運転などの分野において調査を実施、各種レポートやコンサルティングサービスを提供しています。

投稿日:

「ガス絶縁変電所の世界市場2020-2025:中電圧、高電圧、超高電圧」調査資料を取り扱い開始しました

2020年7月10日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ガス絶縁変電所の世界市場2020-2025」調査資料の販売を2020年7月10日に開始いたしました。ガス絶縁変電所の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:ガス絶縁変電所の世界市場2020-2025
■英文タイトル:Gas Insulated Substation Market - Growth, Trends, and Forecasts (2020 - 2025)
■出版日:2020年6月30日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、ガス絶縁変電所の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、調査手法、市場動向、電圧別(中電圧、高電圧、超高電圧)分析、エンドユーザー別(電力会社、工業用、商業および住宅用)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東・アフリカ)分析、競争状況、市場機会・将来動向などの構成でお届けいたします。
・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・調査手法
・市場動向
・ガス絶縁変電所の世界市場:電圧別(中電圧、高電圧、超高電圧)
・ガス絶縁変電所の世界市場:エンドユーザー別(電力会社、工業用、商業および住宅用)
・ガス絶縁変電所の世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東・アフリカ)
・競争状況
・市場機会・将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MOR-JL004-Gas-Insulated-Substation-Market-Growth/

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218662&id=bodyimage1

投稿日:

グリーンテクノロジー市場ーアプリケーションの種類別、最終用途別、種類別(太陽エネルギー、翼エネルギー、水力発電、バイオ燃料など)-グローバルな需要分析と機会の見通し2027年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「グリーンテクノロジー市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年7月 08日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、2019-2027年の予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218694&id=bodyimage1

グリーンテクノロジーは、環境の保護を目的とした製品とプロセスを扱う科学技術です。環境の悪化の増加に伴う人口の増加により、このテクノロジーに対する強力な要件が初期化されました。グリーンテクノロジーの主な目的は、グリーンビルディング、グリーンナノテクノロジー、クリーンな燃料、効率的なリサイクル、効率的な輸送システムなどのコンセプトを使用して、直接排出と間接排出の両方から温室効果ガスの排出を削減することです。グリーンテクノロジーは、天然有機材料の使用をサポートし、グリーンガスの生成を減らします。さらに、グリーンテクノロジーで使用される原則は、航空機、原子力、原子力、通信インターネット、バイオテクノロジーなどのさまざまな業界で使用され、グリーン産業に変換できます。世界のグリーンテクノロジー市場は、2019年から2027年の予測期間中に、エネルギー消費率の上昇と環境問題の増大により、8.5%のCAGRで成長すると予想されています。

レポートの主なハイライト
● 市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
● レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
● 統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
● レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

主要企業
レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。グリーンテクノロジー市場における業界のリーダーはInvenSor GmbH、DPAC UK Ltd.、Taco Inc.、AHT cooling system GmbH、GE、Seimens AG、Spruce Finance、Trina Solar Ltd.などです。

市場セグメンテーション
グリーンテクノロジー市場は、アプリケーションの種類別(住宅、商業、産業)、最終用途別(モバイルエアコン、エアコンチラー、一体型エアコン)、製品別(HVAC製品、ウォーターソリューションなど)、種類別(太陽エネルギー、翼エネルギー、水力発電、バイオ燃料)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

グリーンテクノロジー市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。さらに、これらの地域には、グリーンソリューションにますます投資している大規模な産業があります。アジア太平洋地域も、特に中国と日本での地域の新しい開発と投資の増加、人々によるグリーンテクノロジーの受け入れの増加により、最大の市場シェアで成長すると推定さいれます。中東およびアフリカ地域は、これらのテクノロジーの採用が遅いため、予測期間中の成長が遅いと予想されます。https://www.researchnester.jp/sample-request-1784

グリーンテクノロジー市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/green-technology-market/1784


[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

電気自動車バッテリー市場ー車両推進力別)、バッテリー別(鉛酸、ニッケル水素、リチウムイオン)、車別(乗用車と商用車)によってセグメンテーション-グローバルな需要分析&機会の見通し2027年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「電気自動車バッテリー市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年7月 08日 に発刊しました 。電気自動車のバッテリー市場は、予測期間中に18.0%のCAGRを記録すると予想されます。また、2027年までに1,200億米ドルの市場規模を達成すると予測されています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218689&id=bodyimage1

電気自動車のバッテリーは、電気自動車の推進力を駆動するために使用されます。電気自動車のバッテリーは、特に車両の重量を減らし、車両の効率を高めるように設計されています。電気自動車用バッテリーの低コストと長寿命により、電気自動車用バッテリーの需要が高まっています。電気自動車のバッテリーは、充電式バッテリーパックに保存されている化学エネルギーを使用します。

現在、世界の電気自動車用バッテリー市場は、電気自動車の増加に伴い活発な成長を観察されており、それによって電気自動車用バッテリー市場の需要が高まっています。電気自動車の採用に関する政府の主導権の高まりと、環境問題の高まりによる電気自動車の採用の増加は、電気自動車バッテリーの市場成長を牽引しています。さらに、電気自動車のバッテリーに関連する低コストにより、予測期間中の世界の電気自動車のバッテリー市場の成長を後押しすると予想されます。
レポートは、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威を含むいくつかの主要な市場ダイナミクスに強調いています。また、セグメントに焦点を当てています。電気自動車バッテリー市場は、車両推進力別(バッテリー電気自動車(BEV)とプラグインハイブリッド車(PHEV))、バッテリー別(鉛酸、ニッケル水素、リチウムイオン)、車別(乗用車と商用車)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

電気自動の車バッテリー市場レポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、ダイナミクスの分析にさまざまなツールを利用しています。電気自動車バッテリー市場レポートは、地域に基づいたパフォーマンスの洞察も提供します。電気自動車バッテリー市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。https://www.researchnester.jp/sample-request-1268

電気自動の車バッテリー市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

電気自動車の需要の高まり
有害元素の排出に関する環境問題の高まりにより、電気自動車の需要が増加すると予想されます。これは、電気自動車のバッテリー市場の成長を後押しすると予想されます。さらに、電気自動車に関連する有利な政府規範も、電気自動車のバッテリー市場の成長を支えています。

主要企業
電気自動車バッテリー市場における業界のリーダーにはRobert Bosch GmbH、Panasonic、LG Chem、Johnson Controls International PLC、BYD、Samsung SDI Co、Automotive Energy Supply Corporation、GS Yuasa、Hitachi Group、Lithium Energy Japanなどです。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/electric-vehicle-battery-market/1268

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「電気自動車用バッテリーの世界市場2020-2025:鉛蓄電池、リチウムイオン電池、その他の電池」調査資料を取り扱い開始しました

2020年7月9日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「電気自動車用バッテリーの世界市場2020-2025」調査資料の販売を2020年7月9日に開始いたしました。電気自動車用バッテリーの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:電気自動車用バッテリーの世界市場2020-2025
■英文タイトル:Electric Vehicle Battery Market - Growth, Trends, and Forecasts (2020 - 2025)
■出版日:2020年6月30日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、電気自動車用バッテリーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、調査手法、市場動向、バッテリー種類別(鉛蓄電池、リチウムイオン電池、その他の電池)分析、車両種類別(BEV、PHEV、HEV)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他地域)分析、競争状況、市場機会・将来動向などの構成でお届けいたします。
・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・調査手法
・市場動向
・電気自動車用バッテリーの世界市場:バッテリー種類別(鉛蓄電池、リチウムイオン電池、その他の電池)
・電気自動車用バッテリーの世界市場:車両種類別(BEV、PHEV、HEV)
・電気自動車用バッテリーの世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他地域)
・競争状況
・市場機会・将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MOR-JL001-Electric-Vehicle-Battery-Market-Growth/

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218649&id=bodyimage1

投稿日:

隠し金庫市場ー安全なタイプ別(電子、指紋、機械)、機能別(現金管理、保管庫、銃の金庫、金庫、金など)およびエンドユーザー別によるセグメンテーション-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「隠し金庫市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年7月 08日 に発刊しました。このレポートは、2020-2028年の予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218688&id=bodyimage1

隠し金庫は、セキュリティが最も重要な要求である現在のシナリオで果たすべき重要な役割を持っています。隠し金庫は、お金、書類、記録などの貴重品が別々の場所に保管される安全な保管システムです。隠し金庫は、壁、柱、ソファー、ベッドなど、どこにでも設置できます。使用量と需要が高いため、市場で最も人気のある製品です。隠し金庫市場は、2020-2028年の予測期間中に6.5%のCAGRで成長すると予想されます。

隠し金庫市場はに安全なタイプ別(電子、指紋、機械)、機能別(現金管理、保管庫、銃の金庫、金庫、金など)およびエンドユーザー別(銀行および非銀行)よって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

隠し金庫市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカに地域によって分割されます。

隠し金庫市場は地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

市場主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の隠し金庫市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。隠し金庫市場における業界のリーダーはAmerican Security Products Co. 、Godrej & Boyce Manufacturing Co. Limited.、Dean Safe、dormakaba Group、Access Security Products Ltd.、Alpha Safe & Vault, Inc.、Acme Security Systems.、BJARSTAL s.a.r.l.、Bode-Panzer GmbH、Chubb Safes Ltd.などです。https://www.researchnester.jp/sample-request-2507

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/hidden-safe-market/2507

**** Research Nester Private Limited会社概要*****
https://www.researchnester.com/


[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

【電気機器業界】他社牽制力ランキング2019 トップ3はパナソニック、東芝、三菱電機

株式会社パテント・リザルトは7月9日、独自に分類した電気機器業界の企業を対象に、2019年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「電気機器業界 他社牽制力ランキング2019」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。

 集計の結果、2019年に最も引用された企業はパナソニック、次いで東芝、三菱電機となりました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216955&id=bodyimage1

※以下の企業をパナソニックグループとしてまとめています。
 パナソニック、PANASONIC INTELLECTUAL PROPERTY CORPORATION OF AMERICA、
 パナソニックIPマネジメント

 1位 パナソニックの最も引用された特許は「撮像装置及び微小レンズアレイの製造方法」に関する技術で、大日本印刷の計10件の審査過程で引用されています。このほかには「チップ型電子部品とその製造方法」に関する技術が引用された件数の多い特許として挙げられ、ロームの「チップ部品」の拒絶理由として引用されています。
 2019年にパナソニックの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、三菱電機(544件)、次いでシャープ(275件)、キヤノン(258件)となっています。

 2位 東芝の最も引用された特許は「生活支援装置および生活支援方法および広告情報提供方法」に関する技術で、任天堂などの計7件の審査過程において引用されています。このほかには「有機電界発光素子、照明装置及び照明システム」に関する技術や「画像圧縮通信装置」に関する技術などが、引用された件数の多い特許として挙げられます。
 2019年に東芝の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、三菱電機(253件)、次いでパナソニック(194件)、キヤノン(178件)となっています。

 3位 三菱電機の最も引用された特許は「車載情報表示制御装置」に関する技術で、本田技研工業の「車両制御システム、車両制御方法、および車両制御プログラム」関連特許などの審査過程において拒絶理由として引用されています。
 2019年に三菱電機の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、パナソニック(307件)で、デンソー(204件)、東芝(151件)と続いています。

 そのほか、4位の日立製作所は「列車の運行ダイヤに変更が生じたときに、運用計画をあわせて再作成を行う技術」、5位のソニーは「半導体モジュール及びMOS型固体撮像装置」が、最も引用された特許として挙げられます。

【ランキングの集計対象について】
 日本特許庁に特許出願され、2019年12月までに公開されたすべての特許のうち、2019年1月から12月末までの期間に拒絶理由(拒絶理由通知または拒絶査定)として引用された特許を抽出。
 本ランキングでは、権利移転を反映した集計を行っています。2020年5月29日の時点で権利を保有している企業の名義でランキングしているため、出願時と企業名が異なる可能性があります。
 業種は総務省の日本標準産業分類を参考に分類しています。

 また弊社では、本ランキングの詳細データを下記の通り販売しています。
【電気機器業界 他社牽制力ランキング2019 ご提供データ】
納品物:以下のデータを収納したCD-ROM
1)ランキングトップ50社
 電気機器業界の被引用件数上位50社のランキング
2)被引用件数上位100件のリスト
 電気機器業界の被引用件数上位100件及び引用先の特許との対応を掲載
価格:50,000円(税抜)

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580
Fax:03-5802-8271
ホームページURL https://www.patentresult.co.jp/

投稿日:

作物保護化学品市場ータイプ別、起源別、作物の種類別、アプリケーションのモード別(葉面散布、種子処理、土壌処理など)とフォーム別(固体と液体)-グローバル需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「作物保護化学品市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年7月 08日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218687&id=bodyimage1

不要なハーブ、昆虫、菌類、高紫外線などから作物を保護するために使用される化学物質は、作物保護化学物質と呼ばれます。伝統的に、作物保護化学物質には除草剤、殺菌剤、殺虫剤の三種類がありますが、技術の進歩により、研究者たちは作物を保護する必要がある他のいくつかの要因を特定しました。紫外線はそのような要因の一つであり、大手企業は作物を安全に保つためのソリューションに取り組んでいます。https://www.researchnester.jp/sample-request-2554

作物保護化学品市場は、2020年から2028年までの予測期間中に大幅なCAGRを記録すると予想されています。人口増加に対する食糧安全保障の需要の増加であり、世界の農地のサイズを縮小して農業生産性を高める必要性を高め、それにより世界的に農薬の成長を増大させています。

作物保護化学品市場は、ータイプ別(除草剤、殺虫剤、殺菌剤)、起源別(合成、および生物農薬)、作物の種類別(穀類、穀物、豆類、油糧種子、果物、野菜、その他)、アプリケーションのモード別(葉面散布、種子処理、土壌処理など)とフォーム別(固体と液体)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

作物保護化学品市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。

作物保護化学品市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「作物保護化学品市場」というタイトルのレポートは、作物保護化学品市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。


市場の成長を促進する作物保護の必要性の高まり
世界の人口は大幅に増加していますが、急速な都市化と工業化のために、農地のサイズは縮小しています。食糧保護の必要性、農業技術と技術の進歩が顕著になりつつあります。この必要性は、将来の農薬化学市場の成長を後押しします。

人口の増加、工業化、および技術開発の増加により、多くのセクタで多数の化学物質および先端材料(CAM)の需要が高まっています。特に、建築および建設業界、このセクターで生成される化学物質の膨大な配列の最も高い需要があります。建設部門の化学品と先端材料の世界市場が生み出す収益は、2023年までに850億米ドルを超えると推定されており、最も需要が高いのは、アジア太平洋地域の中国、インド、その他の発展途上国です。さらに、二酸化炭素排出量の削減に関連する環境への懸念の高まりは、化学物質と先端材料の進歩につながっています。さらに、循環経済は廃棄物生産を制限し、環境への影響を減らすだけでなく、全体的な経済成長の促進にも役立ちます。さらに、CAMへの世界的な研究開発費は、2018年に380億米ドルを超えました。これらは、今後数年間で作物保護化学品市場の成長を促進すると推定されるいくつかの注目すべき要素です。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の作物保護化学品市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。作物保護化学品市場における業界のリーダーはBASF SE、American Vanguard Corporation、Syngenta International AG、Corteva Agriscience Inc.、UPL Limited、ADAMA Agricultural Solutions、FMC Corporation、Nufarm Ltd、Sumitomo Chemicals、Albaugh LLC
などです。
Research Nester Private Limited会社概要

https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/crop-protection-chemicals-market/2554

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「モールドケースサーキットブレーカーの世界市場2020-2025:0A-75A、75A-250A、50A-800A、800A以上」調査資料を取り扱い開始しました

2020年7月9日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「モールドケースサーキットブレーカーの世界市場2020-2025」調査資料の販売を2020年7月9日に開始いたしました。モールドケースサーキットブレーカーの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:モールドケースサーキットブレーカーの世界市場2020-2025
■英文タイトル:Molded Case Circuit Breaker Market - Growth, Trends, and Forecasts (2020 - 2025
■出版日:2020年6月30日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、モールドケースサーキットブレーカーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、調査手法、市場動向、定格電流別(0A-75A、75A-250A、50A-800A、800A以上)分析、エンドユーザー別(電力会社、工業用、住宅用および商業用、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東・アフリカ)分析、競争状況、市場機会・将来動向などの構成でお届けいたします。
・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・調査手法
・市場動向
・モールドケースサーキットブレーカーの世界市場:定格電流別(0A-75A、75A-250A、50A-800A、800A以上)
・モールドケースサーキットブレーカーの世界市場:エンドユーザー別(電力会社、工業用、住宅用および商業用、その他)
・モールドケースサーキットブレーカーの世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東・アフリカ)
・競争状況
・市場機会・将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MOR-JL003-Molded-Case-Circuit-Breaker-Market/

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218660&id=bodyimage1

投稿日:

【矢野経済研究所プレスリリース】車載ディスプレイ部材世界市場に関する調査を実施(2020年)~車載ディスプレイ部材は、自動車1台当たりのディスプレイ搭載数増加と大画面化により需要が回復すると予測~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、車載ディスプレイ部材世界市場を調査し、セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにいたしました。ここでは、今後の自動車生産台数とともに、主要部材であるタッチパネル、前面板、OCRの出荷数量を予測し、公表いたします。

1.市場概況

世界の自動車生産台数はここ数年、概ね8,800万~8,900万台の水準をキープしてきたが、2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により、大幅に縮小する見込みである。これまで順調に搭載数を伸ばしてきた車載ディスプレイであるが、部材関連メーカーの中では2020年の世界自動車生産台数をポジティブに見て前年比80%程度、ネガティブ要因が重なった場合には前年比60~70%まで縮小するとの見方もある。

車載ディスプレイ及び、車載タッチパネル(TP)や前面板、OCA(Optical Clear Adhesive)・OCR(Optical Clear Resin)、光学フィルムなどの材料市場については自動車生産台数の減少に伴う縮小は避けられないものの、CASE(Connected、Autonomous、Shared & Service、Electric)対応などを背景として、メーター類のディスプレイ化やCID(Center Information Display)搭載率の拡大等で、車載ディスプレイの1台当りの搭載数が増加傾向にあること、さらに今後はHUD(Head Up Display)やサイドミラー、リアビューミラーといったミラー系ディスプレイなど新たなディスプレイの採用拡大も期待される。
また、車載ディスプレイは搭載数の増加とともに、画面サイズが大型化しており、CIDでは従来主流であった7″~8″(インチ)に代わり、2019年以降は10″以上のものが主流となっている。加えて、シームレスな内装デザインの流行により、1枚のTP用カバー(前面板)に複数のディスプレイを搭載するマルチディスプレイが登場しており、ディスプレイやTPのカバー(前面板)、それらを貼り合せるOCA・OCRの自動車1台当たりの使用量も増加傾向にある。

2020年の車載ディスプレイの主要部材世界出荷数量はコロナ禍により縮小を余儀なくされるものの、減少幅は自動車生産台数に比べて低い水準にとどまり、2021年の自動車生産台数が2019年対比0.91まで回復する前提ではあるが、2021年の主要部材の世界出荷数量は2019年水準まで回復すると予測する。

2.注目トピック~withコロナの新しい生活様式のニーズに対応した、車載ディスプレイ開発が求められる

日本においては、2020年5月に厚生労働省が新型コロナウイルス感染防止を想定した「新しい生活様式」の実践例を公表し、新しい生活スタイルなどが示された。海外においても、多くの国・都市で新たな生活様式の模索が始まるなど、アフターコロナの世界はコロナ禍以前とは違うものになるとされている。

これが自動車生産や車載ディスプレイの需要にどのように影響するかは、現時点では未知数であるが、感染防止のため人との接触をできるだけ避けるという行動様式が普及すると、カーナビやディスプレイオーディオ(DA)およびこれらを統合したCIDなどの車内電装品において、従来は一般的であったタッチセンサーによる画面操作を避け、非接触のセンシング機能搭載のニーズが高まる可能性もある。車載用TPメーカーの中には、このようなwithコロナ時代の新しい生活様式に対応した製品開発を進めることで、コロナ禍後の需要確保を図る動きも出てきている。

3.将来展望

車載ディスプレイ及びその関連部材に対するニーズは、非接触のセンシング機能搭載のようにwithコロナでクローズアップされたものもあるが、多くは視認性向上、大画面・曲面対応、軽量化、シームレス化など、以前から変らないものである。
TPや前面板、反射防止に代表される機能性フィルム、OCA・OCRなどの車載ディスプレイ関連部材メーカーには、これらのニーズに確実にコミットする製品の開発・提案を通じ、走行安全性確保やCASE対応といったTier1、OEM(自動車メーカー)の開発テーマを下支えしていくことが求められていくと考える。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2475

調査要綱
1.調査期間: 2020年5月~6月
2.調査対象: 車載ディスプレイ関連部材メーカー
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接取材、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2020年06月29日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218669&id=bodyimage1

投稿日:

「コイルドチューブサービスの世界市場2020-2025:掘削、竣工、ウェルインターベンション」調査資料を取り扱い開始しました

2020年7月9日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「コイルドチューブサービスの世界市場2020-2025」調査資料の販売を2020年7月9日に開始いたしました。コイルドチューブサービスの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:コイルドチューブサービスの世界市場2020-2025
■英文タイトル:Coiled Tubing Services Market - Growth, Trends, and Forecasts (2020 - 2025)
■出版日:2020年6月30日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、コイルドチューブサービスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、用途別(掘削、竣工、ウェルインターベンション)分析、配置場所別(オンショア、オフショア)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東・アフリカ)分析、競争状況、市場機会・将来動向などの構成でお届けいたします。
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・コイルドチューブサービスの世界市場:用途別(掘削、竣工、ウェルインターベンション)
・コイルドチューブサービスの世界市場:配置場所別(オンショア、オフショア)
・コイルドチューブサービスの世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東・アフリカ)
・競争状況
・市場機会・将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MOR-JL002-Coiled-Tubing-Services-Market-Growth/

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218658&id=bodyimage1

投稿日:

「世界のコールドチェーンモニタリング市場2020-2027:新型コロナの影響、提供方式別(ハードウェア、ソフトウェア)、温度別、物流別、用途別、地域別」市場調査レポートを販売開始

2020年7月9日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「世界のコールドチェーンモニタリング市場2020-2027:新型コロナの影響、提供方式別(ハードウェア、ソフトウェア)、温度別、物流別、用途別、地域別」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「世界のコールドチェーンモニタリング市場2020-2027:新型コロナの影響、提供方式別(ハードウェア、ソフトウェア)、温度別、物流別、用途別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年7月9日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。コールドチェーンモニタリングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:世界のコールドチェーンモニタリング市場2020-2027:新型コロナの影響、提供方式別(ハードウェア、ソフトウェア)、温度別、物流別、用途別、地域別
◆英語タイトル:Global Cold Chain Monitoring Market Size study with COVID-19 Impact, by Offering (Hardware and Software), by Temperature (Frozen and Chilled), by Logistics (Storage and Transportation), by Application (Pharmaceuticals & Healthcare, Food & Beverages, Chemicals and Others) and Regional Forecasts 2020-2027
・商品コード:BZW20JL011
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2020年6月25日
・ページ数:約150
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ
・産業分野:工業製品

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本調査レポートでは、コールドチェーンモニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場定義・範囲、市場動向、市場分析、提供方式別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、温度別分析、物流別分析、用途別分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを含め、以下の構成でご提供いたします。

・エグゼクティブサマリー
・市場定義・範囲
・市場動向
・市場分析
・コールドチェーンモニタリングの世界市場規模:提供方式別(ハードウェア、ソフトウェア)
・コールドチェーンモニタリングの世界市場規模:温度別
・コールドチェーンモニタリングの世界市場規模:物流別
・コールドチェーンモニタリングの世界市場規模:用途別
・コールドチェーンモニタリングの世界市場規模:地域別
・競争状況
・調査プロセス
...

※「世界のコールドチェーンモニタリング市場2020-2027:新型コロナの影響、提供方式別(ハードウェア、ソフトウェア)、温度別、物流別、用途別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/global-cold-chain-monitoring-market-bzw20jl011

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218569&id=bodyimage1

投稿日:

A&Dは、自動車排気ガス計測システムにおける、触媒性能評価システムをご紹介するウェビナーを開催いたします。

株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、代表取締役執行役員社長:森島 泰信)は、自動車排気ガス計測における、触媒性能評価システムをご紹介するウェビナーを開催いたします。

【1.ウェビナーの概要】

●テーマ
 触媒性能評価システム
●講師
 株式会社ベスト測器 開発部 外川 良介
 ※株式会社ベスト測器は、株式会社エー・アンド・デイの100%出資の子会社です。
●内容
 日本市場をはじめ、海外に多くの納入実績を有しているベスト測器の自動車排気ガス計測システムに
 おける、触媒性能評価システムの取り組みをご紹介いたします。
 ・開発効率の向上
 ・コスト低減に寄与するシステム

ベスト測器は、用途に応じて各種の自動車排気ガス分析・性能評価システムをご用意しています。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.best-sokki.com/

【2.ウェビナー開催日時・場所・参加費】

●日時
 2020年7月21日(火)14:00~14:30
●場所
 オンライン(Zoom) お申込み後、視聴用URLをお送りいたします。
●参加費
 無料

・オンライン開催ですので、会社やご自宅のパソコン、モバイルからご自由にご参加いただくことが
 できます。
・A&Dの同業他社にあたる企業にお勤めの方からのお申込みは、お受けできない場合がございます。
・フリーメールアドレスでのお申込みは対象外とさせていただきます。

【3.お申込み】

下記URLからお申込みいただきますようお願いいたします。
https://zoom.us/webinar/register/WN_qtKVQ65IS-aO8I2McjKHAA

A&Dは、用途に応じて各種の自動車関連試験機(計測・制御・シミュレーション)をご用意しています。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.aandd.co.jp/products/dsp-tech/


<会社概要>
会社名  :株式会社エー・アンド・デイ
本店所在地:〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-23-14
代表者  :代表取締役執行役員社長 森島 泰信
設立   :1977年5月
資本金  :6,388百万円
市場情報 :東証1部 7745
事業内容 :電子計測器、産業用重量計、電子天びん、医療用電子機器、試験機、工業計測機器、
      その他電子応用機器の研究開発・製造・販売

<本リリースPDF>
https://www.aandd.co.jp/pdf_storage/whatsnew/2020/0709_bestsokki/newsrelease_0709_bestsokki.pdf

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社エー・アンド・デイ
TEL:03-5391-6134  営業企画部  吉田 宏
(取材・問い合わせ専用です。広告営業はお控えください)
https://www.aandd.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218568&id=bodyimage1

投稿日:

『5Gにおける熱管理』を網羅した市場調査レポートを、IDTechExがリリース

IDTechEx(英国の先進技術調査会社)は、熱管理シリーズの調査レポートの第三弾として、5Gの熱管理にフォーカスした調査レポート『5Gにおける熱管理』を発行し、2020年6月22日より、日本法人のアイディーテックエックス株式会社での販売を開始しました。

https://www.idtechex.com/ja/research-report/thermal-management-for-5g/757

5G市場は急速に拡大しており、初期に導入された設備もすでに稼働しています。今後、5Gのデプロイメントはますます拡大し、熱管理の分野にも技術革新と成長機会をもたらすことが予想されています。より高い周波数にシフトして信号の損失が大きくなると、ネットワーク設備の高密度化が必要となり、小規模な基地局(ピコセルまたはフェムトセル)を現状よりもはるかに多く設置しなければならなくなります。また、マッシブMIMOの登場によってデータ転送速度とチャネル数が増加し、ベースバンド処理ユニットや消費電力に対する要件がますます厳しくなるため、熱伝導材料にとって大きな市場機会が訪れます。将来、ミリ波帯が登場すると、5G市場にさらなる劇的な変化が訪れ、熱管理にも一層大きなビジネスチャンスが訪れるでしょう。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218508&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218508&id=bodyimage2


IDTechExの調査レポート『5Gにおける熱管理』がカバーしている内容:
【技術評価】
■ 5G設備のサイズ(マクロ、マイクロ、ピコ、フェムト)
■ 5G デプロイメントの周波数(サブ6GHz帯、ミリ波帯)
■ MIMOとマッシブMIMOの設備
■ アンテナ素子の数と基板サイズがどのように増加するか
■ アナログ、ハイブリッド、デジタルの各ビームフォーミングアーキテクチャーの比較
■ サブ6GHz帯とミリ波帯の設備の細分化と評価統合
■ パワーアンプ技術とディスクリートパワーアンプ技術の比較
■ 5G RFチェーンにおけるビームフォーミング部品とアンプ部品
■ 5Gネットワーク向け半導体技術
■ RFパワーアンプ向けダイアタッチ材料:AuSi、AuSn、加圧金属焼結、無加圧金属焼結
■ アンテナとベースバンド処理ユニットを含む5Gネットワークの電力需要
■ 熱伝導材料とその用途:テープ、接着剤、グリス、ジェル、パッド、相変化材料、グラファイト、はんだ、窒化ホウ素、グラフェン、CNTなど
■ アンテナ、ベースバンド処理、電源用熱伝導材料
■ スマートフォンにおける熱管理のアプローチ
■ スマートフォン用熱伝導材料ティアダウン解析
【市場分析】
■ 主要5Gプレイヤーと特許状況
■ RF GaN産業とそのサプライヤー
■ アクティブアンテナユニットのサプライヤー
■ 焼結材料とそのサプライヤー、アセンブリ企業
■ 熱伝導材料、アプリケーション、サプライヤー
【フォーキャスト (2020-2030)】

【関連アナリスト記事】
https://www.idtechex.com/ja/research-article/sub-6ghz-and-mmwave-5g-opportunities-for-thermal-management-materials/21042

【当調査レポートの詳細】
https://www.idtechex.com/ja/research-report/thermal-management-for-5g/757

IDTechExは、「熱管理」に関して、幅広くグローバルに調査しています。テーマを決めて個々に調査レポートを発行しています。
● 材料をメインに扱った『サーマルインターフェイスマテリアル(熱伝導材料) 2020-2030年:見通し、技術、市場機会』
https://www.idtechex.com/ja/research-report/thermal-interface-materials-2020-2030-forecasts-technologies-opportunities/705

● EV関連を扱った『電気自動車用の熱管理 2020-2030年』
https://www.idtechex.com/ja/research-report/thermal-management-for-electric-vehicles-2020-2030/715


IDTechExの調査レポートは、アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が、販売しています。
IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供しています。

【本件に関するお問合せは下記まで】
アイディーテックエックス株式会社
100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
URL: https://www.idtechex.com/ja
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209



投稿日:

医療用プラスチック市場ー材料別、アプリケーション別、エンドユーザー別(診断センター、病院など)による区分 -グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「医療用プラスチック市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」」2020年7月 07日 に発刊しました。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218591&id=bodyimage1

医療用プラスチックは、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、ポリスチレン(PS)などのポリマーで作られており、温度、化学薬品、腐食に耐性があります。これらの材料は、プラスチックの汎用性、容易な滅菌、優れた安全性、耐久性、コスト効率などの特性により使用されています。したがって、医療用プラスチックは、使い捨て製品、ドラッグデリバリーデバイス、診断機器の製造に一般的に使用されています。ロボット支援、AI主導の手順、インプラントや補綴物の3Dプリントなどでエンジニアリングプラスチックの使用が増加しているため、エンジニアリングプラスチックの使用が促進されています。一方、近年、健康と衛生に対する個人間の関心の高まりによる医療セクターへの高額な投資が、医療用プラスチックの需要を推進する最大の理由となっています。

医療用プラスチック市場は2020-2028年の予測期間中に世界中で大幅なCAGRを登録することが予測されます。
医療用プラスチック市場は、材料別(ポリエチレン(PE)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリプロピレン、エンジニアリングプラスチック、シリコーン、その他)、アプリケーション別(診断機器、使い捨て注射器、カテーテル、インプラント、手術器具、ドラッグデリバリーデバイス)、エンドユーザー別(診断センター、病院など)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

医療用プラスチック市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。

医療用プラスチック市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。https://www.researchnester.jp/sample-request-2600

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「医療用プラスチック市場」というタイトルのレポートは、医療用プラスチック市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の医療用プラスチック市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。医療用プラスチック市場における業界のリーダーはBASF SE、Celanese Corporation、Solvay、SABIC、RAG-Stiftung、The Lubrizol Corporation、Tekni-Plex、DuPont. DuPontTM、Eastman Chemical Companyなどです。

調査レポートはさらに、Y-o-Y成長率、市場規模と価値、その他の予測数値など、セグメントに関するいくつかの定量的データを示しています。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/


調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/medical-plastics-market/2600

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「世界のボディ制御モジュール市場2020-2027:新型コロナの影響、種類別(CANバス、LINバス)、車両タイプ別、用途別、地域別」市場調査レポートを販売開始

2020年7月8日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「世界のボディ制御モジュール市場2020-2027:新型コロナの影響、種類別(CANバス、LINバス)、車両タイプ別、用途別、地域別」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「世界のボディ制御モジュール市場2020-2027:新型コロナの影響、種類別(CANバス、LINバス)、車両タイプ別、用途別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年7月8日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。生物学的安全性試験の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:世界のボディ制御モジュール市場2020-2027:新型コロナの影響、種類別(CANバス、LINバス)、車両タイプ別、用途別、地域別
◆英語タイトル:Global Body Control Module Market Size study with COVID-19 impact, by Type (CAN Bus and LIN Bus), Vehicle Type (Passenger car, Commercial car and Electric vehicle), by Application (Interior and Exterior) and Regional Forecasts 2020-2027
・商品コード:BZW20JL008
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2020年6月25日
・ページ数:約150
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ
・産業分野:自動車部品

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本調査レポートでは、ボディ制御モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場定義・範囲、市場動向、市場分析、種類別(コントロールエリアネットワーク(CAN)バス、ローカル相互接続ネットワーク(LIN)バス)分析、車種別分析、用途別分析、地域別分析(アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ)、競争状況、調査プロセスなどを含め、以下の構成でご提供いたします。

・エグゼクティブサマリー
・市場定義・範囲
・市場動向
・市場分析
・ボディ制御モジュールの世界市場規模:種類別(コントロールエリアネットワーク(CAN)バス、ローカル相互接続ネットワーク(LIN)バス)
・ボディ制御モジュールの世界市場規模:車種別
・ボディ制御モジュールの世界市場規模:用途別
・ボディ制御モジュールの世界市場規模:地域別(アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ)
・競争状況
・調査プロセス
...

※「世界のボディ制御モジュール市場2020-2027:新型コロナの影響、種類別(CANバス、LINバス)、車両タイプ別、用途別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/global-body-control-module-market-bzw20jl008

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218481&id=bodyimage1

投稿日:

リテルヒューズ、定格105度、800Vのソリッドステートリレーを発売 産業、医療、太陽光など、高温対応が必要とされる厳しい環境下での使用に最適

回路保護分野におけるグローバルリーダー、リテルヒューズ・インク (本社:米国イリノイ州シカゴ市、NASDAQ:LFUS) の日本法人であるLittelfuseジャパン合同会社(本社:東京都港区)は、定格電圧800Vの通常時オープン、単極6ピンのソリッドステートリレー(SSR)、「PLA172P OptoMOS(R)リレー」を本年7月上旬に発売します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218590&id=bodyimage1

「PLA172P OptoMOS(R)リレー」は、105度の動作周囲温度で電気的パラメータが保証された当社初のSSRで、非常に厳しい温度環境で使用される場合でも、精密な回路設計を可能にします。さらに、表面実装SSRフラットパックパッケージで、当社の製品ラインナップで最高の定格電圧800Vに対応します。

400Vを超える高電圧システム用の絶縁電流モニタ回路には、システムのシャーシに危険な電流が流れるのを防ぐために、ブロッキング電圧が高く、オフ状態のリークが少ない高入出力絶縁定格の電流リレーが必要です。負荷電圧定格が800V、負荷電流容量が100mAの「PLA172P OptoMOS(R)リレー」は、特にノイズが発生しやすいAC電力線や高電圧バッテリで使用する場合など、通常使用される600V定格のSSRに比べて設計マージンに余裕が生まれます。105度対応でオフ状態リーク電流定格が最大でも5uAと低く、またオン抵抗も低いため、高精度絶縁電流モニタでの使用に最適です。

同製品は、当社の国内販売代理店を通じて販売します。


■特長
・扱いが難しく落下試験で不適格になることの多い電気機械式リレー(EMR)との置き換えが可能。
・独自のデバイスのピン配列で、アークを防止する高電圧出力ピン間のパッド間距離6.8mm以上を確保。
・5000VRMS入出力絶縁。
・動作温度範囲を超える5mAの低入力制御電流。

■用途
産業、計測、医療、絶縁テスト機器、バッテリ絶縁モニタ、産業用太陽光発電所向け絶縁モニタ

■仕様
阻止電圧(-40~105度)(Vp):800
逆入力電圧(V):5
入力制御電流(mA):50
最大入力制御電流(A):1
入力ワット損(mW):150
出力ワット損 AC負荷電流(mW):890
出力ワット損 DC負荷電流(mW):667
絶縁電圧(Vrms):5000
動作温度(度):-40~105
保存温度(度):-40~125


※詳細については、「PLA172P OptoMOS(R)リレー」製品ページ(http://clareweb1.ixysic.com/Products/SSRFormA.htm)をご覧ください。


リテルヒューズ について
Littelfuse, Inc.(本社:米国イリノイ州シカゴ市、NASDAQ:LFUS)は、回路保護、電力制御およびセンサー技術におけるグローバルリーダーです。10万以上のエンドカスタマーに製品を提供し、自動車や産業向けのアプリケーション、データ・電気通信、医療機器、コンシューマー向け電化製品などに採用されています。リテルヒューズは、世界各国の1万1,000のパートナーと提携し、より安全で環境に配慮した、いつでもどこでもつながる世界へ向けた、革新的で高品質なソリューションを設計、製造、提供します。詳細についてはリテルヒューズのウェブサイトlittelfuse.comをご覧ください。

本件に関するお問い合わせ
Littelfuseジャパン合同会社
担当:宗形
TEL:03-6435-0750、 FAX:03-3453-5505
E-mail:tmunakata@littelfuse.com

投稿日:

エアロゾルバルブ市場ータイプ別およびアプリケーション別(食品、家庭用、パーソナルケア、自動車および産業、ヘルスケア)によるセグメンテーション-グローバルな需要分析および機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「エアロゾルバルブ市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年7月 07日に発刊しました。これは、2020~2028年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

エアロゾルは、空気または別のガス中の微細な液滴または固体粒子の懸濁液を指します。エアロゾルスプレーは、液体粒子のエアロゾルミストを作成し、五つの主要なコンポーネント(アクチュエータ、バルブ、コンテナ、推進剤、製品濃縮物)を分散させたタイプのディスペンシングシステムです。エアロゾルバルブは、押し出された容器から内容物をスプレーの形で放出する装置であり、食品、パーソナルケア製品、ヘアスプレー、消臭剤、医薬品、殺虫剤、およびその他の家庭用品のパッケージに一般的に使用されます。エアロゾルバルブの技術開発は、将来、医療、化粧品、その他のさまざまなエンドユーザー産業に大きな市場の可能性を生み出すと推定されています。

国際貿易センターの統計によると、香りスプレーと同様のトイレスプレーとそのマウントとヘッドの輸入の輸入は、2010年の760930千米ドルから2019年の1143096千米ドルに増加しています。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218585&id=bodyimage1


市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
● エアロゾルバルブ市場は、2020~2028年の予測期間中に大幅な複合年間成長率(CAGR)を記録すると予測されています。
● エアロゾルバルブ市場は、ータイプ別(計測および連続)およびアプリケーション別(食品、家庭用、パーソナルケア、自動車および産業、ヘルスケア、その他)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

● エアロゾルバルブ市場における業界のリーダーはAptarGroup, Inc.、Coster Tecnologie Speciali S.p.A.、Precision Valve Corporation、LINDAL Group、Mitani Valve Co., Ltd.、Summit Packaging Systems、Clayton Corp.、Newman Green Inc.、The Salford Valve Company Ltd.、KOH-I-NOOR Mladá Vožice a.sなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。

● エアロゾルバルブ市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。https://www.researchnester.jp/sample-request-2608

エアロゾルバルブ市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

● レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/aerosol-valves-market/2608

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

SDGs事業開発に関する第4回・第5回オンラインディスカッション【TSUKURU SDGs NIGHT】を開催!参加者募集中!

TSUKURU株式会社(代表取締役:辻 吉彦、本社:神奈川県川崎市、以下「TSUKURU」)は、SDGs事業開発をテーマにしたオンラインディスカッション「TSUKURU SDGs NIGHT」を6月より開催しております。
毎回SDGsの課題に関して様々なテーマでゲストスピーカーにお越しいただき、10名-20名程度で月に数回ディスカッションをしています。
随時参加者を募集しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

5月の老舗企業×事業イノベーション×SDGsの課題と可能性のテスト実施から、
どの会も参加者の満足度100%頂けたことに加え、
ここからSDGsに共創が生まれる可能性を感じており、この度のご連絡とさせて頂きました。

これまで以下の内容で開催させていただきました。noteにて各回をまとめていますのでご確認ください。

【第一回】フードロス
BAR芦屋日記 草野智和様
https://note.com/tsukuru_media/n/n073c7bb892cb

【第二回】バイオエコノミー
神戸大学    長野宇規先生
西粟倉村役場  上山隆浩参事
https://note.com/tsukuru_media/n/ncccf5f177968

【第三回】ゲームxSDGs
ソニーOB プレイステーション担当 山本吉輝様
https://note.com/tsukuru_media/n/n6705dcee3ba1

今後は以下のテーマで開催させていただきます。

【第四回(本日)】
7/8 (水) 19:00~  技術投資型ファンドとSDGsファンドの姿を探る
イノベーション・エンジン 佐野睦典社長
※開催URLは参加者のみにご連絡いたします

【第五回】
7/15(水) 19:00~ オールドメディアとSDGsに掛け算はあるのか
ニッポン放送 森岡大祐様
※開催URLは参加者のみにご連絡いたします

両回共に申し込みフォームは以下よりお願いします。
https://forms.gle/27D8daYD2NBh82jE6

【第六回以降(日程調整中)】乞うご期待ください。
- ミシュラン星付きシェフたちのSDGs
- 自然エネルギーとサーキュラーエコノミーとSDGs
- ネスカフェ・アンバサダーとSDGs

・・・

SDGs関連事業に少しでも関わっている方、興味を持たれた方、是非ご参加いただければと思いますので、
以下のSDGs相性診断アンケートへご協力いただけますと幸いです。
https://forms.gle/5RLRcqjsr5x2znfu9

SDGsに関する記事をnoteで随時発信しています。お手隙の際にご覧ください。
https://note.com/tsukuru_media

【TSUKURU株式会社について】
創業より、「人と地球が、1000年続く仕組みづくりを」というコンセプトのもと、
購入者・生産者・社会にやさしい商品の開発・販売を通じて新しいカテゴリーの創造と持続可能な社会の実現を目指すベンチャー企業。Brazil Beverages社と共創し、ナチュラル・エナジードリンク『ORGANIQ』を日本で販売。累計販売本数1百万本を達成。
現在は、次世代に資産が継がれる仕組みづくりを掲げ、「SDGsを科学する」のスローガンのもと、SDGs(産学連携含む)事業開発・事業共創数のリーディングカンパニーを目指す。

設立年月:2013年11月
本社所在地:神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル12F
代表者名:辻 吉彦
事業内容:SDGs事業開発(バリューチェーン総合)に係るコンサルティング、
飲料品等消費財のブランド開発、製造及び販売
WEBサイト:http://www.tskru.jp/

投稿日:

ライナーレスラベル市場ー構成別、製品別;印刷インク、印刷技術別とアプリケーション別(食品&飲料、製薬&パーソナルケア、小売、ロジスティクス)による区分-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは、ライナーレスラベル市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年7月 07日 に発刊しました。これは、ライナーレスラベル市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218552&id=bodyimage1

ラベルとは、製品に貼り付けられた布、紙、プラスチックフィルム、金属、またはその他の素材であり、製品に関する情報を書面または印刷したものです。ライナーレスラベルは、裏紙やリリースライナーがない感圧ラベルです。これらのラベルは偽造防止特性で構成されています。また、製造業者が内部処理とパッケージング、入ってくる原料、およびトレーダーへの出て行く出荷を追跡できるようにする追跡テクノロジも備えています。食品および飲料の包装の増加による、環境に優しく、生分解性で、用途の広いラベル包装の需要の増加は、ライナーのないラベル市場の成長を促進すると推定されています。さらに、製薬業成長するは、市場の成長を後押しすると予想される別の要因です。

市場セグメンテーション
レポートは、ライナーレスラベル市場の構成別(フェイスストック、接着剤、トップコート)、製品別(一次、可変情報印刷);印刷インク(水ベース、溶剤ベース、UV硬化可能)、印刷技術別(直接熱、熱伝達、レーザー、インクジェット、その他)とアプリケーション別(食品&飲料、製薬&パーソナルケア、小売、ロジスティクス、その他)によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。ライナーレスラベル市場は2020-2028年の予測期間中に世界中で大幅なCAGRを登録することが予測されます。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

主要企業
ライナーレスラベル市場における業界のリーダーはBixolon Co., Ltd.、NAStar, Inc.、Ravenwood Packaging、NSD International、3M、Coveris Management GmbH、Reflex Labels Ltd.、R.R. Donnelley & Sons Company、Herma GmbH、Bizerba India Private Limitedなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。
ライナーレスラベル市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域で分割されています。

ライナーレスラベル市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

ライナーレスラベル市場を牽引する消費財の需要拡大
消費財の需要の高まり、食品および飲料包装製品の大幅な成長、物流の需要の高まり、および耐久消費財は、予測期間中のグローバルライナーレスラベル市場の発展をサポートすると予想されます。https://www.researchnester.jp/sample-request-2605

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/linerless-labels-market/2605
[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

ジンコソーラー、 チリのメガソーラーにパネル126MWを供給

7月6日、日本初の年間出荷量がGWを超えた太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は、チリのある太陽光発電所に126MWのパネルを追加・増設すると発表した。

アントファガスタ州に位置する同メガソーラーは、既存設備容量は160MWで、今回は126MWのパネルを追加する。2016年から運転中の同メガソーラーは、既にジンコソーラーのパネル668,160枚を設置しており、年間発電量は400GWhに達している。今回はジンコソーラーのパネル315,900枚の両面発電を設置する計画である。営業運転開始の時には、ジンコソーラーパネルを合計で984,060枚の片面と両面発電を設置し、予想年間発電量は789GWhを見込む。

チリはラテンアメリカのメガソーラーの最大市場で、ジンコソーラーは現地で高品質パネルを供給し、ラテンアメリカの再生可能エネルギー事業の推進を力を入れている。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2019年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、生産能力につきまして、シリコンインゴットとウエハーが11.5GW、太陽電池が10.6GW、太陽光発電モジュールが16GWに達している。

ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用しております。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com

投稿日:

「世界の生物学的安全性試験市場2020-2027:新型コロナの影響、製品・サービス別(キット・試薬、サービス、機器)、試験タイプ別、用途別、地域別」市場調査レポートを販売開始

2020年7月8日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「世界の生物学的安全性試験市場2020-2027:新型コロナの影響、製品・サービス別(キット・試薬、サービス、機器)、試験タイプ別、用途別、地域別」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「世界の生物学的安全性試験市場2020-2027:新型コロナの影響、製品・サービス別(キット・試薬、サービス、機器)、試験タイプ別、用途別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年7月8日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。生物学的安全性試験の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:世界の生物学的安全性試験市場2020-2027:新型コロナの影響、製品・サービス別(キット・試薬、サービス、機器)、試験タイプ別、用途別、地域別
◆英語タイトル:Global Biological safety testing Market Size study with COVID-19 impact, by Product & service (Kits & reagents, services, and instruments), by Test type (Endotoxin tests, sterility tests, Cell line authentication and characterization tests, bioburden tests and others), by application (Vaccine & Therapeutics Development, Blood and Blood-Related Products Testing, Cellular and Gene Therapy, Tissue and Tissue-Related Products Testing and Stem Cell Research) and Regional Forecasts 2020-2027
・商品コード:BZW20JL007
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2020年6月25日
・ページ数:約150
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ
・産業分野:バイオテクノロジー

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本調査レポートでは、生物学的安全性試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場定義・範囲、市場動向、市場分析、製品・サービス別(キット・試薬、サービス、器具)分析、試験タイプ別分析、用途別分析、地域別分析(アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ)、競争状況、調査プロセスなどを含め、以下の構成でご提供いたします。

・エグゼクティブサマリー
・市場定義・範囲
・市場動向
・市場分析
・生物学的安全性試験の世界市場規模:製品・サービス別(キット・試薬、サービス、器具)
・生物学的安全性試験の世界市場規模:試験タイプ別
・生物学的安全性試験の世界市場規模:用途別
・生物学的安全性試験の世界市場規模:地域別(アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、フランス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ)
・競争状況
・調査プロセス
...

※「世界の生物学的安全性試験市場2020-2027:新型コロナの影響、製品・サービス別(キット・試薬、サービス、機器)、試験タイプ別、用途別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Global-Biological-safety-testing-Market-BZW20JL007

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218480&id=bodyimage1

投稿日:

生分解性食器市場ー材料別、製品別、アプリケーション別、エンドユーザー別(FMCG、業界、その他)、流通チャネル別(オンラインおよびオフライン)-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「生分解性食器市場:世界的な需要の分析及び機会展望、2020~2028年」2020年7月 06日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、2020~2028年の予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218526&id=bodyimage1

生分解性食器は、プラスチック製の食器製品の代替品です。製造業者は、生分解性廃棄物から生分解性食器の製造に熱心です。サトウキビ抽出、米ぬか、小麦、トウモロコシの残留副産物は、生分解性食器の製造に使用される複数の原材料です。そらに、メーカーは、自社の製品ラインの地平を広げるために、落ちたヤシの葉や紙くずなどのリサイクル可能な廃棄物を模索しています。生分解性食器には、廃棄されてから数か月以内に分解する可能性のあるボウル、プレート、カップ、ミールトレイなどの食品容器や食器が含まれます。包装廃棄物は地方自治体の固形廃棄物の重要な部分であることが観察されており、環境問題の増大を引き起こしています。https://www.researchnester.jp/sample-request-2598

油性ポリマーなどの現在のパッケージソリューションは、実質的に非生分解性です。いくつかのパッケージングソリューションは、リサイクルまたは再利用すら困難です。さらに、これらの食器製品は、温かい飲み物と冷たい飲み物の両方の取り扱い、および高強度と剛性の複合体に適しています。さらに、環境に対する消費者の意識の高まりは、市場の成長を牽引すると予想されるもう一つの注目すべき属性です。プラスチック製食器の悪影響に関する意識の高まり、環境にやさしい食器の利点に関する意識、無毒で石油を含まない製品の採用の増加、可処分所得の増加、研究開発への投資の拡大は、市場の成長を牽引すると予測される重要な要素です。市場は、2020~2028年の予測期間中に顕著なCAGRで成長が見込まれています。

レポートの主なハイライト
● 市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
● レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
● 統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
● レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

主要企業
レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。生分解性食器市場における業界のリーダーはBiotrem、Reynolds Consumer Products、Eco-Products, Inc.、Dinearth、Georgia-Pacific、SOLIA、Al Bayader International L.L.C、Natural Tableware、Dart Container Corporationなどです。

市場セグメンテーション
生分解性食器市場は、材料別(パルプ、バガス、ヤシの葉、小麦ふすま、紙、殻など)、製品別(カップ、トレイ、プレート、ストロー、その他)、アプリケーション別(家庭、産業、商業)、エンドユーザー別(FMCG、業界、その他)、流通チャネル別(オンラインおよびオフライン)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

生分解性食器市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

市場の成長を後押しすると期待されるさまざまなセクターに消費者消費の上昇

可処分所得の増加により、特にFMCGおよび家電製品に属する製品の消費者支出が増加は、生分解性食器市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。アジアを中心とした世界中の小売および電子商取引業界の大幅な増加は、より堅固で耐久性のある製品に対する高い需要のバックエンドで生分解性食器市場にプラスの影響を与えると予測されています。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/biodegradable-tableware-market/2598


[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

テクニカルテキスタイル市場ー材料別、プロセス別、アプリケーション別(モービルテック、インドゥテック、プロテック、ビルドテック、パックテック)による区分-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは、テクニカルテキスタイル市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年7月 06日 に発刊しました。これは、テクニカルテキスタイル市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218535&id=bodyimage1

テクニカルテキスタイルは、非美的目的で製造された機能的なファブリックです。それらは、高強度、強化された機械的抵抗、優れた断熱性、高い靭性、および高い耐熱性などの特性を備え、これらのテキスタイルは主に自動車用途、医療用テキスタイル、ジオテキスタイル、農業用テキスタイル、および防護服に使用されます。これらの繊維は、従来のテキスタイルと比較して強化された性能を示し、サラン、ビナロン、ビニヨン、スパンデックス、モーダル、トワロン、ケブラー、ノーメックスなどのいくつかの天然および合成繊維を含みます。これらは、フレキシブルシールとダイヤフラム、電気部品とケーブル、その他の家電製品の防音および断熱などの工業製品に組み込まれています。https://www.researchnester.com/reports/technical-textile-market/2609

世界のテクニカルテキスタイル市場は、断熱材製品、ゴム、床材、保護具などとして使用するエンドユーザー産業からの需要の高まりにより、大幅な成長が見込まれています。さらに、発展途上国からのジオテキスタイルの需要の急増、建設用テキスタイルの需要の増加、およびテクニカルテキスタイルの使用を促進するための政府のイニシアチブの増加などの要因は、市場の発展を支えると予想されます。世界のテクニカルテキスタイル市場は、2020年から2028年年の予測期間中に大幅なCAGRを記録すると予想されます。

テクニカルテキスタイル市場は、材料別(ユニフォームとコンポジット)、プロセス別(織り、ニット、不織布)およびアプリケーション別(モービルテック、インドゥテック、プロテック、ビルドテック、パックテック)などによって分割されます。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

主要企業
テクニカルテキスタイル市場における業界のリーダーはBerry Global Group, Inc.、DuPont de Nemours, Inc.、Asahi Kasei Advance Corporation、Mitsui Chemicals, Inc.、Freudenberg SE、Low & Bonar、Huntsman International LLC、Milliken & Company、SRF Limited、Lanxess AGなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

地域に基づいて成長ハイライト
市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域で分割されています。アジア太平洋地域は、持続的な経済成長により、衣料品や機能性衣料品の需要の増加と、住宅、商業、および産業部門の拡大により、市場のトップシェアを占めると予想されています。欧州市場は、医療、産業、家庭用繊維、および自動車部門での技術繊維の採用の急増により、予測期間にわたって急速な成長が見られると予測されています。

テクニカルテキスタイル市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/technical-textile-market/2609

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

灌漑コントローラー市場ー製品別、タイプ別、アプリケーション別、灌漑(ドリップとスプリンクラー)によってセグメンテーション -グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「灌漑コントローラー市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」」2020年7月 06日 に発刊しました。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218531&id=bodyimage1

灌漑コントローラは、芝生のスプリンクラーや点滴灌漑システムなどの自動灌漑システムの操作を容易にするデバイスです。通常、通常、これらのコントローラーには、灌漑の頻度を設定する手段があり、つまり一日あたり植物に水をやる必要がある回数、開始時間、水やりの時間を設定する手段を備えています。コントローラーには、電気式と油圧式の二つの基本タイプがあります。ほとんどの新しい灌漑システムは、電気機械または電子コントローラーを採用しています。

灌漑コントローラーには大きく分けて二つのカテゴリーがあります(家庭用のガーデニングアプリケーションと、より厳しい農業プロセス用のプロフェッショナルコントローラー)。園芸と植生市場の成長に向けた世界的な取り組みにつながる水の保全と地下水位の維持に対する意識の高まりは、市場の成長を後押しすると予想される重要な要素です。さらに、これらの著名な要因と、高度な灌漑および農業慣行を促進する手段として灌漑コントローラーを許可するための好ましい政府規制により、世界の灌漑コントローラー市場は(2020年から2028年)の予測期間中に大幅なCAGRで成長すると推定されています。https://www.researchnester.jp/sample-request-2599

灌漑コントローラー市場は、製品別(基本コントローラー、スマートコントローラー、タップタイマー);タイプ別(気象ベースおよびセンサーベース);アプリケーション別(灌漑および非灌漑);灌漑(ドリップとスプリンクラー)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

地域に基づいて成長ハイライト
灌漑コントローラー市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。北米の市場は、灌漑コントローラーを製造、販売する主要な市場プレーヤーの存在により、最大のシェアを占めると予想されています。さらに、この地域の芝生、庭園、園芸、遊び場、ゴルフコース、マイクロ灌漑活動の存在は、市場の成長に貢献しているとさらに推定されています。アジア太平洋地域の灌漑コントローラーの市場は、市場の発展に貢献することが期待されるこの地域の広大な灌漑地と政府の政策の存在により、予測期間中に最高の成長率を記録すると予想されます。さらに、この地域の農業生産性を継続的に改善と、技術愛好家の農家を増やすという要件の高まりにより、製品の需要がさらに高まっています。

灌漑コントローラー市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「灌漑コントローラー市場」というタイトルのレポートは、灌漑コントローラー市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の灌漑コントローラー市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。灌漑コントローラー市場における業界のリーダーはRain Bird Corporation、The Toro Company、HydroPoint Data Systems, Inc.、Orbit Irrigation Products LLC.、Lindsay Corporation、Delta-T Devices Ltd、RainMachine - Green Electronics LLC、Jain Irrigation, Inc.、Banyan Water, Inc.などです。

調査レポートはさらに、Y-o-Y成長率、市場規模と価値、その他の予測数値など、セグメントに関するいくつかの定量的データを示しています。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/


調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/irrigation-controllers-market/2599

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

インドのティッパートラック市場ー車両タイプ別、トラックタイプ別、エンドユーザー別、トン数別(中型ティッパートラック、大型ティッパートラック)によって区分-業界の需要分析と機会の評価2018~2024年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「インドのティッパートラック市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」2020年7月 06日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218532&id=bodyimage1

インドのティッパートラック市場は、国内での石炭採掘の増加とCovid-19のパンデミックによる経済の衰退によって生じる機会の増加、およびGST実装の変更の増加傾向およびBS(Bharat Stage)標準の移行の増加により、成長すると予想されています。インド政府は、国の石炭採掘を増やすことを計画しています。これにより、来年はダンプカートラックの直接需要が生まれます。2018年には、ダンプカートラックの約15~20%が炭鉱でのみ使用され、市場にとって最も重要な顧客セグメントの一つとなっています。石炭インドは、さまざまな鉱山が州の遠隔地にあり、鉄道で接続することができないという事実として、石炭を道路で輸送することを計画しています。

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。

● インドのティッパートラック市場は2018年の評価額が3766.0百万米ドルで、2024年末までに6049.0百万米ドルを獲得すると予想されています。また、2019年から2024年の予測期間中に、4.89%のCAGRを登録すること予測されます。さらに、市場は1.26倍に成長し、さらに予測期間中に1284百万米ドルの$機会を獲得すると予想されます。

● インドのティッパートラック市場は、車両タイプ別(固定式および連結式)、トラックタイプ別(セミトレーラーエンドダンプトラック、標準ダンプトラック、サイドティッパーダンプトラック、ボトムダンプトラック、その他)、エンドユーザー別(鉱業、建設など)およびトン数別(軽量ティッパートラック、中型ティッパートラック、大型ティッパートラック)などによって分割されています。これらのセグメントのなかで、標準のダンプトラックセグメントは、2018年に56.01%の最大の市場シェアを記録し、予測期間中に5.23%の最高のCAGRで成長すると予想されます。さらに、2018年に2109.2百万米ドルの市場価値を保持していたセグメントは、予測期間中に1.29倍成長し、予測期間中にさらに7億7,700万米ドルの絶対的な$機会を獲得すると予想されます。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

● インドのティッパートラック市場における業界のリーダーはTata Motors Limited, Ashok Leyland, AB Volvo, Daimler AG (BharatBenz), Eicher Motors Limited, Mahindra & Mahindra Ltd., Scania, SML Isuzu Limited, MAN SE およびAsia Motor Works Limitedなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。

● レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。https://www.researchnester.jp/sample-request-2603

建設セクターにおける産業活動の増加
インフラの増加、進行中の開発段階にある主要な建設プロジェクトにより、ダンプカートラックの需要が増加しています。Golden QuadrilateralやPradhan Mantri Grameen Sadak Yojanaなどの道路建設プロジェクト、灌漑や採石場は、インドのティッパートラック市場の成長を加速しています。さらに、大量の骨材を輸送する必要性が高まるとともに、多軸トラックへの大きな需要、および一日あたりの運搬量と転倒量が増加していることが、インドのティッパートラック市場の成長を牽引している主な要因の一つです。市場はまた、汚染レベルの増大を防ぐための燃料効率の高いダンプカーの登場とともに、都市インフラプロジェクトへの政府の支出の増加に牽引されています。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/


調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/india-tipper-truck-market/2603

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

航空機の改修市場ー航空機別、改造別、アプリケーション別(民間航空機キャビンの改修、VIPキャビンの改修、貨物船への旅客およびその他)、エンドユーザー別ー 世界的な需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「航空機の改修市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年7月 06日 に発刊しました。このレポートは、2020-2028年の予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。https://www.researchnester.jp/sample-request-2597

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218524&id=bodyimage1

航空機の改修には、航空機の部分的または完全な改造が含まれます。航空機の改修プロセスでは、キャビンやインテリアに使用されるさまざまな部品が、発泡体、プラスチック、ボード、炭素繊維、繊維、複合金属などの異なる材料で構成されています。航空機の改修には、通常、コンポーネント、システム、構造および航空電子機器の修理が含まれます。さらに、雰囲気と旅行の経験、乗客に快適な体験を提供することは、航空機メーカーを機内の改装と再発明へと駆り立てている注目すべき特性です。

成長する国内航空市場、および世界クラスの設備と豪華な旅客機体験を提供することの重要性は、市場の成長を後押しすると予想される重要な要素です。さらに、軽量材料の使用の増加により、航空機の重量が減り、燃料コストが削減されるため、航空会社に利益をもたらします。公共交通機関におけるこれらのリストラ活動を許可するための有利な政府規制により、世界の航空機修理市場は(2020年から2028年)予測期間中にに、大幅なCAGRで成長すると推定されています。
航空機の改修市場はに航空機別(非常に軽量な航空機、ワイドボディ、ナローボディ、その他)、改造別(機内エンターテイメントおよび接続システム、コックピットなど)、アプリケーション別(民間航空機キャビンの改修、VIPキャビンの改修、貨物船への旅客およびその他)、エンドユーザー別(航空機メーカーおよびその他)よって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

航空機の改修市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカに地域によって分割されます。

航空機の改修市場は地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の航空機の改修市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。航空機の改修市場における業界のリーダーはBoeing、Bombardier、SIA Engineering Company、Safran、Lufthansa Technik、Sabreliner Aviation、Collins Aerospace, Inc.、Diehl Stiftung & Co. KG、Hong Kong Aircraft Engineering Company Limitedなどです。

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/aircraft-refurbishing-market/2597

**** Research Nester Private Limited会社概要*****
https://www.researchnester.com/



[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

【日焼け止めファンデーション】特許総合力トップ3は資生堂、コーセー、信越化学

パテント・リザルト社は7月7日、2020年6月18日までに日本の特許庁で公開された「日焼け止めファンデーション」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。

近年紫外線に対する意識が高まるにつれ、ファンデーションにも紫外線防御の機能を付与することが主流になりつつあります。今調査では日本の特許庁で公開されている「日焼け止めファンデーション」全般について、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに、特許の質と量から総合的に見た評価を行いました。

集計をした結果、「総合力ランキング(注1)」は、1位 資生堂、2位 コーセー、
3位 信越化学工業となりました。

1位 資生堂の注目度の高い特許には、「微粒子酸化亜鉛の分散が良好で、紫外線防止効果や仕上りの透明性、安定性に優れた化粧料」や「紫外線防御効果を発揮し得る水中油型の乳化化粧料」などが挙げられます。

2位 コーセーの注目度の高い特許には、「紫外線吸収剤などを含む凹凸補正効果のある化粧料」や「UV遮断能等の機能性を有する化粧料」などが挙げられます。

3位 信越化学工業は「乳化安定性や分散安定性、経時安定性、皮膚密着性に優れた紫外線吸収剤などを配合した化粧料材料」や「さっぱりとした使用感を有すると共に、乳化安定性及び透明性に優れた紫外線吸収剤などを含む化粧料」などが注目度の高い特許として挙げられます。

そのほか、4位 LOREALは「サンスクリーン剤を含む泡状の化粧料」などが、5位 ノエビアは「紫外線吸収剤などを含む、植物の抽出物からなる化粧料」などが注目度の高い特許として挙げられます。

6位以下には花王、BASFなどがランクインしています。

本分析の詳細につきましては、特許・技術調査レポートの「日焼け止めファンデーション」にてご覧いただけます。

【調査対象の特許群について】
1993年から2020年6月18日までに発行された特許が対象。公開、登録、公表、再公表のすべてが対象で、登録と、公開・公表・再公表が重複している場合は、登録を優先しています。企業等は権利者ベースで集計しています。

■価格:100,000円~(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2020/04/polyimide.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許分析セミナー情報>>
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218200&id=bodyimage1

投稿日:

月経カップ市場ー製品別、素材別、流通チャネル別(オンラインストア、薬局、コンビニエンスストアなど)-グローバルな需要分析と機会の見通し2027年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「月経カップ市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年7月 06日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218446&id=bodyimage1

Looncupは、Kickstarterによるスマートな月経カッププロジェクトであり、Bluetoothを介してユーザーのスマートフォンとペアリングし、血流を監視できるようにします。月経カップは、ユーザーの月経期間を月ごとに追跡し、カップが一杯になり、掃除が必要な時期をユーザーに知らせるように設計されています。これとは別に、月経血の色と流量は、他のそのような指標とともに、この製品を使用している女性の月経の健康に関する重要な情報を提供します。

月経カップは、月経血の採取に使用されるベル型の月経用品です。それらは医療グレードの素材、通常はシリコーンで構成されており、何度も再利用できるため、何年も使用できます。月経カップは、生理用ナプキンやタンポンを含む他の月経用品と同じくらい効果的です。それらは月経血の漏出を防ぐのに非常に効率的であり、要件に応じて選択できるさまざまなサイズで利用できます。月経カップの市場では、(2019年から2027年)の予測期間中にCAGRが約5%になると予想されています。https://www.researchnester.jp/sample-request-1887

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
● 月経カップ市場は、製品別(再利用可能な月経カップと使い捨て月経カップ);素材別(シリコーン、ラテックス、熱可塑性エラストマー[TPE]);流通チャネル別(オンラインストア、薬局、コンビニエンスストアなど)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

● 月経カップ市場における業界のリーダーはLunette、Diva International Inc.、The Keeper, Inc.、Mooncup Ltd、Anigan、Me Luna、YUUKI Company s.r.o.、Femcap Inc.、Blossom Cup、Lena Cupなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。

● 月経カップ市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。

月経カップ市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

● レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

成長を牽引すると予想される月経カップの費用対効果
月経カップは他の月経用品に比べてはるかに安価です。これは主に、ほとんどのカップが再利用可能であり、数年持続するためです。それらは月経中の漏れからの効果的な保護を提供し、使用時に発疹や炎症を引き起こしません。さらに、生理用カップは、環境に優しいため、生理用ナプキンやタンポンよりも好まれます。これらの要因は、予測期間中に市場の成長を牽引すると推定されています。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/


調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/menstrual-cups-market/1887

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

無糖チョコレート市場ータイプ別(ダーク、ミルク、ホワイト)および流通チャネル別によってセグメンテーション-グローバルな業界の需要分析と機会の評価2016-2023年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「無糖チョコレート市場:世界的な需要の分析及び機会展望2023年」2020年7月 06日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218419&id=bodyimage1

世界の無糖チョコレート市場は、食品産業の急速な成長に伴い、可処分所得の増加に支えられた個人のライフスタイルの変化により成長すると予想されています。加工が不十分な食品の消費に対する健康への絶え間ない脅威の実現に伴い、消費者は食品の好みについてますます意識を持つようになっています。さらに消費者の間で観察されたインパルス購入行動の増加も、無糖チョコレートの世界市場の成長に貢献することが期待されています。

世界の無糖チョコレート市場は2016年に3807.26 百万米ドルの価値で、2023年末までに5831.40百万米ドルの価値を獲得すると予想されています。また、2019~2023年の予測期間で世界中で6.28%のCAGRを登録すること予想されています 。さらに、無糖チョコレートの世界市場では、予測期間中に1260.87 百万米ドルの絶対的な$機会が得られると予想されています。市場は予測期間中に1.27倍の成長が見込まれており、2023年には前年と比較して344.57 百万米ドルの$機会に達すると予測されます。

レポートの主なハイライト
● 市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
● レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
● 統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
● レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。無糖チョコレート市場における業界のリーダーは Barry Callebaut, Venchi Chocolate, The Hershey Company, Godiva, Lindt & Sprungli, Russell Stover Chocolates, LLC, Asher’s Chocolate Co., Lily’s Sweets, Pascha Chocolate Co及びThe Cacao Group, Inc.などです。https://www.researchnester.jp/sample-request-2511

市場セグメンテーション
無糖チョコレート市場は、ータイプ別(ダーク、ミルク、ホワイト)および流通チャネル別{店舗ベース(スーパーマーケット、専門店、コンビニエンスストア)および非店舗ベース}などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

地域に基づいて成長ハイライト
市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。これらの地域の中で、2016年の北米市場の価値は1192.44百万米ドルでした。2016年に31.32%のシェアを保持していた市場は、主に米国やカナダなどの国によって牽引されており、米国は2016年に74.30%の最大の市場シェアを保持しています。北米地域の市場はさらに、予測期間中に5.96%のCAGRを登録することにより、2023年に1788.49 百万米ドルの価値を超えると予想されます。

無糖チョコレート市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/sugar-free-chocolate-market/2511



[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

インテリジェントプロセスオートメーション市場ーコンポーネント別(ソフトウェアおよびサービス)、テクノロジー別-グローバルな業界分析および機会評価2018-2027年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「インテリジェントプロセスオートメーション市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年7月 06日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218418&id=bodyimage1

インテリジェントプロセスオートメーションは、人工知能と多くの新しいテクノロジーが使用されているプロセスです。これらのテクノロジーは、認知自動化、機械学習などであり、さまざまなタスクを迅速かつ正確に実行するのに役立ちます。これらのテクノロジーの統合は、ビジネスの価値を高め、顧客に競争上の優位性をもたらすオートメーション機能を確実に推進しています。

世界のインテリジェントプロセスオートメーション市場は、(2018年から2027年)予測期間にわたってCAGRが13.57%と推定されています。2018年に9485.64百万米ドルと評価されたグローバルインテリジェントプロセスオートメーション市場は、2027年までに29,631.88百万米ドルに達すると予測されています。https://www.researchnester.jp/sample-request-2297

インテリジェントプロセスオートメーション市場は、コンポーネント別(ソフトウェアおよびサービス)、テクノロジー別(自然言語処理、機械およびディープラーニング、仮想エージェント、ミニボット、RPAおよびコンピュータービジョン)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。ミニボットとRobotic Process Automation(RPA)は、予測期間中に37.55%の最高の市場シェアを記録すると予測されています

インテリジェントプロセスオートメーション市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。北米の市場は、2027年までに39.18%の最高の市場シェアを記録すると予想され、予測期間末までに26.94%の市場シェアを獲得すると予想されるヨーロッパの市場がそれに続きます。最も高い市場シェアを保持している北米の市場は、この地域で採用されている自動化とプロセス制御に関連する多くのソリューションを背景に成長すると予想されています。

インテリジェントプロセスオートメーション市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「インテリジェントプロセスオートメーション市場」というタイトルのレポートは、インテリジェントプロセスオートメーション市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のインテリジェントプロセスオートメーション市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。インテリジェントプロセスオートメーション市場における業界のリーダーはIBM Corporation, Accenture, Tata Consultancy Services Limited, Capgemini SE, Cognizant, Microsoft, Genpact, HCL Technologies, Wipro Limited およびTech Mahindra Limitedなどです。
Research Nester Private Limited会社概要

https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/intelligent-process-automation-market/2297

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「輸送機器用複合材料の世界市場予測:樹脂別(熱可塑性・熱硬化性)、製造プロセス別、繊維別、用途別、輸送タイプ別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年7月6日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「輸送機器用複合材料の世界市場予測:樹脂別(熱可塑性・熱硬化性)、製造プロセス別、繊維別、用途別、輸送タイプ別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「輸送機器用複合材料の世界市場予測:樹脂別(熱可塑性・熱硬化性)、製造プロセス別、繊維別、用途別、輸送タイプ別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年7月6日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。輸送機器用複合材料の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:輸送機器用複合材料の世界市場予測:樹脂別(熱可塑性・熱硬化性)、製造プロセス別、繊維別、用途別、輸送タイプ別、地域別
・英語タイトル:Transportation Composites Market by Resin (Thermoplastic and Thermoset), Manufacturing Process, Fiber, Application (Interior, Exterior), Transportation Type (Airways, Roadways, Railways, Waterways), and Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:CH 7678
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年6月6日
・ページ数:172
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は輸送機器用複合材料の世界市場が2020年332億ドルから2025年598億ドルまで、年平均12.5%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、輸送機器用複合材料の世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、プレミアムインサイト、市場概要、マクロ経済概要・主要傾向、繊維別(ガラス、カーボン、天然、その他)分析、樹脂別分析、製造プロセス別分析、用途別分析、輸送タイプ別分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含め、提供しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・マクロ経済概要・主要傾向
・輸送機器用複合材料の世界市場規模:繊維別(ガラス、カーボン、天然、その他)
・輸送機器用複合材料の世界市場規模:樹脂別
・輸送機器用複合材料の世界市場規模:製造プロセス別
・輸送機器用複合材料の世界市場規模:用途別
・輸送機器用複合材料の世界市場規模:輸送タイプ別
・輸送機器用複合材料の世界市場規模:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「輸送機器用複合材料の世界市場予測:樹脂別(熱可塑性・熱硬化性)、製造プロセス別、繊維別、用途別、輸送タイプ別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/transportation-composites-market-resin-thermoplastic-ch-7678

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218301&id=bodyimage1

投稿日:

モバイル医療アプリ市場ーサービス別、治療用途別(糖尿病、心血管、呼吸器など)、エンドユーザー別(ヘルスケアプロバイダー、患者)-グローバルな需要分析と機会の見通し2027年

Research Nester Private Limitedは、モバイル医療アプリ市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年7月 06日 に発刊しました。これは、モバイル医療アプリ市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

モバイル医療アプリ市場は、サービス別(医療モニタリングアプリ、診断アプリ、治療アプリ、メディカルリファレンスアプリ、栄養&フィットネスアプリなど);治療用途別(糖尿病、心血管、呼吸器など)、エンドユーザー別(ヘルスケアプロバイダー、患者)によって分割されます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218422&id=bodyimage1

さまざまな日常業務を実行するための人々によるスマートフォンの使用の増加により、多くの疾患および慢性障害を簡単に管理できる医療用モバイルアプリケーションの概念が導入されました。これらのアプリは、疾患の監視、診断、治療の推奨など、いくつかのタスクを実行するように設計されています。これは、携帯電話やスマートタブレットからダウンロードしてアクセスできます。医療ソフトウェアアプリケーションを医療専門家によっても使用して、リファレンスアプリを通じて医薬品やその他のデータに関する情報を取得できます。医療アプリは患者の健康の改善に関連する機能を実行するため、ユーザーへの主要な健康リスクを防止するために、FDAによる承認が必要です。


モバイル医療アプリ市場は、2019年から2027年予測期間中に約35%のCAGRを記録すると予想されます。スマートフォン向けのソフトウェア技術の急速な進歩により、とりわけ糖尿病、心血管、神経および呼吸などの健康障害を管理および監視するためのアプリが開発されました。Centers for Disease Control and Prevention(CDC)は、成人の約3人に1人が2050年までに糖尿病になると予測しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

モバイル医療アプリ市場における業界のリーダーはWelldoc、AliveCor、F. Hoffmann-La Roche、Fitbit, Inc.、Medtronic、Boston Scientific Corporation、Johnson & Johnson、Abbott Laboratories、Azumio、Cohero Health, Inc.などです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

地域に基づいて成長ハイライト
市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域で分割されています。アジア太平洋地域は、予測期間中に市場の最も高い成長率が観察されると予想されます。これは、ヘルスケアサービスのモバイルアプリケーションに対する消費者の意識の高まりと、モバイル医療アプリの改善を要求する人口の増加によるものです。ヨーロッパの市場では、ヘルスケアやフィットネス向けのモバイルアプリの利用の増加やスマートフォン向けの医療アプリの利用可能性の増加に起因する、非常に高い成長率で成長すると推定されています。

モバイル医療アプリ市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。https://www.researchnester.jp/sample-request-1874

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/



調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/mobile-medical-apps-market/1874

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「小型LNG(液化天然ガス)設備の世界市場:2025年に至る設備タイプ別、用途別予測」最新調査リリース

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「小型LNG(液化天然ガス)設備の世界市場:2025年に至る設備タイプ別、用途別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
小型LNG(液化天然ガス)設備の世界市場規模は2020年の推計23億ドルから、2025年には26億ドルへと漸増が見込まれます。当レポートでは、2025年に至る小型LNG設備の世界市場予測(市場規模US$、容量ベースMTPA)、設備タイプ別市場(液化、再ガス化)、用途別市場(重量車、海上輸送、産業/電力、その他用途)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
小型LNG(液化天然ガス)設備の世界市場:2025年に至る設備タイプ別、用途別予測
Small-Scale LNG Market by Type (Liquefaction, Regasification), Application (Heavy-Duty Vehicles, Industrial & Power, Marine Transport), Region (North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, and South America) - Global Forecast to 2025
http://researchstation.jp/report/MAM/20/Small_Scale_LNG_2025_MAM2005.html

【レポート構成概要】
◆小型LNG設備の世界市場予測2018-2025年
・市場規模(US$)
・容量ベース(MTPA)

◆設備タイプ別、市場-2025年
・液化
・再ガス化
※(市場規模US$、容量ベースMTPA)

◆用途別、市場-2025年
・重量車
・海上輸送
・産業/電力
・その他用途
※(市場規模US$、容量ベースMTPA)

◆主要国地域別市場-2025年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
アジア太平洋
・日本、中国、インド
・韓国、台湾、シンガポール
・その他アジア太平洋
欧州
・ドイツ、英国、フランス
・イタリア、スペイン、ポルトガル
・ロシア、オランダ、ノルウェー、トルコ
・その他欧州
中東アフリカ
・アラブ首長国連邦、イスラエル、カタール
・クウェート、エジプト
・その他中東アフリカ
南米
・ブラジル、アルゼンチン
・チリ、コロンビア
・その他南米
※地域別に全てのセグメント別の細分化データ掲載、詳細は目次参照
※国別に用途別の細分化データ掲載

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・バリューチェーン分析
・ファイブフォース分析
・競合状況

◆小型LNG設備の主要企業プロフィール動向
・THE LINDE GROUP
・WARTSILA CORPORATION
・HONEYWELL INTERNATIONAL INC・
・GENERAL ELECTRIC
・ENGIE
・GAZPROM
・GASUM OY
・SOFREGAZ
・DRESSER-RAND
・PROMETHEUS ENERGY

(その他企業)
・PLUM ENERGY
・EXCELERATE ENERGY L.P.
・CRYOSTAR SAS
・株式会社IHI
・NOVATEK

(全135頁)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218332&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/20/Small_Scale_LNG_2025_MAM2005.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年7月3日

★関連レポート
「産業用ボイラーの世界市場:2025年に至る燃料・BHP別、エンドユーズ産業別予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/19/Industrial_Boiler_2025_MAM1925.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

投稿日:

「新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場予測:スマートファーミングシステム別(家畜監視、収量監視、作物調査、フィールドマッピング)、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年7月6日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場予測:スマートファーミングシステム別(家畜監視、収量監視、作物調査、フィールドマッピング、リアルタイム安全性試験、気候スマート)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場予測:スマートファーミングシステム別(家畜監視、収量監視、作物調査、フィールドマッピング、リアルタイム安全性試験、気候スマート)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年7月6日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場予測:スマートファーミングシステム別(家畜監視、収量監視、作物調査、フィールドマッピング、リアルタイム安全性試験、気候スマート)、地域別
・英語タイトル:COVID-19 Impact on Digital Agriculture Market by Smart Farming Systems (Livestock Monitoring, Yield Monitoring, Crop Scouting, Field Mapping, Real-Time Safety Testing, and Climate Smart), and Region - Global Forecast to 2021
・商品コード:AGI 7680
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年6月6日
・ページ数:86
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:農業

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場が2020年56億ドルから2021年62億ドルまで、年平均9.9%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、新型コロナウイルス感染症の影響による農業生産・食品安全、新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業エコシステム、顧客分析、成長可能性、新型コロナウイルス感染症の影響軽減の短期・中期戦略、新型コロナウイルス感染症による市場動向、企業概要などを含め、提供しております。

・イントロダクション
・新型コロナウイルス感染症の影響による農業生産・食品安全
・新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業エコシステム
・顧客分析
・成長可能性
・新型コロナウイルス感染症の影響軽減の短期・中期戦略
・新型コロナウイルス感染症による市場動向
・企業概要
...

※「新型コロナウイルス感染症の影響によるデジタル農業の世界市場予測:スマートファーミングシステム別(家畜監視、収量監視、作物調査、フィールドマッピング、リアルタイム安全性試験、気候スマート)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/covid19-impact-digital-agriculture-market-agi-7680

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218300&id=bodyimage1

投稿日:

【機械・造船業界】他社牽制力ランキング2019 トップ3は三菱重工、ダイキン、豊田自動織機

株式会社パテント・リザルトは7月6日、独自に分類した機械・造船業界の企業を対象に、2019年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「機械・造船業界 他社牽制力ランキング2019」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。

 集計の結果、2019年に最も引用された企業は三菱重工業、次いでダイキン、豊田自動織機となりました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216953&id=bodyimage1


 1位 三菱重工業の最も引用された特許は「スクロール圧縮機」に関する技術で、三菱重工サーマルシステムズの計3件の審査過程で引用されています。このほかには「電池充電率演算装置、電池充電率演算方法、及びプログラム」に関する特許などが引用された件数の多い特許として挙げられます。
 2019年に三菱重工業の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、三菱日立パワーシステムズ(77件)、次いで三菱電機(51件)、東芝(47件)となっています。

 2位 ダイキン工業の最も引用された特許は「物流サイクルにおける配送装置の管理システム」に関する技術で、パナソニックIPマネジメントの計7件の審査過程において引用されています。このほかには「空気清浄機」に関する技術や「被覆用組成物」に関する技術などが、引用された件数の多い特許として挙げられます。
2019年にダイキン工業の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は三菱電機(161件)、次いでパナソニック(79件)、日立ジョンソンコントロールズ空調(60件)となっています。

 3位 豊田自動織機の最も引用された特許は、東京大学と共同出願した「蓄電装置用水系電解液、及び当該水系電解液を含む蓄電装置」に関する技術で、東芝の「二次電池、電池パック及び車両」関連特許など計4件の審査過程において引用されています。
2019年に豊田自動織機の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業はトヨタ自動車(55件)で、GSユアサ(27件)、デンソー(24件)と続いています。

 そのほか、4位のIHIは「ノズル羽根と平行壁との間の隙間流れを防止し、タービン効率の低下を抑制する技術」、5位のクボタは「圃場での農作業の作業性を向上させる作業車」が、最も引用された特許として挙げられます。

【ランキングの集計対象について】
 日本特許庁に特許出願され、2019年12月までに公開されたすべての特許のうち、2019年1月から12月末までの期間に拒絶理由(拒絶理由通知または拒絶査定)として引用された特許を抽出。
 本ランキングでは、権利移転を反映した集計を行っています。2020年5月29日の時点で権利を保有している企業の名義でランキングしているため、出願時と企業名が異なる可能性があります。
 業種は総務省の日本標準産業分類を参考に分類しています。

 また弊社では、本ランキングの詳細データを下記の通り販売しています。

【機械・造船業界 他社牽制力ランキング2019 ご提供データ】
納品物:以下のデータを収納したCD-ROM
1)ランキングトップ50社
 機械・造船業界の被引用件数上位50社のランキング
2)被引用件数上位100件のリスト
 機械・造船業界の被引用件数上位100件及び引用先の特許との対応を掲載
価格:50,000円(税抜)

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580
Fax:03-5802-8271
ホームページURL https://www.patentresult.co.jp/

投稿日:

「機械をつくる機械をつくれ!」知られざるものづくり企業。その100年の挑戦と苦闘の軌跡。『Mother Machine 工作機械で世界に挑み続けたマザックの100年』2020年7月2日発売!

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『Mother Machine 工作機械で世界に挑み続けたマザックの100年』(神舘 和典 著)を2020年7月2日に発売いたしました。
――――――――――――――――――――――――――
日本企業が世界で戦うためのヒントがここに

工作機械とは、金属などの素材を削ったり、穴をあけたりして必要な形状を作り出すための機械である。自動車や飛行機、船舶などの乗り物、家電や電子機器などの加工部品をつくるのに使われている。つまり、工作機械こそ、ものづくりの母なのだ。
ヤマザキマザックは、そんな工作機械業界のトップランナーである。
アメリカ、イギリス、シンガポール、中国と世界の主要市場での現地生産を成功させ、現在国内5カ所、海外5カ所に生産工場を構え、全世界80カ所以上のサポート拠点を持つグローバル企業だ。
しかし、そこに至るまでの道のりは挑戦の連続であった。
1960年代初頭、日本製品がまだ「安かろう・悪かろう」と思われていた時代に対米輸出を開始。他のメーカーに先駆け、欧米市場に風穴をあけたのだ。
この無謀と思われた挑戦を、ヤマザキマザックはいかにして成功させたのか。本書は100年にわたるマザックの軌跡をまとめたものである。

【書籍情報】
書 名:『Mother Machine 工作機械で世界に挑み続けたマザックの100年』
著 者:神舘 和典(コウダテ カズノリ)
発売日:2020年7月2日
定 価:1,500円(税抜)
体 裁:四六版・並製/208ページ
ISBN :978-4-344-92771-1

【目次】
プロローグ 市場は世界。職場も世界 知られざる100年企業、ヤマザキマザック
第一章 機械をつくる機械をつくれ 従業員一名。山崎定吉、裸一貫での創業
第二章 世界に通用する“本物”をつくれ “マザック”ブランドの誕生
第三章 リスクを恐れず、現地に乗り込め 満を持してアメリカで現地生産を開始
第四章 “鉄の女”サッチャーからのラブコール イギリス工場建設、ヨーロッパ市場を深耕
第五章 江沢民もうならせた中国“小巨人”工場 急速に成長拡大するアジア市場を開拓
第六章 業界の先駆者が挑む 世界の工作機械市場をリードする革新的な技術開発
第七章 世界のMAZAKを確立したブランド改革 顧客や社会との絆がブランドを強固にする
終 章 匠の地の技術を世界へ 次世代を担う人材を育成
エピローグ

【著者プロフィール】
神舘 和典(コウダテ カズノリ)
1962 年東京都生まれ。雑誌記者、出版社勤務を経て、2003 年から書籍を執筆。『新書で入門 ジャズの鉄板50枚+ α』『墓と葬式の見積りをとってみた』(以上新潮新書)、『25人の偉大なジャズメンが語る名盤・名言・名演奏』(幻冬舎新書)など著書多数。「文春トークライブ」(文藝春秋)、「japanぐる~ヴ」(BS朝日)などでインタビュアーも務める。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000217898&id=bodyimage1

投稿日:

ロングリードシーケンス市場ーテクノロジー別、製品別、ワークフロー別、アプリケーション別、エンドユーザー別によって区分-グローバルな業界の需要分析と機会評価2018~2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「ロングリードシーケンス市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年7月 03日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

第3世代のロングリードシーケンス分析技術の最近の進歩により、グローバルロングリードシーケンシング市場は成長すると予測されています。技術の進歩は、医学の分野で新しい時代をもたらす遺伝性疾患のスクリーニングを強化することが期待されています。さらに、世界中のさまざまな国で増加している医療支出も、グローバルなロングリードシーケンシング市場の成長を牽引すると予測されます。さらに、ロングリードシーケンシング市場は、世界的な遺伝性疾患の有病率の大幅な増加と、このセグメントで活動する主要プレーヤーの数の増加により、現在急速な成長を監察されます。https://www.researchnester.jp/sample-request-2595

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218344&id=bodyimage1

世界のロングリードシーケンシング市場は2018年に819百万米ドルで、2025年末までに7073.65百万米ドルを獲得すると予想されます。また、2021~2028年の予測期間で世界中で23.99%のCAGRを登録すると予想されます。さらに、市場は、2020年には前年と比較して246.65 百万米ドルの増加する$機会を獲得すると予想されています。一方、市場も4.5倍に成長し、予測期間中に 5 503.39百万米ドルの絶対的な$機会を得ることが予想されます。

市場セグメンテーション
ロングリードシーケンス市場は、テクノロジー別{単一分子リアルタイムシーケンス(SMRT)およびナノポアシーケンス};製品別(機器、消耗品、サービス)、ワークフロー別(事前シーケンス、シーケンスおよびデータ分析)、アプリケーション別(構造変動の識別と微細マッピング、タンデムリピートシーケンシング、疑似遺伝子識別、対立遺伝子フェージングの解決など)およびエンドユーザー別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

ロングリードシーケンス市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。北米の市場は、2019年に最大の市場シェア40.89%を記録し、予測期間中に24.21%のCAGRを達成すると予想されています。この地域の市場は、2020年に前年と比較して、101.41百万米ドルの増加する $ 機会を獲得するとさらに予測され、2028年末までに2935.15百万米ドルを超えると予想されます。さらに、この地域の市場は4.56倍の成長が見込まれ、予測期間中に2291.54 百万米ドルの絶対的な$の機会を獲得すると予想されます。

ロングリードシーケンス市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「ロングリードシーケンス市場」というタイトルのレポートは、ロングリードシーケンス市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のロングリードシーケンス市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。market name。市場における業界のリーダーは Oxford Nanopore Technologies, Pacific Biosciences of California, Inc., FG Technologies, Stratos Genomics, QIAGEN, Takara Bio Inc., Quantapore, Inc. およびBaseClear B.Vなどです。

Research Nester Private Limited会社概要

https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/long-read-sequencing-market/2595

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「セラミック衛生陶器の世界市場予測:種類別(洗面台/水洗便器、小便器、水槽)、用途別、技術別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年7月3日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「セラミック衛生陶器の世界市場予測:種類別(洗面台/水洗便器、小便器、水槽)、用途別、技術別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「セラミック衛生陶器の世界市場予測:種類別(洗面台/水洗便器、小便器、水槽)、用途別、技術別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年7月3日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。セラミック衛生陶器の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:セラミック衛生陶器の世界市場予測:種類別(洗面台/水洗便器、小便器、水槽)、用途別、技術別、地域別
・英語タイトル:Ceramic Sanitary Ware Market by Type (Toilet Sinks/Water Closets, Washbasins, Urinals, Cisterns), Application (Commercial, Residential), Technology (Slip Casting, Pressure Casting, Type Casting, Isostatic Casting), Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:AD 3000
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年6月3日
・ページ数:181
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:防御

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社はセラミック衛生陶器の世界市場が2020年321億ドルから2025年446億ドルまで、年平均6.8%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、セラミック衛生陶器の世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、プレミアムインサイト、市場概要、技術別(スリップ鋳造、圧迫鋳造、テープ鋳造、静水圧鋳造)分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含め、提供しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・セラミック衛生陶器の世界市場規模:技術別(スリップ鋳造、圧迫鋳造、テープ鋳造、静水圧鋳造)
・セラミック衛生陶器の世界市場規模:種類別
・セラミック衛生陶器の世界市場規模:用途別
・セラミック衛生陶器の世界市場規模:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「セラミック衛生陶器の世界市場予測:種類別(洗面台/水洗便器、小便器、水槽)、用途別、技術別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/ceramic-sanitary-ware-market-type-ad-3000

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218231&id=bodyimage1