投稿日:

高効率肥料(EEF)市場ー溶解度別、コーティング別、製品別(徐放性肥料、徐放性肥料、安定化窒素肥料)、フォーム別、アプリケーション別-グローバルな業界の需要分析と機会評価2018-2027年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「高効率肥料(EEF)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年8月 14日に発刊しました。これは、2018-2027年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.researchnester.com/reports/enhanced-efficiency-fertilizer-eef-market/2658

肥料は、全体的な植物の成長と収量の改善に役立ちます。それらは、作物の質と量を大幅に改善する、幅広い栄養素と微量栄養素で構成されています。十分な量の食品を生産する需要の高まりに支えられて、農業分野での肥料の適用の増加により、世界の強化効率肥料(EEF)市場は成長すると予想されています。さらに、農業部門を後押しするための政府のイニシアチブの増加、新しい先進的で費用効果の高い肥料製品の発売、および農薬業界での研究開発活動の増加は、グローバルな高効率肥料市場の成長を牽引すると予想されるいくつかの要因です。

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
● 世界の高効率肥料市場は、2019年に2345.60百万米ドルの価値に達し、2020-2028年の予測期間に世界中で6.11%のCAGRを登録することにより、2028年末までに3802.05百万米ドルの価値を獲得すると予想されます。さらに、世界の高効率肥料(EEF)の世界市場でも、2020年には前年と比較して729.5 百万米ドルの$機会が見込まれています。

● 高効率肥料(EEF)市場は、溶解度別(水溶性EEFおよび水不溶性EEF);コーティング別(コーティングEEFおよび非コーティングEEF);製品別(徐放性肥料、徐放性肥料、安定化窒素肥料);フォーム別(粒状、粉末、液体)およびアプリケーション別(芝、観葉植物、芝生、園芸など)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

● 高効率肥料(EEF)市場における業界のリーダーはKoch Agronomic Services, LLC, Haifa Group, Ekompany International B.V., Israel Chemicals Ltd. (ICL), Saviolife S.r.l., Yara International ASA, Nutrien Ltd., Helena Agri-Enterprises LLC, AgroLiquid , DeltaChem GmbH.などです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。

● 高効率肥料(EEF)市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。これらの地域の中で、アジア太平洋の市場は2019年に47.12%の最大の市場シェアを保持し、予測期間中に6.70%の最大のCAGRで成長すると予想されます。この地域の市場は、2020年には前年と比較して40.9百万米ドルの$ 機会を獲得するとさらに期待されています。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220639&id=bodyimage1


高効率肥料(EEF)市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
● レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

農業の成長と政府の取り組みの増加
食料に対する世界的な需要の高まりにより、世界中の農家は、徐放性肥料などの多数の農業用肥料を採用して農地の生産性を高めています。農業従事者は、高度な農業方法と技術をますます採用して作物の生産性を高め、効率の高い肥料の需要を大幅に増加させています。さらに、世界中の発展途上国と先進国の政府は、農業セクターを後押しするためのいくつかのプログラムを実施するために多数のイニシアチブを取っています。農業投資の増加、農家への助成金の提供、および後発開発途上国での食料安全保障への懸念の高まりは、世界の高効率肥料(EEF)市場の成長を牽引すると予想される要因です。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2658

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール : sales@researchnester.com

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

パッケージ化されたビーガンフード市場ー製品別(乳製品、肉、ベーカリー、菓子など);流通チャネル別、流通モード別(オンラインおよびオフライン)-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは、パッケージ化されたビーガンフード市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年8月 14日 に発刊しました。これは、パッケージ化されたビーガンフード市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/packaged-vegan-food-market/2657

パッケージ化されたビーガンフードは、肉、卵、乳製品、その他すべての動物由来成分などの動物性製品を一切含まないビーガン食です。その結果、ビーガン食品はより安全で健康的であると認識されており、肉よりも好まれています。世界中のビーガンは、環境、倫理、または健康上の理由で動物向け食品を食べることを避けています。パッケージ化されたビーガンフードは、動物由来の成分を含まずに植物化学物質を提供する植物由来の成分を使用して調製されます。それはごくわずかな脂肪とコレステロールを持ち、体の防御酵素を高めるなどのいくつかの栄養と健康上の利点を提供することで知られています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220637&id=bodyimage1

レポートは、製品別(乳製品、肉、ベーカリー、菓子など);流通チャネル別(スーパーマーケット、小売店、オーガニックストア)および流通モード別(オンラインおよびオフライン)によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。パッケージ化されたビーガンフード市場は、2020年から2028年の予測期間中に大幅なCAGRを記録すると予想されます。

市場の成長を後押しする健康意識の向上
動物性食品の消費の増加により、糖尿病や肥満などの慢性的な健康障害は常に増加しています。このような要因により、消費者の間で多くの植物由来製品の必要性が大幅に高まり、その一方で、パッケージ化されたビーガン食品の需要が高まっています。さらに、植物ベースの製品は、体内のコレステロールと血圧のレベルを維持するのに役立ち、したがって、がんになるリスクを下げます。WHOの機関である国際癌研究機関(IARC)は、毎日50グラムの加工肉を食べると、結腸直腸癌のリスクが18%増加すると述べています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。
パッケージ化されたビーガンフード市場における業界のリーダーはAmy's Kitchen, Inc.、Danone S.A. 、PlamilFoods、The WhiteWave Foods Company、Beyond Meat、Tofutti Brands, Inc.、Dr. McDougall's Right Foods、Vegan Made Delights、Edward & Sons Trading Co.、Galaxy Nutritional Foods, Inc.などです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2657

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域で分割されています。

パッケージ化されたビーガンフード市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール : sales@researchnester.com

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

インタラクティブなキオスク市場ーオファリング別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、パネルサイズ別、タイプ別、場所別(屋内および屋外)、エンドユーザー別-グローバルな需要分析と機会見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「インタラクティブなキオスク市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年8月 14日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、2020ー2028年の予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。

インタラクティブキオスクは、情報を配信したり、ユーザーフレンドリーなインターフェイスでトランザクションを有効にしたりする公共サービス用に設計されたセルフサービスデバイスまたはコンピューター端末です。これは、基本的にはコンピュータとディスプレイ画面を含み、タッチスクリーンやキーボードなどの入力デバイスを介して顧客がデータを入力できるようにします。また、エンターテインメント、コマース、コミュニケーション、教育用の情報やアプリケーションへのアクセスを提供する専用のハードウェアおよびソフトウェアを特徴とするためにも使用されます。インタラクティブなキオスクは、小売販売、請求書の支払い、現金引き出しに使用され、顧客に情報を提供するだけでなく、ロイヤルティプログラムに参加する機能も提供します。企業はキオスクを導入して、ターゲット顧客とのブランドを強化し、顧客ロイヤルティを高め、運用コストを削減します。インタラクティブなキオスク市場は、2020ー2028年予測期間中に大幅なCAGRを記録すると予想されます。

レポートの主なハイライト
● 市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
● レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
● 統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
● レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220636&id=bodyimage1

レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。インタラクティブなキオスク市場における業界のリーダーはMeridian Kiosks LLC、KIOSK Information Systems、FrankMayer and Associates, Inc.、NCR Corporation、Diebold Nixdorf, Inc.、ZEBRA Technologies Corp.、Embross、Olea Kiosks Inc.、REDYREF Interactive Kiosks、Sennco Solutions, Inc.などです。

市場セグメンテーション
インタラクティブなキオスク市場は、オファリング別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、パネルサイズ別(<22インチ、22-32インチ、および> 32インチ)、タイプ別(販売、銀行、セルフサービス、広告、その他)、場所別(屋内および屋外)およびエンドユーザー別(BFSI、輸送、小売、ホスピタリティ、ヘルスケア、エンターテイメント)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

インタラクティブなキオスク市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2645

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/interactive-kiosks-market/2645

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「V2Xサイバーセキュリティの世界市場予測:ユニット種類別(OBU、RSU)、フォーム別(車載、外部クラウドサービス)、通信種類別(V2I、V2V)、セキュリティ種類別」市場調査レポートを取扱開始

2020年8月14日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「V2Xサイバーセキュリティの世界市場予測:ユニット種類別(OBU、RSU)、フォーム別(車載、外部クラウドサービス)、通信種類別(V2I、V2V、V2G、V2C、V2P)、セキュリティ種類別(PKI、組み込み)、接続種類別、車両別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「V2Xサイバーセキュリティの世界市場予測:ユニット種類別(OBU、RSU)、フォーム別(車載、外部クラウドサービス)、通信種類別(V2I、V2V、V2G、V2C、V2P)、セキュリティ種類別(PKI、組み込み)、接続種類別、車両別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年8月14日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。V2Xサイバーセキュリティの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:V2Xサイバーセキュリティの世界市場予測:ユニット種類別(OBU、RSU)、フォーム別(車載、外部クラウドサービス)、通信種類別(V2I、V2V、V2G、V2C、V2P)、セキュリティ種類別(PKI、組み込み)、接続種類別、車両別、地域別
・英語タイトル:V2X Cybersecurity Market by Unit Type (OBU and RSU), Form (In-vehicle and External Cloud Services), Communication Type (V2I, V2V, V2G, V2C, and V2P), Security Type (PKI and Embedded), Connectivity Type, Vehicle Type, and Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:AT 7702
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年7月15日
・ページ数:191
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:自動車

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社はV2Xサイバーセキュリティの世界市場が2020年9億3,500万ドルから2025年30億6,500万ドルまで、年平均26.8%成長すると予想しています。本調査レポートでは、V2Xサイバーセキュリティの世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、プレミアムインサイト、市場概要、ユニット別(運用データ、車載ユニット(OBU)、ロードサイドユニット(RSU))分析、接続別(運用データ、DSRC(専用短距離通信)、C-V2X(CELLULAR-V2X))分析、通信別(運用データ、車両対車両(V2V)、車両対インフラストラクチャ(V2I)、車両対グリッドへ(V2G)、車両対歩行者(V2P))分析、セキュリティ別(運用データ、PKI、埋め込み型)分析、車両別(乗用車、商用車)分析、フォーム別(車両内、外部クラウドサービス)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含め、ご提供しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・V2Xサイバーセキュリティの世界市場規模:ユニット別(運用データ、車載ユニット(OBU)、ロードサイドユニット(RSU))
・V2Xサイバーセキュリティの世界市場規模:接続別(運用データ、DSRC(専用短距離通信)、C-V2X(CELLULAR-V2X))
・V2Xサイバーセキュリティの世界市場規模:通信別(運用データ、車両対車両(V2V)、車両対インフラストラクチャ(V2I)、車両対グリッド(V2G)、車両対歩行者(V2P))
・V2Xサイバーセキュリティの世界市場規模:セキュリティ別(運用データ、PKI、埋め込み型)
・V2Xサイバーセキュリティの世界市場規模:車両別(乗用車、商用車)
・V2Xサイバーセキュリティの世界市場規模:フォーム別(車両内、外部クラウドサービス)
・V2Xサイバーセキュリティの世界市場規模:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「V2Xサイバーセキュリティの世界市場予測:ユニット種類別(OBU、RSU)、フォーム別(車載、外部クラウドサービス)、通信種類別(V2I、V2V、V2G、V2C、V2P)、セキュリティ種類別(PKI、組み込み)、接続種類別、車両別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/V2X-Cybersecurity-Market-Unit-Type-AT-7702

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220565&id=bodyimage1

投稿日:

ウェアラブルバイオセンサー市場:世界の歴史的成長(2012-2016年)と将来の展望(2017-2024年)需要分析と機会評価

Research Nester Private Limitedは調査レポート「ウェアラブルバイオセンサー市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」」2020年8月 14日 に発刊しました。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

ウェアラブルバイオセンサーは、個人のバイタルサインを監視するために使用される分析デバイスです。バイオリアクターシステム、トランスデューサー、出力デバイスを含む三つの主要コンポーネントで構成されています。バイオセンサーは、世界中の人々により良い医療体験を提供するために、送信生理学的信号を監視、記録するために使用されます。さらに、ウェアラブルバイオセンサーは、労働者が危険な状態に直接さらされる職業では完璧なソリューションです。
ウェアラブルセンサーのグローバル市場は、予測期間(2017年から2024年)の間、大幅なCAGRで成長すると予想されています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220634&id=bodyimage1

ウェアラブルバイオセンサー市場は、テクノロジー別(加速度計とモーションセンサー、生化学センサー、光電脈波センサー)、アプリケーション別(健康とウェルネスの監視、安全監視、家のリハビリ、障害の検出、環境モニタリング、治療効果の評価、その他(生体防御、ポイントオブケアテスト))、エンドユーザー別(病院、家、製造業、食品および飲料産業、その他)、バイオセンサーのタイプ別(熱量測定バイオセンサー、電位差測定バイオセンサー、弾性波バイオセンサー、アンペロメトリックバイオセンサー、光学バイオセンサー)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。https://www.researchnester.com/sample-request-490

ウェアラブルバイオセンサー市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。
ウェアラブルバイオセンサー市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「ウェアラブルバイオセンサー市場」というタイトルのレポートは、ウェアラブルバイオセンサー市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

ウェアラブルバイオセンサー市場における業界のリーダー
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のウェアラブルバイオセンサー市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。ウェアラブルバイオセンサー市場における業界のリーダーはGoogle Inc.、Microsoft、SAMSUNG、Apple Inc.、VitalConnect、Huwai Technologies Co. Ltd.、Withings SA、Robert Bosch GmBh、Broadcom、Infineon Technologies AGなどです。

ICT(情報通信技術)産業は、世界的な経済成長の主要な貢献者の一つです。ICTセクターの成長は、主に AI(人工知能)、IOT(モノのインターネット)、5Gなどの技術の進歩と、世界中のインターネットアクセシビリティの終わりのない成長に牽引されています。これにより、インターネットに接続されたデバイスの数がさらに増加し、ウェアラブルバイオセンサー市場の主要なプレーヤーの間で新しいビジネスチャンスが継続的に生み出しています。Internet World Statsによって提供された統計によると、2019年半ばには、世界中に約4,536,248,808人のインターネットユーザーがいたと推定されています。さらに、ICT産業による投資は、先進国、発展途上国、新興国の経済成長の強化に貢献しました。国連貿易開発会議(UNCTAD)が提供する統計によると、コンピューター、周辺機器、通信、電子機器などのICT製品の全世界のその他のIT製品の輸出(%)は、2011年の10.62%から2017年には11.51%に成長しました。2017年には約51.7%の最高の記録は香港で記録され、、フィリピン、シンガポール、マレーシアによって牽引されました。これらは、ウェアラブルバイオセンサー市場の成長に貢献する重要な要因のです。

調査レポートはさらに、Y-o-Y成長率、市場規模と価値、その他の予測数値など、セグメントに関するいくつかの定量的データを示しています。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/global-wearable-biosensors-market/490

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「自動車用ガラスフィルムの世界市場 2020年:着色フィルム、金属フィルム、スパッタリングフィルム」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年8月14日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「自動車用ガラスフィルムの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年8月14日に開始いたしました。自動車用ガラスフィルムの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:自動車用ガラスフィルムの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Automotive Glass Film Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年7月21日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、自動車用ガラスフィルムの世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。自動車用ガラスフィルムの種類別市場規模(着色フィルム、金属フィルム、スパッタリングフィルム)、用途別市場規模(乗用車、商用車)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、メーカー別販売量と市場シェア、販売チャネルなどの情報を掲載しています。
・市場概要
・メーカー情報(販売量、市場シェア、製品概要、SWOT分析):3M、LINTEC、Johnson and Johnson、Letbon、DuPont Teijin Films、A&B Films、Llumar、V-KOOL、Bekaert
・地域別グローバル市場分析 2015年-2020年
・自動車用ガラスフィルムの北米市場(アメリカ、カナダ、メキシコ)
・自動車用ガラスフィルムのヨーロッパ市場(ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア)
・自動車用ガラスフィルムのアジア市場(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・自動車用ガラスフィルムの南米市場(ブラジル、アルゼンチン)
・自動車用ガラスフィルムの中東・アフリカ市場(サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ)
・種類別分析:着色フィルム、金属フィルム、スパッタリングフィルム
・用途別分析:乗用車、商用車
・地域別市場規模予測 2021年-2025年
・販売チャネル、流通業者、代理店
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/D0804-01147-Global-Automotive-Glass-Film-Market/
■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220567&id=bodyimage1

投稿日:

合法化した州:米国の大麻法的規制についての最新調査報告書の和訳を公表

この報告書は、トランスフォーム薬物政策財団が、2020年6月に発行した“Altered States: Cannabis regulation in the US ”の和訳版です。日本臨床カンナビノイド学会(新垣実理事長)は、本報告書の和訳を20年8月14日に本学会サイトにて公表し、ダウンロードできるようにしました。

序文(抜粋)

コロラド州とワシントン州は2012年に成人用・非医療用の大麻草を法的規制したため、米国の9州がこれに追随し、さらなる州が追随するようになった。1 多くの人が合法の医療用大麻の恩恵を受けているが、それは我々の報告書の焦点ではない。一連の急速な変化は、米国が大麻草の法的規制への世界的な変化の最前線に位置している。

州レベルでの変化にもかかわらず、大麻草の栽培、所持および販売は、連邦法では依然として違法である。これは、州が独立して行動していることを意味し、その結果、法管轄区域間で規制にかなりの差異が生じている。実際、一連の自然実験が行われており、それぞれが大麻草をどのように管理するかについて異なったモデルを提示している。結果の完全な評価には時間がかかり、より長期の研究が完了するまで、詳細な結果を知ることはできないであろう。

しかし、これまで大麻草の法的規制された州を横断することで、さまざまなモデルの背後にある原理を比較し、その当初の影響のいくつかを検討することができる。本報告書では、主要な法的規制問題をテーマ別に検討し、今後の政策改革に向けて得られる教訓の一部を概説する。

主要用語
非犯罪化: 個人の薬物所持に対する刑事罰を取り除き、生産と供給が違法なままである(民事上または行政上の制裁措置が残る可能性がある)2
合法化: 生産、供給、所持するために違法な薬物を合法化すること。
法的規制: 合法化された薬物の製造、供給、使用に関する管理を実施すること。

目次
医療市場からの移行・・・5
規制モデルの決定・・・7
免許の付与・・・8
市町村管理・・・10
課税水準・・・12
購入可能な製品の制限・・・14
包装、広告およびマーケティングに関する要件の強化・・・15
犯罪記録の削除(抹消)・・・18
社会的公正措置・・・21
教訓・・・26

教訓(一部抜粋)

大麻の法的規制は、まだ比較的新しい政策イノベーションである。しかし、すでに我々は、異なる規制モデルがどのように異なる結果をもたらすかを理解することができる。今後、大麻草を合法化しようとする州は、どのようにして自らの規制を実施し、公衆衛生を最優先にして、小売市場に対して、地域社会を念頭に置いて開発し、課税を広範な社会的利益の達成に役立てることができるかについて、実際の実例を持っている。

大麻を全く同じ方法で規制している州は1つもない。しかしながら、他の州の事例や経験を参考にしながら、ある程度の「政策移管」があったことは明らかである。例えば、マーケティング及び包装に関する規制は、全国的に類似している。この傾向は、大麻を法的規制する際に、公衆衛生の保護、犯罪の削減、子どもの保護のためだけでなく、一部の州では、社会的公正を積極的に推進するために、同様の政策目標が存在することを浮き彫りにしている。

州は、過去の大麻禁止の法執行によって不均衡な影響を受けた個人や集団との関係を修復し、有意義な参加を確保する機会として、大麻規制の重要性を認識するようになってきている。また、新たに規制を導入する州が利用するためのケース・スタディを提供する様々な措置が現在講じられている。法的規制がより広範に展開されるにつれて、これが重要な焦点となり、当初から法的規制に組み込まれたものとなることを期待したい。




【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220627&id=bodyimage1

本学会は、大麻草およびカンナビノイド医療に関する専門学会ですが、国際的な薬物政策の影響が大きいテーマであるため、今後もこのような世界情勢についての有益な資料の和訳および紹介に努めていきます。


合法化した州:米国の大麻法的規制についての最新調査報告書のリンクはこちら
http://cannabis.kenkyuukai.jp/information/information_detail.asp?id=105522



日本臨床カンナビノイド学会

2015年9月に設立し、学会編著「カンナビノドの科学」(築地書館)を同時に刊行した。同年12月末には、一般社団法人化し、それ以降、毎年、春の学術セミナーと秋の学術集会の年2回の学会を開催している。2016年からは、国際カンナビノイド医療学会; International Association for Cannabinoid Medicines (IACM)の正式な日本支部となっている。2019年7月段階で、正会員(医療従事者、研究者)67名、賛助法人会員12名、 賛助個人会員23名、合計102名を有する。http://cannabis.kenkyuukai.jp/

日本の大麻取締法 Cannabis Control Act

我が国における大麻は、昭和5年(1930年)に施行された旧麻薬取締規則において、印度大麻草が≪麻薬≫として規制されてきた。第二次世界大戦後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)により印度大麻草と国内の大麻草は同一だと指摘を受け、一旦は、大麻草の栽培等の全面禁止が命じられた。ところが、当時の漁網や縄などの生活資材に必要不可欠であり、国内の農家を保護するために大麻取締法(1948年7月10日制定、法律第124号)を制定した。医師の取り扱う麻薬は、麻薬取締法(1948年7月10日制定、法律第123号)となり、農家が扱う大麻は、大麻取締法の管轄となった。その後、化学繊維の普及と生活様式の変化により、大麻繊維の需要が激減し、1950年代に3万人いた栽培者が1970年代に1000人まで激減した。欧米のヒッピー文化が流入し、マリファナ事犯が1970年代に1000人を超えると、それらを取り締まるための法律へと性格が変わった。

つまり、戦後、70年間で農家保護のための法律から、マリファナ規制のための法律へと変貌した。2016年の時点で、全国作付面積7.9ha、大麻栽培者34名、大麻研究者400名。この法律では、大麻植物の花と葉が規制対象であり、茎(繊維)と種子は、取締の対象外である。栽培には、都道府県知事の免許が必要となるが、マリファナ事犯の増加傾向の中、新規の栽培免許はほとんど交付されていない。また、医療用大麻については、法律制定当初から医師が施用することも、患者が交付を受けることも両方で禁止されたままである。

投稿日:

「アプリケーションモダナイゼーションサービスの世界市場予測:サービス別(アプリケーションポートフォリオ評価、クラウドアプリケーション移行)、クラウド展開モード別」市場調査レポートを取扱開始

2020年8月14日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「アプリケーションモダナイゼーションサービスの世界市場予測:サービス別(アプリケーションポートフォリオ評価、クラウドアプリケーション移行、アプリケーション再プラットフォーム化)、クラウド展開モード別、組織規模別、産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「アプリケーションモダナイゼーションサービスの世界市場予測:サービス別(アプリケーションポートフォリオ評価、クラウドアプリケーション移行、アプリケーション再プラットフォーム化)、クラウド展開モード別、組織規模別、産業別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年8月14日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。アプリケーションモダナイゼーションサービスの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:アプリケーションモダナイゼーションサービスの世界市場予測:サービス別(アプリケーションポートフォリオ評価、クラウドアプリケーション移行、アプリケーション再プラットフォーム化)、クラウド展開モード別、組織規模別、産業別、地域別
・英語タイトル:Application Modernization Services Market by Service (Application Portfolio Assessment, Cloud Application Migration, Application Replatforming), Cloud Deployment Mode, Organization Size, Vertical, and Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:TC 5645
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年7月15日
・ページ数:261
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:通信

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社はアプリケーションモダナイゼーションサービスの世界市場が2020年114億ドルから2025年248億ドルまで、年平均16.8%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、アプリケーションモダナイゼーションサービスの世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、プレミアムインサイト、市場概要・市場動向、新型コロナウイルス感染症の影響によるアプリケーションモダナイゼーションサービス市場、サービス別(アプリケーションポートフォリオ評価、クラウドアプリケーション移行、アプリケーション再プラットフォーム化、アプリケーション統合)分析、クラウド導入モード別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、産業別(金融、医療・生活科学、電気通信、情報技術・情報技術対応サービス、小売・消費財)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含めており、ご提供いたします。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要・市場動向
・新型コロナウイルス感染症の影響によるアプリケーションモダナイゼーションサービス市場
・アプリケーションモダナイゼーションサービスの世界市場規模:サービス別(アプリケーションポートフォリオ評価、クラウドアプリケーション移行、アプリケーション再プラットフォーム化、アプリケーション統合)
・アプリケーションモダナイゼーションサービスの世界市場規模:クラウド導入モード別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド)
・アプリケーションモダナイゼーションサービスの世界市場規模:組織規模別(中小企業、大企業)
・アプリケーションモダナイゼーションサービスの世界市場規模:産業別(金融、医療・生活科学、電気通信、情報技術・情報技術対応サービス、小売・消費財)
・アプリケーションモダナイゼーションサービスの世界市場規模:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「アプリケーションモダナイゼーションサービスの世界市場予測:サービス別(アプリケーションポートフォリオ評価、クラウドアプリケーション移行、アプリケーション再プラットフォーム化)、クラウド展開モード別、組織規模別、産業別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Application-Modernization-Services-Market-Service-TC-5645

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220563&id=bodyimage1

投稿日:

「建築用壁パネルの世界市場 2020年:EPSパネル、PUパネル、グラスウールパネル、PFパネル、その他」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年8月14日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「建築用壁パネルの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年8月14日に開始いたしました。建築用壁パネルの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:建築用壁パネルの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Architectural Wall Panels Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年7月21日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、建築用壁パネルの世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。建築用壁パネルの種類別市場規模(EPSパネル、PUパネル、グラスウールパネル、PFパネル、その他)、用途別市場規模(建物(壁)、建物(屋根)、冷蔵、その他)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、メーカー別販売量と市場シェア、販売チャネルなどの情報を掲載しています。
・市場概要
・メーカー情報(販売量、市場シェア、製品概要、SWOT分析):Kingspan、Isomec、ArcelorMittal、Metecno、Silex、Isopan、MBCI、RigiSystems、Fischer Profil、GCS、Marcegaglia、Ruukki、Zhongjie、Hoesch、Alubel、Italpannelli、AlShahin、Balex、Jingxue、Tonmat、Panelco、Multicolor、Pioneer India、BCOMS、Tongdamei、Panpan Group、Jinlida、Dana Group、BlueScope Vietnam、Zamil Vietnam
・地域別グローバル市場分析 2015年-2020年
・建築用壁パネルの北米市場(アメリカ、カナダ、メキシコ)
・建築用壁パネルのヨーロッパ市場(ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア)
・建築用壁パネルのアジア市場(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・建築用壁パネルの南米市場(ブラジル、アルゼンチン)
・建築用壁パネルの中東・アフリカ市場(サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ)
・種類別分析:EPSパネル、PUパネル、グラスウールパネル、PFパネル、その他
・用途別分析:建物(壁)、建物(屋根)、冷蔵、その他
・地域別市場規模予測 2021年-2025年
・販売チャネル、流通業者、代理店
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/D0804-00745-Global-Architectural-Wall-Panels-Market/
■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220566&id=bodyimage1

投稿日:

「電気生理学の世界市場予測:製品別(ラボデバイス(3Dマッピング、記録)、アブレーションカテーテル(冷凍アブレーション、RF)、診断カテーテル(従来型、高度型、超音波型))」市場調査レポートを取扱開始

2020年8月14日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「電気生理学の世界市場予測:製品別(ラボデバイス(3Dマッピング、記録)、アブレーションカテーテル(冷凍アブレーション、RF)、診断カテーテル(従来型、高度型、超音波型))、疾患別(AF、AVNRT、WPW)、エンドユーザー別(病院、ASC)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「電気生理学の世界市場予測:製品別(ラボデバイス(3Dマッピング、記録)、アブレーションカテーテル(冷凍アブレーション、RF)、診断カテーテル(従来型、高度型、超音波型))、疾患別(AF、AVNRT、WPW)、エンドユーザー別(病院、ASC)」市場調査レポートの販売を2020年8月14日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。電気生理学の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:電気生理学の世界市場予測:製品別(ラボデバイス(3Dマッピング、記録)、アブレーションカテーテル(冷凍アブレーション、RF)、診断カテーテル(従来型、高度型、超音波型))、疾患別(AF、AVNRT、WPW)、エンドユーザー別(病院、ASC)
・英語タイトル:Electrophysiology Market by Product (Lab Devices (3D Mapping, Recording), Ablation Catheters (Cryoablation, RF), Diagnostic Catheters (Conventional, Advanced, Ultrasound)), Indication (AF, AVNRT, WPW), End User (Hospitals, ASCs) - Global Forecasts to 2025
・商品コード:MD 3273
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年7月15日
・ページ数:205
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:医療

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は電気生理学の世界市場が2020年68億ドルから2025年106億ドルまで、年平均9.1%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、電気生理学の世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、プレミアムインサイト、市場概要、種類別(電気生理学実験装置、電気生理学アブレーションカテーテル、電気生理学診断カテーテル、アクセスデバイス、その他)分析、疾患別(心房細動、心房粗動、房室結節結節性頻脈(AVNRT)、ウルフ・パーキンソン・ホワイト症候群(WPW)、その他)分析、エンドユーザー別(病院&心臓センター、外来手術センター)分析、地域別分析、競争状況、企業評価・企業概要などを含めており、ご提供いたします。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・電気生理学の世界市場規模:種類別(電気生理学実験装置、電気生理学アブレーションカテーテル、電気生理学診断カテーテル、アクセスデバイス、その他)
・電気生理学の世界市場規模:疾患別(心房細動、心房粗動、房室結節結節性頻脈(AVNRT)、ウルフ・パーキンソン・ホワイト症候群(WPW)、その他)
・電気生理学の世界市場規模:エンドユーザー別(病院&心臓センター、外来手術センター)
・電気生理学の世界市場規模:地域別
・競争状況
・企業評価・企業概要
...

※「電気生理学の世界市場予測:製品別(ラボデバイス(3Dマッピング、記録)、アブレーションカテーテル(冷凍アブレーション、RF)、診断カテーテル(従来型、高度型、超音波型))、疾患別(AF、AVNRT、WPW)、エンドユーザー別(病院、ASC)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Electrophysiology-Market-Product-Lab-Devices-MD-3273

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220562&id=bodyimage1

投稿日:

「石綿ガーゼの世界市場 2020年:20 * 20cm、15 * 15cm」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年8月14日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「石綿ガーゼの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年8月14日に開始いたしました。石綿ガーゼの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:石綿ガーゼの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Asbestos Gauze Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年7月21日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、石綿ガーゼの世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。石綿ガーゼの種類別市場規模(20 * 20cm、15 * 15cm)、用途別市場規模(学校、研究機関、その他)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、メーカー別販売量と市場シェア、販売チャネルなどの情報を掲載しています。
・市場概要
・メーカー情報(販売量、市場シェア、製品概要、SWOT分析):KSFE、Cangzhou Xinyu、Shandong Sanchen、Guangzhou Zixing、Shenzhen Boda
・地域別グローバル市場分析 2015年-2020年
・石綿ガーゼの北米市場(アメリカ、カナダ、メキシコ)
・石綿ガーゼのヨーロッパ市場(ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア)
・石綿ガーゼのアジア市場(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・石綿ガーゼの南米市場(ブラジル、アルゼンチン)
・石綿ガーゼの中東・アフリカ市場(サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ)
・種類別分析:20 * 20cm、15 * 15cm
・用途別分析:学校、研究機関、その他
・地域別市場規模予測 2021年-2025年
・販売チャネル、流通業者、代理店
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/D0804-00816-Global-Asbestos-Gauze-Market-2020/
■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220564&id=bodyimage1

投稿日:

【大学・研究機関】他社牽制力ランキング2019 トップ3は産総研、JST、東大

株式会社パテント・リザルトは8月14日、大学・研究機関を対象に、2019年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「大学・研究機関 他社牽制力ランキング2019」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な機関が明らかになります。

 集計の結果、2019年に最も引用された機関は産業技術総合研究所(産総研)、次いで科学技術振興機構(JST)、東京大学となりました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216971&id=bodyimage1


 1位 産業技術総合研究所の最も引用された特許は「直動伸縮アーム機構および当該直動伸縮アーム機構を備えたロボットアーム」に関する技術で、計10件の審査過程で引用されています。このほかには「コーティング組成物」に関する技術などが引用された件数の多い特許として挙げられます。
 2019年に産業技術総合研究所の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、東芝(18件)、次いでデンソー、富士電機(いずれも14件)となっています。

 2位 科学技術振興機構の最も引用された特許は、大阪大学と共同出願した「ダチョウを用いた抗体、及びその作製方法」に関する技術で、オーストリッチファーマの5件の審査過程において引用されています。このほかには「薄膜トランジスタ及びその製造方法」に関する技術や「ホモロガス薄膜を活性層として用いる透明薄膜電界効果型トランジスタ」に関する技術などが、引用された件数の多い特許として挙げられます。
 2019年に科学技術振興機構の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業・機関は、京都大学(13件)、次いで産業技術総合研究所(10件)、東京大学(8件)となっています。

 3位 東京大学の最も引用された特許は「運転支援装置」に関する技術で、デンソーの「操舵支援装置」「運転支援システム」関連特許など、計5件の審査過程において引用されています。
 2019年に東京大学の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は三菱電機で、NTT、ニコン(いずれも8件)、東芝(7件)と続いています。

 そのほか、4位の東北大学は「マルチモードファイバの測定装置」に関する技術が、5位の京都大学は「体細胞の核初期化因子」に関する技術が、最も引用された特許として挙げられます。

【ランキングの集計対象について】
 日本特許庁に特許出願され、2019年12月までに公開されたすべての特許のうち、2019年1月から12月末までの期間に拒絶理由(拒絶理由通知または拒絶査定)として引用された特許を抽出。
 本ランキングでは、権利移転を反映した集計を行っています。2020年5月29日の時点で権利を保有している機関名でランキングしているため、出願時と機関名が異なる可能性があります。
 業種は総務省の日本標準産業分類を参考に分類しています。

 また弊社では、本ランキングの詳細データを下記の通り販売しています。
【大学・研究機関 他社牽制力ランキング2019 ご提供データ】
納品物:以下のデータを収納したCD-ROM
1)ランキングトップ50機関
 大学・研究機関の被引用件数上位50機関のランキング
2)被引用件数上位100件のリスト
 大学・研究機関の被引用件数上位100件及び引用先の特許との対応を掲載
価格:50,000円(税抜)

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580
Fax:03-5802-8271
ホームページURL https://www.patentresult.co.jp/

投稿日:

2020年シズルワード、「うま味のある」(味覚系)、「もちもち」(食感系)、「贅沢な」(情報系)が3分野トップ。 2015年に比べ、順位アップは「やみつきになる」と「絶品」。

言葉から「おいしそう」「食べたい」を感じ、私たちの飲食欲求を喚起する言葉を“シズルワード”と呼んでいます。
“シズルワード”には、「もちもち」、「ジューシー」、「とろける」、「濃厚」、「うまみのある」、「贅沢な」、「揚げたて」、「焼たて」など、さまざまな言葉があります。
2003年から継続的に調査を行ってきました。2020年5月に実施した「おいしいを感じる言葉-SIZZLE WORD 2020」の調査結果の一部をご紹介します。調査したのは340語。

シズルワードを大きく3つわけています。
・ひとつは味覚・嗅覚に関わる「味覚系」、
・ふたつめは、触覚・聴覚に関わる「食感系」、
・3つめは、感覚ではなく知識や認知にかかわる「情報系」、
この3表現に分けます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220460&id=bodyimage1

シズルワード3分野のランキングは次のようになります。
☆味覚系のトップは「うま味のある」、次いで「コクのある」「ダシの効いた」「濃厚な」「コクうま」「味わい深い」と続きます。
☆食感系のトップは「もちもち」、次いで「ジューシー」「とろける」「もっちり」「サクサク」「ふわとろ」です。「ジューシー」を除くとすべて、オノマトペです。
☆情報系は「贅沢な」がトップ、次いで「新鮮な」「鮮度のよい」「焼きたて」「絶品」「本格的」が続きます。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220460&id=bodyimage2

この調査は、2003年から行ってきましたが、ここでは2004年から2020年まで、16年間の長期的な変化をみます。

☆2004年から2010年にかけて大きく順位アップした「もちもち」「もっちり」。
この2つのもち系オノマトぺが10年ほど前、一気に上位に上り、以降上位を保ち続けています。
もち系オノマトペに替わられたのは「コシがある」をはじめとした「歯ごたえ」や「噛みごたえ」などの言葉です。

☆2004年から大きく順位アップしてきた「濃厚な」と「揚げたて」「贅沢な」。
2004年から2020年まで、大きく順位アップしたのは味覚系では「濃厚な」、情報系では「揚げたて」「贅沢な」です。
このうち「濃厚な」は2017年にピーク、「揚げたて」は2019年がピークで、勢いに陰りがみえてきました。

☆2015年から2020年に大きく順位アップした味覚系「やみつき」「絶品」。
「やみつき」はちょうど10年前、2004年から2010年にかけても大きく順位アップしています。10年周期でアップダウンを繰り返しています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220460&id=bodyimage3

性別や年齢によって、おいしいを感じる言葉は違いがあります。
女性年齢別の各層の3表現のトップ1の言葉は次のようになります。

☆女性15-19歳:
味覚系「やみつきになる」、食感系「カリッと」、情報系「100%」。
☆女性20-29歳:
味覚系「濃厚な」、食感系「とろーり」、情報系「焼きたて」。
☆女性30-39歳:
味覚系「ダシの効いた」、食感系「ふわとろ」、情報系「絶品」。
☆女性40-49歳:
味覚系「コクうま」、食感系「もっちり」、情報系「贅沢な」。
☆女性50-59歳:
味覚系「味わい深い」、食感系「もちもち」、情報系「季節限定」。
☆女性60-69歳:
味覚系「風味豊かな」、食感系「とろける」、情報系は「鮮度のよい」。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220460&id=bodyimage4


〔調査概要〕
実査方法  : インターネット調査
対象者条件 : 15~69歳男女
実査期間  : 2020年5月21日(木)~5月25日(月)
対象者数  : 1,800人
地域    : 全国
調査に使用した
食べ物に関する表現 340語 :
味覚系表現100語、食感系表現120語、情報系表現120語

〔調査内容〕
調査概要や調査結果の一部は、下記URLでご覧ください。
http://bmft.co.jp/publication/reports/sizzleword2020/

この「おいしいを感じる言葉」の他、
食に関するいくつかの調査報告書を販売しています。
http://bmft.co.jp/publication/


株式会社BMFTは、
調査報告書「おいしいを感じる言葉 Sizzle Word 2020」
を8月14日に販売開始します。

【お問い合わせ先】
株式会社BMFT(ビー・エム・エフティー)
http://www.bmft.co.jp/

電話 : 03-5466-7190
Emai : info@bmft.co.jp
問い合せフォーム:
http://www.bmft.co.jp/contact/

投稿日:

【完全保存版】経営者・人事必見!ミャンマー人採用の特徴と注意点をまとめた無料レポートを公開!ミャンマー人の文化や宗教、人種から日本語能力までを徹底解説します。

外国人採用支援の総合ポータルサイトdnus(ディヌス)を提供するDOC株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:廣瀬義憲)は【完全保存版】ミャンマー人を採用・採用検討している経営者・人事向けレポート( https://bit.ly/2XPWBZk )を令和2年8月14日に公開いたしました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220519&id=bodyimage1

この度は、【完全保存版】ミャンマー人を採用・採用検討している経営者・人事向けレポートを無料公開しました。
本レポートでは、ミャンマー人の文化や宗教、人種から日本語能力だけではなく、詳細の専門記事に移動できるようにレポートをまとめています。

▼こちらからダウンロードができます。
https://bit.ly/2XPWBZk

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220519&id=bodyimage2

レポートの内容

・ミャンマー人を採用する上で知っておくべき、特徴・言語
・ミャンマー人を採用する上で知っておくべき、宗教・文化・歴史
・「ミャンマー人を採用すべき」と言える彼らの特徴とは
・ミャンマー人を採用した後に気をつけるポイントは?

このような課題をお持ちの経営者・人事様にオススメです。

・人材不足で困っている
・外国籍採用に関心がある
・海外の現地採用をしていきたい
・特定技能や技能実習生の受入れを行っている
・地元から都会への人材流出により困っている
・グローバル人材を採用してもいいと思っている

オススメの事業者様

・外国人支援の企業様
・外資系・インバウンド系の企業様
・留学生・外国籍の受入れが可能な企業様
・特定技能の分野でミャンマー人の方の採用を考えている事業者様
・送り出し機関・登録支援機関・技能実習生の監理団体(管理団体)様

*特定技能全14業種「介護業/ビルクリーニング業/素形材産業/産業機械製造業/電気・電子情報関連産業/建設業/造船・舶用業/自動車整備業/航空業/宿泊業/農業/漁業/飲食料品製造業/外食業」

資料のダウンロード

下記URLから無料で【完全保存版】ミャンマー人を採用・採用検討している経営者・人事向けレポートをダウンロードできます。
https://bit.ly/2XPWBZk

DOC株式会社について

【会社名】
DOC株式会社 / DOC Inc.
https://www.doc-inc.com/

【サービス内容】
外国人採用支援の総合ポータルサイトdnus(ディヌス)
https://dnus.jp
外国人支援企業の営業・マーケティング・ブランディングサービスdnus(ディヌス)
https://dnus.jp/company_lps

投稿日:

「殺鼠剤の世界市場予測:種類別(非抗凝固剤、抗凝固剤(FGAR、SGAR))、エンドユース別(農業分野、倉庫、家庭、商業)、適用モード別(ペレット、スプレー、パウダー)」市場調査レポートを取扱開始

2020年8月13日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「殺鼠剤の世界市場予測:種類別(非抗凝固剤、抗凝固剤(FGAR、SGAR))、エンドユース別(農業分野、倉庫、家庭、商業)、適用モード別(ペレット、スプレー、パウダー)、齧歯類別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「殺鼠剤の世界市場予測:種類別(非抗凝固剤、抗凝固剤(FGAR、SGAR))、エンドユース別(農業分野、倉庫、家庭、商業)、適用モード別(ペレット、スプレー、パウダー)、齧歯類別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年8月13日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。殺鼠剤の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:殺鼠剤の世界市場予測:種類別(非抗凝固剤、抗凝固剤(FGAR、SGAR))、エンドユース別(農業分野、倉庫、家庭、商業)、適用モード別(ペレット、スプレー、パウダー)、齧歯類別、地域別
・英語タイトル:Rodenticides Market by Type (Non-Anticoagulants, Anticoagulants (FGAR, SGAR)), End-Use Sector (Agricultural Fields, Warehouses, Urban Centers (Residential, Commercial)), Mode of Application (Pellets, Sprays, Powders), and Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:AGI 2538
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年6月20日
・ページ数:192
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:農業

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は殺鼠剤の世界市場が2020年49億ドルから2025年66億ドルまで、年平均5.0%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、殺鼠剤の世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、プレミアムインサイト、市場概要、新型コロナウイルス感染症の影響による殺鼠剤市場、種類別(非抗凝血性殺鼠剤、抗凝血性殺鼠剤)分析、適用モード別(ペレット、噴射、パウダー)分析、エンドユース別(農業、倉庫、家庭、商業)分析、齧歯類別(ラット、ハムスター、シマリス、マウス、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含めており、ご提供いたします。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・新型コロナウイルス感染症の影響による殺鼠剤市場
・殺鼠剤の世界市場規模:種類別(非抗凝血性殺鼠剤、抗凝血性殺鼠剤)
・殺鼠剤の世界市場規模:適用モード別(ペレット、噴射、パウダー)
・殺鼠剤の世界市場規模:エンドユース別(農業、倉庫、家庭、商業)
・殺鼠剤の世界市場規模:齧歯類別(ラット、ハムスター、シマリス、マウス、その他)
・殺鼠剤の世界市場規模:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「殺鼠剤の世界市場予測:種類別(非抗凝固剤、抗凝固剤(FGAR、SGAR))、エンドユース別(農業分野、倉庫、家庭、商業)、適用モード別(ペレット、スプレー、パウダー)、齧歯類別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Rodenticides-Market-Type-Nonanticoagulants-Anticoagulants-AGI-2538

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220509&id=bodyimage1

投稿日:

植物ベースの甘味料市場ータイプ別(キシリトール、ソルビトール、ヤーコンシロップ、リュウゼツランシロップ);フォーム別(液体、粉末、結晶)、アプリケーション別-グローバルな需要分析と機会見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「植物ベースの甘味料市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年8月 13日に発刊しました。これは、2020~2028年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

植物ベースの甘味料は、通常、植物の葉または果実に由来する天然の甘味料です。世界中の植物の驚くべき多様性は、市場にいくつかの異なる天然甘味料を提供しています。さまざまな天然由来の甘味料は、消費者や処方者が風味を最大限に生かしながら糖度を減らすのに役立ちます。植物ベースは害が少なく、低カロリーの甘味料を含み、また合成糖とは異なります。食品や飲料に使用される低カロリーまたはゼロカロリーの天然由来成分の需要の増加と、世界の人口の間でより健康的なライフスタイルをを送ることへの懸念は、世界の植物ベースの甘味料市場の成長を後押しする重要な要因です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220595&id=bodyimage1

高カロリー摂取に関連する健康障害の増加が市場の成長を牽引予想され
高カロリーと脂肪の含有量を避けるために健康的で栄養のある食事を好む人の数の増加は、植物ベースの甘味料市場の成長を加速しています。さらに、合成糖を含む食品の消費は、心臓病、糖尿病、肥満、高コレステロール値のリスクの増加により、身体に悪影響を及ぼします。Centers for Disease Control and Prevention(CDC)が発表したデータによると、米国の人口全体では、糖尿病の成人の割合が65歳以上の高齢者の間で26.8%増加しました。また、医師やヘルスケア専門家は、植物ベースの甘味料をベースに、カロリーをゼロにした砂糖に摂取量をシフトするよう繰り返しアドバイスしています。

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
● 植物ベースの甘味料市場は、2020-2028年予測期間で大幅なCAGRを記録すると予想されます。
● 植物ベースの甘味料市場は、タイプ別(ステビア、キシリトール、ソルビトール、ヤーコンシロップ、リュウゼツランシロップなど);フォーム別(液体、粉末、結晶)およびアプリケーション別(ベーカリー、飲料、製菓、デザート、アイスクリーム、果物加工)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

● 植物ベースの甘味料市場における業界のリーダーはTate & Lyle PLC、Nestlé AG、Symrise、Ajinomoto Co., Inc.、Wilmar International Ltd.、Ingredion Incorporated、Cargill, Inc.、The Truvia Company LLC、Roquette Frères、Archer Daniels Midland (ADM) Companyなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。

● 植物ベースの甘味料市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。
植物ベースの甘味料市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
● レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2652

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/


調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/plant-based-sweetener-market/2652

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

銃声検出システム市場ーアプリケーション別(商業および防衛);設置別(固定設置、車両設置、および兵士搭載);システム別(屋内および屋外)、ソリューション別-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「銃声検出システム市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年8月 13日 に発刊しました 。銃声検出システム市場は、2020年から2028年の予測期間中に大幅なCAGRで増加すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/gunshot-detection-system-market/2655

銃声検出システム市場は、スマートシティやデジタルシティでのこのようなテクノロジーに対する需要の高まりにより、今後の注目すべき成長を目撃していると推定されています。これらの都市は、機密情報や重要なデータを収集するためにテロリストに攻撃されるリスクが最も高いです。国土安全保障省は、テロ攻撃のためにこれらの地域にさまざまな銃声検出システムを設置しており、これは銃声検出システム市場の成長を後押しすると予想されています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220591&id=bodyimage1

レポートは、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威を含むいくつかの主要な市場ダイナミクスに強調いています。また、セグメントに焦点を当てています。銃声検出システム市場は、アプリケーション別(商業および防衛);設置別(固定設置、車両設置、および兵士搭載);システム別(屋内および屋外)およびソリューション別(システムおよびSaaS)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

銃声検出システム市場のレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、ダイナミクスの分析にさまざまなツールを利用しています。銃声検出システム市場レポートは、地域に基づいたパフォーマンスの洞察も提供します。銃声検出システム市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によってに分割されています。

銃声検出システム市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

セキュリティソリューションを磨くことを目的とした研究開発活動への技術の進歩と投資の増加により、銃声検出システム市場は2020ー2028年の間に大幅な成長が観察されると推定されています。さらに、防衛、海洋および航空宇宙産業による支出の増加と、ナビゲーション、検出、リモートセンシング、ソナー、レーダー、航空機、シェルターシステム、遠隔操作車両、水中カメラなどに関連する強化されたソリューションの需要の増加は、xyz市場の成長を牽引すると予測されます。世界の軍事費は2018年に1.6兆米ドルを超えました。IISS(国際戦略研究所)によると、2019年の世界の防衛支出は2018年と比較して4%増加しました。このレポートは、詳細な市場分析を提供し、お客様のビジネス展望を向上させることを目的とした問題解決手法を含みます。

主要企業
銃声検出システム市場における業界のリーダーにはRaytheon、QinetiQ North America、Shooter Detection Systems、Acoem Group、Thales Group、Amberbox Inc.、Louroe Electronics、Safety Dynamics, Inc.、Rheinmetall AG、MicroflownAvisaなどです。https://www.researchnester.com/sample-request-2655

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

骨ワックス市場ー製品別(吸収性骨ワックスと非吸収性骨ワックス)、素材別およびエンドユーザー別(病院、専門クリニック、外来手術センター)-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「骨ワックス市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年8月 13日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、2020-2028年の予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。

骨ワックスは、ミツロウとパルミチン酸イソプロピルの無菌混合物で、外科手術中に骨表面からの出血を機械的に制御するために使用されるワックス軟化剤です。これらは、整形外科、胸部外科、脳神経外科、歯科、外傷学、口腔外科、顎外科などの外科的処置中の骨の機械的止血に使用されます。骨ワックスはタンポナーデ作用に効果的で、止血作用はありません。さらに、骨ワックスは体液に溶けないため、移植部位に長時間留まります。それらは生化学的に作用せず、吸収が最小限であり、二つの滅菌2.5 g(0.09 oz)パケットで供給されます。骨ワックス市場は、2020-2028年の予測期間中にかけて大幅なCAGRを記録すると予想されます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220590&id=bodyimage1

レポートの主なハイライト
● 市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
● レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
● 統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
● レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

骨ワックス市場における業界のリーダー
レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。骨ワックス市場における業界のリーダーはTerumo Cardiovascular Group、B. Braun Melsungen AG、Ethicon, Inc. (Johnson & Johnson)、Medtronic plc.、Baxter International、Medline Industries, Inc.、GPC Medical Ltd.、Bentley Healthcare Pvt. Ltd、CP Medical Corp.、Aesculap, Inc.などです。

市場セグメンテーション
骨ワックス市場は、ー製品別(吸収性骨ワックスと非吸収性骨ワックス)、素材別(天然骨ワックス、合成骨ワックス);アプリケーション別(神経外科、整形外科、胸部外科、口腔外科など)およびエンドユーザー別(病院、専門クリニック、外来手術センター)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

骨ワックス市場の調査レポートには、ヘルスケア業界における技術進歩の成長率に起因する可能性がある市場の成長に関する詳細な分析が含まれています。その結果、多数の健康問題の検出、予防、および治療が改善されました。それとは別に、特に高所得国での医療への支出の増加は、市場の成長を促進している注目すべき要因の一つです。WHO(世界保健機関)によると、低所得国での医療費は2017年の一人当たり41米ドルでした、一方で高所得国の医療費は同じ年に2,937米ドルでした。支出レベルが最も高い地域には、北米、オセアニア、西ヨーロッパが含まります。一方で、西アフリカ、中央アフリカ、東アフリカは、支出レベルが最も低い地域であり、南アジアによって牽引されています。さらに、政府支出は他のソースと比較して最も速い成長を目撃し、2017年の世界の医療支出の約60%を占めました。さらに、健康問題の増加により、さまざまな主要企業が研究開発活動に投資するようになり、それによって医療セクターに大きな機会と進歩が生まれていま生み出しています。

骨ワックス市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2656

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/bone-wax-market/2656


[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「バッグパレタイザーの世界市場 2020年:ロボットパレタイザー、メカニカルパレタイザー」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年8月13日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「バッグパレタイザーの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年8月13日に開始いたしました。バッグパレタイザーの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:バッグパレタイザーの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Bag Palletizer Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年7月21日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、バッグパレタイザーの世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。バッグパレタイザーの種類別市場規模(ロボットパレタイザー、メカニカルパレタイザー)、用途別市場規模(産業機器、食品産業、その他)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、メーカー別販売量と市場シェア、販売チャネルなどの情報を掲載しています。
・市場概要
・メーカー情報(販売量、市場シェア、製品概要、SWOT分析):ABB Flexible Automation Inc、Beumer Corporation、Kuka Roboto GmbH、Adept Technology、Cermex Group、Alligator Automation、KHS GmbH
・地域別グローバル市場分析 2015年-2020年
・バッグパレタイザーの北米市場(アメリカ、カナダ、メキシコ)
・バッグパレタイザーのヨーロッパ市場(ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア)
・バッグパレタイザーのアジア市場(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・バッグパレタイザーの南米市場(ブラジル、アルゼンチン)
・バッグパレタイザーの中東・アフリカ市場(サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ)
・種類別分析:ロボットパレタイザー、メカニカルパレタイザー
・用途別分析:産業機器、食品産業、その他
・地域別市場規模予測 2021年-2025年
・販売チャネル、流通業者、代理店
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/D0804-01383-Global-Bag-Palletizer-Market-2020/
■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220510&id=bodyimage1

投稿日:

双極性障害治療薬市場ー薬物の種類別、作用機序別(セロトニン再取り込み阻害薬、セロトニン-ノルエピネフリン再取り込み阻害薬、三環系抗うつ薬、など)によるセグメンテーション[機会見通し2028年]

Research Nester Private Limitedは調査レポート「双極性障害治療薬市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年8月 13日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

躁うつ病としても知られている双極性障害は、うつ病や気分高揚の期間につながる可能性がある精神障害です。それは長期間続く状態であり、症状は極端な過敏性または興奮、空虚な期間、通常の活動への興味の喪失、睡眠障害などです。マニアと呼ばれる非常に高い気分も含まれます。これらの障害には、躁病エピソード、軽躁病エピソード、うつ病エピソード、混合エピソードなど、さまざまなタイプのエピソードがあります。双極性障害に苦しむ人々は、学校や仕事での日常生活の管理、または人間関係の維持に問題を抱えている可能性があり、心理療法や気分安定薬や抗精神病薬などの薬物療法で治療できます。双極性障害は、双極性I、双極性II、および気分循環症に分類できます。双極性障害の治療薬市場は、双極性障害の有病率の増加、国民の意識を高めるための政府のイニシアチブ、および抗うつ薬の高い需要により、高い成長が見られると予想されています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220594&id=bodyimage1

[世界中で増加している精神的健康障害(MHD)の有病率]
Centers for Disease Control and Preventionによると、MHDのほとんどは心血管疾患、糖尿病、肥満などの他の疾患と共存しています。2017年、米国では、うつ病が若い人口の約10%に影響を及ぼし、人口の4%が統合失調症、双極性障害、大うつ病などの深刻な精神疾患を抱えて生活していました。これらのMHDの増加は、双極性障害治療市場で重要な役割を果たすと推定されています。https://www.researchnester.com/sample-request-2653

双極性障害治療薬市場は2020-2028年の予測期間中に世界中で大幅なCAGRを登録することが予測されます。
双極性障害治療薬市場は、薬物の種類別(気分安定薬、抗精神病薬、抗うつ薬)、作用機序別(セロトニン再取り込み阻害薬、セロトニン-ノルエピネフリン再取り込み阻害薬、三環系抗うつ薬、モノアミンオキシダーゼ阻害薬、ベータジアゼピン分析)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

双極性障害治療薬市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域によって分割されています。
双極性障害治療薬市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「双極性障害治療薬市場」というタイトルのレポートは、双極性障害治療薬市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

双極性障害治療薬市場における業界のリーダー
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の双極性障害治療薬市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。双極性障害治療薬市場における業界のリーダーはPfizer Inc.、AstraZeneca、Novartis AG、Eli Lilly、Johnson & Johnson、SanofiGlaxoSmithKline、Janssen Pharmaceuticals、Allergan、Astellas Pharmaなどです。

Research Nester Private Limited会社概要

https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/bipolar-disorder-therapeutics-market/2653

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

ブリスター包装市場ー材料別(紙、板紙、プラスチック、アルミニウム)パッケージタイプ(カードおよびクラムシェル);テクノロジー別、エンドユーザー別-グローバルな需要分析および機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは、ブリスター包装市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年8月 13日 に発刊しました。これは、ブリスター包装市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

ブリスターパックとは、さまざまな種類の小さな消費財、食品、および医薬品を包装するために使用される、さまざまな種類の事前成形プラスチック包装を指します。パックの主要な構成要素は、成形可能なウェブで作られたキャビティまたはポケットで構成されています。これは、湿度や汚染などの外部要因から長期間製品を保護するのに便利です。不透明なブリスターは、感光性製品を紫外線から保護するのに役立ちます。多くのブリスター包装機は、熱と圧力を使用して、プラスチックのロールまたはシートからキャビティまたはポケットを形成します。この種類のパッケージは、医薬品や小型医療機器を湿気、臭い、酸素から保護し、寿命を延ばします。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220592&id=bodyimage1

ブリスター包装市場は、中産階級の人口の増加、ヘルスケア部門からの需要の増加、便利な包装の使用の人気などの要因により、高い成長が目撃すると予想されています。製造業における世界のGDPの15%以上、雇用の13%以上の増加は、ブリスター包装市場に良い影響を与えています。National Health Expenditure(NHE)によると、処方薬の平均支出の伸びは2010年の3.8%から2018年の4.4%に引き上げられました。

レポートは、材料別(紙、板紙、プラスチック、アルミニウム)パッケージタイプ(カードおよびクラムシェル);テクノロジー別(熱成形および冷間成形)およびエンドユーザー別(ヘルスケア、消費者、工業製品および食品)によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。ブリスター包装市場は、(2020年から2028年)の予測期間に大幅なCAGRを記録すると予想されます。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

ブリスター包装市場における業界のリーダー
ブリスター包装市場における業界のリーダーはTauriga Sciences Inc.、Bemis Company, Inc.、The DOW Chemical Company、Westrock Company、Sonoco Products Company 、Constantia Flexibles GmbH、Honeywell International Inc.、Tekni-Plex, Inc.、Display Pack, Inc.、Pharma Packaging Solutionsなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域で分割されています。
ブリスター包装市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2651

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/blister-packaging-market/2651
[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「フルオロエラストマーの世界市場予測:種類別(FKM、FVMQ、FFKM)、用途別(Oリング、シール・ガスケット、ホース)、エンドユース別(自動車、航空宇宙、化学薬品)」市場調査レポートを取扱開始

2020年8月13日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「フルオロエラストマーの世界市場予測:種類別(FKM、FVMQ、FFKM)、用途別(Oリング、シール・ガスケット、ホース)、エンドユース別(自動車、航空宇宙、化学薬品、石油・ガス、製薬・食品、エネルギー・電力)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「フルオロエラストマーの世界市場予測:種類別(FKM、FVMQ、FFKM)、用途別(Oリング、シール・ガスケット、ホース)、エンドユース別(自動車、航空宇宙、化学薬品、石油・ガス、製薬・食品、エネルギー・電力)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年8月13日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。フルオロエラストマーの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:フルオロエラストマーの世界市場予測:種類別(FKM、FVMQ、FFKM)、用途別(Oリング、シール・ガスケット、ホース)、エンドユース別(自動車、航空宇宙、化学薬品、石油・ガス、製薬・食品、エネルギー・電力)、地域別
・英語タイトル:Fluoroelastomers Market by Type (FKM, FVMQ, FFKM), Application (O-rings, seals & gaskets, Hoses), End-use (Automotive, Aerospace, Chemicals, Oil & Gas, Pharmaceutical & Food, Energy & Power) and Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:CH 3318
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年7月15日
・ページ数:178
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社はフルオロエラストマーの世界市場が2020年16億ドルから2025年18億ドルまで、年平均2.5%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、フルオロエラストマーの世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、プレミアムインサイト、市場概要、市場動向、種類別(フルオロカーボンエラストマー(FKM)、フルオロシリコンエラストマー(FVMQ)、パーフルオロエラストマー(FFKM))分析、用途別(Oリング、シール・ガスケット、ホース、その他)分析、エンドユース産業別(自動車、航空宇宙、化学、石油・ガス、エネルギー・電力)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含めており、ご提供いたします。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・市場動向
・フルオロエラストマーの世界市場規模:種類別(フルオロカーボンエラストマー(FKM)、フルオロシリコンエラストマー(FVMQ)、パーフルオロエラストマー(FFKM))
・フルオロエラストマーの世界市場規模:用途別(Oリング、シール・ガスケット、ホース、その他)
・フルオロエラストマーの世界市場規模:エンドユース産業別(自動車、航空宇宙、化学、石油・ガス、エネルギー・電力)
・フルオロエラストマーの世界市場規模:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「フルオロエラストマーの世界市場予測:種類別(FKM、FVMQ、FFKM)、用途別(Oリング、シール・ガスケット、ホース)、エンドユース別(自動車、航空宇宙、化学薬品、石油・ガス、製薬・食品、エネルギー・電力)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Fluoroelastomers-Market-Type-FKM-FVMQ-CH-3318

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220505&id=bodyimage1

投稿日:

「人工ディスクの世界市場 2020年:頸椎人工椎間板、腰椎人工椎間板」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年8月13日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「人工ディスクの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年8月13日に開始いたしました。人工ディスクの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:人工ディスクの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Artificial Discs Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年7月21日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、人工ディスクの世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。人工ディスクの種類別市場規模(頸椎人工椎間板、腰椎人工椎間板)、用途別市場規模(病院、外来手術センター)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、メーカー別販売量と市場シェア、販売チャネルなどの情報を掲載しています。
・市場概要
・メーカー情報(販売量、市場シェア、製品概要、SWOT分析):AxioMed、Zimmer Biomet Holdings、Spinal Kinetics、Simplify Medical、B. Braun Melsungen、K2M、LDR Holdings、Johnson & Johnson、Globus Medical、Medtronic、NuVasive、Vertebral Technologies、Joimax、Orthofix
・地域別グローバル市場分析 2015年-2020年
・人工ディスクの北米市場(アメリカ、カナダ、メキシコ)
・人工ディスクのヨーロッパ市場(ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア)
・人工ディスクのアジア市場(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・人工ディスクの南米市場(ブラジル、アルゼンチン)
・人工ディスクの中東・アフリカ市場(サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ)
・種類別分析:頸椎人工椎間板、腰椎人工椎間板
・用途別分析:病院、外来手術センター
・地域別市場規模予測 2021年-2025年
・販売チャネル、流通業者、代理店
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/D0804-00782-Global-Artificial-Discs-Market-2020/
■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220507&id=bodyimage1

投稿日:

「緑色アンモニアの世界市場予測:技術別(アルカリ水電解(AWE)、プロトン交換膜(PEM)、固体酸化物電解(SOE))、エンドユーザー別(輸送、発電、工業用原料)、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年8月13日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「緑色アンモニアの世界市場予測:技術別(アルカリ水電解(AWE)、プロトン交換膜(PEM)、固体酸化物電解(SOE))、エンドユーザー別(輸送、発電、工業用原料)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「緑色アンモニアの世界市場予測:技術別(アルカリ水電解(AWE)、プロトン交換膜(PEM)、固体酸化物電解(SOE))、エンドユーザー別(輸送、発電、工業用原料)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年8月13日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。緑色アンモニアの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:緑色アンモニアの世界市場予測:技術別(アルカリ水電解(AWE)、プロトン交換膜(PEM)、固体酸化物電解(SOE))、エンドユーザー別(輸送、発電、工業用原料)、地域別
・英語タイトル:Green Ammonia Market by Technology (Alkaline Water Electrolysis (AWE), Proton Exchange Membrane (PEM), and Solid Oxide Electrolysis (SOE)), End User (Transportation, Power Generation, and Industrial Feedstock), and Region - Global Forecast to 2030
・商品コード:EP 7700
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年7月15日
・ページ数:155
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:電力

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は緑色アンモニアの世界市場が2020年1,100万ドルから2030年8億5,200万ドルまで、年平均54.9%成長すると予想しています。本調査レポートでは、緑色アンモニアの世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、プレミアムインサイト、市場概要、技術別(アルカリ水電解(AWE)、プロトン交換膜(PEM)、固体酸化物電解(SOE))分析、エンドユーザー別(交通手段、発電、工業用原料)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含め、ご提供しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・緑色アンモニアの世界市場規模:技術別(アルカリ水電解(AWE)、プロトン交換膜(PEM)、固体酸化物電解(SOE))
・緑色アンモニアの世界市場規模:エンドユーザー別(交通手段、発電、工業用原料)
・緑色アンモニアの世界市場規模:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「緑色アンモニアの世界市場予測:技術別(アルカリ水電解(AWE)、プロトン交換膜(PEM)、固体酸化物電解(SOE))、エンドユーザー別(輸送、発電、工業用原料)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Green-Ammonia-Market-Technology-Alkaline-EP-7700

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220503&id=bodyimage1

投稿日:

「自動車用複合材料の世界市場 2020年:カーボン、ガラス、その他」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年8月13日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「自動車用複合材料の世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年8月13日に開始いたしました。自動車用複合材料の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:自動車用複合材料の世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Automotive Composite Materials Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年7月21日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、自動車用複合材料の世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。自動車用複合材料の種類別市場規模(カーボン、ガラス、その他)、用途別市場規模(内装、外装、パワートレイン、シャシー)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、メーカー別販売量と市場シェア、販売チャネルなどの情報を掲載しています。
・市場概要
・メーカー情報(販売量、市場シェア、製品概要、SWOT分析):Toray Industries、Mitsubishi Chemical Corporation、UFP Technologies、SGL Group、Toho Tenax Co. Ltd.、Solvay S.A.、Continental Structural Plastics Inc.、Gurit、Koninklijke Ten Cate B.V.、Plasan Carbon Composites、Quantum Composites、Hanwha Azdel、Owens Corning、Mahindra Cie Automotive Ltd.、GMS Composites、Mubea Carbo Tech GmbH、3B Fiberglass Company、Magna International Inc.、TPI Composites、Hexcel Corporation、AAT Composites (Pty) Ltd.、IDI Composite International、Formaplex、Nippon Sheet Glass Co. Ltd.、SABIC (Saudi Arabia Basic Industries Corporation)、Creative Composites Ltd.
・地域別グローバル市場分析 2015年-2020年
・自動車用複合材料の北米市場(アメリカ、カナダ、メキシコ)
・自動車用複合材料のヨーロッパ市場(ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア)
・自動車用複合材料のアジア市場(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・自動車用複合材料の南米市場(ブラジル、アルゼンチン)
・自動車用複合材料の中東・アフリカ市場(サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ)
・種類別分析:カーボン、ガラス、その他
・用途別分析:内装、外装、パワートレイン、シャシー
・地域別市場規模予測 2021年-2025年
・販売チャネル、流通業者、代理店
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/D0804-01104-Global-Automotive-Composite-Materials-Market/
■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220504&id=bodyimage1

投稿日:

【完全保存版】外国人採用に特化した求人サイトの徹底比較レポートを無料公開|特徴まとめ・料金・オススメ|一目で分かる比較表付き。約1年で外国人関連会社の掲載が190社を突破したdnusが徹底厳選!

外国人採用支援の総合ポータルサイトdnus(ディヌス)を提供するDOC株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:廣瀬義憲)は【完全保存版】外国人採用に特化した求人サイト徹底比較レポート( https://bit.ly/2FgWyPV )を令和2年8月13日に公開いたしました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220525&id=bodyimage1

外国人採用支援の総合ポータルサイトdnus(ディヌス)はリリースから約1年で掲載企業190社を突破しました。
また毎年、外国人業界が一目でわかるカオスマップをリリースし、外国人採用がより身近になるための情報公開を行っています。

この度は、自社に合ったオススメの企業を簡単に把握したい!というご要望にお応えし、【完全保存版】外国人採用に特化した求人サイト徹底比較レポートを無料公開しました。
本レポートでは、外国人採用に特化した求人サイトをまとめただけではなく、各社の強みや特徴などを確認することができます。

▼こちらからダウンロードができます。
https://bit.ly/2FgWyPV

また、レポートは随時最新版に更新しています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220525&id=bodyimage2

レポートの内容

サービスの強みを3つに厳選し、スライド1枚に凝縮しています。
他にも下記情報を本レポートで確認することができます。

・会員データベース
・会員の属性
・サービスの掲載価格
・外国人特化の「求人媒体・求人サイト」徹底比較表
・企業のニーズに合わせて、オススメのサービスを推薦

▼こちらからダウンロードができます。
https://bit.ly/2FgWyPV

このような課題をお持ちの経営者・人事様にオススメです。

・人材不足で困っている
・外国籍採用に関心がある
・海外の現地採用をしていきたい
・特定技能や技能実習生の受入れを行っている
・地元から都会への人材流出により困っている
・グローバル人材を採用してもいいと思っている

オススメの事業者様

・外国人支援の企業様
・外資系・インバウンド系の企業様
・留学生・外国籍の受入れが可能な企業様
・送り出し機関・登録支援機関・技能実習生の監理団体(管理団体)様

*特定技能全14業種「介護業/ビルクリーニング業/素形材産業/産業機械製造業/電気・電子情報関連産業/建設業/造船・舶用業/自動車整備業/航空業/宿泊業/農業/漁業/飲食料品製造業/外食業」

資料のダウンロード

下記URLから無料で【完全保存版】外国人採用に特化した求人サイト徹底比較レポートをダウンロードできます。
https://bit.ly/2FgWyPV

本レポートの情報に関して

本レポートに掲載されている企業・サービスロゴや内容は、当社が運営する「外国人採用支援の総合ポータルサイトdnus(ディヌス)」に掲載、ご登録頂いた情報を参考に作成しております。

外国籍向けにサービスを運営している企業様

本レポートは、当社が運営する「外国人採用支援の総合ポータルサイトdnus(ディヌス)」を元に作成しております。
本レポートへのご掲載に関しては、下記URLより情報の登録・資料の掲載をお願いします。
https://dnus.jp/company_lps

本レポートに関してのご意見・ご要望

本レポートは独自に作成しており、網羅性や正確性を完全に担保するものではありません。
ご意見やご要望等がございましたら、info@dnus.jpにご連絡をお願いします。

DOC株式会社について

【会社名】
DOC株式会社 / DOC Inc.
https://www.doc-inc.com/

【サービス内容】
外国人採用支援の総合ポータルサイトdnus(ディヌス)
https://dnus.jp
外国人支援企業の営業・マーケティング・ブランディングサービスdnus(ディヌス)
https://dnus.jp/company_lps

投稿日:

「バイオ肥料の世界市場予測:形態別(液体、担体ベース)、施用方法別(土壌処理、種子処理)、作物種類別、種類別(窒素固定、リン酸塩可溶化・動員、カリ可溶化・動員)、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年8月12日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「バイオ肥料の世界市場予測:形態別(液体、担体ベース)、施用方法別(土壌処理、種子処理)、作物種類別、種類別(窒素固定、リン酸塩可溶化・動員、カリ可溶化・動員)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「バイオ肥料の世界市場予測:形態別(液体、担体ベース)、施用方法別(土壌処理、種子処理)、作物種類別、種類別(窒素固定、リン酸塩可溶化・動員、カリ可溶化・動員)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年8月12日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。バイオ肥料の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:バイオ肥料の世界市場予測:形態別(液体、担体ベース)、施用方法別(土壌処理、種子処理)、作物種類別、種類別(窒素固定、リン酸塩可溶化・動員、カリ可溶化・動員)、地域別
・英語タイトル:Biofertilizers Market by Form (Liquid, Carrier-Based), Mode of Application (Soil Treatment, Seed Treatment), Crop Type, Type (Nitrogen-Fixing, Phosphate Solubilizing & Mobilizing, Potash Solubilizing & Mobilizing), Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:AGI 2569
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年9月10日
・ページ数:158
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:農林水産

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社はバイオ肥料の世界市場が2020年23億ドルから2025年39億ドルまで、年平均11.6%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、バイオ肥料の世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、プレミアムインサイト、市場概要、種類別(窒素固定バイオ肥料、リン酸塩の可溶化・流動化バイオ肥料、カリウムの可溶化・流動化バイオ肥料、その他)分析、形状別(液体バイオ肥料、キャリアベースバイオ肥料)分析、適用モード別(土壌処理、種子処理、その他)分析、穀物種類別(マクロインジケーター、シリアル・穀物、油糧種・パルプ、果物・野菜、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要、隣接市場などを含めており、ご提供いたします。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・バイオ肥料の世界市場規模:種類別(窒素固定バイオ肥料、リン酸塩の可溶化・流動化バイオ肥料、カリウムの可溶化・流動化バイオ肥料、その他)
・バイオ肥料の世界市場規模:形状別(液体バイオ肥料、キャリアベースバイオ肥料)
・バイオ肥料の世界市場規模:適用モード別(土壌処理、種子処理、その他)
・バイオ肥料の世界市場規模:穀物種類別(マクロインジケーター、シリアル・穀物、油糧種・パルプ、果物・野菜、その他)
・バイオ肥料の世界市場規模:地域別
・競争状況
・企業概要
・隣接市場
...

※「バイオ肥料の世界市場予測:形態別(液体、担体ベース)、施用方法別(土壌処理、種子処理)、作物種類別、種類別(窒素固定、リン酸塩可溶化・動員、カリ可溶化・動員)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Biofertilizers-Market-Form-Liquid-CarrierBased-AGI-2569

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220441&id=bodyimage1

投稿日:

人工トランス脂肪市場ーフォーム別(固形および半固形);アプリケーション別(化粧品、食品加工など)およびエンドユーザー別(産業、ケータリング、家庭用)-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「人工トランス脂肪市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年8月 12日に発刊しました。これは、2020~2028年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

人工トランス脂肪は、水素化と呼ばれる化学プロセスの副産物であり、植物油を固形分に変えて保存期間を改善するために使用されます。この化学プロセスは、脂肪の飽和度を変化させ、液体油を固体または半固体の形態に変換します。人工トランス脂肪は比較的安価で、食品に望ましい味を与え、食品を保存し、腐敗しにくくします。それらは、主要な成分として、市販の揚げ物や焼いた食品のほとんど、および化粧品に含まれています。特定の包装食品中の人工トランス脂肪の量または割合は、栄養成分パネルを読むことで決定できます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220535&id=bodyimage1

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
● 人工トランス脂肪市場は、2020年から2028年の予測期間中に大幅なCAGRを記録すると予想されます。

● 人工トランス脂肪市場は、フォーム別(固形および半固形);アプリケーション別(化粧品、食品加工など)およびエンドユーザー別(産業、ケータリング、家庭用)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

● 人工トランス脂肪市場における業界のリーダーはAAK AB、Symrise AG、Res Pharma SRL、Hallstar、Evonik Industries、Cargill, Incorporated、The Nisshin Oillio Group, Ltd.などです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。

● 人工トランス脂肪市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。
人工トランス脂肪市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
● レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。
急成長する化粧品業界が市場の成長を後押し
化粧品やパーソナルケア製品の必須成分としての人工トランス脂肪の要件により、人工トランス脂肪の需要が大幅に増加しています。さらに、安定した性質と液体を濃くする能力により、ボディケア、スキンケア、マッサージオイルなどの製品で一般的に使用されています。化粧品ヨーロッパ、パーソナルケア協会によると、ヨーロッパの化粧品市場は、2018年の小売販売価格で786億ユーロと評価されました。また、ヨーロッパには少なくとも77の科学革新施設があり、化粧品やパーソナルケアに関する研究を行っています。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2649

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/


調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/artificial-trans-fat-market/2649

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

軍用無人水上機(USV)市場ータイプ別、システム別(推進、通信、ペイロード、シャーシ、材料、コンポーネント、ソフトウェア)、アプリケーション別(防衛、商業)-グローバルな需要分析と機会見通し2028年

Research Nester Private Limitedは、軍用無人水上機(USV)市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年8月 12日 に発刊しました。これは、軍用無人水上機(USV)市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

無人水上機(USV)は、水面上または水面下で人間のインターフェースや絡み合いなしに遠隔操作されるデバイスです。USVは、いくつかの最終用途アプリケーションに高度に採用されています。これらのビークルは、気象船やその他の調査船よりも、柔軟性と機能が強化され、低コストであるため、海洋学においてより価値があることが知られています。これらの主な任務には、知性、監視、偵察(ISR)、地雷対策(MCM)などの非致命的な割り当てが含まれます。小型USVやグライダーなどの小型車両は、調査やISRミッションなどの単一タイプのミッションに適しています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220537&id=bodyimage1

レポートは、タイプ別(遠隔操作水上機と自律水上車)、システム別(推進、通信、ペイロード、シャーシ、材料、コンポーネント、およびソフトウェア)およびアプリケーション別(防衛および商業)によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。軍事用無人水上機市場は、(2020年から2028年)の予測期間に大幅なCAGRを記録すると予想されます。

軍事部門における能力の増強
多くの国は、軍事力の強化と、地域の発見と現代の戦争のために、高度で信頼できる無人水上機へのアップグレードに取り組んでいます。軍事装備への国家政府の支出の増加と軍の高度装備の必要性は、今後数年間で世界の軍事無人水上機市場の成長を牽引すると予想されます。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

[軍用無人水上機(USV)市場における業界のリーダー]
軍用無人水上機(USV)市場における業界のリーダーはLiquid Robotics、L3 ASV、Teledyne Technologies Inc.、Textron Systems Corporation、Atlas Elektronik、ECA Group、Searobotics Corporation、Elbit Systems Ltd.、Rafael Advanced Defense Systems、5G International Inc.などです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域で分割されています。
軍用無人水上機(USV)市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2650

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/military-unmanned-surface-vehicle-usv-market/2650

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

遠隔医療市場ー[2021-2028年の予測期間中に17.06%のCAGR]展開別、コンポーネント別、配信モード別、アプリケーション別、エンドユーザー別-業界の需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「遠隔医療市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年8月 12日 に発刊しました。このレポートは、2021-2028年の予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/global-telehealth-market/2487



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220534&id=bodyimage1

遠隔医療は、電子情報通信技術を通じて健康関連のサービスと情報の配信に結び付けられているサービスです。これにより、患者は医療サービスにリモートでアクセスできます。遠隔医療は、テレビ会議、ワイヤレス通信、およびリモートモニタリングを通じて、患者を医療サービスに接続します。COVID-19の現在の状況は、在宅医療サービスが遠隔医療サービスのモードを通じて増加しているため、遠隔医療市場に大きな影響を与えています。情報は電気通信を介して渡されます。患者が臨床医から治療にアクセスでき、医師に近づくことなく、病院に出かけることなくアドバイスを受けることができます。この状況は、遠隔医療市場のプレーヤーに計り知れない機会を与えます。

遠隔医療市場は、コンポーネント別(サービス、ハードウェア、およびソフトウェア)、アプリケーション別(テレラジオロジー、テレコンサルテーション、テレICU、テレストローク、テレ精神医学、テレ皮膚科)、エンドユーザー別(病院および診療所、診断センター、在宅医療、およびその他)、地域別などによって分割されています。ハードウェアやソフトウェアと比較して遠隔医療サービスが一般的に使用されているため、サービスのセグメントは市場でトップのシェアを保持すると予測されています。サービスセグメントは2028年末までに85,427.78百万米ドルの最大の市場価値を保持すると予想されていますレポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

遠隔医療市場はに2021-2028年の予測期間中に17.06%のCAGRを登録すると予測されます。

遠隔医療市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカに地域によって分割されます。
遠隔医療市場は地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の遠隔医療市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます遠隔医療市場における業界のリーダーは Teladoc Health, Aerotel Medical Systems, AMD Global Telemedicine, InTouch Technologies Inc., Vidyo, Siemens Healthineers AG, Medtronic, Resideo Technologies, Inc., Cerner Corporation, Philips Healthcare , Aerotel Medical Systemsなどです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2487

**** Research Nester Private Limited会社概要*****
https://www.researchnester.com/

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「帯電防止オーバーオールの世界市場 2020年:スプリットタイプ、シャムタイプ」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年8月12日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「帯電防止オーバーオールの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年8月12日に開始いたしました。帯電防止オーバーオールの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:帯電防止オーバーオールの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Anti-static Overalls Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年7月21日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、帯電防止オーバーオールの世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。帯電防止オーバーオールの種類別市場規模(スプリットタイプ、シャムタイプ)、用途別市場規模(石油産業、化学産業、製薬産業、食品産業、電子産業、その他)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、メーカー別販売量と市場シェア、販売チャネルなどの情報を掲載しています。
・市場概要
・メーカー情報(販売量、市場シェア、製品概要、SWOT分析):Honeywell、Avon Rubber、Dräger、3M、Delta Plus、DuPont、C&G Safety、Kimberly-Clark、Ansell、COFRA、Lakeland Industries、Lindström
・地域別グローバル市場分析 2015年-2020年
・帯電防止オーバーオールの北米市場(アメリカ、カナダ、メキシコ)
・帯電防止オーバーオールのヨーロッパ市場(ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア)
・帯電防止オーバーオールのアジア市場(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・帯電防止オーバーオールの南米市場(ブラジル、アルゼンチン)
・帯電防止オーバーオールの中東・アフリカ市場(サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ)
・種類別分析:スプリットタイプ、シャムタイプ
・用途別分析:石油産業、化学産業、製薬産業、食品産業、電子産業、その他
・地域別市場規模予測 2021年-2025年
・販売チャネル、流通業者、代理店
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/D0804-00694-Global-Antistatic-Overalls-Market-2020/
■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220443&id=bodyimage1

投稿日:

航空機ブレーキ市場ーブレーキの種類保別、コンポーネントタイプ別、フィットタイプ別(ラインフィットとレトロフィット)、エンドユーザー別(商用、軍用、一般航空)-グローバルな需要分析と機会見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「航空機ブレーキ市場:世界的な需要の分析及び機会展望2020-2028年」2020年8月 12日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

航空機のブレーキは、滑走路の着陸ロール中に航空機を減速させるために一般的に使用されます。これは、離陸、着陸、地上走行などの地上操作中に航空機の安全性と方向制御を確保するために不可欠なコンポーネントです。商用および防衛航空機の増加する艦隊サイズは、航空機ブレーキ市場の成長を支える主要な推進力です。国際民間航空機関によると、2018年には世界中の航空会社が年間約43億人の乗客を運び、8.3兆の旅客キロ(RPK)がありました。航空機業界は、世界中の乗客の移動の増加に伴い、航空機の数が大幅に増加しています。これは市場を後押ししており、予測期間中の航空機ブレーキ市場の発展をサポートすると予想されます。https://www.researchnester.com/sample-request-2654

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220533&id=bodyimage1

航空機ブレーキ市場は2020-2028年の予測期間中に世界中で大幅なCAGRを登録することが予測されます。
航空機ブレーキ市場は、ブレーキの種類保別(電気ブレーキ、カーボンブレーキ、スチールブレーキ)、コンポーネントタイプ別(ホイール、ブレーキ、ブレーキシステム);フィットタイプ別(ラインフィットとレトロフィット)およびエンドユーザー別(商用、軍用、一般航空)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

航空機ブレーキ市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によってに分割されています。

航空機ブレーキ市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「航空機ブレーキ市場」というタイトルのレポートは、航空機ブレーキ市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

航空機ブレーキ市場における業界のリーダー
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のへの投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。航空機ブレーキ市場における業界のリーダーはHoneywell International Inc.、UTC Aerospace Systems、Crane Aerospace & Electronics、AAR Corp.、Bauer, Inc.、Hong Kong Aircraft Engineering Company、Meggitt Aircraft Braking Systems Corporation、Grove Aircraft Landing Gear Systems Inc.、Beringer Aero、Parker Hannifin Corporationなどです。
Research Nester Private Limited会社概要

https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/aircraft-brake-market/2654

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

光暗号化市場ー暗号化レイヤー別、データレート別、エンドユーザー別(BFSI、ヘルスケア、データセンター、エネルギー、通信、ITおよびその他)-グローバルな需要分析および機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「光暗号化市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年8月 12日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは, 2020-2028年の予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。光暗号化市場は、2020-2028年の予測期間中に大幅なCAGRを記録すると予想されます。

レポートの主なハイライト
● 市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
● レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
● 統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
● レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220531&id=bodyimage1

レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。光暗号化市場における業界のリーダーはADVA Optical Networking、Infinera Corporation、Huawei Technologies Co., Ltd.、Microsemi、Cisco、Arista Networks, Inc.、Acacia Communications, Inc.、Ciena Corporation、Nokia、ECI Telecomなどです。https://www.researchnester.com/sample-request-2643


ICT(情報通信技術)産業は、世界的な経済成長の主要な貢献者の一つです。ICTセクターの成長は、主に AI(人工知能)、IOT(モノのインターネット)、5Gなどの技術の進歩と、世界中のインターネットアクセシビリティの終わりのない成長に牽引されています。これにより、インターネットに接続されたデバイスの数がさらに増加し、光暗号化市場の主要なプレーヤーの間で新しいビジネスチャンスが継続的に生み出しています。Internet World Statsによって提供された統計によると、2019年半ばには、世界中に約4,536,248,808人のインターネットユーザーがいたと推定されています。さらに、ICT産業による投資は、先進国、発展途上国、新興国の経済成長の強化に貢献しました。国連貿易開発会議(UNCTAD)が提供する統計によると、コンピューター、周辺機器、通信、電子機器などのICT製品の全世界のその他のIT製品の輸出(%)は、2011年の10.62%から2017年には11.51%に成長しました。2017年には約51.7%の最高の記録は香港で記録され、、フィリピン、シンガポール、マレーシアによって牽引されました。これらは、光暗号化市場の成長に貢献する重要な要因のです。

市場セグメンテーション
光暗号化市場は、暗号化レイヤー別(OTN /レイヤー1、MACsec /レイヤー2およびIPsec /レイヤー3)、データレート別(<10G、10G-40G、40G-100Gおよび> 100G)およびエンドユーザー別(BFSI、ヘルスケア、データセンター、エネルギー、通信、ITおよびその他)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

光暗号化市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/optical-encryption-market/2643

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「燃料添加剤の世界市場予測:種類別(デポジットコントロール、セタン価向上剤、潤滑性向上剤、コールドフロー向上剤、安定性向上剤、オクタン価向上剤、腐食防止剤)、用途別」市場調査レポートを取扱開始

2020年8月12日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「燃料添加剤の世界市場予測:種類別(デポジットコントロール、セタン価向上剤、潤滑性向上剤、コールドフロー向上剤、安定性向上剤、オクタン価向上剤、腐食防止剤)、用途別(ディーゼル、ガソリン、航空燃料)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「燃料添加剤の世界市場予測:種類別(デポジットコントロール、セタン価向上剤、潤滑性向上剤、コールドフロー向上剤、安定性向上剤、オクタン価向上剤、腐食防止剤)、用途別(ディーゼル、ガソリン、航空燃料)」市場調査レポートの販売を2020年8月12日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。燃料添加剤の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:燃料添加剤の世界市場予測:種類別(デポジットコントロール、セタン価向上剤、潤滑性向上剤、コールドフロー向上剤、安定性向上剤、オクタン価向上剤、腐食防止剤)、用途別(ディーゼル、ガソリン、航空燃料)
・英語タイトル:Fuel Additives Market by Type (Deposit Control, Cetane Improvers, Lubricity Improvers, Cold Flow Improvers, Stability Improvers, Octane Improvers, Corrosion Inhibitors), Application (Diesel, Gasoline, Aviation Fuel) Global Forecast to 2023
・商品コード:CH 2536
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年5月7日
・ページ数:162
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学品

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は燃料添加剤の世界市場が2020年から2025年68億ドルまで、年平均3.2%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、燃料添加剤の世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、プレミアムインサイト、市場概要、種類別(デポジットコントロール、セタン価向上剤、潤滑性向上剤、コールドフロー向上剤、安定性向上剤)分析、用途別(ディーゼル、ガソリン、航空燃料、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要、隣接市場などを含めており、ご提供いたします。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・燃料添加剤の世界市場規模:種類別(デポジットコントロール、セタン価向上剤、潤滑性向上剤、コールドフロー向上剤、安定性向上剤)
・燃料添加剤の世界市場規模:用途別(ディーゼル、ガソリン、航空燃料、その他)
・燃料添加剤の世界市場規模:地域別
・競争状況
・企業概要
・隣接市場
...

※「燃料添加剤の世界市場予測:種類別(デポジットコントロール、セタン価向上剤、潤滑性向上剤、コールドフロー向上剤、安定性向上剤、オクタン価向上剤、腐食防止剤)、用途別(ディーゼル、ガソリン、航空燃料)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Fuel-Additives-Market-Type-Deposit-CH-2536

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220439&id=bodyimage1

投稿日:

「航空宇宙用ハードウェアインザループの世界市場 2020年:クローズドループHIL、オープンループHIL」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年8月12日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「航空宇宙用ハードウェアインザループの世界市場 2020年:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年8月12日に開始いたしました。航空宇宙用ハードウェアインザループの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:航空宇宙用ハードウェアインザループの世界市場 2020年:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Aerospace Hardware-in-the-Loop Market 2020 by Company, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年7月21日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、航空宇宙用ハードウェアインザループの世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。航空宇宙用ハードウェアインザループの種類別市場規模(クローズドループHIL、オープンループHIL)、用途別市場規模(航空機、航空宇宙、衛星、軍用車両、その他)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、企業別販売量と市場シェアなどの情報を掲載しています。
・市場概要
・企業情報(販売量、市場シェア、製品概要、SWOT分析):DSpace GmbH、Speedgoat GmbH、National Instruments、Opal-RT Technologies、Aegis Technologies、Wineman Technology
・地域別グローバル市場分析 2015年-2020年
・航空宇宙用ハードウェアインザループの北米市場(アメリカ、カナダ、メキシコ)
・航空宇宙用ハードウェアインザループのヨーロッパ市場(ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア)
・航空宇宙用ハードウェアインザループのアジア市場(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・航空宇宙用ハードウェアインザループの南米市場(ブラジル、アルゼンチン)
・航空宇宙用ハードウェアインザループの中東・アフリカ市場(サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ)
・種類別分析:クローズドループHIL、オープンループHIL
・用途別分析:航空機、航空宇宙、衛星、軍用車両、その他
・地域別市場規模予測 2021年-2025年
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/D0804-14658-Global-Aerospace-HardwareintheLoop-Market-2020/
■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220442&id=bodyimage1

投稿日:

「細胞増殖の世界市場予測:製品別(試薬、メディア、フローサイトメーター、遠心分離機、バイオリアクター)、細胞種類別(人間)、用途別(再生医療・幹細胞研究)、エンドユーザー別」市場調査レポートを取扱開始

2020年8月12日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「細胞増殖の世界市場予測:製品別(試薬、メディア、フローサイトメーター、遠心分離機、バイオリアクター)、細胞種類別(人間、動物)、用途別(再生医療・幹細胞研究、癌・細胞ベース研究)、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「細胞増殖の世界市場予測:製品別(試薬、メディア、フローサイトメーター、遠心分離機、バイオリアクター)、細胞種類別(人間、動物)、用途別(再生医療・幹細胞研究、癌・細胞ベース研究)、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年8月12日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。細胞増殖の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:細胞増殖の世界市場予測:製品別(試薬、メディア、フローサイトメーター、遠心分離機、バイオリアクター)、細胞種類別(人間、動物)、用途別(再生医療・幹細胞研究、癌・細胞ベース研究)、エンドユーザー別、地域別
・英語タイトル:Cell Expansion Market by Product (Reagent, Media, Flow Cytometer, Centrifuge, Bioreactor), Cell Type (Human, Animal), Application (Regenerative Medicine & Stem Cell Research, Cancer & Cell-based Research), End User, and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:BT-2850
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年4月1日
・ページ数:172
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:ヘルスケア

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は細胞増殖の世界市場が2020年149億ドルから2025年301億ドルまで、年平均15.1%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、細胞増殖の世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、プレミアムインサイト、市場概要、製品別(消耗品、器具)分析、細胞種類別(ヒト細胞、動物細胞)分析、用途別(再生医療・幹細胞研究、癌・細胞ベース研究、その他)分析、エンドユーザー別(バイオテクノロジー&バイオ医薬品企業、研究機関、細胞銀行、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含めており、ご提供いたします。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・細胞増殖の世界市場規模:製品別(消耗品、器具)
・細胞増殖の世界市場規模:細胞種類別(ヒト細胞、動物細胞)
・細胞増殖の世界市場規模:用途別(再生医療・幹細胞研究、癌・細胞ベース研究、その他)
・細胞増殖の世界市場規模:エンドユーザー別(バイオテクノロジー&バイオ医薬品企業、研究機関、細胞銀行、その他)
・細胞増殖の世界市場規模:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「細胞増殖の世界市場予測:製品別(試薬、メディア、フローサイトメーター、遠心分離機、バイオリアクター)、細胞種類別(人間、動物)、用途別(再生医療・幹細胞研究、癌・細胞ベース研究)、エンドユーザー別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Cell-Expansion-Market-Product-Reagent-BT-2850

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220438&id=bodyimage1

投稿日:

「自動凝固分析装置の世界市場 2020年:全自動凝固計アナライザー、半自動凝固計アナライザー」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年8月12日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「自動凝固分析装置の世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年8月12日に開始いたしました。自動凝固分析装置の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:自動凝固分析装置の世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Automatic Coagulation Analyzers Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年7月21日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、自動凝固分析装置の世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。自動凝固分析装置の種類別市場規模(全自動凝固計アナライザー、半自動凝固計アナライザー)、用途別市場規模(クリニック、病院、研究所、その他)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、メーカー別販売量と市場シェア、販売チャネルなどの情報を掲載しています。
・市場概要
・メーカー情報(販売量、市場シェア、製品概要、SWOT分析):Siemens Healthcare、A&T Corporation、HORIBA、Medtronic、Erba Group、Roche Diagnostics、SYCOmed e.K.、Perlong Medical、Tridema Engineering S.r.L.、Maccura Biotechnology、Wuhan King Diagnostic Technology、Fisher Scientific、Rayto Life and Analytical Sciences Co., Ltd、Hycel Medical、Cormay Group
・地域別グローバル市場分析 2015年-2020年
・自動凝固分析装置の北米市場(アメリカ、カナダ、メキシコ)
・自動凝固分析装置のヨーロッパ市場(ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア)
・自動凝固分析装置のアジア市場(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・自動凝固分析装置の南米市場(ブラジル、アルゼンチン)
・自動凝固分析装置の中東・アフリカ市場(サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ)
・種類別分析:全自動凝固計アナライザー、半自動凝固計アナライザー
・用途別分析:クリニック、病院、研究所、その他
・地域別市場規模予測 2021年-2025年
・販売チャネル、流通業者、代理店
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/D0804-00960-Global-Automatic-Coagulation-Analyzers-Market/
■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220440&id=bodyimage1

投稿日:

【2020年最新版】ミスマッチを防ぐ「外国人採用の面接シート」を公開!外国人採用がはじめての面接官必見のマニュアル|面接時の心得・タブーからすぐに使える質問テンプレート付き

外国人採用支援の総合ポータルサイトdnus(ディヌス)を提供するDOC株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:廣瀬義憲)は【2020年最新版】ミスマッチを防ぐ「外国人採用面接シート」( https://bit.ly/3iz2Zwd )を令和2年8月12日に公開いたしました。
※取材をご希望の場合は、【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】までご連絡ください。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220498&id=bodyimage1

この度は、外国人採用をこれから始める事業者様向けに【2020年最新版】ミスマッチを防ぐ「外国人採用面接シート」を無料公開しました。

本レポートでは、はじめての外国人採用面談時に使えるノウハウを3つに凝縮して確認できます。
また、すぐに使える具体的な質問集もご利用いただけます。

▼こちらからダウンロードができます。
https://bit.ly/3iz2Zwd

レポートの内容

外国人面談のポイントを3つにまとめて要点を解説。
短時間で全体の概要を把握したい方にオススメです。

▼こちらからダウンロードができます。
https://bit.ly/3iz2Zwd

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220498&id=bodyimage2

このような課題をお持ちの経営者・人事様にオススメです。

・人材不足で困っている
・外国籍採用に関心がある
・海外の現地採用をしていきたい
・特定技能や技能実習生の受入れを行っている
・地元から都会への人材流出により困っている
・グローバル人材を採用してもいいと思っている

オススメの事業者様

・外国人支援の企業様
・外資系・インバウンド系の企業様
・留学生・外国籍の受入れが可能な企業様
・送り出し機関・登録支援機関・技能実習生の監理団体(管理団体)様

*特定技能全14業種「介護業/ビルクリーニング業/素形材産業/産業機械製造業/電気・電子情報関連産業/建設業/造船・舶用業/自動車整備業/航空業/宿泊業/農業/漁業/飲食料品製造業/外食業」

資料のダウンロード

下記URLから無料で【2020年最新版】ミスマッチを防ぐ「外国人採用面接シート」をダウンロードできます。
https://bit.ly/3iz2Zwd

外国籍向けにサービスを運営している企業様

当社が運営する「外国人採用支援の総合ポータルサイトdnus(ディヌス)」へのご掲載に関しては、下記URLより情報の登録・資料の掲載をお願いします。
https://dnus.jp/company_lps

本レポートに関してのご意見・ご要望

ご意見やご要望等がございましたら、info@dnus.jpにご連絡をお願いします。

DOC株式会社について

【会社名】
DOC株式会社 / DOC Inc.
https://www.doc-inc.com/

【サービス内容】
外国人採用支援の総合ポータルサイトdnus(ディヌス)
https://dnus.jp
外国人支援企業の営業・マーケティング・ブランディングサービスdnus(ディヌス)
https://dnus.jp/company_lps

投稿日:

「自動車車軸&プロペラシャフトの世界市場予測:車軸種類別(ライブ、デッド)、車軸位置別(フロント)、プロペラシャフト種類別(シングル)、プロペラシャフト材質別(合金)」市場調査レポートを取扱開始

2020年8月11日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「自動車車軸&プロペラシャフトの世界市場予測:車軸種類別(ライブ、デッド、タンデム)、車軸位置別(フロント、リア)、プロペラシャフト種類別(シングル、マルチピース)、プロペラシャフト材質別(合金、カーボンファイバー)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「自動車車軸&プロペラシャフトの世界市場予測:車軸種類別(ライブ、デッド、タンデム)、車軸位置別(フロント、リア)、プロペラシャフト種類別(シングル、マルチピース)、プロペラシャフト材質別(合金、カーボンファイバー)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年8月11日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。自動車車軸&プロペラシャフトの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:自動車車軸&プロペラシャフトの世界市場予測:車軸種類別(ライブ、デッド、タンデム)、車軸位置別(フロント、リア)、プロペラシャフト種類別(シングル、マルチピース)、プロペラシャフト材質別(合金、カーボンファイバー)、地域別
・英語タイトル:Automotive Axle & Propeller Shaft Market by Axle Type (Live, Dead & Tandem), Axle Position (Front & Rear), Propeller Shaft Type (Single & Multi Piece), Passenger Car Propeller Shaft Material (Alloy & Carbon Fiber) and Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:AT 3160
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年6月19日
・ページ数:137
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:自動車・運送

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は自動車車軸&プロペラシャフトの世界市場が2020年217億ドルから2025年254億ドルまで、年平均3.2%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、自動車車軸&プロペラシャフトの世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、プレミアムインサイト、市場概要、自動車車軸・プロペラシャフト市場における革新、新型コロナウイルス感染症の影響による自動車車軸・プロペラシャフト市場、車軸種類別(前方、後方)分析、位置別(冷間成形、熱間成形、温間成形)分析、シャフト種類別(シングルピース、マルチピース)分析、材料別(合金、カーボンファイバー)分析、地域別分析、隣接市場、競争状況などを含めており、ご提供いたします。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・自動車車軸・プロペラシャフト市場における革新
・新型コロナウイルス感染症の影響による自動車車軸・プロペラシャフト市場
・自動車車軸&プロペラシャフトの世界市場規模:車軸種類別(前方、後方)
・自動車車軸&プロペラシャフトの世界市場規模:位置別(冷間成形、熱間成形、温間成形)
・自動車車軸&プロペラシャフトの世界市場規模:シャフト種類別(シングルピース、マルチピース)
・自動車車軸&プロペラシャフトの世界市場規模:材料別(合金、カーボンファイバー)
・自動車車軸&プロペラシャフトの世界市場規模:地域別
・隣接市場
・競争状況
...

※「自動車車軸&プロペラシャフトの世界市場予測:車軸種類別(ライブ、デッド、タンデム)、車軸位置別(フロント、リア)、プロペラシャフト種類別(シングル、マルチピース)、プロペラシャフト材質別(合金、カーボンファイバー)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/automotive-axle-propeller-shaft-market-at-3160

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220419&id=bodyimage1

投稿日:

固結防止剤市場ータイプ別(ベントナイト、ケイ酸カルシウム、ナトリウム化合物、二酸化ケイ素、微結晶セルロース);ソース別(天然、合成)、アプリケーション別-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは、固結防止剤市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年8月 10日 に発刊しました。これは、固結防止剤市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

固結防止剤は、粒子が一緒に固まるのを防ぐために乾燥食品に少量添加される乾燥化合物です。それらは、細かく粉末化された製品での塊の形成を防ぎ、製品が乾いたままでさらさらしたままであることを保証するために使用されます。固結防止剤は、過剰な水分被覆粉末粒子を吸収して、撥水性を高めます。アルコール、水、その他の有機溶剤に溶けます。固結防止剤市場は、2020年から2028年年の予測期間中大幅なCAGRを記録すると予想されます。
[調査レポートの詳細内容について]
https://www.researchnester.com/reports/anti-caking-agent-market/2646

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220479&id=bodyimage1

市場の成長を後押しするより良い品質の食品に対する需要の高まり
食品の品質の向上への消費者の傾向の高まりにより、吸湿剤などの革新的で高度な食品コーティング成分が必要になっています。欧州食品安全機関(EFSA)によれば、塩に固結防止剤を添加することは、流動特性を改善し、固まった凝集物の形成を回避するために必要であると考えられています。さらに、固結防止剤は、塊を防止する能力があるため、包装、輸送、保管、および消費に役立ちます。この要因により、固結防止剤市場が大幅に拡大すると予想されます。

レポートは、タイプ別(ベントナイト、ケイ酸カルシウム、ナトリウム化合物、二酸化ケイ素、微結晶セルロース);ソース別(天然および合成)およびアプリケーション別(食品、飼料、農業用肥料、工業用化学薬品、触媒など)によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。固結防止剤市場は2020-2028年の予測期間中に世界中で大幅なCAGRを登録することが予測されます。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

固結防止剤市場における業界のリーダー
固結防止剤市場における業界のリーダーはPPG Industries, Inc.、Evonik Industries AG、PQ Corporation、Solvay、Agropur US、Kao Corporation、BASF SE、Brenntag AG、Univar Solutions Inc.、Sweetener Supply Corporationなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域で分割されています。
固結防止剤市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2646

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/


[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「AV over IPスイッチの世界市場 2020年:10G、25G、50G、100G、その他」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年8月11日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「AV over IPスイッチの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年8月11日に開始いたしました。AV over IPスイッチの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:AV over IPスイッチの世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global AV over IP Switches Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年7月21日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、AV over IPスイッチの世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。AV over IPスイッチの種類別市場規模(10G、25G、50G、100G、その他)、用途別市場規模(企業、行政、学校、その他)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、メーカー別販売量と市場シェア、販売チャネルなどの情報を掲載しています。
・市場概要
・メーカー情報(販売量、市場シェア、製品概要、SWOT分析):Netgear、Sony、Crestron、Aten、AV Proedge、Extron
・地域別グローバル市場分析 2015年-2020年
・AV over IPスイッチの北米市場(アメリカ、カナダ、メキシコ)
・AV over IPスイッチのヨーロッパ市場(ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア)
・AV over IPスイッチのアジア市場(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・AV over IPスイッチの南米市場(ブラジル、アルゼンチン)
・AV over IPスイッチの中東・アフリカ市場(サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ)
・種類別分析:10G、25G、50G、100G、その他
・用途別分析:企業、行政、学校、その他
・地域別市場規模予測 2021年-2025年
・販売チャネル、流通業者、代理店
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/D0804-01295-Global-AV-over-IP-Switches/
■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220422&id=bodyimage1

投稿日:

加水分解タンパク質市場ー製品別(牛乳、肉、酵母、野菜、卵、植物)、フォーム別(粉末、液体)、プロセス別(酵素・酸およびアルカリ)、アプリケーション別-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「加水分解タンパク質市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年8月 10日に発刊しました。これは、2020~2028年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

加水分解タンパク質は、すでにジペプチドとトリペプチドに分解されており、あらかじめ消化されているため、体内で簡単に吸収できます。それは基本的に、タンパク質をその成分アミノ酸とペプチドに加水分解して得られる溶液です。単一のタンパク質分子は、200以上の単一アミノ酸の配列を様々な組み合わせで含むことができます。栄養製品への消費者の嗜好の増加とスポーツセクターでの幅広い用途、および加水分解タンパク質製品の知覚される健康上の利点の存在は、市場の成長を後押しする重要な要因です。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.researchnester.com/reports/hydrolyzed-protein-market/2642

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220478&id=bodyimage1

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
● 加水分解されたタンパク質市場は、2020年から2028年予測期間中に大幅ななCAGRを記録すると予想されます。

● 加水分解タンパク質市場は、製品別(牛乳、肉、酵母、野菜、卵、植物)、フォーム別(粉末および液体)、プロセス別(酵素および酸およびアルカリ)およびアプリケーション別(スポーツ栄養、栄養補助食品、乳児栄養、栄養および動物飼料)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

● 加水分解タンパク質市場における業界のリーダーはArla Foods Ingredients Group P/S 、ADM、Kerry Inc.、Tate & Lyle 、Abbott、Nutricia、Nestlé Health Science、Glanbia PLC 、Frieslandcampina、Agrilifeなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。

● 加水分解タンパク質市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。
加水分解タンパク質市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

● レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

健康的なライフスタイルを実践する消費者の意識の向上は、市場の成長を促進すると推定
また、消化が容易で、通常のタンパク質製品と比較して脂肪や炭水化物のレベルが非常に低くなっています。また、消化が容易で、通常のタンパク質製品と比較して脂肪や炭水化物のレベルが非常に低くなっています。アミノ酸の高い吸収と栄養成分の存在のために、消費者はライフスタイルを改善するために便利でタンパク質が豊富な食品と飲料を好みます。この要因は、加水分解タンパク質市場の成長を加速しています。さらに、人々の健康への意識が高まっているため、加水分解タンパク質の市場は、革新的な製品オプションの配列により急速に拡大しています。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2642

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

夏休みの予算は「1万円未満」が第1位!2020年の夏休みに関するアンケート調査

株式会社エールデザイン(所在地:東京都品川区)は、女性の“美”をテーマにビューティーに関する情報を集めた地域型美容情報ポータルサイト「東京ビューティー」にて、「2020年の夏休みに関するアンケート調査」を実施しました。
URL:https://tokyo-beauty.jp/lifestyle/summer2020/

【調査概要】
調査期間 :2020年7月1日~7月31日
調査方法 :インターネット調査
調査対象 :全国10~80代 男女
有効回答数:163名(女性144名、男性19名)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220463&id=bodyimage1

■今年の夏休みは何連休ですか?
今年は全体的に短めの方が多く、「夏休みなし」や「1日」の割合がかなり高くなりました。

■今年の夏休みの予定は?
「自宅で過ごす」が最も多く、帰省や旅行をする方はかなり少ない結果に。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220463&id=bodyimage2

■オンライン帰省やオンラインお墓参りを利用する予定はありますか?
Zoomなどを使ったオンライン帰省や、お墓への合掌や献花を代行してもらうオンラインお墓参りが話題ですが、実際に利用する予定がある方は全体の約2割となりました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220463&id=bodyimage3

■今年の夏休みの予算は?
「1万円未満」が半数以上と、今年はかなり控えめな結果に。
旅行を自粛している方が多いことからか「20万円以上」と答えた方はいらっしゃいませんでした。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220463&id=bodyimage4

■今年の夏休みにしたいこと、行きたいところなどがあれば教えてください。
「あまり外に出かけることはできないので家でスキンケアやメイクの研究をしたい!高校生になったばかりなのでメイク道具を集めたりしたい!(10代女性)」
「少しでも子供や妻が気分転換できる様、近隣でも行った事がない公園や神社などに行ってみたいと思います。(30代男性)」
「海に行きたいのですが海水浴は遊泳禁止のため何処に行こうか悩み中(50代女性)」
おうち時間を工夫して楽しむ方、できる範囲でお出かけを楽しむ方のほか、本当は〇〇に行きたい、といった声もたくさんいただきました。

URL:https://tokyo-beauty.jp/lifestyle/summer2020/

■東京ビューティーについて
東京ビューティーは、女性の“美”をテーマにビューティーに関する情報を集めた、地域型美容情報ポータルサイトです。
20~30代の女性が関心の高い読み物を中心に、楽しいコンテンツを用意しています。女性向けのライフスタイル情報はもちろん、トレンド、グルメ、東京ガイド、コラムなど感度の高い情報を日々提供しています。
https://tokyo-beauty.jp

■株式会社エールデザインについて
様々な企業の魅力的な商品やサービスをインターネット販売サイトの構築から運営・受注・発送まで、ワンストップで請け負う、インターネット通販サイトの運営専門会社。
多様な商材を販売している実績と数多くのノウハウから、商品とお客様を効果的に結びつけるお手伝いをしております。
https://ailedesign.co.jp/

投稿日:

低電圧直流遮断器市場ータイプ別(モールドケース遮断器、ミニチュア遮断器、モーター保護遮断器);アプリケーション別、エンドユーザー別(産業、商業など)-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「低電圧直流遮断器市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年8月 10日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは2020~2028年の予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.researchnester.com/reports/low-voltage-dc-circuit-breaker-market/2644



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220475&id=bodyimage1

低電圧直流遮断器は、配電の重要なコンポーネントです。その機能は、異常な状態の配電システムの一部を隔離し、導通を遮断することにより、電気の流れを即座に停止することです。低電圧直流遮断器は、短絡、地絡、または過負荷故障による損傷や火災から電気設備を確実に保護します。これは、手動または自動でリセットして、通常の操作を再開できます。低電圧直流遮断器市場は、2020~2028年の予測期間中に重要なCAGRを記録すると予想されます。

レポートの主なハイライト
● 市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
● レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
● 統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
● レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

主要企業
レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。低電圧直流遮断器市場における業界のリーダーはSiemens、Schneider Electric、ABB、Fuji Electric FA Components & Systems Co., Ltd.、Eaton、Toshiba International Corporation、Mitsubishi Electric Corporation、Hitachi Industrial Equipment Systems Co., Ltd.、C&S Electric Ltd.、Larsen & Toubro Ltd.などです。

市場セグメンテーション
低電圧直流遮断器市場は、タイプ別(エア遮断器、モールドケース遮断器、ミニチュア遮断器、モーター保護遮断器);アプリケーション別(送信と配信、データセンター、輸送、再生可能エネルギーおよびバッテリーシステム)およびエンドユーザー別(産業、商業およびその他)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

低電圧直流遮断器市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

人口の増加と世界中での経済発展、および他のセクターの中でも特に住宅用および商業用のエネルギー需要の増加により、低電圧直流遮断器市場は今後数年間で顕著な成長が見られると予測されています。IEA(国際エネルギー機関)による分析によると、エネルギー需要は、2018年に世界で4%増加し、米国、中国、インドから発生した最高のエネルギー需要(約70%)がありました。さらに、世界中のさまざまな権威団体が、エネルギー生成からのCO2排出を抑制するために、環境にやさしいソリューションの採用に関する意識を高め、イニシアチブを提供しています。IEA(国際エネルギー機関)によると、エネルギー関連の炭素排出量は2010年の30 Gt(ギガトン)から2019年の33 Gtに増加しました。気候変動と環境悪化に関する意識の高まりにより、多くの製造業者が持続可能なエネルギー戦略を実施し、環境にやさしい発電技術に非常に投資するように促しています。これはさらに、世界中のさまざまな国の間で持続可能な開発を促進すると推定されます。これらは、エネルギーおよび電力セクターの成長を促進するいくつかの要因です。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2644

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



投稿日:

「金属成形の世界市場予測:技術別(ロール、ストレッチ、スタンピング、深絞り)、種類別(熱間、温間、冷間)、用途別(BIW、シャーシ、クロージャー)、材料別、車両別」市場調査レポートを取扱開始

2020年8月11日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「金属成形の世界市場予測:技術別(ロール、ストレッチ、スタンピング、深絞り、ハイドロフォーミング)、種類別(熱間、温間、冷間)、用途別(BIW、シャーシ、クロージャー)、材料別(鋼、アルミニウム、マグネシウム)、車両別(ICE、電気)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「金属成形の世界市場予測:技術別(ロール、ストレッチ、スタンピング、深絞り、ハイドロフォーミング)、種類別(熱間、温間、冷間)、用途別(BIW、シャーシ、クロージャー)、材料別(鋼、アルミニウム、マグネシウム)、車両別(ICE、電気)」市場調査レポートの販売を2020年8月11日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。金属成形の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:金属成形の世界市場予測:技術別(ロール、ストレッチ、スタンピング、深絞り、ハイドロフォーミング)、種類別(熱間、温間、冷間)、用途別(BIW、シャーシ、クロージャー)、材料別(鋼、アルミニウム、マグネシウム)、車両別(ICE、電気)
・英語タイトル:Metal Forming Market for Automotive by Technique (Roll, Stretch, Stamping, Deep Drawing, Hydroforming), Type (Hot, warm and Cold), Application (BIW, Chassis, Closure), Material (Steel, Aluminum, Magnesium), Vehicle (ICE & Electric) - Global Forecast to 2025
・商品コード:AT 6546
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年7月15日
・ページ数:208
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:自動車

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は金属成形の世界市場が2018年1725.6億ドルから2025年2022.3億ドルまで、年平均3.2%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、金属成形の世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、プレミアムインサイト、市場概要、技術概要、技術別(ロール成形、ストレッチ成形、ディープ成形、スタンピング、ハイド成形)分析、成形種類別(冷間成形、熱間成形、温間成形)分析、用途別(BIW、シャーシ、クロージャ、その他ー)分析、材料別(鋼、アルミニウム)分析、車両別(乗用車、軽商用車(LCV)、トラック、バス)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含めており、ご提供いたします。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・技術概要
・金属成形の世界市場規模:技術別(ロール成形、ストレッチ成形、ディープ成形、スタンピング、ハイド成形)
・金属成形の世界市場規模:成形種類別(冷間成形、熱間成形、温間成形)
・金属成形の世界市場規模:用途別(BIW、シャーシ、クロージャ、その他ー)
・金属成形の世界市場規模:材料別(鋼、アルミニウム)
・金属成形の世界市場規模:車両別(乗用車、軽商用車(LCV)、トラック、バス)
・金属成形の世界市場規模:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「金属成形の世界市場予測:技術別(ロール、ストレッチ、スタンピング、深絞り、ハイドロフォーミング)、種類別(熱間、温間、冷間)、用途別(BIW、シャーシ、クロージャー)、材料別(鋼、アルミニウム、マグネシウム)、車両別(ICE、電気)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Metal-Forming-Market-Automotive-Technique-AT-6546

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220418&id=bodyimage1

投稿日:

「調整可能減衰器の世界市場 2020年:手動調整式減衰器、電動調整式減衰器」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年8月11日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「調整可能減衰器の世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年8月11日に開始いたしました。調整可能減衰器の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:調整可能減衰器の世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Adjustable Attenuators Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年7月21日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、調整可能減衰器の世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。調整可能減衰器の種類別市場規模(手動調整式減衰器、電動調整式減衰器)、用途別市場規模(通信、半導体、その他)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、メーカー別販売量と市場シェア、販売チャネルなどの情報を掲載しています。
・市場概要
・メーカー情報(販売量、市場シェア、製品概要、SWOT分析):Analog Devices、Altechna、Triquint Semiconductor、Santec、Hittite Microwave、EKSMA Optics、Kingfisher International、JDSU、Metrolux Optische、EXFO、Ophir Optronics、Rohde Schwarz、Yokogawa
・地域別グローバル市場分析 2015年-2020年
・調整可能減衰器の北米市場(アメリカ、カナダ、メキシコ)
・調整可能減衰器のヨーロッパ市場(ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア)
・調整可能減衰器のアジア市場(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・調整可能減衰器の南米市場(ブラジル、アルゼンチン)
・調整可能減衰器の中東・アフリカ市場(サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ)
・種類別分析:手動調整式減衰器、電動調整式減衰器
・用途別分析:通信、半導体、その他
・地域別市場規模予測 2021年-2025年
・販売チャネル、流通業者、代理店
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/D0804-00136-Global-Adjustable-Attenuators-Market-2020/
■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220421&id=bodyimage1

投稿日:

「獣医リファレンスラボの世界市場予測:サービス種類別(臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断)、用途別(病理、細菌、ウイルス、寄生虫)、動物別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年8月11日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「獣医リファレンスラボの世界市場予測:サービス種類別(臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断)、用途別(病理、細菌、ウイルス、寄生虫)、動物別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「獣医リファレンスラボの世界市場予測:サービス種類別(臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断)、用途別(病理、細菌、ウイルス、寄生虫)、動物別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年8月11日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。獣医リファレンスラボの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:獣医リファレンスラボの世界市場予測:サービス種類別(臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断)、用途別(病理、細菌、ウイルス、寄生虫)、動物別、地域別
・英語タイトル:Veterinary Reference Laboratory Market by Service Type (Clinical Chemistry, Hematology, Immunodiagnostics, Molecular Diagnostics), Application (Pathology, Bacteriology, Virology, Parasitology), Animal (Dog, Cat, Cattle, Poultry, Pig) - Global Forecast to 2024
・商品コード:MD 4362
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年11月26日
・ページ数:209
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:医療機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は獣医リファレンスラボの世界市場が2020年34億ドルから2025年56億ドルまで、年平均10.5%成長すると見込んでいます。本調査レポートでは、獣医リファレンスラボの世界市場を詳細に調査・分析し、イントロダクション、調査手法、プレミアムインサイト、市場概要、市場インサイト、サービスタイプ別(免疫診断、臨床化学サービス、分子診断、血液、尿検査)分析、用途別(臨床病理、細菌、ウイルス、寄生虫、生産性検査)分析、動物種類別(コンパニオンアニマル、家畜)分析、地域別分析、競争状況、企業概要、隣接・関連市場などを含めており、ご提供いたします。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・市場インサイト
・獣医リファレンスラボの世界市場規模:サービスタイプ別(免疫診断、臨床化学サービス、分子診断、血液、尿検査)
・獣医リファレンスラボの世界市場規模:用途別(臨床病理、細菌、ウイルス、寄生虫、生産性検査)
・獣医リファレンスラボの世界市場規模:動物種類別(コンパニオンアニマル、家畜)
・獣医リファレンスラボの世界市場規模:地域別
・競争状況
・企業概要
・隣接・関連市場
...

※「獣医リファレンスラボの世界市場予測:サービス種類別(臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断)、用途別(病理、細菌、ウイルス、寄生虫)、動物別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Veterinary-Reference-Laboratory-Market-Service-MD-4362

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220417&id=bodyimage1

投稿日:

「自動車用ソフトトリム内装材の世界市場 2020年:革、繊維、化学ポリマー、その他」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年8月11日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「自動車用ソフトトリム内装材の世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年8月11日に開始いたしました。自動車用ソフトトリム内装材の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:自動車用ソフトトリム内装材の世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Automotive Soft Trim Interior Materials Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年7月21日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、自動車用ソフトトリム内装材の世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。自動車用ソフトトリム内装材の種類別市場規模(革、繊維、化学ポリマー、その他)、用途別市場規模(シート、フロアパッド、コックピット、ドア、シートベルト、棚板、その他)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、メーカー別販売量と市場シェア、販売チャネルなどの情報を掲載しています。
・市場概要
・メーカー情報(販売量、市場シェア、製品概要、SWOT分析):Haartz Corporation、Recticel、Benecke Kaliko、Polyone Corporation、Auto Trim、Classic Soft Trim
・地域別グローバル市場分析 2015年-2020年
・自動車用ソフトトリム内装材の北米市場(アメリカ、カナダ、メキシコ)
・自動車用ソフトトリム内装材のヨーロッパ市場(ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア)
・自動車用ソフトトリム内装材のアジア市場(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・自動車用ソフトトリム内装材の南米市場(ブラジル、アルゼンチン)
・自動車用ソフトトリム内装材の中東・アフリカ市場(サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ)
・種類別分析:革、繊維、化学ポリマー、その他
・用途別分析:シート、フロアパッド、コックピット、ドア、シートベルト、棚板、その他
・地域別市場規模予測 2021年-2025年
・販売チャネル、流通業者、代理店
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/D0804-01230-Global-Automotive-Soft-Trim-Interior/
■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220420&id=bodyimage1

投稿日:

【石油・エネルギー業界】他社牽制力ランキング2019 トップ3は出光興産、大阪ガス、JXTGエネルギー

株式会社パテント・リザルトは8月11日、独自に分類した石油・エネルギー業界の企業を対象に、2019年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「石油・エネルギー業界 他社牽制力ランキング2019」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。

 集計の結果、2019年に最も引用された企業は出光興産、次いで大阪ガス、JXTGエネルギーとなりました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216969&id=bodyimage1

※当ランキングでは、企業グループ作成のため、以下の企業を名寄せしています。
出光興産
 出光興産、昭和シェル石油
EXXONMOBIL
 EXXONMOBIL、EXXONMOBIL CHEMICAL PATENTS
 EXXONMOBIL RESEARCH AND ENGINEERING

 1位 出光興産の最も引用された特許は「有機エレクトロルミネッセンス素子および有機エレクトロルミネッセンス素子用材料」に関する技術で、ROHM AND HAAS ELECTRONIC MATERIALS KOREAの計3件の審査過程で引用されています。
 2019年に出光興産の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、半導体エネルギー研究所(95件)、ROHM AND HAAS ELECTRONIC MATERIALS KOREA(18件)、JXTGエネルギー(17件)となっています。

 2位 大阪ガスの最も引用された特許は「無機ホール輸送材を使用したペロブスカイト系光電変換装置」に関する技術で、エイチイーイーソーラーなどの4件の審査過程において引用されています。このほかには「排熱回収型吸着式冷凍機」に関する技術や「ガスセンサ」に関する技術などが引用された件数の多い特許として挙げられます。
 2019年に大阪ガスの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は東京ガス(30件)、次いでリンナイ(22件)、パナソニック(19件)となっています。

 3位 JXTGエネルギーの最も引用された特許は「楕円偏光板およびそれを用いた垂直配向型液晶表示装置」に関する技術で、住友化学の「円偏光板の製造方法」関連特許など、計4件の審査過程において引用されています。
 2019年にJXTGエネルギーの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は出光興産(39件)で、富士フイルム(13件)、住友化学(10件)と続いています。

 そのほか、4位の中国電力は「無人飛行体による物品、書類などの運搬方法」、5位の東京ガスは「移動自在な移動体から提供される各種の実況情報を、離れた場所のユーザに通知する技術」が、最も引用された特許として挙げられます。

【ランキングの集計対象について】
 日本特許庁に特許出願され、2019年12月までに公開されたすべての特許のうち、2019年1月から12月末までの期間に拒絶理由(拒絶理由通知または拒絶査定)として引用された特許を抽出。
 本ランキングでは、権利移転を反映した集計を行っています。2020年5月29日の時点で権利を保有している企業の名義でランキングしているため、出願時と企業名が異なる可能性があります。
 業種は総務省の日本標準産業分類を参考に分類しています。

 また弊社では、本ランキングの詳細データを下記の通り販売しています。
【石油・エネルギー業界 他社牽制力ランキング2019 ご提供データ】
納品物:以下のデータを収納したCD-ROM
1)ランキングトップ30社
 石油・エネルギー業界の被引用件数上位30社のランキング
2)被引用件数上位100件のリスト
 石油・エネルギー業界の被引用件数上位100件及び引用先の特許との対応を掲載
価格:50,000円(税抜)

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580
Fax:03-5802-8271
ホームページURL https://www.patentresult.co.jp/

投稿日:

リアルタイム中古車情報『車選びドットコム』より、最新中古車統計レポートのお知らせ(2020年7月分)

中古車検索サイト「車選びドットコム」(https://www.kurumaerabi.com/)を運営する株式会社ファブリカコミュニケーションズ(本社所在地:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:谷口 政人)より、2020年8月10日に公開された最新の中古車統計レポートについてお知らせいたします。

『車選びドットコム』では、毎月中古車販売市場の調査を行い、その結果を最新の中古車統計レポートとしてユーザーの皆様に公開しています。
本日は【国産車・輸入車の中古車統計レポート(7月分)】をご案内いたします。

◎7月の中古車統計レポート(国産車)
2020年7月の国産車の中古車販売台数(車選びドットコム)は2,607台と、好調だった前月と比べて183台減少しました。一方、昨年と比較すると販売台数は444台増加しており、コロナ禍でも昨年全体の水準を上回っています。

◎7月の中古車統計レポート(輸入車)
2020年7月の輸入車の中古車販売台数(車選びドットコム)は435台で、前月比では36台の減少となりましたが、昨年は一度も記録することがなかった販売台数400台超えの水準はキープしています。

詳細な7月の中古車統計レポートは、こちらからご覧いただけます!

・国産車
https://www.kurumaerabi.com/retail/202007_domestic/
・輸入車
https://www.kurumaerabi.com/retail/202007_import/

過去の中古車統計レポートはこちらからご確認いただけます。
https://www.kurumaerabi.com/retail/

今後も「車選びドットコム」では、最新の中古車統計レポートを毎月お届けいたします。

■「車選びドットコム」とは( https://www.kurumaerabi.com/
株式会社ファブリカコミュニケーションズが運営する自動車検索サイトで、全国約10,000店以上の中古車小売販売店が在庫車両を広告掲載しています。

■株式会社ファブリカコミュニケーションズ概要
代表者  :代表取締役社長 谷口 政人
本社所在地:愛知県名古屋市中区錦3-5-30 三晃錦ビル8F
URL    :https://www.fabrica-com.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ファブリカコミュニケーションズ
U-CARソリューション事業本部
担当:西村、長縄
TEL :03-6226-1212