投稿日:

「ボディエリアネットワーク(BAN)の世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」調査レポートを取り扱い開始しました

2019年7月19日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ボディエリアネットワーク(BAN)の世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」調査レポートの販売を開始いたしました。ボディエリアネットワーク(BAN)の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:ボディエリアネットワーク(BAN)の世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測
■英文タイトル:Body Area Network Market (Technology: Bluetooth, Wi-Fi, ZigBee, and Others; Device: Wearable Devices and Implantable Devices; and End-use Industry: Healthcare, Sports, and Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2019 - 2027
■発刊日:2019年6月27日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本資料は、ボディエリアネットワーク(BAN)の世界市場について調べ、ボディエリアネットワーク(BAN)の世界市場規模、市場動向、市場シェア、市場環境、市場予測、技術別(Bluetooth、Wi-Fi、ZigBee、その他)分析、デバイス別(ウェアラブル機器及び植込み型機器)分析、エンドユーズ産業別(医療、スポーツ、及びその他)分析、関連企業情報などをまとめました。
・ボディエリアネットワーク(BAN)の市場概要
・ボディエリアネットワーク(BAN)の市場動向
・ボディエリアネットワーク(BAN)の世界市場規模・予測
・ボディエリアネットワーク(BAN)市場:技術別(Bluetooth、Wi-Fi、ZigBee、その他)
・ボディエリアネットワーク(BAN)市場:デバイス別(ウェアラブル機器及び植込み型機器)
・ボディエリアネットワーク(BAN)市場:デバイス別(ウェアラブル機器及び植込み型機器)
・地域別分析(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)
・競争環境・関連企業分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tpm-jl511-body-area-network-market-technology

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサーチ)社について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数十件)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198424&id=bodyimage1

投稿日:

「スポーツベッティングの世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」調査レポートを取り扱い開始しました

2019年7月19日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「スポーツベッティングの世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」調査レポートの販売を開始いたしました。スポーツベッティングの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:スポーツベッティングの世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測
■英文タイトル:Sports Betting Market (Platform: Online, Offline; Game Type: Football, Baseball, Basketball, Hockey, Cricket, Tennis, Golf, Boxing, Horse Racing, Auto Racing, Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2019 - 2027
■発刊日:2019年6月27日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本資料は、スポーツベッティングの世界市場について調べ、スポーツベッティングの世界市場規模、市場動向、市場シェア、市場環境、市場予測、プラットフォーム別(オンライン、オフライン)分析、ゲーム種類別(サッカー、野球、バスケットボール、ホッケー、クリケット、テニス、ゴルフ、ボクシング、競馬、オートレース、その他)分析、関連企業情報などをまとめました。
・スポーツベッティングの市場概要
・スポーツベッティングの市場動向
・スポーツベッティングの世界市場規模・予測
・スポーツベッティング市場:プラットフォーム別(オンライン、オフライン)
・スポーツベッティング市場:ゲーム種類別(サッカー、野球、バスケットボール、ホッケー、クリケット、テニス、ゴルフ、ボクシング、競馬、オートレース、その他)
・地域別分析(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)
・競争環境・関連企業分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tpm-jl510-sports-betting-market-platform-online

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサーチ)社について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数十件)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198423&id=bodyimage1

投稿日:

「自動車用ポンプの世界市場予測(~2027年):燃料ポンプ、ウォーターポンプ、真空ポンプ、燃料噴射ポンプ、ステアリングポンプ、ヘッドライトウォッシャーポンプ」市場調査レポートを取扱開始

2019年7月19日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「自動車用ポンプの世界市場予測(~2027年):燃料ポンプ、ウォーターポンプ、真空ポンプ、燃料噴射ポンプ、ステアリングポンプ、ヘッドライトウォッシャーポンプ」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「自動車用ポンプの世界市場予測(~2027年):燃料ポンプ、ウォーターポンプ、真空ポンプ、燃料噴射ポンプ、ステアリングポンプ、ヘッドライトウォッシャーポンプ」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:自動車用ポンプの世界市場予測(~2027年):燃料ポンプ、ウォーターポンプ、真空ポンプ、燃料噴射ポンプ、ステアリングポンプ、ヘッドライトウォッシャーポンプ
・英語タイトル:Automotive Pump Market by Type (Fuel Pump, Water Pump, Vacuum Pump, Fuel Injection Pump, Steering Pump, & Headlight Washer Pump), Technology, Displacement, Vehicle Type (PC, LCV, HCV), EV (BEV, HEV, PHEV, FCEV), Region - Global Forecast to 2027
・商品コード:AT 2971
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年6月28日
・ページ数:160
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:自動車

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、自動車用ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(燃料ポンプ、ウォーターポンプ、真空ポンプ、燃料噴射ポンプ、ステアリングポンプ、ヘッドライトウォッシャーポンプ)分析、技術別分析、排水量別分析、車種別(PC、LCV、HCV)分析、自動車用ポンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・自動車用ポンプの世界市場:市場インサイト
・自動車用ポンプの世界市場:市場概観/市場動向
・自動車用ポンプの世界市場:市場シェア分析
・自動車用ポンプの世界市場:種類別(燃料ポンプ、ウォーターポンプ、真空ポンプ、燃料噴射ポンプ、ステアリングポンプ、ヘッドライトウォッシャーポンプ)分析/市場規模
・自動車用ポンプの世界市場:技術別分析/市場規模
・自動車用ポンプの世界市場:排水量別分析/市場規模
・自動車用ポンプの世界市場:車種別(PC、LCV、HCV)分析/市場規模
・自動車用ポンプのアジア市場規模予測
・自動車用ポンプのヨーロッパ市場規模予測
・自動車用ポンプのアメリカ市場規模予測
・自動車用ポンプの世界市場動向
・自動車用ポンプの世界市場:競争状況
・自動車用ポンプの世界市場:関連企業分析
...

※「自動車用ポンプの世界市場予測(~2027年):燃料ポンプ、ウォーターポンプ、真空ポンプ、燃料噴射ポンプ、ステアリングポンプ、ヘッドライトウォッシャーポンプ」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/automotive-pump-market-type-fuel-at-2971

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198385&id=bodyimage1

投稿日:

「高吸水性高分子(SAP)の世界市場予測(~2024年):ポリアクリル酸ナトリウム、ポリアクリル酸/ポリアクリルアミド、共重合体」市場調査レポートを取扱開始

2019年7月19日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「高吸水性高分子(SAP)の世界市場予測(~2024年):ポリアクリル酸ナトリウム、ポリアクリル酸/ポリアクリルアミド、共重合体」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「高吸水性高分子(SAP)の世界市場予測(~2024年):ポリアクリル酸ナトリウム、ポリアクリル酸/ポリアクリルアミド、共重合体」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:高吸水性高分子(SAP)の世界市場予測(~2024年):ポリアクリル酸ナトリウム、ポリアクリル酸/ポリアクリルアミド、共重合体
・英語タイトル: Super Absorbent Polymers (SAP) Market by Type (Sodium Polyacrylate, Polyacrylate/Polyacrylamide, Copolymers), Application (Personal Hygiene, Agriculture, Medical, Industrial, Packaging, Construction, Oil & Gas), Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:CH 2344
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年6月28日
・ページ数:118
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学・材料

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、高吸水性高分子(SAP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(ポリアクリル酸ナトリウム、ポリアクリル酸/ポリアクリルアミド、共重合体)分析、用途別(個人衛生、農業、医療、工業、包装、建設、石油、ガス)分析、高吸水性高分子(SAP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・高吸水性高分子(SAP)の世界市場:市場インサイト
・高吸水性高分子(SAP)の世界市場:市場概観/市場動向
・高吸水性高分子(SAP)の世界市場:市場環境分析
・高吸水性高分子(SAP)の世界市場:種類別(ポリアクリル酸ナトリウム、ポリアクリル酸/ポリアクリルアミド、共重合体)分析/市場規模
・高吸水性高分子(SAP)の世界市場:用途別(個人衛生、農業、医療、工業、包装、建設、石油、ガス)分析/市場規模
・高吸水性高分子(SAP)のアジア市場規模予測
・高吸水性高分子(SAP)のヨーロッパ市場規模予測
・高吸水性高分子(SAP)のアメリカ市場規模予測
・高吸水性高分子(SAP)の世界市場動向
・高吸水性高分子(SAP)の世界市場:競争状況
・高吸水性高分子(SAP)の世界市場:関連企業分析
...

※「高吸水性高分子(SAP)の世界市場予測(~2024年):ポリアクリル酸ナトリウム、ポリアクリル酸/ポリアクリルアミド、共重合体」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/super-absorbent-polymers-sap-market-ch-2344

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198355&id=bodyimage1

投稿日:

「ボディアーマーの世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」調査レポートを取り扱い開始しました

2019年7月19日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ボディアーマーの世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」調査レポートの販売を開始いたしました。ボディアーマーの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:ボディアーマーの世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測
■英文タイトル:Body Armor Market (Type: Level II-A, Level II, Level III-A, Level III, and Level IV; Material: Steel, UHMPWPE, Aramid, Composite Ceramics [Boron Carbide, Silicon Carbide, Aluminum Oxide, and Others], and Others; and Application: Defense, Law Enforcement, and Civilians) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2019 - 2027
■発刊日:2019年6月27日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本資料は、ボディアーマーの世界市場について調べ、ボディアーマーの世界市場規模、市場動向、市場シェア、市場環境、市場予測、種類別(レベルII-A、レベルII、レベルIII-A、レベルIII、レベルIV)分析、材料別(スチール、UHMPWPE、アラミド、複合セラミックス[炭化ホウ素、炭化ケイ素、酸化アルミニウムなど]、その他)分析、用途別(国防、法執行機関、および民間人)分析、関連企業情報などをまとめました。
・ボディアーマーの市場概要
・ボディアーマーの市場動向
・ボディアーマーの世界市場規模・予測
・ボディアーマー市場:種類別(レベルII-A、レベルII、レベルIII-A、レベルIII、レベルIV)
・ボディアーマー市場:材料別(スチール、UHMPWPE、アラミド、複合セラミックス[炭化ホウ素、炭化ケイ素、酸化アルミニウムなど]、その他)
・ボディアーマー市場:材料別(スチール、UHMPWPE、アラミド、複合セラミックス[炭化ホウ素、炭化ケイ素、酸化アルミニウムなど]、その他)
・地域別分析(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)
・競争環境・関連企業分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tpm-jl512-body-armor-market-type-level

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサーチ)社について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数十件)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198425&id=bodyimage1

投稿日:

「自動ラストマイルデリバリーの世界市場 – 2030年までの予測:空中配送ドローン、地上配送車 (配送ロボット、自動運転バン・トラック)」 – 調査レポートの販売開始

2019年07月19日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動ラストマイルデリバリーの世界市場 - 2030年までの予測:空中配送ドローン、地上配送車 (配送ロボット、自動運転バン・トラック)」 (MarketsandMarkets発行) の販売を7月19日より開始いたしました。

【 商品情報 】
自動ラストマイルデリバリーの世界市場 - 2030年までの予測:空中配送ドローン、地上配送車 (配送ロボット、自動運転バン・トラック)
Autonomous Last Mile Delivery Market by Platform (Aerial Delivery Drones, Ground Delivery Vehicles (Delivery Bots, Self-driving Vans & Trucks)), Solution, Application, Type, Payload Weight, Range, and Region - Global Forecast to 2030
● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2019年07月15日
● ページ情報: 298 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama891062-autonomous-last-mile-delivery-market-by-platform.html

当レポートでは、世界の自動ラストマイルデリバリー市場について調査分析し、市場概要、産業動向、セグメント別の市場分析、競合情勢、主要企業などについて、体系的な情報を提供しています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 産業動向
第7章 自動ラストマイルデリバリー市場:プラットフォーム別
第8章 空中配送ドローン市場:ソリューション別
第9章 空中配送ドローン市場:タイプ別
第10章 空中配送ドローン市場:用途別
第11章 空中配送ドローン市場:最大積載重量別
第12章 空中配送ドローン市場:航続距離別
第13章 地上配送車市場:ソリューション別
第14章 地上配送車市場:タイプ別
第15章 地上配送車市場:用途別
第16章 地上配送車市場:最大積載重量別
第17章 地上配送車市場:航続距離別
第18章 地域別分析 - 空中配送ドローン市場
第19章 地域別分析 - 地上配送車市場
第20章 競合情勢
第21章 企業プロファイル - 空中配送ドローン
第22章 企業プロファイル - 地上配送ロボット
第23章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama891062-autonomous-last-mile-delivery-market-by-platform.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198475&id=bodyimage1

投稿日:

BMW 3シリーズに搭載された最新マルチメディアシステムのユーザビリティを検証・評価したレポートをリリース

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛ける株式会社SBDジャパン(名古屋市)では、BMW 3シリーズ搭載のマルチメディアシステム「BMW Live Cockpit Professional」を評価したレポートを2019年7月16日に発行しました。

クルマとITの融合が進み、ドライバーに様々な情報や利便性を提供するコネクテッドサービスが進化を続けていますが、システムの使いやすさ(ユーザビリティ)は各自動車メーカーによって大きく異なります。SBDでは、継続的にコネクテッドカーのマルチメディアシステムのUX評価を実施しており、2016年末にテストしたBMW 7シリーズ搭載システムはSBDがこれまでに評価したシステムの中でも非常に高いスコアを獲得していました。今回の3シリーズに搭載されたLive Cockpit Professionalは、BMWのユーザーインターフェースが2012年のNBTから2016年のNBT EVOへと変わって以降最も大幅に外観が進化しており、大きな注目を集めていました。

本書では、SBDが2019年に入り実施したVolkswagen Touareg、Mazda3、Ferrari Portofinoの搭載システムなどと対比させUXの総合評価を示すほか、システムのプラス面・マイナス面についての解説、音声認識機能に関するSBDの見解などを掲載しています。


<評価対象車種>
Live Cockpit Professional搭載BMW 3シリーズ

<評価方法>
SBDのユーザビリティデキスパート2名が1.5日間に亘り対象システムの評価を行いました。
データ収集対象走行距離:300マイル以上
車上評価テスト:20時間
キャプチャ画像/動画:600点強

<レポート構成>
調査の概要:テスト担当者の主観的な見解、SBDによるUXスコアの比較、注目すべき機能
プラス面:評価中に発見したプラス面の概要とSBDの見解
マイナス面:評価中に発見したマイナス面の概要とSBDの見解
音声認識機能:車載システムの音声認識機能の評価結果
システムコンポーネント:コアシステムコンポーネント(メインディスプレイなど)の評価結果
機能とシステム性能:利用可能な機能とシステム性能の客観的スコアとテスト結果

<レポートの詳細>
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/619-19IB_J.pdf

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198371&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198371&id=bodyimage2

本レポートおよび本シリーズの詳細に関するお問い合わせは下記にて承っております。

株式会社 SBDジャパン
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル6F
Tel: 052 253 6201
E-mail: postbox@sbdautomotive.com
https://www.sbdautomotive.com/ja/

【SBDについて】
英国を本拠とする自動車技術の調査・コンサルティング会社です。1997年の創業以来、日本、欧州(英国とドイツ)、米国、中国の拠点から自動車業界に携わるクライアントをグローバルにサポートしています。
クライアントは自動車メーカー、サプライヤー、保険業界、通信業界、政府・公的機関、研究機関など自動車業界のバリューチェーン全体。調査対象エリアは欧州、北米、中国、ブラジル、インド、ロシア、東南アジアなど世界各国の市場を網羅。自動車セキュリティおよびIT、コネクテッドカー、自動運転などの分野において調査を実施、各種レポートやコンサルティングサービスを提供しています。

投稿日:

「プロアントシアニジンの世界市場予測(~2025年):クランベリー、グレープシード、松樹皮」市場調査レポートを取扱開始

2019年7月19日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「プロアントシアニジンの世界市場予測(~2025年):クランベリー、グレープシード、松樹皮」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「プロアントシアニジンの世界市場予測(~2025年):クランベリー、グレープシード、松樹皮」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:プロアントシアニジンの世界市場予測(~2025年):クランベリー、グレープシード、松樹皮
・英語タイトル: Proanthocyanidins Market by Source (Cranberry, Grape Seed, and Pine Bark), Application (Pharmaceuticals & Dietary Supplements, Personal Care & Cosmetics, and Functional Food & Beverages), Type (Type A and Type B), and Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:FB 7187
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年6月28日
・ページ数:117
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:食品・飲料

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、プロアントシアニジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、由来別(クランベリー、グレープシード、松樹皮)分析、用途別(医薬品・栄養補助食品、パーソナルケア・化粧品、機能性食品・飲料)分析、種類別(タイプA及びタイプB)分析、プロアントシアニジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・プロアントシアニジンの世界市場:市場インサイト
・プロアントシアニジンの世界市場:市場概観/市場動向
・プロアントシアニジンの世界市場:由来別(クランベリー、グレープシード、松樹皮)分析/市場規模
・プロアントシアニジンの世界市場:用途別(医薬品・栄養補助食品、パーソナルケア・化粧品、機能性食品・飲料)分析/市場規模
・プロアントシアニジンの世界市場:種類別(タイプA及びタイプB)分析/市場規模
・プロアントシアニジンのアジア市場規模予測
・プロアントシアニジンのヨーロッパ市場規模予測
・プロアントシアニジンのアメリカ市場規模予測
・プロアントシアニジンの世界市場動向
・プロアントシアニジンの世界市場:競争状況
・プロアントシアニジンの世界市場:関連企業分析
...

※「プロアントシアニジンの世界市場予測(~2025年):クランベリー、グレープシード、松樹皮」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/proanthocyanidins-market-source-cranberry-grape-fb-7187

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198354&id=bodyimage1

投稿日:

「がん・腫瘍プロファイリングの世界市場予測(~2024年):イムノアッセイ、NGS、PCR、in situハイブリダイゼーション」市場調査レポートを取扱開始

2019年7月19日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「がん・腫瘍プロファイリングの世界市場予測(~2024年):イムノアッセイ、NGS、PCR、in situハイブリダイゼーション」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「がん・腫瘍プロファイリングの世界市場予測(~2024年):イムノアッセイ、NGS、PCR、in situハイブリダイゼーション」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:がん・腫瘍プロファイリングの世界市場予測(~2024年):イムノアッセイ、NGS、PCR、in situハイブリダイゼーション
・英語タイトル:Cancer/Tumor Profiling Market by Technology (Immunoassay, NGS, PCR, In Situ Hybridization), Cancer Type (Breast, Lung, Colorectal), Biomarker Type (Genomic Biomarkers, Protein Biomarkers), Application (Diagnostics, Prognostics) - Global Forecast to 2024
・商品コード:MD 4803
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年6月28日
・ページ数:224
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:医療機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、がん・腫瘍プロファイリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(イムノアッセイ、NGS、PCR、in situハイブリダイゼーション)分析、がん種類別(乳房、肺、大腸)分析、バイオマーカー種類別(ゲノムバイオマーカー、タンパク質バイオマーカー)分析、用途別(診断、予後)分析、がん・腫瘍プロファイリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・がん・腫瘍プロファイリングの世界市場:市場インサイト
・がん・腫瘍プロファイリングの世界市場:市場概観/市場動向
・がん・腫瘍プロファイリングの世界市場:産業動向
・がん・腫瘍プロファイリングの世界市場:技術別(イムノアッセイ、NGS、PCR、in situハイブリダイゼーション)分析/市場規模
・がん・腫瘍プロファイリングの世界市場:がん種類別(乳房、肺、大腸)分析/市場規模
・がん・腫瘍プロファイリングの世界市場:バイオマーカー種類別(ゲノムバイオマーカー、タンパク質バイオマーカー)分析/市場規模
・がん・腫瘍プロファイリングの世界市場:用途別(診断、予後)分析/市場規模
・がん・腫瘍プロファイリングのアジア市場規模予測
・がん・腫瘍プロファイリングのヨーロッパ市場規模予測
・がん・腫瘍プロファイリングのアメリカ市場規模予測
・がん・腫瘍プロファイリングの世界市場動向
・がん・腫瘍プロファイリングの世界市場:競争状況
・がん・腫瘍プロファイリングの世界市場:関連企業分析
...

※「がん・腫瘍プロファイリングの世界市場予測(~2024年):イムノアッセイ、NGS、PCR、in situハイブリダイゼーション」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/cancertumor-profiling-market-technology-immunoassay-md-4803

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198352&id=bodyimage1

投稿日:

「イオンビーム技術の世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」調査レポートを取り扱い開始しました

2019年7月19日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「イオンビーム技術の世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」調査レポートの販売を開始いたしました。イオンビーム技術の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:イオンビーム技術の世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測
■英文タイトル:Ion Beam Technology Market (Technology: Ion Beam Etching Systems and Ion Beam Deposition Systems; and Application: Frequency Trimming of Bulk Acoustic Wave (BAW) Filters, Surface Trimming of Surface Acoustic Wave (SAW) Filters, Thickness and Pole Width Correction of Thin Film Recording Heads, and Coating of Dielectric Film) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast 2019 - 2027
■発刊日:2019年6月27日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本資料は、イオンビーム技術の世界市場について調べ、イオンビーム技術の世界市場規模、市場動向、市場シェア、市場環境、市場予測、技術別(イオンビームエッチングシステムおよびイオンビーム蒸着システム)分析、用途別(バルク弾性波(BAW)フィルタ周波数トリミング、表面弾性波(SAW)フィルタ表面トリミング、薄膜記録ヘッド厚さおよび磁極幅補正、および誘電体膜コーティング)分析、関連企業情報などをまとめました。
・イオンビーム技術の市場概要
・イオンビーム技術の市場動向
・イオンビーム技術の世界市場規模・予測
・イオンビーム技術市場:技術別(イオンビームエッチングシステムおよびイオンビーム蒸着システム)
・イオンビーム技術市場:用途別(バルク弾性波(BAW)フィルタ周波数トリミング、表面弾性波(SAW)フィルタ表面トリミング、薄膜記録ヘッド厚さおよび磁極幅補正、および誘電体膜コーティング)
・地域別分析(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)
・競争環境・関連企業分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tpm-jl513-ion-beam-technology-market-technology

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサーチ)社について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数十件)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198427&id=bodyimage1

投稿日:

「非導電性インクの世界市場予測(~2024年):ガラス、セラミック、アクリル」市場調査レポートを取扱開始

2019年7月19日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「非導電性インクの世界市場予測(~2024年):ガラス、セラミック、アクリル」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「非導電性インクの世界市場予測(~2024年):ガラス、セラミック、アクリル」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:非導電性インクの世界市場予測(~2024年):ガラス、セラミック、アクリル
・英語タイトル:Non-Conductive Ink Market by Substrate (Glass, Ceramic, Acrylic), Application (PCB Panels, PV Panels, Led Packaging), and Region (North America, Europe, APAC, Middle East & Africa, South America) - Global Forecast to 2024
・商品コード:CH 7190
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年6月28日
・ページ数:90
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学・材料

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、非導電性インクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、基板別(ガラス、セラミック、アクリル)分析、用途別(PCBパネル、PVパネル、LEDパッケージング)分析、非導電性インクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・非導電性インクの世界市場:市場インサイト
・非導電性インクの世界市場:市場概観/市場動向
・非導電性インクの世界市場:市場環境分析
・非導電性インクの世界市場:基板別(ガラス、セラミック、アクリル)分析/市場規模
・非導電性インクの世界市場:用途別(PCBパネル、PVパネル、LEDパッケージング)分析/市場規模
・非導電性インクのアジア市場規模予測
・非導電性インクのヨーロッパ市場規模予測
・非導電性インクのアメリカ市場規模予測
・非導電性インクの世界市場動向
・非導電性インクの世界市場:競争状況
・非導電性インクの世界市場:関連企業分析
...

※「非導電性インクの世界市場予測(~2024年):ガラス、セラミック、アクリル」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/nonconductive-ink-market-substrate-glass-ch-7190

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198353&id=bodyimage1

投稿日:

「電力部門におけるデジタルツインの世界市場 – 2024年までの予測」 – 調査レポートの販売開始

2019年07月18日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「電力部門におけるデジタルツインの世界市場 - 2024年までの予測」 (MarketsandMarkets発行) の販売を7月18日より開始いたしました。

【 商品情報 】
電力部門におけるデジタルツインの世界市場 - 2024年までの予測
Electrical Digital Twin Market by Twin Type (Gas & Steam Power Plant, Wind Farm, Digital Grid, Hydropower Plant, and Der), Application, Deployment (Cloud/Hosted and On-Premises), End-user, Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2019年07月12日
● ページ情報: 131 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama890226-electrical-digital-twin-market-by-twin-type-gas.html

当レポートでは、世界の電力部門におけるデジタルツイン市場を調査し、市場の定義と概要、市場成長への各種影響因子および市場機会の分析、各セグメント・地域/主要国別の動向と市場規模の推移と予測、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 電力部門デジタルツイン市場:ツインタイプ別
第7章 電力部門デジタルツイン市場:用途別
第8章 電力部門デジタルツイン市場:展開タイプ別
第9章 電力部門デジタルツイン市場:エンドユーザー別
第10章 電力部門デジタルツイン市場:地域別
第11章 競合環境
第12章 企業プロファイル
第13章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama890226-electrical-digital-twin-market-by-twin-type-gas.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198451&id=bodyimage1

投稿日:

「シリコンコンデンサの世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」調査レポートを取り扱い開始しました

2019年7月19日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「シリコンコンデンサの世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」調査レポートの販売を開始いたしました。シリコンコンデンサの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:シリコンコンデンサの世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測
■英文タイトル:Silicon Capacitors Market (Structure: Deep-trench Capacitors, MNOS Capacitors, and MIS Capacitors; Sales Channel: Online and Offline; and End-use Industry: Automotive, Telecommunication, Healthcare, Aerospace & Defense, and Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2019 - 2027
■発刊日:2019年6月27日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本資料は、シリコンコンデンサの世界市場について調べ、シリコンコンデンサの世界市場規模、市場動向、市場シェア、市場環境、市場予測、構造別(ディープトレンチキャパシタ、MNOSキャパシタ、MISキャパシタ)分析、販売チャネル別(オンライン及びオフライン)分析、エンドユーズ産業別(自動車、電気通信、ヘルスケア、航空宇宙および防衛、その他)分析、関連企業情報などをまとめました。
・シリコンコンデンサの市場概要
・シリコンコンデンサの市場動向
・シリコンコンデンサの世界市場規模・予測
・シリコンコンデンサ市場:構造別(ディープトレンチキャパシタ、MNOSキャパシタ、MISキャパシタ)
・シリコンコンデンサ市場:販売チャネル別(オンライン及びオフライン)
・シリコンコンデンサ市場:販売チャネル別(オンライン及びオフライン)
・地域別分析(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)
・競争環境・関連企業分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tpm-jl514-silicon-capacitors-market-structure-deeptrench

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサーチ)社について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数十件)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198428&id=bodyimage1

投稿日:

「血液腫瘍検査の世界市場予測(~2024年):アッセイキット、サービス」市場調査レポートを取扱開始

2019年7月18日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「血液腫瘍検査の世界市場予測(~2024年):アッセイキット、サービス」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「血液腫瘍検査の世界市場予測(~2024年):アッセイキット、サービス」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:血液腫瘍検査の世界市場予測(~2024年):アッセイキット、サービス
・英語タイトル:Hemato Oncology Testing Market by Product & Services (Assay Kits, Services), Cancer (Leukemia (Acute Lymphoblastic, Acute Myeloid), Non-Hodgkin’s Lymphoma), Technology (PCR, NGS, IHC), End-User (Clinical Laboratories, Hospitals) - Global Forecast to 2024
・商品コード:MD 7180
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年6月28日
・ページ数:117
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:医療機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、血液腫瘍検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品・サービス別(アッセイキット、サービス)分析、がん別(白血病(急性リンパ芽球性、急性骨髄性)、非ホジキンリンパ腫)分析、技術別(PCR、NGS、IHC)分析、エンドユーザー別(臨床検査室、病院)分析、血液腫瘍検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・血液腫瘍検査の世界市場:市場インサイト
・血液腫瘍検査の世界市場:市場概観/市場動向
・血液腫瘍検査の世界市場:製品・サービス別(アッセイキット、サービス)分析/市場規模
・血液腫瘍検査の世界市場:がん別(白血病(急性リンパ芽球性、急性骨髄性)、非ホジキンリンパ腫)分析/市場規模
・血液腫瘍検査の世界市場:技術別(PCR、NGS、IHC)分析/市場規模
・血液腫瘍検査の世界市場:エンドユーザー別(臨床検査室、病院)分析/市場規模
・血液腫瘍検査のアジア市場規模予測
・血液腫瘍検査のヨーロッパ市場規模予測
・血液腫瘍検査のアメリカ市場規模予測
・血液腫瘍検査の世界市場動向
・血液腫瘍検査の世界市場:競争状況
・血液腫瘍検査の世界市場:関連企業分析
...

※「血液腫瘍検査の世界市場予測(~2024年):アッセイキット、サービス」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/hemato-oncology-testing-market-product-md-7180

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198349&id=bodyimage1

投稿日:

「リウマチ科治療法の世界市場:疾病種類別(慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎)、薬種類別(非ステロイド性抗炎症薬、鎮痛剤、疾患修飾性抗リウマチ薬、流通チャネル別、地域別予測 」市場調査レポートを販売開始

2019年7月18日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「リウマチ科治療法の世界市場:疾病種類別(慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、変形性関節症、ループス、痛風、その他)、薬種類別(非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、鎮痛剤、疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)、副腎皮質ステロイド、その他)、流通チャネル別(小売薬局、オンライン薬局、病院、その他)、地域別予測」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「リウマチ科治療法の世界市場:疾病種類別(慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、変形性関節症、ループス、痛風、その他)、薬種類別(非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、鎮痛剤、疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)、副腎皮質ステロイド、その他)、流通チャネル別(小売薬局、オンライン薬局、病院、その他)、地域別予測」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:リウマチ科治療法の世界市場:疾病種類別(慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、変形性関節症、ループス、痛風、その他)、薬種類別(非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、鎮痛剤、疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)、副腎皮質ステロイド、その他)、流通チャネル別(小売薬局、オンライン薬局、病院、その他)、地域別予測
◆英語タイトル:Global Rheumatology Therapeutics Market Size study, by Disease Type (Rheumatoid Arthritis, Ankylosing Spondylitis, Osteoarthritis, Lupus, Gout, Others), by Drug Type (Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs (NSAIDs), Analgesics, Disease Modifying Anti-Rheumatic Drugs (DMARDs), Corticosteroids, Others), by Distribution Channel (Retail Pharmacy, Online Pharmacy, Hospitals, Others) and Regional Forecasts 2019-2026
・商品コード:BZW9JN110
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2019年6月25日
・ページ数:約150
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
・産業分野:医療・バイオ

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本資料は、リウマチ科治療法の世界市場について調べ、リウマチ科治療法の世界規模、市場動向、市場環境、疾病種類別(慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、変形性関節症、ループス、痛風、その他)分析、薬種類別(非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、鎮痛剤、疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)、副腎皮質ステロイド、その他)分析、流通チャネル別(小売薬局、オンライン薬局、病院、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・リウマチ科治療法の世界市場概要
・リウマチ科治療法の世界市場環境
・リウマチ科治療法の世界市場動向
・リウマチ科治療法の世界市場規模
・リウマチ科治療法の世界市場規模:疾病種類別(慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、変形性関節症、ループス、痛風、その他)
・リウマチ科治療法の世界市場規模:薬種類別(非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、鎮痛剤、疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)、副腎皮質ステロイド、その他)
・リウマチ科治療法の世界市場規模:流通チャネル別(小売薬局、オンライン薬局、病院、その他)
・リウマチ科治療法の世界市場:地域別市場規模・分析
・リウマチ科治療法の北米市場規模・予測
・リウマチ科治療法のアメリカ市場規模・予測
・リウマチ科治療法のヨーロッパ市場規模・予測
・リウマチ科治療法のアジア市場規模・予測
・リウマチ科治療法の日本市場規模・予測
・リウマチ科治療法の中国市場規模・予測
・関連企業情報
...

※「リウマチ科治療法の世界市場:疾病種類別(慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、変形性関節症、ループス、痛風、その他)、薬種類別(非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、鎮痛剤、疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)、副腎皮質ステロイド、その他)、流通チャネル別(小売薬局、オンライン薬局、病院、その他)、地域別予測」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/global-rheumatology-therapeutics-market-size-bzw9jn110

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6403-3954 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6403-3954、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198179&id=bodyimage1

投稿日:

NRIセキュア、「企業における情報セキュリティ実態調査2019」を実施~DXの推進に向けて、セキュリティ対応の意識・行動改革が求められる日本企業~

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小田島 潤、
以下「NRIセキュア」)は、2018年12月から2019年2月にかけ、日本、アメリカ、
シンガポールの3か国で、「企業における情報セキュリティ実態調査2019」を実施
しました。2,807社から得た回答を集計・分析し、「NRI Secure Insight 2019」
として本日発表します。
本調査は、2002年度から毎年実施しており、今回で17回目となります。

■DXに取り組む日本企業は3割、デジタルセキュリティに対応する企業は16.7%
■日本企業のCISO設置率は約半数、経営のリーダーシップ向上が課題
■日本ではヒューマンエラーによるセキュリティの事件・事故が上位

詳しくは以下のURLをご覧ください。
https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2019/cc/0718_1

投稿日:

「産業用絶縁の世界市場予測(~2024年):パイプ、ブランケット、ボード」市場調査レポートを取扱開始

2019年7月18日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「産業用絶縁の世界市場予測(~2024年):パイプ、ブランケット、ボード」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「産業用絶縁の世界市場予測(~2024年):パイプ、ブランケット、ボード」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:産業用絶縁の世界市場予測(~2024年):パイプ、ブランケット、ボード
・英語タイトル:Industrial Insulation Market by Form (Pipe, Blanket, Board), Material (Mineral Wool, Calcium Silicate, Plastic Foams), End-use Industry (Power, Chemical & Petrochemical, Oil & Gas, Cement, Food & Beverage), and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:CH 7181
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年6月28日
・ページ数:133
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学・材料

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、産業用絶縁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、フォーム別(パイプ、ブランケット、ボード)分析、材料別(ミネラルウール、ケイ酸カルシウム、発泡プラスチック)分析、エンドユーズ産業別(電力、化学および石油化学、石油およびガス、セメント、食品および飲料)分析、産業用絶縁の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・産業用絶縁の世界市場:市場インサイト
・産業用絶縁の世界市場:市場概観/市場動向
・産業用絶縁の世界市場:市場環境分析
・産業用絶縁の世界市場:フォーム別(パイプ、ブランケット、ボード)分析/市場規模
・産業用絶縁の世界市場:材料別(ミネラルウール、ケイ酸カルシウム、発泡プラスチック)分析/市場規模
・産業用絶縁の世界市場:エンドユーズ産業別(電力、化学および石油化学、石油およびガス、セメント、食品および飲料)分析/市場規模
・産業用絶縁のアジア市場規模予測
・産業用絶縁のヨーロッパ市場規模予測
・産業用絶縁のアメリカ市場規模予測
・産業用絶縁の世界市場動向
・産業用絶縁の世界市場:競争状況
・産業用絶縁の世界市場:関連企業分析
...

※「産業用絶縁の世界市場予測(~2024年):パイプ、ブランケット、ボード」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/industrial-insulation-market-form-pipe-ch-7181

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198350&id=bodyimage1

投稿日:

「徐放性コーティング剤の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年7月18日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「徐放性コーティング剤の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「徐放性コーティング剤の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:徐放性コーティング剤の世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:Sustained Release Coatings Market by Application (In Vitro, In Vivo), Substrate Type (Tablets, Capsules, Pills), Polymer Material Type (Ethyl & Methyl Cellulose, Polyvinyl & Cellulose Acetate, Methacrylic Acid, PEG), and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:CH 7178
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年6月28日
・ページ数:94
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学・材料

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、徐放性コーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(in vitro、in vivo)分析、基質種類別(錠剤、カプセル、ピル)分析、ポリマー材料種類別(エチル&メチルセルロース、ポリビニル&セルロースアセテート、メタクリル酸、PEG)分析、徐放性コーティング剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・徐放性コーティング剤の世界市場:市場インサイト
・徐放性コーティング剤の世界市場:市場概観/市場動向
・徐放性コーティング剤の世界市場:産業動向
・徐放性コーティング剤の世界市場:市場環境分析
・徐放性コーティング剤の世界市場:用途別(in vitro、in vivo)分析/市場規模
・徐放性コーティング剤の世界市場:基質種類別(錠剤、カプセル、ピル)分析/市場規模
・徐放性コーティング剤の世界市場:ポリマー材料種類別(エチル&メチルセルロース、ポリビニル&セルロースアセテート、メタクリル酸、PEG)分析/市場規模
・徐放性コーティング剤のアジア市場規模予測
・徐放性コーティング剤のヨーロッパ市場規模予測
・徐放性コーティング剤のアメリカ市場規模予測
・徐放性コーティング剤の世界市場動向
・徐放性コーティング剤の世界市場:競争状況
・徐放性コーティング剤の世界市場:関連企業分析
...

※「徐放性コーティング剤の世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/sustained-release-coatings-market-application-ch-7178

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198334&id=bodyimage1

投稿日:

「電圧/無効電力制御の世界市場 – 2024年までの予測:配電、送電、発電」 – 調査レポートの販売開始

2019年07月18日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「電圧/無効電力制御の世界市場 - 2024年までの予測:配電、送電、発電」 (MarketsandMarkets発行) の販売を7月18日より開始いたしました。

【 商品情報 】
電圧/無効電力制御の世界市場 - 2024年までの予測:配電、送電、発電
Volt/VAr Management Market by Application (Distribution, Transmission, and Generation), Component (Hardware and Software and Services), End-User (Electric Utility and Industrial), and Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2019年07月11日
● ページ情報: 125 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama606105-volt-var-management-market-by-application.html

当レポートでは、世界の電圧/無効電力制御市場について調査分析し、市場概要、産業動向、セグメント別の市場分析、競合情勢、主要企業などについて、体系的な情報を提供しています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 電圧/無効電力制御の世界市場:コンポーネント別
第7章 電圧/無効電力制御の世界市場:用途別
第8章 電圧/無効電力制御の世界市場:エンドユーザー別
第9章 電圧/無効電力制御の世界市場:地域別
第10章 競合情勢
第11章 企業プロファイル
第12章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama606105-volt-var-management-market-by-application.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198384&id=bodyimage1

投稿日:

「グリーンマイニング (環境配慮型鉱業) の世界市場の分析・予測 (~2024年):省電力・燃料&保守低減・毒性低減・排出削減・節水」 – 調査レポートの販売開始

2019年07月18日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「グリーンマイニング (環境配慮型鉱業) の世界市場の分析・予測 (~2024年):省電力・燃料&保守低減・毒性低減・排出削減・節水」 (MarketsandMarkets発行) の販売を7月18日より開始いたしました。

【 商品情報 】
グリーンマイニング (環境配慮型鉱業) の世界市場の分析・予測 (~2024年):省電力・燃料&保守低減・毒性低減・排出削減・節水
Green Mining Market by Mining Type (Surface and Underground), Technology (Power Reduction, Fuel and Maintenance Reduction, Toxicity Reduction, Emission Reduction, and Water Reduction), and Region (NA, SA, EU, APAC, MEA) - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2019年07月12日
● ページ情報: 106 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama890225-green-mining-market-by-mining-type-surface.html

当レポートでは、世界のグリーンマイニング (環境配慮型鉱業) の市場を調査し、市場の定義と概要、市場成長への各種影響因子および市場機会の分析、採鉱タイプ・技術・地域/主要国別の動向と市場規模の推移と予測、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 市場分析・予測:タイプ別
第7章 市場分析・予測:技術別
第8章 市場分析・予測:地域・主要国別
第9章 企業プロファイル
第10章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama890225-green-mining-market-by-mining-type-surface.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198381&id=bodyimage1

投稿日:

「1,6-ヘキサンジオールの世界市場予測(~2025年):ポリウレタン、コーティング、アクリレート、接着剤、ポリエステル樹脂、可塑剤」市場調査レポートを取扱開始

2019年7月18日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「1,6-ヘキサンジオールの世界市場予測(~2025年):ポリウレタン、コーティング、アクリレート、接着剤、ポリエステル樹脂、可塑剤」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「1,6-ヘキサンジオールの世界市場予測(~2025年):ポリウレタン、コーティング、アクリレート、接着剤、ポリエステル樹脂、可塑剤」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:1,6-ヘキサンジオールの世界市場予測(~2025年):ポリウレタン、コーティング、アクリレート、接着剤、ポリエステル樹脂、可塑剤
・英語タイトル:1,6-Hexanediol Market by Application (Polyurethanes, Coatings, Acrylates, Adhesives, Polyester Resins, and Plasticizers), and Region (Europe, APAC, North America, South America, and Middle East & Africa) - Global Forecast to 2025
・商品コード:CH 2423
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年6月28日
・ページ数:107
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学・材料

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、1,6-ヘキサンジオールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(ポリウレタン、コーティング、アクリレート、接着剤、ポリエステル樹脂、可塑剤)分析、1,6-ヘキサンジオールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・1,6-ヘキサンジオールの世界市場:市場インサイト
・1,6-ヘキサンジオールの世界市場:市場概観/市場動向
・1,6-ヘキサンジオールの世界市場:市場環境分析
・1,6-ヘキサンジオールの世界市場:用途別(ポリウレタン、コーティング、アクリレート、接着剤、ポリエステル樹脂、可塑剤)分析/市場規模
・1,6-ヘキサンジオールのアジア市場規模予測
・1,6-ヘキサンジオールのヨーロッパ市場規模予測
・1,6-ヘキサンジオールのアメリカ市場規模予測
・1,6-ヘキサンジオールの世界市場動向
・1,6-ヘキサンジオールの世界市場:競争状況
・1,6-ヘキサンジオールの世界市場:関連企業分析
...

※「1,6-ヘキサンジオールの世界市場予測(~2025年):ポリウレタン、コーティング、アクリレート、接着剤、ポリエステル樹脂、可塑剤」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/16hexanediol-market-application-polyurethanes-coatings-ch-2423

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198332&id=bodyimage1

投稿日:

【矢野経済研究所プレスリリース】商品券・ギフト券/eギフト市場に関する調査を実施(2019年) 2018年度のeギフト市場は1,167億円、2023年度には2,492億円まで拡大すると予測

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の商品券・ギフト券/eギフト市場を調査し、商品・サービスカテゴリー別の市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにいたしました。

1.市場概況
2018年度における商品券・ギフト券/eギフトの市場規模は発行金額ベースで約8,628億円であり、内訳は商品券・ギフト券(PETカード型プリペイドカード、プラスチックカード型ギフトカードを含む)が7,461億円、eギフトが1,167億円となっている。

商品券・ギフト券のなかでも紙券は、贈答品として一般的であり、無難であることなどから従前より利用されてきたが、昨今では縮小傾向にある。一方で、紙券であるゆえに、贈答品としての「見栄え」や手に取ることのできる「分かりやすさ」などの観点から、今後も一定の需要を維持しながら堅調に推移していくと見込む。

eギフトは徐々に普及しつつあり、毎年発行規模を拡大させている。とくに、法人需要が増えており、キャンペーンやポイント交換の景品、ノベルティ、福利厚生(永年勤続表彰等)などの用途での利用が進んでいる。

2.注目トピック~PETカード型プリペイド事業者のeギフトへの参入
2018年度のeギフト市場規模は発行金額ベースで、1,167億円と拡大傾向にある。

eギフトは、商品券・ギフト券、PETカード型プリペイドカード等の金券需要やギフト需要の一部を取り込みながら推移している。具体的には、従来キャンペーンや販促活動で紙券やPETカードを利用していたユーザー企業が、金券の管理コストやオペレーション(運用)コストの低減などが見込めることから、eギフトを採用する事例が増えている。

また、商品券・ギフト券、PETカード型プリペイドカードの発行事業者側も、金券の管理コストの低減などが期待できることから、電子化に向けた検討を進めている。なかでもPETカード型プリペイドカードの発行事業者については、2016年6月に日本図書普及(図書カードNEXT)、2019年3月にクオカード(QUOカードPay)が既にeギフト市場に参入した。

3.将来展望
商品券・ギフト券/eギフト市場規模は発行金額ベースで、2023年度には約9,687億円まで拡大すると予測する。内訳は商品券・ギフト券(PETカード型プリペイドカード、プラスチックカード型ギフトカードを含む)が7,194億円、eギフトが2,492億円である。

商品券・ギフト券は、贈答品として一般的であることなどから、今後も一定需要が見込まれ、堅調に推移していくと考える。eギフト市場については、管理運用コストの低減が見込めることから、引き続き法人需要が拡大することに加え、商品券・ギフト券、PETカード型プリペイドカード等の金券需要やギフト需要の一部を取り込みながら、今後も順調に拡大するとみる。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2175

調査要綱
1.調査期間: 2019年1月~6月
2.調査対象: 商品券・ギフト券の主要発行事業者、PETカード型プリペイドカードの主要発行事業者、プラスチック型ギフトカード発行事業者、eギフトサービス提供事業者等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、及び文献調査併用
4.発刊日:2019年06月20日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198379&id=bodyimage1

投稿日:

「LTCC (低温同時焼成セラミックス)・HTCC (高温同時焼成セラミックス) の世界市場の分析・予測:~2024年」 – 調査レポートの販売開始

2019年07月17日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「LTCC (低温同時焼成セラミックス)・HTCC (高温同時焼成セラミックス) の世界市場の分析・予測:~2024年」 (MarketsandMarkets発行) の販売を7月17日より開始いたしました。

【 商品情報 】
LTCC (低温同時焼成セラミックス)・HTCC (高温同時焼成セラミックス) の世界市場の分析・予測:~2024年
LTCC Market and HTCC Market by Process Type (LTCC, HTCC), Material Type (Glass-Ceramic, Ceramic), End-use Industry (Automotive, Telecommunications, Aerospace & Defense, Medical), Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2019年07月11日
● ページ情報: 120 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama888608-ltcc-market-htcc-market-by-process-type-ltcc-htcc.html

当レポートでは、世界のLTCC (低温同時焼成セラミックス) およびHTCC (高温同時焼成セラミックス) の市場を調査し、市場の定義と概要、市場成長への各種影響因子および市場機会の分析、マクロ経済、プロセスタイプ・材料・エンドユーザー産業・地域/主要国別の動向と市場規模の推移と予測、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 マクロ経済概要・主要動向
第7章 同時焼成セラミックス市場の分析・予測:プロセスタイプ別
第8章 同時焼成セラミックス市場の分析・予測:材料別
第9章 同時焼成セラミックス市場の分析・予測:エンドユーズ産業別
第10章 同時焼成セラミックス市場の分析・予測:地域・主要国別
第11章 競合環境
第12章 企業プロファイル
第13章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama888608-ltcc-market-htcc-market-by-process-type-ltcc-htcc.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198362&id=bodyimage1

投稿日:

「コンテンツモデレーションソリューションの世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートを取り扱い開始しました

2019年7月17日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「コンテンツモデレーションソリューションの世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートの販売を開始いたしました。コンテンツモデレーションソリューションの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:コンテンツモデレーションソリューションの世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測
■英文タイトル:Content Moderation Solutions Market (Component: Software (Cloud and On-premise), Services (Professional and Managed Services): Enterprise Size: SME and Large Enterprises: Industry: Media & Entertainment, Retail & E-commerce, Packaging & Labeling, Healthcare & Life Sciences, Automotive, Government, Telecom, and Others (BFSI, Energy & Utilities) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast 2019 - 2027
■発刊日:2019年6月19日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本資料は、コンテンツモデレーションソリューションの世界市場について調べ、コンテンツモデレーションソリューションの世界市場規模、市場動向、市場シェア、市場環境、市場予測、コンポーネント別(ソフトウェア(クラウドおよびオンプレミス)、サービス(プロフェッショナルおよびマネージドサービス))分析、企業規模別(中小企業および大企業)分析、業種別(メディア&エンターテインメント、小売&Eコマース、包装&ラベリング、ヘルスケア&ライフサイエンス、自動車、政府、電気通信、その他(BFSI、エネルギー&ユーティリティ))分析、関連企業情報などをまとめました。
・コンテンツモデレーションソリューションの市場概要
・コンテンツモデレーションソリューションの市場動向
・コンテンツモデレーションソリューションの世界市場規模・予測
・コンテンツモデレーションソリューション市場:コンポーネント別(ソフトウェア(クラウドおよびオンプレミス)、サービス(プロフェッショナルおよびマネージドサービス))
・コンテンツモデレーションソリューション市場:企業規模別(中小企業および大企業)
・コンテンツモデレーションソリューション市場:業種別(メディア&エンターテインメント、小売&Eコマース、包装&ラベリング、ヘルスケア&ライフサイエンス、自動車、政府、電気通信、その他(BFSI、エネルギー&ユーティリティ))
・地域別分析(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)
・競争環境・関連企業分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tpm-jl098-content-moderation-solutions-market-component

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサーチ)社について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数十件)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198196&id=bodyimage1

投稿日:

「スマートキッチン家電の世界市場:製品種類別(スマート冷蔵庫、スマートクッカー、スマートフード、その他)、エンドユーザー別(商業用、家庭用)、地域別予測」市場調査レポートを販売開始

2019年7月17日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「スマートキッチン家電の世界市場:製品種類別(スマート冷蔵庫、スマートクッカー、スマートフード、その他)、エンドユーザー別(商業用、家庭用)、地域別予測」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「スマートキッチン家電の世界市場:製品種類別(スマート冷蔵庫、スマートクッカー、スマートフード、その他)、エンドユーザー別(商業用、家庭用)、地域別予測」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:スマートキッチン家電の世界市場:製品種類別(スマート冷蔵庫、スマートクッカー、スマートフード、その他)、エンドユーザー別(商業用、家庭用)、地域別予測
◆英語タイトル: Global Smart Kitchen Appliances Market Size study, by Product Type (Smart Refrigerators, Smart Cookers, Smart Hood, Others), by End-Users (Commercial, Household) and Regional Forecasts 2019-2026
・商品コード:BZW9JN092
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2019年6月25日
・ページ数:約150
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
・産業分野:産業未分類

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本資料は、スマートキッチン家電の世界市場について調べ、スマートキッチン家電の世界規模、市場動向、市場環境、製品種類別(スマート冷蔵庫、スマートクッカー、スマートフード、その他)分析、エンドユーザー別(商業用、家庭用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・スマートキッチン家電の世界市場概要
・スマートキッチン家電の世界市場環境
・スマートキッチン家電の世界市場動向
・スマートキッチン家電の世界市場規模
・スマートキッチン家電の世界市場規模:製品種類別(スマート冷蔵庫、スマートクッカー、スマートフード、その他)
・スマートキッチン家電の世界市場規模:エンドユーザー別(商業用、家庭用)
・スマートキッチン家電の世界市場:地域別市場規模・分析
・スマートキッチン家電の北米市場規模・予測
・スマートキッチン家電のアメリカ市場規模・予測
・スマートキッチン家電のヨーロッパ市場規模・予測
・スマートキッチン家電のアジア市場規模・予測
・スマートキッチン家電の日本市場規模・予測
・スマートキッチン家電の中国市場規模・予測
・関連企業情報


※「スマートキッチン家電の世界市場:製品種類別(スマート冷蔵庫、スマートクッカー、スマートフード、その他)、エンドユーザー別(商業用、家庭用)、地域別予測」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/global-smart-kitchen-appliances-market-bzw9jn092

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6403-3954 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6403-3954、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198183&id=bodyimage1

投稿日:

【アンケート調査】コーヒーメーカーにかける予算は2~3万円が最も多い!また、お店の味との差を「ほとんど感じない」と答えた人が51%も!

自宅で簡単に美味しいコーヒーが楽しめる『コーヒーメーカー』の情報サイト【Coffee Bon Marche】コーヒーボンマルシェ(https://xn--u9jtgxa8j1c1hbbb5995f8fvg.xyz

運営元の株式会社welfillにて2019年6月「世間のコーヒーメーカーに対する認識や選び方について」のアンケート調査を行いました。


世間のマシン選びの基準が知りたい!!

「自宅にコーヒーメーカーが欲しいけど、みんなどんな基準でマシン選んでるの?」「マシンの種類が多すぎて何を基準に選べはいいのかわかんない!」という人も多いのではないでしょうか。

「そもそも、コーヒーメーカーってみんな毎日使ってるの?」
「本当にコーヒーメーカーのコーヒーって美味しいの?」
「何を基準に選んでるの?」
「予算はどれぐらいなの?」
などなど。

そこで今回、自宅でコーヒーメーカーを使っている人「100名」を対象にアンケートを行い、世間のコーヒーメーカー事情を調査してみました。

マシン選びで迷っている人はぜひ参考にしてください。

◆今回、アンケート調査した内容がこちらです。

【Q】自宅でコーヒーメーカーを使用する「頻度」は?
【Q】『コーヒーメーカーで作るコーヒーの味』と『お店のコーヒー』とでは「味の違い」を感じますか?
【Q】『コーヒーメーカーで作るコーヒーの味』と『コンビニのコーヒー』とでは「味の違い」を感じますか?
【Q】今、自宅で使っているコーヒーメーカーには満足していますか?
【Q】コーヒーメーカーを選ぶポイントは?
【Q】コーヒーメーカーの「タイプ」はどれがお好みですか?
【Q】新しくコーヒーメーカーを買う際、マシンにかける「予算」は?
【Q】今、ほしいコーヒーマシンのメーカーは?



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198167&id=bodyimage1


(1)自宅でコーヒーメーカーを「毎日使う」と答えた人が【56%】

【Q】自宅でコーヒーメーカーを使用する「頻度」を教えてください。

【A】「アンケート項目」と「結果の割合」

・毎日使う:56%
・週2~3回ほど:34%
・週1回ほど:5%
・月2~3回ほど:5%
・月1回ほど:0%
・ほとんど使わない:0%

実際、世間では「どれぐらいの頻度でコーヒーメーカーを使っているのか」調査したところ、

「毎日使う」と回答した人が【56%】で、半分以上の人が自宅で毎日コーヒーメーカーを使ってコーヒーを淹れているようです。続いて「週2~3回ほど」と回答した人が【34%】。合わせると【90%】の人が「週に数回」はマシンを使っていることがわかります。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198167&id=bodyimage2


(2)『お店のコーヒー』との味の違いは「ほとんど感じない」と答えた人が【51%】

【Q】『コーヒーメーカーで作るコーヒーの味』と『お店のコーヒー』とでは「味の違い」を感じますか?
(お店:カフェ、喫茶店など)

【A】「アンケート項目」と「結果の割合」

・お店の方が美味しい:34%
・コーヒーメーカーの方が美味しい:11%
・ほとんど感じない:51%
・まったく感じない:0%
・よくわからない:4%

実際、コーヒーメーカーで淹れる「コーヒーの味」に世間では満足しているのか?自宅で『コーヒーメーカーで作るコーヒーの味』と『お店(カフェ、喫茶店)のコーヒー』とで、「味の違い」を感じるのか調査してみたところ、

味の違いを「ほとんど感じない」と答えた人が【51%】。約半分の人が「お店のコーヒーとの味の違い」を感じていないようです。また、中には「コーヒーメーカーの方が美味しい」と答えた人は「11%」もいました。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198167&id=bodyimage3


(3)『コンビニのコーヒー』よりも美味しいと答えた人が【61%】

【Q】『コーヒーメーカーで作るコーヒーの味』と『コンビニのコーヒー』とでは「味の違い」を感じますか?

【A】「アンケート項目」と「結果の割合」

・コーヒーメーカーの方が美味しい:61%
・コンビニの方が美味しい:14%
・ほとんど感じない:14%
・まったく感じない:0%
・よくわからない:11%

次に、『コンビニのコーヒー』と比べた場合はどうなのか?調査してみたところ、

「コーヒーメーカーの方が美味しい」と答えた人がなんと【61%】。半分以上の人が「コンビニによりも美味しい」と感じているようです。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198167&id=bodyimage4


◆【その他のアンケート結果について】

その他のアンケート結果につきましては、下記のページを参照ください。

▼アンケート調査結果に関するページ▼
https://xn--u9jtgxa8j1c1hbbb5995f8fvg.xyz/questionnaire-criteria-for-choosing-coffeemaker/


◆【今回のアンケート調査について】
・対象者の条件:現在、コーヒーメーカーを持っている方
・対象人数:100名
・対象区域:全国
・調査年月日:2019年6月
・調査方法:クラウドサービスによりアンケート調査

◆【会社概要】
会社名:株式会社welfill
代表者:代表取締役 横山祐也
所在地:大阪府大阪市西区江戸堀2丁目1-1 江戸堀センタービル B1F 22号
URL :https://welfill.jp

◆【運営サイト】
コーヒーメーカー情報サイト【Coffee Bon Marche】コーヒーボンマルシェ
URL:https://xn--u9jtgxa8j1c1hbbb5995f8fvg.xyz



投稿日:

米国において各自動車メーカーが提供しているADASの情報を集約したレポート「ADASおよび自動運転機能データベース-米国編」をリリース

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛ける株式会社SBDジャパン(名古屋市)では、米国において自動車メーカー34社が合計287車種で提供しているADAS(先進運転支援システム)の情報を集約した「ADASおよび自動運転機能データベース - 米国編」を2019年7月10日にリリースしました。

本データベースでは自動車メーカー別、ADAS機能別、サプライヤー別に提供状況や提供の形態(標準あるいはオプション)、価格設定戦略、採用センサ技術などを分析することができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<対象ADAS>
下記のADASについて、提供状況、提供形態、価格設定戦略、機能、センサ技術、サプライヤー情報を掲載

ACC:アダプティブクルーズ
PD:パイロットドライブ
FCW:前方衝突警報
CA:衝突回避
NV&PD:ナイトビジョン/歩行者検知
TSR:道路標識認識
LDP: 車線逸脱防止
BSM:死角モニタリング
RCTA:リアクロストラフィックアラート
DM:ドライバーモニタリング
AHD:ハイ・ロービーム自動切換え
SAPA:半自動駐車アシスト
FAPA:完全自動駐車アシスト
RP:リモート駐車
TA:トレーラーアシスト
SVC:サラウンドビューカメラ

<対象OEM>
下記OEMのADAS提供状況、提供形態、価格設定戦略、サプライヤー、センサ技術情報を掲載

Accura / Audi / BMW / Buick / Cadillac / Chevrolet / Chrysler / Dodge / Fiat / Ford /
Genesis / GMC / ホンダ / Hyundai / Infiniti / Jaguar / Jeep / Kia / Land Rover / レクサス /
Lincoln / マツダ / Mercedes Benz / MINI / 三菱 / 日産 / Porsche / RAM / Smart / スバル /
Tesla / トヨタ / Volkswagen / Volvo

<対象サプライヤー>
下記サプライヤーの市場シェア、提携先情報を掲載

Aptiv / Bosch / Clarion / Continental / デンソー / Gentex / Hella / 日立 / Hyundai Mobis /
Kostal / Magna / Mando / 日本電産 / Valeo / Veoneer / ZF

本データベースの詳細は下記よりご覧いただけます
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/534USA_19IB_J.pdf



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198303&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198303&id=bodyimage2

本データベースの詳細に関するお問い合わせは下記にて承っております。

株式会社 SBDジャパン
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル6F
Tel: 052 253 6201
E-mail: postbox@sbdautomotive.com
https://www.sbdautomotive.com/ja/

【SBDについて】
英国を本拠とする自動車技術の調査・コンサルティング会社です。1997年の創業以来、日本、欧州(英国とドイツ)、米国、中国の拠点から自動車業界に携わるクライアントをグローバルにサポートしています。
クライアントは自動車メーカー、サプライヤー、保険業界、通信業界、政府・公的機関、研究機関など自動車業界のバリューチェーン全体。調査対象エリアは欧州、北米、中国、ブラジル、インド、ロシア、東南アジアなど世界各国の市場を網羅。自動車セキュリティおよびIT、コネクテッドカー、自動運転などの分野において調査を実施、各種レポートやコンサルティングサービスを提供しています。




投稿日:

「ハイパワーLEDの世界市場の分析・予測 (~2024年):フリップチップ型・メサ型・バーチカル型」 – 調査レポートの販売開始

2019年07月17日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ハイパワーLEDの世界市場の分析・予測 (~2024年):フリップチップ型・メサ型・バーチカル型」 (MarketsandMarkets発行) の販売を7月17日より開始いたしました。

【 商品情報 】
ハイパワーLEDの世界市場の分析・予測 (~2024年):フリップチップ型・メサ型・バーチカル型
High Power LED Market by Packaging Type (Flip Chip, Mesa, and Vertical), Application (General Lighting, Automotive, Flash Lighting, Backlighting,) and Geography (APAC, North America, Europe, Rest of the World) - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2019年07月11日
● ページ情報: 111 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama888610-high-power-led-market-by-packaging-type-flip-chip.html

当レポートでは、世界のハイパワーLEDの市場を調査し、市場の定義と概要、市場成長への各種影響因子および市場機会の分析、パッケージタイプ・用途・地域/主要国別の動向と市場規模の推移と予測、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 ハイパワーLED市場の分析・予測:パッケージタイプ別
第7章 ハイパワーLED市場の分析・予測:用途別
第8章 ハイパワーLED市場の分析・予測:地域・主要国別
第9章 競合環境
第10章 企業プロファイル
第11章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama888610-high-power-led-market-by-packaging-type-flip-chip.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198308&id=bodyimage1

投稿日:

「ダイレクトサーマルチケット用紙の世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートを取り扱い開始しました

2019年7月17日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ダイレクトサーマルチケット用紙の世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートの販売を開始いたしました。ダイレクトサーマルチケット用紙の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:ダイレクトサーマルチケット用紙の世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測
■英文タイトル:Direct Thermal Ticket Paper Market (Thickness: Up to 70 GSM, 70 GSM to 90 GSM, 90 GSM to 120 GSM, Above 120 GSM; Application: Transport Tickets, Admission / Event Tickets, Lottery Tickets, Bill Tickets, Tote & Gaming Tickets, Valet Parking, Barcode Tickets, Baggage Counter Tickets, Custom Tickets, Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2019 - 2027
■発刊日:2019年6月19日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本資料は、ダイレクトサーマルチケット用紙の世界市場について調べ、ダイレクトサーマルチケット用紙の世界市場規模、市場動向、市場シェア、市場環境、市場予測、厚さ別(最大70 GSM、70 GSMから90 GSM、90 GSMから120 GSM、120 GSM以上)分析、用途別(トランスポートチケット、入場券/イベントチケット、宝くじチケット、ビルチケット、トート&ゲームチケット、バレットパーキング、バーコードチケット、手荷物カウンターチケット、カスタムチケット、その他)分析、関連企業情報などをまとめました。
・ダイレクトサーマルチケット用紙の市場概要
・ダイレクトサーマルチケット用紙の市場動向
・ダイレクトサーマルチケット用紙の価格分析
・ダイレクトサーマルチケット用紙の世界市場規模・予測
・ダイレクトサーマルチケット用紙市場:厚さ別(最大70 GSM、70 GSMから90 GSM、90 GSMから120 GSM、120 GSM以上)
・ダイレクトサーマルチケット用紙市場:用途別(トランスポートチケット、入場券/イベントチケット、宝くじチケット、ビルチケット、トート&ゲームチケット、バレットパーキング、バーコードチケット、手荷物カウンターチケット、カスタムチケット、その他)
・地域別分析(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)
・競争環境・関連企業分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tpm-jl105-direct-thermal-ticket-paper-market

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサーチ)社について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数十件)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198197&id=bodyimage1

投稿日:

「ロボット掃除機の世界市場:製品別(150USD以下、150USDか300USD、300USDから500USD、500USD以上)、用途別(家庭用、商業用など)、地域別予測」市場調査レポートを販売開始

2019年7月17日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「ロボット掃除機の世界市場:製品別(150USD以下、150USDから300USD、300USDから500USD、500USD以上)、用途別(家庭用、商業用、その他)、地域別予測」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「ロボット掃除機の世界市場:製品別(150USD以下、150USDから300USD、300USDから500USD、500USD以上)、用途別(家庭用、商業用、その他)、地域別予測」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:ロボット掃除機の世界市場:製品別(150USD以下、150USDから300USD、300USDから500USD、500USD以上)、用途別(家庭用、商業用、その他)、地域別予測
◆英語タイトル: Global Robotic Vacuum Cleaner Market Size study, by Product (Below 150 USD, 150 USD to 300 USD, 300 USD to 500 USD, Above 500 USD), by Application (Household, Commercial, Others) and Regional Forecasts 2019-2026
・商品コード:BZW9JN112
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2019年6月25日
・ページ数:約150
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
・産業分野:産業未分類

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本資料は、ロボット掃除機の世界市場について調べ、ロボット掃除機の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(150USD以下、150USDから300USD、300USDから500USD、500USD以上)分析、用途別(家庭用、商業用、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・ロボット掃除機の世界市場概要
・ロボット掃除機の世界市場環境
・ロボット掃除機の世界市場動向
・ロボット掃除機の世界市場規模
・ロボット掃除機の世界市場規模:製品別(150USD以下、150USDから300USD、300USDから500USD、500USD以上)
・ロボット掃除機の世界市場規模:用途別(家庭用、商業用、その他)
・ロボット掃除機の世界市場:地域別市場規模・分析
・ロボット掃除機の北米市場規模・予測
・ロボット掃除機のアメリカ市場規模・予測
・ロボット掃除機のヨーロッパ市場規模・予測
・ロボット掃除機のアジア市場規模・予測
・ロボット掃除機の日本市場規模・予測
・ロボット掃除機の中国市場規模・予測
・関連企業情報


※「ロボット掃除機の世界市場:製品別(150USD以下、150USDから300USD、300USDから500USD、500USD以上)、用途別(家庭用、商業用、その他)、地域別予測」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/global-robotic-vacuum-cleaner-market-bzw9jn112

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6403-3954 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6403-3954、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198182&id=bodyimage1

投稿日:

「電動スクーター・電動バイクの世界市場予測 2027年:Eスクーター/原動機付き自転車、Eバイク、密閉型鉛酸蓄電池、リチウムイオン電池」 – 調査レポートの販売開始

2019年07月17日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「電動スクーター・電動バイクの世界市場予測 2027年:Eスクーター/原動機付き自転車、Eバイク、密閉型鉛酸蓄電池、リチウムイオン電池」 (MarketsandMarkets発行) の販売を7月17日より開始いたしました。

【 商品情報 】
電動スクーター・電動バイクの世界市場予測 2027年:Eスクーター/原動機付き自転車、Eバイク、密閉型鉛酸蓄電池、リチウムイオン電池
Electric Scooter and Motorcycle Market by Vehicle Type (E-Scooter/Moped and E-Motorcycle), Battery Type (Sealed Lead Acid & Li-Ion), Distance Covered, Voltage (36V, 48V, 60V & 72V), Technology (Plug-in & Battery) Region - Global Forecast to 2027
● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2019年07月11日
● ページ情報: 131 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama888609-electric-scooter-motorcycle-market-by-vehicle-type.html

当レポートでは、世界の電動スクーター・電動バイク市場に注目し、市場の概要、各セグメントおよび地域別による市場の分析と予測、競合状況、および主要企業のプロファイルなど、体系的な情報を提供しています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 産業動向
第7章 電動スクーター・電動バイク市場:バッテリータイプ別
第8章 電動スクーター・電動バイク市場:走行距離別
第9章 電動スクーター・電動バイク市場:車両タイプ別
第10章 電動スクーター・電動バイク市場:電圧別
第11章 電動スクーター・電動バイク市場:技術別
第12章 電動スクーター・電動バイク市場:地域別
第13章 競合情勢
第14章 企業プロファイル
第15章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama888609-electric-scooter-motorcycle-market-by-vehicle-type.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198307&id=bodyimage1

投稿日:

「プリザーブド生花の世界市場:種類別(バラ、アジサイ、苔)、用途別(結婚式、祭り、その他)、地域別予測」市場調査レポートを販売開始

2019年7月17日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「プリザーブド生花の世界市場:種類別(バラ、アジサイ、苔)、用途別(結婚式、祭り、その他)、地域別予測」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「プリザーブド生花の世界市場:種類別(バラ、アジサイ、苔)、用途別(結婚式、祭り、その他)、地域別予測」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:プリザーブド生花の世界市場:種類別(バラ、アジサイ、苔)、用途別(結婚式、祭り、その他)、地域別予測
◆英語タイトル:Global Preserved Fresh Flower Market Size study, by Type (Rose, Hydrangea, Moss), by Application (Wedding, Festival, Others) and Regional Forecasts 2019-2026
・商品コード:BZW9JN099
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2019年6月25日
・ページ数:約150
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
・産業分野:産業未分類

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本資料は、プリザーブド生花の世界市場について調べ、プリザーブド生花の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(バラ、アジサイ、苔)分析、用途別(結婚式、祭り、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・プリザーブド生花の世界市場概要
・プリザーブド生花の世界市場環境
・プリザーブド生花の世界市場動向
・プリザーブド生花の世界市場規模
・プリザーブド生花の世界市場規模:種類別(バラ、アジサイ、苔)
・プリザーブド生花の世界市場規模:用途別(結婚式、祭り、その他)
・プリザーブド生花の世界市場:地域別市場規模・分析
・プリザーブド生花の北米市場規模・予測
・プリザーブド生花のアメリカ市場規模・予測
・プリザーブド生花のヨーロッパ市場規模・予測
・プリザーブド生花のアジア市場規模・予測
・プリザーブド生花の日本市場規模・予測
・プリザーブド生花の中国市場規模・予測
・関連企業情報


※「プリザーブド生花の世界市場:種類別(バラ、アジサイ、苔)、用途別(結婚式、祭り、その他)、地域別予測」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/global-preserved-fresh-flower-market-bzw9jn099

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6403-3954 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6403-3954、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198181&id=bodyimage1

投稿日:

チェック・ポイント、2019年6月のGlobal Threat Indexを発表 Emotetが活動を停止するも、一時的な休止に過ぎない可能性

Emotetボットネットのインフラストラクチャは、6月のほとんどの期間、活動を停止。ただし専門家は、新機能の追加に伴う一時的な休止と分析

カリフォルニア州サンカルロス - 2019年7月9日 - ゲートウェイからエンドポイントまで、包括的セキュリティを提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(Check Point(R) Software Technologies Ltd. NASDAQ: CHKP)の脅威情報部門であるCheck Point Researchは本日、2019年6月の『Global Threat Index(世界の脅威指標)』を発表しました。同チームによると、現在活動している中では最大規模のボットネットであるEmotetは、6月のほとんどの期間、活動を停止し、新たなキャンペーンを展開していませんでした。Emotetは、2019年上半期を通じてマルウェア・グローバル・ランキングのトップ5にランクインし続け、大規模スパム・キャンペーンで拡散されていました。

リサーチ・チームの分析によると、Emotetが活動を停止しているのは、メンテナンスおよびアップグレードのためにインフラストラクチャをオフラインにしていることが理由と考えられます。この分析が正しければ、インフラストラクチャの準備が整い次第、強力な新機能を備えたEmotetが活動を再開することになります。

チェック・ポイントの脅威情報およびリサーチ担当ディレクターを務めるマヤ・ホロウィッツ(Maya Horowitz)は、「Emotetは、2014年の登場以来、しばらくの間はトロイの木馬として活動していましたが、2018年以降は、大規模なマルウェア・スパム・キャンペーンで他のマルウェアを拡散させるボットネットとして使用されるようになっています。Emotetは、6月のほとんどの期間、活動を停止していたにもかかわらず、今回もマルウェア・グローバル・ランキングの第5位にランクインしています。この点からも、同マルウェアが極めて広範囲に感染を広げている事実がうかがえます。Emotetはおそらく、新機能を携えて再登場することになるでしょう」と述べています。

「コンピュータにインストールされたEmotetは、さらなるスパム・キャンペーンで自身を拡散させるほか、Trickbotなどのマルウェアをダウンロードしてネットワーク内の他のシステムに感染を広げます。なお、このTrickbotは、特に悪質なことで知られるランサムウェアのRyukをネットワーク全体に感染させるという活動を展開します」(ホロウィッツ)

2019年6月のマルウェア・ファミリー上位3種:
2019年6月のランキング上位は、引き続き3大マイニング・ツールが占めています。世界の4%の組織に影響を与えたXMRigが第1位、次いで3%の組織に影響を与えたJsecoinとCryptolootが僅差の第2位と第3位に入っています。

1. XMRig: 仮想通貨Moneroの採掘に使用されるオープンソースのCPUマイニング・ソフトウェアで、2017年5月に初めて確認されました。

2. JSEcoin: Webサイトに埋め込み可能なJavaScriptによるマイニング・ツールです。JSEcoinでは、ブラウザで直接マイニング・ツールを実行する代わりに、広告の非表示やゲーム内通貨の提供などのメリットが得られます。

3. Cryptoloot: 被害者のCPUやGPUの処理能力に加え、既存のコンピュータ・リソースも活用して仮想通貨の採掘を行うマイニング・ツールです。ブロックチェーンにトランザクションを追加し、新しい通貨を発行します。Coinhiveと競合するツールであり、Webサイトで生じた収益から差し引く手数料を抑える戦略で優位に立とうとしています。

2019年6月のモバイル・マルウェア上位3種:
モバイル・マルウェア・ランキングは、前月に続きLotoorが第1位となり、Triadaが第2位、そして初のランクインとなるZtorgが第3位という結果になっています。

1. Lotoor: Androidオペレーティング・システムの脆弱性を悪用し、感染モバイル・デバイスのroot権限を取得するハッキング・ツールです。

2. Triada: ダウンロードしたマルウェアにスーパーユーザ権限を付与し、システム・プロセスへの埋め込みを可能にするAndroid向けのモジュール型バックドアです。ブラウザに読み込まれるURLを偽装するタイプも確認されています。

3. Ztorg: Androidデバイスで権限を昇格させ、システム・ディレクトリに自身を組み込むZtorgファミリーのトロイの木馬です。感染デバイス上に別のアプリケーションをインストールする機能を備えています。

2019年6月の脆弱性上位3種:
2019年6月は、前月に引き続き、世界の52%の組織に影響を与えたSQLインジェクションが第1位となっています。続いて、43%の組織に影響を与えた「OpenSSL TLS DTLS Heartbeatにおける情報漏洩」が第2位、41%に影響を与えたCVE-2015-8562が僅差の第3位となっています。

1. SQLインジェクション(複数の手法): クライアントからアプリケーションへの入力データにSQLクエリを挿入し、アプリケーションのソフトウェアに存在する脆弱性を悪用します。

2. OpenSSL TLS DTLS Heartbeatにおける情報漏洩(CVE-2014-0160、CVE-2014-0346): OpenSSLに存在する情報漏洩の脆弱性です。この脆弱性は、TLS/DTLS Heartbeatのパケット処理時のエラーに起因しています。攻撃者は、この脆弱性を悪用して、接続しているクライアントまたはサーバのメモリの内容を入手できます。

3. Joomlaにおけるオブジェクト・インジェクションによるリモート・コマンド実行(CVE-2015-8562): Joomlaプラットフォームに発見されたリモート・コマンド実行の脆弱性です。この脆弱性の原因は、入力オブジェクトに対する検証が行われない点にあり、悪用された場合はリモートでコードを実行されるおそれがあります。リモートの攻撃者は、不正なリクエストを標的に送りつけることで、この脆弱性を悪用できます。脆弱性の悪用に成功した場合、標的のユーザのコンテキストで任意のコードを実行できます。

チェック・ポイントのGlobal Threat Impact IndexとThreatCloud Mapの基盤となるのは、チェック・ポイントが運用しているThreatCloud脅威インテリジェンスの情報です。ThreatCloudは、サイバー犯罪阻止を目的とする業界最大規模の協調型ネットワークで、世界中に設置された脅威センサーのネットワークから収集した脅威情報や攻撃動向を配信しています。ThreatCloudのデータベースには、ボット発見を目的として分析された2億5,000万件以上のアドレスや、1,100万件以上のマルウェア・シグネチャ、550万件以上の不正サイトの情報が登録されています。ThreatCloudは、1日あたり数百万種類のマルウェアを観測、認識しています。

本リリースは、米国時間7月9日に配信されたものの抄訳です。

■Check Point Researchについて
Check Point Researchは、チェック・ポイントの顧客やインテリジェンス・コミュニティ全般に向けて、業界有数のサイバー脅威情報を提供しています。世界中で発生しているサイバー攻撃に関する情報をThreatCloudに蓄積して分析し、ハッカーを追跡しながら、チェック・ポイントの各製品に搭載される最新の保護機能の開発に携わっています。Check Point Researchは、セキュリティ・ベンダー各社や捜査当局、各種CERTと協調する100人以上のアナリストと研究者で構成されています。

■チェック・ポイントについて
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ( www.checkpoint.com )は、世界各国の政府機関や企業など、あらゆる組織に対応するサイバー・セキュリティ・ソリューションを提供する大手プロバイダーです。業界随一の検出率を誇る先進のソリューションにより、お客様のネットワークを、マルウェアやランサムウェアなどの多岐にわたる第5世代のサイバー攻撃から保護します。企業のクラウドやネットワークのほかモバイル・デバイスに保存されている情報を、今日の第5世代のサイバー攻撃を含めてあらゆる脅威から保護するため、第5世代の脅威に対応するマルチレベルのセキュリティ・アーキテクチャを備え、直感的で操作性に優れた総合的かつ一元的なセキュリティ管理システムを展開しています。世界の10万以上の組織・企業がチェック・ポイントのセキュリティ製品を利用しています。

投稿日:

チェック・ポイントのリサーチ・チーム、2,500万台のデバイスに感染している新たなモバイル・マルウェアを発見

ユーザの同意や操作なしに、インストール済みのアプリを勝手に不正なバージョンに入れ替える「Agent Smith」マルウェア

米カルフォルニア州サンカルロス - 2019年7月10日--ゲートウェイからエンドポイントまで、包括的セキュリティを提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(Check Point(R) Software Technologies Ltd. NASDAQ: CHKP)の脅威情報部門であるCheck Point Researchは本日、世界で2,500万台、インドだけで1,500万台のモバイル・デバイスに密かに感染している新たなモバイル・マルウェアを発見したと発表しました。Google関連のアプリに偽装されたこのマルウェアは、Android OSに存在する既知の脆弱性を悪用し、ユーザの同意や操作を必要とすることなく、インストール済みのアプリを不正なバージョンに入れ替えます。

映画『マトリックス』にちなんで「Agent Smith」と名付けられた同マルウェアは、現在のところ、デバイスのリソースに対する広範なアクセス権を用いて詐欺的な広告を表示し、金銭的利益を得るために使用されていますが、銀行の認証情報の窃取や盗聴など、はるかに有害性の高い目的にも容易に転用できます。同マルウェアの活動は、Gooligan、Hummingbad、CopyCatなどの過去のマルウェアにも似ています。

チェック・ポイントのモバイル脅威検出リサーチ担当責任者のジョナサン・シモノビッチ(Jonathan Shimonovich)は、「このマルウェアは、ユーザがインストールしたアプリを密かに攻撃するため、一般的なAndroidユーザが自分で対処することは困難です。今回のAgent Smithのような侵略型のモバイル・マルウェア攻撃を防ぐには、デジタル資産を保護する十分な予防対策を講じたうえで、高度な脅威対策と脅威情報を組み合わせて活用するのが最も効果的です。また、アプリのダウンロードは、感染のリスクを軽減するため信頼できるアプリ・ストアからのみ行うように心がけることも重要です。サードパーティ・アプリ・ストアの多くは、アドウェアが組み込まれたアプリをブロックするためのセキュリティ対策が十分ではありません」と述べています。

Agent Smithの元々の感染源は、人気のサードパーティ・アプリ・ストア9Appsであり、主にヒンディー語、アラビア語、ロシア語、インドネシア語を解するユーザを標的としています。これまでのところ、インドを中心に、パキスタンやバングラデシュなどのアジア諸国のユーザに被害が広がっています。また、英国やオーストラリア、米国でも、少なからず感染被害が確認されています。チェック・ポイントはGoogleと緊密に協力しており、本プレスリリースの公開時点で、Google Playストアに不正なアプリは登録されていないことを確認しています。

このモバイル・マルウェアの詳細については、Check Point Researchのブログ(https://research.checkpoint.com/agent-smith-a-new-species-of-mobile-malware/
またはチェック・ポイントのコーポレート・ブログ(https://blog.checkpoint.com/2019/07/10/agent-smith-android-malware-mobile-phone-hack-virus-google/)をご覧ください。

本リリースは、米国時間7月10日に配信されたものの抄訳です。

■Check Point Researchについて
Check Point Researchは、チェック・ポイントの顧客やインテリジェンス・コミュニティ全般に向けて、業界有数のサイバー脅威情報を提供しています。世界中で発生しているサイバー攻撃に関する情報をThreatCloudに蓄積して分析し、ハッカーを追跡しながら、チェック・ポイントの各製品に搭載される最新の保護機能の開発に携わっています。Check Point Researchは、セキュリティ・ベンダー各社や捜査当局、各種CERTと協調する100人以上のアナリストと研究者で構成されています。

■チェック・ポイントについて
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(https://www.checkpoint.com/)は、世界各国の政府機関や企業など、あらゆる組織に対応するサイバー・セキュリティ・ソリューションを提供する大手プロバイダーです。業界随一の検出率を誇る先進のソリューションにより、お客様のネットワークを、マルウェアやランサムウェア、高度な標的型の脅威などの多岐にわたる第5世代のサイバー攻撃から保護します。企業のクラウドやネットワーク、モバイル・デバイスを、今日の第5世代のサイバー攻撃を含めてあらゆる脅威から保護するため、第5世代の脅威に対応するマルチレベルのセキュリティ・アーキテクチャ「Infinity Total Protection」を備え、直感的で操作性に優れた総合的かつ一元的なセキュリティ管理システムを展開しています。世界の10万以上の組織・企業がチェック・ポイントのセキュリティ製品を利用しています。



投稿日:

「術後疼痛治療法の世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートを取り扱い開始しました

2019年7月17日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「術後疼痛治療法の世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートの販売を開始いたしました。術後疼痛治療法の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:術後疼痛治療法の世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測
■英文タイトル:Postoperative Pain Therapeutics Market (Drug Class: Opioids, NSAIDS, Local Anesthetics, Tricyclic Antidepressants, Antiepileptic Drugs, and Others; Route of Administration: Oral, Intramuscular, Intravenous, and Others; Distribution Channel: Hospital Pharmacies, Retail Pharmacies, Online Pharmacies, and Others) - Global Industry Analysis, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2019 - 2027
■発刊日:2019年6月19日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本資料は、術後疼痛治療法の世界市場について調べ、術後疼痛治療法の世界市場規模、市場動向、市場シェア、市場環境、市場予測、薬物クラス別(オピオイド、NSAIDS、局所麻酔薬、三環系抗うつ薬、抗てんかん薬、その他)分析、投与経路別(経口、筋肉内、静脈内など)分析、流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、オンライン薬局など)分析、関連企業情報などをまとめました。
・術後疼痛治療法の市場概要
・術後疼痛治療法の市場動向
・術後疼痛治療法の世界市場規模・予測
・術後疼痛治療法市場:薬物クラス別(オピオイド、NSAIDS、局所麻酔薬、三環系抗うつ薬、抗てんかん薬、その他)
・術後疼痛治療法市場:投与経路別(経口、筋肉内、静脈内など)
・術後疼痛治療法市場:流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、オンライン薬局など)
・地域別分析(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)
・競争環境・関連企業分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tpm-jl092-postoperative-pain-therapeutics-market-drug

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサーチ)社について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数十件)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198199&id=bodyimage1

投稿日:

「砂糖菓子の世界市場:種類別(ホットボイルドスイーツ、キャラメル&トフィー、ガム&ゼリー、薬用菓子、ミント、その他、用途別(デザート、飲料、アイスクリーム、その他)、地域別」市場調査レポートを販売開始

2019年7月17日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「砂糖菓子の世界市場:種類別(ホットボイルドスイーツ、キャラメル&トフィー、ガム&ゼリー、薬用菓子、ミント、その他、用途別(デザート、飲料、アイスクリーム、その他)、地域別予測」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「砂糖菓子の世界市場:種類別(ホットボイルドスイーツ、キャラメル&トフィー、ガム&ゼリー、薬用菓子、ミント、その他、用途別(デザート、飲料、アイスクリーム、その他)、地域別予測」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。世界の市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:砂糖菓子の世界市場:種類別(ホットボイルドスイーツ、キャラメル&トフィー、ガム&ゼリー、薬用菓子、ミント、その他、用途別(デザート、飲料、アイスクリーム、その他)、地域別予測
◆英語タイトル:Global Sugar Confectionary Market Size study, by Type (Hot-Boiled Sweets, Caramels & Toffees, Gums & Jellies, Medicated Confectionary, Mints, Others), by Application (Dessert, Drinks, Ice Cream, Others) and Regional Forecasts 2019-2026
・商品コード:BZW9JN081
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2019年6月25日
・ページ数:約150
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
・産業分野:産業未分類

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本資料は、砂糖菓子の世界市場について調べ、砂糖菓子の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ホットボイルドスイーツ、キャラメル&トフィー、ガム&ゼリー、薬用菓子、ミント、その他分析、用途別(デザート、飲料、アイスクリーム、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・砂糖菓子の世界市場概要
・砂糖菓子の世界市場環境
・砂糖菓子の世界市場動向
・砂糖菓子の世界市場規模
・砂糖菓子の世界市場規模:種類別(ホットボイルドスイーツ、キャラメル&トフィー、ガム&ゼリー、薬用菓子、ミント、その他
・砂糖菓子の世界市場規模:用途別(デザート、飲料、アイスクリーム、その他)
・砂糖菓子の世界市場:地域別市場規模・分析
・砂糖菓子の北米市場規模・予測
・砂糖菓子のアメリカ市場規模・予測
・砂糖菓子のヨーロッパ市場規模・予測
・砂糖菓子のアジア市場規模・予測
・砂糖菓子の日本市場規模・予測
・砂糖菓子の中国市場規模・予測
・関連企業情報

※「砂糖菓子の世界市場:種類別(ホットボイルドスイーツ、キャラメル&トフィー、ガム&ゼリー、薬用菓子、ミント、その他、用途別(デザート、飲料、アイスクリーム、その他)、地域別予測」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/global-sugar-confectionary-market-size-bzw9jn081

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
※H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索し注文可能です。Eメールによるお見積依頼・注文も可能です。基本的に納品後の銀行振込(ご請求書発行)によるお支払方式です。

***** マーケットレポート.jpについて *****
「MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト、https://www.marketreport.jp)」では世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本市場レポート、アジア市場レポート、米国市場レポート、欧州市場レポート、世界市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6403-3954 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6403-3954、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198180&id=bodyimage1

投稿日:

【矢野経済研究所プレスリリース】バーチャルキー世界市場に関する調査を実施(2019年)~2018年、世界におけるバーチャルキー搭載車輌台数は2,069万台~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、バーチャルキー世界市場を調査し、市場動向、自動車メーカー・関連企業の動向、将来展望を明らかにいたしました。

1.市場概況

2018年の世界におけるバーチャルキー搭載車輌台数を2,069万台と推計した。米国におけるエマージェンシーコール(緊急通報システム)の義務化に伴い、バーチャルキーに対応したインフォテイメントシステムが新車の多くに搭載され、2019年現在、米国で市販されている乗用車の殆どがバーチャルキーに対応している状況である。また、ドイツの高級車メーカーを中心に世界で販売する新車にインフォテイメントシステムを標準搭載する動きが活発化しており、米国市場に続き欧州市場でも普及が進みつつある。

2.注目トピック~AIスマートスピーカーとの連携

米国市場や欧州市場を中心に普及が進むAIスマートスピーカーは、インフォテイメントシステムとの連携が始まっている。米国Googleの車載インフォテイメントサービス「AndroidAuto」では、AIアシスタント「GoogleAssistant」が利用可能でAndroidスマートフォンに加え、GoogleのAIスマートスピーカー「GoogleHome」との連携が可能となっている。その結果、自動車を運転しながら自宅のエアコンを操作したり、リビングからリモコン操作によるエンジン始動が可能となり、コネクテッドカーとスマートホームの連携を実現した。同様の取り組みは、米国Apple、米国Amazonも行っており、特にAmazonは、米国Ford、スウェーデンのVOLVOと組んで自動車のトランクを宅配ロッカーとして利用できる「AmazonKey」の運用を開始している。

3.将来展望

バーチャルキー世界市場では、先行した米国市場に続くのはEUを中心とした欧州市場となる見通しである。EUでも緊急通報システム「e-call」の搭載が義務化されており、また、同分野で出遅れている世界最大の自動車メーカーであるドイツのVOLKSWAGENは2019年秋に発表予定の主力モデルの新型車以降、「次世代」インフォテイメントシステムの搭載及びバーチャルキーへの対応を発表しており、同分野への取り組みを強化する見通しである。また、世界最大の自動車市場である中国市場についても環境整備は進んでおり、インフォテイメントシステムによるコネクテッドサービスの導入は時間の問題と言える。しかし、中国市場の場合は、地場のIT企業を中心とした独自の生態系が構築される可能性が高い。一方、シェアリングサービスでは世界的に先行している市場でもあり、バーチャルキーに加え、車載スマートロックの導入に於いても有望な市場と言える。
日本市場は、(1)カーナビゲーションが普及 (2)国土が狭く、移動距離が少ない (3)ディーラー網、ロードサービスが充実、といった理由でインフォテイメントシステムによるコネクテッドサービスへの需要が低い市場と言える。但し、車輌盗難、煽り運転、高齢者による自動車事故等、自動車に起因する社会問題も多く、解決手段の一つとして「コネクテッド化」が進む可能性が高い。その一環として、バーチャルキーの普及が進むものと予測する。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2182

調査要綱
1.調査期間: 2019年2月~6月
2.調査対象: 自動車メーカー、バーチャルキー・スマートロック・スマートスピーカー関連企業等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2019年6月28日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198297&id=bodyimage1

投稿日:

「マイクロ電池 (小型電池) の世界市場 – 2025年までの予測:薄膜電池、プリンテッドバッテリー、チップ型固体電池」 – 調査レポートの販売開始

2019年07月16日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「マイクロ電池 (小型電池) の世界市場 - 2025年までの予測:薄膜電池、プリンテッドバッテリー、チップ型固体電池」 (MarketsandMarkets発行) の販売を7月16日より開始いたしました。

【 商品情報 】
マイクロ電池 (小型電池) の世界市場 - 2025年までの予測:薄膜電池、プリンテッドバッテリー、チップ型固体電池
Micro Battery Market by Type (Thin Film, Printed, Solid State Chip Battery), Capacity, Rechargeability, Application (Smart Cards, Smart Packaging, Medical Devices, Wearable Devices), and Geography - Global Forecast to 2025
● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2019年07月09日
● ページ情報: 146 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama888108-micro-battery-market-by-type-thin-film-printed.html

当レポートでは、世界のマイクロ電池 (小型電池) 市場について調査分析し、市場概要、産業動向、セグメント別の市場分析、競合情勢、主要企業などについて、体系的な情報を提供しています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 マイクロ電池のコンポーネント
第7章 マイクロ電池の世界市場:種類別
第8章 マイクロ電池の世界市場:充電式別
第9章 マイクロ電池の世界市場:容量別
第10章 マイクロ電池の世界市場:用途別
第11章 マイクロ電池の世界市場:地域別
第12章 競合情勢
第13章 企業プロファイル
第14章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama888108-micro-battery-market-by-type-thin-film-printed.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198282&id=bodyimage1

投稿日:

【マインドコマース調査報告】コネクテッドホーム(ネットワーク接続世帯)市場:人工知能・データ解析・IoT毎、MNO・OTT毎、用途毎(エンターテインメント、セキュリティ、エネルギー、自動車)

【調査レポートのサマリー】
2019年7月発行

米国調査会社マインドコマース(Mind Commerce)の調査レポート「コネクテッドホーム(ネットワーク接続世帯)市場:技術毎(人工知能、データ解析、IoT・モノのインターネット)、コンピュータタイプ毎(コアクラウド、エッジ)、サービスプロバイダ毎(モバイルネットワーク事業者、オーバーザトップ)、用途タイプ毎(エンターテインメント、セキュリティ、エネルギー、スマート自動車統合)、ユーザインターフェース毎(スマートスピーカ、スマートフォン)、接続タイプ毎、通信インターフェース毎、採用タイプ毎、地域毎 2019-2024年」は、コネクテッドホーム(ネットワーク接続する世帯)市場の主要企業とソリューションを査定している。人工知能やモノのインターネットなどの支援技術の役割と現在の市場阻害要因とソリューションを評価している。コネクテッドホームの市場を技術毎(人工知能、データ解析、IoT・モノのインターネット)、コンピュータタイプ毎(コアクラウド、エッジ)、サービスプロバイダ毎(モバイルネットワーク事業者、オーバーザトップ)、用途タイプ毎(エンターテインメント、セキュリティ、エネルギー、スマート自動車との統合)、ユーザインターフェース毎(スマートスピーカ、スマートフォン)、接続タイプ毎、通信インターフェース毎、採用タイプ毎、地域毎に査定している。機器導入やコンフィグレーション、プロビジョニング、アクセス制御、監視などのDIYと管理サービス市場についても評価している。

仮想ベースのゲームや動画視聴の利用などのイマーシブ(没入型)で対話的なソリューションや、仮想コントローラやジェスチャー・動作センサなどのインターフェース・機器についても分析している。音声アシスタント、 宅内構成、緊急警報、同期などのスマート自動車との統合アプリケーションについても評価している。2019-2024年の主要とみられる市場セグメント、サブセグメント、地域などの市場について予測している。

This report assesses the connected home marketplace, including major industry players, and solutions. The role of AI, IoT, and supporting technologies is evaluated with analysis of current market inhibitors and solutions. This report evaluates the connected home market by Technology (AI, Data Analytics, and IoT), Computing Type (Core Cloud and Edge), Service Provider (MNO and OTT), Application Type (Entertainment, Security, Energy, and Smart Vehicle Integrated), User Interface (Smart Speakers and Phones), Connection Type, Communication Interface, Deployment Type, and Region. The report evaluates both the DIY and managed service market including device installation and configuration, provisioning, access control, monitoring, and more.

The report includes analysis of immersive and interactive solutions including the use of virtual reality based gaming and video watching as well as interfaces and equipment used including virtual controllers, gesture and motion sensors. The report also evaluates smart vehicle integrated applications including voice assistance, home configuration, emergency alerts, synchronization, and more. The report provides market forecasts for major market segments, sub-segments, and regional expectations for the period 2019 through 2024.


マインドコマース(Mind Commerce)は、ネットワークインフラ、Eコマース、オンラインコンテンツ、アプリケーションなど、有線と無線の両方の通信市場を広範かつ詳細に調査・分析を行ったレポートを数多く出版する米国の調査会社です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198277&id=bodyimage1


■ 調査レポート ■

コネクテッドホーム(ネットワーク接続世帯)市場:技術毎(人工知能、データ解析、IoT・モノのインターネット)、コンピュータタイプ毎(コアクラウド、エッジ)、サービスプロバイダ毎(モバイルネットワーク事業者、オーバーザトップ)、用途タイプ毎(エンターテインメント、セキュリティ、エネルギー、スマート自動車統合)、ユーザインターフェース毎(スマートスピーカ、スマートフォン)、接続タイプ毎、通信インターフェース毎、採用タイプ毎、地域毎 2019-2024年
Connected Home Market by Technology (AI, Data Analytics, IoT), Computing Type (Core Cloud and Edge), Service Provider (MNO and OTT), Application Type (Entertainment, Security, Energy, Smart Vehicle Integrated), User Interface (Smart Speakers and Phones), Connection Type, Communication Interface, Deployment Type, and Region 2019 - 2024
出版年月:2019年7月
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/mcch.html

◆米国市場調査会社 マインドコマース(Mind Commerce)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/index.html


株式会社データリソースは、マインドコマースの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

マインドコマース 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html



投稿日:

【パークスアソシエイツ社調査報告】動画配信の移行:消費者にコンテンツを届ける

【調査レポートのサマリー】
2019年7月発行

オンラインコンテンツの増加によって、配信業者は配信の新しいモデルの採用を検討している。OTT(オーバーザトップ)サービスや仮想MVPD(マルチチャンネル動画番組配信)などのデジタルメディア配信は、コンテンツ分野の基準となりつつある。同時に配信の新しいアプローチは、コンテンツ長、収益化、ブランド化に影響を与えている。米国調査会社パークスアソシエイツ社(Parks Associates)の調査レポート「動画配信の移行:消費者にコンテンツを届ける」は、今日のコンテンツ配信について述べ、この市場がデジタルメディア環境を急速に進化させている状況を描き出している。ブロードバンド世帯の動画消費の5年間の市場を予測している。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198215&id=bodyimage1

With more content moving online, distributors are forced to adapt to the new models of distribution. OTT services, virtual MVPDs, and other forms of distributing digital media have become the norms in the content space. At the same time, new approaches to distribution can affect content length, monetization options, and branding. This report explores the business of content distribution today and how the market is evolving in a rapidly changing digital media environment. It also provides examples of new alternatives for distribution among leading companies. This report provides a five-year forecast for household video consumption among broadband households.


パークスアソシエイツ社(Parks Associates)は、1986年創設の米国の調査会社です。様々な産業分野の調査レポートを出版、ワークショップを主催し、毎年コンファレンスを行っています。ブロードバンドやホームネットワーキングなどの分野では実績があります。


■ 調査レポート ■

動画配信の移行:消費者にコンテンツを届ける
Shifts in Video Distribution: Getting Content to Consumers
出版社:パークスアソシエイツ社(米国)
出版年月:2019年7月
http://www.dri.co.jp/auto/report/parks/pkvd.html

◆米国市場調査会社 パークスアソシエイツ社(Parks Associates)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/parks/index.html


株式会社データリソースは、パークスアソシエイツ社の日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

パークスアソシエイツ社 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html



投稿日:

【矢野経済研究所プレスリリース】ポイントサービス市場に関する調査を実施(2019年)~2018年度の国内市場規模は1兆8,930億円まで拡大、加速するマルチポイント化・共通ポイント乗り換えの動き~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内ポイントサービス市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにいたしました。

1.市場概況

2018年度の国内ポイントサービス市場規模(ポイント発行額ベース)は1兆8,930億円と推計した。ハウスポイントの発行の広まりに加え、複数の共通ポイントを導入する事業者の増加に伴って、マルチポイント化(1社で数種類のポイントを発行)が進んで、今後、ポイント発行額は拡大していくと考える。こうしたことから、2019年度の同市場規模は1兆9,958億円になると予測する。
また、共通ポイントとハウスポイントの双方を発行する取組みや、導入していた共通ポイントを乗り換える事例も出ており、ポイントを巡る環境は変化しつつある。

2.注目トピック~マルチポイント化の進展

(1)共通ポイントとハウスポイントを併用する取組みが拡大
ハウスポイントと合わせて共通ポイントを導入することで、ハウスポイントのみを発行する場合よりも、ユーザのポイントカードの提示率を向上できる等の効果が得られる。これにより、共通ポイントを導入した事業者は、ユーザの属性情報や、来店のタイミング・頻度の把握がより容易となる。また、一部の加盟店では、一度の購買機会でハウスポイントと共通ポイントの双方を付与している。これらの企業はポイントを手厚く付与することで、ユーザにお得感を与えてポイントカードの提示を促し、会員の情報を収集しやすい体制を構築していると考える。
(2)コンビニエンスストアにおけるマルチポイント化
小売業者等で、複数の共通ポイントを導入する事業者が増加している。その中でも、特にコンビニエンスストアでの動向に注目が集まっている。これまでは、複数の共通ポイントを導入しているコンビニエンスストアは、ローソンのみであった。しかし、ファミリマートが、2019年11月より新たに楽天スーパーポイントとdポイントを導入することを発表した。店舗では、従来から導入していたTポイントを含め、3種類の共通ポイントが利用できるようになる予定である。
多くのコンビニエンスストアが複数の共通ポイントを導入すれば、消費者は購買時の共通ポイント付与を当たり前と捉えるようになるであろう。その場合、共通ポイントを採用していないコンビニエンスストアでは、来店客数が減少する可能性がある。そのため、ハウスポイントを発行しているコンビニエンスストアにおいても、今後、共通ポイントの導入及びマルチポイント化が進んでいくと想定できる。今後のコンビニエンスストア各社における、共通ポイントを巡る動向に注目したい。

3.将来展望

2023年度には国内ポイントサービス市場規模(ポイント発行額ベース)は2兆4,332億円に至ると予測する。ハウスポイントの発行の広まりに加え、複数の共通ポイントを導入する事業者の増加に伴って、引き続き市場は拡大していく見通しである。ハウスポイントを発行する企業は、従来通りポイント付与による販促や、ID-POSを用いた顧客分析から個客マーケティングの実施に結びつける取組みを進めていくだろう。また、ハウスポイント発行事業者が、自社の独自ポイントを共通ポイントと交換できるようにする等して、ポイント交換先を拡充していくことも考えられる。また、共通ポイントを導入する企業においては、1社で複数の共通ポイントを発行するケースが益々増えていく。多くの加盟店で共通ポイントを使用できるようになれば、会員にとっては、購買時の共通ポイントの付与が当たり前となる。そのため、共通ポイントサービス提供事業者には、追加のポイントや特典の付与、スマートフォンアプリの機能拡充等、ポイントサービスの付加価値向上が要求されることとなる。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2178

調査要綱
1.調査期間: 2019年3月~6月
2.調査対象: ポイント発行事業者や共通ポイントサービス提供事業者、ポイント交換サービス提供事業者、マイレージサービス提供事業者、ポイントサイト運営事業者、ポイント関連ソリューションベンダ等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接取材、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2019年6月28日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198294&id=bodyimage1

投稿日:

「SATCOM (衛星通信) 機器の世界市場予測 2025年:トランスポンダー・トランシーバー・コンバーター・増幅器・宇宙アンテナ」 – 調査レポートの販売開始

2019年07月16日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「SATCOM (衛星通信) 機器の世界市場予測 2025年:トランスポンダー・トランシーバー・コンバーター・増幅器・宇宙アンテナ」 (MarketsandMarkets発行) の販売を7月16日より開始いたしました。

【 商品情報 】
SATCOM (衛星通信) 機器の世界市場予測 2025年:トランスポンダー・トランシーバー・コンバーター・増幅器・宇宙アンテナ
SATCOM Equipment Market for Space by Component (Transponders, Transceivers, Converters, Amplifiers, Antennas), Satellite Type (CubeSat, Small, Medium, Large), End User (Commercial, Government & Military), Application, Region - Global Forecast to 2025
● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2019年07月10日
● ページ情報: 144 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama888111-satcom-equipment-market-space-by-component.html

当レポートでは、世界のSATCOM (衛星通信) 機器市場に注目し、市場の概要、各セグメントおよび地域別による市場の分析と予測、競合状況、および主要企業のプロファイルなど、体系的な情報を提供しています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 産業動向
第7章 宇宙向けSATCOM機器市場:コンポーネント別
第8章 宇宙向けSATCOM機器市場:衛星種類別
第9章 宇宙向けSATCOM機器市場:用途別
第10章 宇宙向けSATCOM機器市場:エンドユーザー別
第11章 地域分析
第12章 競合情勢
第13章 企業プロファイル
第14章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama888111-satcom-equipment-market-space-by-component.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198280&id=bodyimage1

投稿日:

「地下ユーティリティ設備マッピングの世界市場の予測 ~2024年:技術ソリューション (EMI・GPR)・サービス (プロフェッショナル・マネージド)」 – 調査レポートの販売開始

2019年07月16日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「地下ユーティリティ設備マッピングの世界市場の予測 ~2024年:技術ソリューション (EMI・GPR)・サービス (プロフェッショナル・マネージド)」 (MarketsandMarkets発行) の販売を7月16日より開始いたしました。

【 商品情報 】
地下ユーティリティ設備マッピングの世界市場の予測 ~2024年:技術ソリューション (EMI・GPR)・サービス (プロフェッショナル・マネージド)
Underground Utility Mapping Market by Component (Technological Solutions (EMI and GPR), and Services (Professional Services, and Managed Services)), Vertical (Telecommunication, Oil & Gas, Government & Public Safety), Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2019年07月09日
● ページ情報: 121 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama888109-underground-utility-mapping-market-by-component.html

当レポートでは、世界の地下ユーティリティ設備マッピングの市場を調査し、市場および技術の定義と概要、市場成長への各種影響因子および市場機会の分析、技術ソリューション・サービス・エンドユーザー産業・地域/主要国別の動向と市場規模の推移と予測、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 市場分析・予測:コンポーネント別
第7章 市場分析・予測:技術ソリューションタイプ別
第8章 市場分析・予測:サービスタイプ
第9章 市場分析・予測:産業別
第10章 市場分析・予測:地域別
第11章 競合環境
第12章 企業プロファイル
第13章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama888109-underground-utility-mapping-market-by-component.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198278&id=bodyimage1

投稿日:

「スマートホーム設置サービスの世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートを取り扱い開始しました

2019年7月17日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「スマートホーム設置サービスの世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートの販売を開始いたしました。スマートホーム設置サービスの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:スマートホーム設置サービスの世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測
■英文タイトル:Smart Home Installation Service Market (System - Home Monitoring/Security, Lighting Control, Smart Speaker, Thermostat, Video Entertainment, Smart Appliances, Others (Including Garage Door Controller); Channel - OEMs, Retailers, E-commerce, Professional Service Providers) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2019 - 2027
■発刊日:2019年6月19日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本資料は、スマートホーム設置サービスの世界市場について調べ、スマートホーム設置サービスの世界市場規模、市場動向、市場シェア、市場環境、市場予測、システム別(ホームモニタリング/セキュリティ、照明制御、スマートスピーカー、サーモスタット、ビデオエンターテイメント、スマート家電、その他(ガレージドアコントローラーを含む))分析、チャネル別(OEM、小売業者、Eコマース、プロフェッショナルサービスプロバイダ)分析、関連企業情報などをまとめました。
・スマートホーム設置サービスの市場概要
・スマートホーム設置サービスの市場動向
・スマートホーム設置サービスの世界市場規模・予測
・スマートホーム設置サービス市場:システム別(ホームモニタリング/セキュリティ、照明制御、スマートスピーカー、サーモスタット、ビデオエンターテイメント、スマート家電、その他(ガレージドアコントローラーを含む))
・スマートホーム設置サービス市場:チャネル別(OEM、小売業者、Eコマース、プロフェッショナルサービスプロバイダ)
・地域別分析(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)
・競争環境・関連企業分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tpm-jl095-smart-home-installation-service-market

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサーチ)社について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数十件)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198195&id=bodyimage1

投稿日:

【ABIリサーチ調査報告】自動運転自動車のソフトウェア

【調査レポートのサマリー】
2019年7月発行

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000197964&id=bodyimage1

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:技術】自動運転自動車のソフトウェア」は、自動車産業が課題に対応するために採用している、高速と低速センサの融合などの人工知能やソフトウェアの開発を調査している。決定論的と訓練されたソフトウェアの正しいバランスが機能の安全性要求にどのように役立ち、自律走行車が事故原因となることがないという信頼を付与するかについても述べている。

This report investigates the artificial intelligence and software development techniques being adopted by the automotive industry too meet the challenge, and assess issues such as early vs. late sensor fusion, and how the correct balance of deterministic and trained software can help to address functional safety requirements, and give confidence that no autonomous vehicle will ever be the responsible party in an accident.


ABIリサーチは、米国ニューヨークに本社をおき、幅広い視点で通信関連分野についての調査レポートを出版しています。通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等に関して、産業・技術や半導体の動向分析や市場予測等を行い、定評を得ています。多くの調査会社が特定の分野に特化しがちな中で、総合的な調査活動を行うABIリサーチは貴重な存在です。常に調査対象を更新しつつ、最新の情報の収集・提供を行っています。


■ 調査レポート ■

【分析レポート:技術】自動運転自動車のソフトウェア
Autonomous Vehicle Software
Technology Analysis Report
出版社: ABIリサーチ(米国)
出版年月:2019年7月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abian5159.html

【サービス区分】スマートモビリティと自動車
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html#1238


株式会社データリソースはABIリサーチの日本販売代理店です。 調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆米国市場調査会社 ABIリサーチ(ABI Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html

◆このプレスリリースに関するお問合せ

ABIリサーチ 日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html

投稿日:

【ABIリサーチ調査報告】仮想現実市場の最新情報:現状と今後

【調査レポートのサマリー】
2019年7月発行

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【PT:変革の地平レポート】仮想現実市場の最新情報:現状と今後」は、年2回更新して仮想現実市場の最新情報を提供するデータベースの一部である。消費者、医療、AEC・不動産、小売・商業・マーケティング、自動車・交通運輸、製造業、エネルギー・公益事業者、教育、政府行政・軍、位置情報などの市場区分における仮想現実の注目点や魅力について記載している。消費者向けの仮想現実市場は当初の期待や盛上りほどには実現していないのに対して、新しい単独型の仮想現実ヘッドマウントディスプレイや人気ゲームタイトルの登場が市場をけん引している。さらに重要なことは、企業と位置情報の仮想現実セグメントにはけん引力があり、特に位置情報では幅広い聴衆に高品質の仮想現実体験を提供している。拡張現実は仮想現実よりも注目を集めているが、より深いレベルの浸透が恩恵をもたらすこのような用途の見通しが優勢であるだろう。インサイドアウトのトラッキングと単独型の利用の増加も、セットアップや使い勝手というような欠点を削減するだろう。仮想現実やイマーシブ技術への道筋は遠いが、進化は市場を後押しするだろう。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000197952&id=bodyimage1

This report is part of ABI Research’s bi-annual market data updates of the VR market - a separate data set if also published in conjunction with this PowerPoint deck. This presentation discusses market highlights and traction for each of the primary market segmentations: Consumer, Healthcare, AEC & Real Estate, Retail Commerce and Marketing, Automotive and Transportation, Manufacturing, Energy and Utilities, Education, Government and Military, Location-Based VR, and Other.

While the consumer VR market has thus far not lived up to the early expectations and excitement, the launch of new standalone VR HMDs and successful game titles is helping to keep momentum moving forward. More significantly the enterprise and location-based VR segments continue to gain traction and with the latter providing a wider audience high quality VR experiences. AR is receiving more attention than VR, but prospects are still good for those applications that benefit from deeper levels of immersion. The increasing use of inside-out tracking and standalone is also working to reduce some pain points like setup and ease of use. The path forward for VR and immersive technologies remains a long-term vision, but advancements continue to push the market forward.


ABIリサーチは、米国ニューヨークに本社をおき、幅広い視点で通信関連分野についての調査レポートを出版しています。通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等に関して、産業・技術や半導体の動向分析や市場予測等を行い、定評を得ています。多くの調査会社が特定の分野に特化しがちな中で、総合的な調査活動を行うABIリサーチは貴重な存在です。常に調査対象を更新しつつ、最新の情報の収集・提供を行っています。


■ 調査レポート ■

【PT:変革の地平レポート】仮想現実市場の最新情報:現状と今後
VR Market Update: Current State and Future of Virtual Reality
Transformative Horizon Report
出版社: ABIリサーチ(米国)
出版年月:2019年7月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abipt2214.html

【サービス区分】拡張現実と仮想現実
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html#1241


株式会社データリソースはABIリサーチの日本販売代理店です。 調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆米国市場調査会社 ABIリサーチ(ABI Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html

◆このプレスリリースに関するお問合せ

ABIリサーチ 日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html

投稿日:

TPCマーケティングリサーチ株式会社、農薬メーカーの事業動向・戦略について調査結果を発表

世界的な人口増に伴い農薬及び農薬メーカーの使命が大きくなる中、2018農薬年度(2017/10~2018/9)の農薬国内出荷額は前年度比0.1%増の3,373憶1,800万円にとどまった。農薬メーカー各社は、農業生産者の高齢化、後継者不足等による国内農薬市場の伸び悩みから脱却するため、「国内における開発拠点の強化」や「海外での販路拡大」といった事業戦略を推進している。当資料では、国内の主要農薬メーカー17社の農薬事業戦略についてレポートしている。

概要
◆世界的な人口増が続く中、農薬および農薬メーカーの使命は今後、一層大きくなっている。一方、2018農薬年度(2017/10~2018/9)の農薬国内出荷額は前年度比0.1%増の3,373憶1,800万円の微増にとどまった。農業生産者の高齢化、後継者不足等により、国内農薬市場は踊り場が続いている。この状況からの脱却を目指し、農薬メーカー各社は生き残りをかけた事業戦略として、「国内における開発拠点の強化」と「海外での販路拡大」を推進している。

◆まず、開発拠点の強化では住友化学が、2018年6月、合成研究棟「ケミストリーリサーチセンター」の稼働を開始した。同センターは、農薬等のグローバルな研究開発のための創薬、イノベーション拠点として建設。これまで分散していた国内における有機合成研究機能(新薬探索~工業化検討)を同センターに集約することで、新薬の発明や製品開発を加速させる意向。

◆また、海外販路拡大においては、石原産業が2019年2月に三井物産と共同でブラジルの農薬製造販売会社の株式を取得。これは、石原産業の保有する競争力の高い農薬製品の普及と、三井物産の保有する幅広い事業アセットとのシナジーを通じ、更なる市場拡大が予想されるブラジル農薬市場への販路拡大に取り組むのが目的。

◆当資料では、国内の主要農薬メーカー17社を対象に、今後の農薬事業戦略を分析したもの。具体的には、各社の製品展開、農薬登録状況、事業推進体制、農薬事業売上高、R&D展開状況、主要提携状況、海外事業展開の動向、今後の方向性等について調査・分析している。今後、農薬事業における事業戦略データの一助となれば幸いである。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198213&id=bodyimage1

TPC市場調査レポート
「2019年 農薬メーカーの事業動向・戦略調査」
―国内農薬メーカーの今後の事業戦略を探る―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr410190474
資料体裁:A4判158頁
発刊日:2019年7月16日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531

投稿日:

「肩関節置換術の世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートを取り扱い開始しました

2019年7月17日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「肩関節置換術の世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートの販売を開始いたしました。肩関節置換術の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:肩関節置換術の世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測
■英文タイトル:Shoulder Replacement Market (Procedure: Total Shoulder Replacement, Reverse Shoulder Replacement, Partial Shoulder Replacement, Shoulder Resurfacing, and Revision Shoulder Arthroplasty; End User: Hospitals, Ambulatory Surgical Centers, and Orthopedic Clinics) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2019 - 2027
■発刊日:2019年6月19日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本資料は、肩関節置換術の世界市場について調べ、肩関節置換術の世界市場規模、市場動向、市場シェア、市場環境、市場予測、処置別(肩関節全置換術、肩関節逆置換術、肩関節全置換術、肩関節再建術、および肩関節置換術)分析、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、および整形外科医院)分析、関連企業情報などをまとめました。
・肩関節置換術の市場概要
・肩関節置換術の市場動向
・肩関節置換術の世界市場規模・予測
・肩関節置換術市場:処置別(肩関節全置換術、肩関節逆置換術、肩関節全置換術、肩関節再建術、および肩関節置換術)
・肩関節置換術市場:エンドユーザー別(病院、外来手術センター、および整形外科医院)
・地域別分析(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)
・競争環境・関連企業分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tpm-jl107-shoulder-replacement-market-procedure-total

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサーチ)社について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数十件)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198194&id=bodyimage1

投稿日:

「急性腎障害治療の世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートを取り扱い開始しました

2019年7月16日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「急性腎障害治療の世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートの販売を開始いたしました。急性腎障害治療の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:急性腎障害治療の世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測
■英文タイトル:Acute Kidney Injury Treatment Market (Treatment: Dialysis and Supportive Care; Type: Prerenal Acute Kidney Injury, Postrenal Acute Kidney Injury, and Intrinsic Renal Acute Kidney Injury; and End-user: Hospitals, Ambulatory Surgical Centers, and Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2019-2027
■発刊日:2019年6月19日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本資料は、急性腎障害治療の世界市場について調べ、急性腎障害治療の世界市場規模、市場動向、市場シェア、市場環境、市場予測、治療別(透析および支持療法)分析、種類別(腎前急性腎臓損傷、腎臓後急性腎臓損傷、および内因性腎臓急性腎臓損傷)分析、エンドユーザー別(病院、外来手術センターなど)分析、関連企業情報などをまとめました。
・急性腎障害治療の市場概要
・急性腎障害治療の市場動向
・急性腎障害治療の世界市場規模・予測
・急性腎障害治療市場:治療別(透析および支持療法)
・急性腎障害治療市場:種類別(腎前急性腎臓損傷、腎臓後急性腎臓損傷、および内因性腎臓急性腎臓損傷)
・急性腎障害治療市場:エンドユーザー別(病院、外来手術センターなど)
・地域別分析(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)
・競争環境・関連企業分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tpm-jl100-acute-kidney-injury-treatment-market

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサーチ)社について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数十件)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198094&id=bodyimage1

投稿日:

「センシングケーブルの世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートを取り扱い開始しました

2019年7月16日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「センシングケーブルの世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測」調査レポートの販売を開始いたしました。センシングケーブルの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:センシングケーブルの世界市場分析・規模・シェア・成長・動向・予測
■英文タイトル:Sensing Cable Market (Detection Medium: Liquid [Hydrocarbon Liquids, Conducting Fluids, and Others], and Gas; Mode: Single-mode Fiber, Multi-mode Fiber), Application: Leak Detection, Power Cable Monitoring, Heat Sensing, Temperature Sensing, Acoustic Sensing, Strain Monitoring, and Others; and End-use Industry: Oil & Gas, Environment, Energy & Utility, IT & Telecommunication, Infrastructure, and Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2019 - 2027
■発刊日:2019年6月19日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本資料は、センシングケーブルの世界市場について調べ、センシングケーブルの世界市場規模、市場動向、市場シェア、市場環境、市場予測、検出媒体別(液体[炭化水素系液体、導電性流体など]、および気体)分析、モード別(シングルモードファイバ、マルチモードファイバ)分析、用途別(漏れ検知、電力ケーブル監視、熱検知、温度検知、音響検知、ひずみ監視など)分析、関連企業情報などをまとめました。
・センシングケーブルの市場概要
・センシングケーブルの市場動向
・センシングケーブルの世界市場規模・予測
・センシングケーブル市場:検出媒体別(液体[炭化水素系液体、導電性流体など]、および気体)
・センシングケーブル市場:モード別(シングルモードファイバ、マルチモードファイバ)
・センシングケーブル市場:用途別(漏れ検知、電力ケーブル監視、熱検知、温度検知、音響検知、ひずみ監視など)
・地域別分析(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)
・競争環境・関連企業分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tpm-jl090-sensing-cable-market-detection-medium

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサーチ)社について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数十件)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198093&id=bodyimage1