投稿日:

「受胎能&妊娠迅速検査キットの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年4月2日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「受胎能&妊娠迅速検査キットの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年4月2日に開始いたしました。受胎能&妊娠迅速検査キットの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:受胎能&妊娠迅速検査キットの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Fertility and Pregnancy Rapid Test Kits Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「受胎能&妊娠迅速検査キットの世界市場」レポートでは、受胎能&妊娠迅速検査キットの世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(妊娠ラピッドテストキット、不妊ラピッドテストキット、その他)、用途別(薬局&ドラッグストア、婦人科&不妊治療クリニック、ハイパーマーケット&スーパーマーケット、オンライン販売、その他)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別受胎能&妊娠迅速検査キットの販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・受胎能&妊娠迅速検査キットの世界市場規模
・受胎能&妊娠迅速検査キットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・受胎能&妊娠迅速検査キットのアメリカ市場規模推移
・受胎能&妊娠迅速検査キットのカナダ市場規模推移
・受胎能&妊娠迅速検査キットのメキシコ市場規模推移
・受胎能&妊娠迅速検査キットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・受胎能&妊娠迅速検査キットのドイツ市場規模推移
・受胎能&妊娠迅速検査キットのイギリス市場規模推移
・受胎能&妊娠迅速検査キットのロシア市場規模推移
・受胎能&妊娠迅速検査キットのアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・受胎能&妊娠迅速検査キットの日本市場規模推移
・受胎能&妊娠迅速検査キットの中国市場規模推移
・受胎能&妊娠迅速検査キットの韓国市場規模推移
・受胎能&妊娠迅速検査キットのインド市場規模推移
・受胎能&妊娠迅速検査キットの東南アジア市場規模推移
・受胎能&妊娠迅速検査キットの南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・受胎能&妊娠迅速検査キットの中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・受胎能&妊娠迅速検査キットの種類別分析/販売量、売上、市場シェア(妊娠ラピッドテストキット、不妊ラピッドテストキット、その他)
・受胎能&妊娠迅速検査キットの用途別分析/市場規模(薬局&ドラッグストア、婦人科&不妊治療クリニック、ハイパーマーケット&スーパーマーケット、オンライン販売、その他)
・受胎能&妊娠迅速検査キットの市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0607050-Global-Fertility-Pregnancy-Rapid-Test/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212712&id=bodyimage1

投稿日:

「自動注射器の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年4月2日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「自動注射器の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年4月2日に開始いたしました。自動注射器の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:自動注射器の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Auto-Injectors Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「自動注射器の世界市場」レポートでは、自動注射器の世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(使い捨て自動注射器、再利用可能自動注射器など)、用途別(アナフィラキシー、多発性硬化症、関節リウマチ、その他)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別自動注射器の販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・自動注射器の世界市場規模
・自動注射器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・自動注射器のアメリカ市場規模推移
・自動注射器のカナダ市場規模推移
・自動注射器のメキシコ市場規模推移
・自動注射器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・自動注射器のドイツ市場規模推移
・自動注射器のイギリス市場規模推移
・自動注射器のロシア市場規模推移
・自動注射器のアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・自動注射器の日本市場規模推移
・自動注射器の中国市場規模推移
・自動注射器の韓国市場規模推移
・自動注射器のインド市場規模推移
・自動注射器の東南アジア市場規模推移
・自動注射器の南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・自動注射器の中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・自動注射器の種類別分析/販売量、売上、市場シェア(使い捨て自動注射器、再利用可能自動注射器など)
・自動注射器の用途別分析/市場規模(アナフィラキシー、多発性硬化症、関節リウマチ、その他)
・自動注射器の市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0606463-Global-AutoInjectors-Market-2020-Manufacturers/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212711&id=bodyimage1

投稿日:

「自動車用エアコンコンプレッサーの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年4月2日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「自動車用エアコンコンプレッサーの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年4月2日に開始いたしました。自動車用エアコンコンプレッサーの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:自動車用エアコンコンプレッサーの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Automotive Air-condition Compressor Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「自動車用エアコンコンプレッサーの世界市場」レポートでは、自動車用エアコンコンプレッサーの世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(固定コンプレッサー、可変コンプレッサー、電動コンプレッサーなど)、用途別(乗用車、軽トラック、中型トラック、大型トラック、その他車両など)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別自動車用エアコンコンプレッサーの販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・自動車用エアコンコンプレッサーの世界市場規模
・自動車用エアコンコンプレッサーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・自動車用エアコンコンプレッサーのアメリカ市場規模推移
・自動車用エアコンコンプレッサーのカナダ市場規模推移
・自動車用エアコンコンプレッサーのメキシコ市場規模推移
・自動車用エアコンコンプレッサーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・自動車用エアコンコンプレッサーのドイツ市場規模推移
・自動車用エアコンコンプレッサーのイギリス市場規模推移
・自動車用エアコンコンプレッサーのロシア市場規模推移
・自動車用エアコンコンプレッサーのアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・自動車用エアコンコンプレッサーの日本市場規模推移
・自動車用エアコンコンプレッサーの中国市場規模推移
・自動車用エアコンコンプレッサーの韓国市場規模推移
・自動車用エアコンコンプレッサーのインド市場規模推移
・自動車用エアコンコンプレッサーの東南アジア市場規模推移
・自動車用エアコンコンプレッサーの南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・自動車用エアコンコンプレッサーの中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・自動車用エアコンコンプレッサーの種類別分析/販売量、売上、市場シェア(固定コンプレッサー、可変コンプレッサー、電動コンプレッサーなど)
・自動車用エアコンコンプレッサーの用途別分析/市場規模(乗用車、軽トラック、中型トラック、大型トラック、その他車両など)
・自動車用エアコンコンプレッサーの市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0606475-Global-Automotive-Aircondition-Compressor-Market/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212708&id=bodyimage1

投稿日:

世界サイバープロテクションウィーク調査発表、企業の42%がデータ損失に起因するダウンタイムを経験

ゼロデイランサムウェア、クリプトジャッキング、ハッキング、ソーシャルエンジニアリング攻撃増大の危機的状況下、
データセキュリティ対策に何を選ぶか

※本リリースは2020年3月31日にスイス・シャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスは、本日、世界サイバープロテクションウィーク開始にあたり、企業の42%がデータ損失によるダウンタイムを経験しているという昨年度を対象にした調査結果を発表しました。これほど多くの企業でダウンタイムが発生した主な原因は、約90%の企業がITコンポーネントのバックアップを行うも、それを継続的かつ高頻度で実施する企業は約41%。すなわち、データバックアップの実施頻度が低いために、貴重なデータの復元に障害が発生しているから、と言えます。

アクロニスの2020年版、世界サイバープロテクションウィーク調査を通して顕在化したこの数値から、これまでのデータ保護に対する考え方やソリューションを採用するだけでは、最早、個人や企業のIT環境を保護するための需要に対応できなくなっているという、新たな事実が伺えます。昨年まで、アクロニスがデータバックアップへの意識を高めるために「世界バックアップデー(データバックアップの重要性を再認識するための記念日。毎年3月31日)」としていた記念日を、世界サイバープロテクションウィークへと拡大させた理由もそこにあります。

今年度の調査は約3,000人を対象に実施され、世界中のユーザーのデータ保護習慣の実情が浮き彫りとなりました。その結果、ユーザーの91%はデータとデバイスのバックアップを実施しているものの、そのうちの68%は、不注意によるデータの削除、ハードウェアやソフトウェアの障害、旧式のバックアップ方法の実施などにより、データ損失を経験していることが判明しました。

また、バックアップの実施頻度をみると、1日に複数回バックアップを実施している企業はわずか15%、実施していないと回答した企業は85%にも及んでいます。更にバックアップを1日1回だけ行う企業は26%、週に1回行う企業は28%、月に1回の企業は20%、そしてまったくバックアップを行わない企業は10%という結果を得ました。この事実を鑑みると、1日分、1週間分、または1カ月分のデータは、復元される可能性が全くないまま、そのままデータ損失となる可能性があることが理解できます。

また、バックアップを行わないプロフェッショナルユーザーのうち、約半数はデータのバックアップは不要と考えていたことも分かりました。更に、過去1年間で企業の42%がデータ損失によるダウンタイムを経験、41%がデータ不具合による生産性の低下や金銭的な損失を被ったと回答しています。一方、手元のメディアとクラウドへハイブリッドバックアップを適用するなど、バックアップのベストプラクティスを実施している回答者は、個人ユーザーで17%、IT担当者で20%という結果も得ることができました。

このような調査結果から、1日に複数回のデータバックアップや3-2-1バックアップルールの実践といったサイバープロテクション対策を導入することの重要性を再認識させられます。3-2-1バックアップルールとは、データのコピーを3件(メインのコピーが1件とバックアップ用が2件)作成し、そのコピーを少なくとも2種類のメディアに保存し、1つのコピーを元データからの遠隔地やクラウド上に保存するというものです。

「データ損失やサイバー攻撃による被害は個人、企業を問わず未だに発生し続けています。今や、私たちを取りまく環境が急速にデジタル依存になりつつあります。つまり、あらゆるデータを取り巻く環境を保護するための“サイバープロテクション”を真剣に考えるときが来ているのです」と、アクロニスのサイバー戦略責任者であるガイダー・マグダヌロフ(Gaidar Magdanurov)は述べています。「昨今のデジタル時代、サイバープロテクションは人間の基本的欲求の5つ目に数えられています。特に、多くの人がリモートワークでセキュリティレベルの低い家庭用ネットワークを使わざるを得ない、現在の未曽有の事態においては猶更、そのような環境で就業を強いられています。個人ユーザー、IT担当者、ITサービスプロバイダーなどの立場は問わず、すべてのデータ、アプリケーション、およびシステムの安全性、アクセシビリティ、プライバシー、真正性、およびセキュリティを確保することができる、サイバープロテクションソリューションを積極的に導入すること。それが極めて重要です」

サイバープロテクションで時流を変える
サイバー攻撃が増え続け、もはや従来のデータバックアップ対策ではデータやアプリケーション、システムを十分に保護することができない環境下、ビジネス継続のためとしてデータバックアップだけに依存するのは、非常に危険といえます。サイバー攻撃は、ランサムウェアでバックアップ用ソフトウェアを攻撃し、バックアップファイルを容赦なく破壊しようとします。そのため復元作業を行う際には、データの真正性に対する検証に多くの時間と労力が必要になります。

このことは、今回の調査結果で、ランサムウェアのようなサイバー攻撃の脅威に対する懸念が全体的に高まっているという事実とも合致します。IT担当者の88%がランサムウェアを懸念事項として回答。そのうちの86%はクリプトジャッキングを、87%がフィッシングなどのソーシャルエンジニアリング攻撃を、更に91%がデータ侵害を懸念事項として挙げています。個人ユーザーにおいても、ほぼ同じ割合で、これら4つのサイバー攻撃の脅威タイプへ、理解と懸念を示していました。これらの割合は、前年度の調査結果と比較すると、実に33%も増加していました。

また今回の調査から、データ管理に関するインサイトの欠如も浮き彫りになり、可視性と分析性に優れたサイバープロテクション・ソリューションに対する大きな必要性が示されました。驚くべきことに、データが意図せず変更されても、それを認識できないだろうとの回答が、個人ユーザーの30%、IT担当者の12%にも及んでいました。現時点で利用しているアンチマルウェアソフトでゼロデイ攻撃を阻止できるか不明瞭であるとの回答も、個人ユーザーの30%、IT担当者の13%に及んでいます。さらに、過去1年間、データ損失によるダウンタイムの発生の有無不明、と回答した企業が何と9%も存在しているのです。

完全なデータ保護を実現するには、ランサムウェア保護やディザスタリカバリ、サイバーセキュリティ、管理用のツールを含む、組織の包括的なサイバープロテクション・アプローチに、安全なバックアップ対策を組み込む必要があります。このように各要素がしっかりと融合されたアプローチを実践することは、サイバープロテクションの必須要素の5つのベクトル、すなわち、すべてのデータ、アプリケーション、システムの安全性、アクセシビリティ、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)に対応することになります。

世界サイバープロテクションウィークの実施について
読者の皆様が自身のファイルの安全性や自社のビジネスの継続性を懸念する場合も、アクロニスには、効率的かつ安心・安全なワークロード保護を迅速に実現するための簡単な5つの推奨事項があります。

● 重要なデータは常にバックアップ:バックアップコピーは常に複数作成し、ローカル(即時復元のため)とクラウド(災害時被害への備え)の両方に保存すること。
● 最新のOSおよびアプリケーションを利用:バグ修正やセキュリティパッチは、サイバー犯罪者によるシステムへの侵入防止に有効だが、OSやアプリケーションが古いと、バグ修正やセキュリティパッチを適用レベルで確保不能。
● 不審なメールアドレスやリンク、添付ファイルに注意:ほとんどのウイルスおよびランサムウェア感染は、無防備なユーザーを騙し、ウイルス感染している添付ファイルの開示を誘引したり、マルウェアが仕込まれているWebサイトへのリンクへ誘導させたりする、ソーシャルエンジニアリング・テクニックによって引き起こされています。
● アンチウイルス、アンチマルウェア、アンチランサムウェアソフトのインストールを実施:さらに自動更新を有効にし、システムをマルウェアから保護できるようにします。優れたソフトウェアは、ゼロデイ攻撃からも保護してくれます。
● 包括的なサイバープロテクション・ソリューションの導入検討:バックアップ、アンチランサムウェア、アンチウイルス、脆弱性診断、パッチ管理が単一のソリューションに統合されたサイバープロテクション・ソリューションの導入を検討しましょう。包括的なサイバープロテクション・ソリューションであれば、簡単、効率的に、信頼性の高いサイバー保護対策が可能です。

データ保護の方法に関する詳細はこちらのページをご参照ください(英語版):
https://www.acronis.com/en-us/blog/posts/celebrating-final-world-backup-day

2020年版、世界サイバープロテクションウィーク調査結果はこちらをご覧ください (英語版):
https://www.acronis.com/en-us/blog/posts/results-are-cyber-protection-week-2020-survey

アクロニスについて
アクロニスは、革新的なバックアップ、セキュリティ、災害復旧、オンプレ、クラウド、さらにハイブリッドクラウド環境における企業向けファイルの同期と共有ソリューションを活用し、安全性、アクセシビリティ、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)の課題を解決する、サイバープロテクション領域のグローバルリーダーです。アクロニスは、AIテクノロジーとブロックチェーンベースのデータ認証によって強化され、物理、仮想、クラウド、モバイルワークロード、アプリケーションを包括する、あらゆる環境で全てのデータを保護します。

全世界に50万社のビジネス顧客と、アクロニスAPI対応のサービスプロバイダー、リセラー、ISVパートナーによるグローバルなコミュニティを持つアクロニスは、Fortune 1000に選ばれた企業から全面的な信頼を寄せられており、500万社以上の個人ユーザーからも高い評価を得ています。スイスとシンガポールにそれぞれ本社を置くアクロニスは、世界150カ国以上に顧客とパートナーを持つグローバル組織です。

Acronis(R)は米国、およびその他の国におけるAcronis International GmbHの登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。



投稿日:

『ママ友かパパ友がいる人は約6割。LINEやメールアドレスなど連絡先を交換していれば、ママ友・パパ友と認定?!』株式会社コズレ、「ママ友・パパ友」に関する調査レポートを発表

1.はじめに
「ママ友・パパ友ってやっぱり必要?」、「ママ友・パパ友付き合いって面倒では?」、「これってママ友と呼べる?」、「みんなママ友・パパ友って何人くらい?」など、ママ友・パパ友付き合いを明らかにするために調査を行いました。ママ友やパパ友には面と向かってなかなか聞けないママ友・パパ友事情。今回は「ママ友・パパ友がいて良かった/困ったエピソード」や「ママ友・パパ友川柳」などもうかがいました。本レポートでママ友・パパ友の実態調査をご報告いたします。

2.調査
調査主体 :弊社コズレ子育てマーケティング研究所
調査方法 :インターネットリサーチ
調査対象 :妊娠中または子どもがいるママパパ
調査期間 :2020年2月3日(月)~2020年3月3日(火)
有効回答者数 :2413名
公開日  :2020年4月1日(水)

3.トピック
・「ママ友」に当てはまると思う関係性 1位は「LINEやメールアドレスなど連絡先を交換している」で63.9%
・「パパ友」に当てはまると思う関係性 1位は「家族ぐるみで付き合う」で52.1%
・ママ友の人数は平均3.6人、パパ友の人数は平均0.8人
・ママ友やパパ友がいる人の割合は59.2%
・ママ友やパパ友がいるメリット第1位は「子育ての悩みを相談できる」で84.1%
・ママ友やパパ友がいるデメリット第1位は「誘いを断るのが大変」で44.8%

4.結果・考察
【ママ友とパパ友の関係性を比較してみると、ママ友は「LINEやメールアドレスなど連絡先を交換している」が1位に対し、パパ友は「家族ぐるみで付き合う」が1位】

「ママ友」に当てはまると思う関係性についてうかがったところ、1位「LINEやメールアドレスなど連絡先を交換している」が63.9%、2位「一緒にご飯を食べに行く」が58.1%、3位「自宅に招く、相手宅にお邪魔する」が54.2%となりました(図1)。ママと「連絡先を交換している」という関係性であれば、多くの方が「ママ友」と認識していると言える結果です。一方、「パパ友」に当てはまると思う関係性については、「家族ぐるみで付き合う」が1位となり52.1%となっています(図1)。家族ぐるみでお付き合いのあるパパは「パパ友」と認識されている割合と言えます。「ママ友だと思う関係性」と「パパ友だと思う関係性」を比較した結果から、ママ友とパパ友の関係性の差異がうかがえます。


【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212592&id=bodyimage1

【ママ友の人数は平均3.6人、パパ友の人数は平均0.8人】

ママ友は何人いるかを尋ねたところ、「0人」という回答が最も多く次に「2人」という結果になりました。ママ友の人数は平均3.6人でした(100人以上と回答した場合は「100人」として計算)。ママ・パパ別で見てみると、ママのママ友は平均3.9人、パパのママ友は平均2.3人となっています。また、仲の良いママ友の人数も「0人」という回答が一番多く、次いで「2人」という結果になりました。仲の良いママ友の人数は平均1.7人でした。

一方、パパ友は何人いるかを尋ねたところ、「0人」という回答が最も多く次に「1人」という結果になりました。パパ友の人数は平均0.8人でした(100人以上と回答した場合は「100人」として計算)。ママ・パパ別で見てみると、ママのパパ友は平均0.7人、パパのパパ友は平均5.4人となっています。また、仲の良いパパ友の人数も「0人」という回答が一番多く、次いで「1人」という結果になりました。仲の良いパパ友の人数は平均0.5人でした。

【ママ友やパパ友がいる人の割合は59.2%】

ママ友・パパ友がいるかどうかを尋ねたところ、「ママ友がいる」という方は58.0%、「パパ友がいる」という方は23.8%でした(図2・図3)。「ママ友かパパ友がいる」という方は59.2%でした(図4)。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212592&id=bodyimage2

【ママ友やパパ友がいるメリット第1位は「子育ての悩みを相談できる」で84.1%】

ママ友やパパ友がいることのメリットは何か。やはり第1位は「子育ての悩みを相談できる」で84.1%、第2位「一緒に遊べるから子どもも楽しそう」64.2%、第3位「保育園・幼稚園・学校の情報を教えてもらえる」60.8%という結果になりました(図5)。パパの回答者数は少ないものの(n=23)、回答者全員が「子育ての悩みを相談できる」と回答しました。

ママ友・パパ友がいて「良かった!」と思うエピソードについてうかがったところ、沢山のコメントが寄せられました。特に多かったのが、「子供が同じ日に生まれたママ友とは、愚痴や相談、これから子供に必要な物、準備しといた方が良い物など話せて助かる。子供の成長も話せて楽しい。」といった「相談できる」というエピソード。また、「第二子妊娠して身体的に辛い時期に、上の子を預かって遊ばせてくれたりとても助かった。私が思いきり遊んであげられなかった時期だったので。夜ご飯もお風呂もすませて送り届けてくれて、神様と思った!本当に感謝です。」といった「いざという時に助かった」というエピソードが多く寄せられました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212592&id=bodyimage3

【ママ友やパパ友がいるデメリット第1位は「誘いを断るのが大変」で44.8%】

ママ友やパパ友がいることのデメリットとしては、第1位が「誘いを断るのが大変」で44.8%、第2位が「子どもを比較される」で42.6%、第3位が「他のママ友・パパ友の悪口を聞かされる」で33.5%(図6)。ママ・パパ別では、パパのデメリット第2位は「ライバル視される」でした。ママとパパではデメリットに思うことに差異がある結果となりました。

ママ友・パパ友がいて「困った!」と思うエピソードについてもうかがったところ、「他のお友達の悪評や噂話などを面白がって広める人がいて、あまりいい気はしなかった。」という「噂・悪口を言う」というエピソードや、「2人目などの家族設計や世帯収入などをそれとなく聞かれるのが面倒」という「プライベートを詮索された」というエピソードが多く寄せられました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212592&id=bodyimage4

【当リリースに関する報道関係者お問い合わせ先】
■株式会社コズレ 早川
TEL:03-6265-6877
メール: pr@cozre.co.jp

【出典の記載についてのお願い】
調査結果を利用する際は出典を記載してください。出典の記載例は以下の通りです。
出典:「ママ友・パパ友に関する調査」(株式会社コズレ)
https://www.cozre.co.jp/blog/3213

<「cozre」とは>
2014 年 4 月にスタートした cozreは、子育ての喜びをもっと大きくする「子 育てナレッジシェアメディア」です。0 歳から小学生低学年の子供を持つ 20 代~40 代の パパ・ママを中心に全国で約 300 万人(月間ユニークユーザー)が利用しています。
ひとことに「育児」といっても、妊娠期、赤ちゃん、幼児、保育園、幼稚園、小学生と、子どもの成長ステージによって悩みは様々です。
また、住んでいる場所や、家族構成によっても子育てに必要な情報は変わります。子育て中には、たくさんの、そして様々な疑問・悩みに直面します。こうした疑問・悩みについて、子育ての先輩・専門家たちが持つ知恵や経験(ナレッジ)を、後輩パパ・ママにお届けするサービスが、cozreです。
コンテンツを投稿するのは、子育て経験を持つパパ・ママや医師・保育士・育児関連ビジネスに携わる企業や自治体等の専門家です。cozreを利用することで、パパ・ママによる現場目線での口コミ情報から、専門家による信頼性の高い専門的な知識まで、子育てをもっと楽しくする情報を幅広く手に入れることができます。
cozreが日本の育児を「一人で悩んで大変」なイメージから「みんなで助け合って楽しい」ものに、みなさんと一緒に変えていくお手伝いをします。

【株式会社コズレについて】
名称:株式会社コズレ/Cozre Inc. URL: http://www.cozre.co.jp/
所在地:〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル18F(1801C号室)
役員:田中 穣二郎(代表取締役)、 松本 大希(取締役)、早川 修平(取締役)
設立:2013 年 7 月 1 日
ミッション:子育ての喜びをもっと大きく!
事業内容:インターネットメディア事業
-子育てナレッジシェアメディア「cozre マガジン」http://feature.cozre.jp/
-マタニティ/育児用品・おでかけスポットの口コミ評価ランキング
http://feature.cozre.jp/item/ranking/%E7%B5%B5%E6%9C%AC
-子連れのおでかけ情報に関する投稿・検索サイト「 cozre コミュニティ」http://www.cozre.jp/
受賞歴:
-東京都中小企業振興公社地域振興ファンド(第 10 回)支援事業
-経済産業省公募「創業補助金(地域需要創造型等起業・創業促進事業)」認定
-EY Innovative Startup 2018「Child Rearing分野」 http://www.shinnihon.or.jp/about-us/entrepreneurship/ey-innovative-startup/

投稿日:

「自動車用ケア用品の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年4月2日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「自動車用ケア用品の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年4月2日に開始いたしました。自動車用ケア用品の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:自動車用ケア用品の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Car Care Equipment Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「自動車用ケア用品の世界市場」レポートでは、自動車用ケア用品の世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(発泡機、吸引機、掃除機、インフレータ、スプレーガン、ポリッシャーなど)、用途別(個人ユーザー、オートケア及び修理店など)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別自動車用ケア用品の販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・自動車用ケア用品の世界市場規模
・自動車用ケア用品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・自動車用ケア用品のアメリカ市場規模推移
・自動車用ケア用品のカナダ市場規模推移
・自動車用ケア用品のメキシコ市場規模推移
・自動車用ケア用品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・自動車用ケア用品のドイツ市場規模推移
・自動車用ケア用品のイギリス市場規模推移
・自動車用ケア用品のロシア市場規模推移
・自動車用ケア用品のアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・自動車用ケア用品の日本市場規模推移
・自動車用ケア用品の中国市場規模推移
・自動車用ケア用品の韓国市場規模推移
・自動車用ケア用品のインド市場規模推移
・自動車用ケア用品の東南アジア市場規模推移
・自動車用ケア用品の南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・自動車用ケア用品の中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・自動車用ケア用品の種類別分析/販売量、売上、市場シェア(発泡機、吸引機、掃除機、インフレータ、スプレーガン、ポリッシャーなど)
・自動車用ケア用品の用途別分析/市場規模(個人ユーザー、オートケア及び修理店など)
・自動車用ケア用品の市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0606651-Global-Car-Care-Equipment-Market/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212710&id=bodyimage1

投稿日:

「自動車用Evp(電動真空ポンプ)の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年4月2日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「自動車用Evp(電動真空ポンプ)の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年4月2日に開始いたしました。自動車用Evp(電動真空ポンプ)の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:自動車用Evp(電動真空ポンプ)の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Automotive Evp (Electric Vacuum Pump) Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「自動車用Evp(電動真空ポンプ)の世界市場」レポートでは、自動車用Evp(電動真空ポンプ)の世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(ダイヤフラム型、リーフ型、スイングピストン型など)、用途別(EV車、ハイブリッド車、ディーゼル車、その他)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別自動車用Evp(電動真空ポンプ)の販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)の世界市場規模
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)のアメリカ市場規模推移
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)のカナダ市場規模推移
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)のメキシコ市場規模推移
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)のドイツ市場規模推移
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)のイギリス市場規模推移
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)のロシア市場規模推移
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)のアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)の日本市場規模推移
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)の中国市場規模推移
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)の韓国市場規模推移
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)のインド市場規模推移
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)の東南アジア市場規模推移
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)の南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)の中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)の種類別分析/販売量、売上、市場シェア(ダイヤフラム型、リーフ型、スイングピストン型など)
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)の用途別分析/市場規模(EV車、ハイブリッド車、ディーゼル車、その他)
・自動車用Evp(電動真空ポンプ)の市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0606491-Global-Automotive-Evp-Electric-Vacuum/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212707&id=bodyimage1

投稿日:

「酸素供給機の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年4月1日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「酸素供給機の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年4月1日に開始いたしました。酸素供給機の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:酸素供給機の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Oxygenator Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「酸素供給機の世界市場」レポートでは、酸素供給機の世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(一般型人工肺、ECMO人工肺、その他)、用途別(呼吸器、心臓、体外心肺蘇生法(ECPR)、その他)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別酸素供給機の販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・酸素供給機の世界市場規模
・酸素供給機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・酸素供給機のアメリカ市場規模推移
・酸素供給機のカナダ市場規模推移
・酸素供給機のメキシコ市場規模推移
・酸素供給機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・酸素供給機のドイツ市場規模推移
・酸素供給機のイギリス市場規模推移
・酸素供給機のロシア市場規模推移
・酸素供給機のアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・酸素供給機の日本市場規模推移
・酸素供給機の中国市場規模推移
・酸素供給機の韓国市場規模推移
・酸素供給機のインド市場規模推移
・酸素供給機の東南アジア市場規模推移
・酸素供給機の南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・酸素供給機の中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・酸素供給機の種類別分析/販売量、売上、市場シェア(一般型人工肺、ECMO人工肺、その他)
・酸素供給機の用途別分析/市場規模(呼吸器、心臓、体外心肺蘇生法(ECPR)、その他)
・酸素供給機の市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0607708-Global-Oxygenator-Market-2020-Manufacturers/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212636&id=bodyimage1

投稿日:

「骨密度測定装置の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年4月1日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「骨密度測定装置の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年4月1日に開始いたしました。骨密度測定装置の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:骨密度測定装置の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Bone Sonometers Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「骨密度測定装置の世界市場」レポートでは、骨密度測定装置の世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(DEXA、超音波、その他など)、用途別(病院、診療所、保健センター、その他)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別骨密度測定装置の販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・骨密度測定装置の世界市場規模
・骨密度測定装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・骨密度測定装置のアメリカ市場規模推移
・骨密度測定装置のカナダ市場規模推移
・骨密度測定装置のメキシコ市場規模推移
・骨密度測定装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・骨密度測定装置のドイツ市場規模推移
・骨密度測定装置のイギリス市場規模推移
・骨密度測定装置のロシア市場規模推移
・骨密度測定装置のアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・骨密度測定装置の日本市場規模推移
・骨密度測定装置の中国市場規模推移
・骨密度測定装置の韓国市場規模推移
・骨密度測定装置のインド市場規模推移
・骨密度測定装置の東南アジア市場規模推移
・骨密度測定装置の南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・骨密度測定装置の中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・骨密度測定装置の種類別分析/販売量、売上、市場シェア(DEXA、超音波、その他など)
・骨密度測定装置の用途別分析/市場規模(病院、診療所、保健センター、その他)
・骨密度測定装置の市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0606601-Global-Bone-Sonometers-Market-2020/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212635&id=bodyimage1

投稿日:

2020年4月度パワーランクランキング掲載サイトの SEO観点でのドメインパワー「パワーランク」変動調査

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212747&id=bodyimage1

SEO・Webマーケティングサービスの販売・提供をしている株式会社アクセスジャパン(本社:北海道札幌市、代表取締役:入谷 勇太、以下「アクセスジャパン」)は、ドメインのSEO強度を調査できる無料SEOツール「パワーランクチェックツール」(https://www.ispr.net/)を利用して、Webサイト・ブログのパワーランクを番付する「パワーランクランキング」(https://www.ispr.net/ranking)に掲載されている1083サイト(ドメイン)のパワーランク変動状況を調査し2020年4月1日に公開しました(調査は2020年4月に実施)。

「パワーランク」とは、様々なデータからアクセスジャパン独自の計算式により、ドメインパワーとも呼ばれているドメインに対するSEO的観点での価値を数値化したものです。

「パワーランクランキング」では、事前に掲載許可をいただいているWebサイト・ブログのドメインを調査し、パワーランクでのランキングをドメイン年齢(ドメイン取得から現在までの期間を示したもの)と合わせて公開しております。

今回、2020年4月に、パワーランクランキングに掲載されている1083ドメインのパワーランクを計測して、前回計測した3月度のパワーランクと比較し、変動状況を調査しました。

パワーランクの変動状況は以下の通りです。

■パワーランクの上昇状況
・499ドメイン(46.1%)のパワーランクが上昇
・平均上昇値:3.5 Up
・最大上昇値:18.1 Up

■パワーランクの下落状況
・529ドメイン(48.8%)のパワーランクが下落
・平均下落値:3.4 Down
・最大下落値:15.8 Down

この他、パワーランクの幅別に平均・最大・最小ドメイン年齢も調査・公開しておりますので、下記より詳細をご覧ください。
調査レポートURL:https://www.efbweb.org/seo-tools/power-rank-check-tool/2004_ranking_report/

■会社概要
社名:株式会社アクセスジャパン
設立:2012年11月
所在地:北海道札幌市中央区北3条西28丁目2-1 サンビル6階
代表者:代表取締役 入谷 勇太(いりたに ゆうた)
従業員数:55名(2020年4月現在)
事業内容:SEO関連事業、Webコンサルティング・Webサイト制作事業、ドメイン販売事業等
コーポレートサイト:https://access-jp.co.jp/
Twitter:https://twitter.com/accessjapancojp
Facebookページ:https://www.facebook.com/accessjapansapporo/

■運営サイト
【SEO関連情報や無料SEOツール情報】 アクセスSEO対策:https://www.efbweb.org/
▼アクセスSEO対策ツールズ
├ 【ドメインのSEO強度を調査】 パワーランクチェックツール:https://www.ispr.net/
├ 【2つのドメインパワーを比較】 パワーランク比較ツール:https://www.ispr.net/comp
├ 【上位10件のドメインパワー平均値】 パワーランク相場:https://www.ispr.net/rate
└ 【ドメインパワー番付】 パワーランクランキング:https://www.ispr.net/ranking
【中古ドメイン販売】 アクセス中古ドメイン:https://communityserver.org/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社アクセスジャパン アクセスSEO対策ツールズ担当
メール:pr@access-jp.co.jp  電話:011-640-1122(平日 10:00-17:00)

投稿日:

日本におけるAIの現状:ジェネシス、グローバルリサーチの一環として 雇用主、社員、消費者のAIに対するスタンスを調査

日本におけるAIの現状:ジェネシス、グローバルリサーチの一環として
雇用主、社員、消費者のAIに対するスタンスを調査
AIを使ったカスタマーサービスをサービス提供者・消費者が受け入れつつある状況が明らかに

東京 - 2020年4月1日 - クラウド・カスタマーエクスペリエンスおよびコンタクトセンター・ソリューションのマーケットリーダーであるジェネシス(http://www.genesys.com/ja-jp)は、人工知能(AI)をテーマに雇用主、社員、消費者を対象にした複数のリサーチから、日本においても雇用主、社員ともにAIの導入についてポジティブな意識を持つとともに、AIを活用したカスタマーサービスについても消費者に受け入れられる土壌が整いつつある結果となった事を発表いたします。調査は雇用主・社員にういては6カ国、消費者は13カ国のグローバルなリサーチの一環として実施されたものになります。

生産性の目標達成への引き金となるAI
自社のAIの利用に対する考えについて尋ねたところ、日本の雇用主の41%が「自社の目標をより迅速に、より効率良く、より安価に達成できるものだ」、22%は「AIによって社員自身の生産性が上がり、有意義な存在として感じる」と回答し、合計60%以上がAIをポジティブに受け入れている結果となりました。同様に社員の6割以上が日々のタスクで時間を削減できることを筆頭に、AIを歓迎していることがわかりました。

カスタマーサービスにおけるAIの有効性
さらに、今回のリサーチで雇用主は自社のカスタマーサービスにおけるAIの活用を有効であるととらえていることがわかりました。雇用主の27%は「サービスが改善されるなら、お客様は歓迎すると思う」、29%は「AIが導入されても、社員からのサービスが受けられる状況であるなら問題ない」と回答するなど、6割近くがAIを活用したカスタマーサービスが受け入れられるとの認識を示しています。それは日本の消費者へのボイス/チャット・ボットに対する、以下の調査結果とも符号しています。

- 高い解決率:消費者の62%はチャット・ボットのみで「ほぼいつも」や「半分以上」の問い合わせが解決できたと回答し、アジア・パシフィック地区(APAC)の平均の64%を少し下回りながらも高い解決率を示しました。
- 低い抵抗感:「ボイス/チャット・ボットとずっと関わりたくない」と回答した消費者は29%で、APACの平均の16%を超えるものの3割を切る低い数値でした

低い採用率とAI人材の育成といった日本の課題
AIをポジティブに受け入れているものの、日本の企業および団体においてAIの採用率はまだ低いのが実情です。現在、雇用主のわずか16%がAIまたは高度なオートメーションツールを利用していると回答し、社員側の「自分がAIを現在利用している」と回答した13%とほぼ同じ結果となりました。日本におけるAIの低い導入率の背景には、AIを含めた新技術のスキルを持つ人材の不足が一因として挙げられます。経済産業省の発表によると将来的に40~80万人の規模で不足が生じる懸念があることも試算されています1。この問題の解決にはAIをはじめとした新しいテクノロジーを活用できる人材の育成が有効な打ち手の一つとなります。しかし、ジェネシスのリサーチにおいては「現在AIを活用できるスキルを持っている」と回答した社員の比率が25%と、現時点ではそうしたスキルを持った人材が少ないのが課題として浮上しています。

さらに、AIのトレーニングは誰が提供すべきだと思うかという質問に対して、雇用主と社員の間で大きなギャップが発生しています。社員の72%は「雇用主が提供すべきだ」と回答した一方、雇用主側の回答のトップは「社員自身が身に付けるべきだ」となりました。現在、問題が解決するならば、「ボイス・チャットボットサポートで5分を費やす」より「人間が対応するまで10分待ちたい」と回答した消費者の比率は53%で、人によるサービスへの期待が依然として高い傾向にありますが、将来的に迅速かついつでもサービスを受けられる利便性からこの比率は逆転する可能性があります。カスタマーサービスにおけるAIの活用が一般的になった時に備え、雇用主や第三者、政府機関に関わらず、社員に向けた積極的なトレーニングプログラムを導入することは、今後、AIを採用する上で重要な要素になると考えられます。

(※1)参照:経済産業省、『IT人材育成の状況等について』
https://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/shoujo/daiyoji_sangyo_skill/pdf/001_s03_00.pdf

ジェネシスについて
ジェネシスは世界100カ国以上において、毎年700億件以上の卓越したカスタマーエクスペリエンスを支えています。クラウドとAIのパワーを通じて、ジェネシスのテクノロジーはマーケティング、セールス、サービスのすべてのチャネルにおけるカスタマーモーメントをつなぐとともに、従業員の体験も改善します。Experiences as a Service(SM)のパイオニアとして、企業規模に関係なく、すべての企業が真のパーソナライゼーションを大規模に、共感を持ってかかわり、信頼とロイヤリティを育みます。これらは、パブリック・クラウド・コンタクトセンター・プラットフォームを世界でリードする、オールイン・ワン・ソリューションのGenesys Cloud(TM)によって実現され、迅速なイノベーション、スケーラビリティ、柔軟性を提供します。詳しくは、http://www.genesys.com/ja-jpをご覧下さい。

※リリース内下線箇所リンク先URL
・オムニチャネル・カスタマーエクスペリエンス
https://www.genesys.com/jp/omnichannel/customer-experience
・コンタクトセンター・ソリューション
https://www.genesys.com/jp/omnichannel/contact-center-modernization

投稿日:

美容室において公式ホームページは重要か?消費者の65%が重要視している結果に。美容室選びにおける公式ホームページの重要性をアンケート調査。

美容室の口コミサイト「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )を運営する株式会社ノーマリズム(東京都目黒区)は、全国の20代~50代男女を対象に、美容室選びにおける公式ホームページの重要性をアンケート調査いたしました。美容ポータルサイトやSNS、アプリなどで美容室を容易に探せる現在において、店舗の公式ホームページは重要視されているのか。アンケート結果をもとに、公式ホームページに対する消費者意識を分析しましたのでご報告いたします。


■調査概要
調査対象: 全国の20代~50代男女。WEB・SNS・アプリで美容室を探したことがある方、美容室選びのきっかけとなったことがある方
回答数: 100名
調査期間: 2020年3月13日~2020年3月20日
調査方法: インターネット調査
調査結果URL: https://hairlog.jp/special/article/9146


■消費者の68.8%が美容ポータルサイトを利用
「美容室探しで使う媒体は?きっかけとなった媒体は?」の質問では、美容ポータルサイトが68.8%、検索エンジンが24.1%。SNSが4.5%、アプリが2.7%という結果となりました。




【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212730&id=bodyimage1



■消費者の66%が公式ホームページをチェックしている
「美容室を選ぶ際、そのお店の公式ホームページをチェックしますか?」の質問では、チェックするが66%、チェックしないが34%という結果となりました。
回答者のコメントでは、以下のような理由が挙げられました。

《チェックする》
・自分が希望するスタイリングとお店の雰囲気がマッチしてそうかを見るため。(20代/女性/福岡県/学生)
・お店独自のホームページの存否,お店やスタイリストの雰囲気など,美容ポータルサイト掲載以上の情報を事前に得ておきたいので。(30代/女性/東京都/自営業、自由業)
・お店の雰囲気や料金、どのようなスタイリストがいるかなどを調べたいから。(40代/女性/北海道/パート、アルバイト)

《チェックしない》
・美容ポータルサイトの方が情報が豊富で見やすいから。公式ホームページがない美容院もあるので探す時間が手間だと思う。(20代/女性/愛知県/派遣社員、契約社員)
・美容ポータルサイトの情報で最低限の情報が得られるから。わざわざ調べても、情報量の少ないページしか用意していない美容院がほとんどだから。(30代/男性/千葉県/正社員)
・美容ポータルサイトに美容師さんの写真や、スタイルの写真も出ているし、クーポンもあるのでチェックはしません。(40代/女性/神奈川県/無職)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212730&id=bodyimage2



■公式ホームページの見栄えの良し悪しは、消費者65%の店選びに影響している
「公式ホームページのデザインやセンスの良さは、その美容室選びに影響しますか?」の質問では、影響するが65%、影響しないが35%という結果となりました。
回答者のコメントでは、以下のような理由が挙げられました。

《影響する》
・影響する。美容室はやはり綺麗なとこに行きたいと思う。でなければ、スタイリストの人たちもダサいのかなと思ってしまうから。(20代/女性/大阪府/学生)
・影響すると思う。ホームページがお洒落だと実際の店舗もお洒落なんだろうなと思う。(30代/女性/東京都/派遣社員、契約社員)
・ホームページがおしゃれだとお店の雰囲気もそのような感じだとイメージできて行きたくなるから、影響すると思います。(40代/女性/東京都/専業主婦)

《影響しない》
・オシャレなサイトに越したことないと思うが、ホームページの善し悪しでは判断が大きく変わることはない。(20代/女性/東京都/学生)
・影響しない。逆にお洒落すぎて予約ページまで中々たどり着けないお店は予約する気が失せる事はある。(30代/女性/新潟県/パート、アルバイト)
・ホームページの良し悪しで特に何も影響しないです。温かみのある店を希望します。(40代/女性/香川県/正社員)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212730&id=bodyimage3



■消費者の65%が美容室の公式ホームページを重要視している
消費者の66%が公式ホームページをチェックしており、公式ホームページ見ることでお店の雰囲気が自分に合っているかを確認していることが分かりました。
また消費者の65%が、公式ホームページの見栄えの良し悪しが店選びの判断に影響していると回答しました。
公式ホームページの見栄えが良いと「より行きたいと思う」「期待値が増す」「値段が少し高くても行ってみたくなる」とポジティブな印象となり、そのお店を選ぶ判断にプラスとなっております。
逆に見栄えが悪いと「センスがないと不安になる」「ダサいとセンスを疑う」というネガティブな印象を与えてしまい、そのお店を選ぶ判断にマイナスとなっているようです。

以上の結果から、美容ポータルサイトやSNSが美容室選びの主流になった現在でも、美容室選びにおいて公式ホームページは重要な存在ということが分かりました。
美容ポータルサイトやSNSには、どの店舗も見栄えの良い写真やテキストが掲載されており、定型フォームに掲載されている情報からでは本当のお店の雰囲気が分からない。
情報が溢れる中で、公式ホームページの存在意義は今後も大きくなってくるかと思います。


■調査結果の引用・転載について
本レポートの著作権は、株式会社ノーマリズムが保有します。
引用・転載される際は、「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )へのリンクと出典を明記してご利用いただくようお願いします。


■株式会社ノーマリズムについて
「最高の普通を追求します。これからの普通を創造します。」をコンセプトに、美容室の口コミサイト[ヘアログ]( https://hairlog.jp/ )など、主に美容室業界向けのWEBサービスを提供しています。



投稿日:

「高強度鋼の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年4月1日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「高強度鋼の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年4月1日に開始いたしました。高強度鋼の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:高強度鋼の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global High Strength Steel Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「高強度鋼の世界市場」レポートでは、高強度鋼の世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(従来型HSS、AHSS、その他)、用途別(自動車、巻き上げ及び採掘設備、航空及び船舶、その他)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別高強度鋼の販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・高強度鋼の世界市場規模
・高強度鋼の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・高強度鋼のアメリカ市場規模推移
・高強度鋼のカナダ市場規模推移
・高強度鋼のメキシコ市場規模推移
・高強度鋼のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・高強度鋼のドイツ市場規模推移
・高強度鋼のイギリス市場規模推移
・高強度鋼のロシア市場規模推移
・高強度鋼のアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・高強度鋼の日本市場規模推移
・高強度鋼の中国市場規模推移
・高強度鋼の韓国市場規模推移
・高強度鋼のインド市場規模推移
・高強度鋼の東南アジア市場規模推移
・高強度鋼の南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・高強度鋼の中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・高強度鋼の種類別分析/販売量、売上、市場シェア(従来型HSS、AHSS、その他)
・高強度鋼の用途別分析/市場規模(自動車、巻き上げ及び採掘設備、航空及び船舶、その他)
・高強度鋼の市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0607269-Global-High-Strength-Steel-Market/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212634&id=bodyimage1

投稿日:

【マインドコマース調査報告】軍事用ドローンと商業用ドローンの市場:技術毎、製品毎、セグメント毎、産業毎 2020-2025年

【調査レポートのサマリー】
2020年4月1日 販売取扱開始

米国調査会社マインドコマース(Mind Commerce)の調査レポート「軍事用ドローンと商業用ドローンの市場:技術毎、製品毎、セグメント毎、産業毎 2020-2025年」は、商用と軍事用のドローン市場の対応技術、ソリューション、アプリケーション、サービスについて記載している。世界と地域毎の市場を概観し、2025年までの収益と採用を予測している。ドローンタイプ毎、アプリケーション毎、各産業のソリューション毎に分析・予測している。2025年までの管理ドローンフリートサービス市場についても査定している。

This report evaluates commercial and military drones market including enabling technologies, solutions, applications and services. The report assesses the market outlook and provides detailed forecasts for revenue and deployment globally, regionally, and within major countries through 2025. It includes analysis and forecasts by drone type, application, and solutions by industry vertical. It also includes an assessment of the managed drone fleet services market with forecasts through 2025.


マインドコマース(Mind Commerce)は、ネットワークインフラ、Eコマース、オンラインコンテンツ、アプリケーションなど、有線と無線の両方の通信市場を広範かつ詳細に調査・分析を行ったレポートを数多く出版する米国の調査会社です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212720&id=bodyimage1


■ 調査レポート ■

軍事用ドローンと商業用ドローンの市場:技術毎、製品毎、セグメント毎、産業毎 2020-2025年
Military and Commercial Drone Market by Technology, Product, Segment, and Verticals 2020 - 2025
2020年4月1日 販売取扱開始
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/mccmdrone.html

◆米国市場調査会社 マインドコマース(Mind Commerce)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/index.html


株式会社データリソースは、マインドコマースの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

マインドコマース 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html



投稿日:

【マインドコマース調査報告】人工知能(AI)市場:技術毎、インフラストラクチャ毎、コンポーネント毎、機器毎、ソリューション毎、産業垂直市場毎 2020-2025年

【調査レポートのサマリー】
2020年3月25日 販売取扱開始

米国調査会社マインドコマース(Mind Commerce)の調査レポート「人工知能(AI)市場:技術毎、インフラストラクチャ毎、コンポーネント毎、機器毎、ソリューション毎、産業垂直市場毎 2020-2025年」は、人工知能市場を内蔵機器とコンポーネント、内蔵ソフトウェア、AIプラットフォームなどの様々な局面から概観している。内蔵IoT(モノのインターネット)と非IoT機器、AIチップなどの内蔵コンポーネント、内蔵ソフトウェアやAIプラットフォーム、関連サービスなどの人工知能に関連する市場についても査定している。

人工知能の主要なハードウェア、ソフトウェア、統合プラットフォーム、サービスなどのソリューションプロバイダについて評価している。AI技術やシステムをタイプ毎、利用ケース毎、用途毎、産業垂直市場毎に予測している。消費者、企業、産業、政府行政などの主要な市場セクター毎にも予測している。人工知能用ハードウェア、ソフトウェア、サービスなどの主要な分野に関する助言も記載している。

This report provides a multi-dimensional view into the AI market including analysis of embedded devices and components, embedded software, and AI platforms. This research also assesses the combined Artificial Intelligence (AI) marketplace including embedded IoT and non-IoT devices, embedded components (including AI chipsets), embedded software and AI platforms, and related services.

The report evaluates leading solution providers including hardware, software, integrated platforms, and services. The report includes quantitative analysis with forecasts covering AI technology and systems by type, use case, application, and industry vertical. The forecast also covers each major market sector including consumer, enterprise, industrial, and government. The report also includes specific industry recommendations with respect to Artificial Intelligence hardware, software and services.


マインドコマース(Mind Commerce)は、ネットワークインフラ、Eコマース、オンラインコンテンツ、アプリケーションなど、有線と無線の両方の通信市場を広範かつ詳細に調査・分析を行ったレポートを数多く出版する米国の調査会社です。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212320&id=bodyimage1


■ 調査レポート ■

人工知能(AI)市場:技術毎、インフラストラクチャ毎、コンポーネント毎、機器毎、ソリューション毎、産業垂直市場毎 2020-2025年
Artificial Intelligence Market by Technology, Infrastructure, Components, Devices, Solutions, and Industry Verticals 2020 - 2025
2020年3月25日 販売取扱開始
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/mcaim.html

◆米国市場調査会社 マインドコマース(Mind Commerce)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/index.html


株式会社データリソースは、マインドコマースの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

マインドコマース 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html



投稿日:

【ナビガントリサーチ 調査報告】高度配電管理システム(ADMS)ベンダ9社の戦略と業務評価

【調査レポートのサマリー】
2020年4月1日 販売取扱開始

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212714&id=bodyimage1

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート「高度配電管理システム(ADMS)ベンダ9社の戦略と業務評価 (ナビガントリサーチのリーダーボードレポートシリーズ)」は、高度配電管理システム(ADMS)ベンダ9社の戦略と業務をランク付けしている。ベンダのカテゴリ毎(リーダ、コンテンダ、チャレンジャ、フォロワー)に閾値を定めている。これらの企業をビジョン、市場化戦略、提携、技術、到達地域、販売・マーケティング、製品性能、製品のポートフォリオと統合、価格、耐久性といった評価基準でランク付けしている。ナビガントリサーチ独自のリーダーボードメソドロジによりベンダを概説、レイティング、ランク付けし、世界市場の中での各企業の強みと弱みを査定している。

This Leaderboard from Navigant Research, a Guidehouse company, ranks ADMS vendors on strategy and execution. Threshold scores determine each vendor’s categorization (Leader, Contender, Challenger, and Follower). This report evaluates 9 ADMS companies. These providers are rated on the following criteria: vision; go-to-market strategy; partners; technology; geographic reach; sales, marketing, and distribution; product performance; product portfolio and integration; pricing; and staying power. Using Navigant Research’s proprietary Leaderboard methodology, vendors are profiled, rated, and ranked with the goal of providing an objective assessment of their relative strengths and weaknesses in the global ADMS market.


ナビガントリサーチ(Navigant Research)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や消費者動向まで、広範な調査・分析を行い、調査レポートを出版しています。


■ 調査レポート ■

高度配電管理システム(ADMS)ベンダ9社の戦略と業務評価 (ナビガントリサーチのリーダーボードレポートシリーズ)
Navigant Research Leaderboard: ADMS Vendors
Assessment of Strategy and Execution for 9 ADMS Providers
出版社:ナビガントリサーチ(米国)
2020年4月1日 販売取扱開始
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvlbiadms.html

◆米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/index.html


株式会社データリソースは、ナビガントリサーチの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

ナビガントリサーチ 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html



投稿日:

TPCマーケティングリサーチ株式会社、2020年 健康菓子市場について調査結果を発表

2019年の健康菓子市場は、前年比3.9%増の2,393億円となった。同市場では、機能性表示食品制度を活用した商品が台頭し、健康菓子の機能性の多様化が加速。また、ヘルスクレームや関与成分の広がりを受け、参入各社は新商品の投入や既存商品のリニューアルなど、消費者の健康ニーズに対応している。当資料では、健康菓子市場を種類別、カテゴリー別、機能別に調査するとともに、参入各社の商品展開状況、商品政策、今後の方向性等を分析している。

概要
◆2019年の健康菓子市場は、前年比3.9%増の2,393億円となった。菓子市場全体が小幅な伸びとなっているのに対し、健康菓子市場はここ数年、安定した成長を続けており、2020年度においても同6.9%増となる見通し。また、菓子市場における割合をみると、2017年度は16.8%であったが、2020年度には18.8%と2.0ポイント増の2割弱を占めるとみられる。

◆近年の動向として、健康菓子の機能性の多様化が加速している。具体的に、機能性表示食品制度を活用した商品が台頭。近年では、ヘルスクレームや関与成分の広がりも進んでおり、参入各社は新商品の投入や既存商品のリニューアルなど、多様化する消費者の健康ニーズに対応している。

◆また、チョコレートにおいては、“ハイカカオ”を訴求した商品が大きな注目を集めている。近年、メディアを通じてカカオにおける機能性の認知度が大きく向上。これを受け、カカオ成分を豊富に含んだチョコレートは、嗜好性と機能性を併せ持った商品として需要が拡大している。

◆さらに、バランス栄養食品ではタンパク質を豊富に含んだ商品の拡販が進んでいる。これは、運動を行う消費者やダイエットに関する意識変化などにより、“高タンパク質”を訴求した食品・飲料のニーズが増加しているためである。手軽に摂取できる簡便性から市場規模も成長を続けている。

◆そのほか、一部企業では、サプリメントブランドとして健康菓子を展開するケースも見受けられる。具体例として、UHA味覚糖やディーエイチシーが展開する“グミサプリ”が挙げられる。これらのブランドについては、サプリメントと同等の機能成分を含有しており、美味しく手軽に様々な栄養素を摂取できる点から、ニーズの高まりをみせている。

◆当資料では、健康菓子の種類別、カテゴリー別、機能別で調査分析を行った。各企業における発売経緯や商品展開状況、売上規模、商品政策、販促活動、今後の方向性などから多角的に実査・分析を行い、今後の事業展開の一助となるレポートとしている。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212644&id=bodyimage1

TPC市場調査レポート
「2020年 健康菓子の市場分析調査」
―“機能性表示”や“ハイカカオ”“高タンパク質”など機能性の多様化が進む健康菓子市場―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr110200507
資料体裁:A4判122頁
発刊日:2020年3月27日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531

投稿日:

【ナビガントリサーチ 調査報告】インテリジェントビルソフトウェア主要インフルエンサ14社の戦略と業務評価

【調査レポートのサマリー】
2020年4月1日 販売取扱開始

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212718&id=bodyimage1

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート「インテリジェントビルソフトウェア主要インフルエンサ14社の戦略と業務評価 (ナビガントリサーチのリーダーボードレポートシリーズ)」は、主要な14社のインテリジェントビル用ソフトウェアのプロバイダや商業施設を最適化するプラットフォーム企業を評価している。ナビガントリサーチ独自のリーダーボードメソドロジにより企業を概説、レイティング、ランク付けし、世界市場の中での各企業の強みと弱みを査定している。これらの企業をビジョン、市場化戦略、パートナー、技術、サイバーセキュリティ、生産能力、補完サービス、ハードウェア統合、製品ラインナップ、価格といった10の評価基準でランク付けしている。

This Leaderboard report from Navigant Research, a Guidehouse company, examines 14 intelligent building software providers and their platforms for optimizing commercial facilities. Navigant Research uses a proprietary Leaderboard methodology to profile, rate, and rank vendors with the goal of providing an objective assessment of their relative strengths and weaknesses in the global intelligent building software market. These players are rated on 10 criteria: vision, go-to-market strategy, partners, technology, cybersecurity, product capabilities, complementary services, hardware integration, breadth of offerings, and pricing.


ナビガントリサーチ(Navigant Research)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や消費者動向まで、広範な調査・分析を行い、調査レポートを出版しています。


■ 調査レポート ■

インテリジェントビルソフトウェア主要インフルエンサ14社の戦略と業務評価 (ナビガントリサーチのリーダーボードレポートシリーズ)
Navigant Research Leaderboard: Intelligent Building Software
Assessment of Strategy and Execution for 14 Key Market Influencers
出版社:ナビガントリサーチ(米国)
2020年4月1日 販売取扱開始
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrlbibsw.html

◆米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/index.html


株式会社データリソースは、ナビガントリサーチの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

ナビガントリサーチ 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html



投稿日:

「酵母エキスの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年4月1日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「酵母エキスの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年4月1日に開始いたしました。酵母エキスの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:酵母エキスの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Yeast Extract Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「酵母エキスの世界市場」レポートでは、酵母エキスの世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(酵母エキスパウダー、酵母エキスペースト、その他)、用途別(肉製品、インスタントめん、醤油、ビスケット、その他)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別酵母エキスの販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・酵母エキスの世界市場規模
・酵母エキスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・酵母エキスのアメリカ市場規模推移
・酵母エキスのカナダ市場規模推移
・酵母エキスのメキシコ市場規模推移
・酵母エキスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・酵母エキスのドイツ市場規模推移
・酵母エキスのイギリス市場規模推移
・酵母エキスのロシア市場規模推移
・酵母エキスのアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・酵母エキスの日本市場規模推移
・酵母エキスの中国市場規模推移
・酵母エキスの韓国市場規模推移
・酵母エキスのインド市場規模推移
・酵母エキスの東南アジア市場規模推移
・酵母エキスの南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・酵母エキスの中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・酵母エキスの種類別分析/販売量、売上、市場シェア(酵母エキスパウダー、酵母エキスペースト、その他)
・酵母エキスの用途別分析/市場規模(肉製品、インスタントめん、醤油、ビスケット、その他)
・酵母エキスの市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0608410-Global-Yeast-Extract-Market-2020/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212633&id=bodyimage1

投稿日:

「航空宇宙用ファスナーの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年4月1日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「航空宇宙用ファスナーの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年4月1日に開始いたしました。航空宇宙用ファスナーの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:航空宇宙用ファスナーの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Aerospace Fasteners Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「航空宇宙用ファスナーの世界市場」レポートでは、航空宇宙用ファスナーの世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(ねじ式ファスナー、非ねじ式ファスナーなど)、用途別(民事、軍事など)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別航空宇宙用ファスナーの販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・航空宇宙用ファスナーの世界市場規模
・航空宇宙用ファスナーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・航空宇宙用ファスナーのアメリカ市場規模推移
・航空宇宙用ファスナーのカナダ市場規模推移
・航空宇宙用ファスナーのメキシコ市場規模推移
・航空宇宙用ファスナーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・航空宇宙用ファスナーのドイツ市場規模推移
・航空宇宙用ファスナーのイギリス市場規模推移
・航空宇宙用ファスナーのロシア市場規模推移
・航空宇宙用ファスナーのアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・航空宇宙用ファスナーの日本市場規模推移
・航空宇宙用ファスナーの中国市場規模推移
・航空宇宙用ファスナーの韓国市場規模推移
・航空宇宙用ファスナーのインド市場規模推移
・航空宇宙用ファスナーの東南アジア市場規模推移
・航空宇宙用ファスナーの南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・航空宇宙用ファスナーの中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・航空宇宙用ファスナーの種類別分析/販売量、売上、市場シェア(ねじ式ファスナー、非ねじ式ファスナーなど)
・航空宇宙用ファスナーの用途別分析/市場規模(民事、軍事など)
・航空宇宙用ファスナーの市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0606371-Global-Aerospace-Fasteners-Market-2020/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212632&id=bodyimage1

投稿日:

「シリンダー非活性化システムの世界市場予測:構成要素別、シリンダー数別(4、6以上)、バルブ作動方法別、燃料タイプ別、車両タイプ別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年3月31日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「シリンダー非活性化システムの世界市場予測:構成要素別、シリンダー数別(4、6以上)、バルブ作動方法別(オーバーヘッドカムシャフト、プッシュロッドデザイン)、燃料タイプ別(ガソリン、ディーゼル)、車両タイプ別(乗用車、LCV)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「シリンダー非活性化システムの世界市場予測:構成要素別、シリンダー数別(4、6以上)、バルブ作動方法別(オーバーヘッドカムシャフト、プッシュロッドデザイン)、燃料タイプ別(ガソリン、ディーゼル)、車両タイプ別(乗用車、LCV)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年3月31日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。シリンダー非活性化システムの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:シリンダー非活性化システムの世界市場予測:構成要素別、シリンダー数別(4、6以上)、バルブ作動方法別(オーバーヘッドカムシャフト、プッシュロッドデザイン)、燃料タイプ別(ガソリン、ディーゼル)、車両タイプ別(乗用車、LCV)、地域別
・英語タイトル:Cylinder Deactivation System Market by Component, No. of Cylinders (4 & 6 and Above), Valve Actuation Method (Overhead Camshaft & Pushrod Design), Fuel Type (Gasoline & Diesel), Vehicle Type (Passenger Vehicle & LCV), and Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:AT 7570
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年3月6日
・ページ数:162
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:自動車

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社はシリンダー非活性化システムの世界市場が、2020年46憶ドルから2025年51憶ドルまで、年平均1.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、シリンダー非活性化システムの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、プレミアムインサイト、市場動向、産業トレンド、構成要素別(エンジンコントロールユニット、バルブソレノイド、電子スロットル制御)分析、シリンダー数別(4、6以上)分析、バルブ作動方法別(オーバーヘッドカムシャフト、プッシュロッドデザイン)分析、燃料タイプ別(ガソリン、ディーゼル)分析、車両タイプ別(乗用車、LCV)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含め、次の構成でお届け致します。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場動向
・産業トレンド
・シリンダー非活性化システムの世界市場:構成要素別(エンジンコントロールユニット、バルブソレノイド、電子スロットル制御)
・シリンダー非活性化システムの世界市場:シリンダー数別(4、6以上)
・シリンダー非活性化システムの世界市場:バルブ作動方法別(オーバーヘッドカムシャフト、プッシュロッドデザイン)
・シリンダー非活性化システムの世界市場:燃料タイプ別(ガソリン、ディーゼル)
・シリンダー非活性化システムの世界市場:車両タイプ別(乗用車、LCV)
・シリンダー非活性化システムの世界市場:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「シリンダー非活性化システムの世界市場予測:構成要素別、シリンダー数別(4、6以上)、バルブ作動方法別(オーバーヘッドカムシャフト、プッシュロッドデザイン)、燃料タイプ別(ガソリン、ディーゼル)、車両タイプ別(乗用車、LCV)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/cylinder-deactivation-system-market-component-at-7570

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212575&id=bodyimage1

投稿日:

「航空エンジンの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年3月31日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「航空エンジンの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年3月31日に開始いたしました。航空エンジンの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:航空エンジンの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Aero-engine Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「航空エンジンの世界市場」レポートでは、航空エンジンの世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(ピストンエンジン、ガスタービンエンジン、その他エンジンなど)、用途別(民間航空機、軍用機など)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別航空エンジンの販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・航空エンジンの世界市場規模
・航空エンジンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・航空エンジンのアメリカ市場規模推移
・航空エンジンのカナダ市場規模推移
・航空エンジンのメキシコ市場規模推移
・航空エンジンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・航空エンジンのドイツ市場規模推移
・航空エンジンのイギリス市場規模推移
・航空エンジンのロシア市場規模推移
・航空エンジンのアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・航空エンジンの日本市場規模推移
・航空エンジンの中国市場規模推移
・航空エンジンの韓国市場規模推移
・航空エンジンのインド市場規模推移
・航空エンジンの東南アジア市場規模推移
・航空エンジンの南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・航空エンジンの中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・航空エンジンの種類別分析/販売量、売上、市場シェア(ピストンエンジン、ガスタービンエンジン、その他エンジンなど)
・航空エンジンの用途別分析/市場規模(民間航空機、軍用機など)
・航空エンジンの市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0606370-Global-Aeroengine-Market-2020-Manufacturers/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212570&id=bodyimage1

投稿日:

「工業用内視鏡の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年3月31日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「工業用内視鏡の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年3月31日に開始いたしました。工業用内視鏡の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:工業用内視鏡の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Industrial Endoscope Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「工業用内視鏡の世界市場」レポートでは、工業用内視鏡の世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(ファイバースコープ、リジッドボアスコープ、その他)、用途別(自動車産業、電力産業、航空宇宙産業、建設産業、その他)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別工業用内視鏡の販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・工業用内視鏡の世界市場規模
・工業用内視鏡の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・工業用内視鏡のアメリカ市場規模推移
・工業用内視鏡のカナダ市場規模推移
・工業用内視鏡のメキシコ市場規模推移
・工業用内視鏡のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・工業用内視鏡のドイツ市場規模推移
・工業用内視鏡のイギリス市場規模推移
・工業用内視鏡のロシア市場規模推移
・工業用内視鏡のアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・工業用内視鏡の日本市場規模推移
・工業用内視鏡の中国市場規模推移
・工業用内視鏡の韓国市場規模推移
・工業用内視鏡のインド市場規模推移
・工業用内視鏡の東南アジア市場規模推移
・工業用内視鏡の南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・工業用内視鏡の中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・工業用内視鏡の種類別分析/販売量、売上、市場シェア(ファイバースコープ、リジッドボアスコープ、その他)
・工業用内視鏡の用途別分析/市場規模(自動車産業、電力産業、航空宇宙産業、建設産業、その他)
・工業用内視鏡の市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0607329-Global-Industrial-Endoscope-Market-2020/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212569&id=bodyimage1

投稿日:

「収益管理の世界市場予測:ソリューション別(請求&支払い、価格管理、収益保証&不正管理、流通管理)、サービス別、展開別(オンプレミス、クラウド)、産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年3月31日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「収益管理の世界市場予測:ソリューション別(請求&支払い、価格管理、収益保証&不正管理、流通管理)、サービス別、展開別(オンプレミス、クラウド)、産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「収益管理の世界市場予測:ソリューション別(請求&支払い、価格管理、収益保証&不正管理、流通管理)、サービス別、展開別(オンプレミス、クラウド)、産業別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年3月31日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。収益管理の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:収益管理の世界市場予測:ソリューション別(請求&支払い、価格管理、収益保証&不正管理、流通管理)、サービス別、展開別(オンプレミス、クラウド)、産業別、地域別
・英語タイトル:Revenue Management Market by Solution (Billing and Payment, Price Management, Revenue Assurance and Fraud Management, and Channel Management), Service, Deployment Mode (On-premises and Cloud), Vertical, and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:TC 4241
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年3月6日
・ページ数:161
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:IT&通信

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は収益管理の世界市場が、2019年141億ドルから2024年224億ドルまで、年平均9.6%成長すると予測しています。本調査レポートでは、収益管理の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、プレミアムインサイト、市場動向・産業トレンド、構成要素別分析、ソリューション別(請求&支払い、価格管理、収益保証&不正管理、流通管理)分析、サービス別(プロフェッショナルサービス)分析、展開別(オンプレミス、クラウド)分析、産業別(通信、ホスピタリティ、輸送、ヘルスケア、小売り、金融)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含め、次の構成でお届け致します。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場動向・産業トレンド
・収益管理の世界市場:構成要素別
・収益管理の世界市場:ソリューション別(請求&支払い、価格管理、収益保証&不正管理、チャネル管理)
・収益管理の世界市場:サービス別(プロフェッショナルサービス)
・収益管理の世界市場:展開別(オンプレミス、クラウド)
・収益管理の世界市場:産業別(通信、ホスピタリティ、輸送、ヘルスケア、小売り、金融)
・収益管理の世界市場:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「収益管理の世界市場予測:ソリューション別(請求&支払い、価格管理、収益保証&不正管理、流通管理)、サービス別、展開別(オンプレミス、クラウド)、産業別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/revenue-management-market-solution-billing-tc-4241

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212576&id=bodyimage1

投稿日:

運送会社をかたるフィッシング詐欺が前月比281%まで増加 ~インターネット詐欺リポート(2020年2月度)~

ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO 瀧 進太郎、以下「BBソフトサービス」)は、2020年2月度のインターネット詐欺リポートを発表します。

https://www.onlinesecurity.jp/reports/2020/202003.html

2020年2月度のインターネット詐欺リポートでは、運送会社をかたるフィッシング詐欺について取り上げます。詐欺ウォールで収集した、運送会社をかたるフィッシング詐欺サイト数は1月に49件だったものが、2月には138件と前月比281%まで増加しています。

運送会社をかたるフィッシング詐欺サイトは2019年から増減を2回繰り返しています。1回目の増減は2019年2月に793件まで増加し、その後減少しました。2回目は2019年8月に212件と増加を始め、2019年10月以降は減少しています。それ以降は減少傾向が続いておりましたが、今年の2月に入り138件と検知数が大きく増加しました。今までの傾向上、検知数が大きく伸びた後、数カ月間は検知数が増加する傾向もあり注意が必要です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212647&id=bodyimage1

主な手口は、不在通知を装ったSMSやメールからフィッシングサイトに誘導され、Android端末からアクセスした場合は、不正アプリをダウンロードするように案内、iOS端末からアクセスした場合はApple IDやパスワード、電話番号、認証コードなどを詐取されます。

参考動画:フィッシング詐欺 手口紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=0Y6dxz4_X30&feature=emb_title


フィッシング詐欺被害防止のためのチェックポイント
■情報元不明のアプリのインストールは許可しない
Androidの「設定」アプリ以下にある「セキュリティー」から、情報元不明のアプリのインストールは許可しないよう設定を変更する。

■メールやSMSで案内されたURLが正規URLかを確認する
メールやSMSメッセージ上のリンクはクリックせず、事前に登録しておいたブックマークから正規サイトへアクセスする。 また、詐欺ウォールで収集した不在届を装ったフィッシングサイトのURLのトップレベルドメインは「.top」「.co」などが多いため、見慣れないURLには注意が必要です。

■SSL通信が提供されているかどうかをチェックする
個人情報(メールアドレスやクレジットカード番号など)を入力するページのアドレスバーに鍵マークが表示されない場合には、注意が必要です。

「詐欺ウォール(R) / Internet SagiWallTM」について
日本人を標的とするネット詐欺サイトをブロックする、ネット詐欺専用セキュリティーソフトです。ウェブブラウザでサイト閲覧中の不用意に悪意のあるサイトにアクセスした場合でも、コンテンツをリアルタイムで検査し自動的にブロックします。ウイルス対策ソフトでは検知が難しい巧妙な詐欺サイトであっても独自のAI検知技術で高い精度で検出するため、ウイルス対策と併用することでユーザーの安全を高めます。パソコンやスマートフォンの利用に慣れていない方でも、簡単に利用でき、サイバー犯罪被害を未然に防ぐことができます。

※詐欺ウォール(R)は、iOS、mac OS、Windows(R)、AndroidTM版を提供しています。
詐欺ウォール(R) / Internet SagiWallTM
製品情報サイト URL:https://www.sagiwall.jp/

「SMS詐欺ブロッカー by 詐欺ウォール(R)」について
BBSSのネット詐欺専用セキュリティーソフト「詐欺ウォール(R) / Internet SagiWallTM」で培った技術を応用し、iPhoneの「メッセージ」アプリに届くSMS/MMSメッセージを複合的に解析し、詐欺の危険性を自動的に判断するアプリケーションです。危険な可能性のある場合は不用意に開いたりしないよう、「メッセージ」アプリ内の「迷惑メッセージ」タブに振り分け隔離します。この「SMS詐欺ブロッカー」をネット詐欺専用セキュリティーソフト「詐欺ウォール(R)」と併用いただくことで、一般消費者のネット詐欺対策をより万全できると考えております。
SMS詐欺ブロッカー by 詐欺ウォール(R)
アプリダウンロードURL:https://apps.apple.com/jp/app/id1456223419

■BBソフトサービス株式会社について
ソフトバンクグループにおいて、セキュリティー製品を主軸とするソフトウェアサービスを、ISPや携帯電話会社などの通信事業者を通じて提供しています。サービス提供のみならず、フィッシング対策協議会やその他の社外団体を通じた情報セキュリティーに関する啓発活動にも積極的に取り組んでいます。一般消費者のサイバー犯罪被害を減らし、よりよいインターネット利用環境を全てのユーザーに提供することで社会貢献を果たしてまいります。

<会社概要>
社名: BBソフトサービス株式会社
所在地: 東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル14階
社長: 代表取締役社長 兼 CEO 瀧 進太郎
設立日: 2006年1月17日
株主: SB C&S株式会社 100%
事業内容: ブロードバンドを利用したコンシューマー・SOHO用アプリケーションサービス、およびオリジナルアプリケーションサービスの企画・開発・販売・運営
URL: https://bbss.co.jp/

投稿日:

中学受験 合格の秘訣は「時間」にあった

アクセラレーテッドラーニングジャパン有限会社(本社:東京都千代田区)の運営する中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」(https://www.e-juken.jp/)では、本サイトに会員登録するメルマガ会員様のうち、中学受験を目指すお子さんをお持ちの親御さま134名を対象に2020年3月11日(水)~ 3月18日(水)にかけて、「時間」をテーマにアンケートを実施いたしました。

<調査結果トピックス>
1. 塾のない日の家庭学習時間は2時間以上3時間未満が4割弱
2. テスト直しに1時間かけないお子さんが4割弱
3. 朝学習していないお子さんは3割

<アンケート調査概要>
アンケートテーマ:「時間」
調査期間:2020年3月11日(水)~18日(水)
調査方法:インターネット調査
回答者数:かしこい塾の使い方メルマガ会員 134名
(中学受験を目指すお子さんをお持ちの親御さま)
関連URL:https://www.e-juken.jp/topic200331.html
*********
この度、中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」(https://www.e-juken.jp/)では、中学受験を目指すお子さんをお持ちの親御さんに「塾のない日の家庭学習の時間は?」など、「時間」についてアンケートを実施しました。

・家庭での学習時間を教えてください。(塾のない日)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212588&id=bodyimage1

【解説】
塾のない日の家庭での学習時間を教えていただきました。「2時間以上3時間未満」が37%、「1時間以上2時間未満」が27%、「3時間以上4時間未満」と「4時間以上」が13%、「1時間未満」が10%とのことでした。

中学受験をするとなると陥りやすいのが、勉強のし過ぎで成績が下がることです。また、学習量はお子さんそれぞれです。特に家庭学習では、塾での理解度や内容によってそれぞれ変えるべきです。
しかし、どれくらいが適正か、意外にお子さんは自分でわからないものです。親御さんが見極めてあげましょう。親御さん、特に側にいるお母さんは、お子さんの様子をみて1日に取り組む量の目安を決めてあげましょう。

(主任相談員 前田 昌宏)

・テスト直しにかけている時間を教えてください。(週あたり)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212588&id=bodyimage2

【解説】
テスト直しにかけている時間を尋ねたところ、「1時間未満」と「1時間以上2時間未満」が38%、「2時間以上3時間未満」が10%、「していない」が9%と続きました。

テストは結果を分析することで、何ができて、何ができなかったのかがわかります。できなかった問題はなぜできなかったのかを考え、1つずつ克服していきましょう。

(主任相談員 西村 則康)

・朝学習の時間を教えてください。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212588&id=bodyimage3

【解説】
朝学習の時間はという質問では、「していない」が30%、「10分以上20分未満」が29%、「10分未満」が19%、「20分以上30分未満」が13%、「30分以上」が9%と回答をいただきました。

朝学習は、運動するときのウォーミングアップのような効果があります。朝学習を行うことで、学校での学習効果も高まるはずです。
しかし、あまり欲張った予定にはしないでください。例えばいつもより2時間も早く起きて取り組むとなると、逆に体調を崩してしまいかねません。睡眠時間はしっかりと確保し、規則正しい生活になるよう朝学習を習慣化させてみてください。

(主任相談員 辻 義夫)

■今回のアンケート項目
Q1: お住まいの地域を教えてください。
Q2: お子さんの性別を教えてください。
Q3: お子さんの学年を教えてください。
Q4: 家庭での学習時間を教えてください。(塾のない日)
Q5: 家庭での学習時間を教えてください。(塾のある日)
Q6: 塾にいる時間を教えてください。(平日・平均)
Q7: 塾にいる時間を教えてください。(土日・平均)
Q8: テスト直しにかけている時間を教えてください。(週あたり)
Q9: 朝学習の時間を教えてください。
Q10: 時間に関して不安や疑問を感じていることがあれば教えてください。(自由記述)

■中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」
お子さんが中学受験を目指して大手進学塾に通っているものの、なかなか成績が伸びないことに悩む親御さんに向けて、塾の使い方をガイドとして誕生したサイト。中学受験のテクニック、正しい知識、ぐんぐん成績を伸ばすための情報を提供している。
(URL)https://www.e-juken.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212588&id=bodyimage4

アクセラレーテッドラーニングジャパン有限会社では、今後も定期的に中学受験に役立つ最新情報を発信していく予定です。

■お問い合わせ先
アクセラレーテッドラーニングジャパン有限会社 PR事業部 担当:加藤
TEL:03-5510-2530/FAX:03-5510-2533 Mail:kato@superweb.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212588&id=bodyimage5

投稿日:

池袋の小規模事務所の2月度平均賃料が下降。小規模店舗は上昇

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212660&id=bodyimage1

池袋の小規模事務所(20坪以下)の2月度平均募集賃料は、前月から2.3%下降しました。

2月は賃料低めの物件が新規で募集に出ており、平均募集賃料を下降させた形となっています。

小規模店舗(20坪以下)の2月度平均募集賃料は、3ヶ月ぶりに前月から4.6%上昇しました。

2月は賃料高めの物件が新規で募集に出ており、平均募集賃料を上昇させた形となっています。

※本調査データの定義は、以下のとおり。
●調査結果公表日:2020年3月31日
●池袋エリア:池袋駅を中心とするおおむね半径1km のエリア
●集計対象 :2020年2月29日時点で、池袋でテナントを募集している空室物件(約100室)
●賃料データ:賃料には管理費・共益費を含む。平均値は面積を考慮した加重平均で算出
●詳細レポート:池袋の物件市場相場の詳細レポート(毎月作成)を発行しています。
ご希望の方は、下記にご請求下さい。

■本件に関する問合せ先
株式会社M&Kカンパニー
担当者:斎 浩介
東京都豊島区東池袋1-31-13 ライオンズマンション東池袋第三 8F
TEL:03-6912-6640
FAX:03-6912-6641
URL:http://www.mkcompany.jp/
mail:info@mkcompany.jp

■会社概要
会社名:株式会社M&Kカンパニー(エムケーカンパニー)
所在地:東京都豊島区東池袋1-31-13 ライオンズマンション東池袋第三 8F
設 立:2010年9月
資本金:3,000千円
代表者:斎 浩介
設 立:2010年9月
事業内容:宅地建物取引業 東京都知事(2)第92321号
・オフィス、店舗の賃貸仲介
・オフィス移転の総合サービス(設計、施工、引越)

投稿日:

エヌピーディー・ジャパン、最新スポーツシューズ・アパレル市場レポート「スポーツシューズ・アパレル市場規模、2019年1.2兆円で3.8%増」を公表

スポーツシューズ・アパレル市場情報サービス『Japan Sports Tracker*1』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(東京都港区、トーマス・リンチ代表)は、2019年スポーツシューズ・アパレル市場概況分析レポートを2020年3月31日に公表します。

本分析レポートでは、大きく以下のことが分かります。日本のスポーツシューズ・アパレル市場規模は、2019年1月~12月に約1.2兆円で前年同期比3.8%増でした。この成長を主に牽引したのは、スポーツシューズ市場で、同6.1%増でした。特にカジュアルシューズとランニングシューズの成長が貢献しました。また、市場規模の約3割を占めるオンラインチャネルが成長の主要因となっていることが分かりました。さらに、スポーツ・レジャー共用にする傾向が高まり、平均の購入価格の下落が見られました。



スポーツシューズ・アパレル市場規模は、2019年1.2兆円で3.8%増
日本におけるスポーツシューズ・アパレル市場規模は、2019年1月~12月計に約1.2兆円で、前年同期比3.8%増加しました(図表1)。成長をけん引したのはスポーツシューズで、前年比6.1%増の6908億円でした。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212607&id=bodyimage1


カジュアルシューズとランニングシューズが市場成長を牽引
スポーツシューズ市場をカテゴリー別にみると(図表2)、最も市場規模が大きいカジュアルシューズ(2268億円:2019年)が6.8%増で、2年連続のプラス成長でした。2番目に市場規模が大きいランニングシューズ(1261億円:2019年)は、6.4%増でした。アパレル市場では(図表3)、最大の市場規模カテゴリーであるトップス(1021億円:2019年)が2年連続で成長した一方、2番目と3番目の市場であるジャージ上下セット(864億円:2019年)とコート/ジャケット類(541億円:2019年)はマイナス成長となりました。シェア5番目のスウェット類(477億円:2019年)が2年連続で成長、2019年は12.1%の大幅増でした。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212607&id=bodyimage2


オンライン市場(4219 億円)が急成長
購入チャネルをみると(図表4)、市場規模の約3割を占めるオンラインチャネルが成長の主要因となっていることが分かりました。2019年のスポーツシューズ・アパレル市場におけるオンラインチャネルでの購入は、4219億円(スポーツシューズ:2371億円、アパレル:1848億円)で前年比10.9%増でした。昨今のコロナウィルスによる外出を通常よりも控えざるを得ないような消費行動への影響を考慮すると、インターネット上での購買がこれまで以上に増え、オンライン販売の重要性は、ことスポーツシューズ・アパレル市場においても、ますます増してくることが考えられます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212607&id=bodyimage3


スポーツ・レジャー共用にする傾向が高まる
商品の“利用意向”(購入商品を何用に使うか)をみると、”スポーツ/レジャー同じぐらい“と”ほとんどレジャー用“が伸びており、2019年は対前年比8.3%増でした。スポーツシューズ・アパレル商品をスポーツ・レジャー共用にする傾向が強くなってきています。平均購入金額は、特にアパレル市場でマイナス成長(-2.1%)となったことで、全体でもダウンとなりました。一般消費者は、スポーツ用と普段着使いを可能な限り同じものを着用してファッションへの出費を抑える傾向があるとも推測できます。上記のような状況を見ると、複数の利用パターンのあるシューズやアパレル商品が、節約したい消費者向けには役立つ可能性が高いと考えられます。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212607&id=bodyimage4


エヌピーディー・ジャパンのスポーツ事業部アカウントマネージャーである、加藤拓真(かとう・たくま)は、「成長するスポーツシューズ・アパレル市場において、平均の購入価格が下がり、割安で購入可能なケースも多いインターネット購入が市場全体の成長を牽引していますが、このオンライン市場は、コロナウィルスの影響で家の中に留まることを余儀なくされる人々にとっては、今後より便利な購入方法となることが考えられます。オンライン市場以外に、節約傾向にある消費者の消費行動についても、NPDは引き続き注目すると共に、特に複数の用途で利用可能なシューズやアパレル商品が、スポーツシューズ・アパレルの成長に大きなビジネス機会になると考えます。」と話します。

※本内容をご覧の皆様向け特典について
特典データ「ランニングシューズ“利用意向”構成比(2017年~2019年)」を無料でご提供いたします。ご希望の方は下記資料ダウンロード請求フォームよりご請求ください。
https://www.npdjapan.com/download/download-form0010/


*1 Japan Sports Tracker
スポーツシューズ・アパレル市場における全国の消費者購買行動を時系列で把握できる日本で唯一の消費者パネルデータベースです。市場のトレンドやビジネスチャンスを特定し売上を伸ばすために必要な、製品トレンドと消費者動向について包括的な情報が得られます。カテゴリー、ブランド、アイテムレベルで自社製品、競合他社製品のパフォーマンスを分析できます。
詳細 URL: http://www.npdjapan.com/solutions/sports/


■本件に関するお問い合せ先
エヌピーディー・ジャパン株式会社
担当:加藤 拓真(かとう たくま)
〒108-0074 東京都港区高輪 3-23-17 品川センタービル 8F
TEL : 03-5798-7663
FAX : 03-5798-7665
Email : npdjapan.info@npd.com

■会社概要
会社名 エヌピーディー・ジャパン株式会社
英名 NPD Japan Ltd.
設立年月日 2003年 3月 31日
所在地 〒108-0074 東京都 港区高輪 3-23-17品川センタービル8F
TEL (03) 5798 - 7663
FAX (03) 5798 - 7665
資本金 80,000,000円
株主 The NPD Group Inc. (100%)
代表者 トーマス・リンチ
所属団体 一般社団法人日本マーケティング・リサーチ協会





投稿日:

「サービスロボットの世界市場予測:環境別、種類別(業務用、個人用、家庭用)、構成要素別、用途別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年3月31日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「サービスロボットの世界市場予測:環境別、種類別(業務用、個人用、家庭用)、構成要素別、用途別(ロジスティクス、検査&保守、広報、海洋、エンターテイメント、教育、個人)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「サービスロボットの世界市場予測:環境別、種類別(業務用、個人用、家庭用)、構成要素別、用途別(ロジスティクス、検査&保守、広報、海洋、エンターテイメント、教育、個人)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年3月31日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。サービスロボットの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:サービスロボットの世界市場予測:環境別、種類別(業務用、個人用、家庭用)、構成要素別、用途別(ロジスティクス、検査&保守、広報、海洋、エンターテイメント、教育、個人)、地域別
・英語タイトル:Service Robotics Market by Environment, Type (Professional and Personal & Domestic), Component, Application (Logistics, Inspection & Maintenance, Public Relations, Marine, Entertainment, Education, & Personal), and Geography - Global Forecast to 2025
・商品コード:SE 2714
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年3月6日
・ページ数:246
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:半導体&電子

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社はサービスロボットの世界市場が、2020年370億ドルから2025年1,025億ドルまで、年平均22.6%成長すると予測しています。本調査レポートでは、サービスロボットの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、プレミアムインサイト、市場動向、産業トレンド、環境別(空中、陸地、海洋)分析、種類別(業務用、個人用、家庭用)分析、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、用途別(ロジスティクス、検査&保守、広報、海洋、エンターテイメント、教育、個人)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含め、次の構成でお届け致します。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場動向
・産業トレンド
・サービスロボットの世界市場:環境別(空中、陸地、海洋)
・サービスロボットの世界市場:種類別(業務用、個人用、家庭用)
・サービスロボットの世界市場:構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア)
・サービスロボットの世界市場:用途別(ロジスティクス、検査&保守、広報、海洋、エンターテイメント、教育、個人)
・サービスロボットの世界市場:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「サービスロボットの世界市場予測:環境別、種類別(業務用、個人用、家庭用)、構成要素別、用途別(ロジスティクス、検査&保守、広報、海洋、エンターテイメント、教育、個人)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/service-robotics-market-environment-type-se-2714

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212577&id=bodyimage1

投稿日:

「固定用プレートの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年3月31日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「固定用プレートの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年3月31日に開始いたしました。固定用プレートの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:固定用プレートの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Bone Fixation Plate Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「固定用プレートの世界市場」レポートでは、固定用プレートの世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(ステンレスタイプ、チタンタイプ、その他)、用途別(頭蓋顎顔面プレート固定、脊椎プレート固定、四肢プレート固定、その他など)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別固定用プレートの販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・固定用プレートの世界市場規模
・固定用プレートの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・固定用プレートのアメリカ市場規模推移
・固定用プレートのカナダ市場規模推移
・固定用プレートのメキシコ市場規模推移
・固定用プレートのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・固定用プレートのドイツ市場規模推移
・固定用プレートのイギリス市場規模推移
・固定用プレートのロシア市場規模推移
・固定用プレートのアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・固定用プレートの日本市場規模推移
・固定用プレートの中国市場規模推移
・固定用プレートの韓国市場規模推移
・固定用プレートのインド市場規模推移
・固定用プレートの東南アジア市場規模推移
・固定用プレートの南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・固定用プレートの中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・固定用プレートの種類別分析/販売量、売上、市場シェア(ステンレスタイプ、チタンタイプ、その他)
・固定用プレートの用途別分析/市場規模(頭蓋顎顔面プレート固定、脊椎プレート固定、四肢プレート固定、その他など)
・固定用プレートの市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0606600-Global-Bone-Fixation-Plate-Market/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212568&id=bodyimage1

投稿日:

TPCマーケティングリサーチ株式会社、2020年 業務用冷凍食品市場について調査結果を発表

2018年度の業務用冷凍食品市場は、前年度比1.4%増の9,261億円となった。堅調な推移が続く要因としては、調理現場の人手不足、インバウンド需要の拡大、凍結技術の向上などが挙げられる。当資料では、業務用冷凍食品を農産物、水産物、フライ類、デザート・菓子、調理食品類、麺類など14分野に分類し、市場規模、商品分析、今後の市場性、参入企業の取り組み等を分析している。

概要
◆2018年度の業務用冷凍食品の市場規模は、前年度比1.4%増の9,261億円となった。同市場は、調理現場の人手不足、インバウンド需要の拡大、凍結技術の向上などがプラス要因となり、堅調な推移が続いている。

◆主要10分野の伸長率をみると、10分野中6分野が前年度を上回った。このうち、水産物とデザート・菓子は前年度比3%以上増加。水産物は、自然解凍に対応した煮魚・焼魚や下処理済みの寿司種が人手不足の現場をサポートする商品として幅広い業態から引き合いが増えている。また、デザート・菓子は、訪日外国人客の増加を追い風にホテルの朝食バイキングやビュッフェ等でニーズが高まっている。

◆業態別では、中食ルートの主力業態であるスーパーおよびCVS向けが前年度比2%以上伸長。外食ルートでは飲食店やホテル、給食では病院・介護施設向けが前年度を上回った。各業態では、深刻な人手不足を背景に、簡便・時短調理や廃棄ロスの削減が可能な冷凍食品を利用するケースが増えている。

◆2019年度は前年度比2.3%増の9,473億円となる見込み。メーカー各社は、オペレーションの簡便化・省力化を訴求した商品の開発、業態別のニーズに応じたメニュー提案を強化し、需要の取り込みを図っている。

◆当資料では、業務用冷凍食品を14分野((1)農産物、(2)水産物、(3)畜産物、(4)フライ類、(5)ハンバーグ・肉団子、(6)餃子・焼売・春巻、(7)卵製品、(8)調理食品類、(9)麺類、(10)米飯、(11)スナック、(12)パン、(13)デザート・菓子、(14)介護食)に分類して調査を実施。市場規模、企業別シェア、商品分析、今後の市場性、参入企業の動向などについてレポートしている。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212422&id=bodyimage1

TPC市場調査レポート
「2020年 業務用冷凍食品の市場分析調査」
―「人手不足」「インバウンド需要」「凍結技術の向上」により拡大が続く―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr110200498
資料体裁:A4判140頁
発刊日:2020年3月26日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531

投稿日:

日本マーケティングリサーチ機構調査 満足度調査で3部門No.1を獲得! 品質・コスパ・接客の3部門で満足度で第1位獲得!!

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000211873&id=bodyimage1

工場直販で日本一のオーダースーツSADAは、去る2020年1月に日本マーケティングリサーチ機構によるオーダースーツに関するインターネット調査の結果、「オーダースーツ品質満足度」「オーダースーツコストパフォーマンス満足度」「オーダースーツ接客満足度」の3部門で第1位となりました。
※2020年3月2日(月):日本マーケティングリサーチ機構発表

▼オーダースーツ品質満足度No.1!
〇理由
1)CAD(自動設計システム)、CAM(自動裁断機)等をフル活用し、ラインで縫い上げ、自動化・機械化、分業化を独自開発の製法で極限まで進めたオーダースーツ

2)独特のきめ細やかな工夫を取り入れているので「丈や袖だけではなく、ちゃんと全身を採寸して仕立ててくれるオーダースーツ」「身体の癖を見てくれて、ツキシワなんかも取ってくれるオーダースーツ」

3)ほとんど職人が関わることなくオーダースーツを製造できますが、要所で人の目と手によって微妙な調整を行いますので、1点もののオーダースーツの大量生産が可能になっております。

▼オーダースーツコストパフォーマンス満足度No.1!
〇理由
1)生地・デザイン・ディテール等を豊富な選択肢の中から自由に選べる
2)お直し・修理等にも柔軟に対応してもらえる為、長く着られる安心感がある
3)仕入れが工場直販なので、生地仕入れから縫製までワンストップで行い、お手ごろ価格で購入可能
4)自社工場での縫製、生地卸問屋としてのノウハウ、生地企画から縫製、そして小売りまでという、自社グループ内で行っていますので、格調高い均一な品質のオーダースーツをいつでも提供できる体制を整えております。
5)宮城と北京で、年間13万着のオーダースーツを製造。
特に、北京工場は海外縫製のオーダースーツ専門工場として最大規模です。
(1) 海外縫製のコストメリットに加え、
(2) スケールを活かしての仕入コスト、物流費等の極小化により、高いコストパフォーマンスが得られるばかりでなく、お客様それぞれのお好みに応じたオーダースーツを、お値段以上の品質で自由自在にご提供できるのです。

▼オーダースーツ接客満足度No.1!
〇理由
1)採寸スタッフがお客様の身体をきちんと正確に採寸する
2)着心地に応じたお好みなどの要望を詳しく聞き、微妙なサイズ調整を行う
3)採寸結果をもとにCAD(自動設計システム)が個々に正確なパターンを起こしてお仕立てするので、どんな体型にも、癖のある身体にもフィットするオーダースーツを仕立てることが可能
4)超異形スーツへの対応力が高い
スポーツ経験者は、スポーツの種類によって上半身、もしくは下半身が特に発達している場合が多く、ジャケットとスラックスが既製服では別々の号数であるなど、人によって体型が違うためスーツ選びの難しさがあります。
特に太っている方は、入る既製スーツを選ぶと身体の各所が余ってしまい全体としてダボっとした印象になるなど・・・SADAであればこういった悩みが解決できます。
5)長年蓄積してきたオーダースーツ製造のノウハウによって、ジャケット300通り、スラックス250通り以上の基本パターンを活用し、コンピューター上で伸縮させることによって個々のパターンの精度を更に高めている

◆今後の方針・・・明確なSADAミッション
これを機に、「オーダースーツの着心地と楽しさで、日本のビジネスシーンを明るく元気にします」とのミッションを実現するため、日本のビジネスパーソンの「セルフイメージ」の向上と日本人の「おもてなしの精神」の象徴であった日本のスーツ文化を再構築するとの使命感を持って、企業繁栄を通して社会に貢献してまいります。

投稿日:

「ピープロテインの世界市場予測:種類別(分離物、濃縮物、テクスチャー)、フォーム別(ドライ、ウェット)、ソース別、用途別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年3月31日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「ピープロテインの世界市場予測:種類別(分離物、濃縮物、テクスチャー)、フォーム別(ドライ、ウェット)、ソース別(イエロー スプリットピー、レンズ豆、ひよこ豆)、用途別、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、その他)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「ピープロテインの世界市場予測:種類別(分離物、濃縮物、テクスチャー)、フォーム別(ドライ、ウェット)、ソース別(イエロー スプリットピー、レンズ豆、ひよこ豆)、用途別、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、その他)」市場調査レポートの販売を2020年3月31日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。ピープロテインの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:ピープロテインの世界市場予測:種類別(分離物、濃縮物、テクスチャー)、フォーム別(ドライ、ウェット)、ソース別(イエロー スプリットピー、レンズ豆、ひよこ豆)、用途別、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、その他)
・英語タイトル:Pea Protein Market by Type (Isolates, Concentrates, and Textured), Form (Dry and Wet), Source (Yellow split peas, Lentils, and Chickpeas), Application, and Region (North America, Europe, Asia Pacific, South America, and Rest of the World) - Global Forecast to 2025
・商品コード:FB 2741
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年3月6日
・ページ数:198
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:食品&飲料

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社はピープロテインの世界市場が、2020年745百万ドルから2025年1,400百万ドルまで、年平均13.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、ピープロテインの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、プレミアムインサイト、市場動向、代替タンパク質源との比較分析、種類別分析、フォーム別(ドライ、ウェット)分析、用途別(肉代用品、機能性食品、スナック、飲料、ベーカリー製品)分析、ソース別(イエロー スプリットピー、レンズ豆、ひよこ豆)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含め、次の構成でお届け致します。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場動向
・代替タンパク質源との比較分析
・ピープロテインの世界市場:種類別
・ピープロテインの世界市場:フォーム別(ドライ、ウェット)
・ピープロテインの世界市場:用途別(肉代用品、機能性食品、スナック、飲料、ベーカリー製品)
・ピープロテインの世界市場:ソース別(イエロー スプリットピー、レンズ豆、ひよこ豆)
・ピープロテインの世界市場:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「ピープロテインの世界市場予測:種類別(分離物、濃縮物、テクスチャー)、フォーム別(ドライ、ウェット)、ソース別(イエロー スプリットピー、レンズ豆、ひよこ豆)、用途別、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、その他)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/pea-protein-market-type-isolates-fb-2741

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212578&id=bodyimage1

投稿日:

「血管移植の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年3月31日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「血管移植の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年3月31日に開始いたしました。血管移植の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:血管移植の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Vascular Graft Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「血管移植の世界市場」レポートでは、血管移植の世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(ePTFE血管移植片、ポリエステル血管移植片、PTFE血管移植片、その他)、用途別(心血管疾患、動脈瘤、血管閉塞、その他)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別血管移植の販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・血管移植の世界市場規模
・血管移植の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・血管移植のアメリカ市場規模推移
・血管移植のカナダ市場規模推移
・血管移植のメキシコ市場規模推移
・血管移植のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・血管移植のドイツ市場規模推移
・血管移植のイギリス市場規模推移
・血管移植のロシア市場規模推移
・血管移植のアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・血管移植の日本市場規模推移
・血管移植の中国市場規模推移
・血管移植の韓国市場規模推移
・血管移植のインド市場規模推移
・血管移植の東南アジア市場規模推移
・血管移植の南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・血管移植の中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・血管移植の種類別分析/販売量、売上、市場シェア(ePTFE血管移植片、ポリエステル血管移植片、PTFE血管移植片、その他)
・血管移植の用途別分析/市場規模(心血管疾患、動脈瘤、血管閉塞、その他)
・血管移植の市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0608307-Global-Vascular-Graft-Market-2020/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212567&id=bodyimage1

投稿日:

ログ管理の世界市場、2025年までに37億1600万米ドルに成長予想

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ログ管理の世界市場 ~2025年:ソリューション・サービス」 (MarketsandMarkets) の販売を3月30日より開始いたしました。

MarketsandMarketsは、グローバルログ管理市場をコンポーネント(ソリューションとサービス)、組織の規模、展開モード、業種、地域ごとにセグメント化しました。コンポーネントセグメントは、ソリューションとサービスに分かれています。サービスは、プロフェッショナルサービスとマネージドサービスにさらに分類されます。組織規模セグメントは、大企業と中小企業(SME)に分類されます。展開モードには、クラウドとオンプレミスが含まれます。

全体的なログ管理市場は、北米、APAC、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、およびMEAの5つの地域で調査されています。収益の面では、北米は地域全体でログ管理の概念が早期に採用された結果、市場への最大の貢献者になると予想されています。さらに、米国およびカナダの連邦政府が主導するガイドラインにより、この地域の組織は企業戦略の一環としてログ管理ソリューションとサービスを採用するようになりました。 APACは、クラウドおよび仮想化された環境がエンドユーザー全体に急速に採用されるため、予測期間中に最高の複合年間成長率(CAGR)で成長すると予想されます。ログ管理の世界市場の規模は、2020年までに19億2,500万米ドルから2025年までに37億1600万米ドルに成長すると予想されています。2020年から2025年までのCAGRは14.1%です。市場の成長は、サイバー攻撃の増加、発展途上経済圏でのサイバー意識の高まり、およびさまざまな業種で事業を展開しているグローバル組織の規制順守の高まりに起因する可能性があります。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212602&id=bodyimage1

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama928654-log-management-market-by-component-solution.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

投稿日:

「産業用IoT(IIoT)の世界市場予測:デバイス&技術別(センサー、RFID、産業用ロボット、DCS、状態監視、ネットワーク技術)、接続別、ソフトウェア別、産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年3月31日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「産業用IoT(IIoT)の世界市場予測:デバイス&技術別(センサー、RFID、産業用ロボット、DCS、状態監視、ネットワーク技術)、接続別(有線、無線、フィールド技術)、ソフトウェア別(PLM、MES、SCADA)、産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「産業用IoT(IIoT)の世界市場予測:デバイス&技術別(センサー、RFID、産業用ロボット、DCS、状態監視、ネットワーク技術)、接続別(有線、無線、フィールド技術)、ソフトウェア別(PLM、MES、SCADA)、産業別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年3月31日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。産業用IoT(IIoT)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:産業用IoT(IIoT)の世界市場予測:デバイス&技術別(センサー、RFID、産業用ロボット、DCS、状態監視、ネットワーク技術)、接続別(有線、無線、フィールド技術)、ソフトウェア別(PLM、MES、SCADA)、産業別、地域別
・英語タイトル:Industrial IoT (IIoT) Market by Device & Technology (Sensor, RFID, Industrial Robotics, DCS, Condition Monitoring, Networking Technology), Connectivity (Wired, Wireless, Field Technology), Software (PLM, MES, SCADA), Vertical, Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:SE 2909
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年3月6日
・ページ数:187
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:半導体&電子

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は産業用IoT(IIoT)の世界市場が、2020年773億ドルから2025年1,106億ドルまで、年平均7.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、産業用IoT(IIoT)の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、プレミアムインサイト、市場動向、産業トレンド、デバイス&技術別(センサー、RFID、産業用ロボット、DCS、状態監視、ネットワーク技術)分析、接続別(有線、無線、フィールド技術)分析、ソフトウェア別(PLM、MES、SCADA、OMS、流通管理システム、その他)分析、産業別(製造、エネルギー、石油&ガス、ヘルスケア、小売り)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含め、次の構成でお届け致します。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場動向
・産業トレンド
・産業用IoT(IIoT)の世界市場:デバイス&技術別(センサー、RFID、産業用ロボット、DCS、状態監視、ネットワーク技術)
・産業用IoT(IIoT)の世界市場:接続別(有線、無線、フィールド技術)
・産業用IoT(IIoT)の世界市場:ソフトウェア別(PLM、MES、SCADA、OMS、流通管理システム、その他)
・産業用IoT(IIoT)の世界市場:産業別(製造、エネルギー、石油&ガス、ヘルスケア、小売り)
・産業用IoT(IIoT)の世界市場:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「産業用IoT(IIoT)の世界市場予測:デバイス&技術別(センサー、RFID、産業用ロボット、DCS、状態監視、ネットワーク技術)、接続別(有線、無線、フィールド技術)、ソフトウェア別(PLM、MES、SCADA)、産業別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/industrial-iot-iiot-market-device-se-2909

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212579&id=bodyimage1

投稿日:

「血液バンク用冷蔵庫の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年3月31日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「血液バンク用冷蔵庫の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年3月31日に開始いたしました。血液バンク用冷蔵庫の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:血液バンク用冷蔵庫の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Blood Bank Refrigerators Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「血液バンク用冷蔵庫の世界市場」レポートでは、血液バンク用冷蔵庫の世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(一般屋内血液バンク用冷蔵庫、輸送血液バンク用冷蔵庫など)、用途別(血液バンクセンター、病院、その他など)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別血液バンク用冷蔵庫の販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・血液バンク用冷蔵庫の世界市場規模
・血液バンク用冷蔵庫の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・血液バンク用冷蔵庫のアメリカ市場規模推移
・血液バンク用冷蔵庫のカナダ市場規模推移
・血液バンク用冷蔵庫のメキシコ市場規模推移
・血液バンク用冷蔵庫のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・血液バンク用冷蔵庫のドイツ市場規模推移
・血液バンク用冷蔵庫のイギリス市場規模推移
・血液バンク用冷蔵庫のロシア市場規模推移
・血液バンク用冷蔵庫のアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・血液バンク用冷蔵庫の日本市場規模推移
・血液バンク用冷蔵庫の中国市場規模推移
・血液バンク用冷蔵庫の韓国市場規模推移
・血液バンク用冷蔵庫のインド市場規模推移
・血液バンク用冷蔵庫の東南アジア市場規模推移
・血液バンク用冷蔵庫の南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・血液バンク用冷蔵庫の中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・血液バンク用冷蔵庫の種類別分析/販売量、売上、市場シェア(一般屋内血液バンク用冷蔵庫、輸送血液バンク用冷蔵庫など)
・血液バンク用冷蔵庫の用途別分析/市場規模(血液バンクセンター、病院、その他など)
・血液バンク用冷蔵庫の市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0606590-Global-Blood-Bank-Refrigerators-Market/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212566&id=bodyimage1

投稿日:

「偽まつげの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年3月30日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「偽まつげの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年3月30日に開始いたしました。偽まつげの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:偽まつげの世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global False Lashes Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「偽まつげの世界市場」レポートでは、偽まつげの世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(手作りまつげ、機械まつげ、その他)、用途別(ドラッグストア、スーパーマーケット、専門小売業者、インターネット販売、その他)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別偽まつげの販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・偽まつげの世界市場規模
・偽まつげの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・偽まつげのアメリカ市場規模推移
・偽まつげのカナダ市場規模推移
・偽まつげのメキシコ市場規模推移
・偽まつげのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・偽まつげのドイツ市場規模推移
・偽まつげのイギリス市場規模推移
・偽まつげのロシア市場規模推移
・偽まつげのアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・偽まつげの日本市場規模推移
・偽まつげの中国市場規模推移
・偽まつげの韓国市場規模推移
・偽まつげのインド市場規模推移
・偽まつげの東南アジア市場規模推移
・偽まつげの南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・偽まつげの中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・偽まつげの種類別分析/販売量、売上、市場シェア(手作りまつげ、機械まつげ、その他)
・偽まつげの用途別分析/市場規模(ドラッグストア、スーパーマーケット、専門小売業者、インターネット販売、その他)
・偽まつげの市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0607033-Global-False-Lashes-Market-2020/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212490&id=bodyimage1

投稿日:

「サーマルスキャナーの世界市場予測:波長別(LWIR、MWIR、SWIR)、用途別(サーモグラフィー、セキュリティ&監視、検索&救助)、産業別、技術別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年3月30日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「サーマルスキャナーの世界市場予測:波長別(LWIR、MWIR、SWIR)、用途別(サーモグラフィー、セキュリティ&監視、検索&救助)、産業別(工業、商業、航空宇宙&防衛、自動車、ヘルスケア)、技術別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「サーマルスキャナーの世界市場予測:波長別(LWIR、MWIR、SWIR)、用途別(サーモグラフィー、セキュリティ&監視、検索&救助)、産業別(工業、商業、航空宇宙&防衛、自動車、ヘルスケア)、技術別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年3月30日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。サーマルスキャナーの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:サーマルスキャナーの世界市場予測:波長別(LWIR、MWIR、SWIR)、用途別(サーモグラフィー、セキュリティ&監視、検索&救助)、産業別(工業、商業、航空宇宙&防衛、自動車、ヘルスケア)、技術別、地域別
・英語タイトル:Thermal Scanners Market by Wavelength (LWIR, MWIR, SWIR), Application (Thermography, Security & Surveillance, Search & Rescue), Vertical (Industrial, Commercial, Aerospace & Defense, Automotive, Healthcare), Technology, Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:SE 7572
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年3月6日
・ページ数:158
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:半導体&電子

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社はサーマルスキャナーの世界市場が、2020年41憶ドルから2025年62憶ドルまで、年平均8.6%成長すると予測しています。本調査レポートでは、サーマルスキャナーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、プレミアムインサイト、市場動向、種類別(携帯型、固定型)分析、技術別(冷却、非冷却)分析、波長別(LWIR、MWIR、SWIR)分析、用途別(サーモグラフィー、セキュリティ&監視、検索&救助)分析、産業別(工業、商業、航空宇宙&防衛、自動車、ヘルスケア)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含め、次の構成でお届け致します。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場動向
・サーマルスキャナーの世界市場:種類別(携帯型、固定型)
・サーマルスキャナーの世界市場:技術別(冷却、非冷却)
・サーマルスキャナーの世界市場:波長別(LWIR、MWIR、SWIR)
・サーマルスキャナーの世界市場:用途別(サーモグラフィー、セキュリティ&監視、検索&救助)
・サーマルスキャナーの世界市場:産業別(工業、商業、航空宇宙&防衛、自動車、ヘルスケア)
・サーマルスキャナーの世界市場:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「サーマルスキャナーの世界市場予測:波長別(LWIR、MWIR、SWIR)、用途別(サーモグラフィー、セキュリティ&監視、検索&救助)、産業別(工業、商業、航空宇宙&防衛、自動車、ヘルスケア)、技術別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/thermal-scanners-market-wavelength-lwir-se-7572

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212498&id=bodyimage1

投稿日:

【緊急提言】ファイナンシャルプランナー事務所として10年以上、家計相談業務に従事した経験から、現在の新型コロナウイルス感染に関する緊急経済対策に関し、政府が検討すべき所得補償を提言

政府関係者、報道関係者 各位
2020年3月30日

寿FPコンサルティング
代表取締役 高橋成壽

ファイナンシャルプランナーとしての個人向け緊急経済対策の提言

当社はファイナンシャルプランナー事務所として10年以上、家計相談業務に従事した経験から、現在の新型コロナウイルス感染に関する緊急経済対策に関し、政府が検討すべき所得補償提言を2020年3月30日付で以下に発表します。

【1】雇用調整助成金の要件緩和

1.日額上限の引き上げ
現在の雇用調整助成金は上限が1日あたり8333円となり、助成率を4/5と引き上げても企業負担はパートやアルバイトなど非正規雇用の時給を保障する程度の水準となり、企業が社員の雇用を維持することは難しい。

新型コロナウイルスに起因する休業者に限定し、雇用調整助成金の日額上限を緩和する。

国税庁の平成30年分民間給与実態統計調査結果によれば、平成30年の平均給与は441万円となり、平均給与を保障するには441万円÷12か月÷22日=16,705円の日額上限とする必要がある。

あるいは、業種ごとの平均給与を維持するよう、(※雇用保険料は給与額に比例するため)
業種ごとの日額上限を定めてもよい。

2.助成率10/10の実施
雇用調整助成金の補助率を緊急措置の4/5からさらに緩和し5/5(10/10)とする。これにより、平均給与額相当の雇用を事業主負担なく維持することができる。

3.支給限度日数の延長
現状100日と設定されている支給限度を延長できるよう柔軟な設定にする。あるいは、年間勤務日数を鑑みて、支給限度日数を250日とする。

【2】失業保険の要件緩和

1.支給額の引き上げ
現在、基本手当日額はテーブル上になっているが、新型コロナウイルスに起因する離職に限定して、賃金日額相当の基本手当日額を支給する。

2.受給期間の延長
現在、年齢と被保険者期間によるマトリクスになっている受給期間を新型コロナウイルスに起因する離職に限定して360日とする。

3.教育訓練給付の上限引き上げ
現在、支給額が教育訓練経費の20%、上限10万円とあるが、新型コロナウイルスに起因する休業者、離職者に限定してテレワークの実現や生産性向上につながる教育訓練については負担率100%、上限100万円とする。

【3】傷病手当金の要件緩和

1.支給額の引き上げ
新型コロナウイルス感染に限定し、傷病手当金の額を標準報酬月額平均÷30日×2/3のところ、2/3を3/3に引き上げる。

上記3つの要件緩和により、就業する人、離職した人、健康な人、感染した人に対して、収入を下げずに安心して生活できる環境を確保することを提言する。

【4】個人事業者、フリーランス向け保障の設立

社会保障の対象となりづらい個人事業者、フリーランスなどの働き方を選択している人向けに、政府要請や行政、官公庁要請に基づく事業機会の喪失に備える、休業補償、所得補償が可能となる社会保障制度の確立を提言する。

以上

本提言前の課題抽出は、一般社団法人社会の課題研究所に支援いただきました。

質問等は下記URL宛に送付ください。
https://kotobukifp.co.jp/toiawase/



投稿日:

「UV消毒装置の世界市場予測:構成要素別(UVランプ、石英スリーブ)、電力定格別(中、高)、用途別(上下水道消毒、工程水消毒)、エンドユーザー別(家庭用、都市用)、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年3月30日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「UV消毒装置の世界市場予測:構成要素別(UVランプ、石英スリーブ)、電力定格別(中、高)、用途別(上下水道消毒、工程水消毒)、エンドユーザー別(家庭用、都市用)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「UV消毒装置の世界市場予測:構成要素別(UVランプ、石英スリーブ)、電力定格別(中、高)、用途別(上下水道消毒、工程水消毒)、エンドユーザー別(家庭用、都市用)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年3月30日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。UV消毒装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:UV消毒装置の世界市場予測:構成要素別(UVランプ、石英スリーブ)、電力定格別(中、高)、用途別(上下水道消毒、工程水消毒)、エンドユーザー別(家庭用、都市用)、地域別
・英語タイトル:UV Disinfection Equipment Market by Component (UV Lamps, Quartz Sleeves), Power Rating (Medium, High), Application (Water and Wastewater Disinfection, Process Water Disinfection), End-User (Residential, Municipal), and Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:SE 5828
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年3月6日
・ページ数:153
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:半導体&電子

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社はUV消毒装置の世界市場が、2020年29億ドルから2025年53億ドルまで、年平均12.3%成長すると予測しています。本調査レポートでは、UV消毒装置の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、プレミアムインサイト、市場動向、構成要素別(UVランプ、原子炉チャンバー、石英スリーブ、コントローラーユニット)分析、電力定格別(低、中、高)分析、展開モード別(移動型、壁掛け型、その他)分析、用途別(上下水道消毒、工程水消毒、空気消毒、表面消毒)分析、エンドユーザー別(家庭用、都市用、工業用)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含め、次の構成でお届け致します。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場動向
・UV消毒装置の世界市場:構成要素別(UVランプ、原子炉チャンバー、石英スリーブ、コントローラーユニット)
・UV消毒装置の世界市場:電力定格別(低、中、高)
・UV消毒装置の世界市場:展開モード別(移動型、壁掛け型、その他)
・UV消毒装置の世界市場:用途別(上下水道消毒、工程水消毒、空気消毒、表面消毒)
・UV消毒装置の世界市場:エンドユーザー別(家庭用、都市用、工業用)
・UV消毒装置の世界市場:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「UV消毒装置の世界市場予測:構成要素別(UVランプ、石英スリーブ)、電力定格別(中、高)、用途別(上下水道消毒、工程水消毒)、エンドユーザー別(家庭用、都市用)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/uv-disinfection-equipment-market-component-se-5828

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212500&id=bodyimage1

投稿日:

「機能性粉の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年3月30日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「機能性粉の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年3月30日に開始いたしました。機能性粉の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:機能性粉の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Functional Flour Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「機能性粉の世界市場」レポートでは、機能性粉の世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(調理済み小麦粉、特殊小麦粉、その他)、用途別(ベーカリー、スープ、ソース、R.T.E製品、その他)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別機能性粉の販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・機能性粉の世界市場規模
・機能性粉の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・機能性粉のアメリカ市場規模推移
・機能性粉のカナダ市場規模推移
・機能性粉のメキシコ市場規模推移
・機能性粉のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・機能性粉のドイツ市場規模推移
・機能性粉のイギリス市場規模推移
・機能性粉のロシア市場規模推移
・機能性粉のアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・機能性粉の日本市場規模推移
・機能性粉の中国市場規模推移
・機能性粉の韓国市場規模推移
・機能性粉のインド市場規模推移
・機能性粉の東南アジア市場規模推移
・機能性粉の南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・機能性粉の中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・機能性粉の種類別分析/販売量、売上、市場シェア(調理済み小麦粉、特殊小麦粉、その他)
・機能性粉の用途別分析/市場規模(ベーカリー、スープ、ソース、R.T.E製品、その他)
・機能性粉の市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0607142-Global-Functional-Flour-Market-2020/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212488&id=bodyimage1

投稿日:

美容室の“指名料”に関する印象調査。35%が理解、55%が否定的。

美容室の口コミサイト「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )を運営する株式会社ノーマリズム(東京都目黒区)は、美容室の「指名料」に関する印象調査を実施いたしました。「指名料がかかる」「ランクによって料金が変わる」ということは美容室業界の常識ですが、実際のところ消費者にどの程度理解が得られているのでしょうか?ヘアログに投稿された口コミから「指名料」の記載がある口コミを調べ、統計を取りましたのでご報告いたします。


■調査概要
調査対象: ヘアログに投稿された口コミから指名料に関する記載の合った直近の口コミ100件
調査期間: 2019年1月1日~2020年3月20日
調査結果URL:https://hairlog.jp/special/article/8818
発表日:2020年3月30日

■印象調査結果は、35%が理解、55%が否定的。
調査方法は、調査対象の口コミをポジティブとネガティブ、その他に分類し集計を行いました。
・ポジティブ: 指名料を払うことに全く抵抗がない。積極的に払う。
・ネガティブ: 指名料は払いたくない。無いほうが良いと思っている。
・その他: 指名料を払うが抵抗がある等。

調査結果は「ネガティブ」が55%と半数を超え「ポジティブ」は35%「その他」は10%となりました。
ネガティブが多くを占めることは予想できましたが、ポジティブが35%あることに以外に多い結果となりました。




【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212599&id=bodyimage1



《ポジティブの意見一例》
「オーナースタイリストは指名料が必要です。このお店のオーナースタイリストはスクールで講師をされるほど技術力が高く、カットの技術力は良かったです。」
「海外で経験を積まれたという店長のカットがとても良かったです。店長を指名する場合、指名料がかかってしまいますがその分の価値は十分にあると思います」
「私はいつもトップスタイリストの方を指名しています。値段はそこまで安くなく、指名料も500円かかりますが、そのお金以上の価値があると思います」
「行くなら、指名料を一番低いランクでもいいので払った方がハズレはないと思います。」

《ネガティブの意見一例》
「指名料がかかるのも何となく疎遠になる理由ですね。」
「この年の初めかな?行った時に、今度から指名料がかかるって言われて、 わたしのやってもらってた人は高くって。やめました。」
「レシートを見てビックリ。 指名料を取られていました。初めての来店で誰が誰かも分からないのに。私はいくら技術が良くても、こういう対応のお店への再来店はありません。」
「私は指名料の要らない美容師をお願いしていたのですが、全員フル稼働中だったので、一番上の方(マネージャー?ディレクター?)が自分が切らせてもらいますと言ってきたのでお願いしたら勝手に指名料を加算され高額になってしまいました。」

《その他の意見一例》
「指名料払っているのに殆ど指名の方がつかないって。。。 忙しいのはわかりますが、腑に落ちないです」
「各種割引やキャンペーンも多いのですが、指名料が高いです。 こちらは割引が効かないので通うのが躊躇われます。」


ポジティブの意見を見てみると、指名料に対して価値が上回っている(コストパフォーマンスが高いと判断した)場合においてポジティブな印象となっておりました。
ネガティブな意見は様々ですが、いずれも“指名料”そのものに対して抵抗を感じており、“指名料は余計に払うもの”という認識があるように思われました。
また“指名すること”に金額が明示されていることに対して、無意識的にコストパフォーマンスを計算しやすくしてしまっています。
合計金額は同じでもランク制で料金体系を分けるほうが、指名料よりも抵抗感が無いかもしれません。


■調査結果の引用・転載について
本レポートの著作権は、株式会社ノーマリズムが保有します。
引用・転載される際は、「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )へのリンクと出典を明記してご利用いただくようお願いします。


■株式会社ノーマリズムについて
「最高の普通を追求します。これからの普通を創造します。」をコンセプトに、美容室の口コミサイト[ヘアログ]( https://hairlog.jp/ )など、主に美容室業界向けのWEBサービスを提供しています。



投稿日:

「膜バイオリアクターの世界市場予測:膜種類別(中空繊維、フラットシート、多管式)、システム構成別(水中、外部)、用途別(都市用排水処理、産業用排水処理)、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年3月30日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「膜バイオリアクターの世界市場予測:膜種類別(中空繊維、フラットシート、多管式)、システム構成別(水中、外部)、用途別(都市用排水処理、産業用排水処理)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「膜バイオリアクターの世界市場予測:膜種類別(中空繊維、フラットシート、多管式)、システム構成別(水中、外部)、用途別(都市用排水処理、産業用排水処理)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年3月30日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。膜バイオリアクターの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:膜バイオリアクターの世界市場予測:膜種類別(中空繊維、フラットシート、多管式)、システム構成別(水中、外部)、用途別(都市用排水処理、産業用排水処理)、地域別
・英語タイトル:Membrane Bioreactor Market by Membrane Type (Hollow Fiber, Flat Sheet, Multi-tubular), System Configuration (Submerged, External), Application (Municipal Wastewater Treatment and Industrial Wastewater Treatment), Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:CH 2651
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年3月6日
・ページ数:117
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は膜バイオリアクターの世界市場が、2019年30億ドルから2024年42億ドルまで、年平均7.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、膜バイオリアクターの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、プレミアムインサイト、市場動向、膜種類別(中空繊維、フラットシート、多管式)分析、システム構成別(水中MBRシステム、外部MBRシステム)分析、用途別(都市用排水処理、産業用排水処理)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含め、次の構成でお届け致します。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場動向
・膜バイオリアクターの世界市場:膜種類別(中空繊維、フラットシート、多管式)
・膜バイオリアクターの世界市場:システム構成別(水中MBRシステム、外部MBRシステム)
・膜バイオリアクターの世界市場:用途別(都市用排水処理、産業用排水処理)
・膜バイオリアクターの世界市場:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「膜バイオリアクターの世界市場予測:膜種類別(中空繊維、フラットシート、多管式)、システム構成別(水中、外部)、用途別(都市用排水処理、産業用排水処理)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/membrane-bioreactor-market-membrane-type-ch-2651

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212499&id=bodyimage1

投稿日:

「慣性測定ユニット(IMU)の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2020年3月30日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「慣性測定ユニット(IMU)の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年3月30日に開始いたしました。慣性測定ユニット(IMU)の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:慣性測定ユニット(IMU)の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Inertial Measurement Unit (IMU) Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「慣性測定ユニット(IMU)の世界市場」レポートでは、慣性測定ユニット(IMU)の世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(高性能IMU、MEMSベースIMU(民生用および自動車用グレードを除く)、その他)、用途別(防衛、商業航空宇宙、その他の産業用途)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別慣性測定ユニット(IMU)の販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・慣性測定ユニット(IMU)の世界市場規模
・慣性測定ユニット(IMU)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・慣性測定ユニット(IMU)のアメリカ市場規模推移
・慣性測定ユニット(IMU)のカナダ市場規模推移
・慣性測定ユニット(IMU)のメキシコ市場規模推移
・慣性測定ユニット(IMU)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・慣性測定ユニット(IMU)のドイツ市場規模推移
・慣性測定ユニット(IMU)のイギリス市場規模推移
・慣性測定ユニット(IMU)のロシア市場規模推移
・慣性測定ユニット(IMU)のアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・慣性測定ユニット(IMU)の日本市場規模推移
・慣性測定ユニット(IMU)の中国市場規模推移
・慣性測定ユニット(IMU)の韓国市場規模推移
・慣性測定ユニット(IMU)のインド市場規模推移
・慣性測定ユニット(IMU)の東南アジア市場規模推移
・慣性測定ユニット(IMU)の南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・慣性測定ユニット(IMU)の中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・慣性測定ユニット(IMU)の種類別分析/販売量、売上、市場シェア(高性能IMU、MEMSベースIMU(民生用および自動車用グレードを除く)、その他)
・慣性測定ユニット(IMU)の用途別分析/市場規模(防衛、商業航空宇宙、その他の産業用途)
・慣性測定ユニット(IMU)の市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0607345-Global-Inertial-Measurement-Unit-IMU/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212487&id=bodyimage1

投稿日:

【矢野経済研究所プレスリリース】マンション管理市場に関する調査を実施(2020年)~マンション管理費市場及び共用部修繕工事市場ともに市場成長が継続~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、分譲マンション管理市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにいたしました。

1.市場概況

2018年のマンション管理費市場規模(管理費ベース)は前年比2.9%増の7,459億円と推計した。新築分譲マンション竣工戸数は微減傾向で推移しているが(データ出所:国土交通省推計)、新築分譲マンション価格の上昇に連動する形で管理費は上昇していることから、比較的堅調な伸びとなった。

一方、共用部修繕工事市場については、修繕工事適齢期を迎えるマンションストック数の増加、及び工事単価の高騰が継続しており、2018年の共用部修繕工事市場規模(工事金額ベース)は前年比7.8%増の6,693億円となった。

2.注目トピック~管理委託費は緩やかな上昇傾向で推移

マンションの管理員や清掃員の人件費は、人手不足を背景に上昇基調にある。

かつては管理会社の管理委託費の値上げ要請に対し、管理組合の理解が得られるケースは限定的であったが、もはや、管理会社による企業努力だけでは人件費などのコスト高を吸収することは困難な状況にある。こうしたなか、管理組合の人件費上昇に対する費用負担受け入れ機運とも相まって、管理会社は管理委託費の値上げ要請のほか、不要なサービスの削減や清掃・点検回数等、仕様の見直しを提案し、実質的な値上げを順次進めていることが、ここ数年の変化として挙げられる。

今後も人件費の上昇・高止まりは継続し、それに伴い、管理会社は管理委託費の値上げ要請を適宜進めていくものとみられることから、管理委託費は緩やかな上昇傾向で推移するものと考える。

3.将来展望

人口減少、少子高齢化といった構造的な問題に加え、新築分譲マンション開発に適した用地不足や中古住宅流通市場の拡大等を背景に、新築分譲マンションの供給戸数の成長鈍化が見込まれるものの、新築分譲マンションの供給戸数の増加に伴い、マンション管理市場は拡大する。

また、共用部修繕工事業務については、経年劣化に伴う小規模な修繕工事の増加や大規模修繕工事適齢期を迎えるマンションストック数の増加により、共用部修繕工事市場の拡大が見込まれる。

こうしたなか、マンション管理費と共用部修繕工事を合わせたマンション管理市場全体は中長期的にも成長すると予測する。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2397

調査要綱
1.調査期間: 2019年12月~2020年2月
2.調査対象: マンション管理会社等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、及び文献調査併用
4.発刊日:2020年03月11日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212587&id=bodyimage1

投稿日:

土壌改良の世界市場、2025年まで北米が最大シェアを維持見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「土壌改良の世界市場 - 2025年までの予測:壌土、粘土、沈泥、砂」 (MarketsandMarkets) の販売を3月30日より開始いたしました。

土壌改良剤は、土壌の健康と植物の成長を促進するために表土に混ぜられる材料です。それらは多くの方法で機能します。たとえば、土壌に有機物を追加したり、土壌のpHレベルを変更したりすることで、土壌の状態を変更する場合があります。土壌改良剤は、有機土壌改良剤と無機土壌改良剤の2つの広いカテゴリに分類されます。土壌に土壌改良剤を追加する主な理由は、根と植物の成長により良い環境を提供するためです。これには、植物の成長に重要な土壌構造と保水能力の改善、栄養素の利用可能性、土壌生物の生活条件が含まれます。さらに、土壌テクスチャーと根の成長が改善されているため、豪雨や風の強い地域などの極端な気候条件での土壌劣化が防止されます。土壌改良剤は、有機質改良剤が使用される場合の栄養循環もサポートします。選択される土壌改良剤の種類は、土壌をどのように変える必要があるかに完全に依存します。

土壌改良剤市場の成長は、関連する利点、持続可能な農業の必要性の増加、および合成肥料と従来の肥料の開発と浪費の減少によりペースを上げています。有機性土壌改良剤の高い採用と土壌の健康を維持する必要性のために、北米が土壌改良剤市場を支配し、ヨーロッパがそれに続きました。土壌改良材の使用は、主に果物や野菜、穀物、穀物が続きます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212581&id=bodyimage1

果物と野菜のセグメントは、2020年に最大のシェアを占めると推定されています。これは、主に、果物と野菜で栽培された土地での土壌改良剤の適用が高いためです。さらに、一年中、新鮮で高品質の果物や野菜を購入する消費者の意欲が高まっています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama928715-soil-amendments-market-by-type-organic-inorganic.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



投稿日:

レオロジー改質剤の市場規模-2024年までに86億米ドルに達すると予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「レオロジー改質剤の世界市場 ~2024年:有機・無機」 (MarketsandMarkets) の販売を3月30日より開始いたしました。

増粘剤、再増粘剤、または流動制御剤としても知られるレオロジー改質剤は、製品の粘度を変更して、所望のレオロジープロファイルを満たすために使用されます。主に4つのタイプのレオロジープロファイルがあります。レオロジー改質剤は、仕様を満たすためにさまざまな化学的性質に基づいて処方されます。これらは、いくつかの産業の配合添加剤として機能し、利用可能な代替品はありません。レオロジー改質剤の市場規模は2018年に70億米ドルであり、2024年までに86億米ドルに達すると予測されています。

塗料とコーティングは、レオロジー改質剤の最大の用途であり、2018年の量では47%のシェアを占めています。自動車、建設、家具、金属、その他の類似産業は、塗料とコーティングのエンドユーザーの一部です。これらの最終用途産業の成長により、塗料とコーティングの需要が高まり、その結果、レオロジー改質剤の需要が高まります。接着剤とシーラントは、レオロジー改質剤の主要な用途の1つでもあります。

レオロジー改質剤は、主に薬用クリームと軟膏で使用されます。局所薬物送達は大部分の皮膚疾患の治療の第一線であるため、今後数年間で高度な局所製品の需要が増加すると予想され、これがレオロジー改質剤の需要を促進しています。

可処分所得と購買力の増加は、中国、ブラジル、インドなどの先進国と発展途上国のほとんどで消費者のライフスタイルに大きな変化をもたらしました。 衛生、美容、健康に関する意識は着実に高まっています。 たとえば、以前は都市部で使用されていた高級なスキンケア製品やヘアケア製品が、インドや中国の遠隔地の農村部にも浸透しています。 この消費パターンの変化は、化粧品およびパーソナルケア市場を促進し、それにより、レオロジー改質剤市場の成長見通しを押し上げています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama928651-rheology-modifiers-market-by-type-organic.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F




【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212580&id=bodyimage1

投稿日:

「サービスとしてのユニファイドコミュニケーションの世界市場予測:構成要素別、組織規模別、産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年3月30日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「サービスとしてのユニファイドコミュニケーションの世界市場予測:構成要素別(テレフォニー、ユニファイドメッセージング、会議、コラボレーションプラットフォーム&アプリケーション)、組織規模別(中小企業、大企業)、産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「サービスとしてのユニファイドコミュニケーションの世界市場予測:構成要素別(テレフォニー、ユニファイドメッセージング、会議、コラボレーションプラットフォーム&アプリケーション)、組織規模別(中小企業、大企業)、産業別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年3月30日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。サービスとしてのユニファイドコミュニケーションの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:サービスとしてのユニファイドコミュニケーションの世界市場予測:構成要素別(テレフォニー、ユニファイドメッセージング、会議、コラボレーションプラットフォーム&アプリケーション)、組織規模別(中小企業、大企業)、産業別、地域別
・英語タイトル:Unified Communications as a Service Market by Component (Telephony, Unified Messaging, Conferencing, and Collaboration Platforms and Applications), Organization Size (SMEs and Large Enterprises), Vertical, and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:TC 2477
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年3月6日
・ページ数:138
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:IT&通信

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社はサービスとしてのユニファイドコミュニケーションの世界市場が、2019年158億ドルから2024年248億ドルまで、年平均9.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、サービスとしてのユニファイドコミュニケーションの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、プレミアムインサイト、市場動向、構成要素別(テレフォニー、ユニファイドメッセージング、会議、コラボレーションプラットフォーム&アプリケーション)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、産業別(金融、通信&IT、消費財&小売り、ヘルスケア、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを含め、次の構成でお届け致します。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場動向
・サービスとしてのユニファイドコミュニケーションの世界市場:構成要素別(テレフォニー、ユニファイドメッセージング、会議、コラボレーションプラットフォーム&アプリケーション)
・サービスとしてのユニファイドコミュニケーションの世界市場:組織規模別(中小企業、大企業)
・サービスとしてのユニファイドコミュニケーションの世界市場:産業別(金融、通信&IT、消費財&小売り、ヘルスケア、その他)
・サービスとしてのユニファイドコミュニケーションの世界市場:地域別
・競争状況
・企業概要
...

※「サービスとしてのユニファイドコミュニケーションの世界市場予測:構成要素別(テレフォニー、ユニファイドメッセージング、会議、コラボレーションプラットフォーム&アプリケーション)、組織規模別(中小企業、大企業)、産業別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/unified-communications-as-service-market-tc-2477

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212501&id=bodyimage1

投稿日:

プライベートLTE市場、2027年に75億米ドル規模に到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界のプライベートLTE市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、タイプ別(FDD、TDD)、エンドユーザー別(製造、エネルギーと公益事業、 医療、輸送、鉱業、その他)、地域別の分析と予測」(The Insight Partners発行)の販売を3月27日より開始いたしました。

The Insight Partnersによると、世界のプライベートLTE市場は、2019年から2027年に12.7%のCAGRで成長し、2027年には75億米ドルに達すると推定されています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212573&id=bodyimage1

プライベートLTEネットワークは、企業の個人およびモノを効率的に接続し、保護するように設計されたプライベートネットワークです。プライベートLTEネットワークは、高速、大容量、高い安全性、低遅延、一貫したパフォーマンス、より包括的な範囲、相互運用性など、IIoTの需要を補完するさまざまな機能を提供しています。プライベートLTEネットワークを使用すると、ネットワークサイトの待ち時間が短くなり、センサー、ゲートウェイ、スマートフォン、さらには自動運転車などのネットワークデバイスに直接アクセスできます。これらのシステムすべてを単一のネットワークでリンクすることにより、企業は活動と接続をより効果的に処理できます。さらに、世界におけるスマートフォン採用の増加により、予測期間を通じて市場の拡大がプラスの方向に進むと予想されます。

世界のプライベートLTE市場は、コンポーネント別にソリューションとサービス、タイプ別にはFDDとTDDに分かれています。エンドユーザー別では、製造業、エネルギーおよびユーティリティ、 ヘルスケア、輸送、鉱業などに分類されています。

北米では、地域でのLTEネットワークの採用が増加し、ミッションクリティカルな通信と産業用IoTサービス用の低遅延ネットワークをサポートする必要性が高まっているため、予測期間中は世界のプライベートLTE市場を支配すると予想されます。欧州の民間LTE市場は、ノルウェー、ポーランド、フィンランドなどの国の大多数の公安機関が緊急サービス通信にTETRAネットワークに依存しているため、予測期間中に推進することが予想されます。これに伴い、ネットワーク機能を改善するには、ブロードバンドやLTEなど高度なワイヤレスソリューションとの統合が必要です。APACは、プライベートLTEネットワークのベンダーに新しい市場機会を提供することが期待されています。APACでのプライベートLTE市場の成長を考慮すると、日本、中国、オーストラリアは重要な国に位置付けられます。中国と日本は、自動車、IT製品、電子製品を生産する最も重要な製造経済国です。この地域でのプライベートLTEの市場成長は、M2M通信の増加、スマートフォン普及率の増加などによるものです。これは、ヘルスケア、輸送、製造などさまざまな業界を横断するIoTプラットフォームの普及によって支えられています。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/tip928729-private-lte-market-global-analysis-forecasts-by.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F