投稿日:

「世界の耐火試験市場:サービス種類別(テスト、検査、認証)、ソーシング種類別(社内、外部委託)、用途別(消費財&小売、化学、建設&インフラ、鉱業)、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月22日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の耐火試験市場:サービス種類別(テスト、検査、認証)、ソーシング種類別(社内、外部委託)、用途別(消費財&小売、化学、建設&インフラ、鉱業)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の耐火試験市場:サービス種類別(テスト、検査、認証)、ソーシング種類別(社内、外部委託)、用途別(消費財&小売、化学、建設&インフラ、鉱業)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年1月22日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。耐火試験の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界の耐火試験市場:サービス種類別(テスト、検査、認証)、ソーシング種類別(社内、外部委託)、用途別(消費財&小売、化学、建設&インフラ、鉱業)、地域別
・英語タイトル:Fire Testing Market by Service Type (Testing, Inspection, and Certification), Sourcing Type (In-house and Outsourced), Application (Consumer Goods & Retail, Chemicals, Construction & Infrastructure, Mining) Region - Global Forecast till 2024
・商品コード:SE 7470
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:177
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:半導体およ電子機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、耐火試験の世界市場規模が2019年63億ドルから2024年86億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。本書は、世界の耐火試験市場について調査・分析し、市場概要、サービス別(試験、検査、認証、その他)分析、ソーシング種類別(社内、外部委託)分析、用途別(消費財&小売、農業&食品、化学、建設&インフラ、エネルギー&電力、産業&製造、医療&生命科学、鉱業、石油&ガス、公共部門、自動車、航空宇宙、マリン&鉄道、サプライチェーン&物流、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界の耐火試験市場:サービス別(試験、検査、認証、その他)
・世界の耐火試験市場:ソーシング種類別(社内、外部委託)
・世界の耐火試験市場:用途別(消費財&小売、農業&食品、化学、建設&インフラ、エネルギー&電力、産業&製造、医療&生命科学、鉱業、石油&ガス、公共部門、自動車、航空宇宙、マリン&鉄道、サプライチェーン&物流、その他)
・世界の耐火試験市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界の耐火試験市場:サービス種類別(テスト、検査、認証)、ソーシング種類別(社内、外部委託)、用途別(消費財&小売、化学、建設&インフラ、鉱業)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/fire-testing-market-service-type-se-7470

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208591&id=bodyimage1

投稿日:

「ビットコイン技術の世界市場:成長、動向、予測」調査資料(取引所、送金サービス、支払いとウォレット)を取り扱い開始しました

2020年1月22日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ビットコイン技術の世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月22日に開始いたしました。ビットコイン技術の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:ビットコイン技術の世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Bitcoin Technology Market - Growth, Trends, and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはビットコイン技術について総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、サービス別(取引所、送金サービス、支払いとウォレット)分析、エンドユーザー産業別(BFSI、Eコマース、メディア&エンターテイメント、ホスピタリティ)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他)分析、競争状況、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・ビットコイン技術の世界市場:サービス別(取引所、送金サービス、支払いとウォレット)
・ビットコイン技術の世界市場:エンドユーザー産業別(BFSI、Eコマース、メディア&エンターテイメント、ホスピタリティ)
・ビットコイン技術の世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他)
・競争状況
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01042-bitcoin-technology-market-growth-trends

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208757&id=bodyimage1

投稿日:

「バリアフィルムの世界市場:成長、動向、予測」調査資料(酸素およびその他のガス、腐食、水分など)を取り扱い開始しました

2020年1月22日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「バリアフィルムの世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月22日に開始いたしました。バリアフィルムの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:バリアフィルムの世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Barrier Films Market - Growth, Trends, and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはバリアフィルムについて総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、種類別(酸素およびその他のガス、腐食、水分、その他)分析、エンドユーザー産業別(食物、医薬品およびヘルスケア、エレクトロニクス、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他)分析、競争状況、投資分析、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・バリアフィルムの世界市場:種類別(酸素およびその他のガス、腐食、水分、その他)
・バリアフィルムの世界市場:エンドユーザー産業別(食物、医薬品およびヘルスケア、エレクトロニクス、その他)
・バリアフィルムの世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他)
・競争状況
・投資分析
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01041-barrier-films-market-growth-trends

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208756&id=bodyimage1

投稿日:

【ベルグインサイト社調査報告】欧州と北米の公共交通機関における高度道路交通システム (第7版)

【調査レポートのサマリー】
2020年1月22日 販売取扱開始

2020年以降の欧州と北米の公共交通における高度道路交通システム(ITS)市場はどのように発展していくのだろうか。スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)の調査レポート「欧州と北米の公共交通機関における高度道路交通システム (第7版)」は、欧州と北米のバスやトラムなどの公共交通ITSの市場総額は2018年の26億3000万ユーロから年平均成長率(CAGR)6.9%で成長し、2023年には36億8000万ユーロに達するだろうと予測している。欧州と北米の公共交通における高度道路交通システム市場の最新の発展動向を洞察し、5年間の市場予測、事業上の意思決定に役立つ専門家のコメント、べンダ、製品、市場についての最新情報も記載している。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208858&id=bodyimage1

How will the market for intelligent transport systems (ITS) for public transport in Europe and North America evolve in 2020 and beyond? The total market value of public transport ITS for buses and trams in these two regions is forecasted to grow at a compound annual growth rate of 6.9 percent from ? 2.63 billion in 2018 to reach ? 3.68 billion by 2023. Now in its seventh edition this strategic research report from Berg Insight covers the latest trends and developments in the dynamic telematics industry. Get up to date with the latest information about vendors, products and markets.


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位置情報サービス(LBS)の多様な用途に関する調査レポートを数多く出版しています。


■ 調査レポート ■

欧州と北米の公共交通機関における高度道路交通システム (第7版)
Public Transport ITS in Europe and North America - 7th Edition
出版社:ベルグインサイト社(スウェーデン)
販売取扱開始:2020年1月22日
http://www.dri.co.jp/auto/report/berg/biitspt.html

◆スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/berg/index.html


株式会社データリソースは、ベルグインサイト社の日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

ベルグインサイト社 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html

投稿日:

「バニリンの世界市場:成長、動向、予測」調査資料(天然バニリン、合成バニリン)を取り扱い開始しました

2020年1月22日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「バニリンの世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月22日に開始いたしました。バニリンの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:バニリンの世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Vanillin Market - Growth, Trends, And Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはバニリンについて総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、種類別(天然バニリン、合成バニリン)分析、用途別(食物、飲料、医薬品、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他)分析、競合状況、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・バニリンの世界市場:種類別(天然バニリン、合成バニリン)
・バニリンの世界市場:用途別(食物、飲料、医薬品、その他)
・バニリンの世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他)
・競合状況
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01040-vanillin-market-growth-trends-forecast

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208755&id=bodyimage1

投稿日:

中学受験 合格の秘訣は、「家庭での学習」にあった!!

アクセラレーテッドラーニングジャパン有限会社(本社:東京都千代田区)の運営する中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」(https://www.e-juken.jp/)では、本サイトに会員登録するメルマガ会員様のうち、中学受験を目指すお子さんをお持ちの親御さま210名を対象に2020年1月8日(水)~ 1月15日(水)にかけて、「家庭での学習」をテーマにアンケートを実施いたしました。

<調査結果トピックス>
1. かしこい塾メルマガ会員のお子さんの半数は学校や塾のクラスで成績上位
2. 学校や塾での成績が上位のおこさんほど家庭学習が習慣化している
3. 学校や塾以外の市販教材や問題集を家庭学習で利用している方は7割弱

<アンケート調査概要>
アンケートテーマ:「家庭での学習」
調査期間:2020年1月8日(水)~15日(水)
調査方法:インターネット調査
回答者数:かしこい塾の使い方メルマガ会員 210名
(中学受験を目指すお子さんをお持ちの親御さま)
関連URL:https://www.e-juken.jp/topic200122.html
*********
この度、中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」(https://www.e-juken.jp/)では、中学受験を目指すお子さんをお持ちの親御さんに「家庭学習は習慣化していますか?」など、「家庭での学習」についてアンケートを実施しました。



■現在、お子さんの成績は学校や塾のクラスでどの位置にありますか?

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208784&id=bodyimage1

【解説】
現在、お子さんの成績は学校や塾のクラスでどの位置にあるかという質問で、「成績上位」が50%、「成績中位」が41%、「成績下位」が8%という回答が得られました。

(中学受験情報局 編集部)



■家庭学習は習慣化していますか?

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208784&id=bodyimage2

【解説】
家庭学習の習慣化について成績別に答えていただきました。成績が上位であるほど、「やや習慣化している」お子さんより「習慣化している」というお子さんが多いことが見てとれます。

中学受験をされるお子さんにとって、塾や学校での学習だけでなく、家庭学習の仕方も合否を分ける大切な時間になります。
親御さんは、お子さんの家庭学習にどれくらい関わっていけばよいのか迷うこともあるのではないでしょうか。低学年のうちは、親御さんから「よし、勉強しようか」と声をかけて学習に取り組ませるのがよいでしょう。しかし4年生になったくらいからは、自分から「勉強しよう」という意欲をつける為にも、いつまでも親御さんが干渉しすぎないほうが良いです。

ではどのように関わるかです。例えば、問題に行き詰まったお子さんに、すぐに答えや解き方を教えてしまうのではなく、「なんでそうなったの?教えて。」と詳しく説明してもらってください。自分で解いた式や導いた答えについて詳しく説明することで、お子さんの理解度は想像以上に上がります。

(主任相談員 前田 昌宏)



■学校や塾以外の市販教材や問題集を家庭学習で利用していますか?

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208784&id=bodyimage3

【解説】
学校や塾以外の市販教材や問題集を家庭学習で利用しているかという質問に対し、「利用している」が65%、「利用していない」が35%という回答が得られました。

たとえばお子さんが塾にお通いなら、塾で使っているテキスト、問題集などがあると思います。それに加えて市販の参考書や問題集を購入するということは、それなりの目的があるはずです。目的に合致したものでないと、お子さんの学習に対する負担が増すだけという結果にもなりかねません。

塾に通っているけれど、苦手な単元の理解を市販テキストを使って深めたいという場合と、必要な知識が身についているかチェックしたいという場合では、選ぶべき参考書、問題集は全く違ってくるのです。

(主任相談員 辻 義夫)



■今回のアンケート項目
Q1: お住まいの地域を教えてください。
Q2: お子さんの性別を教えてください。
Q3: お子さんの学年を教えてください。
Q4: 現在、お子さんの成績は学校や塾のクラスでどの位置にありますか?
Q5: 塾の予習はしていますか?
Q6: 塾の復習はしていますか?
Q7: 家庭学習は習慣化していますか?
Q8: 学校や塾以外の市販教材や問題集を家庭学習で利用していますか?
Q9: ご家族がお子さんの勉強を見ますか?
Q10: 現在、お子さんの家庭学習はうまくいっていると思いますか?
Q11: そう思う理由を教えてください。

■中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」
お子さんが中学受験を目指して大手進学塾に通っているものの、なかなか成績が伸びないことに悩む親御さんに向けて、塾の使い方をガイドとして誕生したサイト。中学受験のテクニック、正しい知識、ぐんぐん成績を伸ばすための情報を提供している。
(URL)https://www.e-juken.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208784&id=bodyimage4

アクセラレーテッドラーニングジャパン有限会社では、今後も定期的に中学受験に役立つ最新情報を発信していく予定です。

■【お問い合わせ先】
アクセラレーテッドラーニングジャパン有限会社 PR事業部 担当:加藤
TEL:03-5510-2530/FAX:03-5510-2533 Mail:kato@superweb.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208784&id=bodyimage5

投稿日:

「バイオ肥料の世界市場:成長、動向、予測」調査資料(リゾビウム、アゾトバクター、アゾスピリラムなど)を取り扱い開始しました

2020年1月22日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「バイオ肥料の世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月22日に開始いたしました。バイオ肥料の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:バイオ肥料の世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Global Biofertilizers Market - Growth, Trends and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはバイオ肥料について総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、微生物別(リゾビウム、アゾトバクター、アゾスピリラム、藍藻、リン酸可溶化細菌、菌根、その他)分析、技術別(キャリア強化バイオ肥料、体バイオ肥料、その他)分析、用途別(種子処理、土壌処理)分析、作物別(シリアル、マメ科植物、果物と野菜、プランテーション作物、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、アフリカ)分析、競争状況、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・バイオ肥料の世界市場:微生物別(リゾビウム、アゾトバクター、アゾスピリラム、藍藻、リン酸可溶化細菌、菌根、その他)
・バイオ肥料の世界市場:技術別(キャリア強化バイオ肥料、体バイオ肥料、その他)
・バイオ肥料の世界市場:用途別(種子処理、土壌処理)
・バイオ肥料の世界市場:作物別(シリアル、マメ科植物、果物と野菜、プランテーション作物、その他)
・バイオ肥料の世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、アフリカ)
・競争状況
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01039-global-biofertilizers-market-growth-trends

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208752&id=bodyimage1

投稿日:

「世界のインダストリー4.0市場:技術別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月22日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界のインダストリー4.0市場:技術別(IoT、人工知能、産業計測、産業ロボティクス、AR&VR、ブロックチェーン、3Dプリンティング、デジタルツイン、5G -提供、アプリケーション、エンドユーザー)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のインダストリー4.0市場:技術別(IoT、人工知能、産業計測、産業ロボティクス、AR&VR、ブロックチェーン、3Dプリンティング、デジタルツイン、5G -提供、アプリケーション、エンドユーザー)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年1月22日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。インダストリー4.0の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界のインダストリー4.0市場:技術別(IoT、人工知能、産業計測、産業ロボティクス、AR&VR、ブロックチェーン、3Dプリンティング、デジタルツイン、5G -提供、アプリケーション、エンドユーザー)、地域別
・英語タイトル:Industry 4.0 Market by Technology (IoT, Artificial Intelligence, Industrial Metrology, Industrial Robotics, AR & VR, Blockchain, 3D Printing, Digital Twin, and 5G - Offering, Application, and End Users) and Geography- Global Forecast to 2024
・商品コード:SE 5279
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:194
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:半導体およ電子機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、インダストリー4.0の世界市場規模が2019年717億ドルから2024年1566億ドルまで年平均16.9%成長すると予測しています。本書は、世界のインダストリー4.0市場について調査・分析し、市場概要、技術別(3Dプリント、産業ロボティクス、ブロックチェーン、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、産業計測、デジタルツイン、拡張現実&バーチャルリアリティ、5G)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界のインダストリー4.0市場:技術別(3Dプリント、産業ロボティクス、ブロックチェーン、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、産業計測、デジタルツイン、拡張現実&バーチャルリアリティ、5G)
・世界のインダストリー4.0市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界のインダストリー4.0市場:技術別(IoT、人工知能、産業計測、産業ロボティクス、AR&VR、ブロックチェーン、3Dプリンティング、デジタルツイン、5G -提供、アプリケーション、エンドユーザー)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/industry-40-market-technology-iot-se-5279

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208590&id=bodyimage1

投稿日:

【マインドコマース調査報告】医療、ウェルネス、フィットネス用途の通信機能付きウェアラブルデバイス市場:機器タイプ毎、利用ケース毎、アプリケーション毎 2020-2025年

【調査レポートのサマリー】
2020年1月22日 販売取扱開始

米国調査会社マインドコマース(Mind Commerce)の調査レポート「医療、ウェルネス、フィットネス用途の通信機能付きウェアラブルデバイス市場:機器タイプ毎、利用ケース毎、アプリケーション毎 2020-2025年」は、医療、ウェルネス、フィットネス市場における機器と用途のウェアラブル技術のエコシステムを査定している。主な課題、企業、ソリューションとヘルスケア分野のウェアラブル機器の今後を概観している。2020-2025年の医療、ウェルネス、フィットネスのウェアラブル機器の今後を概観し、予測している。用途分析や予測、高齢者介護などの支援生活へのウェアラブル機器の役割についても記載している。

This report evaluates the current state of the wearable technology ecosystem including devices and applications within the medical, wellness, and fitness markets. The report addresses key challenges, market players, solutions, and the future of wearables in healthcare.
The report also provides an outlook for the future of wearable devices in medical, wellness, and fitness with forecasts for the period 2020 - 2025. This includes application analysis and forecasts by physiological activity and the role of wearables in elder care and assisted living.


マインドコマース(Mind Commerce)は、ネットワークインフラ、Eコマース、オンラインコンテンツ、アプリケーションなど、有線と無線の両方の通信市場を広範かつ詳細に調査・分析を行ったレポートを数多く出版する米国の調査会社です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208838&id=bodyimage1


■ 調査レポート ■

医療、ウェルネス、フィットネス用途の通信機能付きウェアラブルデバイス市場:機器タイプ毎、利用ケース毎、アプリケーション毎 2020-2025年
Connected Wearable Device Market in Healthcare, Wellness, and Fitness by Device Type, Use Case, and Application 2020 - 2025
2020年1月22日 販売取扱開始
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/mcwdh.html

◆米国市場調査会社 マインドコマース(Mind Commerce)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/index.html


株式会社データリソースは、マインドコマースの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

マインドコマース 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html




投稿日:

【マインドコマース調査報告】リッチコミュニケーションサービス市場概観と予測:技術毎、用途毎、ユーザタイプ毎、採用モデル毎、産業毎のRCS市場 2020-2025年

【調査レポートのサマリー】
2020年1月22日 販売取扱開始

米国調査会社マインドコマース(Mind Commerce)の調査レポート「リッチコミュニケーションサービス市場概観と予測:技術毎、用途毎、ユーザタイプ毎、採用モデル毎、産業毎のRCS市場 2020-2025年」は、リッチコミュニケーションサービスの市場促進要因、技術、予測と今後の概観などの市場分析を記載している。LTEや5G上の音声サービスやデータ・メッセージングサービス、サードパーティの付加価値アプリへの統合、次世代の消費者と企業向けソリューションのためのキャリアのコンテンツを収益化しようとするあらゆる企業が注目すべき内容を提供している。

This report provides analysis of the RCS market including drivers, technical issues, forecasts and future outlook. It is must reading for any organization focused on monetizing voice over LTE and 5G, data and messaging services, and integrating third-party value-added apps and content with carriers for next generation consumer and enterprise solutions.


マインドコマース(Mind Commerce)は、ネットワークインフラ、Eコマース、オンラインコンテンツ、アプリケーションなど、有線と無線の両方の通信市場を広範かつ詳細に調査・分析を行ったレポートを数多く出版する米国の調査会社です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208833&id=bodyimage1


■ 調査レポート ■

リッチコミュニケーションサービス市場概観と予測:技術毎、用途毎、ユーザタイプ毎、採用モデル毎、産業毎のRCS市場 2020-2025年
Rich Communications Services Market Outlook and Forecasts: RCS Market by Technology, Applications, User Types, Deployment Models, and Industry Verticals 2020 - 2025
2020年1月22日 販売取扱開始
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/mcrichc.html

◆米国市場調査会社 マインドコマース(Mind Commerce)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/index.html


株式会社データリソースは、マインドコマースの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

マインドコマース 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html




投稿日:

「世界の複合材市場:繊維種類別(ガラス繊維複合材、炭素繊維複合材、天然繊維複合材)、樹脂種類別、製造プロセス別、エンドユーズ産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月22日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の複合材市場:繊維種類別(ガラス繊維複合材、炭素繊維複合材、天然繊維複合材)、樹脂種類別(熱硬化性複合材料、熱可塑性複合材料)、製造プロセス別、エンドユーズ産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の複合材市場:繊維種類別(ガラス繊維複合材、炭素繊維複合材、天然繊維複合材)、樹脂種類別(熱硬化性複合材料、熱可塑性複合材料)、製造プロセス別、エンドユーズ産業別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年1月22日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。複合材の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界の複合材市場:繊維種類別(ガラス繊維複合材、炭素繊維複合材、天然繊維複合材)、樹脂種類別(熱硬化性複合材料、熱可塑性複合材料)、製造プロセス別、エンドユーズ産業別、地域別
・英語タイトル:Composites Market by Fiber Type (Glass Fiber Composites, Carbon Fiber Composites, Natural Fiber Composites), Resin Type (Thermoset Composites, Thermoplastic Composites), Manufacturing Process, End-use Industry and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:CH 3185
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:223
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、複合材の世界市場規模が2019年906億ドルから2024年1316億ドルまで年平均7.7%成長すると予測しています。本書は、世界の複合材市場について調査・分析し、市場概要、繊維タイプ別(ガラス繊維複合材、炭素繊維複合材、天然繊維複合材、その他)分析、樹脂種類別(熱硬化性複合材料、熱可塑性複合材料)分析、製造加工別(レイアッププロセス、フィラメントワインディングプロセス、射出成形プロセス、プルトルージョンプロセス、圧縮成形プロセス、樹脂トランスファー成形(RTM)プロセス、その他)分析、エンドユーズ産業別(輸送、航空宇宙および防衛、風力エネルギー、建設およびインフラストラクチャ、パイプおよびタンク、マリン、電気および電子機器、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・主要動向
・世界の複合材市場:繊維タイプ別(ガラス繊維複合材、炭素繊維複合材、天然繊維複合材、その他)
・世界の複合材市場:樹脂種類別(熱硬化性複合材料、熱可塑性複合材料)
・世界の複合材市場:製造加工別(レイアッププロセス、フィラメントワインディングプロセス、射出成形プロセス、プルトルージョンプロセス、圧縮成形プロセス、樹脂トランスファー成形(RTM)プロセス、その他)
・世界の複合材市場:エンドユーズ産業別(輸送、航空宇宙および防衛、風力エネルギー、建設およびインフラストラクチャ、パイプおよびタンク、マリン、電気および電子機器、その他)
・世界の複合材市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界の複合材市場:繊維種類別(ガラス繊維複合材、炭素繊維複合材、天然繊維複合材)、樹脂種類別(熱硬化性複合材料、熱可塑性複合材料)、製造プロセス別、エンドユーズ産業別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/composites-market-fiber-type-glass-ch-3185

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208589&id=bodyimage1

投稿日:

「世界の造影剤/コントラスト剤市場:種類別(ヨウ素化、ガドリニウム、バリウム、およびマイクロバブル)、処置別(X線/ CT、MRI、および超音波)、用途別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月22日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の造影剤/コントラスト剤市場:種類別(ヨウ素化、ガドリニウム、バリウム、およびマイクロバブル)、処置別(X線/ CT、MRI、および超音波)、用途別(放射線学、インターベンショナル放射線学、インターベンショナル心臓学)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の造影剤/コントラスト剤市場:種類別(ヨウ素化、ガドリニウム、バリウム、およびマイクロバブル)、処置別(X線/ CT、MRI、および超音波)、用途別(放射線学、インターベンショナル放射線学、インターベンショナル心臓学)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年1月22日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。造影剤/コントラスト剤の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界の造影剤/コントラスト剤市場:種類別(ヨウ素化、ガドリニウム、バリウム、およびマイクロバブル)、処置別(X線/ CT、MRI、および超音波)、用途別(放射線学、インターベンショナル放射線学、インターベンショナル心臓学)、地域別
・英語タイトル:Contrast Media/Contrast Agent Market by Type (Iodinated, Gadolinium, Barium, and Microbubble), Procedure (X-Ray/CT, MRI, and Ultrasound), Application (Radiology, Interventional Radiology, and Interventional Cardiology), Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:MD 3577
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:161
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:医療機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、造影剤/コントラスト剤の世界市場規模が2019年50億ドルから2024年60億ドルまで年平均3.8%成長すると予測しています。本書は、世界の造影剤/コントラスト剤市場について調査・分析し、市場概要、種類別(標準プラスチック、エンジニアリングプラスチック、高性能プラスチック(HPP)、シリコン、その他)分析、用途別(医療用使い捨て品、補綴、医療器具&ツール、薬物送達、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界の造影剤/コントラスト剤市場:種類別(ヨード造影剤、ガドリニウム系造影剤、マイクロバブル造影剤、バリウム系造影剤)
・世界の造影剤/コントラスト剤市場:モダリティ別(X-Ray / Ct、磁気共鳴イメージング、超音波)
・世界の造影剤/コントラスト剤市場:疾患別(心血管疾患、がん、胃腸障害、筋骨格障害、神経障害、腎障害)
・世界の造影剤/コントラスト剤市場:投与経路別(血管内経路、経口経路、直腸経路、その他)
・世界の造影剤/コントラスト剤市場:用途別(放射線科、介入放射線科、介入心臓科)
・世界の造影剤/コントラスト剤市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界の造影剤/コントラスト剤市場:種類別(ヨウ素化、ガドリニウム、バリウム、およびマイクロバブル)、処置別(X線/ CT、MRI、および超音波)、用途別(放射線学、インターベンショナル放射線学、インターベンショナル心臓学)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/contrast-mediacontrast-agent-market-type-md-3577

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208587&id=bodyimage1

投稿日:

自動車用エアロパーツ:世界市場は2027年に131億6,000万米ドル規模に到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

2020年01月21日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動車用エアロパーツ(空力部品)の世界市場:メカニズム、自動車タイプ、用途別の市場分析と予測(~2027年)」 (The Insight Partners発行) の販売を1月21日より開始いたしました。

自動車用エアロパーツ(空力部品)の世界市場は、2018年に83億3,000万米ドル規模に達し、2027年には131億6,000万米ドルに到達すると予想されています。当レポートでは、世界の自動車用エアロパーツ市場の成長促進要因の他、市場の主要なプレーヤーならびにその開発状況について焦点を当てています。

世界の自動車用エアロパーツ市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカ、南米を含む5つの主要地域に分割されています。アジア太平洋地域は乗用車のエアロパーツ市場で主要な市場シェア占めています。 アジア太平洋地域は、成長著しい中国やインド、そして日本をはじめとする先進国において大きな成長の可能性を秘めています。今年、この地域は世界の成長の3分の2にあたる5%から6%程度で推移すると予想されています。アジア諸国における強固で強力な製造業の発展は、この地域の自動車製造業の見通しを引き上げました。当地域には、乗用車のエアロパーツ市場の成長を促進しているさまざまな肯定的要因があります。

同市場は、メカニズム、車両タイプ、アプリケーション、および地理に基づいてセグメント化されています。メカニズム別セグメントは、アクティブシステムとパッシブシステムに細分化されます。パッシブシステムセグメントは、自動車用エアロパーツ市場で主要な市場シェアを占めると予測されています。車両タイプ別セグメントは、電気自動車とICE車両に区分されています。 ICE車両セグメントは、自動車用エアロパーツ市場を牽引しており、予測期間中も引き続き優位を占める見込みです。アプリケーション別セグメントは、さらにエアダム、ディフューザー、ギャップフェアリング、グリルシャッター、サイドスカート、スポイラー、フロントスプリッターに細分化されています。スポイラーセグメントは2018年に自動車用エアロパーツ市場をリードし、予測期間中も引き続き優位を占めると予測されています。

自動車用エアロパーツの主要企業には、Plasman Group、Valeo、Magna International Inc.、HBPO GmbH、Rochling Group、INOAC Corporation、Polytec Holding AG、REHAU Ltd.、SMP Deutschland GmbH、SRG Globalなどがあります。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208831&id=bodyimage1

【 商品情報 】
自動車用エアロパーツ(空力部品)の世界市場:メカニズム、自動車タイプ、用途別の市場分析と予測(~2027年)
Passenger Car Aerodynamic Components Market to 2027 - Global Analysis and Forecasts by Mechanism ; by Vehicle Type, by and Application
● 発行: The Insight Partners (ザ・インサイトパートナーズ)
● 出版日: 2019年11月29日
● ページ情報: 英文 161 Pages

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/tip918688-passenger-car-aerodynamic-components-market-global.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

投稿日:

「バイオ潤滑剤の世界市場:成長、動向、予測」調査資料(エンジンオイル、トランスミッションと油圧作動油、金属加工液など)を取り扱い開始しました

2020年1月22日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「バイオ潤滑剤の世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月22日に開始いたしました。バイオ潤滑剤の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:バイオ潤滑剤の世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Bio-lubricants Market - Growth, Trends, and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはバイオ潤滑剤について総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、製品種類別(エンジンオイル、トランスミッションと油圧作動油、金属加工液、一般産業用オイル、ギアオイル、グリース、プロセスオイル、その他)分析、エンドユーザー産業別(発電、自動車および輸送、重機、食品および飲料、冶金および金属加工、化学製造、その他)分析、地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、南米、中東およびアフリカ)分析、競争状況、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・バイオ潤滑剤の世界市場:製品種類別(エンジンオイル、トランスミッションと油圧作動油、金属加工液、一般産業用オイル、ギアオイル、グリース、プロセスオイル、その他)
・バイオ潤滑剤の世界市場:エンドユーザー産業別(発電、自動車および輸送、重機、食品および飲料、冶金および金属加工、化学製造、その他)
・バイオ潤滑剤の世界市場:地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、南米、中東およびアフリカ)
・競争状況
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01038-biolubricants-market-growth-trends-forecast

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208751&id=bodyimage1

投稿日:

「世界の医療用プラスチック市場:種類別(エンジニアリングプラスチック、HPP、標準プラスチック、シリコンなど)、用途別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月22日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の医療用プラスチック市場:種類別(エンジニアリングプラスチック、HPP、標準プラスチック、シリコンなど)、用途別(医療用ディスポーザブル、補綴、医療機器およびツール、ドラッグデリバリー、その他)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の医療用プラスチック市場:種類別(エンジニアリングプラスチック、HPP、標準プラスチック、シリコンなど)、用途別(医療用ディスポーザブル、補綴、医療機器およびツール、ドラッグデリバリー、その他)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年1月22日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。医療用プラスチックの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界の医療用プラスチック市場:種類別(エンジニアリングプラスチック、HPP、標準プラスチック、シリコンなど)、用途別(医療用ディスポーザブル、補綴、医療機器およびツール、ドラッグデリバリー、その他)、地域別
・英語タイトル:Medical Plastics Market by Type (Engineering Plastics, HPP, Standard Plastics, Silicone, and Others), Application (Medical Disposables, Prosthetics, Medical Instruments & Tools, Drug Delivery, and Others), Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:CH 3892
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:168
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、医療用プラスチックの世界市場規模が2019年228億ドルから2024年317億ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。本書は、世界の医療用プラスチック市場について調査・分析し、市場概要、種類別(標準プラスチック、エンジニアリングプラスチック、高性能プラスチック(HPP)、シリコン、その他)分析、用途別(医療用使い捨て品、補綴、医療器具&ツール、薬物送達、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界の医療用プラスチック市場:種類別(標準プラスチック、エンジニアリングプラスチック、高性能プラスチック(HPP)、シリコン、その他)
・世界の医療用プラスチック市場:用途別(医療用使い捨て品、補綴、医療器具&ツール、薬物送達、その他)
・世界の医療用プラスチック市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界の医療用プラスチック市場:種類別(エンジニアリングプラスチック、HPP、標準プラスチック、シリコンなど)、用途別(医療用ディスポーザブル、補綴、医療機器およびツール、ドラッグデリバリー、その他)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/medical-plastics-market-type-engineering-ch-3892

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208586&id=bodyimage1

投稿日:

「バイオインフォマティクスの世界市場:成長、動向、予測」調査資料(知識管理ツール、バイオインフォマティクスプラットフォーム、バイオインフォマティクスサービス)を取り扱い開始しました

2020年1月21日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「バイオインフォマティクスの世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月21日に開始いたしました。バイオインフォマティクスの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:バイオインフォマティクスの世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Bioinformatics Market - Growth, Trends, and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはバイオインフォマティクスについて総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、製品およびサービス別(知識管理ツール、バイオインフォマティクスプラットフォーム、バイオインフォマティクスサービス)分析、用途別(微生物ゲノム、遺伝子工学、医薬品開発、個別化医療、オミックス、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ)分析、競争状況、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・バイオインフォマティクスの世界市場:製品およびサービス別(知識管理ツール、バイオインフォマティクスプラットフォーム、バイオインフォマティクスサービス)
・バイオインフォマティクスの世界市場:用途別(微生物ゲノム、遺伝子工学、医薬品開発、個別化医療、オミックス、その他)
・バイオインフォマティクスの世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ)
・競争状況
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01037-bioinformatics-market-growth-trends-forecast

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208691&id=bodyimage1

投稿日:

「世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月21日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年1月21日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。3D細胞培養の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別
・英語タイトル:3D Cell Culture Market by Product (Hydrogel, Hanging Drop, Bioreactor, Microfluidics, Magnetic Levitation), Application (Cancer, Stem Cell, Toxicology, Tissue Engineering), End User (Pharmaceutical, Biotech, Cosmetics), Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:BT 4414
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:156
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:バイオテクノロジー

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、3D細胞培養の世界市場規模が2019年892百万ドルから2024年1846百万ドルまで年平均15.7%成長すると予測しています。本書は、世界の3D細胞培養市場について調査・分析し、市場概要、製品別(足場ベース3D細胞培養、非足場3D細胞培養、マイクロフルイディクスベース3D細胞培養、磁気およびバイオプリント3D細胞培養)分析、用途別(がん&幹細胞研究、創薬&毒性試験、組織工学&再生医療)分析、エンドユーザー別(製薬・バイオテクノロジー企業、研究機関、化粧品産業、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要&業界動向
・世界の3D細胞培養市場:製品別(足場ベース3D細胞培養、非足場3D細胞培養、マイクロフルイディクスベース3D細胞培養、磁気およびバイオプリント3D細胞培養)
・世界の3D細胞培養市場:用途別(がん&幹細胞研究、創薬&毒性試験、組織工学&再生医療)
・世界の3D細胞培養市場:エンドユーザー別(製薬・バイオテクノロジー企業、研究機関、化粧品産業、その他)
・世界の3D細胞培養市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/3d-cell-culture-market-product-bt-4414

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208585&id=bodyimage1

投稿日:

雪が降ったときの楽しみは?雪の日に関するアンケート調査

株式会社エールデザイン(所在地:東京都品川区)は、女性の“美”をテーマにビューティーに関する情報を集めた地域型美容情報ポータルサイト「東京ビューティー」にて、「雪の日に関するアンケート調査」を実施しました。
URL:https://tokyo-beauty.jp/lifestyle/snow2020/

【調査概要】
調査期間 :2019年12月9日~2020年1月5日
調査方法 :インターネット調査
調査対象 :全国10~80代 男女
有効回答数:182名(女性119名、男性63名)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208759&id=bodyimage1

■雪の日は好きですか?
「好き」が45%で最多となりました。
「どちらかといえば好き」と合わせると全体の6割となり、「好き」派が優勢のようです。

■雪の日の好きなところはなんですか?
最も多かったのは「雪景色がきれい」、続いて「物音が静かに感じる」でした。
雪遊びをしたり外出したりするアクティブ派の方は少なめな結果になっています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208759&id=bodyimage2

■雪の日の悩みごとはなんですか?
悩みごとは「寒い」が第一位。
さらに「車が運転しにくい」、「歩きにくい」、「公共交通機関が麻痺する」と交通に関することが続きました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208759&id=bodyimage3

■好きな雪遊びやスノースポーツはありますか?
最も人気だったのは「雪だるまづくり」。スポーツではスキーが定番の人気となりました。
スノーモービルなどの本格的なスポーツはまだ広く浸透していないようです。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208759&id=bodyimage4

■雪の日の楽しかった思い出や印象に残っている思い出があれば教えてください。
「2019年の1月1日の朝にスキー場行って、日の出スキーしてきたことです。日の出が綺麗で神秘的でした。(10代女性)」
「大阪市はあまり雪が降らないけど降るとテンション上がります。温泉が大好きなので冬の旅行は温泉があって雪景色が楽しめる所に絞って行ってます!(30代女性)」
旅行の思い出など、楽しいエピソードが多く集まりました。

URL:https://tokyo-beauty.jp/lifestyle/snow2020/

■東京ビューティーについて
東京ビューティーは、女性の“美”をテーマにビューティーに関する情報を集めた、地域型美容情報ポータルサイトです。
20~30代の女性が関心の高い読み物を中心に、楽しいコンテンツを用意しています。女性向けのライフスタイル情報はもちろん、トレンド、グルメ、東京ガイド、コラムなど感度の高い情報を日々提供しています。
https://tokyo-beauty.jp

■株式会社エールデザインについて
様々な企業の魅力的な商品やサービスをインターネット販売サイトの構築から運営・受注・発送まで、ワンストップで請け負う、インターネット通販サイトの運営専門会社。
多様な商材を販売している実績と数多くのノウハウから、商品とお客様を効果的に結びつけるお手伝いをしております。
https://ailedesign.co.jp/

投稿日:

「ハードウェアウォレットの世界市場:成長、動向、予測」調査資料(USB、NFC、Bluetooth)を取り扱い開始しました

2020年1月21日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ハードウェアウォレットの世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月21日に開始いたしました。ハードウェアウォレットの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:ハードウェアウォレットの世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Global Hardware Wallet Market - Growth, Trends and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはハードウェアウォレットについて総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、種類別(USB、NFC、Bluetooth)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他)分析、競争状況、投資分析、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・ハードウェアウォレットの世界市場:種類別(USB、NFC、Bluetooth)
・ハードウェアウォレットの世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他)
・競争状況
・投資分析
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01036-global-hardware-wallet-market-growth/

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208689&id=bodyimage1

投稿日:

【ナビガントリサーチ 調査報告】ネットワーク接続照明がインテリジェントビルの進化を促す

【調査レポートのサマリー】
2020年1月21日 販売取扱開始

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート「ネットワーク接続照明がインテリジェントビルの進化を促す」は、ネットワーク接続する照明というソリューションを調査し、従来の自動化や制御の関連産業が大きな影響を与える投資や市場の破壊者としての市場可能性を査定している。ネットワーク接続照明のインテリジェントビル市場の進化における重要な役割に注目し、新しいエコシステムにおいて、ベンダが自社のソリューション製品を軸足とする重要性や、顧客の弱点を解決してビジネスチャンスを拡大する付加価値サービスについて記載している。

This Strategy Insight report from Navigant Research, a Guidehouse company, explores the potential for connected lighting solutions as high impact investments and market disruptors for the legacy automation and controls industry. This report focuses on the role connected lighting can play in advancing the intelligent buildings market, how vendors must pivot their solution offerings in the new ecosystem of stakeholders, and value-added services that can provide increased opportunities while solving customer pain points.


ナビガントリサーチ(Navigant Research)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や消費者動向まで、広範な調査・分析を行い、調査レポートを出版しています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208794&id=bodyimage1


■ 調査レポート ■

ネットワーク接続照明がインテリジェントビルの進化を促す
Connected Lighting Catalyzes Intelligent Building Transformation
出版社:ナビガントリサーチ(米国)
2020年1月21日 販売取扱開始
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrsiclp.html

◆米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/index.html


株式会社データリソースは、ナビガントリサーチの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

ナビガントリサーチ 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html



投稿日:

【パークスアソシエイツ社調査報告】ネットワーク接続世帯のオンボーディング(研修)と技術サポート

【調査レポートのサマリー】
2020年1月21日 販売取扱開始

ネットワーク接続世帯用製品とシステムに関する消費者向けの研修(手ほどき)は、製品の返品率やブランドロイヤリティに影響を及ぼすもので、顧客のライフタイムを拡張するために必須である。米国調査会社パークスアソシエイツ社(Parks Associates)の調査レポート「ネットワーク接続世帯のオンボーディング(研修)と技術サポート」は、ネットワーク接続世帯での導入や、製品とサービスへの信頼向上のための戦略などのオンボーディングにおいおいてより良い経験を提供するためのアプローチについて記載している。サポートサービスの主要企業について概説し、米国での新しいネット接続機器サポートの5年間の市場を予測している。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208803&id=bodyimage1

Consumer onboarding experience with connected home products and systems is critical to maximizing customer lifetime value, through its impact on factors like product return rates and brand loyalty. This report examines approaches to providing positive experiences with elements of onboarding including installation and other strategies to ensuring product and service reliability in the connected home. The report profiles leaders in support services and includes a five-year forecast of the support needs generated by emerging connected devices in the US.


パークスアソシエイツ社(Parks Associates)は、1986年創設の米国の調査会社です。様々な産業分野の調査レポートを出版、ワークショップを主催し、毎年コンファレンスを行っています。ブロードバンドやホームネットワーキングなどの分野では実績があります。


■ 調査レポート ■

ネットワーク接続世帯のオンボーディング(研修)と技術サポート
Onboarding and Technical Support for the Connected Home
出版社:パークスアソシエイツ社(米国)
2020年1月21日 販売取扱開始
http://www.dri.co.jp/auto/report/parks/pkchsprt.html

◆米国市場調査会社 パークスアソシエイツ社(Parks Associates)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/parks/index.html


株式会社データリソースは、パークスアソシエイツ社の日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

パークスアソシエイツ社 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html



投稿日:

エヌピーディー・ジャパン、最新スポーツシューズ・アパレル市場レポート「ランニングシューズ市場規模、2019年+5.8%増」を公表

スポーツシューズ・アパレル市場情報サービス『Japan Sports Tracker*1』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(東京都港区、トーマス・リンチ代表)は、ランニングシューズ*2市場動向分析レポートを2020年1月21日に公表します。
本分析レポートでは、大きく以下のことが分かります。日本のフットウェア市場規模は、2018年12月~2019年11月に5390億円で前年同期比3.5%増、このうちランニングシューズ市場は、23.2%を占め、前年同期比5.8%増と大幅に成長しました。成長をけん引したのは、男性着用と、11,000円以上の高価格帯商品でした。


2019年ランニングシューズ市場規模は、約5390億円で5.8%増
2019年(2018年12月~2019年11月計)のフットウェア市場(0-12才除く)規模は、5390億円で前年同期比3.5%増でした(図表1)。市場規模の増加は2年連続で、前年の成長2.0%増でした。このうち、ランニングシューズ(中長距離陸上競技専用シューズを含む)は、23.2%を占め、2019年(同上期間)は、5.8%増とフットウェア市場の成長を大きく上回りました。ランニングシューズの2018年の成長率は1.7%増でしたので、2019年に急増していることが分かります。





【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208767&id=bodyimage1


ランニングシューズ市場規模は1250億円で急成長、男性がけん引
2019年(同上期間)のランニングシューズ市場(0-12才除く)規模は、1250億円でした。2019年(同上期間)の成長率は前述通り5.8%増でしたが、着用者の性別にみると(図表2)、約3/4を占める男性が6.1%増で、1/4を占める女性が4.8%でした。男性が市場の成長をけん引していることが分かります。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208767&id=bodyimage2


11,000円以上の高価格帯シューズの売上が大幅成長(13.6%増)
同期間のランニングシューズの市場規模の内訳を価格帯別にみると(図表3)、10,999円以下で購入された商品は売上高の69.4%を占め、前年同期比2.6%増でした。一方で、11,000円以上で購入された商品は、30.6%しか占めないものの、前年同期比+13.6%と大幅増でした。前年も8.8%増加しており、シェアが2年前と比べ4ポイントも上昇しました。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208767&id=bodyimage3


成長を続ける日本のフットウェア市場において、カジュアルシューズと並んで、ランニングシューズがその成長を牽引しています。その中でも、「軽量」のランニングシューズは売上の約2/3を占め、2019年(同上期間)の売上高が急激に増加しました(特典データ)。
エヌピーディー・ジャパンのスポーツ事業部アカウントマネージャーである、加藤拓真(かとう・たくま)は、「近年、競技者においては、駅伝やマラソン等でカーボン素材を使用した厚底シューズ(軽量で高品質のシューズ)を履いた選手の速さ、強さが際立っています。そんな中、海外メディアが“厚底シューズが国際陸連に禁止される可能性”を報じており、注意する必要がありますが、日本市場でも高価格で高品質のフットウェアが市場規模の拡大にも貢献しており、各社のカーボン素材を使った商品開発もより活発化している状況下において、ランニングシューズ市場における競争も激化することは間違いないと言えるでしょう。」と話します。


※本内容をご覧の皆様向け特典について
特典データ「ランニングシューズ “軽量”シューズ比率と成長率 金額ベース(2018年12月~2019年11月計)」を無料でご提供いたします。ご希望の方は下記資料ダウンロード請求フォームよりご請求ください。
https://www.npdjapan.com/download/download-form0006/


*1 Japan Sports Tracker
スポーツシューズ・アパレル市場における全国の消費者購買行動を時系列で把握できる日本で唯一の消費者パネルデータベースです。市場のトレンドやビジネスチャンスを特定し売上を伸ばすために必要な、製品トレンドと消費者動向について包括的な情報が得られます。カテゴリー、ブランド、アイテムレベルで自社製品、競合他社製品のパフォーマンスを分析できます。
詳細URL: http://www.npdjapan.com/solutions/sports/

*2 ランニングシューズ
本レポートにおける「ランニングシューズ」の定義には「中長距離陸上競技専用シューズ」を含みます。


■本件に関するお問い合せ先
エヌピーディー・ジャパン株式会社
担当:加藤 拓真(かとう たくま)
〒108-0074 東京都港区高輪3-23-17 品川センタービル8F
TEL : 03-5798-7663
FAX : 03-5798-7665
Email : npdjapan.info@npd.com

■会社概要
会社名 エヌピーディー・ジャパン株式会社
英名 NPD Japan Ltd.
設立年月日 2003年 3月 31日
所在地 〒108-0074 東京都 港区高輪 3-23-17品川センタービル8F
TEL (03) 5798 - 7663
FAX (03) 5798 - 7665
資本金 80,000,000円
株主 The NPD Group Inc. (100%)
代表者 トーマス・リンチ
所属団体 一般社団法人日本マーケティング・リサーチ協会

投稿日:

【SEOレポート】2020/1実施Googleコア アップデート前後のパワーランク状況を調査

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208801&id=bodyimage1

SEO・Webマーケティングサービスの販売・提供をしている株式会社アクセスジャパン(本社:北海道札幌市、代表取締役:入谷 勇太、以下「アクセスジャパン」)は、2020年1月14日に実施されたGoogleのコア アップデート(コアアルゴリズムアップデート)前後で、12キーワードにおける検索順位上位100件について、ドメインのSEO強度を調査できる無料SEOツール「パワーランクチェックツール」(https://www.ispr.net/)を利用して、検索上位サイトとドメイン強度の関係性がどのように変化したかを調査し、2020年1月21日にレポート(https://www.efbweb.org/seo-tools/power-rank-check-tool/google-core-algorithm-update-2001/)を公開しました。
※調査は2020年1月20日に実施

「パワーランク」とは、様々なデータからアクセスジャパン独自の計算式により、ドメインに対するSEO的観点での価値を数値化したもので、「パワーランクチェックツール」は、ドメインを入力することで、パワーランクを調査できる無料SEOツールです。

今回のレポートでは、Google コア アップデートが実施された2020年1月14日以降、検索順位変動が安定してきた1月20日に、「脱毛」や「美容液」、「青汁」、「クレジットカード」、「転職」等の12キーワードをGoogle検索し、上位100件のパワーランクを調査しました。概要は以下の通りです。

■レポート概要
・検索順位とパワーランクの相関は、2019年9月と比較して下がり傾向にある
・各キーワードにおける検索上位10件では以下の傾向が見られた
・「パワーランク相場(パワーランクの平均)」 ⇒ 上昇傾向
・パワーランク最大値 ⇒ 微増傾向
・パワーランク最小値 ⇒ 上昇傾向

キーワード毎の相関係数やパワーランク相場の推移(2019年3月、6月、9月、2020年1月の各コア アップデート変動後)につきましては、以下よりご覧下さい。

■レポート詳細
・URL:https://www.efbweb.org/seo-tools/power-rank-check-tool/google-core-algorithm-update-2001/

■「パワーランクチェックツール」
・URL:https://www.ispr.net/
・概要:ドメインを入力することで、アクセスジャパンが独自に数値化した、ドメインのSEO強度である「パワーランク」を調査できる無料SEOツール

■会社概要
社名:株式会社アクセスジャパン
設立:2012年11月
所在地:北海道札幌市中央区北3条西28丁目2-1 サンビル6階
代表者:代表取締役 入谷 勇太(いりたに ゆうた)
従業員数:55名(2020年1月現在)
事業内容:SEO関連事業、Webコンサルティング・Webサイト制作事業、ドメイン販売事業等
コーポレートサイト:https://access-jp.co.jp/
Twitter:https://twitter.com/accessjapancojp
Facebookページ:https://www.facebook.com/accessjapansapporo/

■運営サイト
【SEO関連情報や無料SEOツール情報】 アクセスSEO対策:https://www.efbweb.org/
▼アクセスSEO対策ツールズ
├ 【ドメインのSEO強度を調査】 パワーランクチェックツール:https://www.ispr.net/
├ 【2つのドメインパワーを比較】 パワーランク比較ツール:https://www.ispr.net/comp
├ 【上位10件のドメインパワー平均値】 パワーランク相場:https://www.ispr.net/rate
└ 【ドメインパワー番付】 パワーランクランキング:https://www.ispr.net/ranking
【中古ドメイン販売】 アクセス中古ドメイン:https://communityserver.org/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社アクセスジャパン アクセスSEO対策ツールズ担当
メール:pr@access-jp.co.jp  電話:011-640-1122(平日 10:00-17:00)



投稿日:

「ネットワークオートメーションの世界市場:成長、動向、予測」調査資料(物理的、仮想、ハイブリッド)を取り扱い開始しました

2020年1月21日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ネットワークオートメーションの世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月21日に開始いたしました。ネットワークオートメーションの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:ネットワークオートメーションの世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Network Automation Market Size - Growth, Trends, and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはネットワークオートメーションについて総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、ネットワーク種類別(物理的、仮想、ハイブリッド)分析、ソリューションタイプ別(ネットワーク自動化ツール、SD-WANおよびネットワーク仮想化、意図ベースのネットワーキング)分析、サービスタイプ別(マネージド、プロフェッショナル)分析、展開別(クラウド、オンプロミス、ハイブリッド)分析、エンドユーザー産業別(ITおよびテレコム、製造、エネルギーとユーティリティ、銀行および金融サービス、教育、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東およびアフリカ)分析、競争状況、投資分析、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・ネットワークオートメーションの世界市場:ネットワーク種類別(物理的、仮想、ハイブリッド)
・ネットワークオートメーションの世界市場:ソリューションタイプ別(ネットワーク自動化ツール、SD-WANおよびネットワーク仮想化、意図ベースのネットワーキング)
・ネットワークオートメーションの世界市場:サービスタイプ別(マネージド、プロフェッショナル)
・ネットワークオートメーションの世界市場:展開別(クラウド、オンプロミス、ハイブリッド)
・ネットワークオートメーションの世界市場:エンドユーザー産業別(ITおよびテレコム、製造、エネルギーとユーティリティ、銀行および金融サービス、教育、その他)
・ネットワークオートメーションの世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東およびアフリカ)
・競争状況
・投資分析
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01035-network-automation-market-size-growth

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208684&id=bodyimage1

投稿日:

『AI・RPAクラウド/業界・業務特化型クラウド白書2020年版』 発刊のお知らせ

昨今、AI・RPAクラウド、自動化プラットフォーム、MaaS、モダンERP等々、クラウド化するシステム領域の動きが活発である。内外のRPA/RPAクラウド/AIクラウド市場は、2020年以降もほぼ倍増ペースで高い成長を見せることが確実視されている。

RPAにインテリジェンスを加えたIPA(インテリジェント・プロセス・オートメーション)、大量のデータ解析を目的としたEPA(拡張プロセス・オートメーション)、半構造化/非構造化データに基づくタスクを実行可能とするCA(コグニティブ・オートメーション)など、RPAをより拡張・深化させた次世代RPAの取り組みが活発化し、2020年には大きなトレンドとなることが予想される。これらは、従来のRPAとAIのギャップを橋渡しし、それぞれを補完する役割を期待されている。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208779&id=bodyimage1

また、基幹システムとRPAをAPIで接続するプロセスマイニング、BPMをSaaSとして提供するBPaaS、コールセンター業務の完全自動化やRPAを使ったBPOサービスなど、連携技術やデジタル・トランスフォーメーション領域で多くのプレイヤーが活発に活動を展開している。

業界・業務特化型クラウドの領域では、AI搭載自動運転システムとエッジクラウドがもたらすモビリティ・イノベーション、ロボット同士が相互に「見える・つながる」ことができるコンテクスト・センシティブなクラウド、クラウドを使った産業用協働ロボットやクラウドロボックス、多数の移動ロボット(AGV)の協調動作、クラウド型自動倉庫システム、データ分析などの機械学習モデルを簡単に構築できるIaaS型マネージドサービス等、AIとクラウドの連携に対する期待もさらに大きく広がっている。

本白書は、AI・RPAクラウドからMaaS、コグニティブ技術、各種エージェント型ソリューション、さらには業界・業務特化型クラウドを体系的に整理し、それぞれのテーマごとの特性や課題・動向について包括的に分析したものである。

■ AI・RPAクラウド/業界・業務特化型クラウド白書2020年版 製本版
http://www.x-sophia.com/?pid=147882321

■ AI・RPAクラウド/業界・業務特化型クラウド白書2020年版 CD-ROM(PDF)版
http://www.x-sophia.com/?pid=147882347

(※ 「製本版」と「PDF(電子コンテンツ)版」のセットでお求めの場合、「PDF(電子コンテンツ)版」を半額にディスカウントしております。)

● 監修・発行:

一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構

● 発刊日

2020年1月17日

■ 法人案内Webサイト(メディア向けのお問い合わせ先)

法人概要
http://www.x-sophia.com/?mode=sk#info

当団体刊行物に関する告知・案内Webサイト
http://www.x-sophia.com/

■ 法人のご紹介

当団体は、前身会社を含め、二十数年に渡って、産業/先進先端技術/経済/IT分野のシンクタンク活動(受託調査/各種レポート刊行/コンサルティング/寄稿・啓蒙活動/講演・講義/カンファランス議長およびセミナー講演)を展開してきた。

このうち、当団体の各種刊行物については、日本・海外の政府系シンクタンク、国内の主要研究所、コンサルティングファーム、産学官連携団体、大学、研究所、大手企業、投資ファンド、ベンチャーなどに納め、多数のご高評をいただき、今日に至っている。延べ、数百巻の刊行実績を持つ。

本店・連絡先(お問い合わせ先)
〒140-0004
東京都品川区南品川4丁目4番17号 品川サウスタワー
Tel:03-5843-4365
Fax:03-6856-2861
Mobile: 080-8533-9249

投稿日:

「ニューロモデュレーションの世界市場:成長、動向、予測」調査資料(内部神経調節、外部神経調節(非侵襲的))を取り扱い開始しました

2020年1月21日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ニューロモデュレーションの世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月21日に開始いたしました。ニューロモデュレーションの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:ニューロモデュレーションの世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Neuromodulation Market - Growth, Trends, and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはニューロモデュレーションについて総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、技術別(内部神経調節、外部神経調節(非侵襲的))分析、用途別(パーキンソン病、てんかん、うつ病、ジストニア、疼痛管理、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ、南米)分析、競争状況、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・ニューロモデュレーションの世界市場:技術別(内部神経調節、外部神経調節(非侵襲的))
・ニューロモデュレーションの世界市場:用途別(パーキンソン病、てんかん、うつ病、ジストニア、疼痛管理、その他)
・ニューロモデュレーションの世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ、南米)
・競争状況
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01034-neuromodulation-market-growth-trends-forecast

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208681&id=bodyimage1

投稿日:

「世界の自然言語処理市場:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、種類別、用途別(感情分析およびテキスト分類)、業種別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月21日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の自然言語処理市場:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、種類別、用途別(感情分析およびテキスト分類)、業種別(ヘルスケアおよびライフサイエンス、BFSI)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の自然言語処理市場:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、種類別、用途別(感情分析およびテキスト分類)、業種別(ヘルスケアおよびライフサイエンス、BFSI)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年1月21日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。自然言語処理の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界の自然言語処理市場:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、種類別、用途別(感情分析およびテキスト分類)、業種別(ヘルスケアおよびライフサイエンス、BFSI)、地域別
・英語タイトル:Natural Language Processing Market by Component, Deployment Mode, Organization Size, Type, Application (Sentiment Analysis and Text Classification), Vertical (Healthcare and Life Sciences, and BFSI), and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:TC 3492
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:170
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:通信およびIT

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、自然言語処理の世界市場規模が2019年102億ドルから2024年264億ドルまで年平均21.0%成長すると予測しています。本書は、世界の自然言語処理市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、種類別(ルールベース、統計、ハイブリッド)分析、用途別(テキスト分類、自動要約、機械翻訳、感情分析、質問応答、情報抽出、その他)分析、業種別(BFSI、ヘルスケア&ライフサイエンス、IT&テレコミュニケーション、小売&eコマース、政府&防衛、製造、メディア&エンターテイメント、旅行&ホスピタリティ、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要&業界動向
・世界の自然言語処理市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)
・世界の自然言語処理市場:展開モード別(クラウド、オンプレミス)
・世界の自然言語処理市場:組織規模別(中小企業、大企業)
・世界の自然言語処理市場:種類別(ルールベース、統計、ハイブリッド)
・世界の自然言語処理市場:用途別(テキスト分類、自動要約、機械翻訳、感情分析、質問応答、情報抽出、その他)
・世界の自然言語処理市場:業種別(BFSI、ヘルスケア&ライフサイエンス、IT&テレコミュニケーション、小売&eコマース、政府&防衛、製造、メディア&エンターテイメント、旅行&ホスピタリティ、その他)
・世界の自然言語処理市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界の自然言語処理市場:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、種類別、用途別(感情分析およびテキスト分類)、業種別(ヘルスケアおよびライフサイエンス、BFSI)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/natural-language-processing-market-component-tc-3492

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208584&id=bodyimage1

投稿日:

「世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー)、技術別(スナップショット、プッシュほうき)、用途別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月21日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー)、技術別(スナップショット、プッシュほうき)、用途別(軍事監視、リモートセンシング、マシンビジョン/光学選別、ライフサイエンス&医療診断)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー)、技術別(スナップショット、プッシュほうき)、用途別(軍事監視、リモートセンシング、マシンビジョン/光学選別、ライフサイエンス&医療診断)」市場調査レポートの販売を2020年1月21日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。ハイパースペクトルイメージングシステムの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー)、技術別(スナップショット、プッシュほうき)、用途別(軍事監視、リモートセンシング、マシンビジョン/光学選別、ライフサイエンス&医療診断)
・英語タイトル:Hyperspectral Imaging System Market by Product (Camera, Accessories), Technology (Snapshot, Push broom), Application (Military Surveillance, Remote Sensing, Machine Vision/Optical Sorting, Life Sciences & Medical Diagnosis) - Global Forecast to 2024
・商品コード:MD 3581
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:141
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:医療機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、ハイパースペクトルイメージングシステムの世界市場規模が2019年111億ドルから2024年252億ドルまで年平均17.8%成長すると予測しています。本書は、世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場について調査・分析し、市場概要、製品別(カメラ、アクセサリー)分析、技術別(プッシュブルーム、スナップショット、その他の技術)分析、用途別(軍事監視、リモートセンシング、ライフサイエンス&医療診断、マシンビジョン&光学選別、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー)
・世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:技術別(プッシュブルーム、スナップショット、その他の技術)
・世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:用途別(軍事監視、リモートセンシング、ライフサイエンス&医療診断、マシンビジョン&光学選別、その他)
・世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー)、技術別(スナップショット、プッシュほうき)、用途別(軍事監視、リモートセンシング、マシンビジョン/光学選別、ライフサイエンス&医療診断)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/hyperspectral-imaging-system-market-product-md-3581

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208583&id=bodyimage1

投稿日:

「データ可視化の世界市場:成長、動向、予測」調査資料(経営管理、マーケティング、オペレーションなど)を取り扱い開始しました

2020年1月21日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「データ可視化の世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月21日に開始いたしました。データ可視化の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:データ可視化の世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Data Visualization Market - Growth, Trends, and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはデータ可視化について総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、技術ロードマップ、組織部門別(経営管理、マーケティング、オペレーション、ファイナンス、販売、その他)分析、展開モード別(オンプロミス、クラウド/オンデマンド)分析、エンドユーザー別(BFSI、ITおよび通信、小売/電子商取引、教育、製造、政府、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東およびアフリカ)分析、競争状況、投資分析、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・技術ロードマップ
・データ可視化の世界市場:組織部門別(経営管理、マーケティング、オペレーション、ファイナンス、販売、その他)
・データ可視化の世界市場:展開モード別(オンプロミス、クラウド/オンデマンド)
・データ可視化の世界市場:エンドユーザー別(BFSI、ITおよび通信、小売/電子商取引、教育、製造、政府、その他)
・データ可視化の世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東およびアフリカ)
・競争状況
・投資分析
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01033-data-visualization-market-growth-trends

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208680&id=bodyimage1

投稿日:

「世界のコンクリート流動化剤市場: 種類別(PC、SNF、SMF、MLF)、用途別(生コンクリート、プレキャストコンクリート、高性能コンクリート)、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月21日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界のコンクリート流動化剤市場: 種類別(PC、SNF、SMF、MLF)、用途別(生コンクリート、プレキャストコンクリート、高性能コンクリート)、地域別(北米、APAC、ヨーロッパ、南アメリカ、中東、アフリカ)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のコンクリート流動化剤市場: 種類別(PC、SNF、SMF、MLF)、用途別(生コンクリート、プレキャストコンクリート、高性能コンクリート)、地域別(北米、APAC、ヨーロッパ、南アメリカ、中東、アフリカ)」市場調査レポートの販売を2020年1月21日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。コンクリート流動化剤の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界のコンクリート流動化剤市場: 種類別(PC、SNF、SMF、MLF)、用途別(生コンクリート、プレキャストコンクリート、高性能コンクリート)、地域別(北米、APAC、ヨーロッパ、南アメリカ、中東、アフリカ)
・英語タイトル:Concrete Superplasticizers Market by Type (PC, SNF, SMF, MLF), Application (Ready-Mix Concrete, Precast Concrete, High Performance Concrete), and Region (North America, APAC, Europe, South America, the Middle East & Africa) - Global Forecast to 2024
・商品コード:CH 2214
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:135
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、コンクリート流動化剤の世界市場規模が2019年51億ドルから2024年73億ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。本書は、世界のコンクリート流動化剤市場について調査・分析し、市場概要、種類別(スルホン化ナフタレンホルムアルデヒド(SNF)、スルホン化メラミンホルムアルデヒド(SMF)、変性リグノスルホン酸塩(MLS)、ポリカルボン酸誘導体(PC)、その他)分析、フォーム別(液体、粉末)分析、用途別(レディーミックスコンクリート、プレキャストコンクリート、高性能コンクリート、ショットクリート、自己圧縮コンクリート、フライアッシュコンクリート、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界のコンクリート流動化剤市場:種類別(スルホン化ナフタレンホルムアルデヒド(SNF)、スルホン化メラミンホルムアルデヒド(SMF)、変性リグノスルホン酸塩(MLS)、ポリカルボン酸誘導体(PC)、その他)
・世界のコンクリート流動化剤市場:フォーム別(液体、粉末)
・世界のコンクリート流動化剤市場:用途別(レディーミックスコンクリート、プレキャストコンクリート、高性能コンクリート、ショットクリート、自己圧縮コンクリート、フライアッシュコンクリート、その他)
・世界のコンクリート流動化剤市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界のコンクリート流動化剤市場: 種類別(PC、SNF、SMF、MLF)、用途別(生コンクリート、プレキャストコンクリート、高性能コンクリート)、地域別(北米、APAC、ヨーロッパ、南アメリカ、中東、アフリカ)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/concrete-superplasticizers-market-type-pc-ch-2214

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208582&id=bodyimage1

投稿日:

AIポータルメディア「AIsmily」が「AI検索システム カオスマップ 2020」を公開

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリー(東京都渋谷区、代表取締役:板羽晃司)は、「AI検索システム カオスマップ 2020」を2020年1月21日に提供開始しました。掲載数は合計で60サービス。

■AI検索システムとは?
AI検索システムとは、AIが調べたい情報を従来よりも高速・高精度で検索することができるシステムの総称です。AI検索システムは企業内のあらゆるデータを管理・共有することができ、建設業界では過去の類似した図面を検索したり、コールセンターではオペレーター支援にマニュアルを全文検索したりするなど、AIにより飛躍的な発展を遂げています。

■AI検索システムカオスマップ作成の背景
AIsmileyでは、これまでAIサービスの機能や価格を比較検討できる「AIチャットボット比較表」や「画像認識AIカオスマップ」などをはじめとした、AI導入を検討している企業のために製品情報を提供してきました。今回の「AI検索システム カオスマップ 2020」もAI企業各社の公開情報を基にAIsmileyが独自の視点で取りまとめたもので、国内で利用可能な検索エンジン・検索機能を備えたFAQサービスのうち、導入が進んでいる5つの利用目的に分類し、60のサービスを一覧化し、マッピングしたものです。

これまでのカオスマップでは、開発者視点での機能や学習方法など、技術的な側面で分類される傾向でしたが、このAI検索システムカオスマップでは、導入の目的から検索システムを探せるようにしました。

2020年1月現在、日本国内における主要なAI検索システムを導入の目的別に俯瞰できる唯一のカオスマップとなります。

■AI検索システムの市場動向
株式会社アイ・ティ・アールがソフトウエア分野の企業を中心に調査した「ITR Market View:AI市場2019」によれば、検索・探索AIによるベンダーの2020年の売上予測値は100億円程になると言われており、その中でも住友電工情報システム株式会社の提供する「QuickSolution」が、検索・探索AI市場の売上シェアを多く占めています。
(参照:株式会社アイ・ティ・アール ITR Market View:AI市場2019)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208742&id=bodyimage1

■AI検索システムカオスマップの入手方法
以下URLのお問い合わせフォームのお問い合わせ内容欄に「AI検索システムカオスマップを資料請求」と記載の上、送信ください。

・画像認識AIカオスマップお問い合わせフォーム
URL:https://ai-products.net/inquire/

お問い合わせ完了後にご登録されたEメールにカオスマップをお送り致します。

■AIポータルメディア「AIsmily」の概要
AIsmilyは人工知能を搭載したサービスの資料が無料で請求できるAIポータルメディアです。AIsmileyでは、「そもそもAI・人工知能とは何か?」「AIを導入して業務はどう変わるのか?」「自社にはどんなAIが最適なのか?」などのクエスチョンにお答えし、各企業が抱える課題を解決する最適なAIソリューションを提案しています。

AIポータルメディア「AIsmiley」では、Webサイト上で気になるAIプロダクトを選択し、わずか30秒で製品をまとめて無料で資料請求することができます。
URL:https://ai-products.net/

■アイスマイリーの会社概要
会社名:株式会社アイスマイリー
所在地:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-9-6アストゥルビル8F
設立年月日:2018年3月9日
代表者:代表取締役 板羽 晃司
URL:https://ai-products.net/

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社アイスマイリー
担当:メディア事業部 伊藤
Email:media@aismiley.co.jp

※このカオスマップはAI検索システムを提供する企業のプレスリリースや製品のオフィシャルサイト、導入実績などの公開情報を基にAIsmiley編集部が独自の主点で取りまとめたもので、網羅性や正確性を完全に担保するものではありません。抜け漏れのご指摘等や新たに掲載を希望される企業様はAIsmileyメディア事業部(media@aismiley.co.jp)までお問い合わせください。



投稿日:

臨床意思決定支援システム:世界市場は2027年に59億8,338万米ドル規模に到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

2020年01月20日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「臨床意思決定支援システムの世界市場:コンポーネント、配信モード、アプリケーション、エンドユーザー、地域別分析および予測(~2027年)」 (The Insight Partners発行) の販売を1月20日より開始いたしました。

臨床意思決定支援システムの世界市場は、2018年に27億7,260万米ドルの規模に達し、2019年から2027年の予測期間中に9.2%のCAGRで成長し、2027年には59億8,338万米ドルに達すると予想されています。当レポートでは、世界の臨床意思決定支援システム市場の動向、そして同市場の成長阻害因子に焦点を当てています。

世界の臨床意思決定支援システム市場は、コンポーネント、配信モード、アプリケーション、エンドユーザーに基づいてセグメント化されています。コンポーネント別では、ソフトウェア、サービス、およびハードウェアに分類されます。配信モード別では、オンプレミス、クラウドベース、およびウェブベースに分けられ、アプリケーション別では、薬物間相互作用、薬物アレルギー警告、臨床リマインダー、臨床ガイドラインなどに分類されます。また、エンドユーザー別では、病院、外来診療センター、診断ラボに分類されています。

臨床意思決定支援システム市場は、低コストで質の高いサービスを提供するための医療機関への圧力の高まり、慢性疾患の有病率の上昇、ビッグデータおよびヘルスITツール採用の増加、政府が主導する様々な取り組み、ヘルスケアIT分野の発展、および病院数の増加などにより著しい成長を遂げる見込みです。しかしながら、市場の成長は、データのプライバシーに関する懸念などの要因により抑制されています。

臨床意思決定支援システム市場で事業を展開する主要企業には、Cerner Corporation、Medical Information Technology, Inc.、BD、Wolters Kluwer N.V.、Baxter International, Inc.、Premier、Koniklijke Philips NV、RELX(Elseiver)、PeraHealth、およびEpic Systems Corporationが含まれます。市場はさまざまな有機的および無機的成長戦略を実施しており、各企業も市場での製品提供と地位強化を支援する有機的戦略を活用しています。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208718&id=bodyimage1

【 商品情報 】
臨床意思決定支援システムの世界市場:コンポーネント、配信モード、アプリケーション、エンドユーザー、地域別分析および予測(~2027年)
Clinical Decision Support Systems Market to 2027 - Global Analysis and Forecasts by Component ; Delivery Mode ; Application ; End User, and Geography
● 発行: The Insight Partners (ザ・インサイトパートナーズ)
● 出版日: 2019年11月29日
● ページ情報: 188 Pages

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/tip918662-clinical-decision-support-systems-market-global.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F




投稿日:

「世界の特殊肥料市場:種類別(UAN、CAN、MAP、硫酸カリウム、硝酸カリウム)、適用方法別(土壌、葉、および施肥)、フォーム別、作物種類別、技術別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月21日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の特殊肥料市場:種類別(UAN、CAN、MAP、硫酸カリウム、硝酸カリウム)、適用方法別(土壌、葉、および施肥)、フォーム別(乾燥および液体)、作物種類別、技術別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の特殊肥料市場:種類別(UAN、CAN、MAP、硫酸カリウム、硝酸カリウム)、適用方法別(土壌、葉、および施肥)、フォーム別(乾燥および液体)、作物種類別、技術別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年1月21日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。特殊肥料の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界の特殊肥料市場:種類別(UAN、CAN、MAP、硫酸カリウム、硝酸カリウム)、適用方法別(土壌、葉、および施肥)、フォーム別(乾燥および液体)、作物種類別、技術別、地域別
・英語タイトル:Specialty Fertilizers Market by Type (UAN, CAN, MAP, Potassium Sulfate, and Potassium Nitrate), Application Method (Soil, Foliar, and Fertigation), Form (Dry and Liquid), Crop Type, Technology, and Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:AGI 3331
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:221
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:農業

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、特殊肥料の世界市場規模が2019年361億ドルから2025年524億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。本書は、世界の特殊肥料市場について調査・分析し、市場概要、種類別(硝酸尿素アンモニウム(UAN)、硝酸アンモニウムアンモニウム(CAN)、リン酸一アンモニウム(MAP)、カリ硫酸塩(SOP)、硝酸カリウム、その他)分析、技術別(コーティング&カプセル化、徐放性肥料、キレート化、N-安定剤)分析、適応方法別(施肥、葉、土壌)分析、作物種類別(シリアル&穀物、油料&豆類、果物&野菜、ターフ&観賞用)分析、フォーム別(乾燥、液体)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界の特殊肥料市場:種類別(硝酸尿素アンモニウム(UAN)、硝酸アンモニウムアンモニウム(CAN)、リン酸一アンモニウム(MAP)、カリの硫酸塩(SOP)、硝酸カリウム、その他)
・世界の特殊肥料市場:技術別(コーティング&カプセル化、徐放性肥料、キレート化、N-安定剤)
・世界の特殊肥料市場:適応方法別(施肥、葉、土壌)
・世界の特殊肥料市場:作物種類別(シリアル&穀物、油料&豆類、果物&野菜、ターフ&観賞用)
・世界の特殊肥料市場:フォーム別(乾燥、液体)
・世界の特殊肥料市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界の特殊肥料市場:種類別(UAN、CAN、MAP、硫酸カリウム、硝酸カリウム)、適用方法別(土壌、葉、および施肥)、フォーム別(乾燥および液体)、作物種類別、技術別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/specialty-fertilizers-market-type-uan-agi-3331

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208581&id=bodyimage1

投稿日:

「データレイクの世界市場:成長、動向、予測」調査資料(ソリューション、サービス)を取り扱い開始しました

2020年1月20日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「データレイクの世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月20日に開始いたしました。データレイクの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:データレイクの世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Data Lakes Market - Growth, Trends, and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはデータレイクについて総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、提供別(ソリューション、サービス)分析、展開別(クラウドベース、オンプロミス)分析、エンドユーザー産業別(ITおよびテレコム、BFSI、ヘルスケア、小売、製造、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東およびアフリカ)分析、競争状況、投資分析、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・データレイクの世界市場:提供別(ソリューション、サービス)
・データレイクの世界市場:展開別(クラウドベース、オンプロミス)
・データレイクの世界市場:エンドユーザー産業別(ITおよびテレコム、BFSI、ヘルスケア、小売、製造、その他)
・データレイクの世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東およびアフリカ)
・競争状況
・投資分析
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01032-data-lakes-market-growth-trends

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208477&id=bodyimage1

投稿日:

「世界のセキュリティソリューショング市場:提供別(製品(防火、ビデオ監視、アクセス制御)およびサービス、業種別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月20日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界のセキュリティソリューショング市場:提供別(製品(防火、ビデオ監視、アクセス制御)およびサービス(システム統合、リモート監視、防火、VSaaS、ACaaS))、業種別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のセキュリティソリューショング市場:提供別(製品(防火、ビデオ監視、アクセス制御)およびサービス(システム統合、リモート監視、防火、VSaaS、ACaaS))、業種別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年1月20日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。セキュリティソリューショングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界のセキュリティソリューショング市場:提供別(製品(防火、ビデオ監視、アクセス制御)およびサービス(システム統合、リモート監視、防火、VSaaS、ACaaS))、業種別、地域別
・英語タイトル:Security Solutions Market by Offering (Products (Fire Protection, Video Surveillance, Access Control) and Services (System Integration, Remote Monitoring, Fire Protection, VSaaS, ACaaS)), Vertical, and Geography - Global Forecast to 2024
・商品コード:SE 3405
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:186
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:半導体およ電子機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、セキュリティソリューショングの世界市場規模が2019年2579億ドルから2024年3976億ドルまで年平均9.0%成長すると予測しています。本書は、世界のセキュリティソリューショング市場について調査・分析し、市場概要、提供別(セキュリティ製品、サービス)分析、業種別(商業、住宅、政府、交通、小売、銀行、金融、教育、産業、エネルギー&ユーティリティ、スポーツ&レジャー、ヘルスケア、軍事&防衛)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界のセキュリティソリューショング市場:提供別(セキュリティ製品、サービス)
・世界のセキュリティソリューショング市場:業種別(商業、住宅、政府、交通、小売、銀行、金融、教育、産業、エネルギー&ユーティリティ、スポーツ&レジャー、ヘルスケア、軍事&防衛)
・世界のセキュリティソリューショング市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界のセキュリティソリューショング市場:提供別(製品(防火、ビデオ監視、アクセス制御)およびサービス(システム統合、リモート監視、防火、VSaaS、ACaaS))、業種別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/security-solutions-market-offering-products-se-3405

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208519&id=bodyimage1

投稿日:

「ソナーシステムの世界市場:成長、動向、予測」調査資料(防衛、商業用)を取り扱い開始しました

2020年1月20日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ソナーシステムの世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月20日に開始いたしました。ソナーシステムの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:ソナーシステムの世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Sonar Systems Market - Growth, Trends, and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはソナーシステムについて総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、用途別(防衛、商業用)分析、地域別(北米、中南米、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東およびアフリカ)分析、競合状況、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・ソナーシステムの世界市場:用途別(防衛、商業用)
・ソナーシステムの世界市場:地域別(北米、中南米、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東およびアフリカ)
・競合状況
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01031-sonar-systems-market-growth-trends

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208475&id=bodyimage1

投稿日:

「ソーラーパワーウィンドウの世界市場:成長、動向、予測」調査資料(家庭用、商業用、その他)を取り扱い開始しました

2020年1月20日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ソーラーパワーウィンドウの世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月20日に開始いたしました。ソーラーパワーウィンドウの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:ソーラーパワーウィンドウの世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Global Solar Power Window Market - Growth, Trends, and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはソーラーパワーウィンドウについて総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、用途別(家庭用、商業用、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他)分析、競争状況、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・ソーラーパワーウィンドウの世界市場:用途別(家庭用、商業用、その他)
・ソーラーパワーウィンドウの世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他)
・競争状況
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01030-global-solar-power-window-market

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208474&id=bodyimage1

投稿日:

【矢野経済研究所プレスリリース】文具・事務用品市場に関する調査を実施(2019年)~2018年度の文具・事務用品市場規模は前年度比1.4%減の4,576億円、2年連続のマイナス成長~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内文具・事務用品市場を調査し、商品別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにいたしました。

1.市場概況

2018年度の国内・文具事務用品市場規模は、メーカー出荷金額ベースで前年度比1.4%減の4,576億円となり、2年連続のマイナス成長となった。分野別に見ると、筆記具が前年度比0.4%減の975億円、紙製品が同2.7%減の1,544億円、事務用品が同0.9%減の2,057億円であった。
文具・事務用品市場は、個人需要のヒット商品が創出された筆記具が2012年度から2016年度にかけて大きく伸び、当該市場を下支えしていた。ただ、成長を続けてきた筆記具も2018年度は前年度に続き微減推移となったほか、紙製品、事務用品は法人需要の低迷や学童人口の減少、デジタル化の進行などを反映して、総じて厳しい事業環境にある。

2.注目トピック~多様な働き方を背景に、「フリーアドレス」での使用を意識した商品展開も進む

日本政府が推進する働き方改革の一環である“多様な働き方”への対応策の一つとして、「フリーアドレス」(オフィスで固定席を設けず、社員が働く席を選べる形態)を導入する企業が増加しているものとみられ、文具・事務用品においてもこうした使用を意識した売れ筋商品の登場が散見されている。
現状におけるフリーアドレスに対応した文具・事務用品は、「収納」「持ち運び」「携帯性・コンパクト」といったコンセプト(概念)における商品展開が中心であり、今後もこれらの商品に対し、ユーザーの不満点解消や利便性向上をさらに追求した高機能・付加価値商品の登場が予見される。また、フリーアドレスのみならず、テレワークの増加などによる多様な働き方の浸透によって、こうした職場や働き方の変化に対応した商品開発、商品提案の必要性がより強まっていくものと考える。

3.将来展望

文具・事務用品市場における参入メーカーの多くは、景気後退期を契機とする法人需要の低迷や、国内人口の減少による構造的な需要縮小を鑑み、個人需要に対応した高機能・付加価値商品の投入による需要活性化施策を推進するとともに、海外マーケットの開拓を追求している。
また、近年は、女性ユーザーを対象とする文具・事務用品(いわゆる「女子文具」)が注目される環境にある。これは、女性の文具・事務用品に対する関心や購買力の高さ、Instagram(インスタグラム)、Twitter(ツイッター)などのSNSを介した情報発信による影響力の大きさなどが背景となっており、今後も「女子文具」は当該市場における存在感をより強めていくものとみる。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2332

調査要綱
1.調査期間: 2019年10月~12月
2.調査対象: 文具・事務用品関連事業者等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2019年12月24日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208703&id=bodyimage1

投稿日:

「世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:コンポーネント別、組織規模別、展開モード別、業種別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月20日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:コンポーネント別(ソリューション&サービス)、組織規模別、展開モード別、業種別(エネルギー&ユーティリティ、政府&防衛、製造、ヘルスケア&ライフサイエンス)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:コンポーネント別(ソリューション&サービス)、組織規模別、展開モード別、業種別(エネルギー&ユーティリティ、政府&防衛、製造、ヘルスケア&ライフサイエンス)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年1月20日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。プロジェクトポートフォリオ管理の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:コンポーネント別(ソリューション&サービス)、組織規模別、展開モード別、業種別(エネルギー&ユーティリティ、政府&防衛、製造、ヘルスケア&ライフサイエンス)、地域別
・英語タイトル:Project Portfolio Management Market by Component (Solution and Services), Organization Size, Deployment Mode, Vertical (Energy & Utilities, Government & Defense, Manufacturing, and Healthcare & Life Sciences), and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:TC 2938
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:166
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:通信およびIT

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、プロジェクトポートフォリオ管理の世界市場規模が2019年40億ドルから2024年56億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。本書は、世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(エネルギーおよび公益事業、政府および防衛、ITおよび通信、BFSI、製造、ヘルスケアおよびライフサイエンス、消費財および小売、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)
・世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:展開モード別(オンプレミス、クラウド)
・世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:組織規模別(大企業、中小企業)
・世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:業種別(エネルギーおよび公益事業、政府および防衛、ITおよび通信、BFSI、製造、ヘルスケアおよびライフサイエンス、消費財および小売、その他)
・世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:コンポーネント別(ソリューション&サービス)、組織規模別、展開モード別、業種別(エネルギー&ユーティリティ、政府&防衛、製造、ヘルスケア&ライフサイエンス)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/project-portfolio-management-market-component-tc-2938

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208518&id=bodyimage1

投稿日:

「ソーダ灰の世界市場:成長、動向、予測」調査資料(ライトグレード、高密度グレード)を取り扱い開始しました

2020年1月20日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ソーダ灰の世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月20日に開始いたしました。ソーダ灰の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:ソーダ灰の世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Soda Ash Market - Growth Trends and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはソーダ灰について総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、グレード別(ライトグレード、高密度グレード)分析、最終用途別(グラス、石鹸と洗剤、化学物質、水処理、産業用、その他)分析、用途別(パーソナルアシスタンス、医療、スポーツ、その他)分析、地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、南米、中東およびアフリカ)分析、競合状況、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・ソーダ灰の世界市場:グレード別(ライトグレード、高密度グレード)
・ソーダ灰の世界市場:最終用途別(グラス、石鹸と洗剤、化学物質、水処理、産業用、その他)
・ソーダ灰の世界市場:用途別(パーソナルアシスタンス、医療、スポーツ、その他)
・ソーダ灰の世界市場:地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、南米、中東およびアフリカ)
・競合状況
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01029-soda-ash-market-growth-trends

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208473&id=bodyimage1

投稿日:

「世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別、ガス化装置種類別、原料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物)、用途別(化学、燃料、電気)、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月20日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別、ガス化装置種類別、原料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物)、用途別(化学、燃料、電気)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別、ガス化装置種類別、原料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物)、用途別(化学、燃料、電気)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年1月20日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。合成ガス&誘導体の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別、ガス化装置種類別、原料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物)、用途別(化学、燃料、電気)、地域別
・英語タイトル:Syngas & Derivatives Market by Production Technology, Gasifier Type, Feedstock (Coal, Natural Gas, Petroleum Byproducts, Biomass/Waste), Application (Chemicals, Fuel, and Electricity), and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:CH 2043
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:186
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、合成ガス&誘導体世界市場規模が2019年277,507MWthから2024年501,932MWthまで年平均12.6%成長すると予測しています。本書は、世界の合成ガス&誘導体市場について調査・分析し、市場概要、生産技術別(水蒸気改質、部分酸化、オートサーマル改質、バイオマスガス化、その他)分析、ガス化装置種類別(固定(移動)床ガス化装置、噴流ガス化装置、流動床ガス化装置、その他)分析、原材料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物、その他)分析、用途別(化学薬品、燃料、電気)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別(水蒸気改質、部分酸化、オートサーマル改質、バイオマスガス化、その他)
・世界の合成ガス&誘導体市場:ガス化装置種類別(固定(移動)床ガス化装置、噴流ガス化装置、流動床ガス化装置、その他)
・世界の合成ガス&誘導体市場:原材料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物、その他)
・世界の合成ガス&誘導体市場:用途別(化学薬品、燃料、電気)
・世界の合成ガス&誘導体市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別、ガス化装置種類別、原料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物)、用途別(化学、燃料、電気)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/syngas-derivatives-market-production-technology-ch-2043

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208517&id=bodyimage1

投稿日:

世界のコラボレーティブロボット市場:従来のロボットメーカーが新規プレーヤーとして市場に参入、競争はますます激化の見込み

2020年01月17日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「コラボレーティブロボット市場:産業・企業用途の協働ロボット」 (Tractica発行) の販売を1月17日より開始いたしました。

”ABB、ファナック、川崎重工業、Rethink、Techman、Universal Robotsの今後の動向に注目”

世界のコラボレーティブロボット(コボット)市場は、効率、品質、生産の自動化などの影響を受け、急激な成長を遂げています。 Tracticaによると、コボットは労働不足の緩和や多品種少量生産の需要を満たすことを目的に、大小さまざまな企業で採用されています。

コストの削減、安全性の向上、柔軟性の向上、迅速なセットアップ、そしてトレーニングのしやすさといった利点が、世界的なコボットの需要を後押しする要因となっています。従来のロボットメーカーは、この需要に見合うよう既存のロボットを適応させたり、新規のコボットを開発したりしています。この流れは「コボット」というカテゴリを創出し、ロボット市場のシェアを侵食し始めたスタートアップらに対する従来のロボットメーカーの反応といえます。TracticaのシニアアナリストGlenn Sandersは「コボット市場は市場が成熟し確立し始めるまで、飽和状態が続くでしょう。スタートアップは様々なアプリケーションに仕えるユニークなコボットを市場に送り込むため、業界は今後数年で多様性が増すでしょう」と指摘します。今後、より多くの企業がコボットの恩恵に気づき、新たな利用方法を見つけ、自社プロセスに導入するため、需要は急速に高まるとTracticaは予測します。

当レポートでは、コボット業界の主要6社(ABB、ファナック、川崎重工業、Rethink、Techman、Universal Robots)を検証しています。重要な市場ドライバー、課題、そして製品を産業へ応用する方法について考察し、業界内の相対強度の一部を示すヒートマップを提供します。ベンダーやエンドユーザーへの提言も含まれます。

【 商品情報 】
コラボレーティブロボット市場:産業・企業用途の協働ロボット
Collaborative Robots Market Radar: Shared Workspace Robots for Industrial and Enterprise Applications
● 発行: Tractica (トラクティカ)
● 出版日: 2019年12月20日
● ページ情報: 英文 32 Pages; 8 Tables, Charts & Figures

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/trac919340-collaborative-robots-market-radar-shared-workspace.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208675&id=bodyimage1

投稿日:

「世界のガスエンジン市場:燃料種類別(天然ガス、特殊ガス)、用途別(発電、コージェネレーション、機械駆動)、エンドユーザー別、出力別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月20日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界のガスエンジン市場:燃料種類別(天然ガス、特殊ガス)、用途別(発電、コージェネレーション、機械駆動)、エンドユーザー別(ユーティリティ、製造、石油およびガス)、出力別(0.5-1MW、1-2MW、2-5MW、5-10 MW、10-20MW)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のガスエンジン市場:燃料種類別(天然ガス、特殊ガス)、用途別(発電、コージェネレーション、機械駆動)、エンドユーザー別(ユーティリティ、製造、石油およびガス)、出力別(0.5-1MW、1-2MW、2-5MW、5-10 MW、10-20MW)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年1月20日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。ガスエンジンの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界のガスエンジン市場:燃料種類別(天然ガス、特殊ガス)、用途別(発電、コージェネレーション、機械駆動)、エンドユーザー別(ユーティリティ、製造、石油およびガス)、出力別(0.5-1MW、1-2MW、2-5MW、5-10 MW、10-20MW)、地域別
・英語タイトル:Gas Engines Market by Fuel Type (Natural Gas, Special Gas) Application (Power Generation, Cogeneration, Mechanical Drive) End-User (Utilities, Manufacturing, Oil & Gas) Power Output (0.5-1MW, 1-2MW, 2-5MW, 5-10 MW, 10-20MW), Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:EP 4541
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:180
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:エネルギー及び電力

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、ガスエンジンの世界市場規模が2019年40億ドルから2024年53億ドルまで年平均5.7%成長すると予測しています。本書は、世界のガスエンジン市場について調査・分析し、市場概要、燃料種類別(天然ガス、特殊ガス、その他)分析、電力出力別(0.5-1 MW、1-2 MW、2-5 MW、5-10 MW、10-20 MW)分析、用途別(発電、コージェネ、機械駆動、その他)分析、エンドユーザー別(公益事業、製造業、石油・ガス、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界のガスエンジン市場:燃料種類別(天然ガス、特殊ガス、その他)
・世界のガスエンジン市場:電力出力別(0.5-1 MW、1-2 MW、2-5 MW、5-10 MW、10-20 MW)
・世界のガスエンジン市場:用途別(発電、コージェネ、機械駆動、その他)
・世界のガスエンジン市場:エンドユーザー別(公益事業、製造業、石油・ガス、その他)
・世界のガスエンジン市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界のガスエンジン市場:燃料種類別(天然ガス、特殊ガス)、用途別(発電、コージェネレーション、機械駆動)、エンドユーザー別(ユーティリティ、製造、石油およびガス)、出力別(0.5-1MW、1-2MW、2-5MW、5-10 MW、10-20MW)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/gas-engines-market-fuel-type-ep-4541

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208516&id=bodyimage1

投稿日:

「スマート空港の世界市場:成長、動向、予測」調査資料(セキュリティシステム、通信システム、航空および地上交通管制など)を取り扱い開始しました

2020年1月20日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「スマート空港の世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2020年1月20日に開始いたしました。スマート空港の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:スマート空港の世界市場:成長、動向、予測
■英文タイトル:Smart Airport Market - Growth, Trends, and Forecast (2019 - 2024)
■出版日:2019年12月26日
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートはスマート空港について総合的に分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、技術別(セキュリティシステム、通信システム、航空および地上交通管制、乗客、貨物および手荷物、および地上での取り扱い)分析、ランドサイド別(アドバンスト車両駐車ソリューション、スマートマーケティングテクニック、セキュリティ)分析、エアサイド別(航空交通管理、航空機のメンテナンス、航空機の駐車)分析、ターミナルサイド別(手荷物の取り扱い、チェックインシステム、その他)分析、用途別(航空業務、サプライチェーンマネジメント)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東およびアフリカ)分析、競合状況、市場機会および将来動向に区分して収録しています。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・スマート空港の世界市場:技術別(セキュリティシステム、通信システム、航空および地上交通管制、乗客、貨物および手荷物、および地上での取り扱い)
・スマート空港の世界市場:ランドサイド別(アドバンスト車両駐車ソリューション、スマートマーケティングテクニック、セキュリティ)
・スマート空港の世界市場:エアサイド別(航空交通管理、航空機のメンテナンス、航空機の駐車)
・スマート空港の世界市場:ターミナルサイド別(手荷物の取り扱い、チェックインシステム、その他)
・スマート空港の世界市場:用途別(航空業務、サプライチェーンマネジメント)
・スマート空港の世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東およびアフリカ)
・競合状況
・市場機会および将来動向

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d-mor01028-smart-airport-market-growth-trends

■調査会社Mordor Intelligence(モルドール・インテリジェンス)について
https://www.marketresearch.co.jp/Mordor-Intelligence/
株式会社マーケットリサーチセンターはMordor Intelligenceの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208471&id=bodyimage1

投稿日:

「世界のAI搭載ストレージ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア)、ストレージシステム別、ストレージアーキテクチャ別、ストレージ媒体別、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月20日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界のAI搭載ストレージ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア)、ストレージシステム別(DAS、NAS、SUN)、ストレージアーキテクチャ別(ファイル、オブジェクトベースストレージ)、ストレージ媒体別、エンドユーザー別、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、RoW)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のAI搭載ストレージ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア)、ストレージシステム別(DAS、NAS、SUN)、ストレージアーキテクチャ別(ファイル、オブジェクトベースストレージ)、ストレージ媒体別、エンドユーザー別、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、RoW)」市場調査レポートの販売を2020年1月20日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。AI搭載ストレージの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界のAI搭載ストレージ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア)、ストレージシステム別(DAS、NAS、SUN)、ストレージアーキテクチャ別(ファイル、オブジェクトベースストレージ)、ストレージ媒体別、エンドユーザー別、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、RoW)
・英語タイトル:AI-Powered Storage Market by Offering (Hardware, Software), Storage System (DAS, NAS, SAN), Storage Architecture (File & Object-Based Storage), Storage Medium, End User, and Region (North America, Europe, APAC, RoW) - Global Forecast to 2024
・商品コード:SE 7467
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:187
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:半導体およ電子機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、AI搭載ストレージの世界市場規模が2019年104億ドルから2024年345億ドルまで年平均27.1%成長すると予測しています。本書は、世界のAI搭載ストレージ市場について調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、ストレージシステム別(直接接続ストレージシステム、ネットワーク接続ストレージシステム、ストレージエリアネットワーク)分析、ストレージアーキテクチャ別(ファイルベースおよびオブジェクトベースストレージ、ブロックストレージ)分析、ストレージ媒体別(ハードディスクドライブ、ソリッドステートドライブ)分析、エンドユーザー別(企業、政府機関、クラウドサービスプロバイダー、通信会社)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界のAI搭載ストレージ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア)
・世界のAI搭載ストレージ市場:ストレージシステム別(直接接続ストレージシステム、ネットワーク接続ストレージシステム、ストレージエリアネットワーク)
・世界のAI搭載ストレージ市場:ストレージアーキテクチャ別(ファイルベースおよびオブジェクトベースストレージ、ブロックストレージ)
・世界のAI搭載ストレージ市場:ストレージ媒体別(ハードディスクドライブ、ソリッドステートドライブ)
・世界のAI搭載ストレージ市場:エンドユーザー別(企業、政府機関、クラウドサービスプロバイダー、通信会社)
・世界のAI搭載ストレージ市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界のAI搭載ストレージ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア)、ストレージシステム別(DAS、NAS、SUN)、ストレージアーキテクチャ別(ファイル、オブジェクトベースストレージ)、ストレージ媒体別、エンドユーザー別、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、RoW)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/aipowered-storage-market-offering-hardware-se-7467

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208515&id=bodyimage1

投稿日:

デジタル・クライシス総合研究所による 「デジタル・クライシス白書2020」公開のお知らせ

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208620&id=bodyimage1

2020年1月15日、デジタル・クライシス総合研究所(所長:佐々木 寿郎、住所:東京都中央区銀座1丁目16番1号、以下「研究所」)は、2019年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機や重大なトラブル)を調査分析した「デジタル・クライシス白書2020」を公開しました。

概要は以下の通りです。

■デジタル・クライシス白書2020の概要
第一章:炎上の発生源
炎上の発生源となりやすい媒体とその比率を調査しました。
今回の調査により、炎上しやすい投稿の要素も明らかになりました。

第二章:メディアの対応スピード
デジタル・クライシスの発生後に放映・記事化される割合とそれまでにかかるスピード、取り上げられるメディアの傾向に関する調査結果です。

第三章:炎上の発生件数及び内訳
2019年1月から2019年10月までの炎上事案を収集し、分析した結果、デジタル・クライシスが発生する可能性の高い企業規模や業種が明らかになりました。

第四章:キーワード分析
炎上に繋がった投稿にどのようなキーワードが含まれていたか調査しました。炎上の早期発見および炎上リスクのある投稿を発見するために注意すべきハッシュタグについてまとめています。

なお、巻末には2020年に発生するデジタル・クライシスを予測し、必要と思われる対策を記述しております。

■ダウンロード場所
https://dcri-digitalcrisis.com/2020/01/15/dcri-hakusho2020/

■デジタル・クライシス総合研究所について
設立日:2020年1月10日
住所:東京都中央区銀座1丁目16番1号 東貨ビル 3F
所長:佐々木 寿郎
研究員:桑江 令、前薗 利大、嶋津 幸太、他
アドバイザー:村上憲郎(元Google本社副社長及び日本法人代表)、芳賀雅彦(元博報堂・PR戦略局シニアコンサルタント)
主な研究内容:
1.国内、及び、関係する海外のソーシャルメディア他媒体の特性研究
2.国内、及び、関係する海外のデジタル・クライシスの事例研究
3.「デジタル・クライシス白書」の発行(年1回)
4.「デジタル・クライシス事例レポート」の提供(月1回)
5.会員向けデジタル・クライシス研究会の開催(隔月1回)
URL:https://dcri-digitalcrisis.com/


■お問い合わせ
担当者:安井
TEL:03-6673-4652
FAX:03-3275-6656
E-Mail:mkt@siemple.co.jp


投稿日:

「世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍事、政府&法執行機関、商業)、推進力別(電気、ハイブリッド、ガソリン)、動作モード別、持久力別、範囲別、MTOW別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年1月17日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍事、政府&法執行機関、商業)、推進力別(電気、ハイブリッド、ガソリン)、動作モード別(VLOS、EVLOS、BVLOS)、持久力別、範囲別、MTOW別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍事、政府&法執行機関、商業)、推進力別(電気、ハイブリッド、ガソリン)、動作モード別(VLOS、EVLOS、BVLOS)、持久力別、範囲別、MTOW別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年1月17日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。固定翼VTOL UAVの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍事、政府&法執行機関、商業)、推進力別(電気、ハイブリッド、ガソリン)、動作モード別(VLOS、EVLOS、BVLOS)、持久力別、範囲別、MTOW別、地域別
・英語タイトル:Fixed-wing VTOL UAV Market by Vertical (Military, Government & Law Enforcement, Commercial), Propulsion (Electric, Hybrid, Gasoline), Mode of operation (VLOS, EVLOS, BVLOS), Endurance, Range, MTOW, and Region - Global Forecast to 2030
・商品コード:AS 7469
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年12月23日
・ページ数:192
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:航空宇宙&防衛

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、固定翼VTOL UAVの世界市場規模が2019年498百万ドルから2030年3583百万ドルまで年平均19.7%成長すると予測しています。本書は、世界の固定翼VTOL UAV市場について調査・分析し、市場概要、業種別(軍隊、政府および法執行機関、商業)分析、範囲別(視線固定翼VTOL UAV、拡張視線UAV、視線固定翼VTOL UAV以上)分析、MTOW別(<25キログラム、25-100キログラム、> 100キログラム)分析、耐久別(<5時間、5-10時間、4> 10時間)分析、動作モード別(リモート型パイロット、オプション型パイロット、完全自律)分析、推進種類別(電気、ハイブリッド、ガソリン)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・業界動向
・世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍隊、政府および法執行機関、商業)
・世界の固定翼VTOL UAV市場:範囲別(視線固定翼VTOL UAV、拡張視線UAV、視線固定翼VTOL UAV以上)
・世界の固定翼VTOL UAV市場:MTOW別(<25キログラム、25-100キログラム、> 100キログラム)
・世界の固定翼VTOL UAV市場:耐久別(<5時間、5-10時間、4> 10時間)
・世界の固定翼VTOL UAV市場:動作モード別(リモート型パイロット、オプション型パイロット、完全自律)
・世界の固定翼VTOL UAV市場:推進種類別(電気、ハイブリッド、ガソリン)
・世界の固定翼VTOL UAV市場:地域別
・競合環境
・企業概要
・付録
...

※「世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍事、政府&法執行機関、商業)、推進力別(電気、ハイブリッド、ガソリン)、動作モード別(VLOS、EVLOS、BVLOS)、持久力別、範囲別、MTOW別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/fixedwing-vtol-uav-market-vertical-as-7469

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208466&id=bodyimage1

投稿日:

【矢野経済研究所プレスリリース】玩具市場に関する調査を実施(2019年) 2018年度はトレーディングカードゲームが回復、女児玩具“サプライズトイ”が大きな話題に

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の玩具市場を調査し、現況、玩具分野別や参入企業の動向、および将来展望を明らかにいたしました。

1.市場概況
2018年度の国内玩具市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、主要9品目で前年度比4.3%減の6,667億円、テレビゲームを除く主要8品目では同3.8%増の3,517億円と推計した。主要8品目(季節物、雑玩具を除く)は全般的に好調であったが、大手メーカーの家庭用ゲーム機(ソフトを含む)に対する需要が落ち着いたこともあり、テレビゲームを含む9品目では縮小した。

品目別にみると、男児玩具のトレーディングカードゲームはルール変更などの影響から一時期ユーザー離れを招き、不調であったが、2018年度には回復した。また、女児玩具においては「サプライズトイ※」という新たな玩具が大きな話題を呼んだ。

※サプライズトイとは、商品パッケージを開封するまで、中身がわからない仕様で、開封する作業も楽しむことができる玩具のことである。

2.注目トピック~トレーディングカードゲーム市場が活況を呈す
2018年度のトレーディングカードゲーム市場規模(メーカー国内出荷金額ベース)は、主力タイトルが軒並み好調であったことから、前年度比30.2%増の435億円であった。有力タイトルの周年記念の販促活動の推進や、人気キャラクターによる初心者向けの製品投入が市場に受け入れられたことが大幅な市場拡大の要因となった。

3.将来展望
2019年度の国内玩具市場規模(メーカー国内出荷金額ベース)は、主要9品目で前年度比2.3%増の6,819億円、テレビゲームを除く主要8品目では同1.4%減の3,469億円を予測する。

トレーディングカードゲームは引き続き好調に推移するとみるが、主要8品目全体の3割ほどを占める男児玩具全般については、定番商品もそれぞれ健闘しているものの、目立ったヒット商品がないことから、主要8品目全体にマイナスの影響を与えるものとみる。
また、テレビゲームに関しては、従来機種からバージョンアップした大手メーカーの家庭用ゲーム機やモバイル端末専用ゲームが牽引し、再び市場拡大するものとみられることから、主要9品目全体も拡大するものと考える。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2341

調査要綱
1.調査期間: 2019年11月~12月
2.調査対象: 玩具・模型ホビー・テレビゲーム関連メーカー、卸問屋、小売事業者等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・電子メールによるヒアリング、ならびに文献調査を併用
4.発刊日:2019年12月24日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208625&id=bodyimage1

投稿日:

【速報】人事担当者が今一番関心を持っている採用テーマは…「新入社員の受け入れ準備」。

中堅中小企業の経営・人材戦略をサポートする(株)カケハシ スカイソリューションズ(本社:東京都新宿区、代表:中川智尚)が運営するWebメディア『人事の知恵袋』の2019年12月のPV数によると、今、企業の人事担当者が最も関心を持っているテーマが「新入社員の受け入れ準備」であることが分かりました。


人事担当者のお悩みを解決するWebメディア『人事の知恵袋』では、のべ3000社の企業をサポートする中で得た人事関連のノウハウを余すことなくお伝えしています。150以上あるコンテンツの中で、2019年12月の一か月間で最もPV数が多かった採用テーマは「新入社員の受け入れ前に既存社員に必ず共有しておきたい3つのこと」でした。次いで多かったのは「2021年度、中小企業が計画すべき新卒採用スケジュールは?」、3番目が「インターンの理想の期間は?中期インターンを実施する2つのメリット」という結果になりました。

この結果から、2021年度新卒採用の計画立案と同時に、2020年4月の受け入れ態勢を整えようとする人事担当者の動きが浮き彫りになりました。年明けは2021年度採用活動が本格化して慌ただしくなることを見越し、年内から受け入れ準備を始める企業が多いようです。

なお、記事の中では「既存社員に共有しておきたい3つのこと」として、以下の3点を挙げています。
1:新入社員に求めるスタンス
2:新入社員に求める一年後のゴール設定
3:指導にあたり、先輩社員が守るべき約束

2020年4月、新入社員たちがいいスタートダッシュを切れるように奔走する人事担当者。カケハシ スカイソリューションズではそんな担当者の皆様に寄り添い、より良い活動を行えるように今後もサポートして参ります。


▼『人事の知恵袋(新卒カテゴリー)』の12月PVランキング
1位:「新入社員の受け入れ前に既存社員に必ず共有しておきたい3つのこと」
2位:「2021年度、中小企業が計画すべき新卒採用スケジュールは?」
3位:「インターンの理想の期間は?中期インターンを実施する2つのメリット」

▼人事の知恵袋
https://www.kakehashi-skysol.co.jp/chiebukuro/



----------------------------
▽カケハシ スカイソリューションズ コーポレートサイト
http://www.kakehashi-skysol.co.jp/
----------------------------
■ニュースについてのお問い合わせ
メール:info@kakehashi-skysol.co.jp
お電話:0120-342-834(平日9:00-18:00)

投稿日:

【矢野経済研究所プレスリリース】自動車内装用加飾フィルム市場に関する調査を実施(2019年)~世界主要4地域における2019年の自動車内装用加飾フィルムの出荷量は1,184.4万平方メートルの見込~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、北米、欧州、中国、日本の世界主要4地域における自動車内外装用加飾フィルムの市場を調査し、セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにいたしました。ここでは、自動車内装用加飾フィルムの市場規模推移・予測について、公表いたします。

1.市場概況

自動車の内装及び外装部材を装飾する自動車用加飾フィルムは、これまで塗装代替やメッキ代替をキーワードとした開発が進展してきた。2015年には大手自動車メーカーによる生産工場からのCO2排出ゼロ化など環境対応方針が打ち出され、2016年に入り加飾フィルムによる塗装代替実現の可能性が高まった。しかし、その後、自動車メーカーの開発の方向性が、加飾工法の変更による環境対応ではなく、CASE(Connected、Autonomous、Shared & Service、Electric)やSDGs(Sustainable Development Goals)に代表される社会・市場の変革への対応へと切り替わったことで、相対的に加飾による塗装(ウェットプロセス)からフィルム(ドライプロセス)へのシフト実現は、自動車メーカーの開発優先順位を落としている。
北米、欧州、中国、日本の世界主要4地域における自動車内装用加飾フィルムの市場規模(メーカー出荷数量ベース)は、自動車生産台数の落ち込みの影響もあり、2018年は前年比98.7%の1231.7万m2、2019年見込みは同96.2%の1184.4万m2と微減での推移となった。
また、自動車外装はボディとパーツに大別され、いずれも塗装やメッキの代替として加飾フィルムの採用が期待されている。北米、欧州、中国、日本の世界主要4地域における自動車外装用加飾フィルムの市場規模(メーカー出荷数量ベース)は、2018年が483.8万m2、2019年は508.4万m2の見込みである。衝突回避システムやスマートキーなどの普及により、エンブレムやドアハンドルに電波透過性が求められるようになったことで、メッキから金属調加飾フィルムへの代替が進展する見通しで、2019年は前年比5.1%増の見込みである。

2.注目トピック~世界の主要4地域における自動車内装部品の加飾率の見通し

2019年のワールドワイドの自動車生産台数は9,500万台~9,600万台を見込むが、新興国で生産される自動車の内装部品は樹脂むき出しが多く、内装に加飾が施されている場合でも塗装やメッキが中心となる。加飾フィルムや革(本革、合皮)を使用した自動車内装への加飾の採用は、主に北米、欧州、中国及び日本の4地域が中心である。
世界の主要4地域における自動車生産台数に占める塗装・メッキを除いた内装部品加飾率を、2018年が31.8%、2019年は32.5%と推計する。北米、欧州は自動車生産が成熟段階にあり、加飾率はほぼ横ばいで推移しており、日本は売れ筋車種が軽乗用車へとシフトしてフィルムやリアルマテリアル(本革、木材、金属)を使用した加飾の採用比率が減少傾向にあるのに対し、中国では自動車生産台数の成長に加え、生産車種がレベルアップしていることで加飾率は上昇が続いている。
世界の主要4地域における自動車生産台数に占める内装部品の加飾率は、中国における伸びに牽引される形で上昇が続き、2022年には35.7%まで上昇すると予測する。

3.将来展望

加飾は自動車のデザインや外観に関する技術であり、一見すると現在の自動車メーカーの開発優先順位として上位に来るCASEとの接点は少ないようにも見える。加飾フィルムメーカーが自動車メーカーに対して、意匠性向上や塗装代替という切り口での提案のみを進めるのであれば、自動車メーカーにとっての加飾の優先順位低下は避けられないだろう。
しかし、加飾フィルムや加飾工法の特長や性能は、Connected、Autonomous、Shared & Service、ElectricというCASEのコンセプトに合致するものが多い。具体的には、金属調加飾フィルムの電波透過性はConnectedとの親和性が高く、車内の快適性を向上する高触感フィルムやオーバーレイ成形工法はAutonomous、シェアリングによるバンパーなどの傷付きを防止する保護フィルムはShared & Service、車体軽量化を実現するPP加飾フィルムはElectricというコンセプトの実現につながるものと考える。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2340

調査要綱
1.調査期間: 2019年10月~12月
2.調査対象: 自動車用加飾フィルムメーカー、装置・システムメーカー、加飾フィルム用原反メーカー
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接取材、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2019年12月27日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208595&id=bodyimage1