投稿日:

マーケッツアンドマーケッツ社発行「電子化学品・電子材料の世界市場予測 ~2024年」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月14日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「電子化学品・電子材料の世界市場予測 ~2024年:特殊ガス・CMPスラリー・導電性高分子・フォトレジスト化学品・低誘電率誘電体・湿式化学品・シリコンウェハー・PCB薄板」 (MarketsandMarkets発行) の販売を11月14日より開始いたしました。

【 商品情報 】
電子化学品・電子材料の世界市場予測 ~2024年:特殊ガス・CMPスラリー・導電性高分子・フォトレジスト化学品・低誘電率誘電体・湿式化学品・シリコンウェハー・PCB薄板
Electronic Chemicals and Materials Market by Type (Specialty Gases, CMP Slurries, Conductive Polymers, Photoresist Chemicals, Low K Dielectrics, Wet Chemicals, Silicon Wafers, PCB Laminates), Application, and Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets (マーケッツアンドマーケッツ)
● 出版日: 2019年11月07日
● ページ情報: 149 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama298363-electronic-chemicals-materials-market-by-types.html

電子化学品・電子材料市場の規模は、2019年の563億米ドルから、2024年までに816億米ドルへ拡大すると予測され、予測期間中は7.7%のCAGR (年間複合成長率) が見込まれています。同市場は、新技術の登場に特徴付けられるマイクロエレクトロニクス (微細電子工学) 産業の成長によって促進されています。

当レポートでは、世界の電子化学品・電子材料市場を取り上げ、タイプ・用途・地域別に市場の現状と見通しについて調査分析するとともに、競合環境の分析、主要企業のプロファイルを提供しています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 電子化学品・電子材料市場:タイプ別
第7章 電子化学品・電子材料市場:用途別
第8章 電子化学品・電子材料市場:地域別
第9章 競合環境
第10章 企業プロファイル
第11章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama298363-electronic-chemicals-materials-market-by-types.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205306&id=bodyimage1

投稿日:

マーケッツアンドマーケッツ社発行「MVNO (仮想移動体通信事業者) の世界市場 ~2024年:リセラー・サービスオペレーター・フルMVNO」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月14日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「MVNO (仮想移動体通信事業者) の世界市場 ~2024年:リセラー・サービスオペレーター・フルMVNO」 (MarketsandMarkets発行) の販売を11月14日より開始いたしました。

【 商品情報 】
MVNO (仮想移動体通信事業者) の世界市場 ~2024年:リセラー・サービスオペレーター・フルMVNO
MVNO Market by Operational Model (Reseller, Service Operator, Full MVNO), Subscriber (Consumer, Enterprise), Organization Size (SMES, Large Enterprise), Business Model (Discount, Ethnic, Business), and Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets (マーケッツアンドマーケッツ)
● 出版日: 2019年11月08日
● ページ情報: 122 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama916339-mvno-market-by-operational-model-reseller-service.html

当レポートは、世界のMVNO (仮想移動体通信事業者) の市場を調査し、市場の定義と概要、市場成長への各種影響因子および市場機会の分析、技術動向、法規制環境、カメラタイプ・コンポーネント・自動車タイプ・地域/主要国別の動向と市場規模の推移と予測、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 MVNO市場の分析・予測:運用モデル別
第7章 MVNO市場の分析・予測:加入者別
第8章 MVNO市場の分析・予測:ビジネスモデル別
第9章 MVNO市場の分析・予測:組織規模別
第10章 MVNO市場の分析・予測:地域別
第11章 競合環境
第12章 企業プロファイル
第13章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama916339-mvno-market-by-operational-model-reseller-service.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205305&id=bodyimage1

投稿日:

自動車サイバーセキュリティに関する最新情報をまとめたレポート「サイバーセキュリティガイド 2019年10月版」をリリース

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛ける株式会社SBDジャパン(名古屋市)では、自動車サイバーセキュリティに関する調査を継続的に行っており、サイバー脅威、セキュリティソリューション、セキュリティ要件、キープレイヤー、イベントなどの最新情報をまとめたレポート「サイバーセキュリティガイド」を四半期ごとに更新、その最新版を2019年10月25日に発行いたしました。

「自動車は走る大型コンピューターになりつつある」と言われるほど、現代の自動車は数々の高度な技術やコネクティビティに支えられています。最新型のコネクテッドカーには100以上のECUが搭載され、そこでは1億行を超えるコードがやり取りされています。

自動車のエコシステムが目まぐるしく変化する中、イノベーションの必要性と同時にそれに伴う脆弱性、新たなアタックポイントや攻撃手法など、サイバー脅威に関する最新状況を常に把握することは、自動車メーカー各社にとっての重要課題です。

本書では、車両へのハッキング攻撃に利用可能なありふれたアタックポイントや攻撃手法について概要、脅威ステータス、リスクレベル、車両に対する影響度を解説、また高度自動運転車のセキュリティ強化を目的とする、幾つかの対策技術や対策製品についても紹介しています。
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/901-19_IB_J.pdf


<本書の構成>
本書では下記セクションごとに自動車サイバーセキュリティに関する最新動向について詳説しています。

サイバー脅威:ハッキング攻撃の対象となる50以上のアタックポイントの概要、脅威ステータス、傾向、アタックの影響などを解説しています。

セキュリティソリューション:対策技術の詳細や対策の現状、ソリューションプロバイダーを車載、MNO、バックエンドごとに解説するとともに各プロバイダーが提供する対策製品を紹介しています。

セキュリティ要件:サイバーセキュリティ関連の法規制、業界標準、ベストプラクティスについての概要、現状および最新情報を紹介しています。

キープレイヤー:自動車サイバーセキュリティに取り組む研究機関、政府機関、標準規格化団体、業界団体/コンソーシアムの概要、最新情報・動向、活動を紹介しています。

<レポートの詳細>
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/901-19_IB_J.pdf

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204919&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204919&id=bodyimage2

本レポートの詳細に関するお問い合わせは下記にて承っております。

株式会社 SBDジャパン
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル6F
Tel: 052 253 6201
E-mail: postbox@sbdautomotive.com
https://www.sbdautomotive.com/ja/

【SBDについて】
英国を本拠とする自動車技術の調査・コンサルティング会社です。1997年の創業以来、日本、欧州(英国とドイツ)、米国、中国の拠点から自動車業界に携わるクライアントをグローバルにサポートしています。
クライアントは自動車メーカー、サプライヤー、保険業界、通信業界、政府・公的機関、研究機関など自動車業界のバリューチェーン全体。調査対象エリアは欧州、北米、中国、ブラジル、インド、ロシア、東南アジアなど世界各国の市場を網羅。自動車セキュリティおよびIT、コネクテッドカー、自動運転などの分野において調査を実施、各種レポートやコンサルティングサービスを提供しています。

投稿日:

マーケッツアンドマーケッツ社発行「小水力発電の世界市場予測 ~2024年:マイクロ水力発電・ミニ水力発電・電気機械設備・電力インフラ・土木工事」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月14日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「小水力発電の世界市場予測 ~2024年:マイクロ水力発電・ミニ水力発電・電気機械設備・電力インフラ・土木工事」 (MarketsandMarkets発行) の販売を11月14日より開始いたしました。

【 商品情報 】
小水力発電の世界市場予測 ~2024年:マイクロ水力発電・ミニ水力発電・電気機械設備・電力インフラ・土木工事
Small Hydropower Market by Capacity (Up to 1 MW, 1-10 MW), Type (Micro Hydropower, Mini Hydropower), Components (Electromechanical Equipment, Electric infrastructure, Civil Works), and Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets (マーケッツアンドマーケッツ)
● 出版日: 2019年11月07日
● ページ情報: 167 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama916338-small-hydropower-market-by-capacity-up-1-mw-1-10.html

当レポートでは、世界の小水力発電市場について調査し、市場規模の推移と予測、発電容量、種類、コンポーネントおよび地域別の内訳、競合情勢、および主要企業のプロファイルなどを詳細にわたってまとめています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 小水力発電市場:種類別
第7章 小水力発電市場:コンポーネント別
第8章 小水力発電市場:発電容量別
第9章 小水力発電市場:地域別
第10章 競合情勢
第11章 企業プロファイル
第12章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama916338-small-hydropower-market-by-capacity-up-1-mw-1-10.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205300&id=bodyimage1

投稿日:

「手術室/OR統合の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月14日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「手術室/OR統合の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「手術室/OR統合の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。手術室/OR統合の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:手術室/OR統合の世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:Operating Room/OR Integration Market by Component (Software, Services), Application (General Surgery, Orthopedic Surgery, Cardiovascular Surgery, Neurosurgery, Thoracic Surgery), End-User (Hospitals, ASC), Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:HIT 7400
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:134
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:医療IT

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、手術室/OR統合の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(一般外科、整形外科、心臓血管外科、脳神経外科、胸部外科)分析、エンドユーザー別(病院、ASC)分析、手術室/OR統合の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、手術室/OR統合の世界市場規模が2019年10億ドルから2024年17億ドルまで年平均12.4%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・手術室/OR統合の世界市場:市場インサイト
・手術室/OR統合の世界市場:市場概観/市場動向
・手術室/OR統合の世界市場:市場シェア分析
・手術室/OR統合の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析/市場規模
・手術室/OR統合の世界市場:用途別(一般外科、整形外科、心臓血管外科、脳神経外科、胸部外科)分析/市場規模
・手術室/OR統合の世界市場:エンドユーザー別(病院、ASC)分析/市場規模
・手術室/OR統合のアジア市場規模予測
・手術室/OR統合のヨーロッパ市場規模予測
・手術室/OR統合のアメリカ市場規模予測
・手術室/OR統合の世界市場動向
・手術室/OR統合の世界市場:競争状況
・手術室/OR統合の世界市場:関連企業分析
...

※「手術室/OR統合の世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/operating-roomor-integration-market-component-hit-7400

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205200&id=bodyimage1

投稿日:

「ファッションにおけるAIの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月14日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「ファッションにおけるAIの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「ファッションにおけるAIの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。ファッションにおけるAIの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:ファッションにおけるAIの世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:AI in Fashion Market by Component (Solutions and Services), Application (Product Recommendation, Product Search & Discovery, and CRM), Deployment Mode, Category, (Apparel, Accessories, and Beauty & Cosmetics), End User, and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:TC 7398
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:176
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:通信&IT

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、ファッションにおけるAIの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション及びサービス)分析、用途別(製品推奨、製品検索&発見、CRM)分析、展開モード別分析、カテゴリ別(アパレル、アクセサリー、美容&化粧品)分析、ファッションにおけるAIの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ファッションにおけるAIの世界市場規模が2019年228百万ドルから2024年1260百万ドルまで年平均40.8%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・ファッションにおけるAIの世界市場:市場インサイト
・ファッションにおけるAIの世界市場:市場概観/市場動向
・ファッションにおけるAIの世界市場:産業動向
・ファッションにおけるAIの世界市場:コンポーネント別(ソリューション及びサービス)分析/市場規模
・ファッションにおけるAIの世界市場:用途別(製品推奨、製品検索&発見、CRM)分析/市場規模
・ファッションにおけるAIの世界市場:展開モード別分析/市場規模
・ファッションにおけるAIの世界市場:カテゴリ別(アパレル、アクセサリー、美容&化粧品)分析/市場規模
・ファッションにおけるAIのアジア市場規模予測
・ファッションにおけるAIのヨーロッパ市場規模予測
・ファッションにおけるAIのアメリカ市場規模予測
・ファッションにおけるAIの世界市場動向
・ファッションにおけるAIの世界市場:競争状況
・ファッションにおけるAIの世界市場:関連企業分析
...

※「ファッションにおけるAIの世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/ai-fashion-market-component-solutions-tc-7398

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205198&id=bodyimage1

投稿日:

「仮想化セキュリティの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月14日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「仮想化セキュリティの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「仮想化セキュリティの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。仮想化セキュリティの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:仮想化セキュリティの世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:Virtualization Security Market by Component (Solution (Virtual Infrastructure & Lifecycle Protection) & Services (Professional & Managed)), Deployment, Organization Size, End User (Service Providers & Enterprises), and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:TC 7402
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:163
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:通信&IT

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、仮想化セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション(仮想インフラストラクチャ&ライフサイクル保護)、サービス(プロフェッショナル&マネージド))分析、展開別分析、組織規模別分析、エンドユーザー別(サービスプロバイダー&企業)分析、仮想化セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、仮想化セキュリティの世界市場規模が2019年13億ドルから2024年27億ドルまで年平均15.6%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・仮想化セキュリティの世界市場:市場インサイト
・仮想化セキュリティの世界市場:市場概観/市場動向
・仮想化セキュリティの世界市場:市場シェア分析
・仮想化セキュリティの世界市場:コンポーネント別(ソリューション(仮想インフラストラクチャ&ライフサイクル保護)、サービス(プロフェッショナル&マネージド))分析/市場規模
・仮想化セキュリティの世界市場:展開別分析/市場規模
・仮想化セキュリティの世界市場:組織規模別分析/市場規模
・仮想化セキュリティの世界市場:エンドユーザー別(サービスプロバイダー&企業)分析/市場規模
・仮想化セキュリティのアジア市場規模予測
・仮想化セキュリティのヨーロッパ市場規模予測
・仮想化セキュリティのアメリカ市場規模予測
・仮想化セキュリティの世界市場動向
・仮想化セキュリティの世界市場:競争状況
・仮想化セキュリティの世界市場:関連企業分析
...

※「仮想化セキュリティの世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/virtualization-security-market-component-solution-tc-7402

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205196&id=bodyimage1

投稿日:

スマーテックアナリシス社発行「民間航空機部品製造における付加製造 (AM) の市場機会:2019-2029年」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月13日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「民間航空機部品製造における付加製造 (AM) の市場機会:2019-2029年」 (SmarTech Analysis発行) の販売を11月13日より開始いたしました。

【 商品情報 】
民間航空機部品製造における付加製造 (AM) の市場機会:2019-2029年
Opportunities in Additive Manufacturing for Civil Aviation Parts Production, 2019-2029
● 発行: SmarTech Analysis (スマーテックアナリシス)
● 出版日: 2019年10月15日
● ページ情報: 115 Pages
https://www.gii.co.jp/report/stmp914918-opportunities-additive-manufacturing-civil.html

当レポートでは、民間航空機部品製造における付加製造 (AM) を調査し、付加製造 (AM) による部品製造の概要、航空宇宙製造部門との適合性、航空宇宙部門向けAM技術・製造ハードウェア・材料・AM部品の種類・概要、10カ年成長予測、主要サプライヤーなどをまとめています。

第1章 付加製造 (AM) による部品製造について
第2章 付加製造技術・材料の進化と航空宇宙製造部門における需要との適合性
第3章 航空宇宙部門における材料:金属 vs ポリマー
第4章 変化を続けるサプライチェーンにおける重要サプライヤー
第5章 付加製造航空機部品について

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/stmp914918-opportunities-additive-manufacturing-civil.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205278&id=bodyimage1

投稿日:

「農業IoTの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月14日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「農業IoTの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「農業IoTの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。農業IoTの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:農業IoTの世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:Agriculture IoT Market by Offering (Hardware, Software, & Services), Application (Precision Farming, Precision Forestry, Livestock Monitoring, Fish Farm Monitoring and Smart Greenhouse), Application, and Geography - Global Forecast to 2024
・商品コード:SE 7397
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:205
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:半導体&電子

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、農業IoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア&サービス)分析、用途別(精密農業、精密林業、家畜監視、養魚場監視、スマート温室)分析、農業IoTの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、農業IoTの世界市場規模が2019年127億ドルから2024年209億ドルまで年平均10.4%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・農業IoTの世界市場:市場インサイト
・農業IoTの世界市場:市場概観/市場動向
・農業IoTの世界市場:バリューチェーン分析
・農業IoTの世界市場:市場シェア分析
・農業IoTの世界市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア&サービス)分析/市場規模
・農業IoTの世界市場:用途別(精密農業、精密林業、家畜監視、養魚場監視、スマート温室)分析/市場規模
・農業IoTのアジア市場規模予測
・農業IoTのヨーロッパ市場規模予測
・農業IoTのアメリカ市場規模予測
・農業IoTの世界市場動向
・農業IoTの世界市場:競争状況
・農業IoTの世界市場:関連企業分析
...

※「農業IoTの世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/agriculture-iot-market-offering-hardware-se-7397

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205194&id=bodyimage1

投稿日:

BiZMiL×インターンシップガイド事務局で28 業界 182 社の「採用ブランド力」を調査し、トップ50を発表

株式会社futurelaboが運営する「インターンシップガイド」と株式会社揚羽が運営する「BiZMiL」の登録学生1,332名を対象に、28業界182社の「採用ブランド力」を調査し、2019年11月14日(木)にトップ50を発表しました。

株式会社futurelabo(本社:東京都渋谷区 代表取締役:金山晴紀)が運営するインターンシップ総合サイト「インターンシップガイド」(https://internshipguide.jp/ )と株式会社揚羽(本社:東京都中央区 代表取締役:湊剛宏)が運営する「BiZMiL」は、合同で登録学生に調査「ビズミルブランドサーベイ」を行いました。当調査では1,332名の学生を対象に28業界182社の「採用ブランド力」を調査し、トップ50を発表しました。また、対象学生の志向性、企業選定で重要視する項目についても調査結果を発表しました。概要は以下の通りです。

■2019 年度「採用ブランド力」ランキング
プラットフォーマーや外資企業が安定の強さを見せた。日系企業では、各業界のトップ企業が上位にランクイン。BtoB 企業も多くランクインしており、従来の生活を通じて培ったイメージだけでなく、就職活動を通じて培ったイメージが重要なことがうかがえる。BtoB 企業の中では、デベロッパー、製薬メーカー、化学品メーカーの上位ランクインが目立っている。総合商社は、三井物産の 35 位が業界内トップとなり、上位ランクインを逃す結果となった。

1位 Google
2位 アマゾンジャパン
3位 ゴールドマンサックス
4位 P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)
5位 ジョンソン・エンド・ジョンソン
6位 三菱地所
7位 トヨタ自動車
8位 Yahoo Japan
9位 ソフトバンク
10位 東京海上日動火災保険

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205188&id=bodyimage2

■2019 年度 調査対象学生の志向性

全8種類の志向性から、自身に当てはまる3種類を優先順位と共に選択してもらい、収集した。本年度は特に、ワークライフバランスを重要視する傾向にあった。次いで社会貢献意欲の高さ、自分のペースを守った仕事を求める志向の学生が目立った。逆に起業家精神を持つアントレプレナー型や専門分野を極めるスペシャリスト型は少なかった。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205188&id=bodyimage3

8分類の志向性

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205188&id=bodyimage4

■調査概要
調査期間:2019年7月23日(火) ~ 8月18日(日)
調査方法:WEBアンケート調査
調査対象:「ビズミル」(https://www.bizmil.tv/)、「インターンシップガイド」 (https://internshipguide.jp/)に登録する学生
有効回答数:1,332 名

調査結果の詳細はこちら
https://www.ageha.tv/information/2019brandsurvey/

■インターンシップガイドについて
「インターンシップガイド」は、全国47都道府県、大学1年生から就活生も使えるインターンシップ総合サイトです。1年を通じたインターンシップ情報の掲載と学生目線のコンテンツにより、多くの学生と企業との出会いの提供を目的としています。
企業のインターンシップ情報を掲載料・成果報酬料ともに無料で掲載が可能です。
サービスURL:https://internshipguide.jp/

■BiZMiL( ビズミル )について
ビズミルは、「就職活動が本格化する前からもっと詳細な企業情報が欲しい」という学生の声から誕生した キャリア情報サイトです。
説明会に行かなければ見ることが出来ない大手企業・人気企業の貴重な企業紹介ムービーや「就職活動コラム」、「業界ノート」等といった読み応えあるコンテンツで イメージの掴みづらい「働く現場」をご紹介しています。
サービスURL:https://www.bizmil.tv/

■会社概要
・株式会社futurelabo
所在地:東京都渋谷区渋谷一丁目8番3号 TOC第一ビル 8F
代表取締役:金山晴紀

・株式会社揚羽
所在地:東京都中央区八丁堀2-12-7 3F
代表取締役:湊剛宏

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社futurelabo 広報担当
E-mail:contact@futurelabo.co.jp

投稿日:

【チョコレートを食べるだけ】3日間で13名中11名が男性機能改善を実感! パラダイスシード配合のスーパーチョコレート モニター試験結果速報

株式会社シェアトレード(所在地:東京都千代田区)は、ガーナ原産の薬用植物『パラダイスシード』を2014年に日本初輸入(テスト輸入)し、その後クラウドファンディングを成功させて2016年に現地に加工場を建設いたしました。今回、パラダイスシードを使ったスーパーチョコレートを開発し、その効果のモニター試験を実施しましたので、結果をお知らせいたします。

○パラダイスシードとは

『パラダイスシード』は、花のような甘い香りと、柑橘系のさわやかな香りを放ち、そこに生姜や山椒のようなピリッとした刺激もある個性的なスパイスです。様々な薬効があり、スーパーフードとも言える食品です。
2017年1月岐阜大学 天然物利用化学研究室の研究成果が論文化され、ダイエット効果とリラックス作用が確認されました。西アフリカでは薬用植物として催淫効果があると伝承されており、さらには不妊症の治療に効果があるとの研究結果もあります。

◯スーパーチョコレートに込めた思い

私たちはパラダイスシードを使った新しいチョコレートを「Ferome」と名付けました。
このスーパーチョコレートを食べた人の心と体を満たしたい、そしてパラダイスシードを生産したガーナの人のお金と心を満たしたい、という思いが込められています。

今回のチョコレート開発では、パラダイスシードが西アフリカで男女の不妊症治療に使用されたという記述を基に、効果を最大限実感できるチョコレート作りを目指してきました。
そのためのこだわりとして、Feromeには『マカ濃縮エキス』や『水素を発生するといわれるサンゴカルシウム』を配合しています。

◯試験概要

◆試験期間:2019 年 9~10月(期間内に3日間服用)
◆試験人数:40~60 代の男女 17名(内男性13名)
◆調査内容:パラダイスシード配合チョコレート試食に関する調査
◆発表日:2019年11月11日
◆摂取方法:パラダイスシード250mg マカ抽出物300mg配合のチョコレート5g
(ベースにパカリ社のローチョコレートを使用)

◯試験結果
下記の通り、男性機能改善に効果が見られました。

◆起床時の勃起 【最高 6名、良い5名、普通2名、13名中2名改善】

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205167&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205167&id=bodyimage2

◆その他、多数の者に変化が見られた項目
(1) 発汗:17 名中 17名体感
(2) 起床時の疲れ:17名中 13名改善
(3) 利尿:17 名中 11 名促進
(4) 排便:17 名中 9 名促進

〇スーパーチョコレート開発の背景

日本では不妊治療患者が40万人を超え、16人に1人が体外受精児です。日本は体外受精の実施件数が世界一多いものの、1回の採卵あたりの出産率は世界最下位とされています。
不妊治療にはストレスだけでなく高額な治療費がかかり、男女どちらにとっても大きな負担がかかります。そこで不妊治療に効果があるとされる『パラダイスシード』をチョコレートに配合することで、それらの薬効を日常的に取り入れやすくし、少しでも不妊治療の負担を減らしたと思い開発に至りました。

〇株式会社シェアトレードについて

ガーナで『パラダイスシード』を日本人が現場に入り農民達と一緒に生産。スーパーフードとしてカカオの樹の下で栽培を推奨し、貧困層である零細農家の経済的支援につながる換金作物として産地拡大を計っています。
2016年クラウドファンディングによるたくさんの支援もあり、ガーナODA村に加工場を建設し、今までにない加工方法で品質の高い製品を生産することに成功しています。
品質や安全性を高め、継続してトレードを成立するために、栽培から加工・輸入・製品開発そして販売までを自社で手掛ける「生販一貫事業」をビジネスモデルを目指しています。


■会社概要
会社名:株式会社シェアトレード
住所:東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F
URL:http://www.sharetrade.JP



投稿日:

「PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月13日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:PAEK Market by Type (PEK, PEEK, PEKK), Fillers(Glass filled, Carbon filled, Unfilled),Application (Oil & gas, Electricals & Electronics, Automotive, Medical, Aerospace), Region (APAC, Europe, North America, South America, MEA) - Global Forecast to 2024
・商品コード:CH 7395
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:155
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(PEK、PEEK、PEKK)分析、フィラー別(ガラス充填、カーボン充填、未充填)分析、用途別(オイル&ガス、電気&エレクトロニクス、自動車、医療、航空宇宙)分析、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場規模が2019年851百万ドルから2024年1149百万ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場:市場インサイト
・PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場:市場概観/市場動向
・PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場:産業動向
・PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場:市場環境分析
・PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場:種類別(PEK、PEEK、PEKK)分析/市場規模
・PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場:フィラー別(ガラス充填、カーボン充填、未充填)分析/市場規模
・PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場:用途別(オイル&ガス、電気&エレクトロニクス、自動車、医療、航空宇宙)分析/市場規模
・PAEK(ポリアリールエーテルケトン)のアジア市場規模予測
・PAEK(ポリアリールエーテルケトン)のヨーロッパ市場規模予測
・PAEK(ポリアリールエーテルケトン)のアメリカ市場規模予測
・PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場動向
・PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場:競争状況
・PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場:関連企業分析
...

※「PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/paek-market-type-pek-peek-ch-7395

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205130&id=bodyimage1

投稿日:

【SBD(Secured by Design Ltd)調査報告】自動車盗難動向ガイド - 世界の車両盗難の統計値、規制要件、動向、手口

【調査レポートのサマリー】
2019年11月発行

SBDでは世界各国の自動車盗難に関する調査を継続的に行っており、各国における統計、防盗要件、盗難動向、盗難手法について解説したレポート「自動車盗難動向ガイド」を四半期ごとに更新し発行しています。世界各国の自動車盗難についての統計や分析、防盗レベルなどの最新情報をまとめています。

調査レポート「自動車盗難動向ガイド」の最新刊を2019年11月1日に発行いたしました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205241&id=bodyimage1

掲載国一覧

市場概要、車両盗難統計、防盗要件を国別で掲載

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205241&id=bodyimage2

目次

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205241&id=bodyimage3

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205241&id=bodyimage4


SBD(Secured by Design Ltd)は、英国に本社を置く独立系技術コンサルティング会社です。深い知識と豊富な経験に基づき、15年以上にわたり自動車業界に携わるお客様をサポートしています。日本国内では、SBDジャパンが日本語・英語併記でお取扱いをしています。


■ 調査レポート ■

自動車盗難動向ガイド - 四半期毎更新
世界の車両盗難の統計値、規制要件、動向、手口
Global Theft Guide
出版年月:2019年11月
http://www.dri.co.jp/auto/report/SBD/sbdsec533.html

◆英国の自動車専門調査会社 SBD(Secured by Design Ltd)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/SBD/index.html


株式会社データリソースは、SBDジャパンの正規販売代理店として、調査レポートの販売や委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

SBD(Secured by Design Ltd) 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html



投稿日:

新興市場のモバイル金融サービス 調査レポートが発刊

株式会社データリソース(東京都港区)はジュニパーリサーチ社(Juniper Research)が市場を詳細に調査・分析した英文調査レポート「新興市場におけるモバイル金融サービス:収益化モデル&市場予測 2019-2024年 ー Mobile Financial Services in Emerging Markets: Monetisation Models & Market Forecasts 2019-2024」の販売を開始いたしました。

ジュニパーリサーチ社(Juniper Research)が出版した「新興市場におけるモバイル金融サービス:収益化モデル&市場予測 2019-2024年 ー Mobile Financial Services in Emerging Markets: Monetisation Models & Market Forecasts 2019-2024」は、世界の新興市場におけるモバイル金融サービス市場を調査し、市場動向や2024年までの予測、企業分析を掲載しています。

主な掲載内容

部門ごとの市場予測
 ・モバイル送金
 ・マイクロローン
 ・マイクロ預金
 ・マイクロ保険

国ごとの市場予測
 ・バングラデシュ
 ・ブラジル
 ・インド
 ・インドネシア
 ・ケニア
 ・メキシコ
 ・パキスタン
 ・南アフリカ
 ・タンザニア



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205206&id=bodyimage1

◆ このレポートについて
新興市場におけるモバイル金融サービス:収益化モデル&市場予測 2019-2024年
Mobile Financial Services in Emerging Markets: Monetisation Models & Market Forecasts 2019-2024
出版社:ジュニパーリサーチ社
出版年月:2019年10月15日
URL: http://www.dri.co.jp/auto/report/juniper/junmobfsem.html


◆市場調査会社 ジュニパーリサーチ社 (Juniper Research)について
データリソースは、ジュニパーリサーチ社の日本の正規販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/juniper/index.html


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース (ジュニパーリサーチ社 日本正規販売代理店)
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm/

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html

投稿日:

「ネットワーク分析の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月13日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「ネットワーク分析の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「ネットワーク分析の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。ネットワーク分析の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:ネットワーク分析の世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:Network Analytics Market by Component (Network Intelligence Solutions and Services), Application (Network Performance Management, Customer Analysis, and Quality Management), Deployment Type, Organization Size, End-User, and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:TC 3179
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:165
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:通信&IT

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、ネットワーク分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ネットワークインテリジェンスソリューション&サービス)分析、用途別(ネットワークパフォーマンス管理、顧客分析、品質管理)分析、展開種類別分析、組織規模別分析、ネットワーク分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ネットワーク分析の世界市場規模が2019年14億ドルから2024年36億ドルまで年平均20.5%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・ネットワーク分析の世界市場:市場インサイト
・ネットワーク分析の世界市場:市場概観/市場動向
・ネットワーク分析の世界市場:産業動向
・ネットワーク分析の世界市場:コンポーネント別(ネットワークインテリジェンスソリューション&サービス)分析/市場規模
・ネットワーク分析の世界市場:用途別(ネットワークパフォーマンス管理、顧客分析、品質管理)分析/市場規模
・ネットワーク分析の世界市場:展開種類別分析/市場規模
・ネットワーク分析の世界市場:組織規模別分析/市場規模
・ネットワーク分析のアジア市場規模予測
・ネットワーク分析のヨーロッパ市場規模予測
・ネットワーク分析のアメリカ市場規模予測
・ネットワーク分析の世界市場動向
・ネットワーク分析の世界市場:競争状況
・ネットワーク分析の世界市場:関連企業分析
...

※「ネットワーク分析の世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/network-analytics-market-component-network-tc-3179

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205128&id=bodyimage1

投稿日:

世界の拡張現実&複合現実 市場調査レポートが発刊

株式会社データリソース(東京都港区)はジュニパーリサーチ社(Juniper Research)が市場を詳細に調査・分析した英文調査レポート「拡張現実&複合現実:影響評価、部門別分析&予測 2019-2024年 ー Augmented & Mixed Reality: Impact Assessments, Sector Analysis & Forecasts 2019-2024」の販売を開始いたしました。

ジュニパーリサーチ社(Juniper Research)が出版した「拡張現実&複合現実:影響評価、部門別分析&予測 2019-2024年 ー Augmented & Mixed Reality: Impact Assessments, Sector Analysis & Forecasts 2019-2024」は、モバイル向けの拡張現実(AR)と複合現実(MR)市場を調査し、重要な使用事例と主要な企業、市場予測や包括的な分析を掲載しています。

主な掲載内容

部門別アプリケーションエコシステム予測:インストールされたARアプリケーション数、ARアプリケーション市場の総額
 ・教育
 ・ゲーム
 ・医療
 ・ライフスタイル
 ・マルチメディア
 ・小売
 ・検索&発見
 ・ソーシャルメディア&ネットワーキング

デバイス別のモバイルAR&MR
 ・スマートフォン
 ・タブレット
 ・スマートグラス



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205207&id=bodyimage1

◆ このレポートについて
拡張現実&複合現実:影響評価、部門別分析&予測 2019-2024年
Augmented & Mixed Reality: Impact Assessments, Sector Analysis & Forecasts 2019-2024
出版社:ジュニパーリサーチ社
出版年月:2019年10月22日
URL: http://www.dri.co.jp/auto/report/juniper/junamr.html


◆市場調査会社 ジュニパーリサーチ社 (Juniper Research)について
データリソースは、ジュニパーリサーチ社の日本の正規販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/juniper/index.html


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース (ジュニパーリサーチ社 日本正規販売代理店)
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm/

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html

投稿日:

消費者向け複合現実(MR)の市場調査レポートが発刊

株式会社データリソース(東京都港区)はジュニパーリサーチ社(Juniper Research)が市場を詳細に調査・分析した英文調査レポート「消費者向け複合現実(MR):新しい機会、ベンダ戦略&市場予測 2019-2024年 ー Consumer Mixed Reality: Emerging Opportunities, Vendor Strategies & Market Forecasts 2019-2024」の販売を開始いたしました。

ジュニパーリサーチ社(Juniper Research)が出版した「消費者向け複合現実(MR):新しい機会、ベンダ戦略&市場予測 2019-2024年 ー Consumer Mixed Reality: Emerging Opportunities, Vendor Strategies & Market Forecasts 2019-2024」は、消費者向けの複合現実/MR市場を調査し、地域別や国別の分析や、エンドユーズ産業ごとの市場規模予測を掲載しています。

掲載している市場規模(5年予測)

国別予測
 ・カナダ
 ・中国
 ・デンマーク
 ・ドイツ
 ・日本
 ・ノルウェー
 ・ポルトガル
 ・韓国
 ・スペイン
 ・スウェーデン
 ・英国
 ・米国

産業ごとの予測
 ・教育
 ・ゲーム
 ・医療
 ・ライフスタイル
 ・マルチメディア
 ・小売
 ・探索&発見
 ・ソーシャルメディア&ネットワーキング

デバイスごとの市場予測
 ・スマートフォン
 ・タブレット
 ・スマートグラス



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205208&id=bodyimage1

◆ このレポートについて
消費者向け複合現実(MR):新しい機会、ベンダ戦略&市場予測 2019-2024年
Consumer Mixed Reality: Emerging Opportunities, Vendor Strategies & Market Forecasts 2019-2024
出版社:ジュニパーリサーチ社
出版年月:2019年11月11日
URL: http://www.dri.co.jp/auto/report/juniper/juncmr.html


◆市場調査会社 ジュニパーリサーチ社 (Juniper Research)について
データリソースは、ジュニパーリサーチ社の日本の正規販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/juniper/index.html


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース (ジュニパーリサーチ社 日本正規販売代理店)
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm/

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html

投稿日:

「電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月13日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:Electronic Drug Delivery Systems Market by Type (Electronic Wearable Infusion Pump, Autoinjectors, Injection Pens, Electronic Inhalers), Indication (Diabetes, Multiple Sclerosis, Cardiovascular Disease, Asthma & COPD) - Global Forecast to 2024
・商品コード:MD 7394
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:125
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:医療機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(電子ウェアラブル注入ポンプ、自動注射器、注射ペン、電子吸入器)分析、疾患別(糖尿病、多発性硬化症、心血管疾患、喘息&COPD)分析、電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場規模が2019年78億ドルから2024年119億ドルまで年平均8.7%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場:市場インサイト
・電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場:市場概観/市場動向
・電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場:市場シェア分析
・電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場:種類別(電子ウェアラブル注入ポンプ、自動注射器、注射ペン、電子吸入器)分析/市場規模
・電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場:疾患別(糖尿病、多発性硬化症、心血管疾患、喘息&COPD)分析/市場規模
・電子ドラッグデリバリーシステムのアジア市場規模予測
・電子ドラッグデリバリーシステムのヨーロッパ市場規模予測
・電子ドラッグデリバリーシステムのアメリカ市場規模予測
・電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場動向
・電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場:競争状況
・電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場:関連企業分析
...

※「電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/electronic-drug-delivery-systems-market-md-7394

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205127&id=bodyimage1

投稿日:

世界のブロックチェーン市場 調査レポートが発刊

ジュニパーリサーチ社が 市場を詳細に調査・分析した英文調査レポート「ブロックチェーン:主要垂直市場の機会、動向&課題 2019-2030年 ー Blockchain:Key Vertical Opportunities, Trends & Challenges 2019-2030」を出版いたしました。

株式会社データリソース(東京都港区)はジュニパーリサーチ社(Juniper Research)出版の「ブロックチェーン:主要垂直市場の機会、動向&課題 2019-2030年 ー Blockchain:Key Vertical Opportunities, Trends & Challenges 2019-2030」の販売を開始いたしました。

ジュニパーリサーチ社(Juniper Research)が出版した「ブロックチェーン:主要垂直市場の機会、動向&課題 2019-2030年 ー Blockchain:Key Vertical Opportunities, Trends & Challenges 2019-2030」は、世界のブロックチェーン市場を調査し、地域別、国別の市場予測や用途別の市場予測を掲載しています。

掲載している市場予測

国別予測
・カナダ
・中国
・デンマーク
・ドイツ
・ノルウェー
・ポルトガル
・スペイン
・スウェーデン
・日本
・英国
・米国

用途ごとの市場予測
・土地登記
・資産管理
・金融エコシステム



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205211&id=bodyimage1

◆ レポートについて
ブロックチェーン:主要垂直市場の機会、動向&課題 2019-2030年
Blockchain: Key Vertical Opportunities, Trends & Challenges 2019-2030
出版社:ジュニパーリサーチ社
出版年月:2019年11月5日
http://www.dri.co.jp/auto/report/juniper/junblch.html

◆市場調査会社 ジュニパーリサーチ社 (Juniper Research)について
データリソースは、ジュニパーリサーチ社の日本の正規販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/juniper/index.html


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース (ジュニパーリサーチ社 日本正規販売代理店)
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm/

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html

投稿日:

【自動車部品】特許資産規模ランキング2019、トップ3はデンソー、日立オートモティブ、日本精工

弊社は11月13日、独自に分類した「自動車部品」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車部品業界 特許資産規模ランキング2019」をまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。
2018年4月1日から2019年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。

その結果、1位 デンソー、2位 日立オートモティブシステムズ、3位 日本精工となりました。

1位のデンソーの注目度の高い特許には、「車両に用いられる熱管理システム」や「誘導に従った安全確認にドライバの意識を集中させる運転教示装置」に関する技術が挙げられます。

2位の日立オートモティブシステムズは、「内燃機関における吸入空気の物理量検出装置」や「高圧燃料供給ポンプにおけるバルブ機構」に関する技術が注目度の高い特許として挙げられます。

3位の日本精工の注目度の高い特許には「転がり軸受などの転動装置における潤滑剤劣化検出方法」や「軸受内部を軸受外部から密封するためのシールドが取り付けられた転がり軸受」に関する技術が挙げられます。

4位の矢崎総業は「手又は指振りによる操作において誤動作を低減させた車両用電子制御装置」、5位の住友電装は「配置作業性を向上したシールド電線接続構造」が注目度の高い特許として挙げられます。

詳細については、ランキングデータ「自動車部品 特許資産規模ランキング2019」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2019/11/automobileparts.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許分析セミナー情報>>
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階

投稿日:

「変形性関節症治療法の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月13日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「変形性関節症治療法の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「変形性関節症治療法の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。変形性関節症治療法の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:変形性関節症治療法の世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:Osteoarthritis Therapeutics Market by Anatomy (Knee, Hip), Drug Type (NSAIDs, Corticosteroids), Route of Administration (Parenteral, Topical), Distribution Channel (Hospital Pharmacies), Purchasing Pattern (Prescription Drugs) - Global Forecast to 2024
・商品コード:PH 7393
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:148
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:製薬

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、変形性関節症治療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、解剖学別(膝、股関節)分析、薬物種類別(NSAID、コルチコステロイド)分析、投与経路別(非経口、局所)分析、流通チャンネル別(病院薬局)分析、変形性関節症治療法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、変形性関節症治療法の世界市場規模が2019年68億ドルから2024年101億ドルまで年平均8.1%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・変形性関節症治療法の世界市場:市場インサイト
・変形性関節症治療法の世界市場:市場概観/市場動向
・変形性関節症治療法の世界市場:市場シェア分析
・変形性関節症治療法の世界市場:解剖学別(膝、股関節)分析/市場規模
・変形性関節症治療法の世界市場:薬物種類別(NSAID、コルチコステロイド)分析/市場規模
・変形性関節症治療法の世界市場:投与経路別(非経口、局所)分析/市場規模
・変形性関節症治療法の世界市場:流通チャンネル別(病院薬局)分析/市場規模
・変形性関節症治療法のアジア市場規模予測
・変形性関節症治療法のヨーロッパ市場規模予測
・変形性関節症治療法のアメリカ市場規模予測
・変形性関節症治療法の世界市場動向
・変形性関節症治療法の世界市場:競争状況
・変形性関節症治療法の世界市場:関連企業分析
...

※「変形性関節症治療法の世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/osteoarthritis-therapeutics-market-anatomy-knee-ph-7393

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205125&id=bodyimage1

投稿日:

マーケッツアンドマーケッツ社発行「ポリグリコール酸の世界市場 ~2024年:繊維・フィルム・その他」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月12日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ポリグリコール酸の世界市場 ~2024年:繊維・フィルム・その他」 (MarketsandMarkets発行) の販売を11月12日より開始いたしました。

【 商品情報 】
ポリグリコール酸の世界市場 ~2024年:繊維・フィルム・その他
Polyglycolic Acid Market by Form (Fibers, Films, Others), End-use industry (Medical, Oil & Gas, Packaging) and Region (North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South America)-Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets (マーケッツアンドマーケッツ)
● 出版日: 2019年11月05日
● ページ情報: 118 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama916062-polyglycolic-acid-market-by-form-fibers-films.html

当レポートでは、世界のポリグリコール酸の市場を調査し、市場の定義と概要、市場成長への各種影響因子および市場機会の分析、形態・エンドユーズ産業・地域/主要国別の動向と市場規模の推移と予測、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 グリコール酸市場の分析・予測:形態別
第7章 ポリグリコール酸市場の分析・予測:エンドユーズ産業別
第8章 ポリグリコール酸市場の分析・予測:地域・主要国別
第9章 競合環境
第10章 企業プロファイル
第11章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama916062-polyglycolic-acid-market-by-form-fibers-films.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205166&id=bodyimage1

投稿日:

「半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月13日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。半透明コンクリートの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:Translucent Concrete Market by Raw Material Type (Concrete, Optical Elements), Application (Facade & Wall Cladding, Flooring), End-use Industry (Construction & Infrastructure), and Region (NA, EU, APAC, MEA, LA) - Global Forecast to 2024
・商品コード:BC 7392
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:129
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:建築&建設

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、半透明コンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、原材料種類別(コンクリート、光学素子)分析、用途別(ファサード&壁クラッディング、フローリング)分析、エンドユーズ産業別(建設、インフラ)分析、半透明コンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、半透明コンクリートの世界市場規模が2019年から2024年まで年平均80.0%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・半透明コンクリートの世界市場:市場インサイト
・半透明コンクリートの世界市場:市場概観/市場動向
・半透明コンクリートの世界市場:市場環境分析
・半透明コンクリートの世界市場:原材料種類別(コンクリート、光学素子)分析/市場規模
・半透明コンクリートの世界市場:用途別(ファサード&壁クラッディング、フローリング)分析/市場規模
・半透明コンクリートの世界市場:エンドユーズ産業別(建設、インフラ)分析/市場規模
・半透明コンクリートのアジア市場規模予測
・半透明コンクリートのヨーロッパ市場規模予測
・半透明コンクリートのアメリカ市場規模予測
・半透明コンクリートの世界市場動向
・半透明コンクリートの世界市場:競争状況
・半透明コンクリートの世界市場:関連企業分析
...

※「半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/translucent-concrete-market-raw-material-bc-7392

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205124&id=bodyimage1

投稿日:

「クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月12日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:Cloud Infrastructure Services Market by Service Type (Storage as a Service, Compute as a Service, Disaster Recovery and Backup as a Service), Deployment Model, Organization Size, Vertical, and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:TC 3123
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:170
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:通信&IT

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス種類別(サービスとしてのストレージ、サービスとしての計算、サービスとしての災害復旧およびバックアップ)分析、展開モデル別分析、組織規模別分析、業種別分析、クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場規模が2019年730億ドルから2024年1666億ドルまで年平均18.0%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場:市場インサイト
・クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場:市場概観/市場動向
・クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場:産業動向
・クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場:市場シェア分析
・クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場:サービス種類別(サービスとしてのストレージ、サービスとしての計算、サービスとしての災害復旧およびバックアップ)分析/市場規模
・クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場:展開モデル別分析/市場規模
・クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場:組織規模別分析/市場規模
・クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場:業種別分析/市場規模
・クラウドインフラストラクチャサービスのアジア市場規模予測
・クラウドインフラストラクチャサービスのヨーロッパ市場規模予測
・クラウドインフラストラクチャサービスのアメリカ市場規模予測
・クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場動向
・クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場:競争状況
・クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場:関連企業分析
...

※「クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/cloud-infrastructure-services-market-service-tc-3123

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205041&id=bodyimage1

投稿日:

1月トレンド系SEOキーワード100件の「パワーランク相場」を公開

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205170&id=bodyimage1

SEO・Webマーケティングサービスの販売・提供をしている株式会社アクセスジャパン(本社:北海道札幌市、代表取締役:入谷 勇太、以下「アクセスジャパン」)は、ドメインのSEO強度を調査できる無料SEOツール「パワーランクチェックツール」(https://www.ispr.net/)を利用して、1月によく検索されるトレンド系SEOキーワード100件の検索順位上位10サイトにおけるパワーランクの平均値である「パワーランク相場」(https://www.ispr.net/rate)を2019年11月12日に公開しました(調査は2019年11月に実施)。

「パワーランク」とは、様々なデータからアクセスジャパン独自の計算式により、ドメインパワーとも呼ばれているドメインに対するSEO的観点での価値を数値化したものです。

「パワーランク相場」では、現在100件のSEOキーワードにおける、検索順位上位10件のドメインを調査し、パワーランクの平均・最大・最小値、ドメイン取得から現在までの期間を示す「ドメイン年齢」の平均・最大・最小値を調査し、公開しております。

今回追加した1月トレンド系SEOキーワードは、「お年玉」「おせち」「初売り」「福袋」「正月太り」「帰省」「温泉」「スキー」「ペットホテル」「バレンタイン」等の他、関連する2語、3語の複合キーワードを中心に掲載しています。

SEOキーワードにより、競合のSEO対策度合いに違いがあるので、「パラーランク相場」のデータをSEO対策時の上位表示難易度を推し量る参考情報としてご利用いただければと考えております。

「パワーランク相場」では、今後もSEOキーワードを随時調査・追加する予定です。どうぞご期待下さい。

■「パワーランク相場」
・URL:https://www.ispr.net/rate
・概要:SEOキーワードの検索順位上位10サイトにおけるパワーランクの相場(平均値)等を調査し公開

■1月トレンド系SEOキーワードのパワーランク相場、関連情報の例
・キーワード:「福袋」
・パワーランク相場(ドメインパワーの平均値):78.3
・最大パワーランク:92.9
・最小パワーランク:54.9
・平均ドメイン年齢:18年1ヶ月
・最大ドメイン年齢:25年3ヶ月
・最小ドメイン年齢:8年4ヶ月

■会社概要
社名:株式会社アクセスジャパン
設立:2012年11月
所在地:北海道札幌市中央区北3条西28丁目2-1 サンビル6階
代表者:代表取締役 入谷 勇太(いりたに ゆうた)
従業員数:52名(2019年11月現在)
事業内容:SEO関連事業、Webコンサルティング・Webサイト制作事業、ドメイン販売事業等
コーポレートサイト:https://access-jp.co.jp/
Twitter:https://twitter.com/accessjapancojp
Facebookページ:https://www.facebook.com/accessjapansapporo/

■運営サイト
【SEO関連情報や無料SEOツール情報】 アクセスSEO対策:https://www.efbweb.org/
▼アクセスSEO対策ツールズ
├ 【ドメインのSEO強度を調査】 パワーランクチェックツール:https://www.ispr.net/
├ 【2つのドメインパワーを比較】 パワーランク比較ツール:https://www.ispr.net/comp
├ 【上位10件のドメインパワー平均値】 パワーランク相場:https://www.ispr.net/rate
└ 【ドメインパワー番付】 パワーランクランキング:https://www.ispr.net/ranking
【中古ドメイン販売】 アクセス中古ドメイン:https://communityserver.org/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社アクセスジャパン アクセスSEO対策ツールズ担当
メール:pr@access-jp.co.jp  電話:011-640-1122(平日 10:00-17:00)

投稿日:

マーケッツアンドマーケッツ社発行「アフェクティブコンピューティングの世界市場 2024年までの予測:音声認識、ジェスチャー認識」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月12日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「アフェクティブコンピューティングの世界市場 2024年までの予測:ソフトウェア (音声認識、ジェスチャー認識)・ハードウェア (センサー、カメラ、記憶デバイス・プロセッサ)」 (MarketsandMarkets発行) の販売を11月12日より開始いたしました。

【 商品情報 】
アフェクティブコンピューティングの世界市場 2024年までの予測:ソフトウェア (音声認識、ジェスチャー認識)・ハードウェア (センサー、カメラ、記憶デバイス・プロセッサ)
Affective Computing Market by Technology (Touch-based and Touchless), Component (Software (Speech Recognition and Gesture Recognition) and Hardware (Sensors, Cameras, and Storage Devices and Processors)), Vertical, and Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets (マーケッツアンドマーケッツ)
● 出版日: 2019年11月04日
● ページ情報: 176 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama338889-affective-computing-market-by-technology-touch.html

当レポートでは、世界のアフェクティブコンピューティング市場について調査し、技術の定義や産業構造、新たな技術分野と実現技術、関連産業との連関構造、市場規模の推移と予測 (過去2年間・今後6年間分)、技術・ソフトウェア・ハードウェア・産業・地域別の詳細動向、市場への影響要因、競争環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

第1章 イントロダクション
第2章 分析手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 アフェクティブコンピューティング市場:技術別
第7章 アフェクティブコンピューティング市場:コンポーネント別
第8章 アフェクティブコンピューティング市場:ソフトウェア別
第9章 アフェクティブコンピューティング市場:ハードウェア別
第10章 アフェクティブコンピューティング市場:産業別
第11章 アフェクティブコンピューティング市場:地域別
第12章 競争環境
第13章 企業プロファイル
第14章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama338889-affective-computing-market-by-technology-touch.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205147&id=bodyimage1

投稿日:

マーケッツアンドマーケッツ社発行「自動重量選別機の世界市場 ~2024年:ひずみゲージ式・EMFR (電磁力平衡) 式」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月12日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動重量選別機の世界市場 ~2024年:ひずみゲージ式・EMFR (電磁力平衡) 式」 (MarketsandMarkets発行) の販売を11月12日より開始いたしました。

【 商品情報 】
自動重量選別機の世界市場 ~2024年:ひずみゲージ式・EMFR (電磁力平衡) 式
Automatic Checkweigher Market by Type (Standalone Systems, Combination Systems), Technology (Strain Gauge, EMFR), Industry (Food & Beverages, Pharmaceuticals, Consumer Products, Cosmetics, & Personal Care), and Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets (マーケッツアンドマーケッツ)
● 出版日: 2019年11月06日
● ページ情報: 154 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama916063-automatic-checkweigher-market-by-type-standalone.html

当レポートでは、世界の自動重量選別機の市場を調査し、市場の定義と概要、市場成長への各種影響因子および市場機会の分析、製品タイプ・技術・産業・地域/主要国別の動向と市場規模の推移と予測、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 自動重量選別機市場の分析・予測:タイプ別
第7章 自動重量選別機市場の分析・予測:技術別
第8章 自動重量選別機市場の分析・予測:産業別
第9章 自動重量選別機市場の分析・予測:地域・主要国別
第10章 競合環境
第11章 企業プロファイル
第12章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama916063-automatic-checkweigher-market-by-type-standalone.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205146&id=bodyimage1

投稿日:

マーケッツアンドマーケッツ社発行「音声認識 (Speech-to-text) APIの世界市場 – 2024年までの予測」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月12日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「音声認識 (Speech-to-text) APIの世界市場 - 2024年までの予測:リスク・コンプライアンス管理、不正検知・予防、顧客管理、文字起こし/コンテンツ転写」 (MarketsandMarkets発行) の販売を11月12日より開始いたしました。

【 商品情報 】
音声認識 (Speech-to-text) APIの世界市場 - 2024年までの予測:リスク・コンプライアンス管理、不正検知・予防、顧客管理、文字起こし/コンテンツ転写
Speech-to-text API Market by Component (Software and Services), Application (Risk and Compliance Management, and Fraud Detection and Prevention), Deployment Mode, Organization Size, Industry Vertical, and Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets (マーケッツアンドマーケッツ)
● 出版日: 2019年11月05日
● ページ情報: 164 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama916061-speech-text-api-market-by-component-software.html

当レポートでは、世界の音声認識 (Speech-to-text) API市場について調査分析し、市場概要、産業動向、セグメント別の市場分析、競合情勢、主要企業などについて、体系的な情報を提供しています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要・産業動向
第6章 音声認識API市場:コンポーネント別
第7章 音声認識API市場:用途別
第8章 音声認識API市場:展開形態別
第9章 音声認識API市場:組織規模別
第10章 音声認識API市場:垂直産業別
第11章 音声認識API市場:地域別
第12章 競合情勢
第13章 企業プロファイル
第14章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama916061-speech-text-api-market-by-component-software.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205145&id=bodyimage1

投稿日:

「制御弁の世界市場予測(~2025年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月12日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「制御弁の世界市場予測(~2025年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「制御弁の世界市場予測(~2025年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。制御弁の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:制御弁の世界市場予測(~2025年)
・英語タイトル:Control Valve Market by Material, Component (Actuators, Valve Body), Valve Size, Valve Type (Rotary and Linear), Industry (Oil & Gas, Water & Wastewater Treatment, Energy & Power, Chemicals), and Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:SE 3119
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:189
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:半導体&電子

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、制御弁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別分析、コンポーネント別(アクチュエーター、バルブ本体)分析、バルブサイズ別分析、バルブ種類別(ロータリー&リニア)分析、制御弁の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、制御弁の世界市場規模が2019年80億ドルから2025年113億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・制御弁の世界市場:市場インサイト
・制御弁の世界市場:市場概観/市場動向
・制御弁の世界市場:産業動向
・制御弁の世界市場:バリューチェーン分析
・制御弁の世界市場:市場シェア分析
・制御弁の世界市場:材料別分析/市場規模
・制御弁の世界市場:コンポーネント別(アクチュエーター、バルブ本体)分析/市場規模
・制御弁の世界市場:バルブサイズ別分析/市場規模
・制御弁の世界市場:バルブ種類別(ロータリー&リニア)分析/市場規模
・制御弁のアジア市場規模予測
・制御弁のヨーロッパ市場規模予測
・制御弁のアメリカ市場規模予測
・制御弁の世界市場動向
・制御弁の世界市場:競争状況
・制御弁の世界市場:関連企業分析
...

※「制御弁の世界市場予測(~2025年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/control-valve-market-material-component-se-3119

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205040&id=bodyimage1

投稿日:

BISリサーチ社発行「世界の生体電気医療市場:製品、11カ国データ、競合環境:分析と予測 (2019~2025年)」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月11日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界の生体電気医療市場:製品、11カ国データ、競合環境:分析と予測 (2019~2025年)」 (BIS Research Inc.発行) の販売を11月11日より開始いたしました。

【 商品情報 】
世界の生体電気医療市場:製品、11カ国データ、競合環境:分析と予測 (2019~2025年)
Global Bioelectric Medicine Market: Focus on Product, 11 Countries' Data, and Competitive Landscape - Analysis and Forecast, 2019-2025
● 発行: BIS Research Inc. (BISリサーチ)
● 出版日: 2019年10月16日
● ページ情報: 318 Pages
https://www.gii.co.jp/report/bis915117-global-bioelectric-medicine-market-focus-on.html

当レポートでは、世界の生体電気医療市場について調査し、市場の動向とセグメント別動向、地域別予測、市場に参入する企業のプロファイルについてまとめています。

第1章 製品定義
第2章 調査範囲
第3章 調査方法
第4章 業界分析
第5章 競合環境
第6章 生体電気医療の発展
第7章 世界の生体電気医療市場
第8章 製品タイプ別市場
第9章 世界市場
第10章 企業プロファイル

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/bis915117-global-bioelectric-medicine-market-focus-on.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205131&id=bodyimage1

投稿日:

「自動運転車用HDマップの世界市場予測(~2030年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月12日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「自動運転車用HDマップの世界市場予測(~2030年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「自動運転車用HDマップの世界市場予測(~2030年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。自動運転車用HDマップの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:自動運転車用HDマップの世界市場予測(~2030年)
・英語タイトル:HD Map for Autonomous Vehicles Market by Solution (Cloud-Based & Embedded), Level of Automation, Usage (Passenger & Commercial), Vehicle Type, Services (Advertisement, Mapping, Localization, Update & Maintenance), & Region - Global Forecast to 2030
・商品コード:AT 7391
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:178
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:自動車&輸送

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、自動運転車用HDマップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション別(クラウドベース、組み込み)分析、自動化レベル別分析、使用別(旅客および商用)分析、車種別分析、自動運転車用HDマップの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自動運転車用HDマップの世界市場規模が2020年13億ドルから2030年204億ドルまで年平均36.2%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・自動運転車用HDマップの世界市場:市場インサイト
・自動運転車用HDマップの世界市場:市場概観/市場動向
・自動運転車用HDマップの世界市場:産業動向
・自動運転車用HDマップの世界市場:バリューチェーン分析
・自動運転車用HDマップの世界市場:ソリューション別(クラウドベース、組み込み)分析/市場規模
・自動運転車用HDマップの世界市場:自動化レベル別分析/市場規模
・自動運転車用HDマップの世界市場:使用別(旅客および商用)分析/市場規模
・自動運転車用HDマップの世界市場:車種別分析/市場規模
・自動運転車用HDマップのアジア市場規模予測
・自動運転車用HDマップのヨーロッパ市場規模予測
・自動運転車用HDマップのアメリカ市場規模予測
・自動運転車用HDマップの世界市場動向
・自動運転車用HDマップの世界市場:競争状況
・自動運転車用HDマップの世界市場:関連企業分析
...

※「自動運転車用HDマップの世界市場予測(~2030年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/hd-map-autonomous-vehicles-market-at-7391

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205039&id=bodyimage1

投稿日:

マーケッツアンドマーケッツ社発行「ePTFE (延長PTFE) の世界市場 2024年までの予測」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月11日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ePTFE (延長PTFE) の世界市場 2024年までの予測:形状・用途 (ガスケット、濾過・分離、誘電体)・エンドユース産業・地域別」 (MarketsandMarkets発行) の販売を11月11日より開始いたしました。

【 商品情報 】
ePTFE (延長PTFE) の世界市場 2024年までの予測:形状・用途 (ガスケット、濾過・分離、誘電体)・エンドユース産業・地域別
Expanded PTFE (ePTFE) Market by Form (Sheets, Tapes, Membranes, Fibers), Application (Gaskets, Filtration & Sepration, Dielectric Constant), End-Use Industry (Oil & Gas, Chemical, Medical, and Transportation), and Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets (マーケッツアンドマーケッツ)
● 出版日: 2019年11月04日
● ページ情報: 135 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama915967-expanded-ptfe-eptfe-market-by-form-sheets-tapes.html

当レポートでは、世界のePTFE (Expanded PTFE) 市場について分析し、市場の基本構造や最新情勢、主な市場促進・阻害要因、市場動向の見通し (過去2年間・今後6年間分)、形状別・用途別・エンドユース産業別・地域別の詳細動向、市場競争の状態、主要企業のプロファイルなどを調査しております。

第1章 イントロダクション
第2章 分析手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 産業動向
第7章 ePTFE市場:形状別
第8章 ePTFE市場:用途別
第9章 ePTFE市場:エンドユース産業別
第10章 ePTFE市場:地域別
第11章 競争環境
第12章 企業プロファイル
第13章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama915967-expanded-ptfe-eptfe-market-by-form-sheets-tapes.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205129&id=bodyimage1

投稿日:

マーケッツアンドマーケッツ社発行「ePTFE (延長PTFE) の世界市場 2024年までの予測」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月11日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ePTFE (延長PTFE) の世界市場 2024年までの予測:形状・用途 (ガスケット、濾過・分離、誘電体)・エンドユース産業・地域別」 (MarketsandMarkets発行) の販売を11月11日より開始いたしました。

【 商品情報 】
ePTFE (延長PTFE) の世界市場 2024年までの予測:形状・用途 (ガスケット、濾過・分離、誘電体)・エンドユース産業・地域別
Expanded PTFE (ePTFE) Market by Form (Sheets, Tapes, Membranes, Fibers), Application (Gaskets, Filtration & Sepration, Dielectric Constant), End-Use Industry (Oil & Gas, Chemical, Medical, and Transportation), and Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets (マーケッツアンドマーケッツ)
● 出版日: 2019年11月04日
● ページ情報: 135 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama915967-expanded-ptfe-eptfe-market-by-form-sheets-tapes.html

当レポートでは、世界のePTFE (Expanded PTFE) 市場について分析し、市場の基本構造や最新情勢、主な市場促進・阻害要因、市場動向の見通し (過去2年間・今後6年間分)、形状別・用途別・エンドユース産業別・地域別の詳細動向、市場競争の状態、主要企業のプロファイルなどを調査しております。

第1章 イントロダクション
第2章 分析手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 産業動向
第7章 ePTFE市場:形状別
第8章 ePTFE市場:用途別
第9章 ePTFE市場:エンドユース産業別
第10章 ePTFE市場:地域別
第11章 競争環境
第12章 企業プロファイル
第13章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama915967-expanded-ptfe-eptfe-market-by-form-sheets-tapes.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205129&id=bodyimage1

投稿日:

マーケッツアンドマーケッツ社発行「ePTFE (延長PTFE) の世界市場 2024年までの予測」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月11日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ePTFE (延長PTFE) の世界市場 2024年までの予測:形状・用途 (ガスケット、濾過・分離、誘電体)・エンドユース産業・地域別」 (MarketsandMarkets発行) の販売を11月11日より開始いたしました。

【 商品情報 】
ePTFE (延長PTFE) の世界市場 2024年までの予測:形状・用途 (ガスケット、濾過・分離、誘電体)・エンドユース産業・地域別
Expanded PTFE (ePTFE) Market by Form (Sheets, Tapes, Membranes, Fibers), Application (Gaskets, Filtration & Sepration, Dielectric Constant), End-Use Industry (Oil & Gas, Chemical, Medical, and Transportation), and Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets (マーケッツアンドマーケッツ)
● 出版日: 2019年11月04日
● ページ情報: 135 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama915967-expanded-ptfe-eptfe-market-by-form-sheets-tapes.html

当レポートでは、世界のePTFE (Expanded PTFE) 市場について分析し、市場の基本構造や最新情勢、主な市場促進・阻害要因、市場動向の見通し (過去2年間・今後6年間分)、形状別・用途別・エンドユース産業別・地域別の詳細動向、市場競争の状態、主要企業のプロファイルなどを調査しております。

第1章 イントロダクション
第2章 分析手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 産業動向
第7章 ePTFE市場:形状別
第8章 ePTFE市場:用途別
第9章 ePTFE市場:エンドユース産業別
第10章 ePTFE市場:地域別
第11章 競争環境
第12章 企業プロファイル
第13章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama915967-expanded-ptfe-eptfe-market-by-form-sheets-tapes.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205129&id=bodyimage1

投稿日:

「水素エネルギー貯蔵の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月12日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「水素エネルギー貯蔵の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「水素エネルギー貯蔵の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。水素エネルギー貯蔵の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:水素エネルギー貯蔵の世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:Hydrogen Energy Storage Market by State (Liquid, Gas, Solid), Storage Technology (Compression, Liquefaction, Material based), End-User (Industrial, Commercial, Utilities), and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:EP 7389
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:140
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:エネルギー&電力

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、水素エネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、状態別(液体、ガス、固体)分析、ストレージ技術別(圧縮、液化、材料ベース)分析、エンドユーザー別(産業、商業、ユーティリティ)分析、水素エネルギー貯蔵の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、水素エネルギー貯蔵の世界市場規模が2019年137億ドルから2024年182億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・水素エネルギー貯蔵の世界市場:市場インサイト
・水素エネルギー貯蔵の世界市場:市場概観/市場動向
・水素エネルギー貯蔵の世界市場:市場シェア分析
・水素エネルギー貯蔵の世界市場:状態別(液体、ガス、固体)分析/市場規模
・水素エネルギー貯蔵の世界市場:ストレージ技術別(圧縮、液化、材料ベース)分析/市場規模
・水素エネルギー貯蔵の世界市場:エンドユーザー別(産業、商業、ユーティリティ)分析/市場規模
・水素エネルギー貯蔵のアジア市場規模予測
・水素エネルギー貯蔵のヨーロッパ市場規模予測
・水素エネルギー貯蔵のアメリカ市場規模予測
・水素エネルギー貯蔵の世界市場動向
・水素エネルギー貯蔵の世界市場:競争状況
・水素エネルギー貯蔵の世界市場:関連企業分析
...

※「水素エネルギー貯蔵の世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/hydrogen-energy-storage-market-state-ep-7389

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205038&id=bodyimage1

投稿日:

BISリサーチ社発行「世界のヒト微生物叢治療薬市場:薬剤、パイプライン分析、資金調達シナリオ、治療用途、10カ国データ、競合環境:分析と予測 (2019~2029年)」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月11日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界のヒト微生物叢治療薬市場:薬剤、パイプライン分析、資金調達シナリオ、治療用途、10カ国データ、競合環境:分析と予測 (2019~2029年)」 (BIS Research Inc.発行) の販売を11月11日より開始いたしました。

【 商品情報 】
世界のヒト微生物叢治療薬市場:薬剤、パイプライン分析、資金調達シナリオ、治療用途、10カ国データ、競合環境:分析と予測 (2019~2029年)
Global Human Microbiome Therapeutics Market: Focus on Drugs, Pipeline Analysis, Funding Scenario, Therapeutic Application, 10 Countries Data, and Competitive Landscape - Analysis and Forecast, 2019-2029
● 発行: BIS Research Inc. (BISリサーチ)
● 出版日: 2019年10月23日
● ページ情報: 193 Pages
https://www.gii.co.jp/report/bis915114-global-human-microbiome-therapeutics-market-focus.html

当レポートでは、世界のヒト微生物叢治療薬市場について調査し、市場の動向とセグメント別動向、地域別予測、市場に参入する企業のプロファイルについてまとめています。

第1章 市場概要
第2章 調査範囲
第3章 調査方法
第4章 業界分析
第5章 競合環境
第6章 開発段階別市場
第7章 適応別市場
第8章 地域別市場
第9章 企業プロファイル

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/bis915114-global-human-microbiome-therapeutics-market-focus.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205126&id=bodyimage1

投稿日:

「ジオフォームの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月12日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「ジオフォームの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「ジオフォームの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。ジオフォームの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:ジオフォームの世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:Geofoams Market by Type (Expanded Polystyrene (EPS) Geofoam, and Extruded Polystyrene (XPS) Geofoam), Application (Road & Highway Construction, Building & Infrastructure, Airport Runways & Taxiways), Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:CH 3949
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:150
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:化学

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、ジオフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(発泡ポリスチレン(EPS)ジオフォーム、および押出ポリスチレン(XPS)ジオフォーム)分析、用途別(道路&高速道路建設、建物&インフラ、空港滑走路&誘導路)分析、ジオフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ジオフォームの世界市場規模が2019年786百万ドルから2024年1069百万ドルまで年平均6.3%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・ジオフォームの世界市場:市場インサイト
・ジオフォームの世界市場:市場概観/市場動向
・ジオフォームの世界市場:産業動向
・ジオフォームの世界市場:バリューチェーン分析
・ジオフォームの世界市場:市場環境分析
・ジオフォームの世界市場:種類別(発泡ポリスチレン(EPS)ジオフォーム、および押出ポリスチレン(XPS)ジオフォーム)分析/市場規模
・ジオフォームの世界市場:用途別(道路&高速道路建設、建物&インフラ、空港滑走路&誘導路)分析/市場規模
・ジオフォームのアジア市場規模予測
・ジオフォームのヨーロッパ市場規模予測
・ジオフォームのアメリカ市場規模予測
・ジオフォームの世界市場動向
・ジオフォームの世界市場:競争状況
・ジオフォームの世界市場:関連企業分析
...

※「ジオフォームの世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/geofoams-market-type-expanded-polystyrene-ch-3949

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205037&id=bodyimage1

投稿日:

「熱電発電機の世界市場予測(~2025年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月11日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「熱電発電機の世界市場予測(~2025年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「熱電発電機の世界市場予測(~2025年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。熱電発電機の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:熱電発電機の世界市場予測(~2025年)
・英語タイトル:Thermoelectric Generators Market by Application (Waste Heat Recovery, Energy Harvesting, Direct Power Generation, Co-generation), Wattage (<10 W, 10-1kW, >1kW), Temperature (<80°C, 80°- 500°C, >500°C, Material, Vertical, Component, Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:AS 3743
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:166
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:航空宇宙&防衛

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、熱電発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(廃熱回収、環境発電、直接発電、コジェネレーション)分析、ワット数別(<10 W、10-1kW、> 1kW)分析、温度別(<80°C、80°-500°C、> 500°C)分析、材料別分析、熱電発電機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、熱電発電機の世界市場規模が2019年460百万ドルから2025年741百万ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・熱電発電機の世界市場:市場インサイト
・熱電発電機の世界市場:市場概観/市場動向
・熱電発電機の世界市場:産業動向
・熱電発電機の世界市場:市場シェア分析
・熱電発電機の世界市場:用途別(廃熱回収、環境発電、直接発電、コジェネレーション)分析/市場規模
・熱電発電機の世界市場:ワット数別(<10 W、10-1kW、> 1kW)分析/市場規模
・熱電発電機の世界市場:温度別(<80°C、80°-500°C、> 500°C)分析/市場規模
・熱電発電機の世界市場:材料別分析/市場規模
・熱電発電機のアジア市場規模予測
・熱電発電機のヨーロッパ市場規模予測
・熱電発電機のアメリカ市場規模予測
・熱電発電機の世界市場動向
・熱電発電機の世界市場:競争状況
・熱電発電機の世界市場:関連企業分析
...

※「熱電発電機の世界市場予測(~2025年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/thermoelectric-generators-market-application-waste-as-3743

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204967&id=bodyimage1

投稿日:

「スマートブリッジ市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)」調査レポートを販売開始、スマートブリッジ市場規模、市場動向、企業情報などが掲載。

2019年11月11日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「スマートブリッジ市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)」レポートの販売を開始いたしました。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:スマートブリッジ市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)
■英文タイトル:Smart Bridges Market Insights 2019, Global and Chinese Analysis and Forecast to 2024
■出版日:2019年10月11日
■出版社:Prof Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「スマートブリッジ市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)」は、世界及び中国におけるスマートブリッジ市場について調査・分析したレポートで、スマートブリッジの世界市場動向、市場規模、主要企業情報などが含まれています。スマートブリッジのタイプ別には、ハードウェア、加速度計、風速計、その他に分けて分析し、地域別には、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国などに区分してまとめてあります。

・スマートブリッジ産業の概要
・スマートブリッジの製造技術分析
・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など
・世界及び中国のスマートブリッジ市場 2014年-2019年
・世界及び中国のスマートブリッジ市場現状
・企業別分析:Siemens AG, IBM Corporation, Honeywell International Inc., Cisco Systems Inc, Kapsch TrafficCom, Huawei Technologies Co., Ltd, Alcatel-Lucent, Indra SIstemas, Lord Corporationなど
・地域別分析:アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国など
・タイプ別分析:ハードウェア、加速度計、風速計、その他
・世界及び中国のスマートブリッジ市場予測 2019年-2024年
・スマートブリッジの産業チェーン分析
・世界及び中国のマクロ経済動向と影響
・世界及び中国のスマートブリッジ市場動向・課題・機会
・新規プロジェクトへの提言・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://ex.marketresearch.co.jp/c9ot5874-smart-bridges-market-insights-2019

■調査会社Prof Research社について
https://www.marketresearch.co.jp/prof-research/
株式会社マーケットリサーチセンターはProf Researchの日本の正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
広報・PR担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204965&id=bodyimage1

投稿日:

人気の紅葉スポットは?2019年 紅葉狩りに関するアンケート調査

株式会社エールデザイン(所在地:東京都品川区)は、女性の“美”をテーマにビューティーに関する情報を集めた地域型美容情報ポータルサイト「東京ビューティー」にて、「2019年 紅葉狩りに関するアンケート調査」を実施しました。
URL:https://tokyo-beauty.jp/lifestyle/kouyou2019/

【調査概要】
調査期間 :2019年10月8日~10月31日
調査方法 :インターネット調査
調査対象 :全国10~80代 男女
有効回答数:147名(女性108名、男性39名)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205065&id=bodyimage1

■今年は紅葉を見に行く予定(または既に行った)ですか?
行く予定の方が半数以上という結果に。
秋の定番の観光として親しまれているようです。

■紅葉を見に行くとしたら誰と行きますか?
最も多かったのは「家族」。
秋の家族旅行として楽しむケースが多そうです。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205065&id=bodyimage2

■紅葉を見に行くとしたらどこに行きたいですか?
一位は「山岳・渓谷」。
紅葉狩りといえば山、というイメージが強そうです。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205065&id=bodyimage3

■紅葉を見に行ったらしたい事は?
「散策」が最も多く、「ご当地グルメを食べる」「写真撮影」と続きました。
本格的なアクティビティよりも、気軽に見に行って楽しむ方が多いようです。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205065&id=bodyimage4

■過去に紅葉を見に行ったときの楽しい思い出があれば教えてください。
「高尾山に家族で行った時、紅葉が綺麗でした。喋りながら登りました♪ 祖父母も一緒に楽しかったです!
頂上まで行って達成感ありました!もう一度、登りに行きたいです!(30代女性)」
「落ち葉でどんぐりを隠して子どもたちと宝探しをしました(^^)
子どもたちがすごく喜んでいて、めちゃくちゃ楽しかったです!(30代女性)」
家族とのコミュニケーションを兼ねた楽しみ方が多くみられました。

URL:https://tokyo-beauty.jp/lifestyle/kouyou2019/

■東京ビューティーについて
東京ビューティーは、女性の“美”をテーマにビューティーに関する情報を集めた、地域型美容情報ポータルサイトです。
20~30代の女性が関心の高い読み物を中心に、楽しいコンテンツを用意しています。女性向けのライフスタイル情報はもちろん、トレンド、グルメ、東京ガイド、コラムなど感度の高い情報を日々提供しています。
https://tokyo-beauty.jp

■株式会社エールデザインについて
様々な企業の魅力的な商品やサービスをインターネット販売サイトの構築から運営・受注・発送まで、ワンストップで請け負う、インターネット通販サイトの運営専門会社。
多様な商材を販売している実績と数多くのノウハウから、商品とお客様を効果的に結びつけるお手伝いをしております。
https://ailedesign.co.jp/

投稿日:

「T細胞培地市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)」調査レポートを販売開始、T細胞培地市場規模、市場動向、企業情報などが掲載。

2019年11月11日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「T細胞培地市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)」レポートの販売を開始いたしました。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:T細胞培地市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)
■英文タイトル:T Cell Media Market Insights 2019, Global and Chinese Analysis and Forecast to 2024
■出版日:2019年10月11日
■出版社:Prof Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「T細胞培地市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)」は、世界及び中国におけるT細胞培地市場について調査・分析したレポートで、T細胞培地の世界市場動向、市場規模、主要企業情報などが含まれています。T細胞培地のタイプ別には、ヒトT細胞、マウスT細胞に分けて分析し、地域別には、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国などに区分してまとめてあります。

・T細胞培地産業の概要
・T細胞培地の製造技術分析
・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など
・世界及び中国のT細胞培地市場 2014年-2019年
・世界及び中国のT細胞培地市場現状
・企業別分析:Thermo Fisher Scientific, Lonza, Irvine Scientific, Bio Techne, Gemini Bio-Products, Life Technologies, Miltenyi Biotec, Takaraなど
・地域別分析:アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国など
・タイプ別分析:ヒトT細胞、マウスT細胞
・世界及び中国のT細胞培地市場予測 2019年-2024年
・T細胞培地の産業チェーン分析
・世界及び中国のマクロ経済動向と影響
・世界及び中国のT細胞培地市場動向・課題・機会
・新規プロジェクトへの提言・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://ex.marketresearch.co.jp/c9ot6261-t-cell-media-market-insights

■調査会社Prof Research社について
https://www.marketresearch.co.jp/prof-research/
株式会社マーケットリサーチセンターはProf Researchの日本の正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
広報・PR担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204964&id=bodyimage1

投稿日:

世界の車両盗難の統計値、規制要件、動向、手口をまとめたレポート「自動車盗難動向ガイド 2019年10月版」をリリース

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛ける株式会社SBDジャパン(名古屋市)では世界各国における車両盗難に関する調査を継続的に行っており、最新情報をまとめたレポート「自動車盗難動向ガイド」を四半期ごとに更新、その最新版を2019年11月1日に発行いたしました。

本書では世界各国の自動車盗難に関する統計、防盗要件、盗難動向、盗難手法について解説しています。また世界各国の盗難件数と盗難リスクの統計を基に盗難件数が多いブランドや車種、各国における防盗要件や世界概況も示しています。
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/533-193IB_J.pdf


<本書の構成>

新たな情報:車両盗難統計、盗難動向、世界概況のそれぞれにおいて新規または更新した情報を一覧で掲載。
要旨:各市場・地域における車両盗難動向についての概要。
車両盗難統計:今までと新たに公表されたデータを基にした国別の車両盗難件数と盗難リスク、盗難リスクの高いブランドおよび車種を示す。
防盗要件:各国において法規制や保険会社が定める要件を満たすために装備する必要がある防盗機能について解説。
盗難動向/盗難手法:リレーアタック、コンポーネント盗難、部品目的の車両盗難、キープログラミングの盗難手法と動向について詳しく解説。リレーアタックについてはADAC(ドイツ自動車連盟)がおよそ300車種を対象に2016~2019年に実施した、リレーアタックテストの結果をブランド別に掲載。

<掲載国>

各国の市場概要、車両盗難統計、防盗要件を国別に掲載

アルゼンチン / オーストラリア / オーストリア / ベルギー / ボリビア / ブラジル / カナダ / チリ / 中国 / コロンビア / デンマーク / エクアドル / フィンランド / フランス / ドイツ / ハンガリー / インド / インドネシア / アイルランド / イスラエル / イタリア / 日本 / ケニア / マレーシア / メキシコ / オランダ / ニュージーランド / ノルウェー / ペルー / フィリピン / ポーランド / ロシア / 南アフリカ / スペイン / スウェーデン / スイス / 台湾 / タイ / トルコ / 英国 / 米国

<レポートの詳細>
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/533-193IB_J.pdf

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204998&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204998&id=bodyimage2

本レポートの詳細に関するお問い合わせは下記にて承っております。

株式会社 SBDジャパン
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル6F
Tel: 052 253 6201
E-mail: postbox@sbdautomotive.com
https://www.sbdautomotive.com/ja/

【SBDについて】
英国を本拠とする自動車技術の調査・コンサルティング会社です。1997年の創業以来、日本、欧州(英国とドイツ)、米国、中国の拠点から自動車業界に携わるクライアントをグローバルにサポートしています。
クライアントは自動車メーカー、サプライヤー、保険業界、通信業界、政府・公的機関、研究機関など自動車業界のバリューチェーン全体。調査対象エリアは欧州、北米、中国、ブラジル、インド、ロシア、東南アジアなど世界各国の市場を網羅。自動車セキュリティおよびIT、コネクテッドカー、自動運転などの分野において調査を実施、各種レポートやコンサルティングサービスを提供しています。

投稿日:

マーケッツアンドマーケッツ社発行「集束イオンビーム (FIB) の世界市場 – 2024年までの予測」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月11日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「集束イオンビーム (FIB) の世界市場 - 2024年までの予測:イオン源 (Ga+ 液体金属・プラズマ)、用途 (故障解析・ナノ加工)、産業、地域別」 (MarketsandMarkets発行) の販売を11月11日より開始いたしました。

【 商品情報 】
集束イオンビーム (FIB) の世界市場 - 2024年までの予測:イオン源 (Ga+ 液体金属・プラズマ)、用途 (故障解析・ナノ加工)、産業、地域別
Focused Ion Beam Market by Ion Source (Ga+ Liquid Metal, Plasma), Application (Failure Analysis, Nanofabrication), Vertical (Electronics & Semiconductor, Industrial Science, Material Science, Bioscience), and Region - Global Forecast to 2024
● 発行: MarketsandMarkets (マーケッツアンドマーケッツ)
● 出版日: 2019年11月05日
● ページ情報: 159 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama915970-focused-ion-beam-market-by-ion-source-ga-liquid.html

当レポートでは、世界の集束イオンビーム (FIB) 市場について調査分析し、市場概要、産業動向、セグメント別の市場分析、競合情勢、主要企業などについて、体系的な情報を提供しています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 集束イオンビーム (FIB) の世界市場:イオン源別
第7章 集束イオンビーム (FIB) の世界市場:用途別
第8章 集束イオンビーム (FIB) の世界市場:産業分野別
第9章 集束イオンビーム (FIB) の世界市場:地域別
第10章 競合情勢
第11章 企業プロファイル
第12章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama915970-focused-ion-beam-market-by-ion-source-ga-liquid.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205064&id=bodyimage1

投稿日:

マーケッツアンドマーケッツ社発行「イソフラボンの世界市場 – 2025年までの予測:医薬品・機能性食品・化粧品・飲食品向け」 – 調査レポートの販売開始

2019年11月11日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「イソフラボンの世界市場 - 2025年までの予測:医薬品・機能性食品・化粧品・飲食品向け」 (MarketsandMarkets発行) の販売を11月11日より開始いたしました。

【 商品情報 】
イソフラボンの世界市場 - 2025年までの予測:医薬品・機能性食品・化粧品・飲食品向け
Isoflavones Market by Source (Soy, Red Clover), Application (Pharmaceuticals, Nutraceuticals, Cosmetics, and Food & Beverages), Form (Powder and Liquid), and Region (North America, Europe, Asia Pacific, RoW) - Global Forecast to 2025
● 発行: MarketsandMarkets (マーケッツアンドマーケッツ)
● 出版日: 2019年11月05日
● ページ情報: 130 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama915969-isoflavones-market-by-source-soy-red-clover.html

当レポートでは、世界のイソフラボン市場について調査分析し、市場概要、産業動向、セグメント別の市場分析、競合情勢、主要企業などについて、体系的な情報を提供しています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 イソフラボンの世界市場:原料別
第7章 イソフラボンの世界市場:用途別
第8章 イソフラボンの世界市場:形態別
第9章 イソフラボンの世界市場:地域別
第10章 競合情勢
第11章 企業プロファイル
第12章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama915969-isoflavones-market-by-source-soy-red-clover.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205063&id=bodyimage1

投稿日:

「UAV推進システム市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)」調査レポートを販売開始、UAV推進システム市場規模、市場動向、企業情報などが掲載。

2019年11月11日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「UAV推進システム市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)」レポートの販売を開始いたしました。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:UAV推進システム市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)
■英文タイトル:UAV Propulsion System Market Insights 2019, Global and Chinese Analysis and Forecast to 2024
■出版日:2019年10月11日
■出版社:Prof Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「UAV推進システム市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)」は、世界及び中国におけるUAV推進システム市場について調査・分析したレポートで、UAV推進システムの世界市場動向、市場規模、主要企業情報などが含まれています。UAV推進システムのタイプ別には、マイクロUAV、ミニUAV、タクティカルUAV、MALE UAV、HALE UAVに分けて分析し、地域別には、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国などに区分してまとめてあります。

・UAV推進システム産業の概要
・UAV推進システムの製造技術分析
・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など
・世界及び中国のUAV推進システム市場 2014年-2019年
・世界及び中国のUAV推進システム市場現状
・企業別分析:Rolls Royce Holdings, Pratt And Whitney, 3w International, Rotax Aircraft Engine, Uav Engines, Ge Aviation, Sion Power, Gobler Hirthmotoren Gmbh and Co. Kg, Austro Engine, Honeywell Internationalなど
・地域別分析:アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国など
・タイプ別分析:マイクロUAV、ミニUAV、タクティカルUAV、MALE UAV、HALE UAV
・世界及び中国のUAV推進システム市場予測 2019年-2024年
・UAV推進システムの産業チェーン分析
・世界及び中国のマクロ経済動向と影響
・世界及び中国のUAV推進システム市場動向・課題・機会
・新規プロジェクトへの提言・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://ex.marketresearch.co.jp/c9ot6545-uav-propulsion-system-market-insights

■調査会社Prof Research社について
https://www.marketresearch.co.jp/prof-research/
株式会社マーケットリサーチセンターはProf Researchの日本の正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
広報・PR担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204961&id=bodyimage1

投稿日:

【マインドコマース調査報告】ケーブル事業者市場:サービス毎(無線、インターネット、エンターテインメント、セキュリティ、ホームオートメーション、IoTアプリ)、中小企業用ソリューション毎、産業毎

【調査レポートのサマリー】
2019年11月発行

米国調査会社マインドコマース(Mind Commerce)の調査レポート「ケーブル事業者市場:技術毎、住宅用サービス毎(無線、インターネット、エンターテインメント、セキュリティ、ホームオートメーション、IoTベースのアプリ)、中小企業用ソリューション毎、企業用アプリ毎(クラウドホスティング、機器・動画管理、統合アクセス)、産業毎 2019-2024年」は、ケーブルMSO(Multiple System Operator)エコシステムの企業、技術、ソリューション、ビジネスチャンスについて査定している。従来の住宅用と中小企業用サービスに加え、固定ネットワークプロバイダ、IoT市場のビジネスチャンス、無線・モビリティなどの消費者サービスなどのより幅広いB2B市場についても記載している。各主要サブセグメントのビジネスチャンスを評価し、2018-2023年の予測も提供している。ケーブルMSOネットワークオペレータへの5Gとエッジコンピューティングの影響を査定している。

This report evaluates Cable MSO ecosystem players, technologies, solutions, and market opportunities. This includes traditional residential and SMB services as well as the broader B2B market for fixed network providers, IoT market opportunities, wireless/mobility and other consumer services. The report evaluates these market opportunities and provides forecasts for every major sub-segment from 2018 through 2023. The report also evaluates the impact of 5G and edge computing on Cable MSO network operators.


マインドコマース(Mind Commerce)は、ネットワークインフラ、Eコマース、オンラインコンテンツ、アプリケーションなど、有線と無線の両方の通信市場を広範かつ詳細に調査・分析を行ったレポートを数多く出版する米国の調査会社です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205061&id=bodyimage1


■ 調査レポート ■

ケーブル事業者市場:技術毎、住宅用サービス毎(無線、インターネット、エンターテインメント、セキュリティ、ホームオートメーション、IoTベースのアプリ)、中小企業用ソリューション毎、企業用アプリ毎(クラウドホスティング、機器・動画管理、統合アクセス)、産業毎 2019-2024年
Cable Operator Market by Technology, Residential Services (Wireless, Internet, Entertainment, Security, Home Automation, and IoT based Apps), SMB and Enterprise Applications 2019 - 2024
出版年月:2019年11月
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/mccop.html

◆米国市場調査会社 マインドコマース(Mind Commerce)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/index.html


株式会社データリソースは、マインドコマースの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

マインドコマース 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html



投稿日:

「医療用データストレージの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月11日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「医療用データストレージの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「医療用データストレージの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。医療用データストレージの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:医療用データストレージの世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:Healthcare Data Storage Market by Delivery (Remote, Hybrid, On-premise), Architecture (File, Block, Object), Type (Tape, Flash, Solid), Systems (Direct, Network), End-User (Pharma, Biotech, CRO, Hospital, Research Center), Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:HIT 7388
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:166
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:医療IT

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、医療用データストレージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、配信別(リモート、ハイブリッド、オンプレミス)分析、構成別(ファイル、ブロック、オブジェクト)分析、種類別(テープ、フラッシュ、ソリッド)分析、システム別(直接、ネットワーク)分析、医療用データストレージの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、医療用データストレージの世界市場規模が2019年28億ドルから2024年54億ドルまで年平均14.3%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・医療用データストレージの世界市場:市場インサイト
・医療用データストレージの世界市場:市場概観/市場動向
・医療用データストレージの世界市場:市場シェア分析
・医療用データストレージの世界市場:配信別(リモート、ハイブリッド、オンプレミス)分析/市場規模
・医療用データストレージの世界市場:構成別(ファイル、ブロック、オブジェクト)分析/市場規模
・医療用データストレージの世界市場:種類別(テープ、フラッシュ、ソリッド)分析/市場規模
・医療用データストレージの世界市場:システム別(直接、ネットワーク)分析/市場規模
・医療用データストレージのアジア市場規模予測
・医療用データストレージのヨーロッパ市場規模予測
・医療用データストレージのアメリカ市場規模予測
・医療用データストレージの世界市場動向
・医療用データストレージの世界市場:競争状況
・医療用データストレージの世界市場:関連企業分析
...

※「医療用データストレージの世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/healthcare-data-storage-market-delivery-hit-7388

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204966&id=bodyimage1

投稿日:

「Vエンジン市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)」調査レポートを販売開始、Vエンジン市場規模、市場動向、企業情報などが掲載。

2019年11月11日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「Vエンジン市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)」レポートの販売を開始いたしました。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:Vエンジン市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)
■英文タイトル:V Engine Market Insights 2019, Global and Chinese Analysis and Forecast to 2024
■出版日:2019年10月11日
■出版社:Prof Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「Vエンジン市場:世界及び中国市場分析・予測(~2024年)」は、世界及び中国におけるVエンジン市場について調査・分析したレポートで、Vエンジンの世界市場動向、市場規模、主要企業情報などが含まれています。Vエンジンのタイプ別には、V2-V10エンジン、V10-V20エンジン、V20-V40エンジン、V40-V60エンジン、V60以上のエンジンに分けて分析し、地域別には、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国などに区分してまとめてあります。

・Vエンジン産業の概要
・Vエンジンの製造技術分析
・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など
・世界及び中国のVエンジン市場 2014年-2019年
・世界及び中国のVエンジン市場現状
・企業別分析:Harley-Davidson, Rolls Royce, GM, Jaguar Land Rover, Dodge, Toyota, Ford, Volkswagen, Ferrari, Lamborghini, Mercedes-Benz, BMW, Porscheなど
・地域別分析:アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国など
・タイプ別分析:V2-V10エンジン、V10-V20エンジン、V20-V40エンジン、V40-V60エンジン、V60以上のエンジン
・世界及び中国のVエンジン市場予測 2019年-2024年
・Vエンジンの産業チェーン分析
・世界及び中国のマクロ経済動向と影響
・世界及び中国のVエンジン市場動向・課題・機会
・新規プロジェクトへの提言・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://ex.marketresearch.co.jp/c9ot6632-v-engine-market-insights-2019

■調査会社Prof Research社について
https://www.marketresearch.co.jp/prof-research/
株式会社マーケットリサーチセンターはProf Researchの日本の正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
広報・PR担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204960&id=bodyimage1

投稿日:

「交通分析の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

2019年11月11日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「交通分析の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「交通分析の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。交通分析の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:交通分析の世界市場予測(~2024年)
・英語タイトル:Transportation Analytics Market by Type (Descriptive Analytics, Predictive Analytics, Prescriptive Analytics), Mode (Roadways, Railways, Airways, and Waterways), Region (North America, Europe, APAC, Latin America, MEA) - Global Forecast to 2024
・商品コード:TC 7390
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2019年10月22日
・ページ数:167
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:通信&IT

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、交通分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(記述分析、予測分析、規範的分析)分析、モード別(道路、鉄道、航空路、水路)分析、交通分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、交通分析の世界市場規模が2019年103億ドルから2024年274億ドルまで年平均21.6%成長すると予測しています。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・交通分析の世界市場:市場インサイト
・交通分析の世界市場:市場概観/市場動向
・交通分析の世界市場:産業動向
・交通分析の世界市場:種類別(記述分析、予測分析、規範的分析)分析/市場規模
・交通分析の世界市場:モード別(道路、鉄道、航空路、水路)分析/市場規模
・交通分析のアジア市場規模予測
・交通分析のヨーロッパ市場規模予測
・交通分析のアメリカ市場規模予測
・交通分析の世界市場動向
・交通分析の世界市場:競争状況
・交通分析の世界市場:関連企業分析
...

※「交通分析の世界市場予測(~2024年)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/transportation-analytics-market-type-descriptive-tc-7390

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204962&id=bodyimage1

投稿日:

【パークスアソシエイツ社調査報告】家庭でのネットワーク接続医療:仮想看護と遠隔監視

【調査レポートのサマリー】
2019年11月発行

米国調査会社パークスアソシエイツ社(Parks Associates)の調査レポート「家庭でのネットワーク接続医療:仮想看護と遠隔監視」は、ネットワーク接続する医療機器の市場成長を査定し、消費者が自分の健康状態をよりよく管理するための福祉やソリューションへの関心の高まりについて調査している。仮想訪問サービスや遠隔監視プログラムなどの医療と家庭の接続によるビジネスチャンスを評価している。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204831&id=bodyimage1

This study examines the growing market of connected medical devices and investigates consumers’ appetite for greater insight into their own wellbeing and solutions that enable them to better manage their health conditions. It assesses opportunities at the juncture of healthcare and home, including virtual visit services and remote patient monitoring programs.


パークスアソシエイツ社(Parks Associates)は、1986年創設の米国の調査会社です。様々な産業分野の調査レポートを出版、ワークショップを主催し、毎年コンファレンスを行っています。ブロードバンドやホームネットワーキングなどの分野では実績があります。


■ 調査レポート ■

家庭でのネットワーク接続医療:仮想看護と遠隔監視
Virtual Care and Remote Monitoring: Connected Health at Home
出版社:パークスアソシエイツ社(米国)
出版年月:2019年11月
http://www.dri.co.jp/auto/report/parks/pkvcrmnehh.html

◆米国市場調査会社 パークスアソシエイツ社(Parks Associates)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/parks/index.html


株式会社データリソースは、パークスアソシエイツ社の日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

パークスアソシエイツ社 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html