投稿日:

高流量鼻カニューラの世界市場、2027年に111億9,878万米ドル規模へ拡大予測(The Insight Partners発行レポートより)

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「高流量鼻カニューラの世界市場:コンポーネント・用途・エンドユーザー・地域別」(The Insight Partners発行)の販売を2月25日より開始いたしました。

【用途別では、COPD(慢性閉塞性肺疾患)が予測期間中に急成長見込み】

The Insight Partnersによると、世界の高流量鼻カニューラ市場は、2018年に43億9,074万米ドル規模に達し、2027年には111億9,878万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR11.1%で成長する見込みです。当レポートでは、世界の硬質フォーム市場の動向の他、市場の成長促進要因および抑制要因に関する情報を提供しています。

世界の高流量鼻カニューラ市場は、コンポーネント別に空気酸素ミキサー、鼻カニューラ、加熱吸気回路、アクティブ加湿器に分類されます。用途別では、気管支拡張症、急性呼吸不全、急性心不全、慢性閉塞性肺疾患に分類されます。エンドユーザー別では、外来治療センター、病院、長期ケアセンターに分割されます。2018年には、慢性閉塞性肺疾患(COPD)が、用途別で最大の市場シェアを占めました。高流量鼻カニューラは、呼吸がしやすく、病気のより良い管理に役立つため、COPD患者の間で広く好まれています。さらに、COPDの症例が長年にわたって増加しており、予測期間中にセグメントの成長を促進すると予想されています。

高流量鼻カニューラ市場は、世界中で見られる喘息やCOPDの発生率の増加や、高齢者人口の増加などにより、成長が見込まれています。さらに、アジア太平洋地域の新興市場では、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与える可能性があります。

高流量鼻カニューラ市場の主要企業は、Great Group Medical、Salter Labs、Fisher and Paykel Healthcare、TNI Medical AG、MEK-ICS、Flexi Care Medical、Vapotherm、Teleflex Incorporated、ResMed、Hamilton Medical などです。同市場では近年、さまざまな有機的・無機的発展が観察されています。例えば、ResMedは2019年3月にHB Healthcare(HBH)の買収を完了し、睡眠時無呼吸症候群、COPDおよびその他の呼吸器疾患を抱える数百万人の韓国人を支援しました。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210689&id=bodyimage1

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/tip924921-high-flow-nasal-cannula-market-global-analysis.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



投稿日:

米国研究製薬工業協会(PhRMA)スティーブ・J・ユーブル理事長、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への加盟企業の取り組みに関する声明を発表

米国研究製薬工業協会(PhRMA)スティーブ・J・ユーブル理事長
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への加盟企業の取り組みに関する声明を発表

“コロナウイルスに影響を受けるすべての人々を支援するために”
研究開発、関係当局との連携、資金・物資援助、サプライ・チェーン確保など、多面的な支援に注力2020年2月25日
米国研究製薬工業協会

※当資料は、米国研究製薬工業協会米国本部が、現地時間2020年2月20日に米国本部ウェブサイト内のブログ”the Catalyst”で発表したスティーブ・J・ユーブル理事長による投稿を日本で抄訳したものです。

米国研究製薬工業協会(PhRMA)スティーブ・J・ユーブル理事長は、2月20日、同協会のウェブサイトにおいて、現時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への同協会加盟企業の取り組みに関する声明を発表しました。

「米国のバイオ製薬企業は現在、中国・武漢で発生した新型コロナウイルスCOVID-19の診断・治療に役立つソリューションを開発すべく、全力を注いでいる。自らの科学的専門知識を応用して新型ウイルスの診断・治療及び感染防止に寄与する方法を見つけることに加え、関連する団体や組織を通じて、財政面及び物資面での支援を行い、この世界的な公衆衛生の緊急事態に対処すべく米国、中国そして各国の健康問題関連機関と協力している。PhRMA加盟企業の半数以上が、日々深刻化するこの問題に対応すべく、研究開発への取り組み、医薬品や医療用品の無償提供、もしくは感染者及び緊急対応要員をサポートするための財政支援を行っている。この新たな感染症と闘うための、様々な取り組みの一部を紹介する。」

<研究開発への取り組み>
新型コロナウイルス感染者の救済及び感染拡大防止への取り組みの一つとして、PhRMA加盟企業の数社は、エボラ出血熱やHIVなどのウイルス病原体に対して有効性が示されたことがあり、コロナウイルス治療に役立つ可能性があるとされる化合物を緊急治療用及び治験用に提供しています。感染防止のためのワクチン候補の研究を始めている企業や、研究開発対象となる新たな治療法候補の特定を行うため、これまでの研究実績全体の再調査を行っている企業もあります。加えて、有望なワクチン候補が特定された後には、迅速な生産体制を拡充させるべく現有技術を有効活用する方法を模索している企業もあります。

<パートナーシップ>
PhRMA加盟企業は、アメリカ食品医薬品局(FDA)、アメリカ国立衛生研究所(NIH)、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)、世界保健機関(WHO)、中国疾病予防管理センターなどの中国の関連当局、欧州医薬品庁をはじめとする数多くの米国及び世界の関係当局との協力により、この公衆衛生上の危機に対処すべく努力しています。これらの協力体制は、新型ウイルスへの対応として適切なパンデミック対策プラットフォームの策定方法の検証、現存の研究開発パートナーシップを活用した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のための抗ウイルス剤の開発促進など、研究開発のあらゆる分野に及び、感染拡大を阻止するための様々な研究開発の取り組みに対して資源及び専門知識の面で貢献しています。

<財政面及び物資面での支援>
感染の中心地である中国の患者さんとその共同体に直接的な影響力を及ぼす活動を行っている組織に対して、総額数百万ドルに及ぶ財政面、物資面での支援が行われています。PhRMA加盟企業は、まさに中国現地において、最先端の医療機器、抗生物質、消毒機器、(咽頭スワブなどの)ウイルスバッチ試験機器、ビタミン剤、防護服、防護用眼鏡、マスク、手袋など、対策に欠かせない様々な物資を無償提供しています。

<サプライ・チェーンの確保>
状況が進む中、PhRMA加盟企業は、サプライ・チェーンの継続性を優先課題とする方針を維持し、FDA及び各国関係者との密接な連携に基づき、供給不足を防止、あるいは緩和する手段を積極的に講じています。当局による公式発表によれば、生産に不足あるいは遅延を生じさせた製造業者は現時点(2020年2月20日現在)ではありません。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に関する検出・防止・治療のための対策に取り組んでいるPhRMA加盟企業は、全体の50%を超えています。あくまで、その一例に過ぎませんが、現時点での個々の加盟企業の具体的な取り組みを下記に列記しましたので、ご参照ください。


※またPhRMA米国本部の発表原文(英文)は以下をご参照ください。

米国本部の2月11日付報道発表(英文):
https://www.phrma.org/Press-Release/Statement-on-Biopharmaceutical-Industry-Efforts-to-Address-the-Coronavirus-Public-Health-Emergency

スティーブ・J・ユーブル理事長による2月20日付声明発表(英文):
https://catalyst.phrma.org/helping-those-affected-by-the-coronavirus

米国研究製薬工業協会(PhRMA)加盟企業
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への取り組み事例
(2020年2月20日現在)

アッヴィ:
1月下旬、中国保健当局は新型コロナウイルスに有効である可能性のある薬剤として、Aluvia(ロピナビル・リトナビル)の供給を要請しました。これに対してアッヴィは、高まる公衆衛生上の危機への対策として約200万米ドル相当のAluviaを研究用として寄贈。同社はこれ以外にもWHOと連携し、世界的な対策のための体制構築に寄与しています。

バイエル:
相当額の寄付金に加え、中国でCOVID-19に感染した患者さんのために抗生物質を含むいくつかの医薬品を寄贈しています。バイエルによる寄付は、中国保健当局との連携により救済手段の実施を調整している中国紅十字会(中国赤十字社)に対して行われました。

ベーリンガーインゲルハイム(BI):
新型コロナウイルスとの闘いを支援する全ての関係者と呼応し、従業員の健康と安全を守るためにあらゆる努力を払っています。武漢をはじめとする湖北省の各都市の病院に医療用防護具を届けるための中国紅十字基金会への寄付など、中国におけるこの伝染病との闘いの最前線を支援するための総額100万米ドル超に及ぶ寄付・寄贈を行っています。これにより、感染の最前線でこのウイルスと闘う医療スタッフはより安全が確保された状態で作業が行えるようになりました。BI本部はまた、新型ウイルスによる肺炎患者を収容する病院の医療スタッフのためにドイツから10万個の防護マスクを購入して寄贈しました。武漢の新型ウイルスによる肺炎患者の治療を目的とした医薬品の寄贈も行っています。

ジェネンテック(ロシュのグループ企業):
感染症こそが自らの研究開発の焦点の一つであると認識するロシュとジェネンテックは、WHO及びその他関係機関に対し科学的専門知識と助言を提供しています。中国政府及び保健当局を通じ、湖北省の病院及び健康問題担当職員への支援を含む、スクリーニング検査及び医療行為の実施を支援しています。直近では、感染地域を対象とした診断検査の実施や医療用品の寄贈、及び財政支援なども行っています。

グラクソ・スミスクライン(GSK):
感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)と共同で、新型コロナウイルス用ワクチン開発を目的とした世界的な取り組みのための新たな協力体制を新設しました。これは、GSKがすでに確立しているパンデミック対策のワクチン・アジュバント・プラットフォーム技術を、新型コロナウイルスに有効なワクチンの開発促進に役立てることを目的としたものです。GSKは様々なアジュバントのシステムを用いた革新的ワクチンの開発においては主導的な立場にあります。アジュバントはワクチンの免疫反応を高める補助剤として用いられ、ワクチン単独で投与された場合より感染に対して長く持続する強い免疫力を発揮することで知られています。1回の投与における抗原の量を減らすことができ、ひいては多くの人々にワクチンを投与することを可能とするアジュバントの存在は、パンデミックの状況下においては特に重要とされます。

ギリアド・サイエンシズ:
国際的保健機関との連携により、パンデミックへの対応に全力を注いでいます。各国の政府及び非政府組織、更には規制当局と協力し、COVID-19感染に対する承認済みの治療法が存在しない状況下での緊急的治療法として自社の治験薬レムデシビルを提供し、また、同薬がCOVID-19に対する有効かつ安全な治療薬であることを検証するための治験を支援しています。中国保健当局とともに、新型コロナウイルスの治療薬としてのレムデシビルの有効性と安全性を検証すべく、COVID-19に感染した患者さんを対象とした2つの治験を開始。2つの治験はいずれも参加者を募集中です。規制当局の了解を得て、COVID-19に感染した少数の重体もしくは重篤な症状の患者さんを対象としたコンパショネットユース(人道的見地から実施される未承認薬アクセス制度)のためのレムデシビルの提供もしています。今後、高まるであろうニーズを想定し、レムデシビルの供給をできるだけ早急に増加させることを目指し、製造のタイムラインを加速させています。これはCOVID-19感染者に対するレムデシビルの有効性と安全性が確認される以前から進められています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン:
COVID-19に対するソリューションの発見に向けた研究を支援するため、HIV感染症治療薬 「ダルナビルエタノール付加物/コビシスタット配合錠」300箱を上海市公共衛生臨床センターおよび武漢大学中南病院に寄付しました。またCOVID-19に対する抗ウイルス特性の薬剤スクリーニング用として、中国疾病予防管理センターに50箱を寄付しました。さらに、米国保健福祉省の事前準備・対応担当次官補局(ASPR)の下部組織である生物医学先端研究開発局(BARDA)との協力関係を発展させ、COVID-19に有効なワクチン候補の研究を更に加速させることを発表しました。加えて、COVID-19に感染例の生存や重症感染者における重症度の緩和に既存の医薬品が使用可能であるかを判断すべく、コロナウイルスの病態生理における既知のパスウェイを再調査する取り組みも開始しています。

サノフィ:
SARSワクチンの開発経験を有するサノフィのグローバル・ワクチン部門であるサノフィパスツールは、COVID-19ワクチン開発への道を切り拓いてくれることが期待されるこの経験を基に、新たなワクチンの開発に乗り出す予定です。BARDAとのコラボレーションにより、長年にわたる当局との関係を強化しています。組み換えDNAのプラットフォームを新型コロナウイルス用ワクチン候補の開発に活用しています。組み換え技術により、ウイルス表面のタンパク質に完全に遺伝子適合する抗原の開発が可能となります。この抗原をエンコードするDNAシーケンスを、サノフィのライセンス取得済みの組み換えインフルエンザ治療薬の基礎を成すバキュロウイルス発現プラットフォームのDNAと組み合わせれば、ウイルスに対する免疫システムを刺激するコロナウイルス抗原を高速度で大量に生産できるようになることが期待されています。

●米国研究製薬工業協会(PhRMA)
PhRMAは、米国で事業を行なっている主要な研究開発志向型製薬企業とバイオテクノロジ―企業を代表する団体です。加盟企業は新薬の発見・開発を通じて、患者さんがより長く、より健全で活動的に暮らせるよう、先頭に立って新しい治療法を探求しています。加盟企業の新薬研究開発に対する投資額は、2000年からの累計では9,000億ドル以上に達し、2018年単独でも推定で796億ドルになりました。

● PhRMA日本オフィスホームページ http://www.phrma-jp.org
● PhRMAホームページ       http://www.phrma.org
● PhRMA日本オフィスFacebook  https://www.facebook.com/phrmajapanoffice

【本件に関するお問い合わせ】
米国研究製薬工業協会(PhRMA)広報事務局
(株式会社ジャパン・カウンセラーズ内)
TEL:03-3291-0118 FAX:03-3291-0223
E-mail:phrma_pr@jc-inc.co.jp



投稿日:

国際会議「第5回リキッドバイオプシーサミット:2020年」(Cambridge Healthtech Institute主催)の参加お申込み受付開始

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバルインフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2020年6月15-17日 米国 ワシントン州 シアトルにて開催されますCambridge Healthtech Institute 主催 国際会議 「The 5th Annual Liquid Biopsy Summit 2020-第5回リキッドバイオプシーサミット:2020年」の代理店として参加のお申込み受付を2月25日より開始致しました。

第5回Liquid Biopsy Summitでは、世界各地から主要な研究者が集まり、プロセスと技術の改善を通じて分子リキッドバイオプシーを今後の精密医療の支柱とするための方策などについて議論します。

米国における生命科学研究の一大拠点であるシアトルで開催されるイベント

米国ワシントン州シアトルとその周辺地域には、著名なバイオテクノロジー企業や製薬会社、医療機器メーカーに加え、Fred Hutchinson Cancer Research Center、Allen Institute for Brain Science、Institute for Systems Biologyなど多くの有力な研究機関が集まっています。またBill&Melinda Gates Foundationやワシントン大学が、成長を続けるこの地域の生命科学関連業界を支えています。

株式会社グローバルインフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に日本語、英語、韓国語、中国語で「The 5th Annual Liquid Biopsy Summit 2020-第5回リキッドバイオプシーサミット:2020年」の情報を提供するとともに、会議の参加のお申し込みを承っております。

会議:「The 5th Annual Liquid Biopsy Summit 2020-第5回リキッドバイオプシーサミット:2020年」
開催日:2020年6月15-17日
開催地: 米国 ワシントン州 シアトル:Motif Seattle, Seattle, WA USA
概要、お申し込みはこちら: https://www.giievent.jp/chi916776/

Cambridge Healthtech Institute代理店
株式会社グローバルインフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210666&id=bodyimage1

投稿日:

「世界の女性健康管理市場:薬物別(プロリア、デノスマブ、エビスタ、ミレーナ、ゾメタ、リクラスト、ヌバリング、プレマリン、アクトン)、用途別」市場調査レポートを取扱開始

2020年2月25日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の女性健康管理市場:薬物別(プロリア、デノスマブ、エビスタ、ミレーナ、ゾメタ、リクラスト、ヌバリング、プレマリン、アクトン)、用途別(女性不妊、閉経後骨粗鬆症、子宮内膜症、避妊、PCOS、閉経)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の女性健康管理市場:薬物別(プロリア、デノスマブ、エビスタ、ミレーナ、ゾメタ、リクラスト、ヌバリング、プレマリン、アクトン)、用途別(女性不妊、閉経後骨粗鬆症、子宮内膜症、避妊、PCOS、閉経)」市場調査レポートの販売を2020年2月25日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。女性健康管理の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界の女性健康管理市場:薬物別(プロリア、デノスマブ、エビスタ、ミレーナ、ゾメタ、リクラスト、ヌバリング、プレマリン、アクトン)、用途別(女性不妊、閉経後骨粗鬆症、子宮内膜症、避妊、PCOS、閉経)
・英語タイトル:Women's Health Care Market by Drugs (Prolia, Xgeva, Evista, Mirena, Zometa, Reclast, Nuvaring, Primarin, Actonel), Application (Female Infertility, Postmenopausal Osteoporosis, Endometriosis, Contraception, PCOS, Menopause) - Global forecast to 2024
・商品コード:PH 7507
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年1月30日
・ページ数:147
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:医薬品

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、女性健康管理の世界市場規模が2019年96億ドルから2024年178憶ドルまで年平均13.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の女性健康管理市場を広く調査・分析し、市場概要、用途別(閉経後骨粗鬆症、避妊薬、閉経期、ホルモン不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、その他の用途)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界の女性健康管理市場:用途別(閉経後骨粗鬆症、避妊薬、閉経期、ホルモン不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、その他の用途)
・世界の女性健康管理市場:地域別
・競合動向
・企業概要
...
※「世界の女性健康管理市場:薬物別(プロリア、デノスマブ、エビスタ、ミレーナ、ゾメタ、リクラスト、ヌバリング、プレマリン、アクトン)、用途別(女性不妊、閉経後骨粗鬆症、子宮内膜症、避妊、PCOS、閉経)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/womens-health-care-market-drugs-ph-7507

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210605&id=bodyimage1

投稿日:

医療機器に関する申請・届出、報告などで使用される規制当局様式の英訳版を公開。海外業者に対する日本の薬事制度の説明も、実際の様式を提供することで理解が捗ります。

<リード>
一般社団法人薬事支援機構(本社:東京都千代田区)は2020年2月に、同社が提供する医療機器の薬事申請業務を支援するサービスの一環として、「規制当局様式英訳集」を公開し、医療機器の薬事業務において提出が求められる様々な様式の英訳版の提供を開始しました。今回公開された様式の英訳は、医療機器の「不具合報告」を行う際に使用するもので、「不具合・感染症症例報告書」を含む様式5点の英訳版がダウンロードできます。


<本文>
医療機器の製造販売業者は、製品を製造・販売するために承認申請・届出を行うだけでなく、製品が市場にある間は様々な報告を厚生労働省や医薬品医療機器総合機構(PMDA)に対して行う必要があります。このような申請・届出や報告を円滑に進めるため、厚生労働省およびPMDAでは統一された「様式」を提供しています。製造販売業者はこれらの様式を使用して、製品のライフサイクル全体で、常に製品の安全性や有効性に関する情報を収集して提出することが求められます。

輸入医療機器など海外諸国でも流通している製品の場合は、海外における情報も業者から収集する必要がありますが、その際、日本における申請や報告の制度を海外業者が把握していないこともあります。適切に情報を提出するためには、このような各国の制度の違いを説明し、海外業者に適時に情報を提供してもらえるよう、協力を求めなければなりません。

一般社団法人薬事支援機構では、このような場合の海外業者に対する説明用資料として、これらの承認申請・届出や報告で使用される様式を英訳し、「規制当局様式英訳集」として公開を開始しました。これらの英訳様式は、実際に日本で使用されている様式を提供することで、こちらが求める情報を一見して理解してもらい、情報収集を円滑にすることを目的としています。今回公開した「不具合報告」の様式5点を皮切りに、今後も様々な様式の英訳版を提供していく予定です。

■医療機器の「不具合報告」とは?
医療機器の製造販売業者は医薬品医療機器法に基づき、医療機器を販売する承認を得て製品の流通を開始した後、その医療機器の不具合により発生したと疑われる症例について、PMDAに対して報告を行う義務があります。その場合、日本国内で発生した不具合だけでなく、日本で販売されている医療機器について海外で認められた不具合も報告する必要があります。

海外諸国の規制当局でも製造販売業者に対して同様の不具合報告を義務付けていますが、報告すべき不具合の定義や報告期限などに差があるため、海外の業者から不具合の情報を過不足なく収集するには、日本における不具合報告の制度を説明し、理解して貰う必要があります。その際、実際に使用する報告様式を見てもらえば、どのような情報が必要であるのかが速やかに伝わります。

薬事支援機構では今回、「不具合・感染症症例報告書(別紙様式第8)」、「不具合の発生率変化調査報告書(別紙様式第9)」、「医療機器の研究報告・外国における製造等の中止、回収、廃棄等の措置調査報告書(別紙様式第10)」、「医療機器品目指定定期報告書(別紙様式第11)」の5つの様式を英訳し、同社ウェブサイトよりダウンロードしていただけるようにしました。海外業者への説明の際に、是非ご活用ください。

■薬事業務をピンポイントでサポート
薬事支援機構では、薬事コンサルティングサービスの一環として、薬事に関する情報をウェブサイトで公開しています。今回の「規制当局様式英訳集」のほかにも、薬事に関するQ&Aサイトなどを開設し、充実した薬事情報の発信に力を入れています。国内外の医療機器の薬事に関して疑問やお困りの点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。薬事支援機構では、ご依頼企業様のニーズに合せたテーラーメードのコンサルティングを提供しています。


<会社情報>
■一般社団法人 薬事支援機構 会社概要
社名:一般社団法人 薬事支援機構
所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階
設立:2019年1月
事業内容:薬事コンサルティング、申請書作成、業許可届出、試験レポート翻訳・試験プロトコル作成、薬事業務支援など。
URL:https://rso.or.jp

■本リリースに関するお問い合わせ
TEL:03-4405-7514
Eメール:info@rso.or.jp

投稿日:

臨床で悩む理学療法士のためのeラーニングサービス「リハノメPT」リリースのご案内

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210527&id=bodyimage1

株式会社gene (本社:愛知県名古屋市、代表取締役:張本 浩平、以下gene)は
臨床で悩む理学療法士のためのeラーニングサービス『リハノメPT』を
2020年5月1日(金)より開始いたします。

■詳細ページ
https://www.gene-llc.jp/rehanomept/

\事前登録キャンペーンのご案内/
事前登録にて個人利用 6ヶ月以上のプランにお申し込みいたただいた方は
2020年5月1日(金)のサービス開始まで開催されるセミナーが
【2,800円OFF】でご参加いただけるキャンペーンを実施中!

詳しくは詳細ページをご覧ください。

■特色
「リハノメPT」は理学療法士のための
どこでも学ぶことができるeラーニングサービスです。

臨床に悩む理学療法士のために各分野の専門家が臨床経験や研究成果に
基づいた知識・技術をお届けします。

〇どこでも学べる
PCでもスマホでも視聴可能ですので場所も時間も選びません。
動画は15分単位で公開。
空いた時間や移動中など少しの時間で気軽に学ぶことができます。

〇充実のコンテンツ
5/1のサービス開始時と同時公開予定の講義動画は1,260分。
さらに毎月2講座360分を追加で公開。
LIVE放送も毎月1回放送予定です。

〇豪華講師陣
各分野で活躍されている理学療法士・作業療法士の講師陣が続々と登壇予定。
臨床経験や研究成果に基づいた知識・技術をお届けします。

〇定額見放題
料金は毎月定額ですので何本・何時間みても安心。
6ヶ月以上の長期契約をしていただくと料金がさらにお得になります。

〇リハノメ割
6ヶ月以上の長期契約をされた方はgene開催セミナーの受講料を
2,800円OFF!契約中は何度でも適用となります。

■料金
【個人利用向け】
〇リハノメパス1(1ヶ月見放題)2,800円/月
〇リハノメパス6(6ヶ月見放題)2,520円/月
〇リハノメパス12(12ヶ月見放題)2,333円/月
〇リハノメパス24(24ヶ月見放題)1,983円/月
個人なら長期契約がお得!
長期契約でも月々のお支払ですので無理なくご利用いただけます。

【法人利用向け】
〇リハノメパスA(10名様まで見放題)14,000円/月
〇リハノメパスB(30名様まで見放題)28,000円/月
〇リハノメパスC(人数無制限)84,000円/月
※法人利用は年間契約(一括払い)のみとなります。

【詳細はこちら】
https://www.gene-llc.jp/rehanomept/#ryoukin

■リハノメ割のご案内
リハノメパス6(6ヶ月見放題プラン)以上で会員登録をしていただくと
株式会社gene開催セミナーの受講料を2,800円引きでご参加いただける制度です。
会員登録中は何度でも割引を受けることができます。

【リハノメ割に関するご案内・ご注意はこちら】
https://www.gene-llc.jp/rehanomept/#discount

■配信する講義のご紹介
サービス開始時には以下の講義を配信いたします。
また、5月以降も360分の動画を毎月追加で公開いたします。

赤羽根 良和
さとう整形外科・理学療法士
「肩甲帯の機能障害に関係した
肩関節疾患の治療戦略(仮)」

石井 慎一郎
国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科
福祉支援工学分野 教授・理学療法士
「歩行障害に対する理学療法(仮)」

片浦 聡司
PRO-motion代表/アスレティックトレーナー(JSPO-AT)
JOC医科学強化スタッフ(水泳競技)(2015~16)・理学療法士
「アスリートの慢性障害に対する
フィジカルコンディショニング」

河野 健一
国際医療福祉大学 成田保健医療学部
理学療法学科 講師・理学療法士
「血液透析患者のリハビリテーションの基礎知識
~疾患の基礎から評価に基づく標準的介入を理解する~」

竹林 崇
大阪府立大学 地域保健学域
総合リハビリテーション学類 作業療法学専攻 准教授・作業療法士
「脳卒中後の上肢機能障害に対する
アプローチの理論と臨床での活用(仮)」

張本 浩平
理学療法士・株式会社gene 代表取締役
「生活を見据えたリハビリテーションのゴール設定の考え方(仮)」

吉尾 雅春
千里リハビリテーション病院 副院長・理学療法士
「脳卒中患者の肩・股関節をどうみるか(仮)」

(敬称略・五十音順)
※2020年2月現在の予定であり時期や内容が変更となる場合がございます

【5月以降の配信予定はこちら】
https://www.gene-llc.jp/rehanomept/#teacher

■会社概要
商号   : 株式会社gene
代表者  : 代表取締役 張本 浩平
所在地  : 〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵1丁目26番12号 IKKO新栄ビル 6階
設立   : 平成19年1月31日
事業内容 : コメディカルスタッフ対象のセミナー企画・運営・出版事業
事務局代行事業・貸会議室事業/介護保険事業(訪問看護ステーション・デイサービス運営)
資本金  : 1,000万円
URL   : https://www.gene-llc.jp/

投稿日:

国際会議「Antibody Engineering & Therapeutics Europe-抗体工学・抗体医薬学会:欧州大会」(Informa Connect主催)の参加お申込み受付開始

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバルインフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2020年6月9-11日 オランダ、アムステルダムにて開催されますInforma Connect 主催 国際会議 「Antibody Engineering & Therapeutics Europe-抗体工学・抗体医薬学会:欧州大会」の代理店として参加のお申込み受付を2月21日より開始致しました。

抗体医薬とタンパク質医薬の分野における研究成果や技術に触れながら、人脈を拡大することができる欧州製薬業界の重要イベント

欧州で開催される抗体医薬に焦点を絞り込んだこの学会では、次世代抗体医薬の開発を加速させ、商業的な成功へとつなげるために必要な最新の研究成果や技術に触れながら、新たな提携相手を見つけ出すことができます。

[新たな半日ワークショップ]

このプレカンファレンスワークショップでは、治療法の開発に役立つ適切な抗体を見つけ出すための指針が示され、的確な標的とフォーマットの選択、生物学的研究、知的財産権、臨床開発と商業化を進めるうえでの課題、法的責任の回避などのトピックをめぐって議論が展開されます。

午前-適切な抗体の発見
午後-抗体医薬の基礎

[新たな講演者による最新のデータとケーススタディを盛り込んだ新たなセッションのテーマ]

・共役による抗体の薬効増強
・T細胞を活性化する二重特異性抗体のフォーマット
・自然免疫系に対応する細胞誘導体
・コンピューターと機械学習を用いた抗体改変のための手法の進歩
・抗体医薬の創薬と開発可能性
・Fc相互作用の修飾による抗体療法の強化

株式会社グローバルインフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、韓国語、中国語で「Antibody Engineering & Therapeutics Europe-抗体工学・抗体医薬学会:欧州大会」の情報を提供するとともに、会議の参加のお申し込みを承っております。

会議:「Antibody Engineering & Therapeutics Europe-抗体工学・抗体医薬学会:欧州大会」
開催日:2020年6月9-11日
開催地: オランダ、アムステルダム:Postillion Hotel Amsterdam, Amsterdam, NL
概要、お申し込みはこちら: https://www.giievent.jp/kne918597/

Informa Connect代理店
株式会社グローバルインフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210553&id=bodyimage1

投稿日:

マイクロフルイディクスプラットフォーム市場、CAGR13.77%で成長 – 2029年までに276億9460万米ドルに

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「マイクロフルイディクス (マイクロ流体) の世界市場:分析と予測 (2019-2029年)」 (BIS Research Inc.発行) の販売を2月20日より開始いたしました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210545&id=bodyimage1

上の図はマイクロフルイディクスのプラットフォームとチップの市場価値を示しています。マイクロフルイディクス市場の七割近くを占めるのはプラットフォームです。プラットフォーム市場規模は2018年に67億950万ドルと評価され、2029年までに276億9460万ドルに達すると予想されています。この間のCAGRは13.77%です。マイクロフルイディクスプラットフォーム市場の参入企業としてはMicronit Micro Technologies、microfluidics ChipShop、uFluidixなどが挙げられます。

一方、マイクロフルイディクスチップ市場のセグメントは、予測期間中に13.65%のCAGR で推移し、2029年には 144億7780万米ドルに達すると推定されています。

マイクロフルイディクスベースのプラットフォームの用途として、タンパク質、核酸、単一細胞、小分子などの分析が挙げられます。たとえば、1CellBio社のシングルセルRNAシーケンス解析プラットフォームである1Drop Systemを利用すると、全体コストを抑えながらより効率的な実験管理が可能となります。同様に、Agilent 社の2100バイオアナライザは、遺伝子発現、次世代シーケンシング(NGS)、遺伝子編集研究、バイオ医薬品アプリケーションなど、さまざまなワークフローにおける多様なサンプルタイプに対して正確な分析評価を提供します。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/bis920200-global-microfluidics-market-focus-on-application.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



投稿日:

遺伝子組み換え細胞培養サプリメント市場 – 2029年には上皮成長因子 (rEGF)が最大に

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「遺伝子組み換え細胞培養サプリメントの世界市場 - タイプ・用途・地域データ・国別データ・競合情勢:分析と予測 (2019-2029年)」 (BIS Research Inc.発行) の販売を2月21日より開始いたしました。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210543&id=bodyimage1

遺伝子組み換え細胞培養サプリメント市場のうち2018年に最も大きなシェアを持っていたのは推定値5,780万ドルの組み換えアルブミン (rAlbumin)でした。アルブミンがあらゆる種類の細胞培養培地で使用されているためです。アルブミンは、モノクローナル抗体および組換えタンパク質の製造に使用されます。アルブミンの主な機能は、小分子とイオン間の結合と分離にあり、酸化防止剤としても作用します。アルブミンは多くの無血清細胞培養の重要なコンポーネントです。

一方、最も急速に成長しているセグメントは上皮成長因子 (rEGF)です。世界の組換えEGF市場は2018年に3,320万ドルと推定されていますが、2019年から2029年までの間にCAGR16.29%で成長し、2029年には1億7,340万ドルになると予想されています。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/bis920202-global-recombinant-cell-culture-supplements-market.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F




投稿日:

「手術ロボットの世界市場2019-2025年:用途別、主要国地域別予測」リサーチ最新版刊行

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「手術ロボットの世界市場2019-2025年:用途別、主要国地域別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
手術ロボットの世界市場規模は2018年で20億1000万ドル、この先2025年には82億4000万ドルに達するとレポートでは予測しています。当レポートでは、2025年に至る手術用ロボットの世界市場予測(市場規模US$)、用途別市場(整形外科、神経科、泌尿器科、婦人科、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業5社プロフィール動向などの情報も交えて、手術ロボット市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
手術ロボットの世界市場2019-2025年:用途別、主要国地域別予測
Surgical Robots Market Size, Share & Trends Analysis Report By Application (Orthopedics, Neurology, Urology, Gynecology, Others), By Region (North America, Europe, Asia Pacific, Latin America, MEA) And Segment Forecasts, 2019 - 2025
http://researchstation.jp/report/GRAN/1/Surgical_Robots_2025_GRAN107.html

【レポート構成概要】
◆手術ロボットの世界市場予測2014-2025年
・市場規模(US$)

◆用途別、市場-2025年
・整形外科
・神経科
・泌尿器科
・婦人科
・その他
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2025年
北米
・米国、カナダ
欧州
・ドイツ、英国
アジア太平洋
・日本、中国
中南米
・ブラジル、メキシコ
中東アフリカ
・南アフリカ
※国地域別に全セグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス分析(ドライバー、障壁、機会、課題)
・業界動向
・PESTEL分析
・競合状況

◆手術ロボットの主要企業プロフィール動向
・INTUITIVE SURGICAL
・MEDTRONIC
・TRANSENTERIX SURGICAL, INC.
・RENISHAW PLC.
・THINK SURGICAL, INC.
(全85頁)




【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210529&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/GRAN/1/Surgical_Robots_2025_GRAN107.html

発行元:Grand View Research社について
http://researchstation.jp/Publishers/about_Grand_View_Research.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2019年2月19日

★関連レポート
「支援ロボットの世界市場:タイプ別、用途別2024年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/16/Assistive_Robotics_2024_MAM1650.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html



投稿日:

季節限定【花粉症対策コース】提供開始(2020年4月末迄)~意外と長く続く花粉症に悩む時期を少しでも快適に過ごせるようにお手伝いしてきます!~

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210231&id=bodyimage1

セラ治療院(株式会社セラ運営)は2020年2月19日から4月末までの限定コース【花粉症対策コース】を提供開始しました。
急につらい花粉症の時期がやってきました。気温が上がって花粉の気配を感じている方も多いと思います。
そこで4月末までの限定コースをご紹介!

季節限定≪花粉症対策コース≫ 90分 ¥10,000(税別)

全身のビタミンマッサージで身体全体の流れを改善し、
花粉症対策用の手足とお顔のツボを押していきます。
鍼がコワイという方にはハンドでツボ押しをしていきますのでご安心ください。

意外と長く続く花粉症に悩む時期を、
少しでも快適に過ごせるようにお手伝いしてきます!

2020年2月19日から4月末までの限定コースになりますので
ぜひこの機会にお試しくださいませ。


【ご予約はこちらから】
https://ceraclinic.com/contact/


【お問い合わせ】
株式会社セラ
電話:03-6721-1710
E-mail:info@ceraworld.com

投稿日:

「世界の診断心電計(ECG)市場:製品別、サービス別、リードタイプ別、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年2月20日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の診断心電計(ECG)市場:製品別(安静時心電図、ストレス、モバイルテレメトリーデバイス、埋め込み型ループレコーダー)、サービス別、リードタイプ別(12リード、6リード、5リード)、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の診断心電計(ECG)市場:製品別(安静時心電図、ストレス、モバイルテレメトリーデバイス、埋め込み型ループレコーダー)、サービス別、リードタイプ別(12リード、6リード、5リード)、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年2月20日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。診断心電計(ECG)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界の診断心電計(ECG)市場:製品別(安静時心電図、ストレス、モバイルテレメトリーデバイス、埋め込み型ループレコーダー)、サービス別、リードタイプ別(12リード、6リード、5リード)、エンドユーザー別、地域別
・英語タイトル:Diagnostic Electrocardiograph (ECG) Market By Product (Resting ECG, Stress, Mobile Cardiac Telemetry Device, Implantable Loop Recorder) and Service, By Lead Type (12-lead, 6-lead, 5- lead), End User, and Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:MD 2551
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年1月30日
・ページ数:143
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:医療機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、診断心電計(ECG)の世界市場規模が2019年75億ドルから2024年103億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の診断心電計(ECG)市場を広く調査・分析し、市場概要、製品&サービス別(製品、ソフトウェア&サービス)分析、リード種類別(12ピンECGデバイス、5ピンECGデバイス、3ピンECGデバイス、6ピンECGデバイス、シングルピンECGデバイス、その他のリードタイプ)分析、エンドユーザー別(病院、診療所、心臓センター、外来手術センター、その他のエンドユーザー)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界の診断心電計(ECG)市場:製品&サービス別(製品、ソフトウェア&サービス)
・世界の診断心電計(ECG)市場:リード種類別(12ピンECGデバイス、5ピンECGデバイス、3ピンECGデバイス、6ピンECGデバイス、シングルピンECGデバイス、その他のリードタイプ)
・世界の診断心電計(ECG)市場:エンドユーザー別(病院、診療所、心臓センター、外来手術センター、その他のエンドユーザー)
・世界の診断心電計(ECG)市場:地域別
・競合動向
・企業概要
...
※「世界の診断心電計(ECG)市場:製品別(安静時心電図、ストレス、モバイルテレメトリーデバイス、埋め込み型ループレコーダー)、サービス別、リードタイプ別(12リード、6リード、5リード)、エンドユーザー別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/diagnostic-electrocardiograph-ecg-market-product-md-2551

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210405&id=bodyimage1

投稿日:

神経インターベンション装置、2027年に45億2434万米ドル規模に到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界の神経インターベンション装置市場:タイプ、技術、エンドユーザー、地域別 - 2027年までの予測」(The Insight Partners発行)の販売を2月20日より開始いたしました。

【神経血栓切除術セグメントが急成長見込み】

The Insight Partnersによると、世界の神経インターベンション装置市場は、2018年に23億2302万米ドル規模に達し、2027年には45億2434万米ドルに拡大すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR8.0%で成長する見込みです。当レポートでは、世界の神経インターベンション装置市場の動向や市場の成長促進要因および阻害要因に関する情報を提供しています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210472&id=bodyimage1

世界の神経インターベンション装置市場は、技術別に神経血栓切除術、ステント留置、コイル塞栓術、脳血管造影、および血流遮断に分類されます。2018年、技術別では神経血栓切除術が同市場最大のシェアを占めました。神経血栓切除術の技術開発と医療従事者からの高い支持は、当セグメントの成長を促進する主な要因です。神経血栓切除術採用の増加が神経インターベンション装置市場全体の主な成長要因となっています。

市場の成長を後押しする主な要因は、低侵襲手術の需要の増加であり、脳動脈瘤の有病率の上昇が市場を牽引すると予想されています。一方で、神経インターベンション装置の高コストが市場の成長を抑制しています。

神経インターベンション装置市場の主要プレーヤーは、Medtronic、Stryker Corporation、iVascular S.L.U.、テルモ株式会社、Microport Scientific Corporation、Merit Medical Systems、Penumbra, Inc.、Rapid Medical、Microport Scientific Corporation、InspireMD、Inc.などです。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/tip924904-neurointerventional-devices-market-global-analysis.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

投稿日:

【ゴマブックス株式会社】新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として2月18日(火)より時差出勤を実施

ゴマブックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:赤井 仁)は、当社社員の新型コロナウイルスの感染予防を目的として、2020年2月18日(火)より時差出勤を実施することをお知らせします。

厚生労働省は2020年2月17日時点で日本国内でも53人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表しました。また、人から人への感染も確認されております。
当社は、日本国内での新型コロナウイルス感染の拡大をうけ、社員へのウイルス感染予防および健康維持のため、公共交通機関を使用して通勤する社員を対象に、2020年2月18日(火)から2020年3月31日(火)※まで時差出勤を実施することを決定いたしました。
※感染の収束・拡大の状況により時差出勤期間の短縮・延長の可能性がございます。

● 管理部、電子書籍事業部、営業部  10:00開始
● 編集部、制作部          10:30開始

関係者の皆様へは、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

<お問い合わせ先>
ゴマブックス株式会社
03-5468-8370(代表)

投稿日:

「世界の心臓マッピング市場:製品別(接触マッピングシステム(電気解剖学的マッピング、バスケットカテーテルマッピング)、非接触マッピングシステム)、疾患別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年2月20日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の心臓マッピング市場:製品別(接触マッピングシステム(電気解剖学的マッピング、バスケットカテーテルマッピング)、非接触マッピングシステム)、疾患別(心房細動、心房粗動、AVNRT)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の心臓マッピング市場:製品別(接触マッピングシステム(電気解剖学的マッピング、バスケットカテーテルマッピング)、非接触マッピングシステム)、疾患別(心房細動、心房粗動、AVNRT)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年2月20日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。心臓マッピングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界の心臓マッピング市場:製品別(接触マッピングシステム(電気解剖学的マッピング、バスケットカテーテルマッピング)、非接触マッピングシステム)、疾患別(心房細動、心房粗動、AVNRT)、地域別
・英語タイトル:Cardiac Mapping Market by Product (Contact Mapping Systems (Electroanatomical Mapping, Basket Catheter Mapping), Non-contact Mapping Systems), Indication (Atrial Fibrillation, Atrial Flutter, AVNRT), Region - Global Forecast to 2024
・商品コード:MD 7502
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年1月30日
・ページ数:137
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:医療機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、心臓マッピングの世界市場規模が2019年14億ドルから2024年21億ドルまで年平均8.7%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の心臓マッピング市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(接触心臓マッピングシステム、非接触心臓マッピングシステム)分析、疾患別(心房細動、心房粗動、房室結節リエントリー頻脈(Avnrt)、その他の不整脈)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界の心臓マッピング市場:種類別(接触心臓マッピングシステム、非接触心臓マッピングシステム)
・世界の心臓マッピング市場:疾患別(心房細動、心房粗動、房室結節リエントリー頻脈(Avnrt)、その他の不整脈)
・世界の心臓マッピング市場:地域別
・競合動向
・企業概要
...
※「世界の心臓マッピング市場:製品別(接触マッピングシステム(電気解剖学的マッピング、バスケットカテーテルマッピング)、非接触マッピングシステム)、疾患別(心房細動、心房粗動、AVNRT)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/cardiac-mapping-market-product-contact-md-7502

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210409&id=bodyimage1

投稿日:

クリアアライナー、世界市場は2027年に76億6549万米ドル規模に到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「クリアアライナーの世界市場:タイプ(ポリウレタンプラスチック、ポリエチレンテレフタレートグリコール、ポリ塩化ビニル)、流通チャネル、年齢、地域別」 (The Insight Partners発行) の販売を2月19日より開始いたしました。

【ポリウレタンプラスチックがタイプ別で最速成長予測】

The Insight Partnersによると、世界のクリアアライナー(透明マウスピース)市場は、2018年に19億5310万米ドル規模に達し、2027年には76億6549万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR16.9%で成長する見込みです。当レポートでは、世界のクリアアライナー市場を支配している動向や市場の成長促進要因および阻害要因を提供しています。

世界のクリアアライナー市場は、タイプ別にポリウレタンプラスチック、ポリエチレンテレフタレートグリコール(PETG)、およびポリ塩化ビニル(PVC)に分類されます。2018年、ポリウレタンプラスチックセグメントは市場で最大のシェアを有しました。さらに、ポリウレタンプラスチックセグメントは、来年中に最速で成長すると予想されます。ポリウレタンプラスチックの技術開発と歯科医からの高い支持は、当セグメントの成長を促進する重要な要因です。市場の成長を牽引する他の重要な要因は、将来的にポリウレタンプラスチック製透明アライナーの採用が増加することです。

市場の成長を後押しする重要な要因は、歯の問題の有病率、子供の不正咬合の発生率、および歯科用美容処置需要の増加です。しかし、クリアアライナーの高いコストは、予測期間中に市場の成長を妨げると予想されます。

クリアアライナー市場の主要企業は、Danaher、Dentsply Sirona、Institut Straumann AG、3M、Henry Schein、Inc.、Align Technology、Inc.、Great Lakes Dental Technologies、SCHEU DENTAL GmbH、TP Orthodontics、Inc.、DynaFlexなどです。中には製品の発売や製品の承認などの有機的な戦略に注力している企業もいます。たとえば、2019年6月、DanaherはEnvista Holdings Corporation名義で歯科事業を拡大しました。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210413&id=bodyimage1

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/tip924919-clear-aligners-market-global-analysis-forecasts-by.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

投稿日:

「世界の電気手術市場:製品別(機器(双極、単極)、アクセサリ、発電機)、手術別(一般、整形外科、婦人科、美容、神経学)、エンドユーザー別(病院、外来センター)、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2020年2月19日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の電気手術市場:製品別(機器(双極、単極)、アクセサリ、発電機)、手術別(一般、整形外科、婦人科、美容、神経学)、エンドユーザー別(病院、外来センター)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の電気手術市場:製品別(機器(双極、単極)、アクセサリ、発電機)、手術別(一般、整形外科、婦人科、美容、神経学)、エンドユーザー別(病院、外来センター)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年2月19日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。電気手術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
・日本語タイトル:世界の電気手術市場:製品別(機器(双極、単極)、アクセサリ、発電機)、手術別(一般、整形外科、婦人科、美容、神経学)、エンドユーザー別(病院、外来センター)、地域別
・英語タイトル:Electrosurgery Market by Product (Instruments (Bipolar, Monopolar), Accessories, Generators), Surgery (General, Orthopedic, Gynecology, Cosmetic, Neurology), End User (Hospitals, Ambulatory Center), Region - Global Forecast to 2025
・商品コード:MD 2412
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2020年1月30日
・ページ数:210
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:医療機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
MarketsandMarkets社は、電気手術の世界市場規模が2019年64億ドルから2025年88億ドルまで年平均5.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の電気手術市場を広く調査・分析し、市場概要、製品別(電気外科器具、電気外科発電機、電気外科付属品、煙排出システム)分析、手術種類別(一般手術、産婦人科手術、整形手術、心臓血管手術、腫瘍手術、美容手術、泌尿器手術、神経手術、その他の手術)分析、エンドユーザー別(病院、クリニック、アブレーションセンター、外来手術センター、研究所、学術研究所)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。

・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界の電気手術市場:製品別(電気外科器具、電気外科発電機、電気外科付属品、煙排出システム)
・世界の電気手術市場:手術種類別(一般手術、産婦人科手術、整形手術、心臓血管手術、腫瘍手術、美容手術、泌尿器手術、神経手術、その他の手術)
・世界の電気手術市場:エンドユーザー別(病院、クリニック、アブレーションセンター、外来手術センター、研究所、学術研究所)
・世界の電気手術市場:地域別
・競合動向
・企業概要
...
※「世界の電気手術市場:製品別(機器(双極、単極)、アクセサリ、発電機)、手術別(一般、整形外科、婦人科、美容、神経学)、エンドユーザー別(病院、外来センター)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/electrosurgery-market-product-instruments-bipolar-md-2412

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210332&id=bodyimage1

投稿日:

「医療用接着剤の世界市場:樹脂タイプ別、用途別2024年予測」リサーチ最新版刊行

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「医療用接着剤の世界市場:樹脂タイプ別、用途別2024年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
医療用接着剤の世界市場規模は2019年の76億ドルから、2024年には106億ドルへと拡大が予測されます。当レポートでは、2024年に至る医療用接着剤の世界市場予測(市場規模US$、量ベースKiloton)、天然樹脂タイプ別市場(フィブリン、コラーゲン、その他)、合成/半合成樹脂タイプ別市場(アクリル、シリコーン、シアノアクリレート、エポキシ、ポリウレタン、その他)、技術別市場(水性、溶剤系、固体/ホットメルト)、用途別市場(歯科各種、内科/外科手術各種、医療機器/装置、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業27社プロフィール動向などの情報も交えて、医療用接着剤市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
医療用接着剤の世界市場:樹脂タイプ別、用途別2024年予測
Medical Adhesives Market by Natural Resin Type (Fibrin & Collagen), Synthetic & Semi-synthetic Resin (Acrylic, Silicone, Cyanoacrylate, PU, Epoxy), Technology, Application (Dental, Surgery, Medical Devices & Equipments), Region - Global Forecast to 2024
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Medical_Adhesives_2024_MAM1857.html

【レポート構成概要】
◆医療用接着剤の世界市場予測2017-2024年
・市場規模(US$)
・量ベース(Kiloton)

◆天然樹脂タイプ別、市場-2024年
・フィブリン
・コラーゲン
・その他
※(市場規模US$、量ベースKiloton)

◆合成/半合成樹脂タイプ別、市場-2024年
・アクリル
・シリコーン
・シアノアクリレート
・エポキシ
・ポリウレタン
・その他
※(市場規模US$、量ベースKiloton)

◆技術別、市場-2024年
・水性
・溶剤系
・固体/ホットメルト
※(市場規模US$、量ベースKiloton)

◆用途別、市場-2024年
歯科
・義歯接着剤
・フィッシャーシーラント
・歯修復用接着剤
・その他

内科手術
外科手術
医療機器/装置
その他

※(市場規模US$、量ベースKiloton)

◆主要国地域別市場-2024年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・ドイツ、フランス、英国、イタリア
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド、韓国
・その他アジア太平洋
中南米
・ブラジル
・その他中南米
中東アフリカ
・サウジアラビア
・その他中東アフリカ
※地域別に各種セグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照
※(市場規模US$、量ベースKiloton)

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・業界構造分析(ファイブフォース分析)
・マクロ経済概要
・競合状況

◆医療用接着剤の主要企業プロフィール動向
・HENKEL AG & CO. KGAA
・3M
・BAXTER INTERNATIONAL INC.
・日東電工株式会社
・B. BRAUN MELSUNGEN AG
・SCAPA GROUP PLC
・ADHEZION BIOMEDICAL, LLC
・CHEMENCE
・CRYOLIFE, INC.
・COVIDIEN (MEDTRONIC)
・DENTSPLY SIRONA
・H.B.FULLER COMPANY
・PERMABOND LLC
・MASTER BOND INC.
・OCULAR THERAPEUTIX, INC.
・DYMAX CORPORATION
・ASHLAND INC.
・AVERY DENNISON CORPORATION
・DOWDUPONT
・ADVANCED MEDICAL SOLUTIONS GROUP PLC
・PANACOL-ELOSOL GMBH
・BECTON DICKINSON (BD)
・GEM SRL
・VIVOSTAT A / S
・PROCTER & GAMBLE CO. (P & G)
・GLAXOSMITHKLINE PLC (GSK)

(全197頁)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210418&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Medical_Adhesives_2024_MAM1857.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年2月19日

★関連レポート
「接着フィルムの世界市場:マテリアル・用途別、需要家別2023年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/13/Adhesive_Film_2023_MAM1304.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

投稿日:

株式会社エー・アンド・デイは、株式会社タニタ様と健康計測機器分野において業務提携することを発表いたしました。

株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、代表取締役執行役員社長:森島 泰信)は、健康総合企業の株式会社タニタ様(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:谷田 千里様)と健康計測機器分野で業務提携することを発表いたしました。

【1.業務提携の目的と概要】

A&Dの強みである血圧計を主体とした医療領域の技術・商品と、タニタ様(以下、タニタ)の強みである未病・予防領域の技術・商品を相互に活用することで、付加価値の高い新商品・新サービスを創出し、両社のヘルスケア事業の拡大を図ります。
具体的には、A&Dの業務用血圧計をタニタに、タニタの業務用自動身長計付き体組成計をA&DにOEM(相手先ブランドによる生産)供給いたします。
このOEM供給にあたり、タニタが保有する体組成計測の中核技術である「タニタアルゴリズム※」がA&Dに提供され、対象となる両社の機器の相互連携を実現します。これにより新商品の開発スピードを加速させるとともに、両社が強みを持つ領域での品ぞろえの拡大を図ります。
この業務連携はヘルスケア業界で初の試みであるだけではなく、体組成計測技術の標準化に向けた第一歩として多くのユーザー様のメリットになることを期待しています。

※タニタアルゴリズム
現在普及している家庭用体組成計の多くは、生体インピーダンス(BIA)法という計測技術が用いられています。BIA法は、からだに微弱な電流を流し、その電気抵抗値と体重、身長、性別、年齢などから統計学的な回帰分析を行い、体脂肪率や筋肉量などの体組成を推定しますが、この回帰分析を行う計算式がアルゴリズムです。体組成計の計測精度を司る中核技術となり、メーカーごとに独自に開発されています。
「タニタアルゴリズム」は、タニタが1992年に世界初の乗るだけで計測できる体脂肪計を発売して以来、国内外合わせて15,000件以上の生体データを収集して開発されたアルゴリズムであり、体組成計測のゴールドスタンダードと高い相関を実現しています。医療現場でも活用されており、累計で200件を超える学会発表論文でも採用されています。

【2.体組成計測の標準化が求められる背景】

ヘルスケア業界では、将来の市場拡大を狙い、さまざまな業種が参入して構造改革が進んでいます。
このたびの業務提携は、このような構造改革を先取りし、市場での競争力を高めると共に、ユーザー様にとって利便性が高い健康計測機器を提供することを目的としています。
まず、A&Dが商品化を進めている通信機能付き家庭用体組成計「UC-421BLE」に「タニタアルゴリズム」を初めて搭載し、今夏の発売を予定しています。
これまで、体組成計はメーカーごとに独自のアルゴリズムを搭載していることから、計測数値がメーカーごとに異なっていました。このようなメーカー主導の考え方はユーザー様の利便性を低下させるだけではなく、医療・健康データを一元管理するデータヘルスを推進する上でも障害になるおそれがあります。
今後、A&Dとタニタの両社が共通のアルゴリズムを搭載した体組成計を販売していくことで、これらの課題を解決すると共に、体組成計測における日本発の技術標準を確立することで、海外市場においての競争力も高められると考えています。

【3.この業務提携により、A&Dが販売する健康計測機器】

■自動身長計付き体組成計 AD-6551〔タニタアルゴリズムを搭載〕
(1)約10秒の高速計測
(2)システムとも連携が可能(USB/RS232Cの2つのポートで出力)
(3)豊富なエビデンス

■通信機能付き家庭用体組成計 UC-421BLE 〔タニタアルゴリズムを搭載〕
(1)50g単位で体重を測定
(2)乗るだけで起動し、ユーザー様を自動で認識して計測を開始
(3)Bluetooth通信で計測データをスマートフォンやパソコンに転送
(4)5人の登録者ごとに異なるLEDカラーで結果を表示

【4.業務提携に関する共同記者発表会】

日 時:2020年2月19日(水)15:30~
会 場:コンファレンススクエアM+「グランド」(東京都千代田区)                        

<会社概要>
会社名  :株式会社エー・アンド・デイ
本店所在地:〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-23-14
代表者  :代表取締役執行役員社長 森島 泰信
設立   :1977年5月
資本金  :6,388百万円
市場情報 :東証1部 7745
事業内容 :電子計測器、産業用重量計、電子天びん、医療用電子機器、試験機、工業計測機器、
      その他電子応用機器の研究開発・製造・販売

<本リリースPDF>
https://www.aandd.co.jp/adhome/whatsnew/2020/0219_healthcare/newsrelease_20200219_healthcare.pdf

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社エー・アンド・デイ
TEL:03-5391-6120  メディカル事業推進部  飯塚 知子
(取材・問い合わせ専用です。広告営業はお控えください)
https://www.aandd.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210369&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210369&id=bodyimage2

投稿日:

地域高齢者のより身近な存在に「宅配お弁当屋」の取り組み   茨城県と認知症普及啓発企業連携事業の協定締結   「認知症の正しい知識を広める」2020年2月5日協定締結式

高齢者専門宅配弁当サービスを展開する株式会社シニアライフクリエイト(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋洋)は、茨城県と認知症普及啓発企業連携事業の協定締結を行い2020年2月5日の協定締結式に出席しました。

 茨城県は、企業と行政が一体となって「認知症の人と家族を支援し、認知症の人や家族が安心して暮らせる環境づくり推進」を目的とした「茨城県認知症普及啓発企業連携事業」を実施しています。この事業で、県民に官民一体で認知症に関する正しい知識を知ってもらうための取り組みを進めています。
 企業は協定締結企業と協力登録企業があり、県内に本店がある企業は協力企業として締結、県外に本店がある場合は協力企業の登録となりますが、本店が他県であっても県内に多数の事業所がある企業は協定締結を行っています。
 当社が現在茨城県内で運営、フランチャイズ展開している高齢者専門宅配弁当店「宅配クック ワン・ツゥ・スリー」は8店舗あることから今回の協定締結に至りました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210388&id=bodyimage1

◆社員、フランチャイズオーナー全員が「認知症サポーター」
 当社は社内の数ある研修の1つとして「認知症サポーター養成講座」を受講することを取り入れており、社員はもちろんのこと、店舗を運営するフランチャイズオーナーも受講しています。
 高齢者専門宅配弁当「宅配クック ワン・ツゥ・スリー」は、現在全国で約350店舗展開しており、うち約300箇所の市区町村行政から配食サービスを受託しています。店舗では、在宅の高齢者を中心に、宅配時の手渡しによる見守り・安否確認を創業時より実践しており、昼食・夕食を別々に届け1日2回訪問することで、より顧客に近しい存在となるべく努めています。また、お届けの際に倒れているなどの異常が発見された場合には、速やかにケアマネジャーやご家族と連動する地域密着型の独自のサービスを展開しています。このように高齢者に密接な事業であるため「認知症」への取り組みは会社として重要と考えています。
 今回の茨城県との認知症普及啓発企業連携事業協定締結をはじめ、今後も当社は理念の軸である「全てはご高齢者の為に」を実践していきます。


【会社概要】
会社名: 株式会社シニアライフクリエイト
代表: 代表取締役社長  高橋 洋
本社: 東京都港区三田3丁目12番14号 ニッテン三田ビル6F
TEL:03-5427-3981
ホームページ: http://slc-123.co.jp/
設立: 1999年12月
資本金: 28,000万円
事業内容:
1)高齢者専門宅配弁当「宅配クック ワン・ツゥ・スリー」 フランチャイズ本部の運営
2)高齢者施設向食材卸事業「特助くん」の運営
3)高齢者向コミュニティサロン「昭和浪漫倶楽部」の運営
4)高齢者施設向厨房受託事業「結の台所」の運営


<本件に関するお問い合わせ先>
シニアライフクリエイト広報事務局
担当:柴山(070-1389-0172)
メール:pr@netamoto.co.jp
TEL:03-5411-0066  
FAX:03-3401-7788

投稿日:

インスリンペンの世界市場、2027年に88億米ドル規模を突破見込み(The Insight Partners発行レポートより)

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「インスリンペン - 世界市場の分析と予測:製品タイプ別)、用途別、流通チャネル別、地域別」 (The Insight Partners) の販売を2月19日より開始いたしました。

世界のインスリンペンの市場価値は、2018年に41億9970万米ドルに達しました。2019年から2027年まで、同市場はCAGR8.8%で成長し、2027年には88億6200万米ドルを突破すると予想されています。
インスリンペン市場は、製品タイプに基づき、使い捨てと再利用に区分されます。2018年、使い捨てセグメントは、製品タイプ別で同市場最大のシェアを有しました。使い捨てインスリンペンは、その使いやすさ、低価格、針からの感染症リスクの低さといった利点から、2027年まで市場シェアを支配すると予想されています。また、大手医薬品メーカーが新たに発売したインスリン投与のプレフィルドカートリッジの使用増加により、同様のセグメントで2019年から2027年の予測期間中に9%の最速成長率が見込まれています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210374&id=bodyimage1

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tip862089-insulin-pens-market-global-analysis-forecasts-by.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

投稿日:

ネオアンチゲン癌ワクチン市場の成長、Tedopi上市によりはずみ

2020年02月18日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ネオアンチゲン癌ワクチンの世界市場:核酸/DNA/mRNAワクチン・RNAワクチン・ペプチドワクチン・樹状細胞ワクチン - 分析と予測 (2020-2030年)」 (BIS Research Inc.発行) の販売を2月18日より開始いたしました。

ネオアンチゲン癌ワクチンの市場はいまだ初期段階にあり、3分の2以上のネオワクチンが開発の初期段階にあると言います。しかし、OSE Immunotherapeutics、Immunovative Therapeutics、Medigene、Rocheなどの企業は、今後数年以内にネオワクチンを上市するという目標を掲げています。ネオアンチゲン癌ワクチン市場は、OSE Immunotherapeuticsが開発中のTedopiが上市されることにより、2023年以降に勢いを増すと予想されています。

汎用製品とオーダーメイド製品の比率に関して言えば、2023年にオーダーメイドが市場の大半88.90%を占め、この傾向は2023-2030年の予測期間中に継続する予定です。オーダーメイド製品の大部分は臨床開発の中間段階にあり、予測期間中に市場に投入されることが期待されています。

ペプチド製品は2023年において39.50%と最大の比率を占めると予測されています。開発中の製品構成は2023年以降大きく変化することがないため、この傾向は予測期間を通じて継続するでしょう。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210342&id=bodyimage1

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/bis920952-global-neoantigen-cancer-vaccine-market-focus-on.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



投稿日:

【無料セミナー】「世界における腹腔鏡手術用ロボット市場の展望」2020年3月13日(金)開催-お申込み受付中

株式会社グローバルインフォメーションは、「腹腔鏡手術用ロボット」に関する無料セミナーを市場調査会社DRG (Decision Resources Group)社(本社米国)と共催いたします。

※当セミナーは、講師がDRG社のインドオフィスで行う講演を東京のセミナー会場にライブ中継でお届けいたします。

【セミナー概要】
世界における腹腔鏡手術用ロボット市場は、ロボットを用いた手技数の増加や低侵襲手術の需要増加、手術用ロボット技術の受け入れ、新たな革新的ロボットシステムの上市およびロボット下手術の有用性を示す臨床エビデンスの増加により、2027年まで顕著に成長するとみられます。本講演では、米国、欧州、アジア地域における腹腔鏡手術用ロボット市場の今後10年間のトレンドについて言及します。

【アジェンダ】
※ 下記の予定は現時点のものです。 内容が変更される場合がございます。
2020年3月13日(金)
14:30 ~ 15:00 開場・受付開始
15:00 ~ 15:10 株式会社グローバルインフォメーション 会社案内
15:10 ~ 15:20 DRG社 会社案内
15:20 ~ 16:00 「世界における腹腔鏡手術用ロボット市場の展望」
講演者 Raghav Tangri氏 DRG シニアアナリスト
16:00 ~ 16:15 質疑応答
16:15 ~ 16:20 閉会の挨拶

開催日:2020年3月13日(金)
開催時間:15:00~16:20 (開場・受付開始:14:30 講演開始:15:00予定)
開催場所:日本橋ライフサイエンスビル 1004会議室 (東京都)
〒103 -0023 東京都中央区日本橋本町2-3-11
言語:英語 * 通訳のご用意はございませんが、質疑応答時は会場のスタッフがサポートさせていただきます。
参加費:無料
参加:事前登録制
下記URLよりお申込みください。
https://www.gii.co.jp/seminar/mrg924077/

※DRG社の意向により、調査会社の方のご参加はご遠慮いただけますよう、お願いいたします。

【DRG社について】
DRG (Decision Resources Group) は、米国ボストンを本拠に、ロンドン、東京、シンガポールなど世界17カ国に展開、ヘルスケア/ライフサイエンス分野に関する独自の分析・評価を行い、世界の主要製薬企業約200社に各種アドバイザリー・サービスを提供しています。医療機器、医薬品、およびバイオテクノロジー産業において、独占方法論、厳密な定量分析によって報告された市場調査レポートとカスタマイズされたコンサルタント業務により、専門チームによる長年の経験に裏付けられた信頼のおける貴重な市場情報をクライアントに提供します。

< DRG発行レポート>
https://www.gii.co.jp/publisher/mrg/

【講演者プロフィール】
Raghav Tangri 氏 DRG シニアアナリスト
Raghav Tangri氏は、DRGが展開するMedtech Insightsの整形外科、歯科、および美容チームのシニアアナリストであり、美容機器市場を専門としています。Tangri氏はAesthetics Journalで取り上げられ、政策の提言と分析に関するホワイトペーパー執筆に関わってきました。また、消化器用機器、開放型および腹腔鏡用デバイス、ヘルニア修復デバイス市場など、内視鏡デバイスの分野の専門知識も有しています。Tangri氏は、デリー工科大学でバイオテクノロジーの学士号、インペリアルカレッジロンドンでライフサイエンスの修士号を取得しています。

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210306&id=bodyimage1

投稿日:

職場にも影響!新型コロナウイルスへの対応と意識調査

日本において、新型コロナウイルスに関連した感染症の症例報告があったことに伴い、医療法人社団SEC新宿駅前クリニック(https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/)は「新型肺炎の対策及び意識調査」を行いました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210089&id=bodyimage1

働いている人の9割近くが、新型肺炎への不安を感じている
中国武漢を中心に感染が拡大する新型コロナウイルスに対して、社会人を対象に職場での感染の不安、仕事にどう影響を及ぼすのか、また会社での対策を必要と考えているかなどの意識調査を行いました。
多くの人が不安と危機感を持っている様子が明らかになりました。

■30~40代を中心とした男女へのアンケート調査(アンケート年代・性別比率)
・20代:35人(17.5%)、30代:83人(41.5%)、40代:58人(29%)、50代:21人(10.5%)、60代以上:3人(1.5%)
・女:107人(53.5%)、男:92人(46%)、それ以外:1人(0.5%)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210089&id=bodyimage2

■新型肺炎(新型コロナウイルス)について不安を感じてますか?
不安:91人(45.5%)、やや不安:82人(41%)、あまり不安ではない:26人(13%)、不安ではない:1人(0.5%)

9割近い人が不安を感じているという結果になりました。事態の収束や仕事への影響、ウイルスの感染力や毒性が分からないため、不安を感じている人が多いようです。

感染・健康についての不安として、以下のような意見が出ました。

気管支が弱いので感染すると症状が重くなるのではないか不安。(50代:男性)
子供が小学校と保育園なので子供たちに感染したらと思うと不安になります。(30代:女性)
土日は都心に出て遊びたいが、感染力が強いので出歩くにも不安。(20代:女性)

社会・経済についての不安として、以下のような意見が出ました。

観光客が減少して商品の売り上げも悪くならないかということ。(30代:男性)
会社の業績が、中国に期待しているからきつい。(40代:男性)
非正規雇用のため休業補償がなく、自分が掛かった場合や、家族の看病などで休みが長引いた場合、生活費が大幅に減るので生活がとても心配。(40代:女性)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210089&id=bodyimage3

■今後、日本に新型肺炎(新型コロナウイルス)の感染が広がっていくと思いますか?
思う:83人(41.5%)、やや思う:80人(40%)、あまり思わない:36人(18%)、思わない:1人(0.5%)

多くの人が今後日本で感染が広がっていくと考えており、そのため不安を感じている面が強いようです。
感染を警戒して外出を避けている人も多く、以下のような意見も出ました。

外国人観光客が集まりそうな観光スポットや人口密度が高い所には近寄らないようにしている。(40代:男性)
冬のイベントや子供が多くいる場所は控えてる。(20代:女性)
国内ではないが、中国(上海)への旅行を計画していたためキャンセルした。(30代:女性)

■勤務先で新型肺炎(新型コロナウイルス)について何かアナウンスや対策などの通達はありましたか?
あった:46人(23%)、ない:154人(77%)

会社がアナウンスや対策を出しているところは2割程度ですが、接客業やサービス業、海外との取引が多い職場では、対策や注意喚起などが行われており、以下のように実施がされています。

中国への海外出張の制限、海外とはテレビ電話などの活用、出張からの帰国時の注意などの指示が出された。(団体職員/50代:男性)
お客様に会わない裏同線ではマスク着用必須になった(ブライダル/20代:女性)
もともとマスクの着用は病気などの時の許可制だったのが、自分だけの判断で着用してもいいことになった。(販売員/50代:女性)

勤務中についての不安として、以下のような意見が出ました。

外貨窓口のため中国からの来客が心配。(銀行員/20代:女性)
出張の際に不特定多数の人と接触するのが不安(公務員/50代:男性)
塾講師なので、もし子供たちの間で集団感染が起こると心配だし仕事にならないので不安。(塾講師/30代:女性)

また今後会社からどのような対策を講じてほしいかという質問には、以下のような意見が出ました。

無視できないほどの拡大が確認されれば、リモートワークや自宅待機の指示があるとベスト。(Webデザイナー/20代:男性)
ホテル内なので、宿泊客がどこから来た人なのかを従業員に知らせて欲しい。(飲食店ホール/30代:女性)
アルコール消毒の義務付け、マスク着用の義務付け。(会社員/50代:男性)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210089&id=bodyimage4

■個人的に新型肺炎(新型コロナウイルス)の対策を行っていますか?また、新型肺炎の予防のためにマスクを購入しましたか?
・個人的な対策/行っている:37人(18.5%)、やや行っている:71人(35.5%)、あまり行っていない:54人(27%)、行っていない:38人(19%)
・マスクの購入/購入した:79人(39.5%)、購入したいと思っている:61人(30.5%)、購入する予定はない:60人(30%)

半数近くが自主的に対策を行っている結果となりました。風邪と同じ予防対策が効果的ということもあり、マスクをすでに購入している人も多いようです。
自主的な予防対策として、以下のような意見が出ました。

アルコール除菌を持ち歩き、マスクも複数枚持ち歩いている。(医療事務員/20代:女性)
幼児相手の仕事はマスクをするのがためらわれる(言葉がわからない子供は大人の表情を見るため)ので、10分おきに水分を少し飲んでのどにウイルスが付着しないよう徹底している。(幼児塾講師/30代:女性)
普段からだが、マスクを着用している。また、子どもは手洗いを励行している。(研究開発/30代:男性)

■どの媒体から新型肺炎(新型コロナウイルス)の情報収集をしていますか?
Web、SNS:103人(51.5%)、テレビ:86人(43%)、情報収集を行っていない:5人(2.5%)、その他:6人(3%)

ネットやテレビで情報収集を行っている人が9割以上という結果になりました。
情報収集についての不安として、以下のような意見が出ました。

フェイクニュースによるパニック。(50代:男性)
今の情報が、どれほど正しいのかが分からないこと。(40代:女性)
一部マスコミによる不安を煽った情報で、多くの人が過剰反応してしまう。(30代:女性)

では現時点でどのような情報を信用し、行動すればいいでしょうか。

■医療法人社団SEC新宿駅前クリニック(https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/)の蓮池 林太郎院長の解説
正しい情報かどうか不安を感じる場合は、厚生労働省や国立感染症研究所のホームページなど、信用度の高い公的機関からの情報を参考にするようにしましょう。
また対策としては、風邪やインフルエンザと同様に、うがい、手洗い、マスクの着用などの基本的な感染症対策が予防になります。
武漢市から帰国・入国される方、またこれらの方と接触された方で、咳や発熱などの症状がある場合には、事前にお住まいの地域の保健所や医療機関に連絡し、受診するようにしてください。その際、武漢市に滞在・また滞在した方と接触していたことを申告するようにしてください。

調査対象: 社会人の男女
実施時期: 2020年1月28日(火)~2020年1月29日(水)
調査手法:インターネット調査
有効回答数:200名(調査)

※当データ使用の際は、「医療法人社団SEC新宿駅前クリニック」の記載と「https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/」のリンクをお願いいたします。

〈会社概要〉
●医療法人社団SEC/新宿駅前クリニック
東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F
https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/
https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.com/
●蓮池林太郎公式ホームページ
https://www.hasuikerintaro.com

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210089&id=bodyimage5

投稿日:

オンコロジーインフォマティクス医薬業界向け応用市場 2018年の12億4,000万ドルからCAGR7.30%で拡大し、2025年には20億8,000万ドルに成長

2020年02月14日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「オンコロジーインフォマティクスの世界市場 - 競合情勢・製品・エンドユーザー・地域の導入:分析と予測 (2019-2025年)」 (BIS Research Inc.発行) の販売を2月14日より開始いたしました。

創薬においてオンコロジーインフォマティクス過去10年間で重要性を増しています。オンコロジーインフォマティクスの人気の主な理由は、次世代シーケンシングや非侵襲的/低侵襲診断技術などのさまざまな技術から生成されたデータの分析です。インフォマティクスの応用により、データセマンティクスや視覚分析などのツールが業界で使用されています。これらのツールの使用により、研究の有効性、予測性が向上し、科学者間の効果的なチームワークが促進されました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210207&id=bodyimage1

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/bis920947-global-oncology-informatics-market-focus-on.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

投稿日:

「骨移植&代替品の世界市場:製品別(同種移植片、骨移植片代替品、細胞ベース基質(CBM))、用途別(脊椎固定術、外傷頭蓋顎顔面外科手術、関節再建、歯科骨移植)」市場調査レポートを販売開始

2020年2月17日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「骨移植&代替品の世界市場:製品別(同種移植片、骨移植片代替品、細胞ベース基質(CBM))、用途別(脊椎固定術、外傷頭蓋顎顔面外科手術、関節再建、歯科骨移植)」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「骨移植&代替品の世界市場:製品別(同種移植片、骨移植片代替品、細胞ベース基質(CBM))、用途別(脊椎固定術、外傷頭蓋顎顔面外科手術、関節再建、歯科骨移植)」市場調査レポートの販売を2020年2月17日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。骨移植&代替品の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:骨移植&代替品の世界市場:製品別(同種移植片、骨移植片代替品、細胞ベース基質(CBM))、用途別(脊椎固定術、外傷頭蓋顎顔面外科手術、関節再建、歯科骨移植)
◆英語タイトル:Global Bone graft and substitutes Market Size study, by Product (Allografts, Bone Graft Substitutes, Cell Based Matrices (CBM)) By Application (Spinal Fusion, Trauma Craniomaxillofacial Surgery, Joint Reconstruction, Dental Bone Grafting) and Regional Forecasts 2019-2026
・商品コード:BZW20FB020
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2020年1月21日
・ページ数:約200
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
・産業分野:薬物&治療薬

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本調査レポートでは、骨移植&代替品の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、製品別(同種移植片、骨移植片代替品、細胞ベース基質(CBM))分析、用途別(脊椎固定術、外傷頭蓋顎顔面外科手術、関節再建、歯科骨移植)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。

・エグゼクティブサマリー
・市場の定義・範囲
・市場動向
・産業分析
・骨移植&代替品の世界市場:製品別(同種移植片、骨移植片代替品、細胞ベース基質(CBM))
・骨移植&代替品の世界市場:用途別(脊椎固定術、外傷頭蓋顎顔面外科手術、関節再建、歯科骨移植)
・骨移植&代替品の世界市場:地域別
・競争状況
...

※「骨移植&代替品の世界市場:製品別(同種移植片、骨移植片代替品、細胞ベース基質(CBM))、用途別(脊椎固定術、外傷頭蓋顎顔面外科手術、関節再建、歯科骨移植)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/global-bone-graft-substitutes-market-bzw20fb020

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210241&id=bodyimage1

投稿日:

国際会議「Digital Medicine Congress-デジタルメディスン学会」(Cambridge Healthtech Institute主催)の参加お申込み受付開始

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバルインフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2020年6月2-4日 米国 マサチューセッツ州 ボストンにて開催されますCambridge Healthtech Institute主催 国際会議 「Digital Medicine Congress-デジタルメディスン学会」の代理店として参加のお申込み受付を2月17日より開始致しました。

デジタルメディスンのオピニオンリーダーが技術革新と協調に向けた取り組みを推進

デジタルメディスンは、新たな種類のデジタルセラピューティクスと併用製品の導入を促し、デジタルバイオマーカーとリアルワールドエビデンスを用いた患者中心の臨床試験と研究を実現することで医療サービスと医療活動の変革を促します。また、センサーとウェアラブルデバイスによる継続的かつリアルタイムの患者モニタリングを可能にし、処方薬の服薬遵守を改善し、人工知能 (AI) による患者管理を実現することで、精密医療を新たな段階へと進化させるという役割も担っています。

デジタルメディスンの分野における協調と技術革新の促進を目的としたCambridge Healthtech Institute (CHI) 主催の第2回Digital Medicine Congressでは、製薬会社やIT企業、研究機関、診療所、医療機関、保険者、投資家、起業家などさまざまな組織に所属するオピニオンリーダーや幹部が一堂に会し、4つの総合的なカンファレンスプログラムのなかで意見を交換し、親交を深めます。

カンファレンスプログラム

・デジタルセラピューティクス
・デジタルヘルスケア
・臨床試験分野におけるデジタルイノベーション
・エグゼクティブサミット:デジタルヘルスを実現するための戦略

株式会社グローバルインフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、英語、韓国語、中国語で「Digital Medicine Congress-デジタルメディスン学会」の情報を提供するとともに、会議の参加のお申し込みを承っております。

会議:「Digital Medicine Congress-デジタルメディスン学会」
開催日:2020年6月2-4日
開催地: 米国 マサチューセッツ州 ボストン:Hynes Convention Center, Boston, MA USA
概要、お申し込みはこちら: https://www.giievent.jp/chi923867/

Cambridge Healthtech Institute代理店
株式会社グローバルインフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210210&id=bodyimage1

投稿日:

国際会議「Biotherapeutics Analytical Summit-生物学的製剤分析サミット」(Cambridge Healthtech Institute主催)の参加お申込み受付開始

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバルインフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2020年6月1-5日 米国 バージニア州 アレクサンドリアにて開催されますCambridge Healthtech Institute主催 国際会議 「Biotherapeutics Analytical Summit-生物学的製剤分析サミット」の代理店として参加のお申込み受付を2月17日より開始致しました。

Biotherapeutics Analytical Summitでは、生物学的製剤の創薬、分析法開発、薬学、プロセス開発、処方、技術開発などの分野に携わっている分析科学の研究者が一堂に会し、これまでに遭遇した問題や新たな分子の選択、開発、特性評価のベストプラクティスについて意見を交換し、臨床試験を経て製品を市場に投入するまでの期間を短縮するための方策を考えます。示唆に富むケーススタディや比較分析の手法に関する講演を聞き、技術革新の推進と開発期間の短縮を可能にする手段や技術を検討することができるこの貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

2020年のカンファレンスプログラム

6月1日~2日
Early Analytical Development of Biotherapeutics( 早期段階の生物学的製剤に対応する分析法の開発 )
Impurities & Degradants( 不純物と分解物 )
Short Course 1: Particles in Biotherapeutics: Characterization & Impact
( ショートコース1:生物学的製剤に含まれる粒子:特性評価と影響 )
Short Course 2: Advanced Analytical Technologies for Developability and Early Formulation Assessments
( ショートコース2:開発可能性と早期製剤評価のための先進的な分析技術 )

6月2日~3日
Characterizing Novel Modalities( 新たなモダリティの特性評価 )
Practical Strategies for Analytical Method Lifecycle Management for Biological Products
( 生物学的製剤に対応する分析法のライフサイクルを管理するための実践的な戦略 )

6月4日~5日
Advances in Characterization, Comparability & Similarity
( 特性評価、同等性/同質性、類似性の分野における進歩 )
Regulatory Requirements across the Product Development Lifecycle
( 製品開発のライフサイクル全体に関わる規制の要件 )
Short Course 3: Critical Quality Attributes and Testing Strategy for Biotherapeutics Development
( ショートコース3:重要品質特性と生物学的製剤開発のための試験戦略 )
Short Course 4: Gene Therapy Products: Phase-Appropriate Analytical Development Strategies
( ショートコース4:遺伝子療法薬:臨床試験の各段階に応じた分析法の開発戦略 )

株式会社グローバルインフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、英語、韓国語、中国語で「Biotherapeutics Analytical Summit-生物学的製剤分析サミット」の情報を提供するとともに、会議の参加のお申し込みを承っております。

会議:「Biotherapeutics Analytical Summit-生物学的製剤分析サミット」
開催日:2020年6月1-5日
開催地: 米国 バージニア州 アレクサンドリア:Westin Alexandria Hotel, Alexandria, VA USA
概要、お申し込みはこちら: https://www.giievent.jp/chi919844/

Cambridge Healthtech Institute代理店
株式会社グローバルインフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210209&id=bodyimage1

投稿日:

その「かゆみ」は性病が原因?男女の性のトラブル実態調査

近年、梅毒などの性感染症の増加に伴い、医療法人社団SEC新宿駅前クリニック(https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/)は「2020:性病の意識調査」を行いました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210073&id=bodyimage1

性病疑い、4割以上が経験。「自分が感染源で婚約破棄」
淋病(淋菌)やクラミジアなど年々感染数が減少しているものもあれば、梅毒のように急激に感染数が増加している感染症もあります。季節柄、乾燥や気温の変化による自律神経の乱れにより、湿疹やかゆみなどの症状が出やすいため、性病と混同し性感染症の発見が遅れることがあります。
今回の調査で、下腹部への痒みや不快感などが性病かもしれないと、多くの人が不安に感じている様子が明らかになりました。

■30~40代を中心とした男女へのアンケート調査
【質問1:アンケート年代・性別比率(小数点以下四捨五入)】
・20代:32人(16%)、30代:80人(40%)、40代:59人(30%)、50代:25人(13%)、60代以上:2人(1%)
・女:105人(53%)、男:92人(46%)、それ以外:3人(1%)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210073&id=bodyimage2

■4割以上が性病などを疑ったことがある
【質問2:性病や下腹部のトラブルが起きた、または疑ったことはありますか?】
ある:41人(20%)、疑ったことはある:49人(25%)、ない:110人(55%)

調査対象の半数近くが性病などのトラブルや疑いを持った経験があることがわかりました。性別比でも、やや男性の比率が高いものの、男女差の出ない結果となりました。
「性交渉中に出血し、生理でもなかったため性病を疑った(30代:女性)」「おしっこするときに尿道が熱くヒリヒリするような感じがした(40代:男性)」など、普段とは違う様子で性病を疑うことが多いようです。

■性病知識に自信があるのは、たったの5%
【質問3:自分は性病についての知識があると思いますか?】
ある:11人(5%)、ややあると思う:72人(36%)、ややないと思う:72人(36%)、ない:45人(23%)

「ややないと思う」「ない」を含めると、過半数以上が性病について詳しくないと感じている結果となりました。
実際にトラブルが起きた経験のある人が気をつけている点として、「コンドームなしのセックスはしないようにしている(40代:男性)」「性行為の前と後に必ず入浴しています(30代:女性)」などの回答がありました。また、「アナルなど、特殊な性行為は避けるようにしている(30代:男性)」などの意見もありました。

■結婚前の年代でトラブルが起きる人が多い結果に
【質問4:性病や下腹部のトラブルが起きた・疑ったときはいくつの頃ですか?実際に罹患したかどうかは問いません。(複数選択可)】
10代:8人、20~24歳:34人、25~29歳:37人、30~34歳:17人、35~39歳:8人、40歳以上:8人

30代~40代が中心とした調査でもあり、男女とも結婚前の年代でトラブルが起きたことが多いという結果となりました。
若いころにトラブルがあった人は「当時はインターネットが無かったので自分で調べることも出来ず暫く悩んでいた(40代:男性)」「一度かかると治らない病気で、若くして病気になり、とてもショックを受けた(30代:女性)」などの回答がありました。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210073&id=bodyimage3

■男女とも感染原因はさまざま
【質問5:自分が性病や下腹部のトラブルが起きた、または疑った要因は何ですか?】
恋人または配偶者(パートナー):26人(29%)、パートナー以外との性交渉:21人(23%)、性風俗店:16人(18%)、自分(不衛生にしていたなど):16人(18%)、場所・環境:5人(5%)、その他:6人(7%)

原因/恋人または配偶者(パートナー)
タイに旅行に行っていた恋人が性病を持って帰ってきたので自分にもうつったかと思うと気持ちが落ち着かず病院に行きました(40代:女性)
相手の下腹部があれているのに性行為を行った。「とびひ」だと診断された。(30代:男性)

原因/パートナー以外との性交渉
遊び半分で性交渉した相手が性病になったという話を聞いて、自分にもうつったと思った(40代:女性)
海外で単身赴任していた時に地元の子と性交渉を持った(50代:男性)

原因/性風俗店
衛生観念の欠片もないような安いピンサロに入ってしまったこと(30代:男性)
ソープランドの高級店だったので、コンドームをつけないで挿入したこと(40代:男性)

原因/自分(不衛生にしていたなど)
汚れた手での自慰行為(30代:男性)
インフルエンザで何日間かお風呂入ってなかったし下着もあんまり変えてなかったので(30代:女性)

などの回答がありました。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210073&id=bodyimage4

■医師やパートナー以外には相談しにくい
【質問6:性病や下腹部のトラブルが起きたら誰に相談しますか?(複数選択可)】
医師(病院):120人、恋人または配偶者:67人、ネット掲示板・SNSなど:45人、性行為の相手:29人、友達:25人、誰にも相談しない:12人、身内:12人、先輩:7人、後輩:2人

「親や友人にも話せないのですぐ病院へいきました(30代:女性)」「インターネットで性病に関して色々と調べたり、会社の先輩に相談をした。(30代:男性)」「悩んだ末に病院にいったらカンジダと言われた。妊婦さんでもないのですごく恥ずかしかった(30代:女性)」など、周囲に相談しにくく、病院に行くのもためらう人もいる結果となりました。

では実際、性病に罹患したと思ったらどうすればいいのでしょうか。

■医療法人社団SEC 新宿駅前クリニック(https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/)の蓮池 林太郎院長の解説
「パートナーや性交渉の相手と症状を確認するのは大事ですが、ネットやSNSの情報の中には誤った情報や、自分の症状と一致しない場合も多くあります。自己判断はせず、医師の診断を仰ぎましょう。性感染症は自覚症状が出ないことも多いため、症状に気が付かず悪化させたり、他者へ感染させてしまいます。病院に行く場合は、男性は泌尿器科又は皮膚科、女性は産婦人科で診察されており、口腔内の性感染症に関しては耳鼻咽喉科で診察している場合もあります。事前に病院に確認をしてから受診すると安心です。再発予防には下腹部を不潔にせず、コンドームの使用や、感染が疑われる相手との性的交渉を避けるなどしましょう。」

調査対象: 20歳以上の男女
実施時期: 2020年1月21日(火)~2020年1月22日(水)
調査手法:インターネット調査
有効回答数:200名(調査)

※当データ使用の際は、「医療法人社団SEC 新宿駅前クリニック」の記載と「https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/」のリンクをお願いいたします。

〈会社概要〉
●医療法人社団SEC/新宿駅前クリニック
東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F
https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/
https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.com/
●蓮池林太郎公式ホームページ
https://www.hasuikerintaro.com

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210073&id=bodyimage5

投稿日:

今ウイルス対策が必要な時期! 『OX(オックス)シリーズ』FacebookページやInstagram開設

株式会社OTOGINO(オトギノ:代表取締役社長 鬼武公洋 本社 大分県日田市北友田 2 丁目 2123 番地 1)は、E-コマースにて販売中の除菌消臭剤『OX(オックス)シリーズ』のFacebookページとInstagramを2020年1月28日に開設致しました。
OXシリーズとは、これまでの除菌・消臭スプレーの問題を全て解決した、安全且つ最新の除菌消臭・ウイルス対策製品です。
国立感染研究所ではインフルエンザの流行レベルを発表しており患者数が増加傾向にあります。
OXシリーズとしてウイルス対策に対する情報を発信するために、OXのFacebookページとInstagramを開設致しました。

■『OX(オックス)シリーズ』Facebookページはこちら
https://www.facebook.com/oxmist/

■『OX(オックス)シリーズ』Instagramはこちら
https://www.instagram.com/ox_series/

■『OX(オックス)シリーズ』Twitterはこちら
https://twitter.com/ox_mist



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210122&id=bodyimage1


『OXシリーズ』の特徴
★ウイルスや細菌を一瞬で99.9%除菌
★カビや花粉も分解
★災害時の衛生管理に
★悪臭の原因菌を元から分解し、超強力消臭
★反応後は水へと変化。赤ちゃんやペットにも優しい
★特許製法の安定化次亜塩素酸水で、長期保存が可能
★塩素やアルコールの様に臭いが残らず色落ちもなし



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210122&id=bodyimage2


今までの除菌消臭剤との違い
今まで不可能とされていた「濃度の安定化」に成功!それにより、身体や環境に優しい低濃度で効果の高い製品となりました。

■ 除菌剤として一般的な次亜塩素酸ナトリウムの約80倍もの効果!
■ 今までの次亜塩素酸水の重大な欠点だった長期保存が可能に!

OXシリーズは成分の大半が次亜塩素酸(HClO)でできています。次亜塩素酸(HClO)は、菌の細胞膜をも瞬時に破壊する優れた成分です。
今までの除菌消臭剤の成分は、プールや水道などの消毒に利用される塩素系漂白剤の成分である次亜塩素酸ナトリウム(ClO-)が大半を占めています。除菌力はありますが反応速度が遅く、いつまでも塩素臭が残るのが特徴です。
また、様々な生成方法がある次亜塩素酸水はHClOが主成分ですので優れた除菌効果はありますが、その成分が安定しないため直ぐに効果がなくなることが弱点です。OXシリーズの安定化次亜塩素酸水は、次亜塩素酸ナトリウムのナトリウム部分だけを独自の技術(特許取得)で取り除くことに成功した、非常に安定的な成分です。
強力な除菌力を維持しつつ1~3年の長期保存が可能です。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210122&id=bodyimage3


OX(オックス)の優れた除菌・消臭・安全性
(1)かけた瞬間!即効除菌&消臭!ウイルスや細菌、カビ、花粉を不活性化
アルコールなどでは効かないウイルスや菌を99.9%瞬間除菌可能な安定化次亜塩素酸水です。
消臭力にも優れており、悪臭の原因菌を細胞レベルで不活化。花粉タンパク質も分解します。

(2)新製法だからOXシリーズは長期保存!濃度がかわらず除菌・消臭力が安定
一般的な次亜塩素酸水は絶大な効果がありながら保存性が低く、2~3ヶ月で効果がなくなる事が唯一の欠点でした。
OXシリーズは不純物を極限まで取り除く新製法(特許取得済み)で製造する事により、1~3年の長期保存を実現しました。

(3)NO塩素NOアルコール!べたつかない!白残りしない!
塩素やアルコールのように臭いが残りません。乾いても成分が白く残りませんので二度拭きも不要です。

(4)ペットや赤ちゃんにも優しい水のような除菌水
成分が菌やウイルス、悪臭の原因菌に触れると、一瞬で細胞を破壊して不活化します。
反応後は水と酸素、微量の塩化ナトリウムに変化。有害物質は一切発生せず、香りでごまかすマスキングタイプとも異なります。
吸い込んでも害がなく、ペットや赤ちゃんにも安心な水のように優しい成分です。

(5)より安全な商品を目指し、HACCPの考えに基づいた、食品基準をクリアする衛生環境で製造
大切な原料の1つである純水は、日本有数の水郷「日田市」の地下水を使用し、食品レベルの衛生基準に適合した飲料の工場で製造しています。


★用途で選べる2つの濃度 「OXミストとOXシャワー」

『OXミスト』 毎日の除菌・消臭・衛生管理に
調理道具や食器にも使えて、赤ちゃんにも安心の50ppm!
・まな板、包丁などの調理器具の除菌 ・テーブルや食器、家具 ・お子様の玩具の除菌、消臭
・哺乳瓶、おしゃぶり、おもちゃ、水筒、スプーン ・マスクや歯ブラシの除菌 ・花粉対策
・加湿器に入れて空間除菌 ・ペット用品の除菌・消臭 ・キャンプなどのアウトドアに

【価格】※2020年2月14日現在
■300mlボトルタイプ 1,000円(税込) ■詰め替え用1L 2,000円(税込)

『OXシャワー』 頑固な臭いの強力消臭・除菌
洗いづらい大きな物や臭いのきつい車内、室内ファブリックなどにお薦めの100ppm!
・寝室やベッドの消臭 ・部屋干しの衣類 ・玄関や靴の消臭 ・車内の消臭
・ソファーやカーテンなどにしみついた臭い ・ペットのトイレや寝具 ・災害時の衛生管理
・エアコンフィルターの除菌 ・着ぐるみや衣装などの消臭除菌
・介護施設での消臭、ウィルス対策 ・ホテルでのタバコの臭い、部屋の除菌

【価格】※2020年2月14日現在
■300mlボトルタイプ 1,700円(税込) ■詰め替え用1L 2,300円(税込)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210122&id=bodyimage4


【OXシリーズ販売サイト】
■オフィシャルサイト https://www.oxmist.jp/
■楽天市場店 https://item.rakuten.co.jp/otogino/c/0000000806/
■PayPayモール https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/maborosiya/category/oxa5b7a5ea/
■Amazon店 https://www.amazon.co.jp/dp/B07F42Y25T
■ツクツク店 https://tsuku2.jp/ec/viewDetail.php?itemCd=08119025671210


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社 OTOGINO
担当者 総合企画営業本部 ブランド推進室 熊谷(クマガエ)
所在地 〒877-0078 大分県日田市北友田2丁目2123番地1
電話番号 0973-26-0509
FAX番号 0973-28-7799
Mail  public@otogino.co.jp

【株式会社OTOGINOについて】
屋号 株式会社OTOGINO(オトギノ)
代表取締役 鬼武公洋
本社住所 〒877-0078 大分県日田市北友田2丁目2123番地1
TEL 0973-26-0444 / FAX 0973-26-0445
ホームページ https://www.otogino.co.jp/
Facebookページ https://www.facebook.com/OTOGINO
設立 2003年8月8日

投稿日:

職場の大迷惑!インフルエンザ・ハラスメントの実態調査

インフルエンザの流行のピークに差し掛かり、医療法人社団SEC 新宿駅前クリニック(https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/)は「2020:仕事とインフルエンザの認識調査」を行いました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210063&id=bodyimage1

4割がインフルエンザ・ハラスメントを経験「職場でパンデミックが起きた」

働き方改革に関連した福利厚生充実の一環で、感染力の高いインフルエンザウイルスへの対策として、最近はシーズン前に予防接種を推奨し、社員に補助金を出すなど力を入れている会社も増えてきています。
とは言え、インフルエンザなのに会社に出社してきたり、完治していないのに関わらず出社を強要するなどの「インフルエンザ・ハラスメント」により、社内に感染が広がるといった事態が起きています。
調査から、インフルエンザ感染への意識の低い一部の人が職場に感染を広げていく実態が明らかになりました。

■30~40代を中心とした男女へのアンケート調査
【質問1:アンケート年代・性別比率(小数点以下四捨五入)】
・20代:38人(19%)、30代:86人(43%)、40代:53人(27%)、50代:17人(9%)、60代以上:5人(2%)
・女:106人(53%)、男:92人(46%)、それ以外:2人(1%)

■職場でインフルエンザが流行した経験のある人は約8割にも上る
【質問2:職場でインフルエンザが流行した時の感染者はどれくらいいましたか?】
特に流行したことはない:47人(23%)、職場の1割以下:86人(43%)、職場の2割ぐらい:38人(19%)、職場の3割ぐらい:17人(8%)、職場の5割ぐらい:9人(5%)、それ以上の感染者が出た:3人(2%)

多くの人が職場でインフルエンザが流行するという経験をしていました。

「一人インフルエンザになると順番にうつっていって、結局全員がかかった。(30代:女性)」「感染者から同心円状に感染が拡大した(40代:男性)」といった意見からも、少人数の感染から職場全体に感染が広がることがわかります。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210063&id=bodyimage2

■3割以上がインフルエンザの可能性があっても出社する
【質問3:インフルエンザかもしれないと感じた際に出社しますか?】
出社しない(病院に行く):132人(66%)、症状が酷くない場合は出社する:39人(19%)、外せない仕事がある場合は出社する:16人(8%)、基本的に出社する(昼休みや仕事終わりで病院に行く人も含む):13人(7%)

意外にもインフルエンザの可能性があっても出社する人が多く、危機感の強い人と薄い人の二極化が顕著な結果となりました。

「体調が悪くなり早退。翌日回復し出勤したが、また時間が経つにつれ体調不良。もう1日同じことが起こり、病院に行ったらインフルエンザでした。(20代:女性)」「発熱が続き病院に行ったら既に治りかけのインフルエンザだった(40代:男性)」など本人は体調不良でも診断を受けず、知らず知らずのうちに感染を拡大させるケースも目立ちました。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210063&id=bodyimage3

■気づかず完治前に出社している
【質問4:インフルエンザにかかったら何日会社を欠勤しますか?】
休まない:3人(2%)、1~2日:12人(6%)、3~4日:41人(21%)、5~6日:45人(22%)、それ以上:2人(1%)、医師の診断に従う97人(48%)

自己判断で出社する人が多く、およそ3割の人が「発症後5日を経過(学校保健安全法)」せずに出社していました。

「熱が下がった直後すぐに出社し、社内でインフルエンザを流行させた人がいました。週替わりで誰かが休んでいて大変でした。(20代:女性)」「同僚がインフルエンザと診断されたのに、1日休んだだけで平気で出社してきた。席が向かい側だったのでとても嫌だった。(60代以上:女性)」など、たとえ仕事が立て込んでいるとしても、自己判断での出社は周りに迷惑をかけていることがあります。

また、会社の規定も出社禁止期間が短く設定されていることが多く、本人はルール通り休んでいるにも関わらず、感染拡大の原因となっているケースも見受けられます。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210063&id=bodyimage4

■責任のある立場の人は出社傾向。ただ感染意識の低い人は年齢や立場に関係ない。
【質問5:インフルエンザでも出社してくる人はいましたか?またそれはどの立場の人ですか?(複数回答)】
いた:87人(43%){内訳/社長(経営者):4人、上司・先輩:59人、同僚:45人、後輩:21人、その他:12人}、いない: 113人(57%)

どの立場であっても無理して出社してくる人がいるのがわかります。ただ、部署やプロジェクトの責任者は、他の人に比べ無理にでも出社する傾向にあります。

「社長が『マスクを2枚か3枚重ねてつければインフルエンザを他人にうつすことはない』と出勤していた。(30代:女性)」「熱っぽいというので後輩を病院に行かせたら、インフルエンザでした!と会社に帰ってきて報告してきた。うつしてしまうという認識が無いと思った。(30代:女性)」などのように、立場だけでなく罹患後の対応について理解していないケースも見受けられます。

■無理に出社してくる〈無自覚ハラスメント〉
会社側や周囲は休んでほしいと思っているのに、無理に出社してきて周りに迷惑をかけてしまう例を一部ご紹介します。

納品前に、『休めないから』とインフルエンザにかかったディレクターが出社し、大勢の人が感染して欠勤者が続出。結果、納品も間に合わなくなってしまった。(30代:女性)
同僚がインフルエンザにかかって出社してて辛そうな顔しながら仕事をしていた時、上司にものすごく怒られて帰らされていました。(30代:男性)
上司が仕事中に受診してインフルエンザの診断を受けたのに、残務をずっとしていて、なかなか帰宅しなかった。(50代:女性)

■罹患中でも出社要請してくる〈強要ハラスメント〉
体調不良で完治していないのに、会社や上司が無理にでも仕事をさせようとする例を一部ご紹介します。

インフルエンザで高熱があったのに、人手不足で(資格者最低1人必置義務)出社するように言われ、出社したものの動けずに休憩室で横になっていたことがあります。(30代:女性)
インフルエンザの疑いがある時に、診断が出ることを恐れて病院に行かせてもらえなかった(40代:男性)
インフルエンザで休むと連絡してきた人のことを「普通は熱が無いなら出社するだろ」と影で言っているのを聞いてしまって以降すごく休み辛くなった(30代:女性)

インフルエンザの正しい予防、罹患後の対処についてどうすればいいでしょうか。

■医療法人社団SEC 新宿駅前クリニック(https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/)の蓮池 林太郎院長の解説。
「インフルエンザの感染経路はくしゃみや咳によって飛沫感染することがおもな原因です。ワクチンを接種したからといって、100%かからなくなるわけではありません。インフルエンザが流行する時期は、ちょうど仕事が繁忙期という方も多く、責任ある立場から『どうしても休めない』という方のお気持ちもよく理解できますが、罹患後は職場や人込みに行かないようにしましょう。『発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(学校保健安全法)』とも言われていますが、病状により異なりますので医師の判断を仰ぎましょう。予防接種以外では、うがい、手洗い、マスクの着用が予防になります。職場での感染を拡大させないためには、組織全体でインフルエンザに対しての共有認識を持ち、早期対応することが重要です。」

調査結果からも、予防意識の高い人が多数派にもかかわらず、職場で流行することがわかります。一人ひとりがインフルエンザ感染について意識をすることが、社内パンデミックを防ぐ一番のポイントです。

調査対象: 社会人経験者(20歳以上)
実施時期: 2020年1月15日(月)~2020年1月16日(火)
調査手法:インターネット調査
有効回答数:200名(調査)
※当データ使用の際は、「医療法人社団SEC 新宿駅前クリニック」の記載と「https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/」のリンクをお願いいたします。

〈会社概要〉
●医療法人社団SEC/新宿駅前クリニック
東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F
https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/
https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.com/

●蓮池林太郎公式ホームページ
https://www.hasuikerintaro.com

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210063&id=bodyimage5

投稿日:

新型肺炎を制御するの医療チームを支援するために、ジンコソーラーが1200万元を寄付した

2020年2月13日、ジンコソーラーは新型肺炎(COVID-19)の予防と管理を支援するために1200万元を寄付した。新型肺炎の発生は、社会各業界から大きな注目を集めております。 全国が「新型肺炎」と闘うために協力したとき、世界でリードする太陽光発電会社であるジンコソーラーは、社会的責任を意識的に実行し、常に新型肺炎の予防と制御の進展を注目しています。

新型肺炎の流行の予防を支援するために、湖北省の地元医療スタッフおよび湖北医療支援チームに向けのチャリティプランが開始されました。計画により、ジンコソーラー株式会社が700万元、代表取締役の李仙徳青苗基金とCEO陳康平個人と共に500万元、合計1200万元は上海市赤十字、江西省赤十字、浙江省赤十字、玉環市赤十字、上饒慈善団体、海寧慈善団体に寄付され、武漢の地元の医療スタッフとその家族への補助金として使われます。

新型コロナウイルスによる肺炎との戦いの中で、日本をはじめとして、世界各国は中国に向けた支援物資を発送し、友好的な協力関係が体現されました。そして中国企業は、強い社会的責任感と責任を取る勇気を示しています。 ジンコソーラーは、初心を忘れず、しっかり使命を覚えています。これからも引き続き新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制に注目し、世界の人々と共に健康で幸せな未来を期待します。

代表取締役李仙徳は「非難をしない、差別をしない、噂を広めない、邪魔をしない、ジンコソーラーの世界中の15,000人の従業員と、3,500人以上の顧客、約1,000のサプライヤーとパートナー、および数万人の投資家が団結し、感染防止対策の推進に力を尽くしています。新型コロナウイルスへの「戦い」、勝ちます。 SARSは世界の終わりだと思っていたが、生き延びます! 今回もきっと間違いなく勝ちます。人間を叩き潰すのは災害ではなく、無関心です!」と表示しました。

「息をするのは当然のことではありません、君に会えるのも当たり前のことではありません、国が安穏無事であるのはあり得ないことです。医療スタッフ全員に敬意を持つべきです。彼らは人々の健康と幸せを守っています!」とジンコソーラー CEO陳康平がコメントしました。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他諸国にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションサービスを提供、販売しています。2019年9月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築し、年間生産能力は、シリコンインゴットとウエハーが14.5GW、太陽電池が9.2GW、太陽光発電モジュールが15GWに達しています。

生産拠点は世界で6ヶ所あり、日本(2)、シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦と15か所の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、ナイジェリア、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員12,000人以上を雇用しております。

【セーフハーバーステートメント】
このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、このプレスリリースの原稿の提供するいかなる資料は発表日を切って有効で、いかなる将来見通しに関する記述を更新たり、公に改訂する義務を負わないものとします。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

投稿日:

新型コロナウイルス感染症に対する、厚労省の対策についての会見

2020年2月17日(月)16:00からによるコロナウィルス対策提言の記者会見を開きます。
参加を希望される方は事前に下記注意事項を読んだ上で、事前登録をお願いします。
[日時]2020年2月17日(月)15時30分開場、16時00分開始

会見者
木村もりよ氏
一般社団法人パブリックヘルス協議会 代表理事
医師、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医
1965年生れ。筑波大学医学部卒業。米国ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院疫学部修士課程修了(MPH[Master of Public Health])。ジョンズ・ホプキンス大学デルタオメガスカラーシップアワードを受賞。米国CDC(疾病予防管理センター)多施設研究コーディネイター、公益財団法人結核予防会に勤務後、厚生労働省入省。WHO(世界健康機関)コンサルタント、厚生労働省医系技官を経て、現職。独立行政法人経済産業研究所「エビデンスに基づく医療に立脚した医療費適正化策や健康経営のあり方の探求」メンバー

テーマ
「新型コロナウイルス感染症に対する、厚労省の対策について」
中国湖北省武漢市で2019年12月、新型コロナウイルスに関連した肺炎の発生が報告されました。以来、日本をはじめ世界各地から報告が続いています。公衆衛生、感染症対策のプロフェッショナルとしての視座から現状をどう見るのか。今なすべきこと、平時の備えについてうかがいます。

渋谷区・道玄坂会見場
東京都渋谷区道玄坂1丁目20-8 寿パークビル2F
JR山手線・東京メトロ銀座線・半蔵門線・京王井の頭線 「渋谷」駅 徒歩5分

主催
公益社団法人日本ジャーナリスト協会

注意事項
・受付では運転免許証など、本人確認ができる写真付きの公的身分証明書の提示をお願いいたします。提示いただけない場合、入場をお断りいたします。
・ 手荷物検査によるチェックにご協力下さい。記者会見の円滑な運営のため、撮影場所の指定、安全上の制約など、主催者側の指示にご協力ください。また、取材者同士でもお互いに譲りあうなど、一定のマナーの遵守をお願いします。
・取材内容について、当協会側から制限を加えることはありません。取材内容は、各個人が自由に各種媒体に公表することが可能ですが、その報道内容に関する責任は、参加者個人が負うものとします。
・ 質問者は挙手の上、進行役から指名された際には氏名及び所属がある場合は所属を名乗ってください。より多くの方に質問の機会を提供するため、質問は簡潔に、ひとり1問でお願いいたします。なお、時間に余裕があれば2問目の質問をすることも可能です。
・ ストロボ撮影は会見の冒頭のみとさせていただきます。またシャッター連写による音にも一定の配慮をお願いいたします。
・ 記者会見の場は、陳情・抗議の場ではありません。会見中のビラやパンフレット等の配布、ゼッケン・プラカードの掲出はご遠慮ください。
・ 記者会見の参加者は場内で自らが撮影される場合があることをご了承下さい。
・ 記者会見の運営にご協力いただけない場合は、やむをえず主催者が退席を求めることもあります。会見の円滑な進行にご協力をお願いいたします。

以 上

投稿日:

「遺伝子治療の世界市場:ベクター別、治療領域別2024年予測」リサーチ最新版刊行

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「遺伝子治療の世界市場:ベクター別、治療領域別2024年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
遺伝子治療の世界市場規模は2019年で38億ドルと推計され、今後2024年には130億ドルへと急成長が予測されます。当レポートでは、2024年に至る遺伝子治療の世界市場予測(市場規模US$)、ベクター別市場(非ウイルスベクター各種、ウイルスベクター各種)、治療領域別市場(神経疾患、がん、肝疾患、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、その他)、デリバリー別市場(体内遺伝子治療、体外遺伝子治療)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
遺伝子治療の世界市場:ベクター別、治療領域別2024年予測
Gene Therapy Market by Vectors [Non-viral (Oligonucleotides), Viral (Retroviral (Gammaretroviral, Lentiviral)), Adeno-associated], Indication (Cancer, Neurological Diseases), Delivery Method (In Vivo, Ex Vivo), Region - Global Forecast to 2024
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Gene_Therapy_2024_MAM1849.html

【レポート構成概要】
◆遺伝子治療の世界市場予測2017-2024年
・市場規模(US$)

◆ベクター別、市場-2024年
非ウイルスベクター
・オリゴヌクレオチド
・その他
ウイルスベクター
・レトロウイルスベクター
-ガンマレトロウイルスベクター
-レンチウイルスベクター
・アデノ随伴ウイルスベクター(AAVベクター)
・その他
※(市場規模US$)

◆治療領域別、市場-2024年
・神経疾患
・がん
・肝疾患
・デュシェンヌ型筋ジストロフィー
・その他
※(市場規模US$)

◆デリバリー別、市場-2024年
・体内遺伝子治療
・体外遺伝子治療
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2024年
北米
・米国、カナダ
欧州
・ドイツ、フランス、英国
・イタリア、スペイン
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国
・その他アジア太平洋
その他地域
※国地域別に全セグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス分析(ドライバー、機会、課題)
・市場シェア分析
・競合状況

◆遺伝子治療の主要企業プロフィール動向
・BIOGEN
・SAREPTA THERAPEUTICS
・GILEAD SCIENCES, INC.
・AMGEN, INC.
・NOVARTIS AG
・ORCHARD THERAPEUTICS PLC
・SPARK THERAPEUTICS, INC. (A PART OF ?F. HOFFMANN-LA ROCHE)
・MOLMED S.P.A.
・ANGES, INC.
・BLUEBIRD BIO, INC.
・JAZZ PHARMACEUTICALS PLC
・DYNAVAX TECHNOLOGIES
・HUMAN STEM CELLS INSTITUTE
・SIBIONO GENETECH CO., LTD.
・SHANGHAI SUNWAY BIOTECH CO., LTD.
・UNIQURE N.V.
・GENSIGHT BIOLOGICS S.A.
・CELGENE CORPORATION (A BRISTOL-MYERS SQUIBB COMPANY)
・CELLECTIS
・SANGAMO THERAPEUTICS
・MUSTANG BIO
・AGTC (APPLIED GENETIC TECHNOLOGIES CORPORATION)
・POSEIDA THERAPEUTICS, INC.
(全136頁)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209934&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Gene_Therapy_2024_MAM1849.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年2月10日

★関連レポート
「次世代シーケンシング(NGS)の世界市場:2025年に至る製品サービス別、用途別予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Next-generation_Sequencing_2025_MAM1844.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

投稿日:

厚労省「がん検診のあり方に関する検討会」座長 大内憲明先生による基調報告実施 “体験できる“報告会『保健事業報告懇談会』を開催

日時:2020年3月5日(木)13:00~17:10  場所:グランシップ静岡 10階・11階

社会福祉法人 聖隷福祉事業団(法人本部:静岡県浜松市/理事長:山本敏博)保健事業部(事業部長:福田崇典)主催による、第21回 保健事業報告懇談会を3月5日(木)に開催します。

 今年で21回目を迎える「保健事業報告懇談会」は、当事業部が日頃お世話になっている関係諸団体の方々をお招きし、情報交換をする場として毎年開催しているものです。 2020年4月に聖隷健康サポートセンターShizuoka(静岡市駿河区曲金)が、10周年を迎えることもあり、会場をグランシップ静岡にいたしました。
 また、“体験できる”報告会をコンセプトに、来場者が自分の健康をチェックできる参加型のブースを出展するほか、パネル展示も予定しています。

特別講演I 講師:祖父江友孝
専門はがん疫学、がん登録、がん検診の評価など。日本疫学会理事。厚労省・がん検診のあり方に関する検討会では、12年5月の第1回から構成員を務める。

特別講演II 講師:前野隆司
幸福学研究の日本第一人者。慶應義塾大学理工学部教授、ハーバード大学客員教授などを経て現職。 NHK幸福学白熱教室出演。著書に「幸せのメカニズム」「幸福学×経営学」など。


事業報告懇談会プログラム
【テーマ】「21世紀の健康像を求めて」
13:00 挨拶 
13:10 基調報告    「聖隷保健事業部における健診とがん検診」
            大内憲明/東北大学大学院 医学系研究科
                 客員教授 東北大学 名誉教授
                /社会福祉法人 聖隷福祉事業団 特別顧問

13:40 特別講演I   「がん検診にかかわる最近の話題」
            祖父江友孝/大阪大学大学院 医学系研究科
                  社会環境医学講座 環境医学 教授
15:35 事業報告
16:00 特別講演II  「幸福経営学」
            前野隆司/慶応義塾大学 大学院システムデザイン・
                 マネジメント研究科 教授
17:10 閉会


“体験できる”報告会

(1)ブース出展

肌年齢測定/腰痛予防体操/ピンクリボンアドバイザー・禁煙スペシャリストによる支援紹介/滞在型保健指導セミナー&自己血糖測定/睡眠時無呼吸症候群検査 など

来場者が自分でチェックできるものや、当事業部が行う健康支援を展示。
各ブースでスタンプを集めた方には景品を贈呈予定。

(2)パネル展示

・ミニ保健指導の実績と結果
・聖隷健康サポートセンターShizuokaの歴史
・特定保健指導実績
・聖隷予防検診センター女性検診推進プロジェクト活動紹介
・聖隷袋井市民病院のフレイル予防 など



ー 社会福祉法人 聖隷福祉事業団 保健事業部 ー
所在地  : 静岡県浜松市中区住吉2-35-8
事業部長 : 福田崇典 
業務内容 : 聖隷予防検診センター(1961年開設)と聖隷健康診断センター(1962年開設)が統合して、 1999年4月、保健事業部が発足した。2010年4月には静岡市に聖隷健康サポートセンターShizuokaを開設。生活習慣病予防・人間ドック・婦人科検診・労働安全衛生・健康増進などの事業を包括した事業を行っている。また、45台の検診車を有し、巡回健診も行っている。保健事業部の各施設では、健康診断後の精密検査・再検査を行いフォロー体制も整っている。


投稿日:

ヒドロキシプロピルセルロース、世界市場は2025年までに2億850万米ドル規模に到達予測: 優れた安定剤、増粘剤として注目(QYResearch発行レポートより)

2020年02月12日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ヒドロキシプロピルセルロース (HPC) の世界市場:2019年」 (QYResearch発行) の販売を2月12日より開始いたしました。

ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)は、水溶性でかつ有機溶解性があるため、さまざまな医薬品に取り入れられています。当レポートによると、世界のヒドロキシプロピルセルロース (HPC) 市場は2018年に1億3,740万米ドルに達し、2025年末までに2億850万米ドルに達すると予測されています。予測期間中は6.14%のCAGR (年間複合成長率) で成長する見通しです。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210004&id=bodyimage1

ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)は、保水力が高く、成分を安定させ、増粘剤としても作用するため、セルロースの代替としてさまざまな医薬品用途に使用されています。

HPCは賦形剤として作用し、薬物を長期間安定させるため、ドライアイなど涙の生成が少ないことに起因するさまざまな眼科疾患や炎症の治療に使用されています。義眼向け潤滑剤としての需要もあります。また、皮膜形成剤、コーティング剤、増粘剤、錠剤結合剤としての用途もあります。ゼラチンは体への副作用から敬遠されるようになり、食品産業でのヒドロキシプロピルセルロースの需要は急増しています。ゼラチンを含む食品の代替品として作用し、保水性、ボリューム、安定性、弾力性を高めています。

製薬会社の多くが医薬品や潤滑剤の製造にヒドロキシプロピルセルロース(HPC)を使用しているため、予測期間中に医薬品セグメントの需要増が見込まれています。

アジア太平洋地域では、資源の入手しやすさと安価な労働力により、製造拠点の増加が見込まれ、主要地域として予測期間中に市場が拡大すると予想されています。当地域における新興国の経済発展は、購買力の拡大をもたらしています。アジア太平洋地域における産業投資の増加は、当地域の需要を後押しする要因の一つに挙げられます。

ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)市場でグローバルに事業を展開している主要企業は、Ashland、日本曹達、信越化学工業、Huzhou Zhanwang、Anhui Shanhe、Shandong Ehua、Tai'an Ruitai、Shandong Headです。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/qyr920101-global-hydroxypropyl-cellulose-hpc-market.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

投稿日:

「骨密度計の世界市場:タイプ別(DXA、周辺機器[ラジオグラフィー、定量吸収計])、用途別(骨減少症&骨粗鬆症、嚢胞性線維症、体組成管理、関節リウマチ)、エンドユーザー別」市場調査レポートを販売開始

2020年2月13日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「骨密度計の世界市場:タイプ別(DXA、周辺機器[ラジオグラフィー、定量吸収計])、用途別(骨減少症&骨粗鬆症、嚢胞性線維症、体組成管理、関節リウマチ)、エンドユーザー別(病院、診断センター、その他)」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「骨密度計の世界市場:タイプ別(DXA、周辺機器[ラジオグラフィー、定量吸収計])、用途別(骨減少症&骨粗鬆症、嚢胞性線維症、体組成管理、関節リウマチ)、エンドユーザー別(病院、診断センター、その他)」市場調査レポートの販売を2020年2月13日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。骨密度計の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:骨密度計の世界市場:タイプ別(DXA、周辺機器[ラジオグラフィー、定量吸収計])、用途別(骨減少症&骨粗鬆症、嚢胞性線維症、体組成管理、関節リウマチ)、エンドユーザー別(病院、診断センター、その他)
◆英語タイトル:Global Bone Densitometer Market Size study, by Type (DXA, Peripheral [Radiography, Quantitative Absorptiometer]), by Application (Osteopenia & Osteoporosis, Cystic Fibrosis, Body Composition Management, Rheumatoid Arthritis), by End-User (Hospital, Diagnostic Centers, Others) and Regional Forecasts 2019-2026
・商品コード:BZW20FB019
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2020年1月21日
・ページ数:約200
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
・産業分野:医療機器

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本調査レポートでは、骨密度計の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、タイプ別(DXA、周辺機器[ラジオグラフィー、定量吸収計])分析、用途別(骨減少症&骨粗鬆症、嚢胞性線維症、体組成管理、関節リウマチ)分析、エンドユーザー別(病院、診断センター、その他)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。

・エグゼクティブサマリー
・市場の定義・範囲
・市場動向
・産業分析
・骨密度計の世界市場:タイプ別(DXA、周辺機器[ラジオグラフィー、定量吸収計])
・骨密度計の世界市場:用途別(骨減少症&骨粗鬆症、嚢胞性線維症、体組成管理、関節リウマチ)
・骨密度計の世界市場:エンドユーザー別(病院、診断センター、その他)
・骨密度計の世界市場:地域別
・競争状況
...

※「骨密度計の世界市場:タイプ別(DXA、周辺機器[ラジオグラフィー、定量吸収計])、用途別(骨減少症&骨粗鬆症、嚢胞性線維症、体組成管理、関節リウマチ)、エンドユーザー別(病院、診断センター、その他)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/global-bone-densitometer-market-size-bzw20fb019

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209973&id=bodyimage1

投稿日:

MJGグループ初の海外店舗、シンガポールに開業 フランチャイズによる海外事業投資を誘引

株式会社MJG(読み:エムジェイジー、本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:木﨑 優太、以下当社)はシンガポール共和国のSuntec City Mall内に、運営する『MJG整体院』初の海外店舗となる『Japanese Body Therapy MJG(読み:ジャパニーズ・ボディ・セラピー・エムジェイジー)』1号店を2020年1月28日(火)に開業しました。

■シンガポール最大規模のショッピングモールに出店。世界のゲストに確かな技術でアピール

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209930&id=bodyimage1

中国の鍼灸、タイの古式マッサージなど、各国には古来の療法があります。日本のボディメンテナンス技術である接骨も、ジュードー(柔道)・セラピーと呼ばれ、海外でもアスリートを中心に信頼が厚い施術の1つです。
この度のシンガポールSuntec City Mall出店は、東西の商業のハブとして知られる同国でアピールするアンテナショップ的な意味合いを持つ進出となります。Suntec City Mallはマリーナ地区にあるシンガポール最大規模のショッピングモールで、高級ブランドからローカルブランドに至るまで380以上のバラエティに富んだ店舗が軒を並べ、世界中から観光客を集めています。
この度の出店は、日本の伝統施術を海外にさらに広めることはもちろん、世界各国の事業投資を考えている企業に対し、当社が日本で成功を収めているフランチャイズ事業への参入を誘引することを目的としています。

店舗詳細

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209930&id=bodyimage2

店舗名:MJG整体院 シンガポール院
現地店名 Japanese Body Therapy MJG
(読み:ジャパニーズ・ボディ・セラピー・エムジェイジー)
所在地:3 TEMASEK BOULEVARD #02-612/612A SUNTEC CITY MALL SINGAPORE 038983
電話番号:+65-88-78-7837
営業時間:10:00~22:00(月曜~日曜)

■フランチャイズ展開で飛躍的に成長
当社が運営支援する『MJG接骨院』『MJG整体院』は、筋肉・骨格・骨盤に関する豊富な知識と確かな技術による安心の施術を提供する施設です。
健康に貢献するために、フランチャイズによる店舗拡大に注力し、2011年の開業から9年で計180院(2020年2月10日現在)を展開するまでになりました。その推進力となっているのが、独自の「PIMバランス整復」技術です。

独自技術「PIMバランス整復」とは
「PIMバランス整復」は、骨盤矯正(Pelvis)×インナーマッスルトレーニング(Inner muscle)×筋肉調整(Muscle)の施術により、辛さの緩和を目指すMJG整体院グループ独自の施術メニューです。PIMバランスを整えることにより、辛さの緩和、辛さの出ない身体づくりを目指していきます。確立されたメソッドがあることで、多店舗展開でもサービスクオリティを落とすことなく、高い技術を提供できます。

「PIMバランス整復」の3ステップ
P:骨盤矯正
骨盤が歪むと体全体の姿勢が崩れ、姿勢が崩れることにより骨に付く筋肉が固くなり、血液やリンパの循環を滞らせ痛みの原因になります。まずは骨盤を正しい位置に戻し姿勢を整えることで、“体の土台”を整えます。
I:インナーマッスルトレーニング
深層筋であるインナーマッスルは、骨を支える大切な筋肉。衰えると、骨盤の歪みにつながります。お腹周りのインナーマッスルは「天然のコルセット」とも呼ばれる部位。短時間でしっかりと深部筋に作用する最新の複合高周波により鍛え、将来的にも歪みにくい体を作ります。
M:筋肉調整
体の歪みにより、固くなった筋肉を緩めていきます。通常のマッサージと違いMJG独自の施術で深部の筋肉までしっかりとほぐします。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209930&id=bodyimage3

■2026年までに国内・海外あわせ1,000院を目指す
FC店舗は2020年1月現在、80院を展開。企業の事業投資先として注目を集めており、2019年には90 院(FC57院/直営33院)の出店実績があります。当社は2026年までに国内外で1,000院の開院を目指し、シンガポールでは今後30院の開院を目標としています。
日本古来の施術であるジュードー・セラピーを世界に広め、世界のどの場所でも確かで安心な施術を提供することを目標に、当社はこれからも人々の健康に貢献していきます。

【当社概要】
商号:株式会社MJG(エムジェイジー)
代表:代表取締役CEO 木﨑 優太
本社所在地:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル36階
電話:03-6258-0145
設立:2011年6月2日(2012年3月2日法人化)
資本金:50,000,000円
売上高:グループ売上63億円(2019年度)、チェーン売上75億円(2019年度)
店舗数:180院(2020年2月10日現在)
従業員数:1,700名
事業内容:
接骨院の経営/鍼灸院の経営/整体サロンの経営/エステサロンの経営/スパサロンの経営/教育事業/FC事業/MJG接骨師会の運営/療養費審査請求代行サービス

本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社MJG 広報事務局
担当:黒田(携帯080-4900-7949)
TEL:03-5411-0066 FAX:03-3401-7788
e-mail:pr@netamoto.co.jp

投稿日:

この本は大切な方に大切な思いを伝えるために作りました。ぜひこの本を読み終わった後には、あなたにとって大切な人へどうぞ手渡してください。『夫婦で始める妊活読本』2020年2月13日発売!

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『夫婦で始める妊活読本』(木下 孝一 著)を2020年2月13日に発売いたします。
――――――――――――――――――――――――――

待望の赤ちゃんを少しでも早く授かるために――
全国平均より高い妊娠率を誇る不妊治療専門クリニックの院長が妊活、不妊治療の正しい知識と現状を分かりやすく伝授。

「妊活って何から始めればいいんだろう?」
「不妊治療を受けたいけれど、どの治療法がいいの?」
「クリニックは何を基準に選べばいい?」etc……
さまざまな疑問や不安を抱えるご夫婦に向けて、より短期間で妊娠を叶えるためのきっかけとなるよう、妊活や不妊治療に関する正しい知識と現状の情報を分かりやすくまとめました。
ぜひ読み終わったあとは、大切な人に手渡してください。
ご主人や奥さまへ、彼氏や彼女へ、ご家族やお子さまへ……。
カバーを外すと男性にも手渡しやすい装丁になっています。
この一冊が多くの方に届くことで、あなたの大切な人の不妊症という悩みが消え去るかもしれません。

【書籍情報】
書 名:『夫婦で始める妊活読本』
著 者:木下 孝一(キノシタ コウイチ)
発売日:2020年2月13日
定 価:1,300円(税抜)
体 裁:四六版・並製/216ページ
ISBN :978-4-344-92524-3

【目次】
第1章 あなたの妊娠はここから始まる
第2章 データで学ぶ不妊治療の正しい知識
第3章 短期間での妊娠を目指すために……
    症状に合わせた不妊治療の進め方
第4章 事例から学ぶ
    妊活がうまくいくコミュニケーション術
第5章 つらい時期を乗り越え深まる夫婦の絆
    一緒に取り組む妊活はかけがいのない想い出となる

【著者プロフィール】
木下レディースクリニック院長
2007年藤田保健衛生大学卒業後、同大学にて初期研修開始。
2009年藤田保健衛生大学産婦人科医局にて准教授を務める。翌年、東京医科歯科大学市川総合病院にて産婦人科医師として勤め、2012年日本産科婦人科学会産婦人科専門医を取得。
その後、不妊治療専門施設に勤務し、不妊治療のプロとして技術を磨きつつ、役職経験を積む中で医師不足や先進機器導入の遅れから患者が必要な検査や治療を提供できていない状況を知る。
2018年木下産婦人科院長に就任。不妊で悩む患者に高品質な治療を提供できる環境づくりを目指し、先代の産科施設を閉院。
同年、不妊治療専門施設、木下レディースクリニックを開院。「最先端の治療を提供することで一人でも多くの患者さんに妊娠してほしい」という強い想いから、医療業界で世界初導入のKOACHシステム、培養機器、検査機器等、世界最高レベルの設備を整える。同クリニックは全国平均に比べ高い妊娠率を誇り、日本全国から多くの患者が相談にやって来る。
日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、特定不妊治療指定医療機関責任者、着床前診断実施認可施設責任者

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209660&id=bodyimage1

投稿日:

【防犯カメラのトリニティー】無料セミナー開催のお知らせ: 3月13日(金)『介護事業者向け防犯セミナー』

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209974&id=bodyimage1

防犯カメラのトータルサポートを提供する株式会社トリニティー(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:兼松 拓也)は、2020年3月13日(金)に『介護事業者向け防犯セミナー』を開催します。
本セミナーでは、利用者様や職員の皆様が安心できる環境整備に向けて、現場ですぐに役立てられる防犯対応のノウハウをご紹介します。
セミナー後には最新の介護事業者向け防犯カメラのご案内や質疑応答を実施する他、防犯設備士への個別相談も可能です。



■テーマ
介護・福祉施設の防犯体制強化対策について

■参加対象
(1)特別養護老人ホーム、護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、介護付有料老人ホーム、小規模多機能型施設、他、高齢者福祉施設等の管理者の皆様
(2)行政、社会福祉協議会で参加をご希望の皆様

■本セミナーの目的
・介護・福祉施設が整えるべき防犯体制・対応策を把握する
・介護事業者向け防犯カメラの現状を把握する

■日時
2020年3月13日(金) 14:00-15:30 (13:30受付開始)

■会場
株式会社トリニティー 名古屋本社
(名古屋市中区千代田1-10-6 トリニティービル)


【プログラム】
14:00-15:00(60分):セミナー
・介護・福祉施設で起こる犯罪の紹介
・外部から侵入する犯罪者・不審者への対策
・内部犯罪への対策
・防犯カメラが役に立った実例
・介護・福祉施設における防犯カメラの選び方
(予算・設置場所・配置方法等)
・防犯カメラのトラブル、対応策
・介護事業者向け防犯カメラレンタルサービスのご紹介

15:00-15:30(30分):
・質疑応答
・講師による個別相談 等
※その他詳細については直接お問い合わせください。

【講師】
兼松 拓也(Takuya Kanematsu)(株式会社トリニティー 代表取締役)

【受講料】
無料

【定員】
10名程度
※申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

■お申込み方法
下記のメールまで直接ご連絡ください。
※件名に「3月13日防犯セミナーについて」とご記載ください。

E-Mail:info@office-trinity.com

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209974&id=bodyimage2



■株式会社トリニティーについて
株式会社トリニティーは、2006年創業以来、防犯カメラ専門企業として設計から施工・メンテナンスまでトータルでサポートしてまいりました。法人・個人問わず、年間800件以上のお客さまへ防犯カメラ導入のお手伝いをさせていただいております。

【株式会社トリニティー ホームページサイト】
URL:https://www.trinity4e.com/

【会社概要】
会社名:株式会社トリニティー
本社所在地:名古屋市中区千代田1-10-6 トリニティービル
創業:2006年3月3日
資本金:1,000万円
代表者:代表取締役 兼松 拓也
コーポレートサイトサイト:https://www.trinity4e.com/



■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社トリニティー 名古屋本社
TEL:052-684-7110
E-Mail:info@office-trinity.com

投稿日:

「女性ヘルスケア(Women’s Healthcare)の世界市場:2024年に至る治療薬別、用途別予測」最新調査リリース

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「女性ヘルスケア(Women's Healthcare)の世界市場:2024年に至る治療薬別、用途別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
女性ヘルスケア市場は今後成長が見込まれ、その世界市場規模は2019年で96億ドル、2024年には178億ドルに達するとレポートでは予測しています。当レポートでは、2024年に至る女性ヘルスケアの世界市場予測(市場規模US$)、治療薬別市場(PROLIA、XGEVA、FORTEO、MIRENA、NUVARING、PREMARIN、ORTHO TRI-CY LO (28)、EVISTA、RECLAST/ACLASTA、ZOMETA、MINASTRIN 24 FE、ACTONEL)、用途別市場(閉経後骨粗鬆症、避妊薬、メノポーズ、ホルモン不妊症、多発性卵巣症候群、子宮内膜症、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業14社プロフィール動向などの情報も交えて、女性ヘルスケア市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
女性ヘルスケア(Women's Healthcare)の世界市場:2024年に至る治療薬別、用途別予測
Women's Health Care Market by Drugs (Prolia, Xgeva, Evista, Mirena, Zometa, Reclast, Nuvaring, Primarin, Actonel), Application (Female Infertility, Postmenopausal Osteoporosis, Endometriosis, Contraception, PCOS, Menopause) - Global forecast to 2024
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Womens_Health_Care_2024_MAM1848.html

【レポート構成概要】
◆女性ヘルスケアの世界市場予測2017-2024年
・市場規模(US$)

◆治療薬別、市場-2024年
・PROLIA
・XGEVA
・FORTEO
・MIRENA
・NUVARING
・PREMARIN
・ORTHO TRI-CY LO (28)
・EVISTA
・RECLAST/ACLASTA
・ZOMETA
・MINASTRIN 24 FE
・ACTONEL
※(市場規模US$)

◆用途別、市場-2024年
・閉経後骨粗鬆症
・避妊薬
・メノポーズ
・ホルモン不妊症
・多発性卵巣症候群
・子宮内膜症
・その他
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2024年
北米
・米国、カナダ
欧州
・ドイツ、フランス、英国
・イタリア、スペイン
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド
・その他アジア太平洋
中南米
中東アフリカ
※国地域別に全セグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス分析(ドライバー、機会、課題)
・市場シェア分析
・研究開発パイプライン
・競合状況

◆女性ヘルスケアの主要企業プロフィール動向
・AMGEN
・BAYER AG
・ELI LILLY AND COMPANY
・MERCK & CO.
・PFIZER
・ALLERGAN
・JOHNSON & JOHNSON SERVICES INC.
・NOVARTIS AG
・MYLAN NV
・LUPIN LIMITED
・AGILE THERAPEUTICS
・FERRING PHARMACEUTICALS
・BLAIREX LABORATORIES, INC.
・APOTHECUS PHARMACEUTICAL CORPORATION
(全147頁)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209933&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Womens_Health_Care_2024_MAM1848.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年2月10日

★関連レポート
「乳房イメージングの世界市場:技術別、主要国地域別2023年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/14/Breast_Imaging_2023_MAM1410.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html



投稿日:

「ワクチンの世界市場:2024年に至る技術別、疾病別予測」調査レポート刊行

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「ワクチンの世界市場:2024年に至る技術別、疾病別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
ワクチンの世界市場規模は2019年の417億ドルから、2024年の584億ドルへと漸増が予測されます。当レポートでは、2024年に至るワクチンの世界市場予測(市場規模US$)、技術別市場(結合ワクチン、不活化/サブユニットワクチン、弱毒生ワクチン、組換えワクチン、トキソイドワクチン)、タイプ別市場(1価ワクチン、多価ワクチン)、対象疾病別市場(肺炎球菌感染症、インフルエンザ、DTP、HPV、髄膜炎菌感染症、肝炎、ポリオ、ロタウイルス感染症、MMR、帯状疱疹、水痘、その他)、投与経路別市場(筋肉内/皮下投与、経口投与、その他)、患者タイプ別市場(小児患者、成人患者)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
ワクチンの世界市場:2024年に至る技術別、疾病別予測
Vaccines Market by Technology (Live, Toxoid, Recombinant), Disease (Pneumococcal, Influenza, DTP, Rotavirus, TT, Polio, MMR, Varicella, Dengue, TB, shingles, Rabies), Route (IM, SC, ID, Oral), Patient (Pediatric, Adult), Type - Global Forecast to 2024
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Vaccines_2024_MAM1853.html

【レポート構成概要】
◆ワクチンの世界市場予測2017-2024年
・市場規模(US$)

◆技術別、市場-2024年
・結合ワクチン
・不活化/サブユニットワクチン
・弱毒生ワクチン
・組換えワクチン
・トキソイドワクチン
※(市場規模US$)

◆タイプ別、市場-2024年
・1価ワクチン
・多価ワクチン
※(市場規模US$)

◆対象疾病別、市場-2024年
・肺炎球菌感染症
・インフルエンザ
・DTP
・HPV
・髄膜炎菌感染症
・肝炎
・ポリオ
・ロタウイルス感染症
・MMR
・帯状疱疹
・水痘
・その他
※(市場規模US$)

◆投与経路別、市場-2024年
・筋肉内/皮下投与
・経口投与
・その他
※(市場規模US$)

◆患者タイプ別、市場-2024年
・小児患者
・成人患者
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2024年
北米
・米国、カナダ
欧州
・ドイツ、英国、フランス
・イタリア、スペイン
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド
・その他アジア太平洋
その他地域
・南米
・その他
※地域別に全てのセグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照
※国別に技術別、患者タイプ別の細分化データ掲載
※(市場規模US$)

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・研究開発パイプライン(HIV、マラリア、ジカ熱、エボラ出血熱)
・市場シェア分析
・当局規制
・競合状況

◆ワクチンの主要企業プロフィール動向
・GLAXOSMITHKLINE PLC.
・MERCK & CO., INC.
・PFIZER, INC.
・SANOFI PASTEUR SA
・CSL LIMITED
・EMERGENT BIOSOLUTIONS, INC.
・JOHNSON & JOHNSON
・ASTRAZENECA
・SERUM INSTITUTE OF INDIA PVT., LTD.
・BAVARIAN NORDIC
・田辺三菱製薬株式会社
・第一三共株式会社
・PANACEA BIOTEC, LTD.
・BIOLOGICAL E
・BHARAT BIOTECH

(その他企業)
・SINOVAC BIOTECH, LTD.
・INCEPTA VACCINE, LTD.
・VALNEVA SE
・VBI VACCINES INC.
・PT BIO FARMA (PERSERO)

(全189頁)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209938&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Vaccines_2024_MAM1853.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年2月10日

★関連レポート
「3次元細胞培養の世界市場:製品別、用途別2024年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/17/3D_Cell_Culture2024_MAM1785.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html



投稿日:

トラックエッチドメンブレンの世界市場、2025年までに3億米ドル超規模に成長予測(QYResearch発行レポートより)

2020年02月10日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「トラックエッチドメンブレンの世界市場 (米国・EU・中国):2019-2025年」 (QYResearch発行) の販売を2月10日より開始いたしました。

当レポートによると、世界のトラックエッチドメンブレン市場は2018年に2億米ドルに達し、2025年末までに3億米ドルを超えると予測されています。予測期間中は8.2%のCAGR (年間複合成長率) で成長する見通しです。トラックエッチドメンブレンの人気の高まりが、世界的に市場機会を創出すると見込まれています。当レポートでは、トラックエッチドメンブレン市場の競合状況、セグメント、地域別シナリオ、成長促進因子、抑制因子などの包括的かつ正確な分析を提供しています。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209965&id=bodyimage1

【主なドライバー】

世界のトラックエッチドメンブレン市場の成長促進因子は次のとおりです。

・ヘルスケアおよびその他の産業におけるトラックエッチングとナノテクノロジーの組み合わせの高度な使用
・医薬品およびバイオ医薬品研究開発への投資の増加
・サンプル調製、最終ろ過、滅菌、その他の用途において高まるメンブレンフィルターへの需要
・落射蛍光顕微鏡法、寄生虫学、海洋分析、および水ろ過におけるポリマートラックエッチングメンブレンの幅広い採用
・分析試験および細胞生物学アプリケーションでのポリカーボネートトラックエッチングメンブレンの高い使用率

【バイオテクノロジー企業におけるトラックエッチングメンブレンの使用】

世界のトラックエッチングメンブレン市場は、製品の種類に基づいて、ポリイミド型、ポリエステル型、ポリカーボネート型に分類されます。ポリカーボネートトラックエッチングメンブレンは、アッセイや血漿から赤血球を除去することにより、試薬の流量制御に応用できます。エッチングメンブレン市場は、アプリケーションに基づき、学術および研究機関、医療企業、診断企業および研究所、バイオテクノロジー企業などに分類されます。

トラックエッチングメンブレンは、製品の品質改善や政府機関による厳しい品質関連規制の遵守が必要であるため、バイオテクノロジーおよびバイオ医薬品企業で重要な意味を持ちます。生体分子分野での研究開発活動の増加は、バイオテクノロジーおよびバイオ医薬品産業におけるトラックエッチングメンブレンの需要を押し上げる原動力となる可能性があります。

【収益性が見込まれる地域】

北米が今後数年間でトラックエッチングメンブレンの重要な市場になると予想される主な理由は次の通りです。

・医薬品および生物医薬品研究への注目の高まり
・先進生物製剤の開発
・ラボラトリーのろ過ソリューションに対する高い需要
・厳格な食品品質要件を満たす必要性
・主要なグローバル製薬企業の存在
・環境分析および水微生物学におけるトラックエッチングメンブレンの高い使用率

【コラボレーションによる地域拠点の拡大】

世界のトラックエッチングメンブレンの主要企業は、GE Healthcare、Chmlab Group、Merck Millipore、Wuwei Kejin Xinfa、GVS、Shanghai Nengthink、It4ip、Sterlitech、Sartorius、SABEU、Zefon International、Geyer GmbH、Oxyphenです。地域の拠点を強化するために、主要企業は重要な地域で競合するプレーヤーとのコラボレーションおよび合併契約の署名が見込まれています。新製品の発売は、世界のトラックエッチングメンブレン市場の主要企業が採用する新たな戦略となるかもしれません。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/qyr918424-global-united-states-european-union-china-track.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F




投稿日:

「解剖病理学の世界市場:製品&サービス別(機器、消耗品、サービス)、用途別(病気診断、創薬&開発、その他)、エンドユーザー別(病院、病理学研究所、研究所、その他)」市場調査レポートを販売開始

2020年2月10日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

***** マーケットレポート.jp「解剖病理学の世界市場:製品&サービス別(機器、消耗品、サービス)、用途別(病気診断、創薬&開発、その他)、エンドユーザー別(病院、病理学研究所、研究所、その他)」市場調査レポートを販売開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「解剖病理学の世界市場:製品&サービス別(機器、消耗品、サービス)、用途別(病気診断、創薬&開発、その他)、エンドユーザー別(病院、病理学研究所、研究所、その他)」市場調査レポートの販売を2020年2月10日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。解剖病理学の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
◆日本語タイトル:解剖病理学の世界市場:製品&サービス別(機器、消耗品、サービス)、用途別(病気診断、創薬&開発、その他)、エンドユーザー別(病院、病理学研究所、研究所、その他)
◆英語タイトル:Global Anatomic Pathology Market Size study, by Product & Services (Instruments, Consumables, Services), by Application (Diseases Diagnosis, Drug Discovery & Development, Others), by End-User (Hospitals, Pathology Labs, Research Institutes, Others) and Regional Forecasts 2019-2026
・商品コード:BZW20FB006
・発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
・発行日:2020年1月21日
・ページ数:約200
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後3営業日)
・調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
・産業分野:医療診断

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
本調査レポートでは、解剖病理学の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、製品&サービス別(機器、消耗品、サービス)分析、用途別(病気診断、創薬&開発、その他)分析、エンドユーザー別(病院、病理学研究所、研究所、その他)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。

・エグゼクティブサマリー
・市場の定義・範囲
・市場動向
・産業分析
・解剖病理学の世界市場:製品&サービス別(機器、消耗品、サービス)
・解剖病理学の世界市場:用途別(病気診断、創薬&開発、その他)
・解剖病理学の世界市場:エンドユーザー別(病院、病理学研究所、研究所、その他)
・解剖病理学の世界市場:地域別
・競争状況
...

※「解剖病理学の世界市場:製品&サービス別(機器、消耗品、サービス)、用途別(病気診断、創薬&開発、その他)、エンドユーザー別(病院、病理学研究所、研究所、その他)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/global-anatomic-pathology-market-size-bzw20fb006

※その他、Bizwit Research & Consulting社調査・出版の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting
https://www.marketreport.jp/bizwit-research-consulting-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はBizwit Research & Consulting社の日本での販売代理店です。Bizwit Research & Consulting社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** お申し込み方法 *****
H&Iグローバルリサーチが運営しているレポート販売サイトで、該当レポートを検索、注文可能です。EメールやFAXによるお見積依頼・注文も可能です。お支払方法は基本的に納品後の銀行振込(請求書発行)ですが、クレジットカード決済にも対応しています。

***** マーケットレポート.jpについて *****
www.MarketReport.jp(世界の市場調査資料 総合販売サイト)サイトでは世界各地のリサーチ会社が発行したプレミアム調査レポートを販売しています。日本国内市場、アジア市場、中国市場、米国市場、ヨーロッパ市場レポートなど、多様な地域レポートを取り扱っています。また、産業分析、市場規模、市場動向、市場予測、市場インサイト、競合分析、市場シェア、企業情報、価格分析など、多様な切り口での調査資料を保有しています。

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポートの企画・輸入・販売(小売)、委託調査サービス(カスタムリサーチ)

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209787&id=bodyimage1

投稿日:

WhiteningBAR歯科医師のいるセルフホワイトニング開始

WhiteningBAR歯科医師のいるセルフホワイトニング開始

株式会社ピベルダ(所在地:東京都渋谷区)が展開する日本初のセルフホワイトニング専門店ホワイトニングバーは、新しい事業として、歯科医師の在籍するセルフホワイトニング専門店を2月下旬より展開いたします。まず初めに大阪・心斎橋オーパ店より開始し、順次、歯科医師のいる店舗にしていきます。

【企画概要】
日本初のセルフホワイトニング専門店として展開を始めたホワイトニングバーは、自分自身で歯のケアを行うセルフスタイルのホワイトニングを市場に広めてまいりました。近年、歯に対する意識が高まる中、今後どのようなニーズが求められているのかを来店している約5万人のお客様の中からリサーチした結果、新たな市場価値を発見することができ、それを生かす一つの方法として、従来のセルフホワイトニングのスタイルを維持したまま、歯科医師が在籍する事業を行うことにしました。まずは、心斎橋オーパ店よりスタートし、順次全店舗に歯科医師を在籍させていきます。今後も様々な情報の発信と、新たな口腔ケアのスタイルを構築してまいります。

【当店の特徴】
当店は芸能人やモデルが通うホワイトニング専門店として全国に展開をしており、多くのお客様から高評価を頂き、すべての店舗で結果満足度も96.8%(自社アンケート)を獲得する専門のサロンです。

【店舗詳細】

店名:歯のホワイトニング専門店WhiteningBAR
HP :https://whiteningbar.jp/
店舗:全国16店舗

【会社概要及びお問い合わせ先】
会社名 : 株式会社ピベルダ WhiteningBAR事業部
住所  : 〒150-0043東京都渋谷区道玄坂2-28-5 道玄坂SUN・Jビル7階
担当  : 広報部
電話  : 070-5363-4618
メール : info@whiteningbar.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209757&id=bodyimage1

投稿日:

カップルの6組に1組が「不妊」の現代 “後悔しないため”に知るべきこと『名医が教える 妊活と不妊治療のすべて』2020年2月22日発刊

株式会社あさ出版(代表取締役:佐藤和夫、所在地:東京都豊島区)は、藤原敏博 高柳明音 著『名医が教える 妊活と不妊治療のすべて』を2020年2月22日(土)に刊行いたします。

【専門家に任せることと、自分で努力できることを知る】

 国内最多の不妊治療成功例を誇るフェニックス アート クリニック院長 藤原敏博 医師の知識、経験、技術をイラストや写真を使い分かりやすく解説しています。また摂取すべき栄養素やコンビニの活用法など普段の生活についても触れられています。専門家に任せること、自分で努力できることを知って、後悔のない治療・成果を手に入れてほしいという願いが込められた書籍となっています。
 医療機関を受診することを決めるまでに悩んでいる方、受診した後も方向性がつかめずに迷っている方に、ぜひ最初に手に取っていただきたい一冊です。


【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209891&id=bodyimage1

【書籍概要】

書籍名:名医が教える 妊活と不妊治療のすべて 
刊行日:2020年2月22日(土) 
価格:1,200円(税別)
ページ数:114ページ 
著者名:藤原敏博・高柳明音
ISBN:978-4-86667-199-4
紹介ページ:http://www.asa21.com/book/b496881.html

【目次】

PART1 不妊、つれづれなるままに
ふ・に・ん?/不妊! どうする?/不妊外来へようこそ!/診療開始:問診/
不妊の原因とそれを解明するための検査/不妊の治療/最強手段のART/実は手術が必要となることも

PART2 不妊、ここだけはおさえておきたい
卵子の老化/精子の老化/今の自分の卵巣年齢を知ろう/不妊治療のStep/年齢によって変わる治療Step/
採卵までの流れ/胚移植までの流れ/精液検査/良好精子の回収方法/Day 0(採卵当日)/Day 1(受精確認)/
胚の成長(Day 0~Day 7)/胚の評価法/体外受精/顕微授精/胚の凍結・融解/卵子凍結/
アシステッド・ハッチング/仕事と治療の両立、バランスのとり方/長期的な治療 終わりについて考える

PART3 不妊、実はこれも大事
妊娠前にしておきたい検査・ワクチン接種/喫煙とアルコールと妊娠/
葉酸~不足しがちな栄養素~/ビタミンD~脂溶性ビタミン~/男性が意識したい栄養素 亜鉛/コンビ二の活用法






【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209891&id=bodyimage2

【著者プロフィール】

藤原敏博(ふじわら・としひろ)

1961年生まれ。山口県出身。東京大学医学部卒。元東京大学医学部附属病院女性診療科・産科講師・周産母子診療部IVFセンター長。米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院への留学などを経て、2008年山王病院リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター長に就任。日本不妊カウンセリング学会理事長。2018年医療法人社団鳳凰会フェニックス アート クリニック院長に就任。(上写真)


高柳明音(たかやなぎ・あかね)
東京都出身。国際医療福祉大学生殖補助医療修士(現在博士課程に在籍中)。日本卵子学会認定生殖補助医療胚培養士、日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。 2015年~現在 東京大学医学部附属病院女性診療科・産科 IVFセンターにて胚培養士として勤務。2018年医療法人社団鳳凰会フェニックス アート クリニックの胚培養部門主任に就任。



投稿日:

「動物用薬剤配合の世界市場」調査資料(CNS剤、抗感染剤、ホルモンおよび代用品など)を取り扱い開始しました

2020年2月10日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「動物用薬剤配合の世界市場」調査資料の販売を2020年2月10日に開始いたしました。動物用薬剤配合の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:動物用薬剤配合の世界市場
■英文タイトル:Global Market Study on Animal Drug Compounding: Dearth of Generic Medications Boost Demand for Animal Drug Compounding
■出版日:2020年1月20日
■出版社:Persistence Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
当調査レポートでは、動物用薬剤配合の世界市場を調査・分析することにより、今後の方向性を明らかに提示しております。市場動向、市場背景、市場状況、価値分析、製品種類別(CNS剤、抗感染剤、ホルモンおよび代用品、抗炎症剤、その他)分析、動物種類別(コンパニオンアニマル、家畜動物)分析、製剤別(経口剤、注射剤、その他)分析、地域別分析、競合分析などを整理しております。

・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・市場背景
・市場状況
・価値分析
・動物用薬剤配合の世界市場:製品種類別(CNS剤、抗感染剤、ホルモンおよび代用品、抗炎症剤、その他)
・動物用薬剤配合の世界市場:動物種類別(コンパニオンアニマル、家畜動物)
・動物用薬剤配合の世界市場:製剤別(経口剤、注射剤、その他)
・動物用薬剤配合の世界市場:地域別
・競合分析

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/PMR-20JN012-Global-Market-Study-Animal-Drug

■調査会社Persistence Market Research(パーシステンスマーケットリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Persistence-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンターはPersistence Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
株式会社マーケットリサーチセンター https://www.marketresearch.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209782&id=bodyimage1

投稿日:

「動物用超音波診断装置の世界市場:タイプ別、用途別2025年予測」最新調査リリース

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「動物用超音波診断装置の世界市場:タイプ別、用途別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
動物用超音波診断装置の世界市場規模は2020年段階の推計3億3800万ドルから、2025年には4億4800万ドルへ増加すると予測されます。
当レポートでは、2025年に至る動物用超音波診断装置の世界市場予測(市場規模US$、台数ベースUnits)、製品別市場(カートベース超音波スキャナ、コンパクト/ハンドヘルド超音波スキャナ)、タイプ別市場(2D超音波、ドブラ超音波、3D/4D超音波)、技術別市場(デジタルイメージング、コントラストイメージング)、動物タイプ別市場(スモールコンパニオンアニマル、大型動物、その他)、用途別市場(産婦人科、循環器科、整形外科、その他)、エンドユーザー別市場(獣医科クリニック、動物病院/学術機関、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業20社プロフィール動向などの情報も交えて、動物用超音波診断装置市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
動物用超音波診断装置の世界市場:タイプ別、用途別2025年予測
Animal/Veterinary Ultrasound Market by Type (2D, 3D/4D, Doppler), Technology, Product (Portable, Cart-based), Animal (Small Companion, Large), Application (Obstetrics, Orthopedics, Cardiology), End User, and Region - Global Forecast to 2025
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Animal_Veterinary_Ultrasound_2025_MAM1847.html

【レポート構成概要】
◆ 動物用X線撮影装置の世界市場予測2016-2023年
・市場規模(US$)
・数量(Units)

◆ 技術別、市場-2023年
・CR(コンピューテッドラジオグラフィ)システム
・ダイレクトラジオグラフィシステム
・フィルムベースラジオグラフィシステム
※(市場規模US$) (数量Units)

◆ タイプ別、市場-2023年
・デジタルX線システム
・アナログX線システム
※(市場規模US$) (数量Units)

◆ モビリティ別、市場-2023年
・据置型X線装置
・携帯型X線装置
※(市場規模US$)

◆ 動物種類別、市場-2023年
・コンパニオンアニマル
・大型動物
※(市場規模US$)

◆ 用途別、市場-2023年
・整形外科、外傷
・歯科
・腫瘍学
・その他用途
※(市場規模US$)

◆ エンドユーザー別、市場-2023年
・動物病院、学術機関
・獣医クリニック
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2023年
北米
・米国、カナダ
欧州
・ドイツ、英国、フランス
・イタリア、スペイン
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド
・その他アジア太平洋
南米
中東アフリカ
※ 国地域別に全セグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・市場シェア分析
・競合状況

◆ 動物用X線撮影装置の主要企業プロフィール動向
・ONEX CORPORATION
・IDEXX LABORATORIES
・AGFA-GEVAERT GROUP
・富士フイルム株式会社
・SEDECAL
・SOUND TECHNOLOGIES
・キヤノン株式会社
・EXAMION
・HESKA CORPORATION
・DRE VETERINARY
・CLEARVET
・ALLPRO IMAGING
・PIXXGEN
・コニカミノルタ株式会社
・VETEL DIAGNOSTICS
・CONTROL-X MEDICAL
・FOVEA

(全193頁)




【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209847&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Animal_Veterinary_Ultrasound_2025_MAM1847.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年2月7日

★関連レポート
「動物用X線撮影装置の世界市場:技術別、用途別2023年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/13/Veterinary_X-ray_2023_MAM1313.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

投稿日:

“ニッポンの良さを伝え、語り継ぐ”を番組コンセプトとしている和風総本家にも出演した大正10年創業の歯科器具製造の老舗、錦部製作所の刃がついてる超音波スケーラーチップ、ついに販売本数30万本突破!

有限会社 錦部製作所の刃のついた超音波スケーラーチップが2020年1月20日に販売本数30万本突破しました。

平成が幕開けした頃、歯科界での刃のついた超音波スケーラーチップが否定的でした。
その中、とある先生の意見を参考に錦部製作所が開発し、30年以上が経過しました。
現在では日本の歯科医院で一番使われている超音波スケーラーチップに成長しました。

一本一本職人技の手作業で作り続けるNISHIKIBE製のチップは、歯科医師、歯科衛生士の負担を軽減し、そして患者さんの痛みを限りなく少なくする製品です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209047&id=bodyimage1

■内容■
歯科医院での治療で使われる超音波スケーラーという器械があります。
主に歯石除去(スケーリング)などに使う器械です。
その先端部分で実際に歯や歯石に触れるのが超音波スケーラーチップです。

この超音波スケーラーチップの良し悪しで患者さんに与える痛みが違ってきます。

歯科医師、歯科衛生士の負担を軽減し、そして患者さんの痛みを限りなく少なくするためには、超音波スケーラーチップの選択が大切になります。

歯周病用超音波スケーラーチップは約25種類あります。
ほとんどの超音波スケーラーチップは刃がついていませんが、実は刃のついた超音波スケーラーチップこそ、患者さんに一番痛みを与えない製品なのです。

しかし、この製造には熟練の職人技術が必要です。
その刃の幅は0.4ミリと薄く、世界最薄の超音波スケーラーチップです。

この薄さが繊細な歯間や歯肉縁下にスムーズに入ることを可能にしています。

超音波スケーラーチップは1秒間に3万回振動しますが、これほど沢山の振動を利用する際に刃がついていると歯石に刃がひっかかり、弱い力で除去することが可能になります。

錦部製作所では、この刃がついた超音波スケーラーチップを平成5年から販売し、ついに超音波スケーラーチップが2020年1月20日に販売本数30万本突破しました。
今後も錦部製作所は、日本国民の歯を守る縁の下の力持ちとして、技術を追い求め精進してまいります。

■錦部製作所紹介■
錦部製作所は大正10年創業。2020年4月で創業99年になります。
医療器械製造から始まった歴史は今では、歯科業界で使われる超音波スケーラーチップに特化したメーカーとなりました。

その歴史は紆余曲折。昭和50年代は2代目社長がその超音波スケーラーチップ開発費用に2000万円の借金を抱え、倒産寸前になりました。

それでも不屈の闘志で頑張り抜き、現在では超音波スケーラーチップ製造のパイオニアとなっています。

▼───────プレスに関するお問合せ先───────▼

社名 : 有限会社 錦部製作所
所在地: 〒124-0006  東京都葛飾区堀切1-19-1
TEL : 0120-82-4920(歯にしょくにん)
E-mail: info@nishikibe.co.jp
会社HP   :  http://www.nishikibe.co.jp/
社長のブログ:  http://www.nishikibe.co.jp/blog/
式FB : https://www.facebook.com/nishikibe/



投稿日:

通信制の「実務者研修教員講習会」(厚生労働省指定講習会)、2020年3月にスクーリングを開催【新年度までに修了可能】

医療・福祉の専門職向け教育サービスを手がける一般社団法人知識環境研究会(所在地:東京都千代田区、代表:神山資将)は、2020年3月7日(土)・8日(日)、東京・JR「水道橋」駅前の会場にて、通信制の「実務者研修教員講習会」(厚生労働省指定講習会)のスクーリングを開催いたします。

2日間連続で行うスクーリング(通学授業)では、全国から集まった受講生が、通信学習の成果を発表する模擬授業とグループワークを行います。

2020年3月のスクーリングへの参加を希望される場合のお申込み最終締切は、2020年2月15日(土)です。

スクーリングは年4回、東京で開催しています。修了期限はありませんので、それぞれの学習ペースに応じて来年度以降のスクーリングにご参加いただくことも可能です。

【公式サイト】

https://learning.ackk.org/kyoinkoshu/

【開催要領】

「通信で学び・模擬授業で鍛える実務者研修教員講習会/2020年3月スクーリング」
日程:2020年3月7日(土)・3月8日(日)※2日間連続
時間:両日9:00-18:00
会場:水道橋駅西口徒歩1分・東京学院ビル1階教室(〒101-0061東京都千代田区三崎町3-6-15)

※スクーリングの2日目に行う修了式で、修了証を交付いたします。

※最少催行人数は設けていません。少人数の場合でも、確実にご希望の回にご参加いただけます。

お申込み方法など詳細は公式サイト(https://learning.ackk.org/kyoinkoshu/)をご覧ください。

■本件に関するお問合せ先

一般社団法人知識環境研究会「実務者研修教員講習会」事務局
〒101-0044東京都千代田区鍛冶町2-11-22
TEL:03(3252)2472
FAX:03(6779)4703
Email:info@ackk.or.jp
URL:https://learning.ackk.org/kyoinkoshu/

参考資料:介護職のキャリアアップ考
https://learning.ackk.org/kyoinkoshu/careerup.html

関連講座:ターミナルケア指導者養成講座
https://learning.ackk.org/0301/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209829&id=bodyimage1