投稿日:

TPCマーケティングリサーチ株式会社、飲料自販機の需要拡大ポイントについて調査結果を発表

今回、「月に1回以上」飲料自販機を利用する10代(中学生以上)~60代を対象に、飲料自販機の利用実態や今後のニーズに関する調査を実施。調査の結果、“低価格”“電子マネー対応”“自動販売機の清潔感”の評価の高まりから、「女性」を中心に自動販売機の利用機会がさらに上昇していた。また、「オフィスビル・職場」では、“午後の休憩時”の利用機会が多く、今後は“ラインアップの多様化”や“電子マネー対応”等のニーズが強い。

概要
◆今回、飲料自販機の需要拡大ポイントを探るため、「月に1回以上」飲料自販機を利用する10代(中学生以上)~60代の男女623人を対象に、利用実態や今後のニーズについてのアンケート調査を実施した。なお、同調査は今回で6回目となっており、時系列での分析も交えてレポートしている。

◆その結果、自動販売機の利用機会が増加した割合は「女性」を中心にさらに上昇しており、“低価格”のほか“電子マネー対応”や“自動販売機の清潔感”への高評価が利用機会の増加に繋がっているケースが多い。

◆また、今回自動販売機の有望な設置ロケーションである「オフィスビル・職場」における自動販売機の利用状況を聞いた結果、“午後の休憩時”に自動販売機を利用するケースが多く、今後は“ラインアップの多様化”や“電子マネー対応”をより求めていることがわかった。

◆このほか、自動販売機の利用時にメーカーを意識する人には、メーカー自体の魅力度を高めることが重要となっている。

◆今後の自動販売機には、引き続き定番のコーヒー飲料に加えて多彩な品揃えが求められているほか、サービス面の充実化も不可欠となっている。

◆当レポートでは、上記で挙げた内容以外に飲料自販機に対する強みや弱みなども明らかにしており、今後自販機の価値を高める上で有効なデータとなっている。

【調査内容】
1.普段の飲料の購入状況
2.自動販売機の利用状況
3.「オフィスビル・職場」での自動販売機の利用状況
4.自動販売機の評価・イメージ
5.自動販売機向けスマホアプリの利用状況
6.自動販売機における商品の買い方
7.「自動販売機専用商品」の購入状況・考え方
8.今後の自動販売機の利用意向



【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000187366&id=bodyimage1

TPCコンシューマーレポートNo.273
「シリーズ第6弾 飲料自販機の需要拡大ポイントを探る」
―「オフィスビル・職場」の開拓は“午後の休憩時”への品揃えと“電子マネー対応”がポイント―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/cr120190394
体裁:A4判カラーコピー製本158頁+CD-ROM版(分析編・集計編・データ編)
発刊日:2018年12月27日
頒価:360,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531

投稿日:

気軽に“手ぶら”で茶室レンタル30分1,500円♪抹茶の香り漂う「茶室カフェ 日々庵」オープン!~茶道のお点前の練習やカフェ利用に。妙蓮寺駅徒歩1分~

茶室カフェ 日々庵(本社:神奈川県横浜市、代表:久野 彩子)は、東急東横線の妙蓮寺駅から徒歩1分の場所に、茶室のレンタルもできるカフェ「茶室カフェ 日々庵」(以下、日々庵)を2019年1月1日(火)にオープンしました。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000187583&id=bodyimage1


日々庵は、抹茶の香り漂う店内でくつろげるカフェと、「気が向いた時に」「30分~」「手ぶら」で利用できるレンタル茶室を提供する茶道のコミュニティスペースです。

茶道を経験されている方は、お点前の練習や家族や友人へのおもてなしにご利用ください。流派は問いません。茶道具(http://urx.red/Pc9Z)は自由に使うことができるので、「手ぶら」でもお越しいただけます。未経験の方には、お点前の「見学」や「体験」メニューを用意しています。お茶を点てて飲むだけなので、作法を知らなくても安心して楽しい時間を過ごすことができます。茶室にはスマートフォン用三脚を用意しています。ご自身のお点前の様子を動画で確認したり、記念撮影などにご活用ください。

店内では、石臼を使った「ひきたて宇治抹茶」や「抹茶ラテ」、「あずきラテ」などのお飲み物や、葛粉の高級品“吉野本葛”を使用した焼きたての「くずやき」※1などの甘味も提供しています。中でも、口の中でとろける食感の「くずやき」は、日々庵代表の久野が初めて食べた時に感動した和菓子で多くの方に味わっていただきたい逸品です。日々庵はカフェのみの利用も可能です。ゆったりと落ち着いた和の時間をお楽しみください。

※1 葛粉に砂糖と餡を入れ表面を軽く焼いた和菓子。“焼きたて”を取り扱う和菓子屋はそう多くありません。


【来店されたお客様の声】
「こういう場所(気軽にお点前の練習ができる場所)が欲しかった」 「内装のこだわりがすごい」
「抹茶の石臼は初めて見た」 「ひきたての抹茶を飲める場所は他にはない」 「ラテアートがかわいい」
「くずやきを初めて食べたけど美味しい」 「竹林の合わせ鏡が面白い」 「インスタ映えする」


【店舗概要】
[店名] 「茶室カフェ 日々庵」
[住所] 〒222-0011 神奈川県横浜市港北区菊名1-5-15
[アクセス] 東急東横線「妙蓮寺駅」正面口より徒歩1分
[営業時間] 11:00~18:00
[定休日] 木曜(その他、不定休)
[営業カレンダー/店舗案内] https://www.hibian.com/店舗案内/ (http://urx.red/Pc9M
[茶室の利用方法] 
直接カフェにいらしていただくか、メール(hibian.chashitsu@gmail.com)にてお問い合わせください。
※電話予約は承っておりません。2019年春頃にWEBの予約フォームを開設予定です。

[Instagram] https://www.instagram.com/hibian.chashitsu/
[Facebook] https://www.facebook.com/hibian.chashitsu/

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000187583&id=bodyimage2

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000187583&id=bodyimage3


【メニュー(一部抜粋)】※価格は全て税込表示です。
■茶室利用30分 1,500円/1室 ひきたて宇治抹茶5g(約3杯分)付
■茶室延長15分毎 700円/1室
※準備・片付けを含めた時間でお申込みください。

■お点前見学(約20分) 1,500円/1人 ひきたて宇治抹茶(薄茶)・上生菓子付
…茶室でスタッフのお点前を見学できます。
■お点前体験(約30分) 2,000円/1人 ひきたて宇治抹茶(薄茶)・和三盆付
…抹茶をご自分で点てて楽しめます。最初にお茶の点て方をレクチャーし、その後はお一人でお点前していただきます。お客様による記念の写真・動画撮影も可能です。

■茶道具リスト…茶道具は自由にお使いいただけます。https://www.hibian.com/茶室利用/茶道具リスト/ (http://urx.red/Pc9Z

~1月限定の開店感謝価格~
■上生菓子(練り切り)通常価格400円→感謝価格300円
■おはぎ(粒あんorきなこ )通常価格300円→感謝価格200円

お飲み物・甘味を含む全メニューはこちらをご覧ください。
https://www.hibian.com/メニュー/ (http://urx.red/PcKT

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000187583&id=bodyimage4


【日々庵オープンへの想い ~茶道歴や流派を超えた、新たな茶道コミュニティスペースへ~ 】
日々庵代表の久野は、茶道歴約2年の中で「もっと日常的にお点前の練習ができる場所がほしい」と感じていました。しかし、茶道具一式を揃えることが難しい初心者にとって一般的な茶室のレンタルは「1カ月前の予約や茶道具の持ち込みが必要」「1回の貸出時間が長時間で料金も高い」など日常的に利用するには高いハードルがあります。

そうした中、例えば、歌がうまくなりたい人は、ボイストレーニングの先生に習い、一人で練習したい時や友達と楽しみたい時はカラオケに行くように、茶道もカラオケ同様に気軽にお点前を楽しめる場所を作ろうと思ったことがオープンのきっかけとなりました。往々にして、茶道のコミュニティは社中(教室)の中に留まりがちですが、日々庵は、茶道歴や流派に関係なく、茶道に興味のある人が集まれるコミュニティスペースを目指しています。


【会社概要】
会社名:茶室カフェ 日々庵
代表:久野(ヒサノ) 彩子
所在地:神奈川県横浜市港北区菊名1-5-15
URL: https://www.hibian.com/
E-Mail:hibian.chashitsu@gmail.com
事業内容:「茶室カフェ 日々庵」の運営


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /virtual/jat2018/public_html/koebon.shop/wp/wp-content/themes/storefront/inc/storefront-template-functions.php on line 441
コメントを残す

TPCマーケティングリサーチ株式会社、メディカル給食市場について調査結果を発表

2017年度のメディカル給食市場(病院給食・高齢者施設給食)は、前年度比1.4%増の1兆7,442億円となった。成長要因としては、高齢化に伴う高齢者施設の増加が挙げられる。業態別では、高齢者施設給食市場の拡大が続く一方で、病院給食市場は病院数・病床数の減少等で伸び悩んでいる。当資料では、メディカル給食市場を業態別・地域別に調査するとともに、参入各社の食事サービス内容、生産・仕入れ・物流体制、営業体制等についても分析している。

概要
◆2017年度のメディカル給食市場(病院給食・高齢者施設給食)は、前年度比1.4%増の1兆7,442億円規模となった。同市場は、高齢化の進展に伴う高齢者施設の増加を背景に、堅調な推移が続いている。

◆業態別で見ると、高齢者施設給食は、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅等の増加により、市場拡大が続いている。このため、受託給食企業各社は、咀嚼・嚥下困難者に対応したソフト食の開発、行事食やイベント食の実施による入居者の満足度向上、調理設備が十分でない小規模施設向けの提案強化などに注力し、さらなる需要拡大を図っている。

◆一方、病院給食は、財政の健全化や医療従事者の不足に伴う病院数・病床数の減少を背景に、市場が伸び悩む状況にある。こうした市場環境のなか、参入各社は、栄養サポートチーム(NST)と連携し、患者一人ひとりの病態に応じた治療食の提供により、新規受託先の獲得や既存顧客との関係強化に努めている。

◆当資料はこうした動向を踏まえ、メディカル給食市場について、業態別(病院・高齢者施設)、地域別の市場データや企業別シェアなどを掲載。さらに、食事サービス内容、生産・仕入れ・物流体制、営業体制、今後の方向性など参入企業の動向を調査し、今後のメディカル給食市場におけるマーケティング活動に資するレポートとなっている。

TPC市場調査レポート
「2019年 メディカル給食の市場分析調査」
―高齢者施設の増加により需要が拡大するメディカル給食市場―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr110190433
資料体裁:A4判106頁
発刊日:2019年1月7日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531