週刊 三国志「第10話 関羽、不覚をとる」

ナレーター浅科准平

再生時間 04:10:03

配信日 2015/1/7

図表 なし

チャプター数 13

倍速版 あり

作品紹介

吉川英治の壮大な歴史ロマンを毎週連載してお届けしているポッドキャスト「週刊 三国志」にて
11月から12月にかけて配信した「第10話 関羽、不覚を取る」がオーディオブックとして提供開始!

中国四大奇書の一つに数えられる『三国志演義』を元にして
吉川英治が生み出し、世代を問わず多くの熱狂的な読者を生み続ける
不朽のロングセラーとなった長編小説を、音声化してお届けするポッドキャスト「週刊 三国志」。

時は二世紀後半、後漢末期。朝廷は宦官らによって牛耳られ、政治は腐敗しきっていました。
黄巾党による反乱が各地で発生する中、劉備・関羽・張飛の3人は
桃園にて義兄弟の誓いを立て、世を正さんと立ち上がります。

毎週水曜に約30分ずつお届けするポッドキャスト「週刊 三国志」の第10話を、
そのままパッケージ化してお届けします。
三国志の世界を、ぜひオーディオブックでお楽しみください。

■「第10話 関羽、不覚を取る」あらすじ

関羽によって、呉の使者、諸葛瑾は追い返された。
この無礼に対し孫権は怒り、呉と蜀の間に再びの亀裂が走る。
荊州と戦うべきか迷う呉は、まず魏と結び、彼らに攻めさせようと考える。
そして魏の曹操は、蜀と呉の連携を恐れ、この要求を受け入れたのである。
ここに、魏呉不可侵条約が締結され、魏の荊州侵攻策が計られた。
対するのは荊州を統治する関羽。
関羽は、寡兵で麦城にこもるが、
城の周りは呂蒙の指示で呉の兵が取り囲み、隙もない。
追い詰められた彼は、最後の力を振り絞るが……。
「第1話 桃園の誓い」「第2話 桃園の誓い」「第3話 関羽千里行」「第4話 三顧の礼」「第5話 赤壁前夜」「第6話 赤壁の戦い」「第7話 荊州攻略」「第8話 蜀を望む」「第9話 漢中王・劉備玄徳」はこちらから。

※このコンテンツは、吉川英治の名作『三国志』の主要な名場面を朗読した作品です。
吉川英治の文章をそのまま朗読しておりますが、全文を網羅した朗読ではございませんのでご了承いただけますと幸いです。

 

¥1,080

レビュー

レビューはまだありません。

“週刊 三国志「第10話 関羽、不覚をとる」” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です