【朗読】wisの太宰治2「ヴィヨンの妻/葉桜と魔笛/桜桃/きりぎりす/他4編」

著者太宰治
ナレーターwis

再生時間 04:52:15

出版社 響林社

出版日 2016/4/25

配信日 2016/7/27

図表 なし

チャプター数 16

倍速版 なし

作品紹介

「ヴィヨンの妻」は破滅型の夫と彼を支える妻を巡る世界のえも言われぬおかしみと哀しさを醸し出す晩年の傑作。酔った夫が、店の金を盗んだことをきっかけに妻は夫婦の店で働き始める。 椿屋の「さっちゃん」として、店は賑わいをみせていくが・・・。「桜桃」は、 有名な「子供より親が大事、と思いたい。」で始まる。太宰自殺直前の遺作。葉桜のころになるときっと想い出す若くして結核で死んだ妹のことを回想する「葉桜と魔笛」。「お別れ致します。あなたは嘘ばかりついていました」…両親の反対を押し切って、金や名誉には無関心に見えた若手画家に嫁いだものの、日に日に俗物化していく夫に幻滅し、遂に別れる決心をするに至る「きりぎりす」。他に、「燈籠」「満願」「フォスフォレッセンス」「鴎」の佳作4編を収録。

ジャンル

 

¥864

レビュー

レビューはまだありません。

“【朗読】wisの太宰治2「ヴィヨンの妻/葉桜と魔笛/桜桃/きりぎりす/他4編」” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です