世界最強頭脳集団 Google―週刊東洋経済eビジネス新書No.121

ナレーター福田結巳

再生時間 02:09:12

出版社 東洋経済新報社

配信日 2019/1/10

図表 1 枚

チャプター数 11

倍速版 あり

作品紹介

1998年創業のグーグル。検索エンジンから始まり、YouTube、グーグルマップ、Gメール、アンドロイド、グーグルクロームと次々とサービスを拡大。ネットユーザーの2人に1人が、これら六つのサービスのいずれかを利用している。最近ではAI技術を核に、自動運転車やロボット開発にも乗り出した。彼らはどんな世界を思い描いているのだろうか。誰もが働いてみたいグーグル。世界最強組織の全貌に迫った!

本誌は『週刊東洋経済』2015年6月13日号掲載の34ページ分を電子化したものです。

●●目次●●
ベールを脱ぐ世界最強頭脳集団
人事トップが明かす採用、査定の真髄!
OB4人ぶっちゃけ座談会「僕らが考えるグーグルという会社」
グーグルの東北支援「ここまでやります」
【広告】動画などが急成長。モバイルに勝機
焦点は50億人の非ネットユーザー
自動運転に乗り出す胸の内
AIで全産業を支配
グーグルと国家 収まらない利害対立
渦巻く欧州の不満。強まる巨人包囲網
グーグルを悩ます「忘れられる権利」

 

¥821

レビュー

レビューはまだありません。

“世界最強頭脳集団 Google―週刊東洋経済eビジネス新書No.121” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です