10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」

ナレーター福田結巳

再生時間 05:14:55

出版社 ダイヤモンド社

出版日 2017/2/10

配信日 2018/7/16

図表 14 枚

チャプター数 17

倍速版 あり

作品紹介

発売たちまち第11刷、堀江貴文氏、隂山英男氏が推薦!
仕事が消滅していく社会でどんなチカラを身につければいいのか?

リクルート社フェローから民間校長となり、その後は高校の校長として活躍中の藤原和博氏が、
高校生に語りかけるスタイルで大人にも問いかける「人生の教科書」決定版。

◆中学生、高校生の子どもを持つ人たちへの最良の教育書!

「10年後の世界はどうなっているのか?」
「不確かな未来を生き抜くためには、どんな力を身につけるべきなのか?」
などの問いに対する答えが本書です。

「高校生に語りかけるスタイル」で、仕事が消滅していく社会への対処法を藤原先生が伝授します。

2020年代を生き抜くための「雇われる力」とは何か?
高校生に語りかけるスタイルで大人にも問いかける「人生の教科書」決定版。

◎実社会が必要とするのは、常識を疑い仮説を提示できる人材
◎「AI×ロボット技術」と「人間の知恵」の交差点にフロンティアが開ける
◎未来の社会はネット内に建設される
◎稼げる大人になれるかは希少性で決まる
◎キャリアは掛け算で考える
◎「遊び」と「戦略性」があれば仕掛ける人になれる
◎人生はあらかじめ設計できるものではなく偶然から始まる
◎もう歩き始めているか、最初の1段を上り始めたかが大切
◎人生の目標はクレジットを大きくすること
◎1人ひとりが自分の人生をデザインする時代

 

¥1,512

レビュー

レビューはまだありません。

“10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です