宇宙になぜ我々が存在するのか

著者村山斉
ナレーター福尾真

再生時間 04:23:09

出版社 講談社

出版日 2013/1/18

配信日 2018/12/6

図表 51 枚

チャプター数 14

倍速版 あり

作品紹介

宇宙の根源に迫る壮大なストーリー
この宇宙に存在する「私」の起源に迫る

私たちは宇宙の塵からできているといわれています。
じつは、宇宙が原子よりもっと小さくて熱かったころ、塵のもとになった物質と、その反物質が衝突しては消え、
新しい物質と反物質が生まれては消えて……、そんなことを繰り返していました。
それがあるとき、宇宙の温度が少しだけ下がると同じ数だけあった物質と反物質のバランスが崩れ、ほんのわずかな反物質が物質に変わり、
私たちが存在する物質だけの世界ができたお蔭で、私たちが生まれてきたというのです。
その鍵を握っているのが、いままで質量がゼロだと思われていたニュートリノにあったのです。

・いったいニュートリノにどうして質量が生まれたのか?
・ニュートリノはどうしてこんなにたくさん宇宙に存在しているのか?
・なぜニュートリノには左巻きしか存在しないのか?
・右巻きニュートリノはどこへ消えたのか?
・ヒッグス粒子によってニュートリノはどうやって質量を得たのか?
・右巻きニュートリノがインフレーションを起こしたって本当?
・ヒッグス粒子は「顔なし」ってどういうこと?

これらの謎を解き明かしていくと、そこには思いもよらない結末が……。
最新の素粒子理論を駆使して、最新の宇宙像に迫る、村山先生の人気作。
スラスラといっきに読めて、しかも読み終わったあと、
宇宙の見方がぜったいに変わります。

 

¥1,296

レビュー

レビューはまだありません。

“宇宙になぜ我々が存在するのか” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です