これからのマネジャーの教科書

ナレーター市村徹

再生時間 07:52:47

出版社 東洋経済新報社

出版日 2016/6/23

配信日 2018/10/9

図表 14 枚

チャプター数 26

倍速版 あり

作品紹介

変化が激しく先行きが見えない時代に、なぜ、あの人は成果を上げ続けることができるのか?

キリンビール、パナソニック他、第一線で活躍するマネジャーには共通点と法則性があった。

10万人のビジネスパーソンが学んだグロービスの調査結果を初公開。

組織で成果を出す力[スキル]
仕事に対する想いの力[ウェイ]
周囲の考えとの違いを乗り越える力[ギャップ]

3つの力を獲得、強化し、自分自身を変えることで、「期待を超えるマネジャー」になれる!

上に合わせても下からは慕われない。下ばかり大事にしても横から足を引っ張られる。
しかし、そうしたしがらみにとらわれながらもジレンマと戦い、上司、同僚、部下を味方につけて
「周囲からの期待以上の成果を上げるミドルマネジャー」もまた存在する。
こうしたミドルマネジャーからは何ごとも前向きに捉え、いかなる困難も成長の糧として、
常に変化、進化、成長していこうという前向きなパワーを感じる。
さらには、自らの志を持ち、働くことを楽しんでいるように見える人もいる。

「常にイキイキと仕事に取り組み、周囲からの期待を超える活躍をしているミドルマネジャーと
そうでないミドルマネジャーの違いはどこから生まれるのか?」

本書は、この疑問への答えを探るために、期待を超える成果を上げている40名以上のマネジャーに
インタビューを行い、その結果をまとめたものである。
彼らは、それぞれ自分の価値観をベースに、自分なりの方法で、必要な能力を獲得し、未知を切り開いていた。
しかし、そのような中でも、彼らから共通して学びうる大切なポイントがたくさんある。

 

レビュー

レビューはまだありません。

“これからのマネジャーの教科書” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です