堕落論

ナレーター茶川亜郎

再生時間 00:29:32

出版社 パンローリング

出版日 2009/10/1

配信日 2010/4/18

図表 なし

チャプター数 1

倍速版 なし

 

作品紹介

堕落とは、一つの生きていく手段―落ちていくことへの恐怖を捨てれば希望が見える。坂口安吾による本作が名作と呼ばれる所以をお確かめ下さい。

人間は堕落する。それを防ぐことはできないし、
防ぐことによって人を救うことはできない。
人間は生き、人間は堕ちる。
そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない。
戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。
人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。
人は正しく堕ちる道を堕ちきることによって、
自分自身を発見し、救わなければならない。

戦後発表され、絶大な支持を集めた安吾の「堕落論」
“堕ちることにより救われる”という安吾の思想は、
今の時代にこそ聴いておくべき書なのかもしれない!

“堕落しろ”とは、まさに呪縛からの“解放”にほかならない!
(C)PanRolling

¥514

レビュー

レビューはまだありません。

“堕落論” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です