ひとり怪談 第十話 「故人タクシー」

ナレーターファンキー中村

再生時間 00:04:07

出版社 パンローリング

出版日 2009/11/6

配信日 2010/8/14

図表 なし

チャプター数 1

倍速版 なし

 

作品紹介

多くの怪奇現象に遭遇し続けてきた怪談師・ファンキー中村は言う。「怪談は人の死であり、現世に対する命の叫びでもある」と。

つい二年前のことであった。
仕事を終え帰りのタクシーを捕まえようと手を上げていると、一台のタクシーが近づいてきた。
しかし、乗客が乗っているように見えたため手を下ろしたのだが、
そのタクシーは自分の目の前に止まりドアを開けた。
奇妙に思いながらもタクシーに乗り込み運転手と話していると不思議な話を聞かされることになった。
ファンキー中村だからこそ語れる、暖かい怪談。

¥103

レビュー

レビューはまだありません。

“ひとり怪談 第十話 「故人タクシー」” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です