「話し方」の品格―「品のいい人」になれる10か条

著者福田健
ナレーター佐々木健

再生時間 04:04:44

出版社 経済界

出版日 2007/10/5

配信日 2007/12/25

図表 なし

チャプター数 6

倍速版 あり

作品紹介

すぐに会話を整理したがる。決めつけた言い方をする。相手の話を取り上げる。突然割り込む。あなたは、このような話し方をしていませんか?そうかも、と思った方はちょっと気をつけてみてください。もしかすると、あなたの品位を損ねてしまっているかもしれませんよ。
かつては、「話し方」というと、「口先でうまいことを喋る術」「すらすらと流暢に話すためのテクニック」として捉えられ、軽視、または非難されることもありました。しかし、「話し方」というのは、単なるおしゃべりのためのテクニックではなく、「話す・聞く」というやり取りを通じて、人と人の交わりをつくり、相互理解を深めて、協力を獲得するコミュニケーション術です。
この本では、「話し方の品格」と題して、良い例と悪い例、双方の具体例を交えて、わかりやすく解説します。あいさつなどでも、それが好感をもたれる人と、そうでない人がいます。ちょっと言い方を変えることで、印象がガラッと変わることもあるでしょう。
頭の中を柔らかくし、相手のことを考えた、品のある話し方をするにはどうすればいいのか。ぜひ、考えてみてください。

 

¥1,296

レビュー

レビューはまだありません。

“「話し方」の品格―「品のいい人」になれる10か条” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です